FANDOM


提督@161:さて
提督@161:どうせ戦闘無いからマップすらいじってない怠惰っぷり
提督@161:そんなノリでお送りしたい
熊野改@919:イニシア表に戦力関連がないあたりも実に怠惰
熊野改@919:ではよろしくお願いします?
提督@161:事前申請するようなことあったらお願いします
熊野改@919:おうようりょくー! とかは自己紹介のついでにする?
提督@161:ここでお願いします
菊月改@3-72:りょうかーい
熊野改@919:【応用力】:1-10お嬢様の右 2-3クールの左 5-4索敵の左右 6-8退却の左
熊野改@919:【よろしくてよ】 でアイテム獲得もここでいいかしら?
提督@161:ですかね
提督@161:冒頭にこんなの持ってきましたわーみたいなRPでもいいけど
熊野改@919:じゃあそっちでー
多摩@2-1402:こっちも【応用力】 《面倒見》の左右。《面白い》の左右。《指揮》の左
多摩@2-1402:あと《索敵》を持ってることにします
提督@161:ほーい
菊月改@3-72:同じく【応用力】 1-5古風の右 3-9丁寧の左右 5-7待機の左 6-9支援の左
多摩@2-1402:あ、長所で持ってていいのかな?
提督@161:あー 一応振って
多摩@2-1402:1D6 ほい
KanColle : (1D6) → 5

多摩@2-1402:長所で
熊野改@919:やったね!
菊月改@3-72:やったぜ
木曾改二@717:いい感じ
提督@161:んじゃ始めますか
熊野改@919:はーい
菊月改@3-72:あ、あと戦術アビ2つ目に【気配り】 固有を旧固有【また強くなってしまったな・・・】で
菊月改@3-72:(微妙に固有の名前間違ったけどもういいや
提督@161:はーい
提督@161:それでは久々のくせに特殊卓な
提督@161:【大罪】の来訪者 ~怠惰の鈴谷編~ 始まってしまいます
木曾改二@717:ぱちぱちぱいtぱち
菊月改@3-72:よろしくお願いします!
多摩@2-1402:よろしくお願いします
木曾改二@717:よろしくお願いします
熊野改@919:よろしくお願いします
提督@161:どんどん夏っぽくなってきた今日このごろ
提督@161:4人は提督に呼ばれて執務室にやってきたのだった
提督@161:「暑いな」
木曾改二@717:「暑いな」
熊野改@919:「暑いですわね」
菊月改@3-72:「暑いな・・・」
多摩@2-1402:「暑いのにゃ・・・死ぬのにゃ・・・」
提督@161:「暑いので4人には暫くお休みを上げたいと思います」
木曾改二@717:「やったぜ!」
菊月改@3-72:「ありがたい・・・」
多摩@2-1402:「にゃ・・・」
熊野改@919:「あら提督、珍しく気がききますのね」
提督@161:「避暑地を決めておいたので地図を渡しておくぞ」
菊月改@3-72:「随分用意がいいな・・・」
木曾改二@717:「前回行った北方も結構涼しかったけどな、今回はどこだ?」
熊野改@919:「りぞぉとまで用意してくださるなんて… 何か良いことでもありましたの?」
多摩@2-1402:「秘書血・・・こわい・・・にゃ・・・にゃ」
提督@161:「昔に鎮守府として使ってた施設で、今も設備はちゃんと使えるから不便ではないだろう」
菊月改@3-72:「・・・何か勘違いしてないか」>多摩
提督@161:「んで、代わりと言ってはなんだが」
提督@161:「先客がいるので、面倒見てやって欲しい」
熊野改@919:「まあそんなことだろうとは思ってましたわ、でもそのくらいならお安いご用ですの」
菊月改@3-72:「それは構わんが・・・先客とは?」
木曾改二@717:「提督の知り合いってだけで怪しいな」
提督@161:「お前の知り合いでもあるぞ、木曾」
提督@161:「まぁ行けば分かるさ」
多摩@2-1402:「にゃ・・・」
木曾改二@717:「俺の?ってことは…(察し)」
木曾改二@717:大和だといいなあ
提督@161:「あ、そうだ 資材の備蓄はある程度あるが、無くなったら連絡してくれ」
木曾改二@717:「はいよ」
多摩@2-1402:(実は最初大和を使う予定だった・・・)
熊野改@919:「この暑い時に遠征三昧は勘弁ですわね その時はありがたく頂戴いたしますわ」
提督@161:「それじゃ向こうでゆっくりしてきてくれ」
熊野改@919:「ゆっくり羽根を伸ばさせていただきますわ ではごきげんよう、提督」
菊月改@3-72:「了解だ・・・ま、気楽にやってくるさ」
木曾改二@717:「まあ、楽しんでくるさ」
多摩@2-1402:「にゃ・・・」(ぐったりしてる)
提督@161:そんな訳で一行は提督に貰った地図を元に
提督@161:夕張鎮守府の旧本館へやって来たのだ
熊野改@919:そこに何が待ち受けているかも知らずに・・・
木曾改二@717:どうも旧館(更地)とかないよねw
提督@161:ないないw
熊野改@919:(このへんでサスペンス風のオープニング)
提督@161:古い作りだが施設としては十分なものよ
多摩@2-1402:やめてくれw前の卓似て展開があったんだからw
提督@161:テテテテッテテテテッ テー↑テー↓
菊月改@3-72:避暑地・・・初手水泳かな?(サメ映画感
提督@161:とりあえず一行はその先客とやらを探すのだ
提督@161:初手水辺は死亡フラグ(サメ映画)
熊野改@919:「ふう、着きましたわ シャワーを浴びたいところだけど… まずお知り合いを探すのが先かしら?」
木曾改二@717:「さて誰が来ているのやら…」
木曾改二@717:「まずは部屋に荷物置こうぜー」
多摩@2-1402:「ふう・・・生き返ったにゃ~ やっぱり暑いのは苦手にゃ」
菊月改@3-72:「ここか・・・まぁ、悪くはなさそうだな・・・」
提督@161:提督に地図と一緒に貰った案内図に沿って部屋に荷物を置きに行く一行
提督@161:部屋の扉を開けるとそこには
提督@161:部屋の真ん中で堂々と盛り上がった布団が
菊月改@3-72:「・・・今何時だ?」
木曾改二@717:「昼間だな。真っ昼間」
菊月改@3-72:「・・・間違いなく寝てるよな。アレ」
熊野改@919:「まあ、出しっぱなしなんてだらしないですわ レディとして見過ごせませんわね」 片付けようとめくる
木曾改二@717:「おらっ起きろ!」と布団をはがしに
多摩@2-1402:「布団にゃー!」布団に飛び掛る
菊月改@3-72:「・・・はぁ」呆れつつ近づく
木曾改二@717:これは剥がしたところにドスンか…?
鈴谷(NPC):「ひょわあああ!」
多摩@2-1402:となると私は鈴谷にぶつかるな
鈴谷(NPC):「猫が!猫が飛び込んできた!」
多摩@2-1402:「ぐふ・・・」
木曾改二@717:「あっ…」
熊野改@919:「あら、なんだか見た顔が埋まってましたわ」
菊月改@3-72:「大丈夫か・・・」
多摩@2-1402:「大丈夫にゃ問題にゃ・・・ううっ・・・」もだえてる
鈴谷(NPC):「はっ、猫じゃなかった…」
木曾改二@717:「おは怠惰」
鈴谷(NPC):「あ、木曾じゃーん おひさー」
木曾改二@717:「来たのが常識人のお前で良かったよ」
熊野改@919:「まったく、こんなところで何をしているのかしら? 今何時だと思ってますの?」
鈴谷(NPC):「こっちも来てくれたのが知ってる人で助かったよー」
木曾改二@717:「提督から世話を任された…」
木曾改二@717:「んだが、まあ鈴谷なら世話っていうのも納得だな」
鈴谷(NPC):「私一体何だと思われてるんだろうねー」
木曾改二@717:「自分の二つ名を確認しよう、な」
木曾改二@717:「自己紹介は…そのくらいは任せた」
鈴谷(NPC):「かわいいすずやちゃん!」
熊野改@919:「……」
木曾改二@717:「おう肝心な怠惰の、が抜けてるぞ」
鈴谷(NPC):「というわけでゆっくり休むために遊びに来た鈴谷だよー」
木曾改二@717:「こう見えてもまともな方なんだ、仲良くやってくれ」と自軍一同に
熊野改@919:「何人か鈴谷を見てきたけれどまた強烈なのが来ましたわね」 小声で
多摩@2-1402:「よ、よろしくにゃ・・・」まだうずくまってる
菊月改@3-72:「木曾の見立てだ・・・信用には十分すぎるな・・・よろしく頼む」
鈴谷(NPC):「よろしくね~ それじゃ私もう一眠りするから後よろしくー」
熊野改@919:「最上型重巡の評判を落としてもらっては困りますの、この熊野が少し指導して差し上げますわ」
熊野改@919:「とりあえず起きてもらわないと… そうですわ!」 
熊野改@919:ここで【よろしくてよ】 を宣言したいです!
木曾改二@717:なるほど!
鈴谷(NPC):はいよー
菊月改@3-72:うまいなぁ
熊野改@919:ITT 【よろしくてよ】
KanColle : アイテム表(6) → 思い出の品(P241)

木曾改二@717:おっ
鈴谷(NPC):すごいこまるけいあいてむ
菊月改@3-72:ネタ的にはおいしい・・・かも
熊野改@919:「この【ドラム缶目覚まし】は冬眠中の熊でも叩き起こすと評判ですわ」
提督@161:神ダイスから繰り出される神RP
木曾改二@717:「(無言の耳ふさぎ)」
菊月改@3-72:[
熊野改@919:「使い方は簡単ですの、鈴谷にこのドラム缶を被せて…タイマーせっと」
菊月改@3-72:「(無言の離脱)」
熊野改@919:(ガンガンガンガン)
多摩@2-1402:「にゃーーーーーー!」逃げ遅れる
鈴谷(NPC):「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」
木曾改二@717:「あっ多摩ねえ忘れてた」なおかき消されている模様
菊月改@3-72:「回収するのを忘れいてた・・・」
熊野改@919:「ごきげんよう、さわやかな目覚めですわね」
多摩@2-1402:姉だって忘れてた・・・(PLが
鈴谷(NPC):「耳栓がなければ即死だった・・・」
菊月改@3-72:「おもいっきり反応していたよな・・・」戻り
多摩@2-1402:「にゃ・・・にゃ・・・」ぐったりしてる
菊月改@3-72:「あー・・・すまん、大丈夫か?」
熊野改@919:「とりあえず顔を洗いなさいな よだれが垂れてますわよ」
鈴谷(NPC):「音は耳栓でなんとかなるんだけど、ドラム缶すっごい揺れてやばいのこれ」
木曾改二@717:「ねえさーん?大丈夫かー?」ゆっさゆっさ
鈴谷(NPC):「やだ、意地でも寝てやる」
熊野改@919:「近所迷惑なのが難点ですわね… 多摩さん、大丈夫ですの?」
多摩@2-1402:「大丈夫にゃ・・・問題・・・ぐふっ!」
木曾改二@717:「救護兵ー!」
菊月改@3-72:「ここ・・・あくまで避暑地だよな・・・?」
熊野改@919:「まったく、蒸しタオルを用意してくるから今度こそ起きなさいな…」 北風と太陽だ
鈴谷(NPC):「なんか意地でも寝ようとしたらそのうちくまんのに殺されそう」
菊月改@3-72:「これ以上余計な被害が出ないのならありがたいのだが」
菊月改@3-72:ため息まじりに
木曾改二@717:「とりあえず全員無事に意識を取り戻したし、これからどうするか決めようぜ」地図を広げつつー
熊野改@919:「そんなことしませんわ、たとえ永遠の眠りに落ちたとしてもたたき起こして差し上げますわ」
菊月改@3-72:「それは起きるではなくなってないか・・・」>熊野
鈴谷(NPC):「私愛されてるなぁ~」
熊野改@919:「起こすつもりで眠らせては本末転倒ですわね」 なにがなにやら
菊月改@3-72:「・・・それもそうか」
熊野改@919:「こんどは目覚めのきっすでも所望ですの?」
鈴谷(NPC):「色欲がやりそうだねー」
木曾改二@717:「うっ…」
熊野改@919:「……こほん  まあとにかく、何から始めますの?」
鈴谷(NPC):「この辺だと夏にやれそうなことはなんでもできるよ~」
木曾改二@717:「となるとまずは…海!水着!」菊月の方を見る
菊月改@3-72:「な、何かな・・・?」微妙に目そらし
熊野改@919:「遊ぶの前提ですのね、こちらもそのつもりだったけれど…  汗もかいてしまったしいいですわね」>海
提督@161:こうして初日は海で遊んだのだった(適当)
木曾改二@717:すずやん水着持ってるん?
鈴谷(NPC):そら遊びに来てるんだから
菊月改@3-72:「(いつぞやのスク水・・・どうするかな・・・」
木曾改二@717:このへんで感情値?
鈴谷(NPC):かな
菊月改@3-72:(一応旗艦決めってやっとくベきなのかね?
熊野改@919:一応経験点にも関連するか
鈴谷(NPC):一応決めますか
多摩@2-1402:旗艦ねえ。それっぽい娘いる?
鈴谷(NPC):艦隊じゃないから旗艦ってのも変な話だが
熊野改@919:1:多摩@2-1402 驚かせてしまったかしら…
木曾改二@717:熊野に「任せられそう」で+1
熊野改@919:60+1d40 (意味深)で夏を制そう!
KanColle : (60+1D40) → 60+8[8] → 68

菊月改@3-72:まぁこのゲームのPTの通称って割り切れば・・・かねぇ>艦隊じゃない
多摩@2-1402:熊野改 「恐怖!静かな避暑地にドラム缶を見た!」+1
熊野改@919:想定通りだな
菊月改@3-72:木曾 「またよろしく頼む」+1
鈴谷(NPC):木曾 「やったー知り合いだー」+1
熊野改@919:まあたまにはやるか>旗艦
熊野改@919:というわけでやりましょうか?
木曾改二@717:やりたい気もするけど…お任せしましょー
熊野改@919:あら、ならおまかせよ~
菊月改@3-72:お任せしますが・・・ダイスも一興?
熊野改@919:変なダイスは置いておいて1d100で決めます?
木曾改二@717:では…デュエル!
熊野改@919:1d100 「ゴルフボールみたいなサイコロですわね」
KanColle : (1D100) → 72

木曾改二@717:1d100
KanColle : (1D100) → 96

熊野改@919:おお
多摩@2-1402:1D100 「ちゃんぱらっしゃー!」
KanColle : (1D100) → 37

菊月改@3-72:1d100
KanColle : (1D100) → 24

熊野改@919:キャプテンキソー!
木曾改二@717:はーい
多摩@2-1402:妹よ!
鈴谷(NPC):さすが木曾さんや
菊月改@3-72:またよろしく頼むぜ!
木曾改二@717:世話係隊長だぜ!
熊野改@919:めっちゃ頼れそう!
熊野改@919:カードかな?
鈴谷(NPC):カードで
菊月改@3-72:Q.菊月固有どーすんの?
鈴谷(NPC):A.外出で使っていーよ
菊月改@3-72:了解です
鈴谷(NPC):そういえばいい忘れてましたけど
菊月改@3-72:(全部平常だっけこれ?
鈴谷(NPC):鈴谷もカード伏せるし、シーンプレイヤーをやります
鈴谷(NPC):(外出と恐怖は非平常
熊野改@919:ほほう
菊月改@3-72:(そうだった>非平常
木曾改二@717:五枚…すずやんのかな?
熊野改@919:シートが広く使えていいなw
鈴谷(NPC):わさーと混ぜて準備完了
熊野改@919:行動力は似たり寄ったりか
熊野改@919:待っててもしょうがないので一番槍務めさせていただこうかなと!
木曾改二@717:どぞー!
菊月改@3-72:どうぞ!
熊野改@919:いくぜ!
どどんとふ:熊野改@919がカードを公開しました。「日常 「巡洋艦」」
熊野改@919:EVNT くるーざー!
KanColle : 日常イベント表(5) → お昼寝:《寝る/趣味2》で判定。(着任p220)

木曾改二@717:ねりゅ
熊野改@919:(軍用でない)クルーザーのデッキでお昼寝!
熊野改@919:別に軍用でもよかった!
熊野改@919:いかがざんしょ?
鈴谷(NPC):いいねぇ
熊野改@919:というわけで船の試運転とかいいつつ沖に繰り出してお昼寝タイムです
熊野改@919:「パラソルにベンチにぶるうはわいみたいな飲み物、これぞレディの夏ですわ!」 サングラスかけて
木曾改二@717:「いいねえ、バカンスらしくて」グラサン掛けて
多摩@2-1402:「そしてこたつにみかん!」
菊月改@3-72:「ブルーハワイ・・・確かカクテルの一つ・・・だったかな」のんびりしつつ
菊月改@3-72:「いや、それは季節感真逆だろう・・・」>多摩
多摩@2-1402:「そうかにゃ?」既に用意して食べてる
菊月改@3-72:「・・・暑くないのか?」
鈴谷(NPC):「いやぁ、向こうの海じゃこうはいかないからねー 気持ちいいね~」
熊野改@919:「あら、冷凍みかん美味しそうですわね」
多摩@2-1402:「布団はかけてないにゃ。机だけにゃ」
木曾改二@717:ズズーっと飲み物を
熊野改@919:「普通の低い机ですわね…」
菊月改@3-72:「それはもうただの机になってないか・・・」
木曾改二@717:「ああ、雲がきれいだなあ…」
熊野改@919:KAIKEI ネタがほしい
熊野改@919:入ってないか
鈴谷(NPC):どっかの鯖のダイスコマンド?
熊野改@919:KAIKEI 建造2の海域形容表・状況表さ!
KanColle :海域形容表(15[1,5]) → 視界いっぱいの

熊野改@919:KAIZYOU 何が見えた
KanColle :海域情景表(46[4,6]) → 大海原

熊野改@919:何もねえ!
木曾改二@717:まそ
鈴谷(NPC):何もねぇ!
多摩@2-1402:まんま!
菊月改@3-72:ただの海!
熊野改@919:「見渡す限りの水平線ですわね、気持ちが良いですわ  …って」
熊野改@919:「陸はどっちですの…?」
菊月改@3-72:「・・・いや、対して旋回もしてないし後方を見れば・・・あれ?」
熊野改@919:「いつのまにか流されてしまったみたいですわね…」
木曾改二@717:「この船食料とか積んでたか?」
多摩@2-1402:「にぼしならあるにゃ」ぽりぽり
熊野改@919:「保存はききそうだけれど…」
熊野改@919:ここらで判定どうかな!
菊月改@3-72:「まぁ、そう量のある物じゃないな・・・」
鈴谷(NPC):ほい、どぞ
熊野改@919:普通に《海図》とか《通信》とか言おうと思ってたけど、《生き物》で魚とか釣ってサバイバルする方向はどうかな!
鈴谷(NPC):お任せしますぞ
熊野改@919:はーい では索敵→生き物 ギャップ埋めて6
熊野改@919:2d6>=6 「ドラム缶漁で飢えをしのぎますわ」
KanColle : (2D6>=6) → 5[1,4] → 5 → 失敗

熊野改@919:微妙だな…
熊野改@919:思い出の品もあるし資源優先でもらっちゃっていいかしら?
木曾改二@717:出しますねー
木曾改二@717:「熊だけに魚取りは任せられそうだ!」+1
熊野改@919:「多摩さんのほうが適任に思えますわ…」 成功かな?
鈴谷(NPC):成功でち
熊野改@919:損傷回復! 意味なし!
熊野改@919:羅針盤のせいで3日位帰れなかったけどサバイバルしましたとさ ってとこかしら
木曾改二@717:意外とガチサバイバル
多摩@2-1402:潜って魚取ってた多摩
熊野改@919:「とんだクルーズでしたわ…」
鈴谷(NPC):「いやぁ~楽しかったねぇ」
菊月改@3-72:リアル艦が艦だから多少はどうにかなりそうな菊月
木曾改二@717:「まさかバカンスであんなことになるとは…」
木曾改二@717:鈴谷は仕事しましたか…?(小声)
熊野改@919:補助行動なし! 熊野おわり!
木曾改二@717:同じくなーし
菊月改@3-72:同じくなしで
多摩@2-1402:開発!(無茶
多摩@2-1402:まあ、ありません
鈴谷(NPC):したいなら止めないけどね
木曾改二@717:ずほがいたらやってたけどねー
多摩@2-1402:では私行こうかな
菊月改@3-72:どうぞー
どどんとふ:多摩@2-1402がカードを公開しました。「恐怖「溶解」」
多摩@2-1402:EFFT
多摩@2-1402:ETFT
KanColle : 恐怖イベント表(4) → 悪夢:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《寝る/趣味2》で判定。(建造弐p139)

熊野改@919:こわっ!
木曾改二@717:また寝てる…
菊月改@3-72:溶解・・・ b?
鈴谷(NPC):ちょっと怖すぎんよ
多摩@2-1402:え?ガチで恐怖か、それともギャグで恐怖か・・・
鈴谷(NPC):それはもうRP次第よ
多摩@2-1402:両方思いついちゃったのよ~
熊野改@919:チョイス神!
菊月改@3-72:自分以外を選んで ってあるからその相方次第?
多摩@2-1402:choice[鈴谷,熊野,菊月,キソー]
KanColle : (CHOICE[鈴谷,熊野,菊月,キソー]) → 鈴谷

多摩@2-1402:では鈴谷ん
鈴谷(NPC):ほいほい
多摩@2-1402:「ん~なんか寝不足にゃ~」
鈴谷(NPC):「眠いなら寝ていいんだよー 誰も怒らないからね~
鈴谷(NPC):「あ、でもくまのんが怒りそうかも?」
多摩@2-1402:「そうなのにゃ~それにお昼は暑いから寝づらいのにゃ」
熊野改@919:「鈴谷みたいなだらしのない眠り方でなければ目くじらたてませんわ」
多摩@2-1402:「それもこれも昨日なんか夢でうなされたからにゃ~」
木曾改二@717:「夢?」
鈴谷(NPC):「くまのんは失礼だねぇ で、どんな夢見たの?
多摩@2-1402:「ん~よく覚えてないんだけどにゃ?たしか」
多摩@2-1402:「海で干物を釣ってたら・・・」
熊野改@919:「ましたら…?」
鈴谷(NPC):(既に何かおかしいけど黙っておこう)
多摩@2-1402:「なぜか雪見大福が大量に釣れてしまっにゃ」
木曾改二@717:「(干物を釣る…?雪見だいふく…?)」
菊月改@3-72:「(夢・・・だもんな・・・何でもあり・・・だよな・・・)」
多摩@2-1402:「それを鎮守府のみんなに配ってにゃ」
多摩@2-1402:「多摩もクラゲアイスを食べようとしたら・・・」
多摩@2-1402:「急にドロドロ溶けた提督に襲われてにゃ」
熊野改@919:「そこで提督ですの!?」 アイスが溶けるんじゃないんだ…
多摩@2-1402:「電話で火炎放射器取り寄せて退治しようとしたんだけど・・・」
多摩@2-1402:「実は地球そのものがアイスだったんだよ!という真実が明らかになって・・・」
多摩@2-1402:「目が覚めたにゃ」
熊野改@919:「なぜ火炎放射器 …そういえば工廠に大量に余ってましたわね」
熊野改@919:「衝撃の事実ですわ…」
菊月改@3-72:「・・・酷いな、色々と」
鈴谷(NPC):「突っ込みどころが多すぎて処理しきれない」
多摩@2-1402:「夢なんてそんなものにゃ」
木曾改二@717:「欲求不満だな、フロイトの本にもそう書いてある」
熊野改@919:「あのかたはなんでもかんでも下ネタに持っていけばいいってもんじゃ無いって言ってやりたいですわ」
菊月改@3-72:「まぁアレは時代が時代だから仕方ない・・・のか?」
多摩@2-1402:「たしかに冷たいものがほしい欲求不満にかられてたにゃ」
鈴谷(NPC):「別に欲求不満だからって下ネタとは限らないじゃん?くまのんやらしー」
多摩@2-1402:「ということでアイス食べるにゃ!冷蔵庫~冷蔵庫~」
熊野改@919:「うっ… 睡眠欲ばっかりの鈴谷に言われたくないですわ!ないですわ!」
多摩@2-1402:「にゃ~!?」
木曾改二@717:「どうした姉さん!?」
多摩@2-1402:「冷凍庫が・・・冷凍されてないにゃ!アイスが・・・」
木曾改二@717:「大変だ!」
熊野改@919:「いつの間にかブレーカーが落ちていたようですわね…」
菊月改@3-72:「普段から使われてる訳ではないみたいだしな・・・ここは」
多摩@2-1402:「うう・・・アイスがドロドロにゃ~ あれは正夢だったんだにゃ~」
木曾改二@717:これは食料なくなってサバイバルかな…
熊野改@919:さすがに陸なら要冷凍のものだけ買い直せば…
鈴谷(NPC):クーラーボックスに食料はばっちり
多摩@2-1402:そういえば判定してない!
鈴谷(NPC):ほんまや
熊野改@919: HAHAHA
鈴谷(NPC):《食べ物》でしょ
木曾改二@717:奇跡的に無事なアイスが見つけられるか・・・?
多摩@2-1402:じゃあ生き物から2マスで7
鈴谷(NPC):説明しよう!ここのブレーカーは数日使用しないと勝手に落ちるぞ!
多摩@2-1402:2D6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 7[2,5] → 7 → 成功

木曾改二@717:節電意識があっていいなあ
熊野改@919:ありすぎだよう!
鈴谷(NPC):この間3日も遭難したからね、ブレーカー落ちてても仕方ないね
木曾改二@717:漂流しなければこんなことには・・・
多摩@2-1402:「こ、これは『溶けてもおいしいアイス』!」
菊月改@3-72:まさかこんな所にまで被害が出るとは・・・
菊月改@3-72:「(それアイスとしてどうなんだ・・・?)」
多摩@2-1402:「よかったこれで解決にゃ~」パクッ
多摩@2-1402:「・・・」
熊野改@919:「凄い商品があるのですわね …多摩さん?」
菊月改@3-72:「・・・どうした?」
多摩@2-1402:「おいしいけど冷たくないにゃ・・・」
鈴谷(NPC):説明しよう!実際に溶けないアイスが存在する!
菊月改@3-72:マジデ!?>溶けない
熊野改@919:マジか
菊月改@3-72:「冷えてないから溶けたんだしな・・・」
多摩@2-1402:「うう・・・」
鈴谷(NPC):無論溶けないからといって冷たいままと言うわけではない 致し方なし
木曾改二@717:「まあ、新しいのがとどくよ」肩ポン
多摩@2-1402:結局涼しくはなりませんでしたとさ でシーン〆
鈴谷(NPC):効果は選んだキャラの判定ファンブル時に振り直させることができる だっけ?
多摩@2-1402:デス
熊野改@919:熊野補助行動なし!終わり!
木曾改二@717:なーし
菊月改@3-72:同じくこのままターンエンド!
多摩@2-1402:おなじく
木曾改二@717:では次行きますー
鈴谷(NPC):ほーい
どどんとふ:木曾改二@717がカードを公開しました。「恐怖 白露型」
菊月改@3-72:かぶりー
木曾改二@717:恐怖はかぶるもの
木曾改二@717:ETFT
KanColle : 恐怖イベント表(4) → 悪夢:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《寝る/趣味2》で判定。(建造弐p139)

鈴谷(NPC):そこまで被るのか・・・
木曾改二@717:白露型の恐怖…
木曾改二@717:まあ姉妹だしね(雑)
多摩@2-1402:白露・・・悪夢・・・ソロモンの・・・うっ!頭が・・・
鈴谷(NPC):それいじょういけない
木曾改二@717:誰にしようかなー
木曾改二@717:KAIKEI
KanColle :海域形容表(26[2,6]) → どこまでも続く

木曾改二@717:KAIZYOU
KanColle :海域情景表(36[3,6]) → 空

多摩@2-1402:空はあんなに青いのに・・・
鈴谷(NPC):公式リプレイかな?
熊野改@919: KEI ZYOU ってのもあるぞー
木曾改二@717:KEIZYOU
熊野改@919:こっちは鎮守府のほうの表ですの
木曾改二@717:まあいいや、大体決まった
熊野改@919: KEI と ZYOU ね
菊月改@3-72:(違いが解らない
木曾改二@717:KEI
KanColle :鎮守府形容表(25[2,5]) → 心地よい風が吹く

木曾改二@717:ZYOU
KanColle :鎮守府情景表(56[5,6]) → 研究施設

木曾改二@717:「そういえば、俺も変な夢を見たんだった…」とさっきの続きのノリで話し出します
提督@161:うちの鎮守府じゃね
菊月改@3-72:(あぁ、別々ってことか
熊野改@919:ですの
鈴谷(NPC):(色んなの増えたなぁ
菊月改@3-72:(成功時の対象決めは・・・後でも問題ないっぽい?
鈴谷(NPC):(許すっぽい
木曾改二@717:「その夢ではな、白露型がアイドルユニットを組んでいたんだ」
熊野改@919:「こう時間があると夢もやりたい放題ですわね」
熊野改@919:「あら、意外と普通そうで安心しましたわ」
木曾改二@717:「それで、うちの鎮守府…夕張のところに来たんだが、それをみた提督がえらく気に入ってな」
木曾改二@717:「『夕張!あの子達を模したアンドロイドを作ってくれ!』とか言い出したんだ…」
熊野改@919:「鼻の下を伸ばしている提督が目に浮かびますわ ……何を言い出してますの提督」
菊月改@3-72:「夢とはいえどんどん酷くなっていくな・・・司令」
木曾改二@717:「夕張も最初は若干嫉妬ってたんだがロボづくりって聞いて喜んで作り始めてな」
熊野改@919:「探究心には勝てませんでしたのね…」
木曾改二@717:「鎮守府には大量の作りかけの人型ロボットのパーツが溢れることになった」
木曾改二@717:「技術者気質だからな…」
熊野改@919:「うすうすオチが読めてきましたわ…」
木曾改二@717:「そうこうしてるうちに急に鎮守府に雷が落ちてきた」※駆逐艦ではない
菊月改@3-72:「なんかそれはそれで一悶着ありそうな光景だな・・・」
菊月改@3-72:いかずちじゃないわ!かみなりよ!
木曾改二@717:「そのショックで通電したのか、放置されてたロボットが一斉に動き出したんだ!」
木曾改二@717:「脚だけのやつとか顔だけのやつが一斉にな…」
熊野改@919:「ガチホラーすぎますわ!」
菊月改@3-72:「う、うわぁ・・・」
多摩@2-1402:「ひぃ!」
鈴谷(NPC):「うわぁ・・・ただのロボじゃなくてアンドロイドのパーツだからなおさら怖い・・・」
木曾改二@717:「それでそいつらを止めるためにボスの夕張を倒しに行く…という夢だった」
木曾改二@717:「そうそう、道々腕がビクンビクンしてたりして不気味極まりなかったぜ…」
木曾改二@717:「その時の相方が…確か…」思い出せるか判定を!
熊野改@919:なるほど!
鈴谷(NPC):何にしようかなぁ
鈴谷(NPC):やっぱ《空想》かなぁ
木曾改二@717:では空想で、真上の被り−1
木曾改二@717:2d6-1>=5 「思い…出した…!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 6[1,5]-1 → 5 → 成功

木曾改二@717:「そうそう、熊野だったぜ」
熊野改@919:「ホラー映画は勘弁して欲しいですわ…」
木曾改二@717:「南斗水○拳で立ちはだかるロボットを紙のように切り裂いてた」
木曾改二@717:「どちらかと言うとアクションだったな」
木曾改二@717:というわけで成功効果はくまのんにー
菊月改@3-72:「それ・・・最後で焦って奥義だし損ねないか・・・?」
熊野改@919:「わたくしを何だと思ってますの… せいぜいガソリンを撒いて火をつけるのが関の山ですわ」
多摩@2-1402:「ヘルメットでも被るのにゃ?」
菊月改@3-72:「早い突きでも繰り出すのか?」
熊野改@919:「わたくしの名前を言ってご覧なさい ですわ♪」
多摩@2-1402:「ひどい熊にゃ・・・」
木曾改二@717:「まあ、そんな感じだ 変な夢連発してるしこのあたりは何か憑いてるのかもな」
菊月改@3-72:「そうか・・・それでドラム缶か・・・」
熊野改@919:「まあ本当にそうなった時は一緒に戦ってあげてもよろしくてよ」
木曾改二@717:「さんきゅー熊野」
熊野改@919:ふふふ 補助行動なしでターンエンドだ
木曾改二@717:順調に消化していくー
菊月改@3-72:同じくターンエンド
多摩@2-1402:同じく
鈴谷(NPC):次はだーれだ
菊月改@3-72:行動力的には鈴谷?
鈴谷(NPC):そういえば鈴谷の判定だけど
鈴谷(NPC):誰か振る?それともGMが振っていいの?
熊野改@919:旗艦とか?
木曾改二@717:GMでよさげー
鈴谷(NPC):はいよ
木曾改二@717:次行っちゃう?それとも早めの休憩?
菊月改@3-72:自分は続行で構いませんが
熊野改@919:おなじくー
鈴谷(NPC):おなじく
木曾改二@717:あ、続行でOKですよ
鈴谷(NPC):んじゃ続けて大丈夫かな?
菊月改@3-72:(多摩さん反応ないのがなんとも
鈴谷(NPC):(大丈夫なんかな多摩さん
木曾改二@717:次は菊月かすずやん
菊月改@3-72:(裏で確認とれたので続行 (ログ用)
菊月改@3-72:被り対策的には鈴谷かねぇ
鈴谷(NPC):んじゃ行きますか
菊月改@3-72:どうぞー
どどんとふ:提督@161がカードを公開しました。「ほのぼの「布団」」
菊月改@3-72:また寝るのか・・・
熊野改@919:寝てばっかだな!
鈴谷(NPC):ETHT
KanColle : ほのぼのイベント表(10) → 通信販売:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《待機/背景2》で判定。(建造弐p134)

木曾改二@717:ねずみ講かな?
鈴谷(NPC):もうなんか通信で布団というと詐欺かねずみの二択しか思い浮かばない世界こわい
熊野改@919:いやな現実を見てしまった…
菊月改@3-72:ルルブの通信販売のとこ頼んだ物がまだ届いてない ってのがあるしな
鈴谷(NPC):「通信販売で布団を買ったの」
菊月改@3-72:「ふむ」
多摩@2-1402:「zzz」
木曾改二@717:「また寝るのか」
鈴谷(NPC):「でも私は今ここでバカンス中じゃん?」
熊野改@919:「ちゃんとお店で選んだほうがいいきがするけど… それでどうでしたの?」
熊野改@919:「鎮守府のほうに届いてますの?」
鈴谷(NPC):「んで、仕方ないから傲慢に受け取り任せてきたんだけど」
鈴谷(NPC):「アイツの事だから超心配なんだよねぇ~」
木曾改二@717:「向こうに届んだな…」
木曾改二@717:「もしかしたらクーリングオフされてるかもな?」
多摩@2-1402:「え~こっちにこないのにゃ~」
鈴谷(NPC):「『私のこの布団のほうが100倍いいぞ!なんたって私が使ってるからな!』とか言いそう」
菊月改@3-72:「普段使われない所に届けるのはな・・・」>こっちこない
木曾改二@717:「ああーありそう」
木曾改二@717:「sれで、どんな布団を頼んだんだ?」
木曾改二@717:それで
熊野改@919:「今の一瞬で人柄がわかった気がしますわ」
鈴谷(NPC):「コットン100%」
熊野改@919:「布団じゃなくてタオルケットの間違いでなくて?」
鈴谷(NPC):「中は羽毛なやつ」
多摩@2-1402:「スズメの羽毛かにゃ?」
木曾改二@717:「そこも大事なのか?」
菊月改@3-72:「こだわりは大事・・・なのかもな」
熊野改@919:「ふつーですわね ○○円くらいかしら?」 まあまあ高級なのが買えるくらいの値段
鈴谷(NPC):「なんだっけ、なんとかグースとか書いてあったかな」
鈴谷(NPC):「30万ちょっとだった気がする」
木曾改二@717:「たけぇ!?」
菊月改@3-72:「それほどの物・・・なのか?」
熊野改@919:「あら、鈴谷にしてはいいものを選びましたわね 一般的なダックよりもふわふわですわ」
鈴谷(NPC):「半額だったからいいの選んじゃった」
多摩@2-1402:「でもダックの方がおいしくない?」
熊野改@919:「いい買い物をしましたわね」 お嬢様に金銭感覚を求めてはいけない
菊月改@3-72:「そのダックじゃない・・・」
鈴谷(NPC):「帰ったらふかふか布団でぐっすりしたいねぇ あいつに荒らされて無ければ」
木曾改二@717:「逆に占領されてる可能性もあるのか…」
木曾改二@717:判定サン行方不明説
菊月改@3-72:いつものことさ・・・
熊野改@919:せめて偽物じゃないか《買い物》とかどうさね
鈴谷(NPC):いつも通りやん
熊野改@919:みんな一緒だけどね!
鈴谷(NPC):よし、フルか
熊野改@919:>目標値
鈴谷(NPC):降るか
鈴谷(NPC):鈴谷はNPCだから目標値5点(謎裁定
鈴谷(NPC):でも謎アビリティで達成値-2の補正
鈴谷(NPC):2d-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 3[1,2]-2 → 1 → 失敗

菊月改@3-72:カ号であります!
木曾改二@717:化合
熊野改@919:やる気のかけらもない!w
鈴谷(NPC):はいはい振り直し振り直し
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 4

鈴谷(NPC):2d-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 4[1,3]-2 → 2 → 失敗

熊野改@919:やる気のかけらも(ry
鈴谷(NPC):断固抗議するか前
菊月改@3-72:カg(r
鈴谷(NPC):構え
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 1

鈴谷(NPC):2d-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 4[1,3]-2 → 2 → 失敗

鈴谷(NPC):素で5以上出ないってどうなんよ
熊野改@919:怠惰だからな…
菊月改@3-72:まさか・・・123サイ・・・!?
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 2

鈴谷(NPC):2d-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 7[1,6]-2 → 5 → 成功

熊野改@919:おおこわいこわい
鈴谷(NPC):イベント効果でアイテム1個か
鈴谷(NPC):ITT
KanColle : アイテム表(5) → 応急修理要員(P241)

鈴谷(NPC):(いらない)
木曾改二@717:ぜってぇ使わねえ…
木曾改二@717:誤配送かな?
熊野改@919:イベント表の効果で轟沈するかもしれないし…
菊月改@3-72:ア、アクシデント対策にはなるし・・・(震え声
鈴谷(NPC):謎アビリティの効果で何故か少ない目の方回復する
熊野改@919:いち
多摩@2-1402:でも決戦ないからロストはないな・・・
鈴谷(NPC):資材減るよりマシだと前向きに考えておく
鈴谷(NPC):まだ補給はいいね、次行こうか
菊月改@3-72:同じくこのままで
木曾改二@717:ぱーす
多摩@2-1402:なし
鈴谷(NPC):特に無ければ菊月=サンの版
菊月改@3-72:・・・よし(チャキ
木曾改二@717:いくのか?
菊月改@3-72:アクシデントなんて何回振ったか知れないよ
どどんとふ:菊月改@3-72がカードを公開しました。「交流 日焼け止め」
菊月改@3-72:EVKT
KanColle : 交流イベント表(5) → マッサージ:自分以外の好きなPC1人を選んで、《けなげ/魅力6》で判定。(着任p221)

木曾改二@717:ktkr
熊野改@919:ぐふふ…
熊野改@919:キーワードもぴったりですねえ…
菊月改@3-72:さぁて・・・誰に行こうかw
菊月改@3-72:choice[熊野,木曾,多摩,鈴谷] いでよダイス神!
KanColle : (CHOICE[熊野,木曾,多摩,鈴谷]) → 鈴谷

菊月改@3-72:とゆーわけで対象鈴谷で
鈴谷(NPC):ほい
菊月改@3-72:「・・・む?このサンオイル誰のだ?」砂浜辺りで
木曾改二@717:「熊野じゃないか?あいつそういうの気にしそうだし」(もう水着)
熊野改@919:(熊野は今泳いでいていない)
菊月改@3-72:「そうかもな・・・しかし置いたままにしておく訳にはな・・・」
木曾改二@717:「確かに泳ぐ前に塗るってのも変だよな」
木曾改二@717:「となると…」あたりを見回す
菊月改@3-72:「・・・鈴谷か?」
木曾改二@717:「だろうな…」
菊月改@3-72:「はぁ・・・仕方ない。届けてくるか・・・」
鈴谷(NPC):「ん?どうかしたの?」
菊月改@3-72:「あぁ、丁度よかった。これ、鈴谷のか?」手には件のサンオイル
鈴谷(NPC):「あーそうだねぇ どこにあったの?」
菊月改@3-72:「そこの日陰になってるとこに置いたままだったぞ・・・」
鈴谷(NPC):「そんなところ置きっぱなしだったのかぁ ありがとねー」
鈴谷(NPC):「そうだ、折角だから菊月ちゃん塗ってよー」
菊月改@3-72:「私か?・・・まぁ、ついでか。いいだろう。」
菊月改@3-72:判定かな?
鈴谷(NPC):「んじゃよろしくぅ~」
鈴谷(NPC):判定しましょ
菊月改@3-72:ルルブ通りけなげ?それとも別の?
鈴谷(NPC):けなげでいいかなぁ
菊月改@3-72:りょーかい 古風からギャップ挟んで目標値7
菊月改@3-72:2d6>=7 「こう・・・か?」
KanColle : (2D6>=7) → 12[6,6] → 12 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

木曾改二@717:おお
多摩@2-1402:ふむ
菊月改@3-72:おいしいけど反応に困る
菊月改@3-72:満タンだけど一応振ってみようか
熊野改@919:ものすごいテクニシャンなんですねわかります
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 3

鈴谷(NPC):菊月の手つきは的確にオイルをむら無く均等にそれでいて心地良く塗るのだ
菊月改@3-72:「これでいい・・・か?」
鈴谷(NPC):「凄い良かったよー才能あるんじゃない?」
菊月改@3-72:「調子よくいっただけさ・・・」
菊月改@3-72:「まぁ、たまに如月姉さんに頼まれることがあるからそのせいかもしれないが」
木曾改二@717:如月仕込みのテクニック
鈴谷(NPC):「確かにそれなら上達しそうだねぇ」
菊月改@3-72:「一回や二回じゃないからな・・・ま、結局はただの経験さ」
熊野改@919:「砂のお城が完成しましたわよ! …って何をなさっていますの!?」 はだけた鈴谷の水着を見て
菊月改@3-72:「ただサンオイルを塗ってただけさ・・・というかいつのまにそんな物を・・・」
熊野改@919:「もう、着替えるときに塗ればいいのになんで外で塗るんですの…? びっくりしましたわ…」
菊月改@3-72:あー・・・まぁ、ちょっとあってな。別に大したことじゃないさ」
鈴谷(NPC):「さて、塗ってもらったし寝るかぁ」
菊月改@3-72:「ま、ご満足頂けて何より、だ」
菊月改@3-72:「私も少し泳いでくるかな」
菊月改@3-72:って海に向かったとこで〆かな?
鈴谷(NPC):ですかね
熊野改@919:はーい
菊月改@3-72:鈴谷→菊月に感情+2と行動力4回復かな
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
鈴谷(NPC):ですねー
鈴谷(NPC):菊月に感情+2 「テクニシャンだよ!」 んで4回復
鈴谷(NPC):で、2サイクル目かな
鈴谷(NPC):(特になにもないよね?
熊野改@919:なーし カード書きますね
多摩@2-1402:ないです
どどんとふ:「多摩@2-1402」がメッセージカードを変更しています。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がメッセージカードを変更しました
熊野改@919:というわけでいっていいかな!
多摩@2-1402:どうぞー
どどんとふ:熊野改@919がカードを公開しました。「外出「プニキ!」」
熊野改@919:ETGT !?
KanColle : 外出イベント表(4) → 蚤の市:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《古風/背景5》で判定。(建造弐p136)

鈴谷(NPC):ハランデイイ
菊月改@3-72:ロビカス相手じゃなければ・・・(震え声
熊野改@919:「近所でフリーマーケットをやっていましたの ついつい色々買ってしまいましたわ」 といって色々取り出した中に
木曾改二@717:「ほうほう」
熊野改@919:熊野フ○ーさんの描かれたゲームのカセットがある
多摩@2-1402:「ん?これはにゃ?」
木曾改二@717:「熊?」
熊野改@919:「昔のゲームらしいですわ 絵が可愛らしいので買ってみましたの」
木曾改二@717:「鈴谷ーこれ動くハード持ってるかー?」
熊野改@919:「本体ごと買ってきたので今から遊んでみますわ」
木曾改二@717:「おっと大丈夫だったか」
多摩@2-1402:「さすがお嬢様にゃ・・・」(わなわな・・・
菊月改@3-72:「案外古い物だと安かったりするぞ?」
熊野改@919:「あら、野球ゲームでしたのね…」 熊のキャラクターがバッターボックスに立っている
多摩@2-1402:「でもこれツインファミコンにゃ!レアものにゃ!」
菊月改@3-72:(?いらんなこれ
菊月改@3-72:「なっ・・・掘り出し物じゃないかそれ!」
熊野改@919:「わたくしの目利きもたいしたものですわね  …それよりも」
木曾改二@717:「お、相手が多摩投げたぞ」
多摩@2-1402:え・・・
熊野改@919:「とぉぉぉぉぉぉう!!」 盛大に空振る
木曾改二@717:弾
熊野改@919:(球磨だの多摩だの!
熊野改@919:(変換しづらい!w
熊野改@919:「あら、ちょっと気合を入れすぎてしまいましたわ」
木曾改二@717:「急に大声出すからびっくりしたぞ」
熊野改@919:「無意識に声が出てしまいますの もう一球ですわ!ひゃぁぁぁぁぁぁ!!」
多摩@2-1402:「それがえれがんとってやつかにゃ?」
菊月改@3-72:「・・・これもしかして押しっぱなしじゃないと当たらない類か」
熊野改@919:「ファウルでしたわ  ……そしてなぜ球数が減らされていますの?」
菊月改@3-72:「取説にルールでも載ってるだろう・・・えっと・・・」
菊月改@3-72:「・・・・・・」
熊野改@919:「あら、ポイントで強化できるのですわね  ……それにしても全体的に理不尽なルールですわ」
菊月改@3-72:「要約するとホームラン以外意味ないな、これ」
木曾改二@717:「ホームランダービーってことか」
熊野改@919:「はぁ…はぁ… とりあえず1面はクリアしましたわ」
熊野改@919:「コツさえ掴めばなんとかなりますわね…  ……なんですのこの揺れる魔球は!!」
菊月改@3-72:「ナックルとかそういうレベル・・・じゃないなコレ」
熊野改@919:「クソゲーですわKOTYにノミネートしてやりますわ!  …でもここで引き下がるのも悔しいですわ!」
熊野改@919:そんなわけでフクロウやトラを打ち倒し謎の少年のステージまでやってきたわけですが
菊月改@3-72:「一応さっきのがラスボスみたいだな・・・ここおまけみたいなものみたいだが」
熊野改@919:「今までの魔球全部乗せとかヤケクソにもほどがありますわ!!もう頭にきましたわ! 」
熊野改@919:「とぉぉぉぉぉぉう!!!!」  カセットへ南斗水鳥拳を叩き込みたくなる衝動を《クール》に押さえ込めるか とかどうかな!
鈴谷(NPC):クソゲーをKOOLに硫酸につけよう(じゅうべえ並感)
鈴谷(NPC):どぞ
熊野改@919:このお嬢こう見えて○クールである 直上の5!
熊野改@919:2d6>=5 「(冷静になるのですわ…ここで暴れたりしたら鈴谷の笑いものですわ)」
KanColle : (2D6>=5) → 8[3,5] → 8 → 成功

鈴谷(NPC):(既に笑ってる)
熊野改@919:「フフフッ… なんとでも笑うがいいですわ、わたくしは決して諦めませんの」
木曾改二@717:まあ他人がクソゲーやってるのは見てて楽しいよねw
熊野改@919:「こんなこともあろうかと本体と一緒に連射パッドも買っていたのですわ!」
多摩@2-1402:「連射して意味あるかにゃ?」
熊野改@919:「ポーズボタン連打! 時よとまれですわ!!」
木曾改二@717:「せっけえ!」
菊月改@3-72:「シューティング以外でポーズ連打なんて初めてみたぞ・・・」
熊野改@919:「勝てばよかろうですわぁ! …残すはあと一球!!」
菊月改@3-72:「よくそれで打てるな・・・」
熊野改@919:「ひゃぁぁぁぁぁ……? あら、画面が動きませんわ」
菊月改@3-72:「まさか・・・」
熊野改@919:「打とうとした瞬間に間違えてセレクトボタンに触ってしまったみたいですわ!バグりましたわ!」
木曾改二@717:「セ、セーブデータは…」
熊野改@919:ドン!(0% 0% 0%)
熊野改@919:「…」 抜け殻と化している
木曾改二@717:「これはひどい」
菊月改@3-72:「あー・・・そ、そう気を落とすな・・・今度オススメ持ってくるから・・・な?」
多摩@2-1402:「これカセットの電池が切れてるんじゃないかにゃ?」
菊月改@3-72:「もしくは連打の時に動いてその衝撃がカセットに来たか、だな」
熊野改@919:「こ、こんてぃにゅ~…」
熊野改@919:ざんねん くまののしーんは ここでおわってしまった  ってとこでどうかな
鈴谷(NPC):ゲラゲラゲラ
鈴谷(NPC):キリはいいですな
熊野改@919:鈴谷大爆笑である 補助行動なし ターンエンド!
木曾改二@717:なーし!
菊月改@3-72:(GMの許可が出れば固有使えるけど家具コイン増やす意味ある・・・のか?
鈴谷(NPC):無いね(真顔)
菊月改@3-72:ならばこのままターンエンドだ
熊野改@919:成功効果までしょっぱいですわ…
多摩@2-1402:なーし
菊月改@3-72:鎮守府に家具コインが1枚増えた所で次かなー?
熊野改@919:いってみよう!
鈴谷(NPC):次はだーれだ
木曾改二@717:行きますかー
菊月改@3-72:どうぞー
どどんとふ:木曾改二@717がカードを公開しました。「外出 花火」
菊月改@3-72:かぶりー
木曾改二@717:〆っぽいのを引いてしまった
木曾改二@717:ETGT
KanColle : 外出イベント表(6) → 走り込み:《航空戦/戦闘4》で判定。(建造弐p136)

木曾改二@717:花火目指して走り込み?
鈴谷(NPC):花火会場にのりこめー^^かな?
多摩@2-1402:花火つけて走り回る!
熊野改@919:童心に戻ってですね
木曾改二@717:「花火を買ってきたぞ!」
木曾改二@717:とよくある花火セットを持ち出す
菊月改@3-72:「おー」
木曾改二@717:「もうちょっとして日が暮れたらやろうぜー」軒先をゆびさしつつ
木曾改二@717:しばらくしました
熊野改@919:「楽しみですわね!」
木曾改二@717:「よーしバケツの水も用意したぞー」
熊野改@919:「蚊取り線香もバッチリですわ!」
木曾改二@717:「まずは景気づけにこのデカイのからだな!」と手持ち型では大きめのを取り出して
多摩@2-1402:「ドカーンと!」
菊月改@3-72:「行きますか!」
木曾改二@717:「おう!」
木曾改二@717:マッチぼしゅー
木曾改二@717:「点火!」
熊野改@919:「ふぁいあ!ですわ!」
木曾改二@717:緑とかオレンジとかの炎がかなり激しい感じで噴き出します
菊月改@3-72:「おー・・・これはいいな・・・」
木曾改二@717:「おおー思ったより激しいな」
多摩@2-1402:「おおっ!激しい激しい」
熊野改@919:「綺麗ですわね…」
木曾改二@717:「…そうだ!」
木曾改二@717:「じゃじゃーん!キャプテンキソーの大発明!」複数の花火を束ねた自家製巨大花火だ!
鈴谷(NPC):「あーゆーのって絶対ろくな結果にならないよねー」
多摩@2-1402:「木曾が楽しそうにゃ!」
木曾改二@717:取説では禁止されている実際危ないシロモノだ!
熊野改@919:「…さすがになんだか危険な香りがしてきましたわ」
多摩@2-1402:艦娘は火器の取り扱いのプロだから大丈夫!
多摩@2-1402:多分!
木曾改二@717:「いくぜ!」点火!
菊月改@3-72:「なぁ木曾、それちゃんと固定してるよな・・・?」
木曾改二@717:「えっ?」
菊月改@3-72:「えっ」
木曾改二@717:7本分の高出力な閃光が辺りを包みます
木曾改二@717:「うおっまぶしっ」
熊野改@919:「うおっまぶしっ ですわ!」
菊月改@3-72:「総員退避!」
木曾改二@717:メキ…
木曾改二@717:重さと噴き出す炎の勢いに耐え切れず手本が折れた!
木曾改二@717:「うわっ!?」
菊月改@3-72:「んなぁっ!?」
木曾改二@717:暴れ火の玉となった花火がPCたちを襲う!
熊野改@919:「ひゃぁぁぁぁぁぁ!!」
多摩@2-1402:「あsdfghjkl;:!?」
木曾改二@717:「こんなこともあろうかと!バケツに水を!」
鈴谷(NPC):「弾道予測!弾道予測!」
木曾改二@717:というわけで上手く掛けられるか判定だ!
鈴谷(NPC):《機動》かな
木曾改二@717:意外と遠い4増田
木曾改二@717:魚雷で代用、目標9
木曾改二@717:2d6>=9 水撃!
KanColle : (2D6>=9) → 8[2,6] → 8 → 失敗

木曾改二@717:声援くださーい
菊月改@3-72:鈴谷か菊月か どちらか好きな方かな
鈴谷(NPC):じゃあだそう
鈴谷(NPC):「木曾ー!右!右!」
鈴谷(NPC):声援で+1
木曾改二@717:「そこだっ!」バケツじゃばー
木曾改二@717:「なんとか大惨事になる前に収まった…サンキュー鈴谷」
木曾改二@717:なおマントはところどころ焦げている模様
鈴谷(NPC):「マント焦げてるけどそのマント再生するんだよね」
熊野改@919:「まったく、とんだ回避訓練ですわ  …再生!?」
多摩@2-1402:「実は艤装の一部なんだにゃ!」(適当
菊月改@3-72:「はぁ・・・派手なのはいいが少しは考えてくれ・・・」
木曾改二@717:「ああ、一日2mm位伸びるぞ 多少のほつれも治る優れものだ」
木曾改二@717:「いやー面白いと思ったんだけどなあ」
木曾改二@717:謎設定が生えた
木曾改二@717:「まあ、こういうこともあるさ!のこりは皆でやろう!」
菊月改@3-72:「ま、仕切り直しといこうか」
熊野改@919:「今度はもっと風情がある花火にしてくださるかしら…」
木曾改二@717:「そうだな…じゃあ定番のこれだ!」つ線香花火
熊野改@919:「いいですわね! とりあえず4本くらい束ねますわ!」
木曾改二@717:風情とは
木曾改二@717:「お、おう」4本渡すぞ!
菊月改@3-72:「さっきの後でよくそれが出来るな・・・」
熊野改@919:「ひゃぁぁぁぁぁぁ!!」 バチバチバチバチボトッ…
木曾改二@717:「風情あるよなあ」
熊野改@919:「この無常さがたまりませんわ」
菊月改@3-72:「あぁ、これもいいな・・・」
木曾改二@717:といったところで〆かな
鈴谷(NPC):こうして花火を楽しんだのだ ゴミはちゃんと片付けようね
熊野改@919:はーい
菊月改@3-72:はーい
木曾改二@717:はーい
菊月改@3-72:成功効果ぁ!
木曾改二@717:行動最大1d6アップだ!
木曾改二@717:1d6 アップ!
KanColle : (1D6) → 2

菊月改@3-72:ヘーイGMゥ 固有使ってもイイカナー?
鈴谷(NPC):どぞー
菊月改@3-72:よしきた! 行動力消費の1d6から
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 5

木曾改二@717:強い(活かせるかはしらない)
菊月改@3-72:おっもーい
菊月改@3-72:次!効果1d6
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 3

菊月改@3-72:最大21・・・睦月型にこれは酷いことなるな・・・w
熊野改@919:圧倒的燃費
木曾改二@717:補助行動はない
菊月改@3-72:ただ問題はここまで回復できるのか そしてターンエンド
鈴谷(NPC):んでは次
鈴谷(NPC):次は誰かな
菊月改@3-72:菊月 鈴谷 多摩 さぁどうしようか
多摩@2-1402:すまないがお先どうぞ
鈴谷(NPC):んじゃあ行動力的にこっち?
菊月改@3-72:かな
鈴谷(NPC):ドロー!
どどんとふ:提督@161がカードを開きました。
どどんとふ:提督@161がカードを公開しました。「遊び 死ぬがよい」
鈴谷(NPC):大往生だこれー!
菊月改@3-72:遊びで済むのか・・・?
鈴谷(NPC):EVAT
KanColle : 遊びイベント表(7) → ○○大会開催!:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《大胆/性格12》で判定。(着任p222)

木曾改二@717:死ぬがよい大会
熊野改@919:STG大会かな…
鈴谷(NPC):STG大会か
菊月改@3-72:大往生スコアアタック大会?
菊月改@3-72:(アレならどこまで進めるかで大会成立するか
鈴谷(NPC):「ゲーセンの筐体置いてあったよ」
木曾改二@717:「割りとなんでもあるな」
熊野改@919:「あのクソゲーのお口直しに付き合って差し上げますわ」
菊月改@3-72:「筐体か・・・稼働しているのは何なんだ?」
鈴谷(NPC):「えっと、怒首○蜂とぷよ○よとスト
鈴谷(NPC):2と湾岸かな」
菊月改@3-72:「・・・いきなり凄いのから来たな」
多摩@2-1402:「名作だけど古いにゃ」
木曾改二@717:「詳しいのか?」
菊月改@3-72:「物にもよるが少し古いぐらいならな・・・」 古風○の有効活用
熊野改@919:「どんとこいですわ よく鈴谷に付き合わされましたの」
鈴谷(NPC):「でも対戦系のゲームは1台しか無いから対戦できないねー」
菊月改@3-72:「たまに1台でも対戦出来るようになってるヤツもあるのだが・・・なさそうだな」
木曾改二@717:「せっかくだから格ゲーとかやりたいけどな」
鈴谷(NPC):「夕張がいれば筐体カード差し替えとかできたんだろうなぁ」
菊月改@3-72:(左右に1P2Pで別れて1台で対戦出来る台はありはする あんまみないけど
熊野改@919:「さすがにまにあっくなところまではさっぱりですわ」
熊野改@919:(あれで格ゲー対潜するの勇気がいるよね)
菊月改@3-72:(無くなる前に世紀末バスケやっとけばよかったと後悔したことがあります・・・)
木曾改二@717:「何かいい案は…」
鈴谷(NPC):「もうあとはスコアアタックぐらいしか思いつかないねぇ」
鈴谷(NPC):「一人づつ交代で怒○領蜂のスコアアタックでもする?」
熊野改@919:「面白いですわね、受けて立ちますわ!」
菊月改@3-72:「いいだろう・・・私も乗った」
多摩@2-1402:「スコアの前にそもそもクリアーできるのかにゃ?」
菊月改@3-72:「無理だろう・・・多分」
木曾改二@717:「そんなに難しいのか?ちょっとやってみるか」
菊月改@3-72:「ま、やれば分かるさ・・・」
菊月改@3-72:「・・・どうだ?」
木曾改二@717:「(二面辺りで死んだ顔)」
菊月改@3-72:「まぁ、初見だしな・・・」
菊月改@3-72:「パターンをどれだけ体に叩き込むかだからな・・・弾幕STGは」
木曾改二@717:「難しいな…」
多摩@2-1402:「高速弾幕シューティングだからにゃ~反射神経と判断力が重要にゃ」
菊月改@3-72:「その中でもトップクラスの難度で有名なヤツだからな・・・これは」
熊野改@919:「あの魔球に比べれば大したことありませんわ…ふふふ」
木曾改二@717:「お、GOGO!」
菊月改@3-72:「随分気合い入ってるな・・・」
熊野改@919:「ちょっ… なんですのこの洗濯機は ひゃぁぁぁぁぁぁ!!」 ピチューン
多摩@2-1402:「よ、よくそこまでいけたにゃね・・・」
菊月改@3-72:「初見でそこまでとは・・・才能あるんじゃないか?」
多摩@2-1402:本当は5面の中ボスラッシュもかなりつらい
鈴谷(NPC):「天才だった」
菊月改@3-72:洗濯機だけじゃないのよね・・・デスレーベルのアレよかマシなんだろうけど
熊野改@919:「レディの嗜みですわ♪ どうせならクリアしたかったけれど…」
多摩@2-1402:ダブル洗濯機はなあ・・・
鈴谷(NPC):「あれ初見でクリアできたら人間やめてるよきっと」
菊月改@3-72:家庭用とはいえ初クリア者が出るまで数年かかったからな・・・アレ
多摩@2-1402:「多摩達って人間にゃ?」
鈴谷(NPC):「多摩は猫
菊月改@3-72:「艦娘でもこれを一発クリア出来るのが居たら尊敬するぞ・・・」
熊野改@919:「熊野は熊ですの? …例のゲームをまた思い出してしまいましたわ」
多摩@2-1402:「誰が猫だにゃ!」にぼし食いながら
菊月改@3-72:「次は・・・私が行こうか」
菊月改@3-72:(何面で死ぬかダイス振ってみようか
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 1

菊月改@3-72:「・・・あ」
木曾改二@717:ぴちゅーん
鈴谷(NPC):それ違うゲームや
菊月改@3-72:弾幕STGではあるし・・・(震え声
菊月改@3-72:「いくらなんでもこれは酷いな・・・」
菊月改@3-72:「・・・次、どうする?」
鈴谷(NPC):「まぁ言い出しっぺがやらないと嘘だよねぇ」
鈴谷(NPC):(じゃあこっちもダイスで
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 6

木曾改二@717:おお
鈴谷(NPC):「これノーコンクリアあるよ!」
菊月改@3-72:「なん・・・だと・・・」
鈴谷(NPC):ノーコンクリアできるかどうか判定しよ
鈴谷(NPC):何がいいかな
熊野改@919:《丁寧》!
鈴谷(NPC):丁寧なプレイングをしていこう
菊月改@3-72:《大胆》もありっちゃあり?
鈴谷(NPC):慎重かつ大胆に臨機応変に対応すべし
鈴谷(NPC):目標5,補正-2
鈴谷(NPC):2d6-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 2[1,1]-2 → 0 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

木曾改二@717:あー・・・
鈴谷(NPC):[
鈴谷(NPC):「あっ」
菊月改@3-72:悪夢のがあったはず・・・
鈴谷(NPC):「あとちょっとだったのにー!コンティニュー!コンティニュー!」
菊月改@3-72:「いや、確かこの面は・・・」
鈴谷(NPC):「コンティニュー出来ないんですかやだー!」
菊月改@3-72:(恐怖イベ効果でファンブル振り直し・・・出来たよね?
鈴谷(NPC):(できるねー
多摩@2-1402:ありますね
多摩@2-1402:おねがいしますう
鈴谷(NPC):くまのんってどこまで進んだ扱いだっけ
菊月改@3-72:セリフ的に洗濯機までっぽい
鈴谷(NPC):(洗濯機って隠しだっけ?
熊野改@919:適当だけどそういうことにしておこうw
熊野改@919:フィーリングでいいさ!
菊月改@3-72:(コンティニューダメなの2周目からだ・・・
多摩@2-1402:洗濯機は2週目の隠しですな
木曾改二@717:こまけえことはいいんだよ!
菊月改@3-72:(pixiv百科曰く2周目ラスボス>緋蜂
鈴谷(NPC):くまのんしゅごい(あへがお)
菊月改@3-72:アレだ、艦娘だから1周はなんとかなるんだ、きっと
鈴谷(NPC):「あ、コンティニューできるじゃん」
熊野改@919:なんか別モノなんだよファンディスクの怒首領蜂大感謝とか
菊月改@3-72:「あー・・・すまん、出来ないのはその先からだった」
鈴谷(NPC):2d6-2>=5 「今度こそこれでっ!」
KanColle : (2D6-2>=5) → 6[1,5]-2 → 4 → 失敗

熊野改@919:そういえば鈴谷宛の感情って無いのか
菊月改@3-72:鈴谷に感情誰も取ってぬぇ・・・
鈴谷(NPC):仕方ないね
鈴谷(NPC):振り直しじゃ振り直し
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 1

鈴谷(NPC):2d-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 10[4,6]-2 → 8 → 成功

鈴谷(NPC):「倒せたけど惜しかったなぁー・・・」
菊月改@3-72:「まぁそこまでやれるだけ大したものだろう・・・」
鈴谷(NPC):「でもやっぱシューティング楽しいねー」
菊月改@3-72:「だな・・・後でリベンジでもするかな・・・」
熊野改@919:「よくがんばりました ですわ♪ 確かにアツくなりますわね」
菊月改@3-72:「そういや・・・多摩、お前やってないが・・・どうする?」
多摩@2-1402:「う~んやってみるかにゃ」
多摩@2-1402:1D6
KanColle : (1D6) → 6

多摩@2-1402:一週目はクリアーか
多摩@2-1402:1D6
KanColle : (1D6) → 4

熊野改@919:艦娘ってすごい
鈴谷(NPC):艦娘ってすごい
木曾改二@717:動物的感性!
菊月改@3-72:「お〜・・・凄いな・・・」
多摩@2-1402:「う~んやっぱり二週目の厳武は強いにゃ~」
菊月改@3-72:「そこまでいけるだけ大したものだろう・・・」
多摩@2-1402:「一時的な安置がわかりづらいのにゃ」
菊月改@3-72:「覚えるしかないからな・・・その覚えるまですら厳しいのだが」
鈴谷(NPC):「ガチ勢ってすごい 素直にそう思った」
多摩@2-1402:「あいつらは人間じゃないにゃ・・・」(顔を横に振る
菊月改@3-72:「世の中にはな・・・『人類には不可能」と言われた敵を倒した凄腕もいるんだ・・・」
熊野改@919:「人類の可能性を感じますわね…」
鈴谷(NPC):人の可能性を感じたところでターンエンドかな
鈴谷(NPC):思い出の品…
熊野改@919:思い出の品(基板)
鈴谷(NPC):じゃあ基板にしよう
鈴谷(NPC):怒首領○の基板
菊月改@3-72:(夕張以外誰が喜ぶんだそれ・・・
熊野改@919:これもまた思い出さ!
鈴谷(NPC):んでアビリティ効果で3回復
熊野改@919:補助行動なし! ターンエンド!
菊月改@3-72:同じくなにもなし!
多摩@2-1402:なし!
木曾改二@717:なーし
どどんとふ:「木曾改二@717」がログアウトしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログアウトしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログインしました。
どどんとふ:「菊月改@3-72」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
どどんとふ:「提督@161」がログインしました。
どどんとふ:多摩@2-1402がカードを公開しました。「交流 「水辺」」
多摩@2-1402:EVKT
KanColle : 交流イベント表(9) → 小言百より慈愛の一語:自分以外の好きなPC1人を選んで、《面倒見/性格4》で判定。(着任p221)

多摩@2-1402:また難しいのを・・・
提督@161:これは多摩がお姉さんなところを見せるチャンス
多摩@2-1402:キソーさんか。どうなんだろw
熊野改@919:問題はいったいこの中の誰が悩んでいるのかだ
熊野改@919:お姉ちゃんいいな!
多摩@2-1402:多摩は自分のPCでもっともバカなキャラなのだがw
熊野改@919:だからこそ解決できることもあるさ
多摩@2-1402:ある意味多摩も悩み抱えているが、逆だしなあ
どどんとふ:「熊野改@919」がログアウトしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログインしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログアウトしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログインしました。
提督@161:点呼開始!
熊野改@919:準備完了!(1/4)
菊月改@3-72:準備完了!(2/4)
多摩@2-1402:準備完了!(3/4)
木曾改二@717:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

提督@161:果たして多摩はお姉さんっぷりを発揮できるのか
多摩@2-1402:無理にゃ!(オイ
多摩@2-1402:まあ、とりあえず相手PCに木曾さんを指定
木曾改二@717:はーい
多摩@2-1402:史実でもいっしょいたし
木曾改二@717:では宿泊所の庭で素振りをしていますね
多摩@2-1402:ん、了解
多摩@2-1402:「朝からがんばるにゃね~」練習見ながら
木曾改二@717:「ハッ!セイ!」
多摩@2-1402:「そんなにがんばってなにか目標でもあるのかにゃ?」
木曾改二@717:「あ、姉さん おはよう」と手を止めて
多摩@2-1402:「にゃ~」適当に手を振る
木曾改二@717:「目標…」
木曾改二@717:「…」
木曾改二@717:少し黙りこむ
多摩@2-1402:「だって木曾ってもう改ニだにゃ~しかも重雷装巡洋艦にゃし」
多摩@2-1402:「十分強いのにゃ~」
木曾改二@717:「でも…北上姉さんには…」俯いたまま
木曾改二@717:「実は…この前北上姉さんと出撃する機会があってさ、その時は姉さんも俺と同じ装備で甲五連五連だったんだ」
多摩@2-1402:「恐ろしい・・・」
木曾改二@717:「同じ装備でも姉さんは戦艦にダメージを通していた、でも俺は補給艦に攻撃するので精一杯だった」
木曾改二@717:「それで、やっぱり俺は魚雷よりも白兵戦なんじゃないかなって…迷ってるんだ」
多摩@2-1402:「自分の実力不足じゃないかって?自分が弱いんじゃないかってにゃやんでるのかにゃ?」
多摩@2-1402:「それで白兵戦もやってみようとにゃ?」
木曾改二@717:「改装前にやってたから、それなら勝てるかなって…」
多摩@2-1402:「少しでも勝ちたいと・・・」(なぜか体ぶるぶる
木曾改二@717:「うん…」
多摩@2-1402:「え~いそれ言ったらあっしなんてどうなるんでやんすか!」
木曾改二@717:「!?」
多摩@2-1402:「わっしなんて球磨姉はネームシップでゲームでもRPGでも強い!」
多摩@2-1402:「しかも下も妹達は重雷装でさらに強い!勝てるとこないんでやんすよ!?」
木曾改二@717:「え…あ…うん?」
多摩@2-1402:「そもそも史実でまともに活躍してないから改ニの望みはない!」
多摩@2-1402:「キスカ島撤退作戦には着いていったけどついていっただけでなにもしてないでやんす!」
木曾改二@717:「ほら、俺の改二だって計画だけだったし…多分大丈夫…っていうか姉さん、口調が」
多摩@2-1402:「そしてその阿武隈は最近改ニになりやがったからに!」
多摩@2-1402:「強くなりたいなんて悩みは贅沢なんでやんすよ!わかるか!?」
木曾改二@717:「わかった、わかったから!?少し落ち着いてくれ!?」
多摩@2-1402:「そもそも木曾も史実ではほぼ同じ輸送任務しかしてないのに計画だけで改ニに・・・世の中不公平でやんす!」
多摩@2-1402:「ぜえぜえぜえ・・・」
木曾改二@717:水分補給用に持ってた水筒を差し出す
多摩@2-1402:受け取ってゴクゴクゴク
多摩@2-1402:「あ~つまりでやんすな・・・」
多摩@2-1402:「いいもん持ってるんだから、他人と比べるよりそれを生かす方向で考えるでやんす」
多摩@2-1402:「結局人も艦娘も持って生まれたものしかないでやんすからな」
木曾改二@717:「そう、かな…うん、スッキリしたよ姉さん」
木曾改二@717:「ありがとう」
多摩@2-1402:「ふう・・・」
多摩@2-1402:「わかってくらたのならいいにゃ」
木曾改二@717:「(戻った…)」
多摩@2-1402:「で、後で川に魚釣りにいくんだけどいくかにゃ?」
木曾改二@717:「おー、行くにゃ」
提督@161:(判定とは)
提督@161:(もうなんかしなくても成功でいいかなとか思うけど一応振ろう 《口ぐせ》
多摩@2-1402:あっ・・・はい
多摩@2-1402:《口ぐせ》直 目標値5
多摩@2-1402:2D6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

多摩@2-1402:振りなおし・・・
木曾改二@717:多摩当ての感情すくねえ!
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を-1(1d6->1)した。(行動力:14->13)
菊月改@3-72:そもそも感情取れるの一回しか起きてねぇ!
多摩@2-1402:2D6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

木曾改二@717:では多摩に「姉さん」で+1
多摩@2-1402:強引に水辺を回収してシーン〆!
木曾改二@717:シーン効果の回復でプラマイ0かな
菊月改@3-72:回復するの木曾じゃね?
木曾改二@717:そうでした
多摩@2-1402:ボーキ2つ貰いましょう
提督@161:ここまで来て初消費である
提督@161:回復どぞ
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を+1した。(行動力:13->14)
菊月改@3-72:こちらはこのままターンエンドかな
多摩@2-1402:同じく
木曾改二@717:同じくー
熊野改@919:おなじく
菊月改@3-72:なら・・・引いちゃっていいかな?
提督@161:どうぞー
菊月改@3-72:ドロー!
どどんとふ:菊月改@3-72がカードを公開しました。「外出「買い出し」」
菊月改@3-72:ETEG
菊月改@3-72:逆だ
菊月改@3-72:ETGT
KanColle : 外出イベント表(9) → 街頭モデル:《おしゃれ/趣味10》で判定。(建造弐p136)

木曾改二@717:瑞鳳かもーん
菊月改@3-72:買い出し行ったら街頭モデル・・・うん、自然だ
菊月改@3-72:というかまた衣装系か!
熊野改@919:ふむ
菊月改@3-72:「買い出しで街まで来たが・・・意外と店の数は多いんのだな・・・ここは」
菊月改@3-72:多いんのだな→多いのだな
木曾改二@717:「こういうとことに来るのはだいたい金持ちだから、たくさん使ってもらおうってことさ」熊野の方を見つつ
熊野改@919:「夏に合うおしゃれな服が欲しいですわ! 見に行っても良いかしら?」
菊月改@3-72:「なるほどな・・・」>木曾
多摩@2-1402:「なるほどにゃ~」
菊月改@3-72:「買う物はもう揃ってるし・・・いいんじゃないか?」>熊野
熊野改@919:「そうときまれば突撃ですわ!」 お店へゴー!
菊月改@3-72:「元気だな・・・というか店がどこか知ってるのか?」
熊野改@919:「聞くところによると、この近くには じゃ○こ なる有名なブティックがあると聞きましたわ」
菊月改@3-72:「・・・それ、確か店の名前全部イ○ンに変わったんじゃなかったか?」
多摩@2-1402:「じゃす○のブランドはもう消えてるはずだったようにゃ・・・」
菊月改@3-72:「まぁ、いいか」軽く笑いつつ ついて行こう
木曾改二@717:「(じゃれこ…?)」
菊月改@3-72:「(それはバントでホームラン打つ方だ・・・)」
鈴谷(NPC):「(ゲームヤロウに1円で買収された会社じゃないの)」
多摩@2-1402:「(忍者じゃじゃまる君・・・)」
木曾改二@717:「で、この店なのか?」
熊野改@919:「(アイドル雀士にあやかって《アイドル》 …なんでもないですわ)」
多摩@2-1402:「ここがジャイこ?」
菊月改@3-72:「そんなどっかの妹みたいな名の店じゃないだろう・・・」
熊野改@919:「こ、これは…  洗練されていない感じが逆に革新を感じさせられますわ!」 一人で盛り上がっている
鈴谷(NPC):「(買い出しなのに服を買うのか・・・さすがくまのん)」
菊月改@3-72:「そ、それは革新・・・なのか?」
熊野改@919:服は日用品
熊野改@919:「菊月さんもこのニューウェーブを感じるべきですわ! とりあえずこっちのから…」 着せ替え人形にしようとするぞ
菊月改@3-72:「・・・あれ?この雰囲気・・・どこかで・・・」されるがまま
熊野改@919:さあそろそろ判定しないとどんな服着せられるかわかったもんじゃないぞ…
菊月改@3-72:「分かった!分かったから!とりあえずは一つだけ・・・な?」
菊月改@3-72:「悪いが一気に渡されてもどうしようもないぞ・・・」
熊野改@919:「そうですわね、ではこれはどうかしら?」 裏での判定の結果ちょいダサなものが出てくる
熊野改@919:( 《おしゃれ》は個性整理したのでいない
鈴谷(NPC):果たして菊月は着せられてしまうのか
菊月改@3-72:「ふむ・・・とりあえず着てみるか」
菊月改@3-72:(着こなせるか辺りで判定かねぇ?
鈴谷(NPC):何でやろうかな
鈴谷(NPC):やっぱ《丁寧》に着れるかどうか的なあれかな
菊月改@3-72:りょーかい act直上 目標値5
菊月改@3-72:act
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

鈴谷(NPC):被害はないに等しいな!
木曾改二@717:にゃーん
菊月改@3-72:被り+猫で -3かな
菊月改@3-72:2d6-3>=5 「まさかまたこんな事になるとは・・・」
KanColle : (2D6-3>=5) → 4[1,3]-3 → 1 → 失敗

菊月改@3-72:振り直し!
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 6

菊月改@3-72:菊月改@3-72の行動力を-6した
菊月改@3-72:2d6 「いや・・・こうか?」
KanColle : (2D6) → 6[3,3] → 6

菊月改@3-72:補正と目標値忘れたけど-3で達成値3かな?
木曾改二@717:感情?
熊野改@919:なぜか児童向けのネコミミフリフリ服を渡してくる熊野をやんわり断ったのかもしれない
熊野改@919:あー 出目9要るのか、きついね
多摩@2-1402:ネコミミとかあざとすぎるにゃ・・・
菊月改@3-72:-3だから最低で出目8かなぁ ・・・うん、感情下さい
鈴谷(NPC):思ったより被害あった猫
木曾改二@717:「多分ここに頭を通すんだな」+2
菊月改@3-72:「あー・・・そうか、助かった」
菊月改@3-72:「こんなもの・・・かな?」
熊野改@919:「私の見立ては間違ってなかったですわ素晴らしいですわ」 大興奮
菊月改@3-72:「お、落ち着け・・・そんなにいいのか?」
木曾改二@717:「(くまののセンス古くね)」
木曾改二@717:ちょいダサな服を見て
鈴谷(NPC):「(絶妙に外してるところが)」
多摩@2-1402:「これってかわいいのにゃ?」
菊月改@3-72:「私には何とも言えんな・・・」
木曾改二@717:「まあ、独創的でいいんじゃないかな」
熊野改@919:「なんだかあんまり褒められてる感じがしないですわ!」
鈴谷(NPC):「くまのんらしいよ うん」
多摩@2-1402:「独創的が褒め言葉になることの方が少ないにゃ・・・」(ボソッ
菊月改@3-72:「次に行こうか・・・」
木曾改二@717:「ちなみにこれでおいくら?」
熊野改@919:「あら、お安すぎますわ 多分値段を間違えていますわね」
菊月改@3-72:「・・・いや、ここ大衆向けのとこだからな?」
菊月改@3-72:オチが付いた(はず)とこでシーンエンドかな
鈴谷(NPC):ですかね?
熊野改@919:補助行動なし!ターンエンド!
木曾改二@717:なーし!
菊月改@3-72:そもそも外出じゃ補給できねぇ! ターンエンド!
鈴谷(NPC):そういえば外出やった
菊月改@3-72:あ、成功効果忘れてた
多摩@2-1402:うむ
鈴谷(NPC):好きなアイテムが貰えるらしい 強い
菊月改@3-72:アイスor思い出かな?
熊野改@919:感情使ったし思い出?
木曾改二@717:かな?
菊月改@3-72:ですかねぇ
菊月改@3-72:品は・・・くまのん’sチョイスの・・・Tシャツ?
熊野改@919:猫T…
菊月改@3-72:それだ
菊月改@3-72:決まった所で次かな?
熊野改@919:カード記入かしら
鈴谷(NPC):ですね
鈴谷(NPC):なんかカード消せない
どどんとふ:提督@161がカードを開きました。
鈴谷(NPC):ていうか右クリかきかん ちょっとリログ
どどんとふ:「提督@161」がログインしました。
どどんとふ:提督@161が「提督@161」のカードを受け取りました。
提督@161:これでよし
多摩@2-1402:だれから行きます?
熊野改@919:またわたくしからでいいか
熊野改@919:いきますよー
菊月改@3-72:どうぞー
どどんとふ:熊野改@919がカードを公開しました。「交流 コンビーフの缶がなんであんな形をしているのか」
木曾改二@717:なんでさ
熊野改@919:EVKT 長い!
KanColle : 交流イベント表(10) → 差し入れ:自分以外の好きなPC1人を選んで、提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《優しい/魅力4》で判定。(着任p221)

多摩@2-1402:さあ?
熊野改@919:コンビーフの差し入れだな
提督@161:コンビーフ食べたこと無い系提督
菊月改@3-72:同じく
木曾改二@717:くまのんコンビーフとか食べるのか…?
熊野改@919:choice[菊月,木曾,多摩,鈴谷]
KanColle : (CHOICE[菊月,木曾,多摩,鈴谷]) → 多摩

木曾改二@717:餌付け?
熊野改@919:「買い出しの時に珍しい缶詰を入手しましたわ! こんびぃふと言うらしいですわ!」
熊野改@919:「…開け方がわかりませんわ!」
多摩@2-1402:「これはにゃね~たしか底のねじを・・・」
熊野改@919:「なんとなく多摩さんは缶詰に詳しいと直感が告げていますの 知ってるかもしれませんわ…ってちょうどいいところに」
熊野改@919:「あら、こんなところに… これを突き刺すんですのね」 ぶすっ
多摩@2-1402:「さすが艦娘・・・強引でもなんとかなるのにゃ・・・」
多摩@2-1402:「でも本当は横のとっかかりに・・・ねじの穴を入れて巻く・・・はず・・・かも・・・っぽい・・・多分」
熊野改@919:「あっ… これを引っ掛けて巻き取るんですのね よくできていますわ」
多摩@2-1402:「でもなんでこんな変な開け方するのにゃ?」
熊野改@919:「謎ですわね…」
多摩@2-1402:「形の台形にゃし・・・」
熊野改@919:なんか判定のしどきのきがする
多摩@2-1402:不思議?
鈴谷(NPC):不思議かな
熊野改@919:いいね!
熊野改@919:クールの右は埋めてないので クール→不思議の8だね
熊野改@919:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 8[3,5] → 8 → 成功

鈴谷(NPC):何でそんな簡単に8出るん…
熊野改@919:「疑問に思ったことはちゃんと調べますわ 世界ふしぎ発見ですわ!」 ググってみる
熊野改@919:(この熊野妙に出目いいんだよな
熊野改@919:「…なるほど 台形の広い方から狭い方に肉を詰めると空気が残りづらい という理由があるそうですわ」
多摩@2-1402:「でも機械でつめるのなら、空気が残らないように詰めれるのではないかにゃ?」
熊野改@919:「そうですわね、でも”枕型”と言われるこの缶で定着してしまったので現在もこの缶が主流 ということらしいですの」
熊野改@919:「また1つ賢くなりましたわ」
多摩@2-1402:「つまり、この形特に意味はにゃい?」
熊野改@919:「イメージの問題みたいですわね」
熊野改@919:「それはそれで、何個かかってきたのでおすそ分けいたしますわ」
多摩@2-1402:「そういえば結局なんでコンビーフなんて買ったのにゃ?」
熊野改@919:「神戸牛こんびぃふと聞いたら黙っていられませんわ!」
熊野改@919:「つい衝動買いしてしまいましたの」
多摩@2-1402:「豪華なようにゃ・・・そうじゃないようにゃ・・・」
熊野改@919:微妙に食べたくなってきた 明日買ってこよう シーンエンドです
熊野改@919:菊月さんの補給とかかな
菊月改@3-72:燃料 弾薬 4ずつよろしいかな?
鈴谷(NPC):どぞー
菊月改@3-72:菊月改@3-72の行動力を+8した
菊月改@3-72:以上でターンエンドかな
どどんとふ:「木曾改二@717」がログアウトしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログアウトしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログインしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログインしました。
どどんとふ:「菊月改@3-72」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
どどんとふ:「提督@161」がログインしました。
提督@161:点呼開始!
熊野改@919:準備完了!(1/4)
菊月改@3-72:準備完了!(2/4)
木曾改二@717:準備完了!(3/4)
熊野改@919:テンコ牡丹消えた!
多摩@2-1402:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

熊野改@919:押してた!
提督@161:問題ないな
提督@161:コンビーフの謎を解明し終わったところからですかね
木曾改二@717:また一つ賢くなった
熊野改@919:補助行動なし!
木曾改二@717:なし!
多摩@2-1402:特になし!
提督@161:じゃあ次ですかね だーれだ
木曾改二@717:行きますね
多摩@2-1402:ほう、どうぞ
どどんとふ:木曾改二@717がカードを公開しました。「恐怖「肝試し感覚」」
木曾改二@717:etft
KanColle : 恐怖イベント表(4) → 悪夢:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《寝る/趣味2》で判定。(建造弐p139)

木曾改二@717:肝試し感覚で悪夢
鈴谷(NPC):肝試ししてたら本当にやばいのが出る夢かもしれない
多摩@2-1402:それただの悪夢じゃ・・・
木曾改二@717:KEI
KanColle :鎮守府形容表(45[4,5]) → ひそひそと囁く声がする

木曾改二@717:ZYOU
KanColle :鎮守府情景表(14[1,4]) → ファーストフード

鈴谷(NPC):異物混入か
熊野改@919:得体の知れない怖さだ…
熊野改@919:やめて!
多摩@2-1402:パン卓だろ・・・
菊月改@3-72:あぁ・・・空飛ぶパンか・・・
多摩@2-1402:あれはひどかった・・・・全部食ったけど
木曾改二@717:ならサ店に行くぜ!というわけでその辺のファーストフードを食べられそうなカフェとかに移動
木曾改二@717:「毎日外食…贅沢してると実感できるな」
菊月改@3-72:「普段はそうも言ってられんしな・・・」
熊野改@919:「むしろ質素な感じがするけれど… でもそこがいいですわ!」 謎の財力
多摩@2-1402:「でも毎日ファーストフードというのもしょぼくないかにゃ?」
木曾改二@717:「ジャンキーなのが休暇っぽくていいんじゃないか…ん?」
鈴谷(NPC):「」もしゃもしゃ
木曾改二@717:「んん?」ハンバーガーを二度見
菊月改@3-72:「どうした?」
熊野改@919:「当たりでも入ってましたの?」
菊月改@3-72:「どこに入れるんだそんなもの・・・」
菊月改@3-72:>熊野
木曾改二@717:「いや、そういうわけじゃないんだが…」
多摩@2-1402:「ミミズでも入ってたかにゃ?」
熊野改@919:「ポテトの中に入っている当たり棒… いまだに目にしたことがありませんわ、手強いですわね!」
木曾改二@717:「なんか今こいつが喋ったような…」
菊月改@3-72:「・・・本当か?」
多摩@2-1402:「私ハンバーグちゃん。今あなたの後ろにいるの・・・」
木曾改二@717:「うわっ!やめてくれよ姉さん」
木曾改二@717:「俺のだけか…?ほいパス」菊月にパスするぜ
菊月改@3-72:「ありえない、と笑えないのだがな・・・」受け取り
熊野改@919:「どうですの…?」
木曾改二@717:「うらめしや~)」
木曾改二@717:パン越しに
菊月改@3-72:「・・・ん?」辺りキョロキョロ
木曾改二@717:「どうだ?聞こえたか?」
菊月改@3-72:「・・・今誰も喋ってないよな?」
多摩@2-1402:「うらめしにゃ~」
熊野改@919:「わたくしは何も聞こえませんわ」 ノッてみる
鈴谷(NPC):「」もきゅもきゅ
菊月改@3-72:「・・・気のせいか?」
木曾改二@717:「(烈風…置いてけ…)」
多摩@2-1402:「にゃ?」
菊月改@3-72:「この面子に空母は居ないぞ・・・」
木曾改二@717:「しまったいつもの癖で」
木曾改二@717:「あ」
菊月改@3-72:「・・・木曾?」ニコリと
熊野改@919:「…うぷぷ」
多摩@2-1402:「木曽は烈風がほしかったのだにゃ~」(うんうん
木曾改二@717:「か、艦載機?いらないねえ、そんなものは」
菊月改@3-72:「何か弁明はあるか・・・?」目は笑ってない
鈴谷(NPC):「(ニヨニヨ)」
木曾改二@717:よし、ここで判定だ!菊月に許してもらえるかどうか!
鈴谷(NPC):どっちに転んでも許してもらえなさそう
木曾改二@717:いじわるとかどうかな?
鈴谷(NPC):おk
木曾改二@717:真上で5だ!
木曾改二@717:2d6>=5 「許して下さい!なんでもしますから!」
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

木曾改二@717:カ号
鈴谷(NPC):許されない
木曾改二@717:振り直し!
木曾改二@717:木曾改二@717の行動力を-2(1d6->2)した
木曾改二@717:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

木曾改二@717:「ちょっとした悪戯だったんだよ!」
菊月改@3-72:「・・・ふふ、ま、そんなことだろうとは思ったよ」今度は目も笑ってる
熊野改@919:「まったく困ったものですわね」 半分加担していたのは棚上げ
鈴谷(NPC):「夏だからホラーもいいよね」
多摩@2-1402:「キソーもちゃめっけあるにゃね~」
木曾改二@717:「そうそう、夏といえば怪談!ってことでやってみたくなったんだ、悪かった」
菊月改@3-72:「まぁ引っかかったのも事実だがな・・・あんなあっさりバラしてくれたんだ。少しくらい悪ノリするのも悪くないだろう」
木曾改二@717:「まあ、お詫びと言ってはなんだけどな、一品ずつおごるぜ」財布取り出し
菊月改@3-72:「気にするな・・・別にそこまで怒っちゃいないさ・・・」
菊月改@3-72:「・・・いいのか?」
木曾改二@717:「おう、どんと来い!」
鈴谷(NPC):「でもお金の出処は提督なんでしょう?」
熊野改@919:「任務のためには致しかたありませんわ」
鈴谷(NPC):「※休暇中です」
木曾改二@717:鈴屋と遊ぶって任務だし!
木曾改二@717:鈴谷
熊野改@919:「ベストなコンディションを保つという意味で休暇も任務ですの そういうことにしておきますの」
木曾改二@717:まあそんな感じでー効果は菊月に掛けますか
鈴谷(NPC):そういえば対象を取るタイプの効果か(コ並感)
木曾改二@717:戦闘しないならあんま意味ないっぽいー
菊月改@3-72:今回恐怖イベ全部これか・・・ふふ、怖い
熊野改@919:怖い…
熊野改@919:補助行動なし!
菊月改@3-72:同じくこのままターンエンド!
多摩@2-1402:なし!
木曾改二@717:なし!
鈴谷(NPC):次はだーれだ
多摩@2-1402:さていくかにゃ
菊月改@3-72:どうぞー
どどんとふ:多摩@2-1402がカードを公開しました。「恐怖 宿題」
多摩@2-1402:被ったよ・・・
木曾改二@717:アイエエエエ!?宿題!?宿題ナンデ!?
多摩@2-1402:ETFT
KanColle : 恐怖イベント表(10) → フラッシュバック:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《暗い過去/背景4》で判定。(建造弐p139)

熊野改@919:ふと思い出してしまうんやな…
多摩@2-1402:「そういえば、そろそろ学校も夏休みにゃね~」
熊野改@919:「浮かれきった学生が目につきますわね」
菊月改@3-72:「そうか・・・もうそんな時期か」
多摩@2-1402:「あそこの小学生も友達と・・・」
多摩@2-1402:「夏休み・・・友達・・・」
木曾改二@717:「姉さん?」
多摩@2-1402:「夏休みの友・・・」
多摩@2-1402:「にゃ・・・・・」
熊野改@919:「多摩さん…?」
菊月改@3-72:「どうした・・・?」
多摩@2-1402:「昔まだ艦娘学校(あるのか?)に通ってたときにゃ・・・」
多摩@2-1402:「多摩は宿題を最後まで残す主義でにゃ」
多摩@2-1402:「8月30日から熱心に取り組んでたんだがにゃ」
熊野改@919:「よく間に合いますわね… わたくしは2週間は必要でしたわ」
多摩@2-1402:「さすがに間に合わなくなったとき・・・」
多摩@2-1402:「窓からなぜか男の子が覗き込んでいてにゃ」
多摩@2-1402:「『まだ宿題できてないか?』とかいってきたにゃ」
熊野改@919:「? …知らない子でしたの?」
多摩@2-1402:「知らない子にゃ・・・でもなぜかよく知ってるきがしたにゃ。毎年この時期にあってるような・・・」
熊野改@919:「夏だけの出会い… なんだかロマンチックですわ♪」
多摩@2-1402:「その子は多摩を手伝ってくれたにゃ、早くはなかったけど一歩一歩着実に」
多摩@2-1402:「そして宿題も終盤に差し掛かったときにふと聞いたにゃ『君はだれなんだにゃ?』」
多摩@2-1402:「そしたら『僕は夏休みの友達だよ』といって笑うのにゃ」
熊野改@919:「……まさか」
多摩@2-1402:「ん・・・宿題が終わったとき彼はいなかったにゃ・・・机の上には」
多摩@2-1402:「全部終わった『夏休みの友』があったにゃ・・・」
熊野改@919:「あれを友と思ったことは一度もないけれど… 意外と良いかたなのかもしれませんわね」
多摩@2-1402:「という夢を見て結局9月1日を迎えて、結局先生にこっぴどく怒られたのを今思い出してしまったにゃーー!にゃー恐いにゃー!」(ぶるぶる
菊月改@3-72:ズコー
熊野改@919:「(1ヶ月以上ぶっちしたらそれは怒られますわね…)」
木曾改二@717:「夢かよ!」
多摩@2-1402:「そりゃ夢にゃ。宿題の精霊とか思いが具現化するなんてあるはずないにゃ」
鈴谷(NPC):「」
菊月改@3-72:「妖精さんなんてのが居るんだからありえない、とまでは言えんが・・・まぁそうだよな・・・」
多摩@2-1402:ってまた判定してないじゃん!
鈴谷(NPC):《寝る》
多摩@2-1402:お、おう・・・
多摩@2-1402:《生き物》から2マス 被り1 目標7
多摩@2-1402:2D6-1>=7
KanColle : (2D6-1>=7) → 4[1,3]-1 → 3 → 失敗

多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を-5(1d6->5)した。(行動力:14->9)
多摩@2-1402:2D6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 5[2,3] → 5 → 失敗

多摩@2-1402:もう一度ー
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を-3(1d6->3)した。(行動力:9->6)
多摩@2-1402:2D6-1>=7
KanColle : (2D6-1>=7) → 12[6,6]-1 → 11 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

多摩@2-1402:極端!
菊月改@3-72:おぉー
鈴谷(NPC):できる猫がいるようだ
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を+5(1d6->5)した。(行動力:6->11)
熊野改@919:夏休みの友が具現化しそうな勢い
菊月改@3-72:上々ね!
多摩@2-1402:イマジナリーフレンドが増えました(オイ
多摩@2-1402:「夢でもしあえたら~素敵なことね~♪ということで多摩は寝るにゃお休み!」
多摩@2-1402:というとこでシーン〆!
木曾改二@717:補助なし!
熊野改@919:なし!
菊月改@3-72:同じくなし!
多摩@2-1402:補給・・・はできぬ!終わり!
鈴谷(NPC):次はだーれだ
鈴谷(NPC):私だ
菊月改@3-72:どうぞー
鈴谷(NPC):ドロー
どどんとふ:提督@161がカードを公開しました。「交流「北宋の壺」」
鈴谷(NPC):北栄is誰
熊野改@919:マ・クベの持ってた壷かな
菊月改@3-72:北宋→中国の王朝ですぜ・・・
鈴谷(NPC):「変な壺が置いてあったよー」
鈴谷(NPC):EVKT
KanColle : 交流イベント表(7) → 深夜のガールズトーク:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《おしゃべり/趣味7》で判定。(着任p221)

熊野改@919:濃厚なトークだな…
木曾改二@717:「熊野はこういうの詳しいんじゃないか?」
菊月改@3-72:(あの壺の名前今知ったよ・・・
熊野改@919:「中国の北宋時代の壷ですわね  これはいいものですわ…」 うっとり
鈴谷(NPC):「もしかして希少なものなんじゃないの?」
熊野改@919:「さすがに値段までは知りませんけれど 3ドルで買った茶碗が220万ドルで落札された なんて話もあるらしいですわ」
多摩@2-1402:「へへへ・・・金の臭いがするでやんす」
木曾改二@717:「(また口調が…)」
熊野改@919:「まあスケールの大きい銀蝿はやめて返してくるのをおすすめしますわ」
鈴谷(NPC):「だよねー ちょっと惜しいけど片付けてくるよ」
菊月改@3-72:「そもそもこれがどれだけの物かなんて私らには分からんしな・・・」
鈴谷(NPC):「・・・何処に置いてあったっけ」
熊野改@919:「知りませんわよ…」
木曾改二@717:「こういう時は…ダウンジングだ!」
多摩@2-1402:「へへへ・・・多摩に返しておくでやんすからそれをわたせ・・・いやおかしくださいましでやんす」
菊月改@3-72:「それ物を探す時のヤツじゃなかったか・・・」>木曾
鈴谷(NPC):「じゃあ猫っぽい多摩ちゃんが匂いで場所を探すのはどうだろう?」
菊月改@3-72:「言ってることブレブレだぞ・・・あと口調・・・」>多摩
熊野改@919:「だうじんぐですの? なら道具をお貸ししますわ えいっ」 自分の頭の棒を引っこ抜く
木曾改二@717:「!?」
多摩@2-1402:「おー便利だにゃ」
木曾改二@717:「それ取れたのか!?」
熊野改@919:「取れないと髪が洗えないじゃない…」
鈴谷(NPC):「それ1本だと思ってたけど違うんだねぇ」
熊野改@919:「まあ細かい形はどうでもいいのですわ」
鈴谷(NPC):「じゃあそういうの上手そうな菊月ちゃんよろしくぅ~」
菊月改@3-72:「・・・へ?私か?」
木曾改二@717:「なんかオカルト好きそうだしな」
菊月改@3-72:「ありえるものなら否定はしないってだけなのだが・・・まぁいいか・・・」
鈴谷(NPC):果たして菊月はダウジングできるのか
菊月改@3-72:(この流れだとこっちの判定っぽいな・・・
鈴谷(NPC):だよねー
鈴谷(NPC):じゃあ無事に収容(?)できるのか
鈴谷(NPC):とにかく振る
鈴谷(NPC):「がんばれー」
鈴谷(NPC):2d-2-1>=5
KanColle : (2D6-2-1>=5) → 5[1,4]-2-1 → 2 → 失敗

鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 2

熊野改@919:ふむ
鈴谷(NPC):2d-2-1>=5
KanColle : (2D6-2-1>=5) → 6[2,4]-2-1 → 3 → 失敗

鈴谷(NPC):誰だよ-2なんて補正入れたやつ
鈴谷(NPC):自分だったわ
鈴谷(NPC):2d-3>=5
KanColle : (2D6-3>=5) → 6[2,4]-3 → 3 → 失敗

鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 2

鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 4

鈴谷(NPC):2d-3>=5
KanColle : (2D6-3>=5) → 6[3,3]-3 → 3 → 失敗

熊野改@919:ううむ
鈴谷(NPC):このダイス6しか出ないんだけど
鈴谷(NPC):1d
KanColle : (1D6) → 5

熊野改@919:ひぃ
鈴谷(NPC):2d-3>=5
KanColle : (2D6-3>=5) → 4[1,3]-3 → 1 → 失敗

鈴谷(NPC):ダメだこれー
熊野改@919:詰んだ!
木曾改二@717:声援は…ない!
熊野改@919:いちおう補給はできるか
菊月改@3-72:行動力減少全員か・・・少ないとこは気配りでフォロー出来るかな・・・
鈴谷(NPC):アワレ鈴谷=サンはスゴイタカイツボを持ったまま転倒!
熊野改@919:「あっ…」
菊月改@3-72:「こっち・・・なのか・・・? ・・・今凄い音がしなかったか」
多摩@2-1402:「わった?わった?」
木曾改二@717:「いい音がしたな」
鈴谷(NPC):「セーフ!多分セーフ!」
鈴谷(NPC):「代わりにガラス割れた!」
菊月改@3-72:「それはそれでアウトだろう!」
鈴谷(NPC):「壺片付けた後はガラス片片付けなきゃだね・・・ごめんねー」
熊野改@919:「まったく仕方ないですわね… 手伝いますわ」
菊月改@3-72:「まぁ事故なんだし仕方ないだろう・・・私も手伝おう」
木曾改二@717:「箒は部屋にあったかな」
鈴谷(NPC):そんな訳で壺と割ったガラス片付けて凄い疲れました(小学生の日記)
鈴谷(NPC):行動力-1dだー(台パン)
熊野改@919:行動力減少かな
熊野改@919:熊野改@919の行動力を-5(1d6->5)した(行動力:14->9)
菊月改@3-72:1d6
KanColle : (1D6) → 6

木曾改二@717:木曾改二@717の行動力を-6(1d6->6)した
菊月改@3-72:ぐふっ
菊月改@3-72:菊月改@3-72の行動力を-6した
鈴谷(NPC):何出ても0になーる
木曾改二@717:すごくつかれた(コナミ)
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を-2(1d6->2)した。(行動力:11->9)
熊野改@919:「この熊野の【気配り】に感謝して欲しいですわ」 肩代わりする!
熊野改@919:熊野改@919の行動力を-1(1d6->1)した(行動力:9->8)
多摩@2-1402:「っち!骨折り損のくたびれもうけだったでやんす」
鈴谷(NPC):「神様仏様熊野様ー」
菊月改@3-72:「そもそもこれが高い物とは限らないだろうに・・・」>多摩
熊野改@919:補給!燃料弾薬3ずつ!
菊月改@3-72:鋼材3弾薬3お願いします!
木曾改二@717:だいぶ減ったなあ
多摩@2-1402:1/1/2/2で補給!
鈴谷(NPC):はーい
菊月改@3-72:菊月改@3-72の行動力を+6した
熊野改@919:熊野改@919の行動力を+6した(行動力:8->14)
多摩@2-1402:多摩@2-1402の行動力を+5した。(行動力:9->14)
木曾改二@717:自分話しでーす
菊月改@3-72:(一応鈴谷のアビ適応した上で補給かな?
鈴谷(NPC):かな
鈴谷(NPC):アビリティで1点回復
鈴谷(NPC):んで補充は・・・こいつ適正なんだったっけ
鈴谷(NPC):大正義燃料と弾薬6個づつ
鈴谷(NPC):これでよし
菊月改@3-72:とりあえず最後の1枚引いちゃいましょうか
菊月改@3-72:やっちゃっていいかな〜?
熊野改@919:どうぞどうぞ
どどんとふ:菊月改@3-72がカードを公開しました。「交流 「リボン」」
木曾改二@717:普通だ!
菊月改@3-72:EVKT
KanColle : 交流イベント表(8) → いいまちがえ:《ばか/魅力8》で判定。(着任p221)

熊野改@919:ほう
菊月改@3-72:誰のか勘違い・・・かなぁ?
菊月改@3-72:(リボン着けてるのあんま居ない気がするけど、この面子
熊野改@919:胸のリボン!
どどんとふ:「熊野改@919」がログアウトしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログアウトしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「木曾改二@717」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログアウトしました。
どどんとふ:「熊野改@919」がログインしました。
どどんとふ:「提督@161」がログインしました。
どどんとふ:「菊月改@3-72」がログインしました。
どどんとふ:「多摩@2-1402」がログインしました。
提督@161:点呼開始!
熊野改@919:準備完了!(1/4)
多摩@2-1402:準備完了!(2/4)
菊月改@3-72:準備完了!(3/4)
木曾改二@717:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

提督@161:昨日はガラス割った
熊野改@919:壷は結局大丈夫だったんだろうか
提督@161:大丈夫だったんでしょう
提督@161:そんな訳で菊月のターン
菊月改@3-72:普通なのが意外と辛いってあると思います なお書いた当人の模様
熊野改@919:ダウジングの有耶無耶で髪留めを失くした熊野と鈴谷を見間違えるんだ!(無茶ぶり
木曾改二@717:声は同じだしな!
菊月改@3-72:・・・よし(チャキ
熊野改@919:「ないですわ… どこへやったのかしら」 暗い廊下でごそごそやっている人影が
菊月改@3-72:「はぁ・・・窓が割れただけでマシな方だったのかな・・・あれは」
菊月改@3-72:「ん?・・・鈴谷か?どうした?」近づきながら声を掛けよう
菊月改@3-72:暗さで髪の色が見えてない
熊野改@919:「鈴谷…? ああ、わた…」
熊野改@919:「(髪留めをつけてないから間違えてますのね ちょっと脅かして差し上げますわ)」
菊月改@3-72:「?・・・どうかしたのか」
熊野改@919:「ちぃ~す 菊月ですのね」
菊月改@3-72:「あ、あぁ。何か探していた様だが・・・どうかしたのか?
熊野改@919:「わた… 熊野が髪留めを落としたから探してあげてるじゃーん? (こんなかんじかしら…?)」
熊野改@919:「ヒマだったら手伝って欲しいし~」
菊月改@3-72:「ふむ・・・それは大変だな。いいだろう、私も手伝おう・・・」
菊月改@3-72:「(しかし何か違うような・・・何だ?)」
熊野改@919:(判定かな?)
提督@161:(かな
菊月改@3-72:(かなぁ
提督@161:何がいいかな 物探すし《索敵》とか
熊野改@919:《スタイル》とか言い出したかったけど遠いね…
菊月改@3-72:初期2つが固まってるのよね・・・菊月
熊野改@919:《おしゃれ》とか 弱点か…
菊月改@3-72:(冷静に考えたらactの影響小さいかも 猫ってもこれでラストだし
菊月改@3-72:(と思ったらこれ被りで-2か
熊野改@919:なんなら思い出の品を渡しちゃうぞ
提督@161:(交流と恐怖しか無かった なぜだ
菊月改@3-72:一応こっちにも思い出の品はあるからそこは大丈夫かなぁ
多摩@2-1402:夏休みといったら恐怖やん?
熊野改@919:《おしゃべり》 でボロを出してもいいぞ!
菊月改@3-72:カマ掛けか・・・それもいいな
提督@161:よし、それで行こう
菊月改@3-72:了解 おしゃべり直上 被りで-2
菊月改@3-72:2d6-2>=5
KanColle : (2D6-2>=5) → 7[1,6]-2 → 5 → 成功

菊月改@3-72:意外といけた
菊月改@3-72:「・・・探す前に念のため確認しておきたいのだが、熊野の髪留めってさっきダウンジングで使ったあれか?」
熊野改@919:「そうそう マジどこいったんだろ~ね?」
菊月改@3-72:「なら・・・もしかしたらまだ私が持ったままかもしれん」
菊月改@3-72:「さっきアレを渡されたのは私だしな・・・」
熊野改@919:「マジですの!? さんざ探しまわってしまいましたわ~ん」
菊月改@3-72:「・・・ましたわ?」
熊野改@919:「ま、間違えましたし~」
熊野改@919:「(なんだかよくわからなくなってきましたわ! こうなったら…)」
菊月改@3-72:「・・・まぁいいか。確か掃除道具を取りに行く時に部屋に置いたままだったな」
菊月改@3-72:「取りにくるか・・・『熊野』?」
熊野改@919:「鈴谷ですわ!」 腕を服の中につっこんで胸のあたりをボーンと
熊野改@919:「……」
熊野改@919:「とっさに思いついた違いが胸部装甲だなんて…」 自分でやっておいて凹む
菊月改@3-72:「はぁ・・・何か違うと思ったら・・・お前だったか、熊野」
熊野改@919:「ふふっ 変な口調だと思ってたけれどなかなか楽しいですわ」
菊月改@3-72:「暗かったとはいえ我ながら意外と気付かないものだな・・・」
熊野改@919:「はぁ… それにしても負けを認めてしまった気分ですわ」
熊野改@919:「腹いせに鈴谷をぽにてにしてやりますわ!」
菊月改@3-72:「ま、まぁ姉妹でも全然違うものだし気にしなくてもいいと思うぞ?」
菊月改@3-72:「腹いせは・・・まぁ、それぐらいなら別にいいか・・・」
鈴谷(NPC):「(この気配、傲慢に無茶ぶりされる時と同じ・・・!逃げよ)」
菊月改@3-72:「さて、実際髪留めは部屋に置いたままだが・・・取りにくるか、熊野?」
熊野改@919:「もちろんですわ あれがないと落ち着きませんの」
菊月改@3-72:「そうか、なら今から行こうか・・・」
菊月改@3-72:と部屋に向かったとこでシメかな?
鈴谷(NPC):ほーい
熊野改@919:補助行動なし!
菊月改@3-72:成功効果で全員菊月に感情+1だっけか
熊野改@919:1:菊月@3-72 菊月さんもいめちぇんですわ!
多摩@2-1402:「まじめだにゃ~」+1
木曾改二@717:鋭い で+1
鈴谷(NPC):「くまのんの物真似どうだった?」 +1
木曾改二@717:さて3サイクルが終わったわけだが…?
熊野改@919:エンディングとかあるのかしら?
鈴谷(NPC):何も考えてないとか言えるわけ無いだろう?
提督@161:そんなこんなで鈴谷の世話を兼ねた休日を過ごしていた一行のところに
提督@161:鎮守府から電話が来たのだ
木曾改二@717:「もしもーし」
提督@161:「お、木曾が出たか 休んでるかー?」
熊野改@919:「絶賛夏満喫中ですわ!」
木曾改二@717:「ゲームしたり遭難したりガラス割ったり満喫してるぞー」
提督@161:「そうかーそいつは良かった ガラスは後で直しておこう」
菊月改@3-72:「軽いな・・・特にガラスの件」
提督@161:「怪我が無ければなんでもいいぞ」
熊野改@919:「あまりにも優しいので逆に罪悪感に苛まれてきましたわ…」
木曾改二@717:「ところで電話してきたってことはそろそろ休暇は終わりなのか…?」
提督@161:「一応予定していた休暇は終わりなんだが・・・」
提督@161:「鈴谷はまだいるらしいから、今度は鈴谷の面倒を見るって名目で暫く休みでもいいぞー」
多摩@2-1402:「なんというぬるい鎮守府にゃ・・・」
菊月改@3-72:「まぁ普段の防備は事足りているらしいしな・・・ここは」
夕張(NPC):「最近は敵襲もないですからねぇ あっても提督がなんとかしちゃいますし」
夕張(NPC):「試し撃ちしてない兵器もあるし、むしろ来てくれてもいいのにとか思ってたり」
提督@161:「そんな訳でどうするかはそっちで決めておくれ 一応鈴谷用
木曾改二@717:「それはまた今度な…」
熊野改@919:「……ありがたいけれど、そろそろ休暇は終わりですわ」
提督@161:に道具とか送るつもりだから、なんか必要な物あれば行ってくれれば用意するぞ」
木曾改二@717:鞭…?(裏感)
提督@161:申し訳ないが避暑地をSMクラブにするのはNG
多摩@2-1402:そもそもだれがMなんだ・・・
熊野改@919のPL:G(グランド)M(マz
熊野改@919:「ちょっとした宿題を残してきてしまいましたの」
木曾改二@717:「宿題?」
熊野改@919:「なんと宿題の在処から探さないといけないのですわ」
多摩@2-1402:「めんどくさいにゃ・・・」
提督@161:「・・・?なんか良く分からないが用事があるのか」
熊野改@919:「名残惜しいけど仕方ありませんの… 提督には感謝していますわ」
提督@161:「そうか・・・またいつでも来るといい」
熊野改@919:「きっとまた来ますわ、その時はまたよろしくお願いしますの」
多摩@2-1402:「また、暑いところに帰るのかにゃ・・・きついにゃ・・・」
菊月改@3-72:「ま、それが私達なんだ・・・仕方ないだろう」
木曾改二@717:「まあ俺はここの所属だからすぐ来れると思うけど…このメンバーでっていうのをまたできるといいな」
熊野改@919:「ぜひ集まりたいですわね!」
菊月改@3-72:「私は一度他所に行ってからまた戻ってこれたんだ・・・集まれるさ、きっとな」
熊野改@919:「鈴谷、あまりクーラー浴びすぎて風邪を引かないように気をつけるのですわ」
木曾改二@717:「(こういう時に写真の一枚でも取れればいいのにカメラは返しちゃったんだな、我ながら気が利かないな)」
鈴谷(NPC):「うーい また遊ぼうねー」
多摩@2-1402:「今度は温泉いこうにゃ~」
木曾改二@717:「またなー、傲慢のやつにもよろしく頼むぞ」
鈴谷(NPC):「あいつもそのうちこっち来たいって言ってたし、気をつけてねぇー」
菊月改@3-72:「次がいつになるかは分からんが・・・その時はよろしく頼む。・・・またな」
熊野改@919:「……楽しかったですわ なんだか懐かしい気分ですの」
熊野改@919:「ではしばらくの間、ごきげんよう」
鈴谷(NPC):「またゲームやろうねー」
木曾改二@717:「またなー」
多摩@2-1402:「さよならにゃ~」ぽりぽり(にぼし食いながら
菊月改@3-72:「またいずれ・・・な」
提督@161:「帰りの足は確保しておこう 一応こっちに寄ってくれな」
提督@161:そんなこんなで色々なことがあった休暇が終わり
木曾改二@717:「りょうかーい」
菊月改@3-72:「了解した・・・さて、今度はどこへ向かおうか・・・」
熊野改@919:うむ
提督@161:各々が次の舞台へと進んでいくのだ
提督@161:といったところで大体終わり?
木曾改二@717:かな?
多摩@2-1402:かも
熊野改@919:かもかも
菊月改@3-72:ですかね
木曾改二@717:経験値とかどうなってるんだろう…?
提督@161:経験値は各自120点
提督@161:旗艦ボーナス、艦種ボーナス。MVPボーナスは無し
木曾改二@717:はーい
多摩@2-1402:さっくり
菊月改@3-72:りょうかーい
多摩@2-1402:MVPもないのか
熊野改@919:何にせよLv6だ 修羅勢の仲間入りだな!
菊月改@3-72:これでLv4・・・またダメージを上げられるな・・・
提督@161:まぁ各自お願いします
提督@161:さて、次はどっちをやろうかなぁ
木曾改二@717:夕張復活と長門来訪かな
熊野改@919:名誉点はどうなってましたっけ?
菊月改@3-72:+1っぽい?
提督@161:まぁ普通に+1
提督@161:まだ色欲&暴食やってないんで
提督@161:夕張復活は間違いなくラストにする
木曾改二@717:申加NG
提督@161:加古NGだったかぁ
熊野改@919:なんかカッコいいこと言って去った割にすぐ戻ってきそうな気もする
熊野改@919:おつかれさま?
木曾改二@717:まあそんなものよね
提督@161:傲慢は何やろうかまだ考えてないんで まぁ一航戦コンビが来るでしょうね
木曾改二@717:瑞鳳分を摂取して備えよう
提督@161:さて、ちゃんと〆ますか
提督@161:それでは今回は戦闘が一切ないという一度はやってみたかった卓にお付き合いいただきありがとうございます
提督@161:【大罪】の来訪者~怠惰の鈴谷編~ おわりっ
熊野改@919:おつかれさまでしたっ 良い夏休みだった!
菊月改@3-72:おつかれ様、そしてありがとうございました!
木曾改二@717:お疲れ様でしたー!
多摩@2-1402:お疲れ!様でした!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki