FANDOM


導入フェイズ編集

新艦隊!旗艦の決定方法は…?編集

提督@2-55: 
提督@2-55:キャラが完成次第開始になります。
大井@2-77:かしこまりました。
大鳳@2-225:提督、人数揃いました
提督@2-55:名取さんがまだじゃないかな。
大鳳@2-225:おふぅ・・・・
大井@2-77:これ入力するのが案外面倒くさいんですよね。
名取@2-221:お待たせしました・・・戦術アビ説明はあとで入れます
大井@2-77:コピペでよいのよ
提督@2-55:了解。
提督@2-55:では。
提督@2-55:点呼開始!
大井@2-77:準備完了!(1/5)
白露@2-222:準備完了!(2/5)
青葉@2-224:準備完了!(3/5)
大鳳@2-225:準備完了!
名取@2-221:準備完了!(4/5)
大鳳@2-225:点呼おせばいいの?
提督@2-55:ん、点呼窓出てませんかね。
大鳳@2-225:準備完了!(5/5)
全員準備完了しましたっ!

大鳳@2-225:こりゃ失礼
大井@2-77:便利ですよこのどどんとふって奴は。
提督@2-55:よしよし、では始めましょうか。
大井@2-77:ひやっほー!よろしくお願いします。
大鳳@2-225:よろしくお願いします
白露@2-222:よろしくおねがいしまーす
青葉@2-224:よろしっくおねがいしまーす
名取@2-221:よろしくお願いしますー

提督@2-55:始めるにさしあたって先に旗艦を決めていただきます。
大井@2-77:1.大型艦の法則
2.ダイス
3.いちばん

提督@2-55:旗艦の役割は経験値10点が貰える(重要) 最終決定権 資源増減の管理
提督@2-55:この3つです。
提督@2-55:まず、やりたい人はいらっしゃいますか。
白露@2-222:私よりは、大きい艦が向いてるかな?
大井@2-77:(大型艦は終了時の艦種20点10点がもらえないこともあり)
大鳳@2-225:(胸が)大きい艦か
白露@2-222:ぺたんこじゃないですかあなた
大井@2-77:………。この中だと青葉ですかね。
青葉@2-224:旗艦だとややはっちゃけにくいな
提督@2-55:名取もだったような。
名取@2-221:・・・私はこれで・・・(そそくさ
大井@2-77:大きいんですか。大きいですね。
大鳳@2-225:大鳳白露以外巨乳だろ!いいかげんにしろ!!
名取@2-221:しらつゆ!ちゃんはちょっと大きめだよ(新中破グラ見ながら
青葉@2-224:青葉のサイズは想像するしかないでしょ!
青葉@2-224:全艦娘中、屈指の鉄壁服
名取@2-221:服の陰を見るに、青葉はでかい
白露@2-222:いや、これは大きい。私にはわかる
大鳳@2-225:(グゥの音も出ない)
名取@2-221:胸で決まる旗艦か・・・胸が厚いな
大井@2-77:むぅー。胸の大きい順で、最終的には提督さんのイメージ、とかでしょうか。
提督@2-55:なお薄い艦も。
白露@2-222:いちばん大きい艦がいちばん小さいという矛盾
青葉@2-224:旗艦は自動的に一番胸があることになるのか・・・?
提督@2-55:特に決まらないのであれば、ダイスの出目が一番大きい人に担当してもらいましょう。
大井@2-77:個人的イメージとしては青葉>名取>大井>白露>大鳳でしょうか。
名取@2-221:ダイス目が早い気がするw
提督@2-55:1d100で。
名取@2-221:同意>胸サイズ
大井@2-77:choice[青葉,名取,大井,白露,大鳳]
KanColle : (CHOICE[青葉,名取,大井,白露,大鳳]) → 名取

名取@2-221:!?
大井@2-77:名取が一番大きいです。
白露@2-222:やはりいっちばんでかいじゃないか
名取@2-221:ふえぇ・・・
大鳳@2-225:巨乳が正義なんや・・・・
提督@2-55:指定希望の場合は、名取さんにするつもりだった模様。
名取@2-221:!!??
青葉@2-224:貧乳は人に非ず。豊乳こそ富にして絶対
名取@2-221:私はこれで・・・
大井@2-77:フフ…
大井@2-77:「くっ…同じ軽巡なのに、何なの、あの超弩級戦艦並みのバルジは!」
大井@2-77:「やはり名取が旗艦ということね。」
大鳳@2-225:「やはり巨乳には勝てませんね(遠い目)」
名取@2-221:「ふぇえ!?な、なんでなんですかぁ!?」
青葉@2-224:「その胸の秘訣を、一言どうぞー!」
白露@2-222:「いっちばーん!」(名取の胸部装甲を指差す
名取@2-221:「え、えっと・・・く、訓練を頑張ったから・・・?」
大井@2-77:「どんな訓練をしたのよ……。  教えてくれる?」
青葉@2-224:「ほほう!」 キラーンと目が輝く
白露@2-222:「へぇー、あたしにも教えてよ!」
大鳳@2-225:「やはりマラソンじゃダメなのかしら・・・・」
名取@2-221:「特別なことはなにも・・・長良姉さんから教わったストレッチとか・・・」
大井@2-77:「そんなストレッチが!? ぜひ教えてほしいな。」
白露@2-222:「よーし!あたしがいっちばん大きくなっちゃうぞー!」
青葉@2-224:「いやいや、実は提督と二人でじっくり夜間演習とかしてたりするんじゃないですかー?」 名取の脇について、鉛筆でつんつんしながら
名取@2-221:「普通のストレッチですよ?ってふわぁん!?」
大鳳@2-225:「何でもしますから胸のお話はちょっと・・・・・」
白露@2-222:「夜間演習?なにそれ、新しい遊びっぽい?」
青葉@2-224:「お、良い反応ですねー? 実は実は本当にそうだったりします?」
大鳳@2-225:「白露ちゃんはそのまま知らなくていいのよ」
大井@2-77:「白露さん、ちょっと口調が伝染ってない?」
白露@2-222:「? そうかなぁ?」
提督@2-55では、旗艦名取とその一同そんなこんなな会話をしながら、今回の鎮守府『血塗れのきゅんきゅん砦』に辿り着きました。
                     では、旗艦名取と――これはもう文句なしに旗艦でしょう!
名取@2-221:「ふえぇ・・・結局旗艦になってる・・・」

お化け屋敷?それとも…?編集

大井@2-77:「ここが、あの『血塗れのきゅんきゅん砦』のハウスね!」
名取@2-221:「こわいなぁ」
提督@2-55:砦はどこかの孤島にそびえ立っており、名は体を表すかのように、砦は赤く染まっているようなそうでもないような。
大鳳@2-225:「見事に赤く染まっているわね」
名取@2-221:「ひぃ!?」
大井@2-77:「ディズニーランドのアトラクションでも、こんなに悪趣味なのは無いわよ。」
青葉@2-224:「これは事件の匂い。スクープの予感がびしびし来ますねー」
大鳳@2-225:「さ、ほら名取ちゃん、先頭に立って進みましょう?」
白露@2-222:「さあ、胸を張っていこー!」
提督@2-55:入り口っぽい所には、大きな鉄の扉がありその脇には衛兵がいるようです。
名取@2-221:「えええ・・・あ、あの・・・こ、こんにちは・・・」
提督@2-55:衛兵「・・・・・・」返事はないが鉄の扉がゴゴゴと音を鳴り…開きました
名取@2-221:「ひいい!」
大井@2-77:「愛想が無いわねー。失礼しちゃう。」
大鳳@2-225:「殺人事件でも起こりそうな雰囲気ね」
名取@2-221:「あの・・・それでは私はこれで・・・」
青葉@2-224:「無口ですねー もっとスマイルしませんかー? ワレアオバ・ワレアオバ」 衛兵にちょっかい
大鳳@2-225:「ほら逃げない逃げない」腕をつかんで逃がさない
名取@2-221:「ふぇ~ん!」
白露@2-222:「一番先に入場ー!」(勝手に入っていく
提督@2-55:衛兵「・・・・・・」返事はないような
名取@2-221:「あぁっ、白露ちゃん!危ないよぉ!?」
青葉@2-224:「うーん、何も言ってくれないと、青葉つまらないですねー」
青葉@2-224:「おっと、一番乗りを逃してしまいました。 スクープは渡しませんよー!」 白露を追いかける
白露@2-222:「はやくはやくー!><」
大鳳@2-225:「大井さんもいきましょ?」
大井@2-77:「…ええ、ありがとう。」
名取@2-221:「お、置いてかないで下さい~!」とててて
提督@2-55:では鉄の扉から入ったところで《空想》でどなたか判定どうぞ。
大井@2-77:距離3です。
大鳳@2-225:同じく距離3
提督@2-55:全員振っていいですよ。
大井@2-77:ファンブル怖いです。
提督@2-55:ニッコリ
青葉@2-224:では暗号から距離3、目標値8
青葉@2-224:2d6-3>=5
KanColle : (2D6-3>=5) → 5[1,4]-3 → 2 → 失敗

大鳳@2-225:2d6>=8 索敵を代用
KanColle : (2D6>=8) → 10[4,6] → 10 → 成功

名取@2-221:索敵から距離3ですね
名取@2-221:2d6>=8 びくびく
KanColle : (2D6>=8) → 5[2,3] → 5 → 失敗

提督@2-55(この卓索敵持ち多くないですか!?)
(この卓索敵持ち多くないですか!?)――索敵が重要と卓説明として出していました。
大井@2-77:おーみーごーとー。
白露@2-222:遠すぎて無理っぽい<空想
大井@2-77:(索敵が重要かもって左上に見えるのですが。)
青葉@2-224:青葉も一応持っているんですよねー 弱点だけど
提督@2-55:では大鳳だけが気づきます、通り過ぎるとその衛兵はふっと消えていったようです…。
大鳳@2-225:えっ
名取@2-221:えっ
大井@2-77:アイデアロールじゃないですか、ヤダー!?
白露@2-222:こわい
大鳳@2-225:ふと後ろを向いて「あら?衛兵さんが・・・・・あれ?まず衛兵さんいたっけ?」
名取@2-221:名取が気づいてたら多分気絶してた
大井@2-77:「大鳳さん、どうかした?」
大鳳@2-225:「・・・・・いや、何でもないわ。きっと気のせいだし」
名取@2-221:「た、大鳳さんどうされました・・・?」
白露@2-222:「顔色悪いよ?」
青葉@2-224:「いやー、赤々として目に悪いですねぇ。どこかに血痕とかないでしょうか?」 全く気づいていない
大井@2-77:「きっと疲れているか、プラズマの仕業か、ぷらずまの仕業よ。」
大鳳@2-225:「無いでもないわ・・・大丈夫よ」
名取@2-221:「そ、そうですか・・・?」びくびく
名取@2-221:これ先に進めるんだろうか。ダンジョン探索になってる気がする
提督@2-55:気のせいですよ
名取@2-221:そ、そう・・・
大鳳@2-225:「さ、ほら名取ちゃんどんどん進んで!私が前に進めないわ」後ろを振り向かせない
大井@2-77:「案内人とかいないのかしら?えーっと、提督さんは…?」
提督@2-55:中に入ると電球が所々切れてたり、点いたり消えたり、内装もやや崩れ気味の所もありますが、鎮守府としての体裁は取ってるようで設備は整ってるようです。
名取@2-221:「は、はいぃ・・・」
提督@2-55:ここに呼ばれた際の手紙に、提督室の場所が書いてあるため真っ直ぐ向かう事ができます。
名取@2-221:びくびくしながらちょっとずつ進みましょう
白露@2-222:「ふーん・・・」(周りを見渡しながら
青葉@2-224:「ホラーテイストですねぇ。 なんだかわくわくしてきましたー」
大井@2-77:「潰れたテーマパークじゃあるまいし、悪趣味だわ。」
大鳳@2-225:「スプラッタハウスみたいだわ。こうなんていうか・・・・・ズンビーめいた人が出てきそうね」
名取@2-221:(道はわかるけど、こわい・・・)
白露@2-222:「廃墟っぽくてドキドキするぅ!」
名取@2-221:「こ、こわいこと言わないで下さいよぉ・・・」
白露@2-222:「あっ、おばけ!」
名取@2-221:「ひやあああああ!?」大鳳さんに抱きつき
名取@2-221:ふるふる
白露@2-222:「なーんてね♪」
大井@2-77:「え、どこどこ!?何!?」
大鳳@2-225:(このふくらみ・・・・・妬ましい・・・・・・)
青葉@2-224:「おおっと、良い構図ですねぇ。 秋雲さんが見たら薄い本にしていたでしょうか」
名取@2-221:「はやくおっぱらってくださいよぉ・・・!」
大鳳@2-225:「こら!脅かさないの!!」
名取@2-221:目閉じてふるふる
青葉@2-224:とか言っていると本当に何か出てきそうだね
白露@2-222:「あはは、ごっめーん!」
大井@2-77:まさかの鎮守府=海域マップ
大鳳@2-225SANチェックの名のもとに暴走チェック来そうなんですがそれは
              SANチェックの名のもとに――某TRPGネタ。次第に狂気へと進んでいく…
提督@2-55:そうこうしてる内に提督室前に辿り着いたようですな。
名取@2-221:「居なくなって良かった・・・大鳳さん、あ、ありがとうございます!」
名取@2-221:ぺこり
大鳳@2-225:「いいのいいの」
名取@2-221:「やっと着いたぁ・・・」
提督@2-55:提督室の扉は真っ赤に染まった大きな扉なようです。
名取@2-221:「ひぃい」
名取@2-221:(こわい)
大井@2-77:「本当に悪趣味ね」 と小声でつぶやいて、3回ノックします。
大鳳@2-225:「しょうがない、私が先に突入するわ」クロスボウを構えて
名取@2-221:「す、すいません・・・」
青葉@2-224:「しっつれいしまーす」 空気を読まずにドカーンと扉を開ける
大井@2-77:中口径主砲を構え周囲を警戒します。
白露@2-222:「あっ、一番槍はあたしのもの!」
名取@2-221:「そ、それでは合図とともにゆっくり入って・・・えぇー!?」
青葉@2-224:「ふっふっふ、情報戦は先んずるものこそ勝者なのです」 白露に
提督@2-55:では青葉ともども扉を開けると、内装も真っ赤な提督室です。真ん中には執務机が1つとその後ろにホワイトボード、提督室の壁には扉が1つありますね。
白露@2-222:「うー。にっばーん…なんて言えないよう」
名取@2-221:「ひぃい・・・」
大井@2-77:「失礼します。お呼びに預かった…そういえば艦隊名決めてなかったわね。」
名取@2-221:「し、失礼しまふ!」
大鳳@2-225:「すごく・・・・目が痛いわ・・・・」
提督@2-55:そしてその真中の執務机には髪がぼさっとした男性提督が本を読んでるようです。
青葉@2-224:「どもー 青葉です。 よろしくお願いいたしますー
大井@2-77:「あなたが提督さんですか?大井と申します、はじめまして。」
白露@2-222:「こんにちわ、白露型一番艦の白露です!はい、一番艦です!」
名取@2-221:「な、名取と言います・・・あの・・・艦隊の旗艦になってしまって・・・」(段々小声で
提督@2-55:「ん…ああ、お前らか今日付けでこっちに来るっていう艦娘は」横鎮編アンソロジーコミック3を置き、顔上げそういいます
提督@2-55:(ステマ)
青葉@2-224:メタメタだぁ
名取@2-221:宣伝おつ
大鳳@2-225:「初めまして、装甲空母大鳳です。」
提督@2-55:「ふむ…ひふみのよのごと、書類通りだな。ようこそ『血塗れのきゅんきゅん砦』へ長旅ご苦労だった」
大鳳@2-225:横チンって6巻ぐらい出てなかったっけ?
提督@2-55:いま6ですなあ。
大鳳@2-225:「提督、質問をよろしいでしょうか?」
青葉@2-224:ふむ・・・ここの鎮守府は真っ赤だから、さしずめ赤チn・・・
提督@2-55:「おう、さっそくなんだ気にせず言っていいぞ」
大鳳@2-225:「なぜこの鎮守府はこんなに赤いのでしょう?」
提督@2-55:「俺が来た時からこうだっただけだな、特段困らんからこのままだぞ」
大鳳@2-225:「そ、そうですか」
名取@2-221:「わ、私も質問です!なんでこんな怖いんですかぁ!?」
名取@2-221:「で、電球も消えてたり・・・衛兵さんも喋らなかったり・・・お、おばけも・・・」
白露@2-222:「名前もすごいよねー」
大井@2-77:「どこがきゅんきゅんなのやら、それが私の疑問だわ。」
提督@2-55:「良い質問だ、それはまた後で答えてあげよう…」

新艦隊名決定!どこかで見覚えが…編集

提督@2-55:「で君がこの艦隊の旗艦だな」書類と照らし合わせながら
名取@2-221:「え、あ、はい・・・」(今答えてほしいなぁ・・・)
青葉@2-224:「ふんふん」 頷きながらさらさらとメモしている
大鳳@2-225:「愛と憎悪のラブロマンスがあったのかしらね」
大井@2-77:「ハートに突き刺さるわ。」
提督@2-55:「ふむ…少々心もとないが、まず一つ決めてもらおうか」
大鳳@2-225:「何をでしょう?」
名取@2-221:「・・・?」
提督@2-55:「君たちの艦隊名をな」といい名取にダイスを2個投げ渡します
名取@2-221:「えっ」ダイスを見て
名取@2-221:「えっ」提督を見て
大井@2-77:なんとメタい
白露@2-222:「ダイスもちょっと赤いなぁ」
提督@2-55:「…」何も言わずにホワイトボードを指して…艦隊名決定表が貼られてます
名取@2-221:「えええー!?」
青葉@2-224:「興味深いですねー この決定の仕方には何か理由があるんですかー?」
大井@2-77:「うーんと、まあ、良いんじゃないかしら。とりあえず、誰から振っていく?」
提督@2-55:「ふっ…うちの伝統だ」
名取@2-221:「そ、そうなんですか・・・?」
大井@2-77:(伝統というほど歴史があるのかしら?確かに建物はボロっちいけど。何か変な感じねここ。)
白露@2-222:「よーし、あたしから振っちゃうよ?」
青葉@2-224:「ほうほう。(後で裏とっておきましょうか)」
提督@2-55:ということでどなたからでもどーぞ。
大鳳@2-225:「四回だから私は振らなくていいわ」
大井@2-77:白露さんどーぞー。
白露@2-222:2D6 鎮守府名決定表
KanColle : (2D6) → 8[2,6] → 8

白露@2-222:やばい間違えた
白露@2-222:艦隊名でした。
大井@2-77:修飾 地名 チーム
提督@2-55:では続いて修飾どうぞ。
大井@2-77:旗艦でしょうか?
大鳳@2-225:旗艦は最後にびしっと!
大井@2-77:なるほどなー。
大鳳@2-225:「大井さんひいちゃいなよ」
大井@2-77:d66 修飾表 「では失礼して。」
KanColle : (D66) → 45

大井@2-77:夜明けの。
青葉@2-224:右からかな?
大井@2-77:良いと思います。
提督@2-55:良いですね青葉さんどうぞ。
白露@2-222:ごーごー
青葉@2-224:d66
KanColle : (D66) → 26

大井@2-77:那覇
大井@2-77:………。
白露@2-222:夜明けの那覇
提督@2-55あれ・・
名取@2-221・・・ん?
白露@2-222なんか見覚えが…
名取@2-221あるきがする
あれ・・・・・ん?なんか見覚えが…あるきがする――そうブラボー提督がいるあの鎮守府に良く似た…
提督@2-55:大鳳さんどうぞ。
大井@2-77:「ホント、呪いか何かあるんじゃないかしら!?オカルトでは済まされないわよ…。」
大鳳@2-225:名取じゃなくていいの?
提督@2-55:最後振り直しありますからね。
大鳳@2-225:「じゃ、私が振るわ!
大鳳@2-225:d66
KanColle : (D66) → 36

名取@2-221:「が、頑張ってください!」
名取@2-221:て ん に ょ
大井@2-77:天女
大鳳@2-225:天女
大井@2-77:夜明けの那覇天女
提督@2-55:夜明けの那覇こ・・・いや天女
白露@2-222:天女…
提督@2-55:じゃあ名取さん好きな所入れ替えどうぞ。
大井@2-77:…旗艦変更権ってありますか?
大井@2-77:助かりまーす。
名取@2-221:どうしよう、敢えて夜明けの那覇は変えたくない気もする
青葉@2-224:「さぁーて、ビシッと決めちゃってください」
名取@2-221:チーム名だけ振ってみてもいいだろうか
白露@2-222:何故だろう…私もその部分は変えたくない気がするぞ
名取@2-221:じゃあチーム名を試しに振りなおしてみよう
名取@2-221:d66 「て、天女は・・・ちょっと恥ずかしいです///」
KanColle : (D66) → 23

大井@2-77:夜明けの那覇戦隊
白露@2-222:那覇レンジャイ!
大鳳@2-225:那智戦隊(難聴)
名取@2-221:「・・・ちょっと格好いい気がします!・・・何処かで聞いたことがある気もしますけど・・・」
青葉@2-224:「なるほどー 名取さんはこういうのがお好きだったんですね」
提督@2-55:「夜明けの那覇戦隊か、知り合いに似た鎮守府名つけてるやつがいたな」
名取@2-221:「えっ?いや・・・その・・・///」
白露@2-222:「夜明けの那覇戦隊!わー、かっこいいかも!」
大鳳@2-225:「いいじゃない!かっこいいわ」
名取@2-221:「似た鎮守府が・・・そ、そうなんですか・・・」
大井@2-77:「どういうことなの?こんな偶然が…?」
白露@2-222:(シャキーン!とポーズを取る
大井@2-77:隣に移動してポーズを取ります。
青葉@2-224:ノリで合わせてポーズを取ります
大鳳@2-225:青葉のカメラ借りて撮影
名取@2-221:「み、みなさん提督でそんな・・・///」
名取@2-221:「た、大鳳さん!?」
青葉@2-224:「上手く撮れましたかー?」
大井@2-77:「どうどう、イケてる?」
白露@2-222:「あたしかっこよかったー?」
大鳳@2-225:「うーん、どうかなぁ」画像を見せる(デジカメだよね?)
名取@2-221:(ポ、ポーズなんていきなり取れないですよ~!?)

幽霊に憑かれし砦編集

提督@2-55:「ふっ・・・それで名取さっきの質問に答えよう」その様子を見ながら言います
青葉@2-224:「中々良いですねー 大鳳さん、カメラの扱いもいけるじゃないですか」(まぁ、168がスマホとか持ってるし、デジカメでしょう)
大鳳@2-225:「青葉さんには勝てないわ」
名取@2-221:「は、はい・・・」
提督@2-55:「何故怖いかだったな・・・今この鎮守府にはな・・・」
提督@2-55:「・・・幽霊がいるんだ」
青葉@2-224:「素人さんに負けてしまっては、青葉の面目丸つぶれです」
大鳳@2-225:「は?」
白露@2-222:「あれ?」
大井@2-77:「え”。」
青葉@2-224:「ほほぅ?」
名取@2-221:「」
大鳳@2-225:「またまた、ご冗談を。幽霊なんて非科学的な存在いるわけないじゃないですか」
名取@2-221:(血の気が引く音
大井@2-77:「ちょっと、名取さん!?」 支えにかかります。
白露@2-222:「おや?なとりんのようすが」
名取@2-221:「・・・はっ!」
青葉@2-224:「司令官。その話、もっと詳しくお聞かせ願えませんか?」
名取@2-221:「て、提督さん・・・そんな・・・ジョ、冗談ハヤメニシマセンカ?」(青ざめた顔で
大鳳@2-225:「ちょっと待って青葉、名取が貧血で倒れてしまうわ」真顔
白露@2-222:「ホントにおばけがいるっぽい?ホントに?」
大井@2-77:「困ったわ。医務室ってどこかしら。そこまでの道は安全なのかしら?」
提督@2-55:「・・・というのは冗談だが、それに近しいものは居るんだ」
青葉@2-224:「青葉が常備している張り込み用のスタミナドリンクでも飲ませておいてください」 大鳳に、後ろも見ずにポイッとドリンクを投げ渡す
名取@2-221:「えっ・・・」
大鳳@2-225:「スタミナで貧血治るわけないでしょ!レバーを持ってこなきゃ」
大井@2-77:「いや、もう、まずは医務室行きましょう?提督さんも、そこで改めてお話をお願いできますか?」
青葉@2-224:「ビタミン・鉄分・カルシウム、その他色々配合のゲロマズドリンクです」
提督@2-55:「それもそうだな、旗艦様に倒れられては困る、こっちだ」と歩いていきます
白露@2-222:「あたしもなとりん運ぶの手伝うねー」
大井@2-77:名取の肩を支えながら提督に続くでしょう。
名取@2-221:「す、すいません・・・古くって・・・」
提督@2-55:何事もなく医務室に辿り着きます、設備は万全に揃ってますね。
名取@2-221:(幽霊に近いもの・・・何だろう・・・う、ううう・・・)
大井@2-77:「なんだか大変なことになっちゃったね。」
青葉@2-224:「鎮守府の古さの割りに、ここは充実してますねぇ」
大鳳@2-225:「映画のセットを無理やり鎮守府に変えたのかしら?」
提督@2-55:「でだ、さっきの続きだな」
名取@2-221:「は、はい・・・すいません」(ベッドに横になりながら
提督@2-55:「実は先日うちの艦隊の一つに深海棲艦の調査をさせ、交戦し主力は轟沈させる事ができたんだが…他を逃してな」
大井@2-77:「深海棲艦ならおばけよりはマシですね。イ級でもロ級でも持ってこい、です。eliteは嫌です。」
提督@2-55:「それから逃したのを調査し始めようとしたら妙に上手くいかない所か、だんだん砦自体錆びれ始めてな…いや元々錆びれてはいたがここまで酷くはなかった」
青葉@2-224:「不思議なこともあるものですねぇ」
白露@2-222:「えっ、ちょっと呪われちゃった感じ?」
提督@2-55:「故に何かが、この砦に居る…と踏んだ訳だ」
大井@2-77:「いったいなんだってのよ…。」
名取@2-221:「やっぱり・・・なに・・・か・・・」
大鳳@2-225:「提督はおおよその見当はついているのですか?」
提督@2-55:「一応こっちも調査はしてるが、今一歩って所でな。そこで君らに別視点で調査をしてもらいたいって事だ」
名取@2-221:「ふぇぇ・・・」
大鳳@2-225:(なんか、満月の夜しか倒せない化け物が出そうでこまるわ)
大井@2-77:「これまで行われた調査の内容を後ほど具体的に教えていただけますと助かります。防錆塗装の状態とか。」
青葉@2-224:「ふふふ、血塗れの鎮守府に潜む謎の怪物・・・スクープですね!」
提督@2-55:「ああ、いいぞ今度教えよう、先ずはゆっくり休んでくれ」
白露@2-222:「ちょっと怖いけど、楽しそう。ところで調査って何をすればいいのかな」
大井@2-77:「エクソシストか山伏でも探しに行く?」
大鳳@2-225:「そういえば、この鎮守府に衛兵の休憩所は門から近いですか?」
提督@2-55:「調査は普段と変わったことをやって貰おうと思ってる、まっそれでもしかしたら見つかるかもな」

提督@2-55:"サブ任務 非平常シーン 2回成功" が発生しました。

大井@2-77か、開発チャンスが…。
             か、開発チャンスが…。――非平常シーンでは開発ができない、なお資源は…
青葉@2-224:成程。これは考えてやらないと
名取@2-221:「は、はい・・・が、頑張り・・・ます・・・」と力なさ気に
白露@2-222:「ふーん。変わったこと…気になるねー」
提督@2-55:最後に1回確定でできますよ(ニッコリ
大井@2-77:わーい。
名取@2-221:わーい
白露@2-222:わぁい
青葉@2-224:わぁい。途中で何かありそう
提督@2-55:「衛兵?いやうちにはそういうの置いてないが」
大井@2-77:「…え、今なんて?」
提督@2-55:ナニモナイヨー
白露@2-222:「え?来たとき門の前にいたよー?」
青葉@2-224:「あれ?」
大鳳@2-225:(ああ、ヤな予感しかしないわ・・・・)
名取@2-221:「」
大井@2-77:「き、きゃぁああああ!?」
白露@2-222:「青葉、確かにあの人つっついたよね?」
青葉@2-224:「ええ、確かに・・・あ、あれぇ?」
大鳳@2-225:「な、名取ちゃん!?大丈夫!!??」(話振った本人)
名取@2-221:名取 は 気絶 した !
白露@2-222:「あれ?つまりどういうことなんだってばよ……」
大井@2-77:「い、医者はどこー!」
青葉@2-224:「おっと、いきなり怪現象がー(棒」 パシャパシャパシャッ と、気絶した名取を胸の辺りをアップで撮影
白露@2-222:「なっ、なとりんが!なとりんが泡吹いてる!」
大井@2-77:「脈拍有り呼吸正常、回復体位。」
大鳳@2-225:「あ、青葉そのカメラあとで検閲ね。提督、ちょっとお話が・・・」
大井@2-77:「あーんもう。提督さん、ブランデーをいただけますか。」
提督@2-55:「ああいいぞ」大井にブランデー渡しつつ、大鳳に答える
青葉@2-224:「あ、青葉は報道の自由を行使しているだけですからー!」
大井@2-77:「助かります。」 名取の上体を起こしてブランデーをスプーンで飲ませます。
大鳳@2-225:「先ほど門を通った時にこの鎮守府所属の衛兵だと思われる人物と会ったのですが、気がついたら消えていたんです」
大鳳@2-225:「青葉?プライバシーは尊重しなさい」(にっこり)
名取@2-221:「うっ・・・」
提督@2-55:「先に言った通り、衛兵は居ない。見間違えかそれもまた今回の影響なんだろうな」
大井@2-77:「名取さん、大丈夫?…いったいなんだってこんなことになってるのよ…。」
白露@2-222:「これはいよいよドキドキしてきたね」
青葉@2-224:「その攻撃的な笑顔はなんなんですかー!?」
大鳳@2-225:「名取ちゃん、とりあえずこのラムネ飲む?」ラムネを差し出す
名取@2-221:「あ、あの・・・ありがとうございます・・・」
青葉@2-224:大鳳はラムネを製造できるんだっけ
大鳳@2-225:ウス=イ本にはそう書いてある
青葉@2-224:「おお、それが噂の・・・・通称・大鳳汁ですね!」
大鳳@2-225:「青葉?ちょっとお話しようか?」嗜虐的な笑み
白露@2-222:「なにそれ、興味あるなー。あたしにも飲ませてよ!」
青葉@2-224:「た、大鳳さん? それは仲間に向ける顔ではありませんよー? ほら、ワ・レ・ア・オ・バ ワ・レ・ア・オ・バ」
青葉@2-224:じりじりと後ずさりつつ
大井@2-77:「まるで反省していない…。」
大鳳@2-225:「市販されているラムネよ」白露に一本渡す
白露@2-222:「わーい!大鳳汁いっただきまーす!」
名取@2-221:「えっ・・・///」
名取@2-221:(ちょっとずつ飲んでた
大鳳@2-225:この大鳳は、苦労と貧乳と嫉妬と少しの塊です
大鳳@2-225:「ただのラムネよ!!」
大井@2-77:「ふむ。その名前でスーパーに置いたら売れるかな。」
名取@2-221:「す、すみません!」
白露@2-222:「大鳳のラムネおいしいなー」
大鳳@2-225:「う、売れるの?」
大井@2-77:「買う人はいると思うけどな?」
白露@2-222:「青葉に写真撮ってもらって、ポスター作っちゃいましょ!」
大井@2-77:「よく売ってるじゃない、艦娘の冷却水。」
青葉@2-224:「はいはい! 可愛いやつから大人のお店向けのまで、青葉にお任せです!」
大鳳@2-225:「だったら白露ちゃんのほうが妥当じゃない?この間時雨ちゃんの作られれたし」
大井@2-77:「ふむ…。商機。」
白露@2-222:「大鳳の冷却水もいいと思うな!」
名取@2-221:「れ、冷却水って・・・そ、そんな・・・私にはわかりません!///」
青葉@2-224:「この際、二人まとめてでも良いと思いますよ!」
大鳳@2-225:「ガス臭いって苦情が来そうよ、やめなさい」
大井@2-77:「自虐は良くないと思うわー。」
白露@2-222:「えっ、あたしも?」
大井@2-77:「と、とにかく、充てがわれた部屋に移動しない?医務室で騒ぐのは良くないわ。」
大鳳@2-225:「そうね、この話はもうやめにしましょう。ハイ!やめやめ」
青葉@2-224:「えー 良いアイデアだと思うんだけどな?」
提督@2-55:「ふっ…その様子なら名取も大丈夫そうだな、しばらくは慣れんだろうがうちの鎮守府に慣れると良い」
大井@2-77:「要するに、こちらで勝手にやって良いということなのでしょう?提督さん。」
名取@2-221:「は、はい・・・が、頑張ります!」
白露@2-222:「んーなとりんは慣れるんだろうか・・・」
大井@2-77:「それならば、適度に適切に適当に適宜やっていきます。」
青葉@2-224:「ネタには暫く困らなさそうですし、青葉、楽しくやらせていただきます!」
提督@2-55:「ああ、好き勝手やって貰ったほうがありがたいな、その辺は任せる」
提督@2-55:そう言い提督は医務室から出て行きました…
提督@2-55:というところで導入フェイズのおっしまーい(時計から目逸し
         (時計から目逸し――ここまで2時間強である、時間配分何とかするとはなんだったのか

大井@2-77:感情値、取ります?
白露@2-222:では取りますかねー
提督@2-55:今卓では感情値を2点取得できます。
提督@2-55:1点ずつ振り分けても、1人に2点取ってもよろしいです。
提督@2-55:というところで感情値ご自由に取得宣言どうぞっ。
大井@2-77:いやっほー。
名取@2-221:いやぁ、充実した導入だった
大井@2-77:実に素晴らしい。
青葉@2-224:導入でこれだけはっちゃけたのははじめてかもしれない
大井@2-77:なおこの艦隊、鎮守府フェイズの判定失敗をフォローする能力にやたらに長けているので、色々と安心です。
提督@2-55:導入フェイズって時間かかるんですね(すっとぼけ
名取@2-221:そうみたいね(すっとぼけ
大井@2-77:導入フェイズって8時間とかかかるみたいですよ。
名取@2-221:こわいわー(棒
青葉@2-224:感情値の宣言はココで良いのかな
提督@2-55:おっけーですよ。

大井@2-77:感情値取得: toward 白露/いちばん 大鳳/頼りになる デース。
名取@2-221:うーむ、大鳳さんと大井っちに「あ、あの・・・ありがとうございますっ」で1点づつ
青葉@2-224:感情値取得: 名取/1/弄りがいがあります! 大鳳/1/ワレアオバ!
大鳳@2-225:名取に私が守るで1点、青葉に心配(いろんな意味で)で1点
白露@2-222:大鳳に「いいツッコミ」、名取に「心配だなぁ」

提督@2-55:では続きましてシーンエディットです。
提督@2-55:サブ任務 非平常シーン 2回成功があります
提督@2-55:加えて、恐怖or航海シーンのどちらか(両方でも可)必ずエディットに入れること(シーン自体の未使用は問題無いです)
提督@2-55:他5つのシーンは自由に選択できます。
提督@2-55:って所で相談どうぞ。

大井@2-77:任務、任務を入れる
名取@2-221:ふんふん
大井@2-77:恐怖良いと思います。
白露@2-222:恐怖はまさにこれ!って感じ。
青葉@2-224:つまり一枚のメッセージカードに 恐怖or航海 & 5つのシーンから自由 で2つエディットすれば良いんだよね?
提督@2-55:おっ被り補正マシマシかな
名取@2-221:嫌な予感がするが、折角だし恐怖入れようw
大鳳@2-225:すまん、エディットのやり方どうやるんでしょう?
提督@2-55:『恐怖』 『 』 『 』 『 』 『 』 『 』
白露@2-222:あと5つのシーンを任意で選ぶっぽい。
大井@2-77:たぶん雰囲気的に、『激戦』と『ほのぼの』は無いなぁーと思いました。
提督@2-55:着任の書の6シーンと、建造の書弐の新たな6シーン 合計12シーンのなかから、相談して6シーン選ぶという形です。
白露@2-222:「交流」「遊び」はあっていいと思います!
青葉@2-224:相談して良いんだ?
大井@2-77:↑そう思います。
名取@2-221:そうだね、その二つは必須か
名取@2-221:必須というかあったほうがいいか
大井@2-77:任務、任務を入れる。
大鳳@2-225:遠征欲しいです・・・・・
名取@2-221:ふんふん、なら
大井@2-77:『恐怖』 『遠征』 『交流』 『遊び』 『遠征』 と?
名取@2-221:恐怖・交流・遊び・任務・遠征という感じです?
大鳳@2-225:@1?
大井@2-77:あと1つですかー。
名取@2-221:他何かやりたい人ー
提督@2-55:『恐怖』 『遠征』 『交流』 『遊び』 『任務』 『 』
大鳳@2-225:演習でいいんじゃね?
大井@2-77:交流 遊び 演習 作戦 ほのぼの 航海 外出
大井@2-77:良いと思います。
名取@2-221:ほむほむ
青葉@2-224:お任せしよう
名取@2-221:ならこれでいいですかえ
大鳳@2-225:おまかせしやす
大鳳@2-225:あれ?恐怖じゃなくていいの?
名取@2-221:あ、消えてる
提督@2-55:7個あるんですがそれは・・・
大井@2-77:『恐怖』 『遠征』 『交流』 『遊び』 『任務』 『演習』
大井@2-77:ですかー。 色々と混乱をきたして申し訳ない。
名取@2-221:(なんで勝手に増えてるんだ、こわいじゃないかやめよう!)
大鳳@2-225:大丈夫だ、問題ない
白露@2-222:ふむふむ
名取@2-221:じゃこの6つでいいかな?
青葉@2-224:OK1
大井@2-77:良いと思います。
大鳳@2-225:異論なし
提督@2-55:では確定しました。
提督@2-55:使用シーンに記述済です。
大井@2-77:おお、便利!
白露@2-222:おkおkー!
大鳳@2-225:ほんと便利だ
名取@2-221:あざます

鎮守府フェイズ編集

恐怖の電たん編集

提督@2-55:-鎮守府フェイズ-
提督@2-55:では今回はカードで伏せてもらいます。
青葉@2-224:おお、任務って平常シーンだったんだ・・・
白露@2-222:はいな。
提督@2-55:ですよー。
提督@2-55:シーンをカードで伏せるやり方は操作方法に記述してます。
白露@2-222:追加シーンは、ほのぼのと任務が平常なんでしたよね
大井@2-77:至れり尽くせり。
提督@2-55:が、分からなければ聞いてください。
提督@2-55:伏せ終わりましたら、伏せたと宣言してくださいねー。
大井@2-77:リバースカードセット
大鳳@2-225:俺のターン!リバースカードを一枚セットしターンエンドだ!
どどんとふ:「提督@2-55」がメッセージカードを変更しています。
白露@2-222:リバースカードセット!
どどんとふ:「提督@2-55」がメッセージカードを変更しました
提督@2-55:背面文字の削除。
大鳳@2-225:こりゃしつれい
提督@2-55:あと1枚かな。
青葉@2-224:私は書いた
提督@2-55:揃ったようだ。
名取@2-221:リバースカードセット!(決闘者多いなぁ)
大井@2-77:わーい。
名取@2-221:ふせますた。お待たせしました
大井@2-77:提督さん、お願いします。
提督@2-55:ではシャッフルしてる間に、最初のシーンプレイヤー決めてくださいな。
白露@2-222:ここはやはり大型艦から?
大鳳@2-225:行動力低い順かな?
大井@2-77:良いと思います。
提督@2-55:では大鳳さんからかな、好きなカード1枚選んで右クリから全員に公開を。
大鳳@2-225:せっかくだから俺はこの真ん中を選ぶぜ!

どどんとふ:大鳳@2-225がカードを公開しました。「任務 電たん
                電たん――電の頭に13号対空電探を取り付けたポケットサイズの電探
白露@2-222:!すでのな
名取@2-221:さっそくマスコットが
大井@2-77:電探の本気を見るのです!
大鳳@2-225:ぷらづま・・・・たん?
提督@2-55:謎のキャラが・・・
名取@2-221:13号上手く取り付けられてるなぁw
提督@2-55:では内容の決定をETMTで出せます。
大鳳@2-225:ETMT いなづまの本気を見るのです!

KanColle : 任務イベント表(7) → 緊急空輸:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《航空戦/戦闘4》で判定。(建造弐p138)

名取@2-221:電探を空輸か・・・重要装備だしねぇ
大鳳@2-225:「提督、御用でしょうか?」
大井@2-77:すっげー普通に任務ですね。ピッタリ合ってます。
提督@2-55:ふむ。
提督@2-55:「ああ、すまんがこいつを近場の鎮守府まで運んで欲しいんだ」
提督@2-55:そういう提督はポケットの中から、小さな人形みたいなのを取り出します。
青葉@2-224:幽霊レーダーかな
提督@2-55:電たん「いなずまのほんきをみるのです!いなずまのほんきをみるのです!いなずまの・・・」
大鳳@2-225:「これは・・・・電ちゃんの人形?」
青葉@2-224:「司令官。意外なご趣味があったんですねー」
大鳳@2-225:「提督、まさか・・・・・・・そのような趣味があるのですか」少し後ろに逃げる
名取@2-221:「ひっ」
大井@2-77:「何、あれ?…呪いの人形?」
白露@2-222:「提督もかわいいの好きなんだねぇ」
大鳳@2-225:「かわ・・・・いい・・・・??」
提督@2-55:「待て違う、こう見えてこいつは優れ物でカモフラージュに使ってるんだ」
大井@2-77:「かかしみたいなものですか?」
白露@2-222:「でもなんで電なんだろ?」
名取@2-221:「そ、そうなんですか・・・?」
提督@2-55:対空4 偵察- 偵察- 天候操作
名取@2-221:つよっ
大井@2-77:あなたが神か
大鳳@2-225:ふぁ!?
白露@2-222:やばい強い
名取@2-221:13号電探改かwww
青葉@2-224:滅茶苦茶だw
提督@2-55:当然使えません(ニッコリ
大鳳@2-225:知ってた
名取@2-221:・・・天候操作!?
青葉@2-224:クラウドバスターかな?
名取@2-221:ですよねー
大井@2-77:電たん(NPC専用チート改装型)
提督@2-55:「一時的に他鎮守府に貸し出すことになってな、それを大鳳らに頼みたいんだ」
大鳳@2-225:「はぁ・・・わかりました。輸送方法は私の艦載機を使って空輸ですか?」
提督@2-55:「まあ、そうなるな。小型だからそれで十分だろう」
大鳳@2-225:「艦上攻撃機に括り付けて爆戦で護衛かな」
大鳳@2-225:して、判定個性は?
青葉@2-224:「これは青葉たちの出番はなさそうですねぇ」
大井@2-77:「あんな、ものが、…イージスシステム並、いやそれ以上!?」
提督@2-55:提督からは《航空戦》の提示します。
大鳳@2-225:距離2いけなくはないな
白露@2-222:「白露も欲しいなぁ~・・・」(電探をじーっと見ながら
大鳳@2-225:判定いきまーす
提督@2-55:電たん「いなずまのほんきをみるのです!はーいしれーかんいっきますよー!いなずまの・・・」
名取@2-221:(これがあればもっと活躍出来るのかなぁ・・・?)(怖いのでチラチラ見ながら
大井@2-77:「何か混じってない?」
青葉@2-224:いかづちだー!?
名取@2-221:「ひっ1」
大鳳@2-225:2d6>=7 艦載機で輸送、これだ
KanColle : (2D6>=7) → 2[1,1] → 2 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

青葉@2-224:無理デース
提督@2-55:あっ(察し
大鳳@2-225:ファ!!??
白露@2-222:!?

大鳳@2-225:ACT
KanColle : アクシデント表(2) → 意外な手応え。その判定に使った個性の属性(【長所】と【弱点】)が反対になる。自分が判定を行うとき以外はこの効果は無視する。

青葉@2-224:oh
大鳳@2-225:ファ!!??
提督@2-55:あっ
大井@2-77:最悪の事態に
名取@2-221:oh!
名取@2-221:ん
白露@2-222:やばくね・・・
青葉@2-224:見ちゃいましたはどうする?>大鳳さん
名取@2-221:提督さん気になったけど、なとりんの固有って自分がミスった時だけなのかな・・・?
名取@2-221:使えるの
大鳳@2-225:たしかシーンに登場していればつかえた気がするんだけど提督さんどうでしょう?
提督@2-55:いえ大丈夫です。
提督@2-55:あ、言い忘れてましたがシーンに参加しないや入渠してるなど宣言しない限りは全員登場しています。
大井@2-77:はーい。
名取@2-221:つまり固有使える・・・?
青葉@2-224:名取さんの固有は使用だねー 航空戦が得意な人誰だろう
提督@2-55:ただファンブルの結果は覆りません<名取固有
名取@2-221:なるなる
大井@2-77:使える場合は私に流すと若干安全です。
名取@2-221:「失敗した時」だからねー
大鳳@2-225:うーん、アクシデント振りなおして元に戻したいけど
大鳳@2-225:発見すればいいか・・・・・
提督@2-55:では、どうしますか?
大井@2-77:青葉さんいるから積極的に振っていくスタイルもアリだと思いますけどね。
青葉@2-224:見ちゃいましたは、大鳳さんは感情値集まってるから、可能性としちゃ半々
大井@2-77:ふむぅ。
青葉@2-224:ぜんいんが1点の今なら、使っておいたほうが後々良いかも
白露@2-222:偶数が出たら悲しいねぇ
名取@2-221:とりあえず青葉見ちゃいました使うか否か?→名取わたしはこれで誰に?ってことか
大井@2-77:はーい。
大鳳@2-225:青葉の個性発動はお任せします
大井@2-77:青葉さん、見ちゃいます?
青葉@2-224:では、見ちゃいましょう。2点以上がいないなら使い時
大鳳@2-225:では使っちゃいましょう?
白露@2-222:見ちゃったっぽい?
名取@2-221:見ちゃうっぽい!
提督@2-55:では、行動力2点減らして大鳳さん以外は1d6どうぞ。
青葉@2-224:【見ちゃいました】 行動力2点消費、目標を選んで、目標以外全員は1d6を振って奇数なら感情値1上昇、偶数ならチェックが入る
青葉@2-224:1d6
KanColle : (1D6) → 1

大井@2-77:1d6 たーのーみーまーすーよッ!
KanColle : (1D6) → 1

白露@2-222:まあ奇数だして見ますよー
白露@2-222:1D6
KanColle : (1D6) → 1

名取@2-221:1d6
KanColle : (1D6) → 6

提督@2-55:ひえっ。
青葉@2-224:なんだこれw
大井@2-77:まあまあまあ。
白露@2-222:ピンキリ。
名取@2-221:消えちゃったよ!
大井@2-77:共有メモに反映なのです。
青葉@2-224:まぁ、結果としては+です
名取@2-221:ありがとうございます、それでは
大鳳@2-225:誰が振りなおすか
提督@2-55:現状:判定失敗 ファンブル:索敵○→☓ 青葉処理完了
名取@2-221:航空戦に一番近いのは大井っちっぽい?
大井@2-77:近い人が他にいなければ、同じく《○索敵》を出せます。で、固有的に。
名取@2-221:なる

名取@2-221:それでは大井っち対象にして「私はこれで・・・」を発動します
大井@2-77:「作戦が悪いのよ…。こんな、呪いの人形なんて…!」
名取@2-221:なとりん、電たんを見て何だか怖くなって気分が悪くなってくる
提督@2-55:では行動力減少どうぞ。
名取@2-221:1d6 (これ・・・まさか電ちゃんや雷ちゃんの意志が入ってたり・・・うっ!)
KanColle : (1D6) → 3

大鳳@2-225:「うぅ・・・・なんか頭が・・・・・・」
白露@2-222:「大鳳、大丈夫?顔色良くないよ。」
大井@2-77:「私が操縦を代わります。…なんだってのよ、これが呪い?」
提督@2-55:電たん「なのです!なのです!いちにんまえのれでぃーなのです!」
名取@2-221:「うっ・・・」怖い想像したことによる吐き気が
名取@2-221:「ひぃ!」
大井@2-77:「また何か混じってるし!?」
青葉@2-224:「毒電波でも出てるんでしょうか」
名取@2-221:フラフラ
大鳳@2-225:「ごめん・・・・ちょっと無理」
青葉@2-224:「大鳳さんと名取さんは休まれたほうがよろしいようですねー 青葉が医務室までお送りしましょうか?」
名取@2-221:「す、すいません・・・お願いします・・・」顔色真っ青
名取@2-221:ということで名取シーン退場

大井@2-77:それでは、判定入りまーす:
提督@2-55:では大井さん《航空戦》から判定どうぞ。
大井@2-77:2d6>=7 「作戦が悪いのよ!ああんもう!」 《索敵》で代用、距離2
KanColle : (2D6>=7) → 5[1,4] → 5 → 失敗

青葉@2-224:感情値1しかないので、届かないですね
提督@2-55:これは呪われた電たんですわ。
白露@2-222:こわい
提督@2-55:振り直しはどうしますか?
大井@2-77:燃料・ボーキ2VSアイテム、ですか。
大井@2-77:…振り直し、私はポジティブです。
提督@2-55:ですね、正直デメリットはあまり気にするレベルではないかと。
大井@2-77:振り直しを宣言します:
提督@2-55:では減少処理からどうぞ。
大井@2-77:大井@2-77の行動力を-4(1d6->4)した((行動力:14->10))
大井@2-77:判定、良いですかー。
青葉@2-224:どうぞ
提督@2-55:どうぞ。

大井@2-77:2d6>=7 同様 「この人形、暴れるなッ!」
KanColle : (2D6>=7) → 5[2,3] → 5 → 失敗

大井@2-77:もうだめだ。
青葉@2-224:oh
白露@2-222:やっぱり呪われてる・・・?
名取@2-221:oh...
大井@2-77:この人形どう考えても呪われてます。
提督@2-55:あ艦これ
白露@2-222:「この人形、髪が伸びてるような?」
青葉@2-224:「だんだん暴れ方が酷くなって着てますねぇ」
大井@2-77:「なんなの、なんなのこの人形!?まるで、まるで…!!」
提督@2-55:電たん「なのです!はらしょーなのです!」
白露@2-222:「お、大井っち落ちつきなよー!」
大井@2-77:振り直し宣言。
大井@2-77:大井@2-77の行動力を-5(1d6->5)した((行動力:10->5))
大井@2-77:これも呪い。
白露@2-222:「ポジティブにいこう!ね!」
提督@2-55:行動不能圏内。
青葉@2-224:ゴリゴリ減ってる
名取@2-221:怖すぎ問題
白露@2-222:これは痛い・・・

大井@2-77:2d6>=7 「呪いごときが、人間様に逆らうなー!!」 同様の判定
KanColle : (2D6>=7) → 7[2,5] → 7 → 成功

提督@2-55:成功ですな。
大井@2-77:「…はあ、はあ。やっと、目的地?」
提督@2-55:電たん「・・・なのです!・・・のーでーす!デース!」ドップラー効果のように遠ざかる
大井@2-77:体を震わせながらへたりこみます。
白露@2-222:「でーす!でーす!」(なんとなく真似する
大井@2-77:「あの、あの人形は、危険過ぎる。どうか、厳重に封印を…。」 顔が白くなっています。
提督@2-55:電たんの声が聞こえなくなると、空から何か落ちてきました。
提督@2-55:成功報酬1d6どうぞ。
青葉@2-224:「・・・あの人形がとどいた先、無事に済みますかねぇ」
大井@2-77:大鳳さんどーぞ?
白露@2-222:「いたっ!」(落ちてきたものに当たった
大鳳@2-225:私でいいの?
提督@2-55:どなたでも。
大鳳@2-225:んじゃ
大井@2-77:「ねえ、見て?あのトラックが行く先、空の色が…。錆色に。」
大井@2-77:どうぞー。
大鳳@2-225:ITT 来たれ!アイスか開発資材!!
KanColle : アイテム表(2) → 羊羹(P241)

青葉@2-224:んー・・・成程。外出とかとは違って、あくまで判定を肩代わりするだけなのか
大井@2-77:まあまあまあ。
白露@2-222:いいじゃない
提督@2-55:羊羹が落ちてきたようです。
大井@2-77:いやー、電たんは強敵でしたね。
青葉@2-224:本当にねー
白露@2-222:これが電たんの本気なのです・・・?
提督@2-55:羊羹「(・・・・・・・・・・・・・なのです)」
大井@2-77:「きゃああああああ」
青葉@2-224:「いきなりどうしました!?」
大井@2-77:「い、今、羊羹が、い、嫌、来ないで…。」 一時的狂気表
白露@2-222:「あ、青葉、大井っちも医務室に運ぼう?」
青葉@2-224:「そうですね・・・取材も出来そうにないですし、ちょっと落ち着かせたほうが良いようです」
青葉@2-224:「それにしても、この鎮守府・・・・・・本当に取材のしがいがありそうですね!」 目をらんらんと光らせて
大鳳@2-225:「み、みんな・・・・・どうだった・・・・」
大井@2-77:医務室のベッドで寝ています。
名取@2-221:「だ・・・大丈夫ですか・・・?」
大鳳@2-225:あ、退場してるから出れねーじゃん
青葉@2-224:「あの怪しい人形は大井さんが無事に送り届けましたよ」>大鳳に
大鳳@2-225:「そう・・・・・ッッッ!!!」突然の○○
提督@2-55:いえ出れますよ、退場してるのは名取さんだけです。
名取@2-221:(出ちゃった・・・まぁ判定終わったRPということですいません)
提督@2-55:問題ないでしょう。
白露@2-222:大井っちの額に濡れタオルを置きます。
大鳳@2-225:(同じく、後日ということでいいでしょうか?)
大井@2-77:はーい。
青葉@2-224:「いやぁ、初任務からこの惨状。呪われていると巷で噂されていたのは本当だったのかも知れません」
白露@2-222:「でも、この一番艦の白露!負けないよ!」
青葉@2-224:「まぁ、本当に呪いなら勝ち負けの問題ではないんでしょうけど」 ベッド脇の果物の皮をナイフでするすると剥きつつ
名取@2-221:(ブルブル)
大鳳@2-225:(ぐったり)

呪われた大鳳、呪いを跳ね返す白露編集

大鳳@2-225:提督、発見できますか?
提督@2-55:以上ってところかな、発見補給開発できますよ。
青葉@2-224:剥き終えた果物に楊枝を刺して、名取達に差し出します 「なーに、本当に呪いなら、ですよ。大体のことは裏が取れたら何てことないもんです。元気出していきましょう」
大井@2-77:…アレだ。そんなわけで、医務室でぶっ倒れた大井は燃料5を頂いて補給します。
大鳳@2-225:索敵発見したいです
名取@2-221:資源管理自分だった、燃料減らすよー
提督@2-55:旗艦の名取さんは資源弄ってくださいな。
大井@2-77:お願いします。
名取@2-221:21-5=16
提督@2-55:発見どうぞ。
名取@2-221:減らした

大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を-2(1d6->2)した

大井@2-77:………。
名取@2-221:ど、ドンマイです・・・
提督@2-55:残念ながら弱点のままですね。
白露@2-222:oh…
大鳳@2-225:これは・・・・ぷらづまの呪いだ・・・・・
青葉@2-224:まぁ、羊羹もあるし・・・
大鳳@2-225:羊羹使います
青葉@2-224:もう少し減ってからの方がよくないですかね
青葉@2-224:ボーキサイト少ないし
大鳳@2-225:あーそうか
大鳳@2-225:じゃあこのままでいいです
提督@2-55:了解。
提督@2-55:では他に発見・補給・開発はございます?
白露@2-222:負けず嫌いを再発見してみます
提督@2-55:どうぞ,どうぞ。

白露@2-222:白露@2-222の行動力を-1(1d6->1)した

白露@2-222:いっちばーん!
名取@2-221:いっちばーん!
青葉@2-224:おー
大鳳@2-225:あ、ボーキ1で行動力1回復したいです
提督@2-55:いっちばーん
大鳳@2-225:いっちばーん!
大井@2-77:おめでとうございます。
名取@2-221:白露ちゃんは艦隊の癒やし
名取@2-221:了解です>大鳳さん
大鳳@2-225:あ、燃料のほうがいいかな?
名取@2-221:確かに多いけど燃料
大井@2-77:開発レシピは3/3/3/3だと思いますから、気にせず最高効率で良いと思います。
大井@2-77:(どうせボーキは大鳳さんしか食べない)
名取@2-221:そしてボーキ誰か減らしてくれてありがとう
名取@2-221:11→10
青葉@2-224:この艦隊ね。大鳳さん以外、固有が行動力減少タイプなんだ・・・
大鳳@2-225:ボーキを食べて少しは落ち着いた大鳳さん
大井@2-77:あと【援護射撃】も地味に減ります。
大鳳@2-225:なら燃料取っておきましょう
大鳳@2-225:いざとなれば羊羹をねじ込む
提督@2-55:他無いのであれば次シーンですが。
名取@2-221:燃料何個です?
大鳳@2-225:16
大井@2-77:開発、開発をする。
名取@2-221:あ、何個食べます?って意味でした
大鳳@2-225:砲?ヒコーキ?特殊?
青葉@2-224:通常じゃないかな
提督@2-55:よかろう開発方針と資源消費を決めると良かろうもん。
白露@2-222:通常っぽい?
大井@2-77:最初は通常で、後半に足りないものを、てのが賢いと思います。
名取@2-221:ふむ・・・
名取@2-221:まーそしたらまずは軽く通常行っちゃいますか
提督@2-55:では資源減らした後、回してくださいなー。
大井@2-77:1.シーンプレイヤー
2.駆逐艦の法則
3.提督に振ってもらう

名取@2-221:うむ、駆逐艦の法則裏で発動してたし
名取@2-221:白露ちゃんに任せようかな・・・
大井@2-77:良いと思います。
白露@2-222:えっ、私?
名取@2-221:艦隊のムードメーカー的な意味でこう、ガツンと!どうでしょ
青葉@2-224:やっちゃってくださいな
名取@2-221:昔からTRPG部では「駆逐艦の開発はいいのが出る」というのがあるのじゃ
大鳳@2-225:1,2でれば青葉と名取が喜ぶ
3,4なら大鳳と大井が喜ぶ

白露@2-222:じゃあ振っちゃうよー?
大井@2-77:はーい。
名取@2-221:いっちゃえー

白露@2-222:DVTM さぁー、はりきっていきましょう!
KanColle : 開発表(一括)(3,2) → 装備2種表:8cm高角砲(P250)

青葉@2-224:おー
大井@2-77:対空。
名取@2-221:おー
白露@2-222:悪くない。
提督@2-55:悪くない。
青葉@2-224:名取さんかなこれは。青葉は対空あるし
大井@2-77:偵察機、誰が持ちますか?
名取@2-221:一応偵察と索敵○持ちだけどいいのです?
青葉@2-224:ん、装備力が足りないのか・・・
提督@2-55:装備枠余裕あるの青葉さんだけですね。
名取@2-221:2なのでいっぱいです
提督@2-55:あと大鳳さんもあるかな。
白露@2-222:青葉がいいかと。
名取@2-221:あと一応大鳳さんもあまりだけど
大鳳@2-225:大鳳は一応@1乗せれる
大井@2-77:あえての大鳳さんアリですね。
名取@2-221:青葉が連撃可能に
大井@2-77:8cm→青葉 機銃→大鳳
大鳳@2-225:アクシデントがこわいけどね
青葉@2-224:んー、では貰っておこうかな
提督@2-55:では載せ替え処理どうぞ。
大鳳@2-225:機銃は預かりますね
青葉@2-224:はい、どうぞー
名取@2-221:あ、資源減らさなきゃ
提督@2-55:(あっ忘れてた)
大井@2-77:ありがとうございます。
名取@2-221:16/13/13/10→13/10/10/7
大井@2-77:他に宣言することは私は無いです。
提督@2-55:このシーンは以上かな?
青葉@2-224:はーい
大鳳@2-225:ういっす

輸送した電たん一体どこヘ?編集

提督@2-55:では2シーン目
提督@2-55:どうぞー。
大鳳@2-225:大井っちかな?
大井@2-77:え。
白露@2-222:それとも青葉?
青葉@2-224:行動力順なら私か・・・と思ったが現在値なら大井っち
大井@2-77:choice[青葉,大井]
KanColle : (CHOICE[青葉,大井]) → 大井

大井@2-77:私がやりたいと思いますがいかがですか。
大鳳@2-225:どーぞどーぞ
青葉@2-224:いいですねぇ!
大井@2-77:カード選択。
大井@2-77:open!

どどんとふ:大井@2-77がカードを公開しました。「恐怖 「キエタアアアアアアアア!」」

大井@2-77:……!?
提督@2-55:ほー、内容どうぞ。
大鳳@2-225:ざわ・・・・・・ざわ・・・・・・
青葉@2-224:一体何があったんだ
白露@2-222:どういうことだってばよ
大井@2-77:ETFT どういうことなの?

KanColle : 恐怖イベント表(10) → フラッシュバック:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《暗い過去/背景4》で判定。(建造弐p139)

名取@2-221:誰だろうなこのカード書いたのは・・・!
青葉@2-224:成功すると資材0の伝家の宝刀か

大井@2-77:医務室から起き出してきた大井。しかし、あの呪われた人形と羊羹の記憶は彼女の精神を蝕みます。
提督@2-55:電たん(((はーいしれーかんいっきますよー!いちにんまえのれでぃーなのです!)))
大井@2-77:「人形を、運ばないと。人形を…。」
大鳳@2-225:「大井さん?大丈夫?」
大井@2-77:「人形、無い!?どこへ、キエタアアアアアアアア!」
名取@2-221:「ひいいいいいい!」
大鳳@2-225:「ちょ、ちょっと落ち着いて!」
大井@2-77:「あの娘はどこ?私が、運ばないと。眠れるように。」
青葉@2-224:ズザザザザとスライディングしながら現れる 「何ですか今の悲鳴は!? スクープですか!」
大井@2-77:「敷波さん、早く逃げて!まだ奴が!」
大井@2-77:フラッシュバックに襲われて、頭を抱えて立ちすくみます。
提督@2-55:電たん(((なのです!なのデース!)))
大井@2-77:というわけで、判定は満を持して《暗い過去》でいかがでしょうか。
提督@2-55:ふぅむ、特にないので《暗い過去》でどうぞ。
大井@2-77:ギャップ1-2!指定個性《暗い過去》に対し
大井@2-77:《優しい》 から距離1 目標値6です。
提督@2-55:良かろうもん。
大井@2-77:2d6>=6 「あの船だって、仕事だったんだ!忘れはしないッ」
KanColle : (2D6>=6) → 5[2,3] → 5 → 失敗

大井@2-77:声援カモーン
青葉@2-224:名取さんですな
大鳳@2-225:なっとりーん!
名取@2-221:「大井さん、しっかりしてくださ~い!」肩揺らしながら+1
大井@2-77:「ハッ!…ありがとう、もう大丈夫。」
大井@2-77:そして大井には電たんの呪いの力が宿り、ダメージアップパワーが手に入ります。
白露@2-222:「い、今のはなになに!?どうしたの!」 あわてて高速で入ってくる
大井@2-77:「ちょっと、探していたものがあったの。ごめんなさい、大声出して。」
青葉@2-224:「なんだ、大井さんが寝ぼけていただけでしたか。うーん、残念です」
大井@2-77:「でも見つけたわ。ほら見て、私の電たん…!」
名取@2-221:「」
大鳳@2-225:「本当に大丈夫?
白露@2-222:「んー?それならよかったんだけど…って」
大井@2-77:そんな大井の手元には、あの人形が…!
白露@2-222:「な、な、な」
青葉@2-224:「・・・あれー?」
白露@2-222:「なんでぇーーーーー!?」
提督@2-55:電たん「・・・・・・・・・・・」
名取@2-221:名取 は 気絶 した !
大鳳@2-225:「イヤァァァァァァア!!!」大鳳 は 気絶 した !
青葉@2-224:「まぁ、これはこれで! 写真、いただきまーす」
白露@2-222:エクストリーム気絶!
大井@2-77:というわけで演出エンドです。
大井@2-77:死屍累々。
提督@2-55:・非平常シーン 1/2 成功
提督@2-55非平常なので発見等もろもろできませんので、次シーンデース。
    非平常なので発見等もろもろできません――大間違い、発見は可能です。3シーン目へ持ち越し。

盗撮?実際に撮れたものは…編集

青葉@2-224:ハーイ 私ですね
青葉@2-224:開きまーす
どどんとふ:青葉@2-224がカードを公開しました。「交流 冷却水」
名取@2-221:平和そう?なキーワードきた
大井@2-77:最悪のシーンプレイヤーの下にこのカードが!

青葉@2-224:EVKT
KanColle : 交流イベント表(6) → 裸のつきあい:《入浴/趣味11》で判定。(着任p221)

提督@2-55:--このフェイズでは2回発見できます。--
青葉@2-224:「青葉、湯気対策はバッチリです!!!」
青葉@2-224:連邦の白いビームなどには負けません!
名取@2-221:冷却水・・・風呂・・・!
大鳳@2-225:「青葉?カメラ片手にどこ行くのかしら?」
白露@2-222:「え、青葉何してるの?」
提督@2-55:ボロい鎮守府とはいえお風呂場は英気を養うところな為ばっちり、何でも揃ってます。
青葉@2-224:「いえいえ、青葉はちょっと取材にでてくるだけですから」 なおまもなく入浴時間
名取@2-221:「は、走ったら危ないですよ?それにもう入浴時間が・・・あぁ・・・」
白露@2-222:「ま、いっかぁー!じゃ、あたしは一番先にはいりまーす!」
大鳳@2-225:「そう、一応言っておくけど盗撮できないように防犯センサーだらけだからね?」
青葉@2-224:「青葉のことはお気になさらず、皆さんでお先にどうぞー!」
大井@2-77:「なんだか憑かれたわー。暖まりたい。」
名取@2-221:「は、はい・・・?それではお風呂に入らせてもらいますね・・・」
大鳳@2-225:提督!湯気で見えません!!
名取@2-221:更衣室で脱ぎ脱ぎ。ブラジャーは18,000円である
白露@2-222:ぱぱっと着替えて、バァン!と風呂場に入ります
白露@2-222:「いっちばーん!」
提督@2-55:心の目を使用してください
名取@2-221:「あ!走っちゃ危ないですよ!」
大井@2-77:タオルを手に持ってまず体を流します。
名取@2-221:と下も脱いでタオル持っていきます
大鳳@2-225:たぶん唯一ブラがないので目のハイライトがありません
名取@2-221:たゆんたゆん
名取@2-221:(効果音)
大鳳@2-225:「・・・・・・」
白露@2-222:でかい(確信)
名取@2-221:「?大鳳さん、まだご気分が優れませんか?」
名取@2-221:※純粋に気にしてます
青葉@2-224:「上は洪水、下は大火事。例え火の中水の中、防犯センサーの網の目の中! 青葉のジャーナリスト魂を阻むものなどありません」 と、鎮守府の裏手に回って風呂場に接近しつつ
白露@2-222:「わー、なとりんのすっごい!」
大鳳@2-225:「・・・・・・なんでもないわ」(レイプ目)
大井@2-77:「いやはや、お風呂はマトモで良かったわー。」
青葉@2-224:「読者が、視聴者が、全国の大きいお友達の方々が、青葉の活躍を期待しているのです!」
名取@2-221:「そうですか?無理なさらないでくださいね・・・?」
名取@2-221:体を流します。たゆんたゆん
大井@2-77:「ところで名取さん?この前、その、大きくなるストレッチって、話してなかった?」
名取@2-221:風呂に入ります。たゆんたゆん
大井@2-77:たゆんたゆんに目を向けつつそう切り出します。
大鳳@2-225:(妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい)
名取@2-221:「えっ?いや、あれはあの時も言いましたけど単なるストレッチで・・・」
白露@2-222:「ちょっとお湯あっつい、あたしもうちょっとぬるい方がいいなぁ」
大井@2-77:「テルミーハーウ!ぜひ、教えて欲しいの。」
名取@2-221:「長良姉さん曰く、胸の筋肉を鍛えるストレッチだそうです・・・」
大井@2-77:「ふむふむ。」
白露@2-222:「ふんふん。」
青葉@2-224:シーン自体の判定とは別に、青葉が盗撮に成功するかの判定やっても良いかな
大井@2-77:対抗判定ですね
名取@2-221:「私も鍛えなきゃーっと思ってやったんですけど、筋肉がつかなくて・・・はぁ・・・」
青葉@2-224:青葉vs他4人ですね
提督@2-55:(盗撮して青葉の感情値あがるのはどうなんですかね)
青葉@2-224:(マイナス方向で上がれば良いのよ)
提督@2-55:(あっ(察し)
名取@2-221:「でも長良姉さんに伝えたら『べ、別に気にしなくていいよ!人それぞれだし・・・』って言われました」
白露@2-222:「ちょっとお湯冷ましてもいーい?」 と桶にお水を淹れます
提督@2-55:それなら許可出しましょう。判定はそうですね・・・。
提督@2-55:提督からは《えっち》を提示します。
大井@2-77:完璧だ。
名取@2-221:「その時の長良姉さん、ちょっとショック受けて疲れ気味でしたね・・・やっぱり大変だろうなぁ・・・」
白露@2-222:直球
青葉@2-224:自由奔放から2、ギャップ潰れてるんで目標値6ですね
提督@2-55:どうぞ。
白露@2-222:口ぐせから…じゅ、12
大井@2-77:…ここは譲れません。
名取@2-221:「仕切りに胸の筋肉を気にしてられてました。難しいですよね、鍛えるのって」
名取@2-221:えっち・・・
青葉@2-224:2d6-1>=6 「角度よし!ポジションよし! 青葉いっきまーす!」
KanColle : (2D6-1>=6) → 5[1,4]-1 → 4 → 失敗

青葉@2-224:振りなおしは・・・うん、やめておきましょう
名取@2-221:派手から1である
青葉@2-224:シーン自体の判定とは別ですしね
名取@2-221:[]
青葉@2-224:青葉が撮影の為に乗っていた樹の枝がミシッと嫌な音を立てたかと思うと
名取@2-221:「し、白露ちゃんそんなことしたらダメだと思いますよ?」
白露@2-222:「そうかなー?」
青葉@2-224:「あれっ?」 次の瞬間、真っ二つにへし折れて青葉はまっさかさまに落ちる。
大井@2-77:「…?今、何か音がしなかった?」 と辺りを見回します。
名取@2-221:「ひえっ!?」
名取@2-221:とびっくりして近くに居る大鳳さんに抱きつきます
白露@2-222:「??」
大鳳@2-225:「ちょ、名取ちゃん!?」

提督@2-55:では青葉は失敗しましたが・・・
提督@2-55:その落ちてる最中に青葉はナニカが瞬時に通りすぎるのを見ます
青葉@2-224:「はっ!?」 と落ちながら咄嗟にシャッターを向けます
提督@2-55:シーン判定です《不思議》から判定どうぞ。
大井@2-77:おお、仕掛けてきましたね。
青葉@2-224:発見します
青葉@2-224:1d6 不思議
KanColle : (1D6) → 4

青葉@2-224:弱点なのでACTから、自分には見ちゃいましたは仕えません
白露@2-222:oh
青葉@2-224:act
KanColle : アクシデント表(3) → えーん。大失態。このキャラクターに対して【感情値】を持っているキャラクター全員の声援欄にチェックが入る。

青葉@2-224:安い安い
青葉@2-224:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

大井@2-77:覗きの件で大鳳さんが怒ったみたいな。
提督@2-55安くないんですがそれは・・・
  安くないんですがそれは・・・――アクシデントによるチェックが無ければ感情値込みで成功でした。
大鳳@2-225:「あれは・・・・・青葉?」
白露@2-222:その潰れた1で失敗という
青葉@2-224:何か、ものすごーく出目が・・・
大井@2-77:振り直し、振り直しをする。
提督@2-55:行動力-4をお忘ればなく。残り行動力6ですね。
大井@2-77:これは…。
青葉@2-224:振りなおしますが、その前に燃料1ください
提督@2-55:どうぞどうぞ。
名取@2-221:渡すよー?
名取@2-221:13→12
青葉@2-224:1d6 ふりなおーし
KanColle : (1D6) → 1

提督@2-55:やっすーい
名取@2-221:やっすーい!
白露@2-222:やっすーい
大井@2-77:素晴らしい。

青葉@2-224:2d6 「転んださきのスクープチャンス! シャッターチャンスは逃しませんよぉー」
KanColle : (2D6) → 5[1,4] → 5

大井@2-77:電たんさえいなければこんなものですか。
大鳳@2-225:「青葉・・・・・・何しているのかしら」ドドドドド
名取@2-221:「な、何か変な音が・・・って青葉さん!?」大鳳に抱きつきながら
名取@2-221:これは成功か
大井@2-77:むしろ歩いて脱衣場に移動、4人分のバスタオルを確保してきます。
提督@2-55:成功ですね。
青葉@2-224:「あいたたた、今の変なのは何とか撮れたかしら・・・・って、あら? 大鳳さん? 名取さん?」
白露@2-222:「あれ?青葉どうしたの。早く入りなよー」 あまり気にしてない様子
名取@2-221:「青葉さん、大丈夫ですか?お怪我ありませんか?」
名取@2-221:近寄って助けに行こうとする
大井@2-77:「…何が撮れたかわからないけれど、カメラが水や湿気でダメになっちゃうといけないから、はいこれ。」 バスタオルを渡します。
大鳳@2-225:「取りあえず傷はない?」
青葉@2-224:「あ、いえ、青葉は大丈夫ですから」 と、盗撮していた気まずさから後ろに後ずさりして
青葉@2-224:仕掛けられていた侵入者用のトラップに引っかかります
名取@2-221:「でも何で木の上から落ちてきたんですか?」
大鳳@2-225:「それで?何していたの?正直に答えてね」
青葉@2-224:「あ、青葉は変なものがいたのでそれを追いかけていただけですよ?」 ぶらーんと、縄で宙吊りになりながら答えます
青葉@2-224:首元にはカメラ
大井@2-77:バスタオルを身体に巻いて、出ていきます。明確にカメラの保護を優先します。
名取@2-221:「あ、青葉さん!?大丈夫ですか?今下ろしますね!」
大井@2-77:「こんな夜遅くまでお疲れ様。」 下ろすのを手伝います。
大鳳@2-225:「ふぅん・・・そう・・・・」降ろす作業を手伝う
白露@2-222:「ふーん、なるほどねー。」よいしょ、よいしょと同じく手伝う
青葉@2-224:「あ、あはははは・・・(誤魔化せたカナー)」
大井@2-77:「身体が冷えちゃうといけないから、まずはみんな、服を着ましょう?」と水場を避けるのです。
大鳳@2-225:青葉だけにきこえるように「次わないわよ」とボソッと
名取@2-221:「青葉さん・・・ジャーナリスト魂というものって、凄いんですね!」
白露@2-222:「ところでさー…」と青葉の胸元あたりを見る
名取@2-221:ぺかー!という眩しい純粋な笑顔
青葉@2-224:大鳳の言葉にギクギクッと固まる
名取@2-221:「?大鳳さんどうかしましたか?」
白露@2-222:「青葉も、何気に…あるよね。うん。」
大鳳@2-225:「いいえ、何でもないわ。さ、青葉もお風呂にハイリマショ?」
青葉@2-224:「ぷ、プロですから・・・」>名取
名取@2-221:「そうですか・・・?青葉さん、風邪引いちゃいますよ?入って温まりましょう!」
青葉@2-224:白露の言葉に首を傾げつつ、大鳳と名取に連れられて風呂へ向かいます
青葉@2-224:「そういえば、さっき撮れたアレ・・・何だったんでしょうねー?」
大井@2-77:「…部屋で話しましょう。このままじゃ風邪引いちゃうわ。」とバスタオルを配りながら言います。
提督@2-55:・・・後日、青葉が撮影したのを見ると、黒っぽいモヤのようなものが撮れていたそうな。
白露@2-222:なにそれこわい
大鳳@2-225:ぷらづまの呪い化
名取@2-221:皆で見たんです?>写真
提督@2-55:青葉さんにお任せ、現時点では青葉さんだけですね。
青葉@2-224:では、身の潔白の証明の為に、カメラの中身は公開しました
大井@2-77:「お手柄ね、青葉さん。普段はフザけた調子だけど、ここまでしっかり仕事をするとはね。」
青葉@2-224:一部を除いて(ボソッ)
大鳳@2-225:「黒い霧・・・・・うーん、嫌な思い出が・・・・」
名取@2-221:「く、黒いもや・・・」(ガクガク
大井@2-77:「…提督さんと、それからもっと上に報告したいところ。」
大井@2-77:「進展あり。よーし、やってやるわよー!」 ココアを淹れて全員に出します。
青葉@2-224:「そうですねぇ、残念ながら、青葉が持っている機材では、これが何なのか。これ以上は解析できないですし」
白露@2-222:「んー・・・なんだろうね、これ。気になる」
提督@2-55:ふぅむ、じゃあどなたか一人《幸運》振って良いですよ。
白露@2-222:「・・・おばけ?」 ココアをふーふーと冷まします
大井@2-77:大鳳さんが弱点で持ってますねー。
大鳳@2-225:アクシふっていいなら
青葉@2-224:青葉は遠過ぎて無理ですね
白露@2-222:口ぐせから+1ですね
大井@2-77:それ、良い!
大井@2-77:良いと思います。
名取@2-221:×派手から+7なのできついな
白露@2-222:私振ってみるっぽい?
提督@2-55(しまったぽいぽいが居た…)
 (しまったぽいぽいが居た…)――お呼びっぽい?判定個性に困ったときの《幸運》…近い白露さんが居ました。
青葉@2-224:どうぞー
白露@2-222:ぽいぽいじゃないよ!
白露@2-222:では《口ぐせ》から目標値6ですね。いきます
白露@2-222:2d6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 6[3,3] → 6 → 成功

大井@2-77:素晴らしい。
提督@2-55:バッチリ。
青葉@2-224:ぴったり
白露@2-222:セーフ…
大鳳@2-225:Good!
名取@2-221:ぐっじょぶ1
提督@2-55:では白露さんはそのモヤっぽいものが、なんだか深海棲艦っぽいような気がしたっぽいです。
白露@2-222:「…?(じーっと目を凝らす) でもなんかこれ、ただのおばけじゃないかも」
大井@2-77:「どういうこと?」
名取@2-221:「え?そ、そうなんですか?」
大鳳@2-225:「詳しく聞かせて」
青葉@2-224:「え、何か分かりましたか?」
白露@2-222:「もしかして、敵さんなんじゃないかなーって、ちょっと思ったんだ。」
大井@2-77:「敵さんって、電たん人形のこと?」
大鳳@2-225:「なわけないでしょ。深海よ
白露@2-222:「それは大井っち持ってなかった」
大井@2-77:「あはははは…。」
名取@2-221:「深海棲艦・・・言われてみればそんな風に見えるような・・・?」
大井@2-77:「提督さんが言うには、『だんだん砦自体錆びれ始めてな…いや元々錆びれてはいたがここまで酷くはなかった』ってことだった。」
大井@2-77:「…錆?」
白露@2-222:「でも深海棲艦って呪ったりするのかな?」
青葉@2-224:「ふむふむ、鎮守府に潜む謎の影。その正体は深海棲艦・・・いえ、陸にいるのだから、新種でしょうか?」
大鳳@2-225:「もしかして、ここ深海棲艦の真上だったりするのかしら」
大井@2-77:「青葉さん曰く『ナニカが通り過ぎた』。…鎮守府の電探に引っかからなかった?その狙いは何?錆との関連性は?」
青葉@2-224:また、さらさらとメモを取りつつ 「わー良いですねぇ。大井さん、その文章記事にしてもいいですか?」
大鳳@2-225:「新種の深海棲艦・・・・」
名取@2-221:「・・・分からないですけど、これは重要な手がかりになるかもしれないです」
大井@2-77:「青葉さんの手柄だもの、どうぞぉー。」
大井@2-77:「…監視カメラでもつけてみるかしら?鎮守府の外壁全体を見渡せるように、十数箇所。」
名取@2-221:「青葉さん、これを提督さんに伝えてみたほうが良いんじゃないでしょうか・・・?」
大井@2-77:「さらに上にも、ね。」
青葉@2-224:「ありがとうございまーす。では、近日中に記事にしておきますね」
青葉@2-224:「うん? 提督に伝えるのは構いませんけど・・・ それって旗艦の名取さんのお役目ではないですか?」
青葉@2-224:「青葉は取材と記事作りに忙しいので、面倒な作業はお願いします。旗艦殿!」
名取@2-221:「えっ、は、はい!」
大鳳@2-225:「名取、一応私もついていくわ」
白露@2-222:「ちょっと心配だから、あたしもついていってもいいかな」
名取@2-221:という訳で提督に写真のことを伝えにいきますです
大井@2-77:「…名取さんに任せる。」
提督@2-55:では提督室に。
提督@2-55:カクシカで伝わったことでもいいですが。
名取@2-221:提督さんの部屋に「し、失礼します!」で入って
大井@2-77:魔法の言葉。
大鳳@2-225:「(かくかくしがじか)ということがあったので報告します」名取に言わせるよう小声で
提督@2-55:「ん、名取かなんだ」と佐世保アンソロジー4を机に置きつつ
名取@2-221:「え、えっと・・・!(大鳳から言われたかくかくしかじか)・・・と、ということがあったので報告しに参りましたっ」
提督@2-55:「…ふぅむ、俺にはただのモヤにしか見えんが…手がかりがない以上頼るしかないな」
白露@2-222:「もし本当に深海棲艦だったとしたら、大変だよー」
名取@2-221:「わ、私もそう思います」
提督@2-55:「そうだな、姿は掴めんからどう対応していいかは分からんが警戒はする必要があるか」
大鳳@2-225:「一度上層部と掛け合って捜索隊?を編成してもらった方がよいかと」
提督@2-55:「やるだけやってみるとしよう、よくやったな」
提督@2-55:——後日、捜索隊が組まれたものの、その後の手がかりは掴めなかったようです。
名取@2-221:うぬぬ
白露@2-222:あらら
大鳳@2-225:ステルスタイプ?
提督@2-55:さてどうでしょう!

電たんの呪いから解き放たれる編集

提督@2-55:交流成功で青葉さんへ全員感情値+1
提督@2-55:そして発見*2と補給・開発が行えます
提督@2-55:そして休憩タイムですっ再開は20時~になりますが集まり次第開始の形になります。それまでに開発や発見など進めちゃっても良いですし、休憩しててもおっけーです。

大鳳@2-225:もう適応しました
青葉@2-224:はーい
大鳳@2-225:発見、索敵を
名取@2-221:青葉さんに「ジャーナリスト魂が実を結びましたね!」+1
白露@2-222:「面白い人」で+1
大井@2-77:かしこまりましたー。
大鳳@2-225:んじゃ、発見行きます!
大井@2-77:今度こそー。
名取@2-221:了解です
大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を-6(1d6->6)した
大鳳@2-225:ファ!?
青葉@2-224:oh
提督@2-55:あっ(察し
大井@2-77:Shit!
名取@2-221:アッー!
提督@2-55:やはり運一桁
白露@2-222:ああ・・・
提督@2-55:とはいえ発見もう1回可能ですよ、戻ってきた時が楽しみです。
大井@2-77:電たん「ナノデス、ナノデス、ユルサナイノデス、シズンダテキモ…」
大鳳@2-225:ここは、羊羹使って回復するか
大井@2-77:はい…。
大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を+3(1d6->3)した
大井@2-77:……。
大鳳@2-225:うぅぅん・・・・・
大鳳@2-225:ボーキ2もらっていい?
名取@2-221:ほいー
名取@2-221:7→5
名取@2-221:ん、ちょい町
大鳳@2-225:ボーキ2からボーキ1、燃料2に変更で
名取@2-221:了解です
名取@2-221:ボーキ7→6
名取@2-221:燃料12→10
名取@2-221:おk
大鳳@2-225:んで、二回目の発見逝きます!
名取@2-221:!
大井@2-77:こんどこそッ!
大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を-1(1d6->1)した
名取@2-221:っっしゃあああああ!
大井@2-77:きったああああああ!!
大鳳@2-225:大 勝 利 !
青葉@2-224:三度目の正直!
名取@2-221:ばんざーい!
大井@2-77:やっと、やっと電たんの呪いから解放される…!!
名取@2-221:NKT・・・
大井@2-77:開発、開発をする。
名取@2-221:まちまち
大井@2-77:・
白露@2-222:大鳳ちゃんおめでとう!
名取@2-221:めでてぇ!
名取@2-221:白露ちゃんは発見どうします?
大鳳@2-225:「私だって幸運の女神は微笑むのです!
白露@2-222:では、発見してみます。対象は《砲撃》
白露@2-222:白露@2-222の行動力を-1(1d6->1)した
青葉@2-224:安定している
白露@2-222:いっちばーん!
名取@2-221:いっちばーん!
名取@2-221:他の人の手助けをする意味で「面倒見」を発見します
名取@2-221:名取@2-221の行動力を-3(1d6->3)(行動力:11->8)した
青葉@2-224:長所。良いですね
名取@2-221:やった!
大井@2-77:おめでとうございます。
大鳳@2-225:やったぁ!
白露@2-222:ラッキー!

プラズマの正体は…?編集

提督@2-55:点呼開始!
大井@2-77:準備完了!(1/5)
青葉@2-224:準備完了!(2/5)
大鳳@2-225:準備完了!(3/5)
白露@2-222:準備完了!(4/5)
名取@2-221:準備完了!(5/5)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:はい。
大井@2-77:お疲れ様です。
提督@2-55:では、直前の交流シーンの補給などの処理からですね。
大井@2-77:あったなー。
大鳳@2-225:もう既に補給済み のはず
提督@2-55:大鳳→索敵○ 白露→砲撃○ 他には何か。
名取@2-221:面倒見取りました
大鳳@2-225:開発は今回パスだっけ?
名取@2-221:○でした
大井@2-77:ちなみに、任務シーンでの補給や開発はイベント効果の判定の前に行えますよね?
提督@2-55:行えますよ。
大井@2-77:回答ありがとうございます。なら、途中戦闘がない限り開発を今強行する理由は無いでしょう。
大井@2-77:(途中戦闘がない限り)
名取@2-221:補給も皆大丈夫っぽい?
大鳳@2-225:大丈夫だ、問題ない
白露@2-222:おk
大井@2-77:つまり最後にチャンスがあるということ!
青葉@2-224:大井さんと私がちと危ないが、なーに、問題ないさ(多分)
大鳳@2-225:イベント引かないから大丈夫でしょ(慢心)
提督@2-55:ふむ、では続いてシーン4、プレイヤーは…?
大井@2-77:資源カツカツで全回復できない。戦争って辛いものです。
大井@2-77:旗艦?
大鳳@2-225:旗艦だね
名取@2-221:ほいー
名取@2-221:カードオープンぷん
どどんとふ:名取@2-221がカードを開きました。
青葉@2-224:ん?
どどんとふ:名取@2-221がカードを公開しました。「恐怖「エクトぷらずま」」
名取@2-221:ひぃ!
提督@2-55:被り-1と。
白露@2-222:かぶったー
青葉@2-224:電たん再び?
大鳳@2-225:ヒィ
提督@2-55:では内容どうぞ。
大井@2-77:…このキーワード書いた人すごくないですか?
名取@2-221:ETFT 手震

KanColle : 恐怖イベント表(7) → 謎の予言:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《楽観的/性格8》で判定。(建造弐p139)

大井@2-77:このキーワードこそ謎の予言ですよ…!
提督@2-55:突然謎の老婆とかこの時点で怖すぎですが…。
名取@2-221:もうやだよぅ・・・!
白露@2-222:なとりんがんばれ
青葉@2-224:見事に名取に恐怖イベントが当たったねぇ
大鳳@2-225:一頭身のような婆さん「おぬしにはエフェクトぷらずまが見える!」
名取@2-221:声:ねるねるねるねの人
大鳳@2-225:エンヤ婆あたりもいいんじゃない?
青葉@2-224:霧が出てくるのか
大鳳@2-225:霧・・・・ん?アルp
白露@2-222:カーニバルダヨ!
名取@2-221:じゃああれか、鎮守府内を深海棲艦居ないか調べてたら急に霧が出て
大井@2-77:やっぱりホラーじゃないですか。
名取@2-221:そこに突然某エンヤなお婆さんみたいな人が!
名取@2-221:的な?
大井@2-77:良いと思います。
大鳳@2-225:だね
青葉@2-224:ではそんな感じでいきましょう
提督@2-55:そうですね、鎮守府内を探索していると急に霧が濃くなってきました・・・。
名取@2-221:(深海棲艦の手がかり、どこかに落ちてないかな・・・ってあれ?)
名取@2-221:(霧?え、でもなんで鎮守府内に霧が・・・)
青葉@2-224:「おおっとぉ、何だか視界が悪くなってきたようです」
白露@2-222:「何も見えないよ~!」
大鳳@2-225:(無言でクロスボウを構える)
大井@2-77:「なーんか、春にこんなことなかった…?」
提督@2-55:気づくと周りが開けて鎮守府ではないような場所にいると錯覚しそうな。
名取@2-221:「こ、ここどこですか~!?」
大鳳@2-225:「迂闊に動くとあぶないわ。慎重に進みましょう」
青葉@2-224:「うぅー何だかスクープの気配がビシバシします! じっとしてなんかいられません」
大井@2-77:「この天候では偵察機も索敵機も使えないし…。電探があればなぁ。」
提督@2-55:そんな中、前方に人影が・・・。
名取@2-221:「あ、青葉さん危ないですよ・・・!」
白露@2-222:「いっちばん先に行きたいなぁ」
名取@2-221:「あ、あれ、あそこに誰か・・・?」
青葉@2-224:「おや? 鎮守府内の捜索は分担作業のはずなので、この辺りにいるのは私達だけのはずですよ?」
名取@2-221:「え゛っ」
白露@2-222:「まさか深海棲艦だったり?いや、そんなことは・・・」
青葉@2-224:「つまり、あれはスクープのタネだと言う事です。 早速インタビューしましょう!」
大井@2-77:「…あなたは人間ですか?ヒトモドキですか?」と大きな声で聞いてみましょう。
名取@2-221:「みみみ皆さん、こ、こここういうときこそおちついて」
大井@2-77:「金剛さんみたいに、ティーセットでも持ってくればよかったわ。」
白露@2-222:「なとりんが一番落ち着いてない!」
提督@2-55:「・・・・・・霧に・・・気をつけな・・・」質問に対して答えず、突如こう答えます…見た目はフードを深く被り顔が全く見えないようですな。
大鳳@2-225:「霧とはいったい何を指すのでしょう?」
名取@2-221:「霧・・・?こ、これのことですか?」キョロキョロ
大井@2-77:「その声、つまり人間ね。それから霧と…」 と名取に続いて答えてから、
青葉@2-224:「怪現象の重要な証言者あらわる! 良いですねー」 さらさらとメモを取る
提督@2-55:「・・・ありゃあ人を惑わせる・・・もの・・・そう・・・」名取を指さし
大井@2-77:「鉄が錆たり?」と言います。
提督@2-55:「お主の後ろにいるような」
名取@2-221:「わ、私の・・・う、うしろ・・・?」
青葉@2-224:バッと名取の背後にカメラを向ける
大鳳@2-225:「名取の後ろ?」名取の後ろを見る
大井@2-77:前を向いたままです。
名取@2-221:ゆっくり、恐る恐る振り返ります
白露@2-222:「えっ?」
提督@2-55:では、ここで判定しましょう。
提督@2-55:提督からは《不思議》を提示します。
青葉@2-224:面倒見から+2ですねー
大井@2-77:ほむ。良いと思います。
名取@2-221:面倒見から+2、被り+1で目標値8か
大鳳@2-225:行ける逝ける
名取@2-221:・・・行ってみる!
青葉@2-224:どうぞー
名取@2-221:2d6>=8 (怖いものがありませんように・・・!)
KanColle : (2D6>=8) → 9[3,6] → 9 → 成功

白露@2-222:おおー
名取@2-221:やった
大井@2-77:おみーごとー。
提督@2-55:では、振り返った名取は、青葉の写真で見たことがあるモヤのようなものが過ぎ去るのを見ました。
青葉@2-224:パシャパシャパシャッ と連写して撮影
名取@2-221:「!!!」
大井@2-77:↑ナーイス判断、青葉さーん。
名取@2-221:「あ、あの黒いモヤは青葉さんの写真に写ってた!」
大鳳@2-225:「爆戦でっ追いかける!!」
白露@2-222:「あれ?何もいないよ…」
提督@2-55:と、同時に大井さんは謎の人物が居ない事に気づきますが、前の前で見てたのに消えたことに気づかなかったようです。
白露@2-222:「えっ、あの黒いやつがいたの?」
大井@2-77:「…なるほどね。」 りょーかいです。
提督@2-55:ますが、目の前で見てたのに~
名取@2-221:「あの黒いモヤが惑わせるってつまりは・・・!(前を向いて)あ、あれ?」
名取@2-221:「ど、何処に行ったんでしょうさっきの方は・・・」
提督@2-55:いつのまにか辺りの霧は晴れて、元のみ知った鎮守府のようです…。
大井@2-77:「プラズマの仕業よ、つまり。」
名取@2-221:「プ・・・プラズマ・・・」
大井@2-77:「正直、あの人形と比べればただのまやかしとわかっている分怖くないわ~。」
青葉@2-224:「うーん、証言者を逃してしまいましたか。 仕方ありません。二兎を追うものは一兎をも得ずでず」
大鳳@2-225:「ダメだわ・・・・・黒いのも逃がしてしまったわ・・・」
名取@2-221:(脳内に浮かぶバチバチーっとした緑色の電光球)
大井@2-77:「よくわからないものはとりあえずエクトぷらずまで解釈する!これで正気を保てるわ。」
白露@2-222:「もしかして、さっきの霧はあたしたちの気のせい?」
大井@2-77:「白露さん、たぶん正解だと思う。」
青葉@2-224:「集団幻覚ですかぁ? 自分の目で見たものを信用しないのは、ジャーナリスト魂に反しますねー」
名取@2-221:「どういうことだったんだろう・・・でも」
大鳳@2-225:「筋トレのしすぎで疲れが溜まったのかしら」
名取@2-221:「でも、さっきの人は怪しいかもしれないけど、やっぱりあの黒いモヤは何か重要な手がかりだと思うんです」
大井@2-77:「我らが優秀なジャーナリストさんが、またもやてがかりを持ち帰ったようよ。さすがね。」
白露@2-222:「あの人は、一体なんだったんだろうね。」
名取@2-221:「ありがとうございます、青葉さん」
大鳳@2-225:「今は黒い何かを判明するのが先決だわ」
青葉@2-224:「いえいえー でも、ボイスレコーダーを置いてきていたのは、失敗でした」
名取@2-221:「・・・!そ、そうですね」
青葉@2-224:「やはり、いつでもフル装備でないといけませんねー。油断ですー」
名取@2-221:「だ、大丈夫ですよ青葉さん!・・・さっそくで申し訳ないですけど写真の現像をお願いできますか・・・?」
青葉@2-224:「デジカメですから、すぐに出せますよ。お任せください」
白露@2-222:ドキドキしながら写真が出てくるのを待っている
青葉@2-224:ぴゅーっ、と足がのの字に見えるコミカルな動きで走っていき、自室の高解像度プリンターで写真を印刷して持って帰ってきます
名取@2-221:「えっ!お、お帰りなさい」
名取@2-221:(速さにびっくり)
青葉@2-224:「足が命ですから!」 どや顔
白露@2-222:「早くみせてみせてー!」
提督@2-55:写真を見ると、やはりモヤがかかって見えずらいですが何とか判別できますが・・・戦艦タ級のように見えます。
大鳳@2-225:「戦艦・・・タ級かしら?」
大井@2-77:「ぷらずまのしわざよ。そっちは。」
名取@2-221:「戦艦タ級が、なんでこんなところに・・・」
大井@2-77:「かなりオカルトチックな解釈で申し訳ないんだけど、私としては『霧』に注目すべきだと思った。」
大井@2-77:「たぶんこの人形のせいかしら、そんな気分なのよ。」
青葉@2-224:「こんな大型艦に至近まで接近されて気づかないなんて、名取さんニブいんですねー」 注:こいつは索敵×
大井@2-77:「まず、あの老婆は口調からして人間よ。よって信頼できる。」
大井@2-77:「すると、彼女の発言は以下のとおり。」
名取@2-221:「す、すいません・・・」(しゅん)
白露@2-222:「でも、戦艦が一瞬で消えるほど早く動けたかな?」
大井@2-77:『霧に気をつけな』
『あれは人を惑わせるもの、そう、』
『お主の後ろにいるような』

大井@2-77:「霧に惑わされて、いもしないタ級さんに怯えるのは趣味じゃないわー。」
大鳳@2-225:「惑わせる・・・・ということはこの戦艦タ級はブラフ?」
名取@2-221:「げ、幻影的な意味での惑わせるでしょうか・・・?写真にもちゃんと映らないですし・・・」
大井@2-77:「『霧』なら、鎮守府が急激に錆びるなんて現象を起こすのにもピッタリだと思うのよ。」
白露@2-222:「なーんだ、やっぱり気のせいなんだね!でも、何でタ級のシルエットなんだろうね。」
大鳳@2-225:「それはあれじゃないかしら?人のトラウマを映すなんとかっていうやつじゃない?」
名取@2-221:「霧・・・霧って元は水ですよね?錆はそのせいで・・・?」
青葉@2-224:「うーん? そんなオカルトな話なんでしょうか? 霧で錆びるというくだりは分かりますけど」
大井@2-77:「オカルトだから、詳しいことはよくわかんないけどね。とにかく、提督さんに報告してくれると嬉しいな。」
名取@2-221:[]
白露@2-222:「トラウマが、写真に映るのかな?」
大鳳@2-225:「はぁ、無茶苦茶な報告書になりそうね」
名取@2-221:「そ、そうですね!提督さんに伝えに行きましょう!」
大井@2-77:「『念写』ってやつかしらー?とにかくぷらずまの仕業よ!」
名取@2-221:「ありのままの事を伝えるのも、大事だと思うんです」
名取@2-221:というわけで
名取@2-221:提督さんにありのまま起こったっことを話すぜ!という風にしたいんですが
名取@2-221:良いでしょうか
大鳳@2-225:かくかくしがじかまるまるうまうま
提督@2-55:ふむ、であれば一旦シーンを一区切りします。
大井@2-77:はーい。
青葉@2-224:発見したい人とかはいないかな?
名取@2-221:ほい
提督@2-55:名取さんはダメージを肩代わり(1回限り)を取得
名取@2-221:わーい・・・(肩代わりのモノのアイコンがこわい)
大鳳@2-225:《丁寧》発見したいかな
提督@2-55:後は発見をご自由に。
大鳳@2-225:では、《丁寧》発見します
名取@2-221:あ
大鳳@2-225:?
名取@2-221:行動力大丈夫?
名取@2-221:5しかないけど・・・
青葉@2-224:大鳳さんの行動力だと、3分の1の確率で行動不能ですね
大井@2-77:………。
大井@2-77:ここまで追い詰められるとは…。
大鳳@2-225:やめておこう
青葉@2-224:ついでに、行動力減少時に0だと発見失敗するので
名取@2-221:行動不能になったら個性発見は
名取@2-221:確かそうでしたよね>青葉さん
青葉@2-224:長所になる確率は三分の一ですねー
大鳳@2-225:うーん・・・・やめておくかぁ
名取@2-221:その方が良いかもしれません
名取@2-221:私と白露ちゃんと大井さんが発見問題なく出来る・・・かな?
大井@2-77:私は状況を鑑みるに不要です。
白露@2-222:今しとくべきなのかな?
青葉@2-224:白露さんは自分のシーンがあるからそっちでも良い
名取@2-221:あー、ですね
大井@2-77:右クリ→データ参照先URLを開く を 御覧ください。わりとカバー範囲が広いのです。
大井@2-77:名取さんは発見必要かもしれない…。
名取@2-221:ほむ
白露@2-222:これにおしゃべりが入ったら綺麗な形に
大井@2-77:イエース!
名取@2-221:うーむ、入浴とるかな?
名取@2-221:行っちゃおう
名取@2-221:名取@2-221の行動力を-3(1d6->3)(行動力:8->5)した
大井@2-77:よーしよしよし
白露@2-222:いいね!
大鳳@2-225:やったぁ!
名取@2-221:お風呂好きに
青葉@2-224:いいね
白露@2-222:お色気担当になりつつある
大鳳@2-225:初めからジャン?
大井@2-77:あとは《○スタイル》ですね。
名取@2-221:そんなことは・・・そうだったわ
青葉@2-224:揺れまくりですからねー
名取@2-221:《○スタイル》に《×派手》消して《○優しい》つければ完成である
名取@2-221:たゆんたゆん
白露@2-222:ダイナミックなとりん
大井@2-77:ああ、関西弁の生霊が妬ましそうに!
名取@2-221:さ、先に進めよう・・・
大鳳@2-225:Rjはいない、いいね?
大井@2-77:はい。
青葉@2-224:あっはい
名取@2-221:アッハイ
提督@2-55:こんな所ですかね。
大井@2-77:はーい。

ラムネ輸送任務編集

大鳳@2-225:ラストいこう!
白露@2-222:いっちばーん最後になった白露です!
白露@2-222:カードオープンするよ!
青葉@2-224:どうぞ!
提督@2-55:では最後ですなどうぞ。
どどんとふ:白露@2-222がカードを公開しました。「遠征
「ラムネ(市販のもの)」」

大井@2-77:ほむ。
大井@2-77:資源欲しいです。
白露@2-222:遠征。
大井@2-77:本当に出るとは…。
名取@2-221:遠征だやっほい!
白露@2-222:EVENT
KanColle : 遠征イベント表(6) → タンカー護衛任務:《丁寧/性格9》で判定。(着任p224)

提督@2-55:ふぅむ。
名取@2-221:タンカーだ!
白露@2-222:燃料!
大鳳@2-225:タンカーか
名取@2-221:潜水艦に気をつけなきゃ・・・(恐怖)
白露@2-222:ラムネを飲みながら護衛がんばるよ!
大鳳@2-225:「対空は任せて」
大鳳@2-225:ラムネ(市販)
大井@2-77:?
名取@2-221:タンカー船の船長さんがくれたのだろうか
名取@2-221:ラムネ
大井@2-77:良いと思います。
白露@2-222:はたまた大鳳ちゃんか。
大鳳@2-225:それはない(確信)
提督@2-55:ラムネを飲みながら護衛、護衛するもの自体をラムネでも。
提督@2-55:タンカー(ラムネ)
名取@2-221:どんなタンカーや
白露@2-222:ま、まあ無難なのは前者でしょうw
白露@2-222:が、だ。あえて後者にしてみるのもカオスでいいかも知れません。
名取@2-221:だ、だよぬ
名取@2-221:!?
大鳳@2-225:飲みながらタンカー護衛のほうがかんたんじゃね?

提督@2-55:そうですね、この鎮守府近辺の海域には海の代わりにラムネでできた海域があるんですよ。
大鳳@2-225:えっ
青葉@2-224:えっ
白露@2-222:えっ
提督@2-55:えっ
名取@2-221:えっ
大鳳@2-225:スクリューべっとべとになるやん
大井@2-77:「あれが噂に聞く『ラムネ海域』…生物兵器の実験で生まれた謎のバクテリアが繁殖したという…。」
大鳳@2-225:「セ、生物兵器!?」
名取@2-221:「よ、世の中って広いんですねぇ・・・」
提督@2-55:ラムネが無限に沸く幻の海域です、そこのラムネは自然に出来たもので高く値がつくので輸出物としても人気だそうです。
大井@2-77:「バチルス・ラムネス。海中に糖分と二酸化炭素を生成し、ラムネを作るという謎のバクテリアよ。」
白露@2-222:「知っているのか大井っち!」
名取@2-221:「そ、そうなんですか・・・?」(困惑)
白露@2-222:「じゃあこの前大鳳にもらったラムネも…?」
青葉@2-224:「聞いたことがありますよー。 でも、何か怖い噂も聞いたことがありますけどねぇ・・・」
大鳳@2-225:「スクリューがべっとべとになって歩きづらいわ」
名取@2-221:「ええっ」
大井@2-77:「どっかの宗教家が『蓬莱の甘露』だなんて呼び名を付けてから、中国大陸に生成量分が輸出されるようになった。」
大井@2-77:「それを護衛するのが今回の任務というわけね。人類はどうなってしまったのかしら。」
白露@2-222:「へぇー。大井っちったら物知りだね!」
大鳳@2-225:「もう何が何だかわからないわ」
名取@2-221:「私もです・・・」
白露@2-222:「しっかし、あたしタンカーにはあまりいい思い出がないんだよな・・・」
大井@2-77:「私も何が何だか。この手の人形が電波を飛ばしてきたの。」
白露@2-222:「あたしも何が何だか」
名取@2-221:「と、とにかくしっかり護衛しないと・・・白露ちゃん、気分が重くなったら言ってくださいね」
大井@2-77:「…あら?このラムネ、瓶に汲んでみたんだけど、何かしら、入っているような…。」
白露@2-222:「う、ううん大丈夫。しっかり護衛しきってみせるからね!」
大鳳@2-225:「まさかぁwそんなわけが・・・・」
青葉@2-224:「まぁ、気をつけていきましょうー」
名取@2-221:「そ、そうですよそんなまさかそんな」
青葉@2-224:「あー、普通のラムネにはない成分が検出されるらしいですよ?」
名取@2-221:「え゛っ」
青葉@2-224:「人体には、害はないそうですぅ」 
名取@2-221:「そ、それは良かった・・・んでしょうか・・・」
提督@2-55:果たしてこのラムネみたいなのを無事届けられたか・・・。
大鳳@2-225:「人体と言っても私たち人間なのかしら・・・・・・」
名取@2-221:「みたいなの」
青葉@2-224:「噂だと、艦娘が飲むとタービンの冷却水内でバクテリアが繁殖してラムネ化し、焦げ付いて再起不能になるとかいうデマがあるそうです。笑っちゃいますねー」
白露@2-222:「・・・え゛っ?」
名取@2-221:「は、ははは・・・」(凍りついた笑い
大井@2-77:「ははははは…。あ、私は遠慮しておきます。」
大鳳@2-225:「焦げ付く・・・・・ガス漏れ・・・・ガス爆発・・・・うぅっ!頭が・・・・・」
白露@2-222:「あ、うん。デマだよねー!青葉ったら面白い事言うんだから!」
青葉@2-224:「皆さん怖がり過ぎですよー? ただの噂ですから、う・わ・さ」
白露@2-222:でもタンカー護衛しながらなので内心不安を感じています
名取@2-221:「デ、デスヨネ」
白露@2-222:「ふっふーん!この白露に怖いものなんてないよ!」
提督@2-55:じゃあそうですね、怖いもの無しに《大胆》を提示しましょう。
白露@2-222:《突撃》も合いそうである
大井@2-77:《丁寧》にぶつからないように航行するとかでしょうか。
提督@2-55:いいでしょう《大胆》《突撃》《丁寧》の中からお好きなのを。
白露@2-222:《大胆》に!《自由奔放》を発見して判定いきましょう
白露@2-222:まずは発見しますね
提督@2-55:どうぞどうぞ。
白露@2-222:白露@2-222の行動力を-1(1d6->1)した
大井@2-77:素晴らしい!
白露@2-222:いっちばーん!
大鳳@2-225:ウホッ
名取@2-221:いっちばーん!
大鳳@2-225:いっちばーん!
提督@2-55:ひえっ。
青葉@2-224:いっちばーん
白露@2-222:では《自由奔放》で代用して目標値6でいくよ!
白露@2-222:2d6>=6 「この白露にまっかせてー!」
KanColle : (2D6>=6) → 6[3,3] → 6 → 成功

大井@2-77:ナイスナイスー。
提督@2-55:お見事ピッタリ。
青葉@2-224:いいね
大鳳@2-225:いなずなの呪いはさったか
名取@2-221:悪は滅びた
大井@2-77:「勝ったの…?あの、あの呪いに…?」
提督@2-55:ラムネ護衛任務は成功です。
大鳳@2-225:「ふぅ・・・・嫌なこと続きで参ってしまうわ」
名取@2-221:「よ、良かったぁ・・・なにも起こらなくて・・・」
白露@2-222:「そうだねー・・・何事もなくてよかったぁ。」
大井@2-77:「白露さんのおかげで、特に問題もなく護衛できたわね。」
青葉@2-224:「うーん、スクープはありませんでしたか。 まぁ、護衛任務であっても困りますが」
白露@2-222:「もっちろん!あたしが一番に決まってるじゃない!」
大鳳@2-225:「えらいえらい」頭をなでる
大井@2-77:「白露さんは一番だわ、本当。」
白露@2-222:「えへへ。」
青葉@2-224:「・・・ふむ、こういう写真もたまには良いでしょう」 パシャり、と白露の笑顔を一枚
白露@2-222:「いい感じに撮ってね!」
名取@2-221:艦隊に久し振りにいい雰囲気が来たのでニコニコしてます
青葉@2-224:「お任せください。3・2・1 ハイ、後霊」 ぱしゃり
大鳳@2-225:「それ洒落にならないわ!」
名取@2-221:「ひぃ」
白露@2-222:「あはは、冗談はやめてよー!」
大井@2-77:「どれ?」 後ろを振り返ります。
大井@2-77:「………。」 手を振ります。
名取@2-221:「大井さんやめてくださいよぉ!?」涙目
大井@2-77:手を振った先には、荷降ろしした港のポーターたちが手を振り返しているのが見えます。
名取@2-221:「あっ、ご、ごめんなさい大井さん・・・」
青葉@2-224:「うんうん、皆さん良い表情でしたよ。後で焼き増ししてお渡ししますね」
大鳳@2-225:「・・・・・タウイタウイのみんな、元気かな・・・・」
大井@2-77:「さ、別れの挨拶をしましょう?」 と名取に。
白露@2-222:ポーターたちに笑顔で手を振る
名取@2-221:「そ、そうですね・・・あっ、あの・・・ありがとうございました!」手を振りつつ
大鳳@2-225:万弁の笑みで手を振る
青葉@2-224:「さよーなら皆さーん! 良いネタがあったら青葉にご連絡をー!」
提督@2-55:白露達が向き直り帰路につくとそこの人達は・・・・・・
提督@2-55:ってな所で成功報酬です燃料2d6個どうぞ。
名取@2-221:えっ
白露@2-222:えっ
大井@2-77:えっ
大鳳@2-225:うーん・・・・
青葉@2-224:何それこわい
白露@2-222:一体何が…とりあえず振りますね
白露@2-222:2d6
KanColle : (2D6) → 12[6,6] → 12

名取@2-221:!!!
白露@2-222:!!!???
大鳳@2-225:ふぁ!?
大井@2-77:神 降 臨
提督@2-55:いっちばーん。
大井@2-77:もう白露が一番で良いんじゃないかな。
大鳳@2-225:ウソダー
提督@2-55:12個増やしてください。
名取@2-221:アーアーアーアー(例の勝利BGM
青葉@2-224:さすが白露だ
名取@2-221:oke
名取@2-221:10→22
白露@2-222:もっちろん!あたしが一番に決まってるじゃない!ねぇ!
大井@2-77:「白露さん、ありがとう、ありがとう!この任務の成功で、収支が合うわ!」 と涙ながらに。
提督@2-55:発見はあります?
大井@2-77:Non
青葉@2-224:だいじょぶです
大鳳@2-225:発見はない 補給させてください
大井@2-77:次、任務です。
提督@2-55:遠征なのでできません。
大鳳@2-225:あ、ほきゅうねぇあわ
白露@2-222:「上手くいったのは、みんながいたからだよ~」
名取@2-221:「!そうですね・・・!艦隊の皆さんが頑張ったから、ですよね!」

EX任務シーン、やるやらない?編集

提督@2-55:何も無ければ任務:緊急空輸を再度行うか、行う場合はシーンプレイヤーを決めてください。
名取@2-221:どうするかなー
大井@2-77:やる(確信) 誰が振りましょう?
大井@2-77:補給しないと死にます。
名取@2-221:質問、被りあります?
提督@2-55:もちろん。
大井@2-77:ですよねぇ。
名取@2-221:決戦前に一応補給フェイズはあるけど・・・
大井@2-77:起案:シーン突入と同時に開発と補給で燃料とボーキを食い尽くし、残念ペナルティを無効化する
大井@2-77:というのはどうでしょう。
青葉@2-224:青葉的には他の人が振ってくれるほうが嬉しいので任せよう
青葉@2-224:荒業ですねw 良いんではないかと
大鳳@2-225:その方がよさそうですね
白露@2-222:なんというパワープレイ
大井@2-77:あとは、そうですね…。
名取@2-221:力こそパワー!みたいな
大鳳@2-225:変に欲を出してファンブルよりマシ
大井@2-77:提督さん、重大な質問があります。
提督@2-55:はい。
大井@2-77:任務リプレイする場合、キーワードの扱いってどうなりますか?
提督@2-55^^
                     ^^――同じですよの意
大井@2-77:^^
名取@2-221:えっ
大鳳@2-225:わざ・・・・・・ざわ・・・・・・・
名取@2-221:いやまさか
白露@2-222:キーワードは・・・うっ
名取@2-221:頭が割れるように痛い
大鳳@2-225:大鳳は 行動不能 に なった!
青葉@2-224:呪い「・・・来ちゃった///」
大井@2-77:…どうしよう、やらないセンが出てきました。
名取@2-221:・・・無理してやる必要はないんじゃないかな
名取@2-221:時間的に、トラウマ的に
大鳳@2-225:うんやめよう(名案)
大井@2-77:ですね。
名取@2-221:任務リプレイなんてなかった。良いね?
大井@2-77:はい。
白露@2-222:アッハイ
大鳳@2-225:ハイ
青葉@2-224:それもまた良し
提督@2-55:??「ざんねんなのデース」鎮守府に紛れ込んでいた何かが消えたようです
大井@2-77:何者!?
白露@2-222:!?
名取@2-221:足震
大鳳@2-225:一体何ぷらずまなんだ・・・・
大井@2-77:金剛ぷらずまじゃないですか?
青葉@2-224:「何故でしょう? スクープを今逃したような気が・・・」
大井@2-77:「何かしら、何か、とても、寒気が…。」
大鳳@2-225:「青葉?たまには休もう?いいね?」
白露@2-222:「気のせいだよきっと」
名取@2-221:「た、たまにはゆっくりしましょう、うん・・・」
名取@2-221:という訳でシーンおしまい

補給フェイズ編集

提督@2-55:では、決戦移行前に好き勝手フェイズ 発見(1回) 補給(1回) 開発(1回) 改装(何度でも) が可能です。
名取@2-221:ヒャッハー!
大井@2-77:ちょっと行動値を見てみましょう。
名取@2-221:これは酷い
大井@2-77:名取 9 大鳳 3 青葉 6 大井 4 白露 3 の補給が可能です。
提督@2-55:呪いによる振り直しが原因ですなあ。
白露@2-222:大きく減っているのは名取と青葉だね
大井@2-77:はい。それから索敵再発見のコストですね。
大鳳@2-225:本当に申し訳ない・・・・・
大井@2-77:合計25。現在の資材の合計は48。
名取@2-221:いえいえ、大丈夫ですよ
大井@2-77:白露さんマジ神。
名取@2-221:ありがたや
大鳳@2-225:私なら艦載機開発しないならボーキ3つ食べて終了
大井@2-77:私なら通常開発して適宜補給
白露@2-222:厄払いしてよかった
名取@2-221:発見は・・・いいか。補給だけしておこう
名取@2-221:ボーキ3減らすよー
名取@2-221:6→3
大鳳@2-225:シャキーン
名取@2-221:減らした
大井@2-77:よし。
名取@2-221:燃料9貰っていいかな
青葉@2-224:うーん・・・幸運を発見しておこうかな。補給はすると行動力がどうなるか分からないし、失敗覚悟でこのままいく
大鳳@2-225:発見はいいや 変に消費すると対空できなくなる
青葉@2-224:1d6 幸運
KanColle : (1D6) → 2

大井@2-77:あらま。
白露@2-222:おうふ
青葉@2-224:見事に弱点しか引いていない
大鳳@2-225:ここは消費を抑えて良しとしよう(震え声)
名取@2-221:レッツホ級?
大井@2-77:…やっときますか。備えあれば、憂いなし。
大鳳@2-225:Yes
名取@2-221:補給
青葉@2-224:ですねー
名取@2-221:じゃ先に燃料9頂きます
大井@2-77:どうぞー。
名取@2-221:22→13
名取@2-221:おk
大井@2-77:…ここで、やっときますか。
大井@2-77:電たんという謎の秘密兵器を手にした大井は、《秘密兵器》を発見します。
大井@2-77:大井@2-77の行動力を-5(1d6->5)した((行動力:10->5))
大井@2-77:ふう。
青葉@2-224:んー・・・固有1回使うと考えても、9まで回復していれば私は問題ない
名取@2-221:重いけどおk
青葉@2-224:なので、燃料5いただきたい
名取@2-221:燃料5ね
名取@2-221:13→8
名取@2-221:ほい
大井@2-77:それでは、すみませんが弾薬と鋼材をそれぞれ3つずつ頂きたいです。…これ、全快しなくても大丈夫でしょうか。
名取@2-221:11あれば、まぁそこそこ?
名取@2-221:どうだろう
大井@2-77:ありがとうございます。ええいままよ、これでGO!
大鳳@2-225:戦術的には全快する必要はない。が、振り直ししたいかどうかですかな?
青葉@2-224:振りなおし2回するなら13まではあった方が良いね
大井@2-77:…援護射撃も踏まえると、そうですね。
大井@2-77:追加注文、上記に加え燃料1、弾薬1で、燃料1 弾薬4 鋼材3 頂きます。
名取@2-221:おk
大井@2-77:うう、収支が…。
名取@2-221:燃料8→7 弾薬10→6 鋼材10→7
大鳳@2-225:だ、大丈夫だももも問題はない
名取@2-221:おk
白露@2-222:アビリティで1d6減らすから、私も回復した方がいいかな
大井@2-77:良いと思います。
大鳳@2-225:燃料、鋼材で1:2補給で全快しちゃいなよ
白露@2-222:とりあえずその前に、開発するならどのレシピ回すっぽい?
大井@2-77:ここで開発で欲しいのは、 偵察 名取の砲 艦載機(天山とか) などなど ほとんどすべての装備になります。
名取@2-221:普通・砲・新特殊?
提督@2-55:その3つが可能ですね。
大井@2-77:なお砲はしょっぱい模様
白露@2-222:ふむ。
名取@2-221:・・・普通かなぁ?
大鳳@2-225:艦載機も狙うなら普通
大井@2-77:大鳳さんに天山が乗ればかなり連撃です。
白露@2-222:いいですね天山!
大井@2-77:欲しいなー天山。
名取@2-221:普通か・・・ならALL3まで補給おkですよ皆さん
大鳳@2-225:艦載機であれば何でも欲しい
名取@2-221:ALL3残るまで
白露@2-222:通常レシピ?
大井@2-77:これ白露さんに振ってもらいたいです。
大鳳@2-225:通常でしょう 艦載機回せないし
大井@2-77:いちばん良い装備を頼む。
大鳳@2-225:変に失敗があるのも避けたいところ
白露@2-222:まず燃料1鋼材2使って行動値17まで回復しますね
白露@2-222:うっ・・・このプレッシャー・・・
名取@2-221:燃料7→6 鋼材7→5
白露@2-222:白露@2-222の行動力を+3した
名取@2-221:よし・・・それでは準備ができたらいこう
提督@2-55:開発本番ですかな。
白露@2-222:なにが出ても知らないよ、では
名取@2-221:資材減らす
名取@2-221:6/6/5/3→3/3/2/0
白露@2-222:DVTM そぉい!
KanColle : 開発表(一括)(1,6) → 装備1種表:魚雷(P252)

名取@2-221:!
大井@2-77:名取
青葉@2-224:名取さん行きかな
名取@2-221:魚雷だああああ!
大井@2-77:…偵察機どうしましょう。
提督@2-55:火力アップできますね。
白露@2-222:名取の装備きたー
白露@2-222:偵察機は青葉の機銃と交換?
提督@2-55:大鳳さんに機銃おろしてもらって渡すか、索敵☓の青葉さんに渡すかってとこですかねぇ。
青葉@2-224:機銃は大鳳さんに上げたので・・・
名取@2-221:索敵×ですが・・・
大鳳@2-225:(正直、対空いる?)
名取@2-221:どうだろう
大井@2-77:(タ級はああキャラは言いましたがメッセージです)
青葉@2-224:大鳳さん、ヴァクセンありますしねぇ
白露@2-222:あー索敵×・・・
大鳳@2-225:爆戦が超対空持ちで青葉も砲で対空できる
大鳳@2-225:Lv1程度が相手する深海の航空戦力はそこまで痛いものじゃない
つまりここは偵察で命中稼いだ方がよいかと

名取@2-221:ふむふむ
白露@2-222:あ、そもそも青葉機銃下ろしてた…
青葉@2-224:つまり、大鳳さんが機銃をおろして偵察機を積む。ですね
名取@2-221:威力偵察持ちだしね・・・
白露@2-222:偵察って一人で二回行えましたっけ・・・
名取@2-221:じゃあそうしましょう
大井@2-77:なるほどなー。
青葉@2-224:偵察自体は、装備能力の数だけ可能ですね
名取@2-221:うーむ、中口径は個性夜戦でいいだろうか
名取@2-221:問題はないか
提督@2-55:名取 偵察機→魚雷 大鳳 機銃→偵察機 青葉 なし→機銃  こんな所ですかね。
大鳳@2-225:それじゃ機銃おろして偵察機貰いますね
大井@2-77:良いと思います。
青葉@2-224:機銃・・・w まぁ、一応積んでおきますか
大鳳@2-225:あっと損はしないとは思うよ
白露@2-222:対空装備の多い青葉・・・まるでガッサみたいだ
大鳳@2-225:??「ヒューっ!」
名取@2-221:変更完了
白露@2-222:それはまぎれもなくヤツさ
大井@2-77:よーし?
大鳳@2-225:決戦?
白露@2-222:準備万端?
提督@2-55:ふむ。
青葉@2-224:対空支援も候補に入る対空装備の多さですよー
提督@2-55:では決戦フェイズへの移行。
提督@2-55:なんですが時間大丈夫ですか?
名取@2-221:皆補給もだいじょうぶやね?よし
大井@2-77:(寂しくなった鎮守府資材を眺めながら)
大井@2-77:時間:夏休み
大鳳@2-225:大丈夫だ、問題ない
青葉@2-224:大丈夫。
名取@2-221:大丈夫です

決戦フェイズ編集

いざ突入?ちょっと待って何かがおかしい…編集

提督@2-55:であれば決戦フェイズへ移行します。
提督@2-55:夜明けの那覇戦隊は提督に呼び出され、提督室に集まっています。
白露@2-222:「はいはーい!呼びましたかー?」
大鳳@2-225:「何でしょう?出撃ですか?」
提督@2-55:「うむ・・・君たちのお陰で今回のモヤ・・・おおよその尻尾をつかむ事ができた」
青葉@2-224:「何の御用ですかー?」
名取@2-221:「な、何でしょう提督・・・新しく分かった事がありましたか?」
名取@2-221:「!」
青葉@2-224:「お役に立てて、青葉嬉しいです!」
提督@2-55:「うちの秘書艦に恐らく元となる場所を調べさせたが…やはりそこにモヤがあったようだ」
白露@2-222:「ついにアレが何なのかわかるんだね!」
大井@2-77:「『モヤ』ですか。嫌な感じです。」
名取@2-221:「も、元となる場所・・・ですか」
提督@2-55:「ただな、戻ってきてからちょっと精神が不安定になっているようでな・・・まあ君たちなら大丈夫だとは思うが・・・」
大鳳@2-225:「モヤ・・・・その元・・・・・」
白露@2-222:「そこは?」
名取@2-221:「だ、大丈夫ですか秘書艦さんは?」
名取@2-221:そういや秘書艦と対面してないね
大井@2-77:「ガスマスクでもつけていくかしら?…余計悪化するかな。」
提督@2-55:そうですよ
白露@2-222:「そういえば秘書艦って誰だろ?」
青葉@2-224:「ほほぅ? その秘書艦さんに取材させていただきたいところですが・・・」
大鳳@2-225:「秘書艦さんいたんだ」
提督@2-55:「まあ、彼女は強いから大丈夫だろう、それで元の場所だが・・・ここだ」と鎮守府裏の海域を示します
白露@2-222:「一応訊くけど…霧は、出てましたか?」
大鳳@2-225:「近場ね・・・・・潜水艦がいるのかしら?」(1-5的に)
提督@2-55:「以前、強力な深海棲艦と戦いその大元を轟沈させることには成功したが、いくつか逃してしまってその残党・・・あるいは一部合流してるかもしれんがここにいる」
提督@2-55:霧に関しても、モヤと一緒に出てるようですね。
白露@2-222:ふむ
名取@2-221:「霧も一緒に・・・!」
青葉@2-224:「(おっと、秘書艦さんへのアプローチはタブーでしたかね?) ふむふむ、すると青葉たちはそれを叩けば良いんですね」
大井@2-77:「その霧とモヤって、いつから出ていたかわかりますか。」
大鳳@2-225:「秘書艦さんの仇は撃ちますか」
大井@2-77:「秘書艦さん…かわいそうに…。」
白露@2-222:「まだ生きてる生きてる!」
青葉@2-224:「霧が出ているということは、大鳳さんの艦載機の性能は十分生かせなさそうですね。艦隊の火力は足りるかしら」
大井@2-77:「それどころか、同士討ちの危険が大きいわ。」
白露@2-222:「確か霧に惑わされるな、って言われたよね・・・」
大鳳@2-225:「問題の本質は霧じゃない・・・・ってとこかしら?」
名取@2-221:「あの人が言ったことは正しかったんでしょうか・・・」
提督@2-55:「まあ、そうなるな。正直分がいい条件では無いとはいえ、ここを叩けばこの騒ぎも収まる『夜明けの那覇戦隊』頼んだぞ』
大井@2-77:「…現状の情報では、『行くな』『近づくな』『危険過ぎる』としか判断できないわね。せめて、秘書艦さんの話を聞きたいわ。」
白露@2-222:「……ううん。とりあえず行ってみないとわかんないよね」
大井@2-77:「『危険過ぎる』。」
大井@2-77:(この提督、信用できない。信頼に値しない。)
大井@2-77:「えーっとね、みんな。『危ない』と思ったら私は引き返すから、とにかく海域を出ることを優先しましょう。」
青葉@2-224:「うーん何だろう? 何か見落としてる気がしますねー?」
提督@2-55:「ん、あまり体調はよろしいとは言えんが・・・隣の部屋にいるから行ってみると良い」

会えなかった秘書艦その様子は?編集

大井@2-77:「感謝します。」 てなわけで、これもう少し情報あつめたいんですがいかがですか?それとも時間的にもう決戦しちゃいます?
名取@2-221:「大丈夫でしょうか、気悪くしないでしょうか・・・」
青葉@2-224:「おや、良いんですか? では遠慮なく失礼しますねー」 と言って隣の部屋へ
大鳳@2-225:「青葉ちょっと待って!私も行くわ」
白露@2-222:「あたしも会ってみたかったんだー」
名取@2-221:「あ、青葉さん待って下さい!お、落ち着いて聞かないと・・・」
大井@2-77:「秘書艦さん、どうもー、夜明けの那覇戦隊です。」
提督@2-55:秘書艦と会わなかった理由はタイミングが悪かったとかそんな感じで毎回すれ違っていた模様。
大井@2-77:なるほどなー。
名取@2-221:なるなる
青葉@2-224:提督の部屋を出て扉を閉めたところで、扉の隅に超小型のボイスレコーダーを設置していきます
提督@2-55:(メタ発言をするとPLから会うという行為がなかったからでしょう)
名取@2-221:(なるなる)
大井@2-77:(納得です。これはやっておく必要のあるイベントだったということ。)
名取@2-221:隣の部屋の戸にノックして「は、入って大丈夫でしょうか・・・?」と聞いてみるよ
名取@2-221:もう青葉や皆入っちゃってたけど
提督@2-55:榛名「あら、提督・・・・・・・では、なくどちら様でしょう?」秘書室には備え付けられたベッドに榛名がいます
名取@2-221:「あ、あのっ、ご挨拶が遅れてしまって申し訳ありません!」ぺこり
白露@2-222:「あなたが秘書艦さん?」
大井@2-77:「お初にお目にかかります、大井と申します。よろしくお願いしますね。」
青葉@2-224:「どもー、お初にお目にかかります青葉ですー 少し前に着任させていただきました。よろしくお願いします」
名取@2-221:「わ、私達はしばらく前にこの鎮守府に着任した『夜明けの那覇戦隊』です・・・」
白露@2-222:「初めまして、白露型駆逐艦一番艦の白露です。一番艦です!」
大鳳@2-225:「失礼します、私は最近着任した夜明けの那覇戦隊所属の大鳳です」
名取@2-221:「わ、私は旗艦の名取といいます・・・体調を崩されてる中失礼してしまって申し訳ありません!」もう一度ペコリ
青葉@2-224:「早速で申し訳ないんですが、インタビュー、させてもらえますか?」 と、榛名が調査したことについて聞こう
提督@2-55:榛名「そうあなた達が、提督のおっしゃっていた・・・」
名取@2-221:「そ、そうです・・・あ、青葉さん!いきなりだと失礼だと思います・・・」
提督@2-55:榛名「いえ、提督が聞いて良いと、おっしゃっていたのであれば構いません」
大鳳@2-225:「ここは青葉に一通りは任せましょう」名取に耳打ちします
青葉@2-224:「情報は鮮度が命。後で聞くという選択肢はありませんよー」
大井@2-77:(青葉さん、すごく手馴れてるわ。見習いたい、やり手だ。)
名取@2-221:小声で「あ、はい・・・大丈夫でしょうか・・・もし気分を悪くされたら・・・」と大鳳さんに
白露@2-222:「そうそう、今がいっちばん!」
青葉@2-224:「では、まず榛名さんが調査されたという場所なのですが・・・ えーっと・・・”どこの海域でしたかね?”」
大鳳@2-225:「彼女はジャーナリストよ。私たちが変にやるよりはうまくいくと思うわ。」内緒話
大井@2-77:「すごい、あれが、本物の、プロフェッショナル。」内緒話
提督@2-55:榛名「ここの鎮守府の裏側ですね、たしか・・・霧が立ち込めるような所でした」
名取@2-221:「わ、わかりました・・・」内緒話
青葉@2-224:「ふむふむ。 他にはどんなものがありましたか?」
白露@2-222:「ここまでは聞いた話と同じだね…」
青葉@2-224:手帳にメモを取りつつ、榛名の表情、特に目を注意深く観察します
提督@2-55:ではさらに榛名に話を聞くと、提督が言ってた事に加えて、編成として戦艦タ級、戦艦ル級、戦艦ル級、重巡リ級elite、重巡リ級、重巡リ級がいた、しかし交戦に入る前に戻ってきたと何かと提督の話を交えながら、青葉に伝えたようです。
大井@2-77:(それを確認したの、青葉さんは。あんなマネ、あれほどの注意力。卓越している。)内緒話
大鳳@2-225:「(やはり、情報収集は彼女が一番ね)」内緒話
青葉@2-224:「ふむふむ・・・ ということは全く交戦はしていないわけですか」
大井@2-77:「『タ級』、ね…。」
名取@2-221:「ほえー・・・」小声
白露@2-222:「タ級…そういえば…」
提督@2-55:榛名「そうなりますね、何故戻ってきたのかは榛名にもよく分かりませんが・・・ふと提督の事で不安になりまして・・・」
名取@2-221:(青葉さん、凄いなぁ・・・作家さんの影響って大きいんだ・・・)
青葉@2-224:「不安にですか。 例えばそれはどのように?」
提督@2-55:ではここで青葉さんだけ判定行為取れます。《面倒見》《衛生》を提示します。
青葉@2-224:ぐっ・・・不思議×から+2か
大井@2-77:声援5本。
青葉@2-224:だが必要だね。やろう
青葉@2-224:act
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

青葉@2-224:グワー!
大井@2-77:ちぃッ!
白露@2-222:にゃーん!
青葉@2-224:2d6-2-1>=5
KanColle : (2D6-2-1>=5) → 6[1,5]-2-1 → 3 → 失敗

提督@2-55:うーん足りませんね。
大鳳@2-225:んじゃ私の声援切ってプラスにしよう
青葉@2-224:声援でごりおしますか
大井@2-77:お願いします。
大鳳@2-225:「それは・・・・不安が頭の中を駆け巡るような感覚でしょうか?」
提督@2-55:榛名「よく分かりません、ただただ提督の事が心配で・・・」
提督@2-55:青葉さんは榛名に暴走:溺愛がかかってることが分かります。
大井@2-77:ヒュ~ッ!
青葉@2-224:つまり、霧の中では暴走判定を受けるということか・・・
提督@2-55:とはいえ言ってることは全て真実ですね。
提督@2-55:少なくても榛名の中では真実です。
白露@2-222:ふむ・・・
大井@2-77:暴走判定、失敗すると強制送還、でしょうか。
名取@2-221:あわわわわ
大井@2-77:ブラフや。
大鳳@2-225:何かの条件が霧にあってそれがかみ合うと暴走判定か
青葉@2-224:「(目線の方向を見ても、適当な嘘は言っていないようですねー) 成程。他に気になったことはありますかー?」
提督@2-55:榛名「うーん・・・そうですね、後は特にこれといっては・・・」
大鳳@2-225:「(霧の構成している物質に不安をあおる(暴走判定)成分を含んでいるのか)」
青葉@2-224:「では、もう一つ。 ここの提督は何だか、とてもこの事件にお詳しいというか、色々と確信を持って動かれているようですけど・・・」
白露@2-222:「うーん。そういえば、この鎮守府を錆びさせているのは結局何なんだろう。やっぱりこの霧が関係あるのかなぁ」
提督@2-55:榛名「・・・・・・?」
名取@2-221:霧のことは榛名は知らないっぽい?
白露@2-222:「・・・あれっ?」
青葉@2-224:その表情を見て、何も知らないようだと判断します 「ふむ、結構です」
大井@2-77:白露さんに乗っかりましょう。『錆』について。榛名の艤装に錆が浮いていないか観察します。
提督@2-55:錆はないです、至って普通の艤装です。
提督@2-55:榛名「錆ですか・・・?それは元々ですが・・・」
大井@2-77:鎮守府のアレは別件でしょうか。
白露@2-222:「・・・・・・。」
大鳳@2-225:「(鎮守府の錆の原因は他にありそうね)」
大井@2-77:「『霧』の中で、深海棲艦に会って、急に提督の下に帰りたくなって。そのときに、どんな音がした?何か匂いはしなかった?深海棲艦は、どっちを見てた?」
大井@2-77:「ただただ、あったことを鮮明に映画を見るように、思い出してみて、ゆっくりと、ゆっくりと…。」
名取@2-221:(お、大井さんが心理カウンセラーみたいになってる・・・)
提督@2-55:孤島に潮風、そして大きな砦で手が回らない。 錆る要素はてんこ盛りですね。
大井@2-77:(オカルト方面と言ったぁ)
大井@2-77:…まさかの錆ミスリード。
大井@2-77:やられたぁ

ホームズ白露実力は!?編集

白露@2-222:「・・・ねぇ。」
白露@2-222:「あたし、ちょっと考えてみたんだけど・・・」
大鳳@2-225:錆るが、果たして軍事基地に錆があってよいものだろうか?
青葉@2-224:「(おや、青葉とは違うアプローチですねー。ここはお任せしましょう)」
大井@2-77:防錆塗装、どうなってるんでしょうね。
白露@2-222:「錆びついたのは、『鎮守府じゃない』んじゃないかな」
名取@2-221:錆がひどくなったんだっけ
名取@2-221:ここ最近急に・・・
大井@2-77:「……どういうこと?何かとても大切なことを言っているような」
青葉@2-224:「ふむふむ、どうぞ続けてください」
白露@2-222:「なんかこう、精神が錆びつかされてるんじゃないか。って」
大鳳@2-225:!!??
大井@2-77:………。
白露@2-222:「ふと思ったの。気のせいかな…」
大井@2-77:「『鎮守府の裏』。ねえ、これ近すぎない?」
青葉@2-224:「まぁ、確かにこの距離に潜伏していて、一度も攻め込んできていないなんて妙な話ですね」
大鳳@2-225:「ちょっと待って、鎮守府の裏にいて一度も襲撃しないのは明らかに挙動がおかしいわ」
名取@2-221:「そ、そういえば・・・」
大井@2-77:「『実は先日うちの艦隊の一つに深海棲艦の調査をさせ、交戦し主力は轟沈させる事ができたんだが…他を逃してな』 襲ってきたなんてヒトコトも言ってないわね。」
大鳳@2-225:「敵の背後に陣取り、そこそこの戦力があるにもかかわらず攻めない。何か裏に作っているのでは?」
名取@2-221:「来たといえばあの戦艦タ級・・・ような深海棲艦だけですよね」
大井@2-77:「あれこそ、『精神が錆びつく』現象よ!集団幻覚だなんて、冗談じゃないわ。」
青葉@2-224:「正直に言って、榛名さんの持ち帰った情報が正しいなら、艦砲射撃だけでこの鎮守府なんて壊滅ですよ?」
白露@2-222:「じゃあ・・・あの黒いやつは。」
名取@2-221:「で、でもあのタ級は撃ったりしてきてない・・・き、気付かれず私の後ろに現れても何もしてきませんでした!」
大鳳@2-225:「私たちを・・・・観察している?」
白露@2-222:「あれは写真に映るから、精神のせいじゃないのかな…」
白露@2-222:「ん?写真?」
大井@2-77:「写真に写っていたのは…みんな…『黒い影』でしょう…?」
白露@2-222:「青葉って、写真撮るときにフラッシュ焚いてるよね。」
青葉@2-224:「? ええまぁ、特にこの鎮守府は薄暗いですから、フラッシュなしで撮影なんてとてもとても」
白露@2-222:「強い光があるときにだけ、姿が見えるのかな…?」
白露@2-222:「名取が振り向くのと、青葉が写真を撮るの、どっちが先だったっけ。」
名取@2-221:「え、えっと・・・」
青葉@2-224:「殆ど同時だったかと記憶していますね」
名取@2-221:「確かそうだったかと・・・」
大井@2-77:「実体があって、それを見たから写真を撮った、と私たちは思い込んでた。でも実際は、『写真を撮ったから』実体が現れた…?」
白露@2-222:「そっかー・・・」
青葉@2-224:「推測で語るのは趣味じゃないんですけどねー・・・つまり、相手は実体がない。実体がないから攻撃もしてこない・・・というか出来ない」
青葉@2-224:「霧の状態では、精神を錆び付かせる(・・・うーんオカルトですねー) エフェクトを発揮する。 そのどちらも、青葉が写真に収めれば無効化できる。ですか」
大井@2-77:「そして攻撃意思を見せていない。本当に攻撃してきたのは深海棲艦のほうで、それはこの頃確認されていない。」
大井@2-77:「自然発生的な神経ガス?」
大井@2-77:「ガスマスクつけて対BC防護服着て行ったら、防げるのかな?」
青葉@2-224:「正直、ラムネ海域のソーダで頭がパーになったと言われた方がまだ信じられますよ」
大鳳@2-225:「榛名さん、ここに衛兵は過去いたかしら?」
青葉@2-224:くるくるとペンを回しつつ 「対処療法になりますが、予備のカメラでも人数分持ってきますかねぇ・・・」
提督@2-55:榛名「いたりいなかったり…確か今はいなかったはずですが…」
大鳳@2-225:「いたりいなかったり?そこのところ詳しく聞かせていただけないかしら?」
提督@2-55:榛名「深海棲艦に対して警戒中は居ましたが、そうでもない時は脅威はそこまでありませんので居ません…という形ですね」
大井@2-77:「そして今は、いるのかしら?」
提督@2-55:榛名「今は、居ませんね」
大井@2-77:「私たちを呼ぶような事件が起きているのに?」
青葉@2-224:「ふむふむ・・・(良い感じですよー大井さん)」
大鳳@2-225:「鎮守府の裏に陣取られているようであるのにもかかわらず、衛兵がいない・・・・・」
白露@2-222:「青葉がつついても、なーんにも反応なかったよね」
名取@2-221:「喋りかけても無反応でしたし・・・」
白露@2-222:「・・・つついた時、何か感触あった?」
大井@2-77:「ちょっと待って!?じゃあ、誰が鉄の扉を開けたってのよ!?」
大鳳@2-225:衛兵のデータは見れますか?人間なのかそれとも機械なのか
提督@2-55:砦においていた場合としてのデータでよろしいのですか?
大鳳@2-225:通常配備されている衛兵で
提督@2-55:普段(榛名が言う警戒中)に置いてるのは人です。
青葉@2-224:「あった、と思うのですが、こうなってくると怪しいですねー」
青葉@2-224:「うーん、そうですねー・・・ 一つ。大井さんの説も検証してみますか」 カメラを取り出して、榛名に向けて構えます
提督@2-55:それで別なものが写るかって所ですかね?
青葉@2-224:そうですね。榛名のこれも霧が原因で起きている現象なら、カメラで取れば何か分かるかな、と
青葉@2-224:「一枚いただきますね?」 返事は聞かずに撮ります
提督@2-55:判定不要です。カメラには榛名が写っており特に何も無いです。この状態は暴走:溺愛によって起きてる現象です。
大井@2-77:提督さん。ちなみに、PCに暴走状態は起きていますか?
提督@2-55:起きてませんね、正常の判断が可能です。
大井@2-77:<提督さん ありがとうございます。
青葉@2-224:「ふむ、背後にモヤでも写るかと思いましたが、うまくいきませんね」
名取@2-221:「そうですか・・・何処に居るんでしょうね・・・」キョロキョロ
名取@2-221:窓覗いたらふらっと現れたりしないかねぇ
白露@2-222:「ところでさぁ」
白露@2-222:「こないだ輸送した電探、運んだのになんで今大井っちが持ってるのかな?」
大井@2-77:「たくさん運んでいたでしょう?オマケにミニチュアをもらったの。」
提督@2-55:窓覗いても、居ませんな。
名取@2-221:「うーん・・・」
大井@2-77:①PCの頭は正常である
②写真に影が写っており、それは榛名に向けて撮っても映らなかった=実体がある
③ということは、写真に写った影は実在し、犯人である

名取@2-221:なとりんには謎は難しすぎるようです。
大井@2-77:「…ということから考えると、写真に写った影こそが今回の敵であり、そして。」
大井@2-77:「私たち」
白露@2-222:「そうなんだ。あの電探、あたしも欲しかったなー。」
大井@2-77:「私たち5人が集まっているときには攻撃を仕掛けられないと判断する程度に、判断力があるが、弱体である。」
大井@2-77:「といえる。そうでなければ私たちは今頃あの世にランデブーよ。」
白露@2-222:ちょっとひっかかるところがあったのか、頭を巡らせる。
大井@2-77:おお、お願いします。
白露@2-222:「・・・・・・。」
大鳳@2-225:「弱体であるが故、観察程度に抑える?」
大井@2-77:「代わりに、神経攻撃を仕掛けてきたわね。ガスでも撒いたのかしら。」
白露@2-222:「提督さんって。ちょっと変わった調査をして欲しいと言ってたけど、詳しいことは教えてもらったっけ?」
白露@2-222:「あたし、覚えてないんだけどー・・・」
大鳳@2-225:「ガスを撒くなら背中を刺したほうが手っ取り早い気が・・・・」
大井@2-77:「…いいえ?私は『後で詳しい情報を教えて欲しい』と言ったけれど。」
名取@2-221:「でも背中刺されませんでした、私・・・」
大井@2-77:14:54:大井@2-77:「これまで行われた調査の内容を後ほど具体的に教えていただけますと助かります。防錆塗装の状態とか。」
提督@2-55:(それもPL側の動きがなかったからって所ですな)
大井@2-77:(動いたやん!はっきりと!!)
大鳳@2-225:(これうごいてるんじゃ・・・・・・)
大井@2-77:あーと、無関係ということで、ぶっちゃけありがとうございます。
提督@2-55:14:55:提督@2-55:「ああ、いいぞ今度教えよう、先ずはゆっくり休んでくれ」
大井@2-77:なるほど。時間の関係じゃなかったんですね。
大井@2-77:提督犯人説で収斂していってます…。
大鳳@2-225:「そもそも、おおよその場所は解っているのに私たちそこに派遣されたかしら」
大井@2-77:「続いて、秘書艦を1人で送り込んでいるわね。」
大鳳@2-225:「そんな危険であろう場所に秘書艦一人送り込むだろうか?」
大井@2-77:「暴走状態になった結果が『溺愛』…?」
名取@2-221:「た、確かに・・・危険すぎます!」
青葉@2-224:「仮に単騎送り込むならば、足の早い駆逐艦娘が妥当でしょうね」
大井@2-77:「もう、めんどうになってきたわ。今言えることは1つ。」
名取@2-221:「それでも、す、凄く危ない任務だと思うんです・・・」
大井@2-77:「榛名さんの調査から時間はそれほど経っておらず、鎮守府裏海域に仮想的「奴」がいる可能性はある。」
大井@2-77:「対BC装備と、それから抗鬱薬でも飲んだら、ガスマスクつけてカメラとボイスレコーダー持って突っ込んでみるとか。」
大井@2-77:「もちろん、『危険』と思ったらすぐ退却。」
大井@2-77:「…とりあえず、1つの仮説を潰すことにはなると思うわ。」
白露@2-222:「駆逐艦なら、あたしにお任せだよねー!」青葉に同調しながら腕を上げながらびしっと
名取@2-221:「白露ちゃんあぶないよぉ!」
白露@2-222:「ふっふーん、一番軽いのが一番先ってのがスジってもんでしょ!」

提督は味方?それとも敵?編集

提督@2-55:「おーい、だいぶ時間たってるが大丈夫かー」と提督が扉を開けてきます
大井@2-77:「というわけで提督、対BC装備ください。」
提督@2-55:「は?お前は何を言ってるんだ…」
大井@2-77:「榛名さんの様子を見て、それ以外の答えがあるならむしろ聞きたいですわ。」
名取@2-221:「お、大井さん、ちょっといきなり過ぎすぎませんか・・・?」
大井@2-77:「ガスマスクと、体を覆うビニールの鎧。戦闘でブリーチができたら困りますけど、現在榛名さんが置かれている症状は防げるかなーって。」
大鳳@2-225:「というより提督、調査の報告は貰ってないのですが」
白露@2-222:「あたしも気になってたんだよ!」
提督@2-55:「調査結果?ああ、そういえば忘れてったな、あの時の段階ならこうだな」
提督@2-55:深海棲艦を数隻逃した為、その調査を行う。しかし逃した深海棲艦は情報不足なのかどうも見つからない。今回夜明けの那覇戦隊に一先ず任せるのはその調査別アプローチから何かないか(非平常シーン2回成功)。
大井@2-77:じつにどうでもいい
大鳳@2-225:「今回榛名さんを単独先行した理由はなんでしょう?」
白露@2-222:うーむ。
青葉@2-224:「(ふーむ、勝手を知るものを担当から外した。と捉えられなくもないですが、流石に勘繰りがすぎますねー)」
提督@2-55:「俺が一番信用している艦だ、今までもこれから先も。故に今回も信じたって所だな。」
大井@2-77:「ロクでもないわね。」
白露@2-222:「一番信用しているなら、そんな危険なことはさせないでくださいよ」
名取@2-221:「そ、それでも危険すぎますよ・・・!」
提督@2-55:「うぐっ…それを言われるとすまんとしか言えん」
大井@2-77:(高圧的な態度を取る者ほど中身は臆病で小心なことが多い。彼の場合はどうなのかしら、ね。)
名取@2-221:「げんに榛名さんも体調崩されてるんですよ・・・!?」
白露@2-222:「榛名さんがかわいそうだよ!」
青葉@2-224:「司令官、深海棲艦が至近にいるのに衛兵を置かない理由について伺ってもよろしいでしょうかー?」
提督@2-55:「逃した深海棲艦は駆逐艦…それもイ級クラスだったからな、今は榛名の報告を受けておいているぞ」
大井@2-77:「その駆逐艦、写真等は残っていませんか。」
大鳳@2-225:「消えた衛兵・・・・配備されていない・・・・通常配備は人間・・・・・反応なし・・・・・」
提督@2-55:「ああ、あるぞ」手元に持ってた資料から写真を見せます。重巡リ級、軽母ヌ級が轟沈してる中、駆逐艦クラスのよくある姿が写ってます
大井@2-77:あったーーー!?
大鳳@2-225:深海棲艦の発見場所と消えた衛兵がいた門は近いですか?
大井@2-77:ナイス質問!
提督@2-55:人間距離なら近くはないですが艦娘や深海棲艦ならさほどでもないでしょう。
白露@2-222:「イ級かぁ。榛名さんから聞いた通りだったら、この鎮守府、あぶないよねぇー」
大鳳@2-225:「あの衛兵、深海棲艦の変装かなぁ・・・・・」
青葉@2-224:すると風呂の傍、鎮守府の内側でそれぞれ発見した場所も同様か
大井@2-77:「自由に侵入されちゃってるのか。深海棲艦にそんな知恵あるのかな?…ヒトモドキとすればあるか。」
大鳳@2-225:「知恵がないならすでにもう目に見える行動を起こしているはず。それがないということは秘密裏に行動できる知恵がある」
大井@2-77:写真にあるすべての深海棲艦について、その特徴、装備をよく観察し通常種との違いを探します。
青葉@2-224:「ふーむ・・・ちなみに司令官、深海棲艦に好かれていたりしませんよね?」 ペンの先をぺろりと舌で舐める
大井@2-77:「大鳳さんが言うとおり。で、イ級クラスとするなら…『背後からブスリ』すらできない戦力ということになるわね。」
大井@2-77:「ということは、知恵あるものが最初に覚える判断、『逃走』を選んだとしても不思議はない。」
提督@2-55:「好かれてるかは知らんが、深海棲艦は倒すべき敵だそれ以上でもそれ以下でもないな」
白露@2-222:「それで、どこに逃げていったんだろうね。本当に鎮守府の裏なのかなあ?」
大井@2-77:「鎮守府の裏の海域は霧が出ているから偵察機では探せない。隠れ蓑にはぴったりだけど、そこからうかつには出られない。」
大井@2-77:「それ以外の近隣の海域は、偵察機をばら撒けば塗りつぶせるわ。」
提督@2-55:んー違いを探すのであれば《電子戦》《幸運》この辺りからどうぞ。
白露@2-222:幸運かー。ちょっと口ぐせが近いので試してみますね
青葉@2-224:「ふーん・・・・ま、良いでしょう。大して期待していたわけではありませんし」 と、開きかけていたメモ帳を閉じます
白露@2-222:《口ぐせ》で代用して目標値は6です。
名取@2-221:なんかわかるかな
白露@2-222:2d6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 4[1,3] → 4 → 失敗

白露@2-222:あっ
大井@2-77:まあまあまあ。
大鳳@2-225:アクシデントふる?
提督@2-55:うーん普通の駆逐艦ですな。
大井@2-77:アクシデント:青葉が《幸運》持ち。
青葉@2-224:振るなら、まだしも余裕のある私かな?
大井@2-77:《大鳳》さんの場合は感情値ブーストも期待できますね。
提督@2-55:振り直しも可ですし感情値載せるのも可です。
提督@2-55:actも振りますね。
大井@2-77:あ。ちなみに私7目標で振れます。
大鳳@2-225:(アクシデントで感情チェックは要らなければ
名取@2-221:振り直しは戦闘前にきついなー
青葉@2-224:2点以上あると、マイナスの可能性が高めっすね。3振ったなら完全プラスですが
大井@2-77:2d6>=7 《幸運》 《秘密兵器》 で代用 距離2
KanColle : (2D6>=7) → 9[4,5] → 9 → 成功

大井@2-77:はい。
名取@2-221:おめ!
大鳳@2-225:さすがだぜおおいっち!
大井@2-77:《秘密兵器》取ってたの忘れてました。
提督@2-55:ほう、秘密兵器ですか
名取@2-221:重雷装艦(予定)!
提督@2-55:では追加情報もあります。
名取@2-221:!?
大井@2-77:わお!
白露@2-222:おお!
青葉@2-224:成程w
大鳳@2-225:!?
名取@2-221:やっと突破口だー
提督@2-55:では大井さんは逃げてる駆逐艦の1隻がブレてるのが分かります、その姿から推察すると輸送ワ級eliteですね。
大井@2-77:じつにどうでもいい。
大井@2-77:「最近のワ級eliteは、迷彩を積んでるのね。」
大井@2-77:「ワ級eliteなら、ガスをバラまくくらいできるでしょう。」
大井@2-77:「みんな、見てみて。この自称駆逐艦、光学迷彩みたいなの積んでるわ。」
大井@2-77:「深海棲艦脅威のテクノロジー。後で上に報告ね…。」
大井@2-77:と。
大鳳@2-225:「ガスを撒く利点・・・・・・」
青葉@2-224:「おや、これは駆逐艦に艤装しているようですねー つまり、相手は姿を弄れる。ということですか」
白露@2-222:「迷彩・・・じゃああれって・・・」
大鳳@2-225:「精神汚染?かな
大井@2-77:「そしてこのワ級eliteの隠れ蓑は霧の海域であり、そこに推定ガスを撒いて姿をくらましている。」
大井@2-77:「霧の海域以外の部分は、偵察機でスウィープすれば、あんなバカでかい的を見逃すことはないと思うわ。」
大井@2-77:「ゆえに私の提案は当初と変りなく。・・・装備を積むだけ積んで殴りこみしましょう。」
大鳳@2-225:「この霧がガスの正体であり、迷彩の機能も持つ?」
大井@2-77:「神経を蝕み榛名さんをこんな状態にした兵器。本命ガス、対抗電磁波、大穴魔法パワー。」
名取@2-221:「タ級も本当は違った姿だったってことでしょうか?」
白露@2-222:「そのワ級が黒幕ってことでいいのかな。よーし、白露もはりきっちゃうぞ!」
大井@2-77:「タ級の正体は恐らくワ級eliteかな?サイズ的に。」
大鳳@2-225:「と、なると。ほかの艦もブラフである可能性もあるわね」
白露@2-222:「あたしたちをこんなに惑わせてくれちゃってぇー。このお礼はたっぷりさせてもらうんだからね!」
大鳳@2-225:やべぇ・・・・・・決戦入るまでに3時間ぐらい使ってる・・・・・・
大井@2-77:「実は敵は2種類いて、青葉さんの動体視力をもってしても『黒い影が瞬時に通りすぎる』としか見えない小さい奴もいるみたいだけど・・・」
大井@2-77:「艦載機とかじゃないかしら。」
青葉@2-224:「あのタイミングで艦載機ですかー ・・・風呂でものぞいていたんでしょうかね?」
大井@2-77:「そうなんじゃない?音がするし。」
大井@2-77:「霧の中で『向こうだけが』こちらの場所を知ることができるというのも妙な話だし、音や匂いで判断しているのかもしれないわ。」
白露@2-222:「深海棲艦って、すっごいんだねー・・・」
大井@2-77:「可能であれば鹵獲して、上に報告を上げる案件ね・・・。とんだ大仕事よ。」
名取@2-221:「た、たしかに艦載機が変身してたのだったら陸上でも普通にいた事に説明は着きますね!」
大井@2-77:「あの自称衛兵は、うーん、誰だったんだろう?ワeliteかしら?大きさ的に。」
大鳳@2-225:「ワ級が二体?」
青葉@2-224:「(大井さんは実にゴシップ誌向きの人材ですねー。後でスカウトしようかしら) まぁ、それはそれとして、やることは決まったわけです」
大井@2-77:「衛兵に化けて鎮守府に侵入しようとして、鉄の扉を開けるレバーを倒したところで私たちに発見され。慌ててやり過ごして、すごすご逃げ帰ったってところだと思う。」
提督@2-55:「・・・ふぅむ、艦の偽装ができるなら、人の偽装もできるって所か」
大井@2-77:「世界がひっくり返る発見ですわ。」
大鳳@2-225:「はぁ・・・・疑心暗鬼で大戦争が起きそうね・・・・・」
青葉@2-224:「起きていないと決まったわけではないですがねー」
白露@2-222:「思ったより、賢いのかも」
大井@2-77:「上位の深海棲艦ならあれだけヒトに近い姿を取れるのだから、その白すぎる肌を隠せばできないこともないかもね。」
大井@2-77:「しかもあいつらしゃべるし。」
提督@2-55:「なら…大井が言ってた通り対BC装備は人数分出せるぞ、深海棲艦相手にどこまで通じるかは分からんが・・」
白露@2-222:「でも、なんでわざわざこんな周りくどいことを・・・・・・」
大井@2-77:「助かります。念のための策は打っていかないと・・・。」
大井@2-77:「うーん、狙いはなんなんだろうね?」
大鳳@2-225:「人間同士の内乱を起こさせ、それに乗じる・・・・・とか?」
白露@2-222:「・・・提督。敵の主力はたしか、あらかた撃沈されたって言ってたよね?」
提督@2-55:「自身が強いなら乗り込むだけで壊滅できる、だが自身が弱いなら掠め手を使うことになるだろう、俺もその状況なら似たような事をするな」
青葉@2-224:「鎮守府内で昼ドラでも起こそうとしたんじゃないですかねー そう考えると、案外、青葉にネタを提供してくれる良い子達かも知れません」
白露@2-222:「助けがくるまでの、時間稼ぎをしてる・・・?」
大鳳@2-225:「昼ドラで済むなら安いものだわ
大井@2-77:「他の深海棲艦に命令はできないのかな?『新種』?『別種』?チンパンジーとゴリラの関係?」
大鳳@2-225:「むしろ、進化している?」
大井@2-77:「ヒトに向かって?ゾッとしないわねー…。」
提督@2-55:「かもしれんな…あらかた轟沈したとはいえ取り逃しがある故にまた攻めてくるだろうとは思ってたが…こういう手を使うとは想像してなかったな」
大鳳@2-225:「艦種が大きくになるにつれ人間のような形になっているから、あながち間違いじゃなさそうね」
青葉@2-224:「嘘をつく生き物ほど、人間に近いという言葉もありますしね。案外、良い線かも知れません」
白露@2-222:「ところん謎だらけだねぇー・・・」
大鳳@2-225:「わからないことだらけでもやることは変わらないわ」
名取@2-221:「だ、だまりっぱなしの私が言うのも変ですけども」
大井@2-77:「ワイヤーチェーンに録音機にカメラ。準備万端♪」
大鳳@2-225:「クロスボウ、艦載機、いつでも」
名取@2-221:「行ってみて、自分の目で分からないことも、あると思うんです!」
名取@2-221:間違えた
名取@2-221:「行ってみて、自分の目で見ないと分からないことも、あると思うんです!」
白露@2-222:「そうそう!とりあえず行ってみようやってみよう!」
青葉@2-224:「その意見には賛成ですねー ジャーナリストたるもの、現場に足を運んでこそです」
白露@2-222:「前に行かなきゃね!」びしっ
提督@2-55:「・・・すまないが、頼んだぞ!」
名取@2-221:「・・・!」
名取@2-221:「ま、任せて下さい!」
白露@2-222:「ふっふーん!あたしたちに任せといて!ね、なとりん!」
名取@2-221:「『夜明けの那覇戦隊』・・・出撃いたします!」
大井@2-77:「さあ、いっくわよー!」
名取@2-221:「は、はい!行きましょう、皆さん!」
白露@2-222:「おー!」
青葉@2-224:「了解です。青葉、出撃しまーす」
提督@2-55:では夜明けの那覇戦隊は以下の補正を得ます。
提督@2-55:対BC装備:暴走判定に+2の修正。
大鳳@2-225:「大鳳、出撃します!」
白露@2-222:「白露型1番艦白露、出ます!」
名取@2-221:「夜明けの那覇戦隊の皆さん、しゅ、出撃です!」
名取@2-221:ガシャコン
青葉@2-224:シャッター音w
白露@2-222:シャッター・・・うっ、頭の中に何かが

いざ戦闘へ…編集

提督@2-55:では夜明けの那覇戦隊は作成領域に近づきます。
提督@2-55:すると霧が段々立ち込めてきます・・・。
名取@2-221:シャッター音良いよね・・・
名取@2-221:「き、霧が立ち込めてきました・・・み、皆さん気をつけて下さい!」
青葉@2-224:「事前情報によりますと、相手の索敵装備はかなり充実しているみたい。先手を取るのは厳しそうです。覚悟していきましょう」
白露@2-222:「一番槍は任せて!」
提督@2-55:さらに進んでいくと提督榛名らの報告通りの敵艦隊がいます。
大井@2-77:「耳を澄ませて、ソナーに気を配って…。」
白露@2-222:「うう、怖いものなしのあたしでも、あんなのを見たら流石に・・・・・・」
大井@2-77:「ソナー音が、しない!ル級やタ級はもっとうるさいのよ!」
名取@2-221:(・・・!!!)ゾワッ
提督@2-55:艦隊と遭遇した途端に悪寒が駆け巡る!
提督@2-55:全員暴走判定振ってください。
提督@2-55:目標値は5+感情値の最大値ですね。
大井@2-77:2d6+2>=7 化学防護服による補正+2 最大感情値2
KanColle : (2D6+2>=7) → 6[1,5]+2 → 8 → 成功

青葉@2-224:カメラのフラッシュを焚いて敵艦隊を一斉に照らしてみる 「正体、見せてもらいましょうか?」
大鳳@2-225:最高値2だから5+2で7か
白露@2-222:目標値が5+最大感情値で、防具補正で判定+2でしたね
提督@2-55:yes
大鳳@2-225:(2d6+2)>=7 諦めないっ!
青葉@2-224:私は猫で-1入りますねー
名取@2-221:えっと・・・まてよ・・・
大鳳@2-225:あら?
名取@2-221:カッコ入ってます
大鳳@2-225:oh
提督@2-55:名取さんの場合は目標値6になりますね。他は全員目標7です。
大鳳@2-225:2d6+2>=7 諦めないっ!
KanColle : (2D6+2>=7) → 3[1,2]+2 → 5 → 失敗

白露@2-222:2d6+2>=7 最大値2、防護服補正+2
KanColle : (2D6+2>=7) → 8[2,6]+2 → 10 → 成功

名取@2-221:大井っちと白露も7?感情表みるかぎりは
青葉@2-224:大鳳さんには感情値を飛ばして成功にしておきましょう
大井@2-77:(判定済です)
名取@2-221:あー、与えた側か
大鳳@2-225:感謝感激
青葉@2-224:艦隊戦前に振りなおしは辛い
大井@2-77:反映。
白露@2-222:「ーーううん!だからって及び腰になる白露じゃあないよっ!」
名取@2-221:2d6+2>=6 (ま、まけたりなんか・・・!)
KanColle : (2D6+2>=6) → 6[2,4]+2 → 8 → 成功

青葉@2-224:2d6+2-1>=7 「ね、ネコが邪魔です・・・」
KanColle : (2D6+2-1>=7) → 11[5,6]+2-1 → 12 → 成功

大井@2-77:惜しい。
名取@2-221:(負けたりなんか、しません!)
白露@2-222:たっかーい!
提督@2-55:うん全員成功で跳ね返します。

艦隊戦編集

ここでサブ行動の提示 【見破る】艦隊戦中《秘密兵器》《不思議》《おしゃれ》で判定 成功すると偽装を見破る

提督@2-55:深海棲艦は驚きつつも向き直ります。
提督@2-55:あ、行動する際は対象を決めてください。
青葉@2-224:サブ行動だけど、今振れるのかな?
名取@2-221:ほいほい。見破る・・・シルフスコープみたいなもんか
提督@2-55:で、振れるのはプロットからですね。
青葉@2-224:了解です。そしてサブということは、最低1体は次のラウンドに持ち越しか
名取@2-221:多分見破るに関する詳しい説明を提督がしてくれるはず
提督@2-55:では艦隊戦入ります。プロット前にサブ行動の説明です。
大井@2-77:大変申し訳無い。
名取@2-221:気にするな!(チャーケン魔王様感
大鳳@2-225:夜も深いししょうがない
提督@2-55:見破る サブ 艦隊戦中、敵一人を対象とする 《不思議》《おしゃれ》《秘密兵器》で判定にすると敵の偽装を見破る事ができる。
名取@2-221:入浴取っててよかったー!
白露@2-222:あたしと青葉は、《芸能》から《おしゃれ》まで+1マスだね
大井@2-77:写真にやったのと同じやつ、ですね。
提督@2-55:振り直し、感情載せはご自由です。
青葉@2-224:不思議は持っているけど弱点だから、芸能から振ったほうが安全ですねー
白露@2-222:芸能から判定するなら、ここはやっぱカメラでパシャッと!いっちゃいます?
大鳳@2-225:幸運が一番近いけど弱点なんだよなぁ
名取@2-221:スペシャル取った時の処理が気になるが、出した時を楽しみにしておこう
提督@2-55:質問はありますかね?
大井@2-77これ今日中に始末できる敵編成ですか?
       これ今日中に始末できる敵編成ですか?――この時すでに2時を回っている、時間配分とは
提督@2-55:出たらね(ニッコリ
大鳳@2-225:OK、いこう
青葉@2-224:偽装を行っているワ級eliteを倒した段階で、他の船の偽装は剥がれると思って良いのかな
提督@2-55:うーん敵自体は強くはないですが何分数が多いので厳しいかなと。
名取@2-221:ふんふん
大井@2-77:ありがとうございます。
白露@2-222:数自体は偽りなし、でいいんですよね
大井@2-77:私は夏休みです。
提督@2-55:徹夜でぶっ続けられるって訳でも無い限りはプロット完了後中断という形をとります。
名取@2-221:分身したり一つに戻ったりはします?
提督@2-55:数も偽りなし、分身とかもないですな。
名取@2-221:ありがとうございます
白露@2-222:おkです
提督@2-55:他になければプロットに入りますが・・・プロット時に何かありますか?
大井@2-77:…サブ行動って、plot後ですよねぇ。偵察の意義が
白露@2-222:あれ、私のアビリティってもう使用できましたっけ
大井@2-77:「砲撃戦のとき」
大鳳@2-225:1R開始直前
白露@2-222:一ラウンドはプロットも含めるはず
大井@2-77:なるほどなー。
青葉@2-224:以心伝心がありますけど、プロット出してからなんでまぁ・・・
提督@2-55:ですね、サブ行動なので好きなタイミングで良いです。
大鳳@2-225:ノンノン、プロット後に航空戦→1Rだよ
名取@2-221:航空戦後にいっちばーん!ですよ
名取@2-221:白露の時はそうでした、確か
白露@2-222:んー。
提督@2-55:砲撃戦の時って指定がありますし。砲撃戦に入ってからかなと。
白露@2-222:記述が曖昧すぎる…w
大鳳@2-225:そうかな?
名取@2-221:そうですかね?
青葉@2-224:砲撃戦のとき、1ラウンド目の開始時ってどういうことや・・・
大鳳@2-225:つまり、1R開始時でええやん?
提督@2-55:じゃこの卓の裁定は「3.砲撃戦に入ったタイミング」で使用できます。
名取@2-221:そういうことです>大鳳さん
大井@2-77:提督判断ー。
白露@2-222:はーい。
大井@2-77:は、ルールブックに優先します。

偽装を見抜け!編集

提督@2-55:ではプロットから再度開始です。シークレットダイスでそれぞれプロットどうぞ。
大井@2-77:偵察は意味なしということでー。
大井@2-77:すか?
大鳳@2-225:シークレットダイス
提督@2-55:プロット押さえつけられる意味はありますね。
大鳳@2-225:いんや、一度偵察された感は追跡される
大井@2-77:シークレットダイス
提督@2-55:但しどんな敵なのかは不明です。
大井@2-77:なるほど。
青葉@2-224:シークレットダイス
白露@2-222:シークレットダイス
名取@2-221:シークレットダイス
提督@2-55:シークレットダイス
大井@2-77:では、どれかしら偵察しますか?
提督@2-55:ではPC側から偵察どうぞ。
大鳳@2-225:では、艦攻の偵察から
大井@2-77:お願いします。
大鳳@2-225:2d6 サーチ!
KanColle : (2D6) → 8[3,5] → 8

提督@2-55:対象は・・・。
青葉@2-224:ん、目標はどれ?
大鳳@2-225:戦艦タ級で
提督@2-55:素通りしますプロット3です。
大井@2-77:良いと思います。…シナリオ中に登場済みであるという点を踏まえ。
名取@2-221:ほむほーむ
大鳳@2-225:それでは、偵察機の偵察
青葉@2-224:思うのだけど、サブ行動ということは今使えるよね? 見破り
青葉@2-224:正体明かしてから偵察って出来ないのかな
名取@2-221:自分の行動来た時に使えると思った(見破り
大井@2-77:おお。
青葉@2-224:艦隊戦中 好きなタイミングで使用できる。っ手書いてあるから
名取@2-221:あ。
提督@2-55:はい、できますね。
大鳳@2-225:あ、
名取@2-221:シルフスコープ!
大井@2-77:大井:目標値5
大井@2-77:誰を狙いましょー。
白露@2-222:見破ります?見破っちゃいます?
名取@2-221:皆の気持ちがしおいちゃんに!
青葉@2-224:まぁ、コモン重以外から狙っていくのがよさそうですね。多分、見破っていない場合の火力は素の戦艦なんでしょうし・・・
大井@2-77:個人的に重巡eliteを狙いたいです。明白な理由から。
白露@2-222:eliteですもんね・・・
青葉@2-224:どうぞー
大井@2-77:ありがとうございます。
大鳳@2-225:判定どぞ~
大井@2-77:2d6>=5 target:重巡リ級elite 《秘密兵器》 「さてさてー。おためごかしは効かないわよ?」
KanColle : (2D6>=5) → 6[2,4] → 6 → 成功

提督@2-55:通りますね。
大井@2-77:ありがとうございます。
名取@2-221:さぁて、なにがでるかしら
提督@2-55:固有アビリティ 艦種偽装 見た目を変更する、大きさから形まで全てが変更可能 サブ《不思議》《おしゃれ》《秘密兵器》で判定し成功すると偽装が判明する。
名取@2-221:ほほー
大井@2-77:やはりね。
白露@2-222:ワ級だー!
提督@2-55:読み通りです輸送ワ級eliteですな。
名取@2-221:シルフスコープで見破ったらメタモンだったでござる
大鳳@2-225:まだ見破る人いる?
名取@2-221:一気に見破ったほうが楽な予感
青葉@2-224:ですね
名取@2-221:プロットもあるし・・・
大井@2-77:ワのアビリティがアレということは、サンプルで持ち帰るのはどれか一隻でよさそうですね
大井@2-77:全員持ってる=全員サンプルとして有用。
名取@2-221:フフフ・・・(イングラム風に
大鳳@2-225:先に弱点の幸運使っていいかな?
青葉@2-224:どうぞー
大鳳@2-225:ACT 秘密兵器を弱点の幸運を代用
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

大井@2-77:Shit
青葉@2-224:これは見ちゃいました使ったほうがいいね
白露@2-222:にゃーん
大井@2-77:どうぞー。
名取@2-221:ネコミミ大鳳ちゃんだー
青葉@2-224:見ちゃいました。2点行動力引きます
大鳳@2-225:感情抑えられるよりマシ
青葉@2-224:1d6
KanColle : (1D6) → 1

白露@2-222:1d6
KanColle : (1D6) → 5

名取@2-221:1d6
KanColle : (1D6) → 4

青葉@2-224:よし、チェック外れた
大井@2-77:1d6 「何アレ、猫?」
KanColle : (1D6) → 5

大井@2-77:反映します。
白露@2-222:増えた!
名取@2-221:お願いしまする
青葉@2-224:3点が3人。これは強い(もう一回暴走判定来たらやばい)
大井@2-77:ご確認ー。
大鳳@2-225:2d6>=7 幸運代用
KanColle : (2D6>=7) → 8[4,4] → 8 → 成功

提督@2-55:対象は。
大井@2-77:ナイス…!
青葉@2-224:ネコで-1されてるけど、それでも成功だね
大鳳@2-225:スマン対象は戦艦ル級で
提督@2-55:艦種偽装 ロ級です。
大井@2-77:ル級とはなんだったのか。
大鳳@2-225:ゲェーッ!重巡が戦艦に化けそうだわ
白露@2-222:あらかわいい(錯乱)
青葉@2-224:タ級を狙って見破り。 おしゃれを芸能代用。ネコついて目標値7
大鳳@2-225:お次誰見破る?
大井@2-77:(正直、レベル1中心編成にeliteワを出している以上、あとはタ以外軽巡駆逐かなーと)
青葉@2-224:2d6-1-1>=5
KanColle : (2D6-1-1>=5) → 5[2,3]-1-1 → 3 → 失敗

提督@2-55:2点足りませんね。
大鳳@2-225:もう切っちまったから声援だせない
白露@2-222:でも1があと3人残ってる。どうしようか。
名取@2-221:うむむ
青葉@2-224:ふりなおしても良い目がでるとは限らないし、声援お願いしようかな
白露@2-222:私切ろうか
名取@2-221:誰から渡します
大井@2-77:とりあえず、私出しますね:
大井@2-77:「援護するわ」 声援1 toward 青葉
青葉@2-224:んー・・・白露さん以外から貰おうかな。
大鳳@2-225:白露、大井あたりでいいのでは?
青葉@2-224:まぁ、お任せする
名取@2-221:白露さん行かれます?
白露@2-222:私でいいのなら私いくけども。
青葉@2-224:では、大鳳さんの意見どおり、白露さん大井さんで行こうか
白露@2-222:では。
白露@2-222:「青葉、シャッターチャンスだよ!」+1
提督@2-55:これで5かな。
青葉@2-224:「はいはい、そこの顔色悪い方、こちらにスマイルどうぞー アタタ、ネコさんひっかかないで」
提督@2-55:艦種偽装 駆逐艦イ級です。
大井@2-77:わーお…。わーお…。
名取@2-221:わーお
白露@2-222:わーお・・・
青葉@2-224:予想以上に中身があれだった
大鳳@2-225:次逝ってみよー!
白露@2-222:じゃあル級対象に判定しますね
提督@2-55:どうぞ。
白露@2-222:2d6>=6 芸能→おしゃれ
KanColle : (2D6>=6) → 6[1,5] → 6 → 成功

白露@2-222:「それでおしゃれしたつもり?」
提督@2-55:艦種偽装 駆逐艦ロ級!
名取@2-221:駆逐艦祭り!
白露@2-222:こ、これは・・・
大鳳@2-225:問題は重巡がどうなることか
名取@2-221:ドキドキだ
名取@2-221:さてどっちにするか・・・
提督@2-55:さあどちらでも。
大鳳@2-225:どっちも同じだと思うよ?
名取@2-221:2番にしよう
名取@2-221:リ級2に見破る おしゃれを入浴で代用 目標値6
名取@2-221:2d6>=6 []
KanColle : (2D6>=6) → 5[1,4] → 5 → 失敗

名取@2-221:a,
名取@2-221:台詞入れミスったらミスってしまった
大井@2-77:せ、声援を…。
大鳳@2-225:んじゃ渡し切ります
名取@2-221:ありがとうございます
青葉@2-224:行動量的には振りなおしても良さげですが、ここは失敗したくないところですしね
提督@2-55:艦種偽装 軽巡ヘ級です。
名取@2-221:「あ、ありがとうございます大鳳さん!」
大鳳@2-225:「名取!しっかり!」
名取@2-221:「重巡は・・・軽巡ですね!」
大鳳@2-225:偵察機でワ級偵察したいです
提督@2-55:どうぞ。
大井@2-77:良いと思います。というか最善手です。
大鳳@2-225:2d6>=6 ワ級エリ、絶対に逃がさない!
KanColle : (2D6>=6) → 7[2,5] → 7 → 成功

大鳳@2-225:YES!YES!YES!
大井@2-77:見事!猫も入ってますね。
提督@2-55:うん6っばーんです。
大鳳@2-225:威力偵察を偵察成功した二人に適応します
大井@2-77:大鳳さんのスーパー火力とか白露さんとかで吹き飛ばしたい。
青葉@2-224:サブなんで、どちらか一人ですね
大鳳@2-225:じゃあワ級で
提督@2-55:偵察は以上かな?
大井@2-77:敵側の偵察はありますか?
提督@2-55:choice[名取,大鳳,青葉,大井,白露]
KanColle : (CHOICE[名取,大鳳,青葉,大井,白露]) → 大井

大鳳@2-225:対空欲しい?
提督@2-55:ではヘ級から偵察機9が飛びます
大井@2-77:不要です。
大鳳@2-225:了解
大井@2-77送りましたー。
               送りましたー。――大井さんのプロットは[3]特に気にせずこのまま。
提督@2-55:おっけーです。
提督@2-55:では偵察終わり、プロット変更ありましたらどうぞ。
大鳳@2-225:ヘ級いなくね?
名取@2-221:リ級のままっぽい?
大鳳@2-225:変更は一回このダイスオープンするんだっけ?
提督@2-55:?
大井@2-77:画像変更なのサー
青葉@2-224:ダイスは×で消して、改めてプロットでええのよ
大鳳@2-225:さんくす!
提督@2-55:リ級2は変更済です。リ級1は飛んできてないので不明ですね。
大鳳@2-225:シークレットダイス
青葉@2-224:シークレットダイス
青葉@2-224:あと、以心伝心使いますねー
提督@2-55:どうぞー。
青葉@2-224:暗号-ネコで目標値6
青葉@2-224:2d6-1>=5
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[3,4]-1 → 6 → 成功

大井@2-77:おみーごとー。
大鳳@2-225:OK
青葉@2-224:送り終えましたー
大井@2-77:ありがとうございます。
名取@2-221:ふんふん
白露@2-222:おk
提督@2-55:それを受けてプロット変更あります?
大井@2-77:できませぬ。
大鳳@2-225:無いです
名取@2-221:無いです
白露@2-222:ないです
提督@2-55:では。
提督@2-55:3
提督@2-55:2
提督@2-55:1
提督@2-55:オープン!
大井@2-77:s1d6 航行序列 3
KanColle : (1D6) → 5

青葉@2-224:s1d6 航行順4
KanColle : (1D6) → 3

名取@2-221:s1d6 3
KanColle : (1D6) → 4

大鳳@2-225:s2d6 序列【6】
KanColle : (2D6) → 6[2,4] → 6

白露@2-222:s1d6 航行序列:1
KanColle : (1D6) → 1

提督@2-55:s1d6 タ級[3] ル級1[4] ル級2[1] 重巡elite[6] 重巡リ級1[5] 重巡リ級2[1]
KanColle : (1D6) → 6

名取@2-221:怪しいのフリーにさせてしまった・・・
大井@2-77:では、こちらもフリーを増やしましょうか。
青葉@2-224:ぐぬ、よりにもよって開いてないのを逃しましたか
大井@2-77:【釘付け】を宣言。4番にいるロ級を引きずり込みます。
提督@2-55:判定どうぞ。
名取@2-221:お
大井@2-77:2d6>=5 《いじわる》 「さあ、いらっしゃい!」
KanColle : (2D6>=5) → 12[6,6] → 12 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

大井@2-77:フッ
青葉@2-224:ワオ
名取@2-221:ナイス!
大井@2-77:大井@2-77の行動力を+1(1d6->1)した((行動力:13->14))
提督@2-55:ではロ級のプロット移動されました。
白露@2-222:すっごーい!
提督@2-55:さてこれでプロット確定…中断しますっ!

6 5 4 3 2 1 0
輸送ワ級elite重巡リ級?駆逐イ級
駆逐ロ級
駆逐ロ級2軽巡ヘ級
大鳳青葉名取
大井
白露
6 5 4 3 2 1 0

航空戦編集

ピンポイント爆撃の悲劇再び編集

提督@2-55:点呼開始!
名取@2-221:準備完了!(1/5)
白露@2-222:準備完了!(2/5)
青葉@2-224:準備完了!(3/5)
大鳳@2-225:準備完了!(4/5)
大井@2-77:準備完了!(5/5)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:では艦隊戦の続きからです。
大井@2-77:はーい。
提督@2-55:航空戦なにかありますか?
名取@2-221:ほいー
大鳳@2-225:艦攻、爆戦で航空攻撃したいと思います
大井@2-77:これ2d6でもそこそこ通りそうですね。
提督@2-55:じゃあ宣言と判定どうぞー。
大鳳@2-225:では、まず爆戦の目標を・・・・
大鳳@2-225:1d6 爆戦の航空攻撃序列
KanColle : (1D6) → 6

名取@2-221:お
青葉@2-224:通らばおいしい
大鳳@2-225:先にダメージ化か?
白露@2-222:さてさて・・・
大鳳@2-225:かな?
提督@2-55:ダメージどうぞー。
大鳳@2-225:2d6 「ここで、沈めるっ!」
KanColle : (2D6) → 5[2,3] → 5

大鳳@2-225:う~ん・・・・1足りない・・・・・
提督@2-55:通りませんな装甲8です。
白露@2-222:eliteだから装甲上がってますね
大井@2-77:感情、どれくらい乗せますか?
青葉@2-224:声援突っ込んでも良いね。一気に落としたいところだし・・・
大井@2-77:elite死すべし慈悲はない
名取@2-221:感情値3×3か
大鳳@2-225:じゃぁ全乗せで
名取@2-221:よしとりあえず誰か3撃ってみますか
大井@2-77:ド派手ですね。
青葉@2-224:期待値だと、3×3飛ばすと沈みますね
名取@2-221:提督さん
白露@2-222:9d6…強烈です
提督@2-55:(あれ・・・いつの間に感情値こんなに・・・)
名取@2-221:これ一人ずつ行けますかね感情?
提督@2-55:ええ、大丈夫ですよ。
名取@2-221:ダメージ見ながら
青葉@2-224:見ちゃいましたで稼ぎましたからねー
大井@2-77:2発、6d6の段階で運良く27出てくれればありがたいです。
名取@2-221:じゃ念のため一人ずつ感情3撃っていきますか
白露@2-222:ですね。
大鳳@2-225:このために感情稼いだ(ウソ)
名取@2-221:はやく殺れれば使いすぎずにすむし・・・フフフ
大井@2-77:なるほど。では、行きます。
大井@2-77:「さあ、頼りにしてるわよ」 声援3 toward 大鳳
青葉@2-224:ジッサイ、空母に感情集中するのは意外と戦闘が楽になって良いのですよー
名取@2-221:あ、この卓感情振った人がフルんですね
大井@2-77:3d6 追加ダメージ
KanColle : (3D6) → 10[1,4,5] → 10

大鳳@2-225:航空戦は空母の活躍どころだしね
大井@2-77:期待値ちょいよわ。
名取@2-221:ですねー、良いダメージ
青葉@2-224:良い感じですねー
大井@2-77:航空戦は敵が動く前に叩けるから良いと思います。
白露@2-222:現在15。
提督@2-55:損傷1です。
青葉@2-224:では続いていきます
大鳳@2-225:次、逝ってみよう
青葉@2-224:3d6 「敵はまだこちらに気づいてないよ!」
KanColle : (3D6) → 11[3,4,4] → 11

白露@2-222:いい数字。
名取@2-221:27・・・あと5!
名取@2-221:26だった
白露@2-222:では私も行きましょう
大井@2-77:大きめの感情値は小回りが効きませんねー。
提督@2-55:損傷2点で大破。
大鳳@2-225:保険は大事
名取@2-221:ですね
白露@2-222:3d6 「さぁー!はりきっていきましょう!」
KanColle : (3D6) → 9[2,3,4] → 9

提督@2-55:うーん…超対空…
名取@2-221:えっ
提督@2-55:はありませんので合計35点で損傷4点で轟沈です!
大井@2-77:フフフ…怖い。
青葉@2-224:旗艦が開幕で消える。中々見られない事態ですね
大鳳@2-225:「みんなの声援を受けて・・・・沈めるわ!」
名取@2-221:「や、やりましたね大鳳さん!」
大井@2-77:「最大の障害は消えたか…。できれば誰か1人持って帰りたいわね。」
名取@2-221:フフつよ
提督@2-55(おやあ…開幕航空戦で沈むパターン前卓でも経験したぞ…)
   (おやあ…開幕航空戦で沈むパターン前卓でも経験したぞ…)――前卓のホ級の悲劇を忘れてはいけない
白露@2-222:「いい感じじゃない!」
青葉@2-224:「バッチリ撮影しました!」
大鳳@2-225:つづいて、艦攻の目標決めで
名取@2-221:1/3か
白露@2-222:奇数か偶数かになってますね、見事に。
大鳳@2-225:1d6 「まだいけるわ!艦載機のみんな!頼んだわよ!」
KanColle : (1D6) → 6

名取@2-221:そういやそうだ
大井@2-77:グフ
大鳳@2-225:えっ
白露@2-222:あっ…
名取@2-221:おうふ
大井@2-77:まあまあそんなこともあります…。
大鳳@2-225:(悔しい・・・・・でもかんz(ry))
名取@2-221:大鳳さんはSだった・・・?
提督@2-55:では深海棲艦側。
提督@2-55:無いです。
青葉@2-224:えっ  驚いた
名取@2-221:ほっ

砲撃戦1ラウンド目編集

いっちばーん!編集

提督@2-55:砲撃フェイズ入りますが、何かありますか?
白露@2-222:ではアビリティの宣言しましょう
大井@2-77:(確かに、GMさんは索敵と盾とは注文しても「対空」とは言ってませんでした。)
白露@2-222:『いっちばーん!』
提督@2-55:いっちばーん!
白露@2-222:白露@2-222の行動力を-3(1d6->3)した
提督@2-55:これ判定無しなんですな、強力強力…では白露さんからどうぞ。
白露@2-222:さて誰を狙うかなんだけど…
大井@2-77:あからさまに不審な奴が1人いません?
大鳳@2-225:ちょっと提督質問いいでしょうか?
提督@2-55:はい。
白露@2-222:まだメイク落としてないやつですね
大鳳@2-225:変装させてるのはワ級の能力ですよね?それってワ級が沈んでも永続するのでしょうか?
提督@2-55:永続です。
大鳳@2-225:ありがとうございます
名取@2-221:倒したから他の解除!ってわけにも行かんのね
白露@2-222:個別に書かれてますからね。
白露@2-222:5列目のリ級(仮)狙ってみましょうか。
提督@2-55:あれ、白露のいっちばーん!って航行序列による対象も無視できるんですか。
青葉@2-224:白露さんフリーじゃないので
青葉@2-224:正面だけですね
白露@2-222:なので起死回生を使います。
名取@2-221:ただし起死回生持ち
青葉@2-224:起死回生の方を使えばいけます
大井@2-77:さすが
提督@2-55:あっ(察し
名取@2-221:フフフ
提督@2-55:では起死回生の判定どうぞ。
白露@2-222:では判定します、指定個性《芸能》なので目標値5
白露@2-222:2d6>=5 「一番先に敵艦はっけーん!」
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

提督@2-55:(感情砲はないから大丈夫だろうけど…。)
提督@2-55:成功ですね。
白露@2-222:ではリ級(仮)に【小口径主砲】《口ぐせ》で攻撃!目標値5、命中修正2
白露@2-222:2d+2>=5 「いっけぇー!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 7[3,4]+2 → 9 → 成功

提督@2-55:うーん、命中妨害はありません。連撃かダメージ判定どうぞ。
白露@2-222:連撃します。
白露@2-222:連撃 【魚雷】《芸能》で攻撃、目標値5、連撃修正-2、命中修正2
白露@2-222:2d+2-2>=5 「まいどあり~♪」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 5[1,4]+2-2 → 5 → 成功

青葉@2-224:いいね
提督@2-55:命中妨害はありません。ダメージどうぞ。
白露@2-222:ほっ。ではダメージをば。
白露@2-222:4d6
KanColle : (4D6) → 7[1,1,2,3] → 7

青葉@2-224:oh
大井@2-77:あれー…?
提督@2-55:いっちばーん!
名取@2-221:い、いっちばーん・・・
白露@2-222:ここで1が出なくても…
提督@2-55:装甲[8]損傷なしです
大鳳@2-225:逆にこう考えよう?命中判定でファンブルでなくてよかったと
大井@2-77:声援もしくは電たん入れます?
名取@2-221:前向き前向き
名取@2-221:あ、そういや電たんもあったなぁ
青葉@2-224:いれるなら電たんかなぁ
白露@2-222:せめて一太刀は浴びせときたい・・・頼みます
大井@2-77:おっけー。電たんの呪いも1以下にはなるまい。
大井@2-77:1d6 「人の英知が生み出した物なら!人を救ってみせろぉぉぉ!」
KanColle : (1D6) → 5

名取@2-221:ロランwwwwww
大井@2-77:呪いのアイテムゆえ。
青葉@2-224:わが手に天を焼く黒歴史の剣あり
名取@2-221:そういやそうだった・・・
白露@2-222:装甲8なら、あと4で中破できるかな?完全に賭けだけど
大鳳@2-225:ここは・・・・感情突っ込んで中破にしたいところ・・・・
大井@2-77:1/2。…かしこまりました。
提督@2-55:電たんが重巡リ級(?)の目の前に落ちると弾け飛び、核爆発が発生し…云々損傷1入りました。
名取@2-221:やっちゃいますか、ちょっと賭けですが
大鳳@2-225:感情の持ち主に判断まかす!
大井@2-77:核!?
名取@2-221:「ぴゃー!?」
白露@2-222:フィフティ・フィフティ…
大井@2-77:「賭けに出るのは嫌いじゃないわ」 声援1 toward 白露
名取@2-221:「な、なんであんな爆発が・・・」(恐怖)
大井@2-77:1d6 「さあ、赤か黒か…。」
KanColle : (1D6) → 5

名取@2-221:おおお
白露@2-222:おおおおお!!!
大井@2-77:勝った。
大鳳@2-225:「ば、爆発!?引火に気を付けて!!」
名取@2-221:アーアーアーアー(勝利BGM)
提督@2-55:おおっと22点なので損傷2点です。
青葉@2-224:「大井さん。いつの間にあんな新兵器を」
大井@2-77:「あれ?私、あれ?なんか、離れていったような…。」
白露@2-222:「なんか爆発したーっ!?」
名取@2-221:「お、大井さん大丈夫ですか・・・?まさか・・・」(ふるふる)
提督@2-55:電たん人形はどこかへと流されていきました…
大井@2-77:「…なのです。」
名取@2-221:(や、やっぱり呪いのアイテムだったのかな・・・)
大鳳@2-225:「!?」
名取@2-221:「ひぃ!」
白露@2-222:「大井っち?」
大井@2-77:「あっ、なんでもありませーん。うふふっ。」
青葉@2-224:どこかで太鼓の音と共に誰かの手に拾われるのかな
名取@2-221:ジュマンジEND・・・www
白露@2-222:ジュマンジwww
青葉@2-224:何でみんな分かるのよw
提督@2-55:いっちばーん!フェイズの終了!超長、長飛ばして中距離フェイズ!
名取@2-221:テレビで見たことあるんでw
大鳳@2-225:(しらないけど、知ってるふりをしておこう)
提督@2-55:重巡リ級[?]>青葉>名取=大井
大井@2-77:面倒な…。誰に来るのでしょう。
提督@2-55:MHT ではランダム表から…
KanColle : 目標表(2) → 敵艦の中で、もっとも損傷の多いPC

青葉@2-224:いないなぁ
提督@2-55:choice[大鳳,青葉,名取,大井,白露]
KanColle : (CHOICE[大鳳,青葉,名取,大井,白露]) → 大鳳

提督@2-55:では大鳳に向けて…(コロコロ
青葉@2-224:「おおっと、大鳳さん。そちらにいきますよ」
提督@2-55:【8inch三連装砲(幻覚)】判定個性《おおらか》で回避どうぞ。
大鳳@2-225:マジメ代用で距離2、猫1補正で目標8か
大井@2-77:そこへ飛び込む【援護射撃】です。
名取@2-221:こっちも撃ちます?
大鳳@2-225:ありがたい!
大井@2-77:行動力-1 「魚雷8番、敵の動きを封じる!」
提督@2-55(ぴゃーこの卓も援護射撃だらけ!)
         (ぴゃーこの卓も援護射撃だらけ!)――某那覇卓でPL経験した際にも3発あった模様
大井@2-77:【援護射撃】 発動します。
大鳳@2-225:もらえるなら欲しいかな?
名取@2-221:じゃ撃ちます、【援護射撃】発動
名取@2-221:「た、大鳳さん気をつけて下さい!守ります!」行動力-1
大鳳@2-225:回避力1、援護射撃2、距離2、猫1で±0
大鳳@2-225:2d6>=5 「支援助かるわ!」
KanColle : (2D6>=5) → 11[5,6] → 11 → 成功

提督@2-55:うーん回避妨害は通らないです。
提督@2-55:回避成功です。
青葉@2-224:「おお、危なげなく避けましたねー」
大鳳@2-225:「当たらなければどうってことないわ!青葉!今が撃ち時よ!」

どうやって捕獲する?編集

提督@2-55:では青葉さんどうぞ。
青葉@2-224:はいはーい さて誰狙うかな
大鳳@2-225:リorロorヘかな?
白露@2-222:連撃、かつ名取の声援で5D6…出目が腐らなければリ級も落とせるか
提督@2-55:感情値込みで最大5点と、どれでも損傷2はいけそうな。
大井@2-77:どうでしょうね…。行動済みのヤツを狙うメリットをそこまで感じなかったり。
青葉@2-224:では白露さんの前のロ級を狙っておこうかな。白露さんの回避を一度減らせるかもだし
白露@2-222:ふむ。
白露@2-222:それもアリですね。
青葉@2-224:もしくは、それを捕獲用に残すことを考えるのもあり
大井@2-77:捕獲ルール、そろそろ聞いておきますかー:
白露@2-222:捕獲は、大井のターンのときに判定する感じでしょうか?
大井@2-77:① 大破状態の敵を1残せば捕獲
② 撃沈した相手を曳航

大井@2-77:とか提案です。
大井@2-77:判定か。なるほど。
提督@2-55:お任せします、手段を選んだらそれに対する判定を提示します。
白露@2-222:あとは補助行動になるかどうか。
大井@2-77:私なら、「艦の上部構造(つまり砲と魚雷)を狙って攻撃して撃沈判定に持ち込み、浮かぶスクラップにしてから曳航する」でしょうか。
名取@2-221:とりあえず大破したら一匹残しとく感じにします?
大井@2-77:良いと思います。
名取@2-221:なるべく駆逐艦で
大鳳@2-225:それがいいかな
大井@2-77:そして次のシナリオへ…!
大井@2-77:(まったく使われない場合もある)
名取@2-221:巡洋艦だと残すと被害が出る可能性ありますし
提督@2-55:それなら精密射撃ということで轟沈判定を出した際に《秘密兵器》で判定してもらいますかね。
提督@2-55:後は《砲撃》からでもいいでしょう。
大井@2-77:かしこまりました。提案受け入れてくれてありがとうございます。
名取@2-221:なるなる
青葉@2-224:ふむふむ、つまり大井さんが一体落とす必要がある、と
大井@2-77:曳航自体は戦闘後にワイヤーひっかけてやれば良いと思うので、だれでも大丈夫だと思います。どうでしょう?
青葉@2-224:なら航行序列3のロ級を狙っておきましょう。4dなら、期待値で大破状態で残せます
提督@2-55:大丈夫ですよ<誰でも判定
大井@2-77:おお、ポケモンの捕獲みたい。
提督@2-55:あくまで轟沈させる時に判定成功させれば誰も引っ張っていける感じです。
大井@2-77:ありがとうございます。
提督@2-55:もちろん轟沈させる人が判定振ってもらうことになりますが。
大鳳@2-225:さすがにワ級今更引っ張れないよなぁ・・・・・・・
白露@2-222:ふむふむ
大井@2-77:(というかデカ過ぎて引っ張れないと思います)
青葉@2-224:ふーむ、では当初の予定通り、白露さんの前のロ級を狙おう
提督@2-55:ワ級eliteは爆撃で消し炭になりました。
名取@2-221:でかいでしょうねワ級は
名取@2-221:あっ・・・まぁ仕方ない
大鳳@2-225:爆撃した後雷撃だもんあぁ・・・・・
大井@2-77:elite死すべし慈悲はない
青葉@2-224:自由奔放な主砲(猫つき)
青葉@2-224:2d6-1>=5
KanColle : (2D6-1>=5) → 12[6,6]-1 → 11 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

白露@2-222:!?
青葉@2-224:わーい
大井@2-77:ありがたい。
青葉@2-224:1d6 行動力回復
KanColle : (1D6) → 1

白露@2-222:お見事です
名取@2-221:やっほーい!?
青葉@2-224:命中修正忘れてたがまぁよし、続いて芸能な8cm砲で連撃
青葉@2-224:2d6+1-1-2>=5
KanColle : (2D6+1-1-2>=5) → 10[4,6]+1-1-2 → 8 → 成功

青葉@2-224:4d+スペシャルで6d
青葉@2-224:6d6 「索敵も砲撃も雷撃も・・・まぁ砲撃しか出来ませんけど? 青葉に任せちゃってください」
KanColle : (6D6) → 26[3,3,4,5,5,6] → 26

大鳳@2-225:「いい感じじゃない!」
大井@2-77:「任せちゃいましょー!」
提督@2-55:装甲4損傷6で耐え切れません轟沈!
名取@2-221:「あ、青葉さんすごいです!」
白露@2-222:「やっるぅ~♪」
青葉@2-224:んー・・・捕獲は・・・ACTふらなきゃだし猫付いてるしなので、他の方にお任せしよう
大鳳@2-225:ロ級は青葉の連撃により爆発四散!ネギトロめいた肉片へと・・・・・
提督@2-55:あ、そういえばヘ級の存在忘れていました。
白露@2-222:ww
提督@2-55:名取=大井>ヘ級です。
大井@2-77:…いたっけ。
大井@2-77:名取さん先やります?
大鳳@2-225:いたのです!
名取@2-221:良いです?どっち狙ってもいいんでしょうかね
大井@2-77:あたしゃ深海棲艦のデータには詳しくないです。
名取@2-221:感情的には自分2持ち大井さん1持ちなので強そうな方から狙いますかね?
名取@2-221:なのでロ級かな
大井@2-77:火力1差に注意。
名取@2-221:・・・ほんまや
大井@2-77:(てかこの大井軽巡の強さおかしいって絶対)
名取@2-221:(なんでこんなに強いの・・・w
提督@2-55:なお雷巡
名取@2-221:じゃ、じゃあイ級狙おう、うん
提督@2-55:では命中判定どうぞ。
名取@2-221:中口径主砲で攻撃 「夜戦」で判定 目標値5 命中修正+2
名取@2-221:2d6+2>=5 「あ、あたってくださ~い!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 9[3,6]+2 → 11 → 成功

大鳳@2-225:某軽巡「夜戦!?」
提督@2-55:命中です、連撃か威力どうぞ。
名取@2-221:連撃行きます
名取@2-221:魚雷で攻撃 「入浴」で判定 目標値5 連撃修正-2 命中修正+2
名取@2-221:2d6-2+2>=5 「ぎょ、魚雷の訓練もしたから大丈夫です!」
KanColle : (2D6-2+2>=5) → 10[5,5]-2+2 → 10 → 成功

大井@2-77:高め安定です。
提督@2-55:うーん妨害無し威力どうぞ。
名取@2-221:4d6です!
名取@2-221:4d6 「え、えーい!」
KanColle : (4D6) → 17[2,4,5,6] → 17

提督@2-55:装甲[4]損傷4で轟沈です!
大井@2-77:素晴らしい。
大鳳@2-225:さすがだぜ!
白露@2-222:おk!
名取@2-221:「や、やったの?」
青葉@2-224:「またまた良い写真、頂きました!」
大鳳@2-225:「いい感じよ!」
大井@2-77:続きますよー?
大井@2-77:「負けてられないわ。」 ロ級に【中口径主砲】でアタック
大井@2-77:2d6+2>=5 【中口径主砲】 《いじわる》 艦命中力2 装備命中力0
KanColle : (2D6+2>=5) → 5[2,3]+2 → 7 → 成功

大井@2-77:…。
提督@2-55:妨害2ですが命中です。
大井@2-77:助かった…。
名取@2-221:せふせふ
青葉@2-224:せふせふ
大井@2-77:連撃宣言
白露@2-222:セーフ
大井@2-77:2d6+2-2>=5 【魚雷】 《魚雷》 艦命中力2 装備命中力0 連撃
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 6[3,3]+2-2 → 6 → 成功

提督@2-55:もちろん成功です、威力どうぞ。
大井@2-77:はーい:
大井@2-77:5d6 艦1 主砲2 魚雷2 「タービンを叩く!動きを止めてやるわ!」
KanColle : (5D6) → 6[1,1,1,1,2] → 6

青葉@2-224:!?
大井@2-77:MJD
提督@2-55:!?
大鳳@2-225:!?
提督@2-55:装甲[4]損傷1です
大井@2-77:「作戦が悪いのよ・・・。」
白露@2-222:こ、これは・・・
大鳳@2-225:「どんまい!まだ時間はあるわ!」
名取@2-221:や、やっすーい・・・
青葉@2-224:「おやおやー? 不調ですかー?」 パシャパシャパシャッ
大井@2-77:「ぐぬぬ……。」
大井@2-77:(例の顔)
名取@2-221:「あ、青葉さんそれはちょっと失礼じゃ・・・?」
白露@2-222:「ど、どんまい!たまにはこういうこともあるよ…」
大井@2-77:「これでは北上さんに会わせる顔が無いわ…。」
青葉@2-224:「青葉、濁点つきのマスコミなので!」 良い笑顔

忘れされた中距離砲持ち果たして…編集

提督@2-55:・・・では忘れさられたヘ級、対象は白露さんで…(コロコロ
大鳳@2-225:「それは・・・・・あっ(察し)」
大井@2-77:「…あれ?あんなのいたっけ?」
名取@2-221:「そ、そうなんですか・・・濁点付き?」
提督@2-55:【6inch連装高射砲(幻覚)】指定個性《航空戦》で回避どうぞ
大鳳@2-225:「ヘ級は重巡リ級に化けていなかったっけ?」
大井@2-77:「ああいたいた。うーん…?」
白露@2-222:航空戦…砲撃から3マスですね
白露@2-222:では目標値8で回避修正2込みで判定します
名取@2-221:あ
白露@2-222:?
大井@2-77:??
名取@2-221:援護射撃は・・・しちゃったわ・・・
白露@2-222:ですね。
大井@2-77:はい。
名取@2-221:なんでもないです
大井@2-77:回避力2なら普通に避けるでしょう。
名取@2-221:だ、だよね
白露@2-222:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 7[2,5]+2 → 9 → 成功

名取@2-221:おっしゃおっしゃ
大井@2-77:「危うげないわねー」
白露@2-222:命中いくつだっけ・・・
提督@2-55:うーん回避妨害2します
大井@2-77:え。
白露@2-222:うわぁー
提督@2-55:命中力2です。
白露@2-222:1はホ級だったよ・・・
青葉@2-224:感情値はないので振りなおししかないですね
白露@2-222:振りなおし。
白露@2-222:白露@2-222の行動力を-5(1d6->5)した
名取@2-221:おうふ
大井@2-77:痛い
青葉@2-224:ごりっと
白露@2-222:ここにきて重い出目。だがまだいける!
大鳳@2-225:回避に出し惜しみは避けたほうがいい
白露@2-222:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 7[3,4]+2 → 9 → 成功

大井@2-77:「…危うげないわねー。」
名取@2-221:よっしゃお
提督@2-55:今度は成功です。
白露@2-222:ふぅ・・・
白露@2-222:「当たらないよ!」

提督@2-55:では短距離フェイズ 大鳳>ロ級
大井@2-77:うーん…。
大鳳@2-225:ロ級狙い?
大井@2-77:私には判断できない。
白露@2-222:ロ級を捕獲するんだったら、他のを狙うのがいいでしょうか
名取@2-221:あーそうか
大鳳@2-225:ああ、捕獲あるのか
大井@2-77:どうでしょうね。大鳳さんがACT振れば捕獲できちゃうと思いますが。
白露@2-222:火力があるから、リ級に止めを刺すのもありかと
青葉@2-224:ロ級を狙う場合のメリットは、大鳳さんが連撃する必要がない。ということですかね
大鳳@2-225:4dで12はきつくないかな?
青葉@2-224:4dの期待値は14なので,行けるとは思いますが
名取@2-221:ちょっとよゆうは無さ目?
大鳳@2-225:ロ級落としてこのフェイズでの被害をなくしたいんだけどどうかな?(殺せるとは言っていない)
大井@2-77:ACTを振る[メリット]を考えても,良いと思います。
青葉@2-224:お任せしましょう。 あ、私の見ちゃいましたはこのラウンドはもう使っているので飛びませんよ
白露@2-222:覚悟は必要よね・・・
大井@2-77:げ。
名取@2-221:そうだったか・・・大鳳さんに任せる!
大井@2-77:(…まあ、ロを沈めてくれれば軽巡コンビが軽巡ヘを鹵獲できるでしょう。)
大鳳@2-225:ロ級を爆戦で攻撃します。
提督@2-55:では命中判定どうぞ。
名取@2-221:まかせろー>鹵獲
大鳳@2-225:2d6-1>=5 「当たって!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[2,5]-1 → 6 → 成功

名取@2-221:これは・・・
白露@2-222:どうなる・・・
提督@2-55:うーん妨害です。
大井@2-77:ぐふっ
名取@2-221:うぬぬ
白露@2-222:oh
提督@2-55:回避力2なので達成値4です。
青葉@2-224:うーん・・・無理するほどではない。と思いますね。
白露@2-222:大鳳は・・・みんな感情値使ってるね
大鳳@2-225:振り直し・・・・・・このまま失敗で
大井@2-77:まあ、勝勢ですからね。
提督@2-55:では悠々と回避したロ級の手番
提督@2-55:MHT
KanColle : 目標表(2) → 敵艦の中で、もっとも損傷の多いPC

提督@2-55:choice[名取,大井]
KanColle : (CHOICE[名取,大井]) → 名取

名取@2-221:来たっ
提督@2-55:さて判定個性は…(コロコロ
名取@2-221:ドキドキ
提督@2-55:【5inch単装砲(幻覚)】判定個性《買い物》でどうぞ。
名取@2-221:買い物か
名取@2-221:入浴から+3?
提督@2-55:ですね。
名取@2-221:それでは入浴で代用 目標値5+3=8 回避修正+2
名取@2-221:2d6+2>=8 「よ、避けてみせます!」
KanColle : (2D6+2>=8) → 5[2,3]+2 → 7 → 失敗

青葉@2-224:回避は1では
名取@2-221:あっ
大井@2-77:ぐぬぬ
提督@2-55:どちらにせよ失敗ですね。
大鳳@2-225:青葉か白露の感情きる?
名取@2-221:妨害って無いんだろうか、無いっぽい?
提督@2-55:では回避妨害2もします
大鳳@2-225:あ、どのみち無理なのか
名取@2-221:あっ・・・
青葉@2-224:うん、無理ですね
名取@2-221:達成値4である
白露@2-222:oh
名取@2-221:振り直しまする
大井@2-77:良いと思います。
名取@2-221:名取@2-221の行動力を-6(1d6->6)(行動力:13->7)した
青葉@2-224:ごりっ
白露@2-222:重い…
大井@2-77:痛い。
大鳳@2-225:ヒィ!
名取@2-221:ヒエー!
名取@2-221:子、今度こそ・・・
名取@2-221:入浴で代用 目標値5+3=8 回避修正+1
名取@2-221:2d6+1>=8 「よ、避けてみせます・・・」
KanColle : (2D6+1>=8) → 9[4,5]+1 → 10 → 成功

白露@2-222:やったか!?
名取@2-221:やったぬ!
提督@2-55:余裕綽々回避成功です。
大井@2-77:「よし…!」
名取@2-221:「で、できました!」
白露@2-222:「ナーイスなとりん!」
名取@2-221:「あ、ありがとうございます・・・!」

6 5 4 3 2 1 0
重巡リ級?駆逐ロ級軽巡ヘ級
大鳳青葉名取
大井
白露
6 5 4 3 2 1 0


砲撃戦2ラウンド目編集

提督@2-55定期言い忘れですが同航戦です。
                  定期言い忘れ――無くさないといけませんねこれ。
名取@2-221:おk
大鳳@2-225:「さっ!次来るわ!」
白露@2-222:はい。
大鳳@2-225:それじゃぁ私か
提督@2-55:大鳳>リ級>青葉>名取=大井>ロ級>白露>ヘ級
名取@2-221:見破る?
大井@2-77:見破る、宣言します。
提督@2-55:どうぞ。
大井@2-77:「見破る」 toward 自称重巡リ級(無職、1歳)
大鳳@2-225:あ、まって
大井@2-77:はい。
名取@2-221:(無職なんだ・・・)
大鳳@2-225:こいつがもし、軽巡だったら回避力増えるからこのまま落としに逝きたい
白露@2-222:(1歳なんだ・・・)
大井@2-77:賢い…!!
名取@2-221:ほう!
白露@2-222:確かにね。
大鳳@2-225:せめて感情使い切った私の後にしてほしいんだけどどうかな?
大井@2-77:頭良いですね素晴らしい。
青葉@2-224:ですね。どの道装甲値は大差ないですし
大鳳@2-225:このままリ級を爆戦で狙います
提督@2-55:ふむ、では判定どうぞ。
名取@2-221:行っちゃいましょう!
大鳳@2-225:2d6-1>=5 「次こそ当てるわ!食らいなさい!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 3[1,2]-1 → 2 → 失敗

大鳳@2-225:ファ!?
大井@2-77:あーれー…。
白露@2-222:ぐはっ
大鳳@2-225:振りなおします
提督@2-55:ファンブルでなければ安い。
青葉@2-224:ですねー、大鳳さんには最後の攻撃チャンスですし
大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を-2(1d6->2)した
大井@2-77:本当に安いですね。
名取@2-221:安め安め
大鳳@2-225:2d6-1>=5 「もう当たって!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 5[1,4]-1 → 4 → 失敗

青葉@2-224:安くても即死圏内。正規空母の行動力は地獄だぜふぅははー
白露@2-222:むむ・・・
大鳳@2-225:うぅん・・・・
名取@2-221:ぐぬぬ
提督@2-55:ファンブルでなければ安い・・
名取@2-221:どうされます・・・?
青葉@2-224:まぁ、ここで行動力0になって退場しても、問題はないです
大鳳@2-225:ふ、振りなおしてやる!
白露@2-222:ここにきて猫が牙を向いた
大井@2-77:ええい、邪魔をする!
大鳳@2-225:大鳳@2-225の行動力を-5(1d6->5)した
白露@2-222:あっぶねえ!
大鳳@2-225:っつぅうう!!
大井@2-77:危なー!
提督@2-55:セフセフですな
大鳳@2-225:2d6-1>=5
KanColle : (2D6-1>=5) → 10[4,6]-1 → 9 → 成功

青葉@2-224:崖っぷちだぁ・・・
大井@2-77:猫…強敵だった…。
名取@2-221:せーふ!
提督@2-55:命中妨害はありません、連撃かダメージどうぞ。
名取@2-221:せふせふ!
大鳳@2-225:All4とか出せる気がしない・・・・・
白露@2-222:きわどいところ・・・
大鳳@2-225:修正込みで7か・・・・・
名取@2-221:ん
名取@2-221:見破るって今でき・・・ないか
名取@2-221:好きな時って言ってもそれは無理か
青葉@2-224:うーん、半々ですね
提督@2-55:んー判定中なのでNGです。
名取@2-221:ですよね、すいません
大鳳@2-225:夜戦を視野に入れる?
大井@2-77:火力は十分。
名取@2-221:削って見破るって被害抑えて青葉で落としたらギリギリ?
大井@2-77:雷撃も含めれば、夜戦など行かずとも全滅できるでしょう。
大鳳@2-225:夜戦を視野に入れるなら4dで攻撃して名取の攻撃対象変更アイテムもらう手がある
名取@2-221:おお・・・
名取@2-221:とりあえずダメージ与えるだけやってみますか?
大鳳@2-225:(あとは連撃でクリティカル行動値回復狙うのも)
名取@2-221:見破って軽巡あたりになったらダメージ落ちてくれるかも?という妄想
大鳳@2-225:おk、4d振ります!
大井@2-77:お願いします。
名取@2-221:その後見破って~でした
提督@2-55:ではどうぞー。
名取@2-221:超えろー!
大鳳@2-225:4d6 「このチャンスを見逃さないわ!全機爆撃!!」
KanColle : (4D6) → 9[1,2,2,4] → 9

大鳳@2-225:知 っ て た
青葉@2-224:損傷1。まぁ悪くない
提督@2-55:損傷1点です。
白露@2-222:まあ大破…
提督@2-55:リ>青葉>名取=大井>ロ級>白露>ヘ級
大鳳@2-225:「みんな!あとは任せるわ!」
名取@2-221:1は削れた・・・!
大井@2-77:「見破る」 toward 自称重巡リ級容疑者(無職、1歳)
提督@2-55:ではどうぞ。
白露@2-222:容疑者w
大井@2-77:2d6>=5 【秘密兵器】 直上
KanColle : (2D6>=5) → 10[4,6] → 10 → 成功

名取@2-221:(罪人疑惑・・・)
白露@2-222:ナイス!
大井@2-77:「まあ、もうバレバレよねー」
名取@2-221:よっしゃ!
提督@2-55:見破るをした大井さんですが…
提督@2-55:重巡リ級は重巡リ級のまんまです。
名取@2-221:・・ん?
名取@2-221:えっ
大井@2-77:「鹵獲対象外。」
大鳳@2-225:ほぅ
白露@2-222:ブ、ブラフですよね…
大井@2-77:「価値はないわ、沈みなさい。」
提督@2-55:艦種偽装を施されてません。
大井@2-77:まあまあまあ。うまいです。
青葉@2-224:「・・・(はて? 何故この艦だけ偽装をしていないのか)」
名取@2-221:「あ、あれ・・・偽装してなかったってことですか?」
大鳳@2-225:こいつが異常な霧の発生源とか?
大井@2-77:「思ったより私たちが来るのが早かったってことかしら。」
提督@2-55:MHT ではリ級は・・・
KanColle : 目標表(4) → 敵艦の中で、もっとも【回避力】の低いPC

大鳳@2-225:ほぅ
大井@2-77:はい。
提督@2-55あれ回避0いないんですな…。
          あれ回避0いないんですな…。――実は大鳳、青葉には回避1がある、予想外。
名取@2-221:ドキドキ
大鳳@2-225:あ、大鳳回避1もある!
青葉@2-224:大鳳さんor私or名取さん
提督@2-55:choice[大鳳,青葉,名取]
KanColle : (CHOICE[大鳳,青葉,名取]) → 青葉

提督@2-55:【8inch三連装砲(幻覚)】判定個性《おおらか》
大井@2-77:オットー
名取@2-221:これは・・・援護射撃?
大鳳@2-225:「もしかしたら、このリ級が霧の発生装置を持っているかもしれないわ!気を付けて!」
青葉@2-224:不思議から+1、猫で+1 目標値7か
大井@2-77:アクシデント表を振ることになりますね…。
青葉@2-224:とりあえずACT振りますね
青葉@2-224:ACT
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

大鳳@2-225:回避に出し惜しみはアカン
大井@2-77:名取さんの言うとおり、援護射撃しましょか。
大井@2-77:【援護射撃】 toward 青葉
青葉@2-224:1d6 このタイミングで減少はイヤー
KanColle : (1D6) → 1

大井@2-77:行動力-1 「バレバレよねー、…航跡が。」
白露@2-222:感情値は、名取があと1残ってるね
提督@2-55:安っ
名取@2-221:いっちてーん!
大鳳@2-225:浦山
白露@2-222:いいぞぉ!
青葉@2-224:では援護射撃で修正が相殺されまして目標値5.いきます
名取@2-221:援護射撃「あ、青葉さん!気をつけて下さい!」行動力-1
青葉@2-224:2d6-1-1+1+1>=5
KanColle : (2D6-1-1+1+1>=5) → 5[1,4]-1-1+1+1 → 5 → 成功

名取@2-221:おっしゃい!
提督@2-55:回避妨害3なので成功です。
白露@2-222:やったぜ。
大井@2-77:素晴らしい。
大鳳@2-225:ローリングシャッター回避かな
名取@2-221:青葉フラッシュ!とか言いそう
青葉@2-224:「青葉の動体視力を持ってすればこれしきの砲弾は・・・ あぶなっ!?」
青葉@2-224:一直線に飛んできた砲弾をのけぞって回避する
大鳳@2-225:ギリギリで避けているのになぜかくっきりと写す
大井@2-77:マトリックス的な?
名取@2-221:「す、凄い・・・青葉さん避けながらカメラを撮ってる・・・」
提督@2-55:では仰け反りシャッター回避した青葉さんの手番
白露@2-222:「さっすがー!」
名取@2-221:「ジ、ジャーナリスト魂って凄いんですね!」
大鳳@2-225:「あの反応回避・・・・・できるっ!」
青葉@2-224:「危うく鼻が低くなる所でした。 油断禁物ですねぇ」
白露@2-222:「あいつ、目が眩んでるっぽいよ。どうする青葉?」
青葉@2-224:大破している艦は放置です。
大井@2-77:ですよね~
白露@2-222:ですよねー
青葉@2-224:ではロ級を攻撃
青葉@2-224:2d6+1-1>=5 自由奔放砲
KanColle : (2D6+1-1>=5) → 3[1,2]+1-1 → 3 → 失敗

青葉@2-224:ふりなおーし
大井@2-77:うおーう…。
白露@2-222:ファンブルじゃないだけ・・・
提督@2-55:どうぞー。
大鳳@2-225:イケイケドンドン!
青葉@2-224:1d6 行動力減少
KanColle : (1D6) → 5

大鳳@2-225:アチャー
名取@2-221:ひぃ
大井@2-77:重い…。
青葉@2-224:むむ、固有が使えなくなった。まぁ、もう使うことはないだろうけど
青葉@2-224:2d6+1-1>=5
KanColle : (2D6+1-1>=5) → 9[3,6]+1-1 → 9 → 成功

提督@2-55:命中妨害もありません、連撃かダメージどうぞ。
提督@2-55:ありませんじゃない2なのでできません。
青葉@2-224:連撃するよりは、ここで攻撃して感情値も貰った方が確率的に倒せる確率はやや上
青葉@2-224:ダメージいきます
提督@2-55:どうぞ。
青葉@2-224:3d6
KanColle : (3D6) → 8[2,3,3] → 8

大井@2-77:ほむ。
提督@2-55:装甲4なので損傷2で大破
青葉@2-224:くっ、低い・・・
大鳳@2-225:クチクカンタイハー
名取@2-221:感情投げます?
白露@2-222:大井っちが殴って捕獲すればいいんじゃね
青葉@2-224:もう使う場面も無いのでお願いします
大井@2-77:(可能ならアクシデント振ってでも鹵獲して欲しい)
大鳳@2-225:夜戦もあるんじゃよ?
名取@2-221:ふむ・・・
大鳳@2-225:ここで無理して落とす必要はない。だって大破だもん
名取@2-221:そうだった
名取@2-221:夜戦大破は両方動けないんだった
名取@2-221:そして夜戦持ち
青葉@2-224:大破ですけど、軽二人の前に立ちふさがってるので、どの道倒さないとヘ級殴れません
大井@2-77:名取+白露で軽巡ヘは落とせるでしょう。
大井@2-77:鹵獲は行動力に余裕がありアクシデント不要な大井が向いていると思います。
名取@2-221:感情2持ちです
大鳳@2-225:アイテムを私に投げてヘ級のダメージを私が受けてもいいのよ
白露@2-222:1って書いてるけど
名取@2-221:あれ、青葉と白露から一つずつ・・・(感情値表
青葉@2-224:では、大井さんに任せて私はターンエンドで
白露@2-222:あ、そっちね。青葉の方見てました…
大鳳@2-225:青葉と白露の残ってない?
名取@2-221:そうだったっぽい
大井@2-77:えーと、名取さんがヘを一撃で屠ることを前提に、欲張ってロの鹵獲に動こうかと思いますがいかがでしょうか?
青葉@2-224:どうぞ!
名取@2-221:どうぞ!・・・前者は難しいかもしれないけどwww
大井@2-77:助かります。シナリオフック、ゲットだぜ!
白露@2-222:どぞ!
大井@2-77:2d6+2>=5 【中口径主砲】 《いじわる》 艦命中力2 装備命中力0
KanColle : (2D6+2>=5) → 7[2,5]+2 → 9 → 成功

大鳳@2-225:前者は無理、4d6で30近くでないっしょ?
大井@2-77:対象は、ロ級!
提督@2-55:妨害込みで成功。
提督@2-55:連撃かダメージどうぞ。
大井@2-77:3d6 「砲も、魚雷発射管も、タービンも潰す!」 ダメージ算出 艦1 主砲2
KanColle : (3D6) → 5[1,2,2] → 5

大鳳@2-225:轟沈やね
提督@2-55:装甲4損傷1で轟沈!
大井@2-77:「鹵獲」【秘密兵器】 「いっけー、モンスターボール!」
大井@2-77:2d6>=5 直上
KanColle : (2D6>=5) → 10[4,6] → 10 → 成功

大鳳@2-225:「やったわ!」
白露@2-222:やっや!
白露@2-222:「やったね!」
大井@2-77:ちゃーちゃーちゃー、ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃー♪
青葉@2-224:モンスターボール(ワイヤー)
名取@2-221:「つ、捕まえました!」
名取@2-221:(モンスターボールってなんでしょう・・・?)
提督@2-55:大井さんの射撃は見事旗艦部だけに命中し爆発はしなかった模様。
青葉@2-224:「よーし、これで敵の情報が掴めますね」
提督@2-55:名取>白露>ヘ級
大井@2-77:重巡に雷撃があるなら、ある意味軽巡の砲撃よりウザいのです。

大鳳@2-225:名取さん、ダメージ受けアイテムくださいな
大井@2-77:その手があった。賢いです。
名取@2-221:ほいー
提督@2-55:あれアイテムではないですよ
名取@2-221:あれ、今渡せましたっけ?
大鳳@2-225:あ
白露@2-222:イベント効果でしたっけ・・・
提督@2-55:分かりやすいように残してますが実際の効果はシーンプレイヤーのPCが1回だけ使えるっていうイベント効果です。
大鳳@2-225:やっべぇそうだイベント効果だ
名取@2-221:私がダメージ代わりに、ってことですね
名取@2-221:あ、取り敢えず殴らないと
青葉@2-224:ついでに、艦隊戦中のアイテム受け渡しは【準備万端】が必要ですねー
名取@2-221:でしたね
大鳳@2-225:ここは重巡リ級を狙って落としたほうがいいかな?
提督@2-55:あれムーブで受け渡しできないんでしたっけか。
提督@2-55:oh、できないようです。p241
大井@2-77:と思います。白露さんすみません。
大井@2-77:【準備万端】 ムーブ ありましたね、そんなものも。
名取@2-221:それですそれです
白露@2-222:梨太陽。
大鳳@2-225:ここで大鳳の致命的計画ミス!・・・・・・

提督@2-55:では名取さんどうぞ。
名取@2-221:重巡は・・・仮に夜戦でもぼったちですし
大井@2-77:!?
大鳳@2-225:雷撃がこわいかな
大井@2-77:重巡うざい。
名取@2-221:あー
大井@2-77:逆に、重巡さえ潰せば軽巡ヘには雷撃が3本飛ぶわけですよ。
名取@2-221:なるなる
名取@2-221:重巡殺りましょう
名取@2-221:という訳で目標重巡リ級
大鳳@2-225:ここでヘ級落とせないのは明白だし重巡落としたほうがアドになるのか確実
名取@2-221:中口径主砲で攻撃 「夜戦」で判定 目標値5 命中修正+2
名取@2-221:2d6+2>=5 「あ、あたってくださ~い!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 9[4,5]+2 → 11 → 成功

提督@2-55:命中!連撃かダメージどうぞ
大鳳@2-225:夜戦に強い(確信)
名取@2-221:連撃行きます
名取@2-221:魚雷で攻撃 「入浴」で判定 目標値5 連撃修正-2 命中修正+2
名取@2-221:2d6+2-2>=5 「ぎょ、魚雷もあたって~!」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 11[5,6]+2-2 → 11 → 成功

大井@2-77:安定して高いです。
白露@2-222:いいね!
名取@2-221:ダメージ4d6!
提督@2-55:うむむ高め、威力どうぞ。
名取@2-221:4d6 「え、えーい!」
KanColle : (4D6) → 13[2,2,3,6] → 13

白露@2-222:やったな!
大井@2-77:やったか…?
提督@2-55:・・・
提督@2-55:損傷1で轟沈!
大鳳@2-225:「やったわ!残るはヘ級一隻よ!」
名取@2-221:「や、やっつけました!後一隻・・・」
白露@2-222:「よーし、追い詰めたぞう!」
提督@2-55:いっちばーん艦。
青葉@2-224:「いやいや、皆さんお上手ですねー。 これはどうやら青葉のコレクションは増えな・・・おっと、なんでもないですー」
名取@2-221:「?」
白露@2-222:じゃあ…【小口径主砲】《口ぐせ》で攻撃!目標値5、命中修正2
白露@2-222:2d+2>=5
KanColle : (2D6+2>=5) → 7[3,4]+2 → 9 → 成功

提督@2-55:命中!
白露@2-222:連撃ィ!
白露@2-222:【魚雷】《芸能》で攻撃!目標値5、連撃修正-2、命中修正2
白露@2-222:2d+2-2>=5 「いっけぇー!」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 7[1,6]+2-2 → 7 → 成功

提督@2-55:命中妨害1!意味なし!威力どうぞ
白露@2-222:4d6 「これが一番艦のちっからぁーッ!」
KanColle : (4D6) → 15[1,3,5,6] → 15

大井@2-77:ナイス…!
提督@2-55:たっかーい、ヘ級の装甲7で損傷2
名取@2-221:やっほい!
青葉@2-224:感情値は・・・回避に残すかな?
白露@2-222:「どうよっ!」
大井@2-77:はい。
大鳳@2-225:「いい感じよ!」
提督@2-55:ならいっちばーん艦に対して【6inch連装高射砲(幻覚)】指定個性《航空戦》で回避どうぞ。
白露@2-222:《砲撃》からの目標値8,回避2あるし軽く避けてやりますよ!
白露@2-222:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 4[1,3]+2 → 6 → 失敗

白露@2-222:ふぇ
大井@2-77:あるぇー…。
大鳳@2-225:慢心ダメ絶対
名取@2-221:ふえぇ・・・
提督@2-55:うーんだめですなあ。
白露@2-222:面目ない…
白露@2-222:ふりなおし。
白露@2-222:白露@2-222の行動力を-2(1d6->2)した
大井@2-77:安くて安心。
白露@2-222:でも6。
白露@2-222:では改めて
白露@2-222:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 7[3,4]+2 → 9 → 成功

大井@2-77:「危うげないわねー。」
大鳳@2-225:セフセフ
提督@2-55:回避妨害はできません成功!
白露@2-222:「ふぁ~っ、今のはあぶなかったかも~!」
大井@2-77:それマヤや
大鳳@2-225:カーニバルダヨッ
大鳳@2-225:カーニバルダヨッ                                     ナノデス!
名取@2-221:お、おい
白露@2-222:やめ

雷撃戦編集

一斉雷撃!編集

提督@2-55:2ラウンド目終わりまして雷撃フェイズなにかありますか?
大井@2-77:ホラーテイスト過ぎるでしょう…。
大井@2-77:アレです。5隻撃沈の状態で雷撃戦になって、こっちの魚雷が一斉に1隻に殺到する感じ。
提督@2-55:なら3隻分一斉に判定してもいいですよ。
大井@2-77:良いと思います。提督さん、タイミングお願いしまーす。
提督@2-55威力も合算でいいでしょう。
        威力も合算でいいでしょう。――本来は一発ずつの判定、一発ずつであれば2d6の出目が6以下で損傷0で済む
         がしかし、演出重視で合算でもOKな事にしました。
大井@2-77:…マジですか?
提督@2-55:(どうせ耐え切れません)
大井@2-77:…なるほど、理解です。
青葉@2-224:・・・良いのかそれ?
大井@2-77:(どうせ夜戦入って終了なので、打ち切るということ)
名取@2-221:いいんです?ほんとに?
大鳳@2-225:合算はさすがに・・・
白露@2-222:GMに任せます
提督@2-55:合算で大丈夫です。
大井@2-77:ありがとうございます。配慮に感謝します。
名取@2-221:ほいほい、じゃあ
白露@2-222:私の魚雷は《砲撃》から距離3。《砲撃》取っといてよかったマジで。
青葉@2-224:まぁ、今回は状況的にヘ級は詰んでるから良いか・・・
提督@2-55:個性判定の準備できたら3,2,1でカウントし、スタートで判定一斉にどうぞ。
大井@2-77:I'm ready.
提督@2-55:いいかな…?
白露@2-222:おk
提督@2-55:3
提督@2-55:2
提督@2-55:1
提督@2-55:スタート
大井@2-77:2d6>=5 【魚雷】 雷撃2 《魚雷》直上 「この魚雷火力、上手く使って欲しいわ。」
KanColle : (2D6>=5) → 11[5,6] → 11 → 成功

白露@2-222:2d6>=8 「まいどあり~」
KanColle : (2D6>=8) → 6[2,4] → 6 → 失敗

名取@2-221:2d6>=7 「あたってくださーい!」魚雷で攻撃 「夜戦」で判定 目標値7
KanColle : (2D6>=7) → 5[2,3] → 5 → 失敗

名取@2-221:あ、てへ
提督@2-55:まそ
大井@2-77:…。振り直し?
大鳳@2-225:振り直しなしでこのまま突っ込んだほうがいい
大井@2-77:夜戦?
名取@2-221:とりあえず大井っちダメージ
名取@2-221:かな?
大井@2-77:2d6 「とっとと終わらす~」
KanColle : (2D6) → 8[3,5] → 8

提督@2-55:振り直しはあります?
大井@2-77:改めて夜戦振るほうがまだ楽、とのことです。
大鳳@2-225:夜戦判定は私と名取の2回できるし
名取@2-221:ですね
大鳳@2-225:名取は感情二つ残ってるから夜戦行った方がいいと思います
名取@2-221:あれ、ダメージは?大破でじゃ
名取@2-221:では
白露@2-222:そういえばヘ級に損傷入りました?
大井@2-77:(もう処理が面倒なのである)
提督@2-55:!
名取@2-221:おk
提督@2-55:損傷1入りますです

夜戦編集

名取の夜戦編集

提督@2-55:ふむ、では昼戦終了です、夜戦に入りますか?
大鳳@2-225:夜戦私から振っていい?
名取@2-221:ほい!
大鳳@2-225:整備代用、距離2、猫補正1目標値8 どうせクリティカル狙い・・・・
大井@2-77:ストップ。
提督@2-55:どうぞ。
大井@2-77:夜戦は代表者1人ですよ?
青葉@2-224:(ちなみに、夜戦判定を二人以上が振って良いかというのはGM判断になります)
名取@2-221:あ。
大鳳@2-225:おっと、失礼
青葉@2-224:(ルルブ上は、夜戦判定に失敗した時点で艦隊戦終了なので)
大鳳@2-225:(やべぇ・・・・・・昨日から頭冴えてない・・・・・)
名取@2-221:ど、ドンマイです・・・
名取@2-221:そしたらやりましょう!
白露@2-222:じゃあなとりんいっちゃう?
大井@2-77:…お願いしまーす。
名取@2-221:「夜戦」で判定 目標値5!
名取@2-221:2d6>=5 「こ、これは・・・夜戦に・・・」
KanColle : (2D6>=5) → 9[3,6] → 9 → 成功

名取@2-221:「・・・夜戦に、行きましょう!」
大井@2-77:ナイスです。青葉さんがてきとうにぼてくりこかして終了です。
提督@2-55:成功!夜戦に入ります
名取@2-221:ガシャコン
青葉@2-224:「夜戦も青葉にお任せです!」
名取@2-221:「や、夜戦だけは、得意なんです、私!」
提督@2-55:では航行序列順にどうぞ。
大鳳@2-225:「そうね、この際徹底的に、叩きましょう!」
白露@2-222:流石のなとりんである(意味深)
大鳳@2-225:夜間飛行無いので青葉どぞ
青葉@2-224:「おやー? では折角の得意分野です。名取さん、お譲りしましょうか?」
名取@2-221:「夜戦・・・やせん・・・えっ!あ、だ、大丈夫ですよ!」
名取@2-221:「ど、どうぞ!」
青葉@2-224:「残念、名取さんの自信のある表情も撮ってみたかったですねー」
白露@2-222:「あたしも見てみたかったな!」
名取@2-221:「え、えっと・・・」
大鳳@2-225:「名取、迷うなら決めさせてもいいのよ?」
白露@2-222:「どうする、リーダー?」
名取@2-221:「・・・・・・こ、ここは」
青葉@2-224:「なっとりんの、ちょーっと良いとこ見てみたい! なーんて、 青葉は旗艦殿に従いますよ?」
名取@2-221:「・・・なら、い、行かせて下さい!」
大井@2-77:「よく言った!」
青葉@2-224:「はい。それではお任せいたします!」 素早く射線をあけます。 そして撮影ポジションへ
名取@2-221:「・・・はい!」
名取@2-221:GMさん、いいですかね
青葉@2-224:というわけで、航行序列4.青葉は攻撃を放棄。航行序列3へ攻撃権利が移ります
提督@2-55:OKです。では名取さんどうぞ。
名取@2-221:それでは行きます
名取@2-221:中口径主砲で攻撃 「夜戦」で判定 目標値5 命中修正+2
名取@2-221:2d6+2>=5 「・・・・・・」
KanColle : (2D6+2>=5) → 11[5,6]+2 → 13 → 成功

名取@2-221:!?
青葉@2-224:スペシャル
白露@2-222:でっかい!
大鳳@2-225:そしてこのスペシャルである
大井@2-77:外しませんねー。素晴らしい。
提督@2-55:ひえっ。
提督@2-55:連撃しますか?
名取@2-221:これはそのままでも殺れそう
名取@2-221:・・・行くか
名取@2-221:連撃行きます
提督@2-55:どうぞ。
名取@2-221:魚雷で攻撃 「入浴」で判定 目標値5 連撃修正-2 命中修正+2
青葉@2-224:どうぞ!
名取@2-221:2d6+2-2>=5 「・・・・・・!」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 12[6,6]+2-2 → 12 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

名取@2-221:!!!???
大井@2-77:すっげー
提督@2-55:ひえっ。
白露@2-222:うおおおおおおおお
青葉@2-224:これは素晴らしいww
大鳳@2-225:アイエエエエ!!??
大井@2-77:ここに声援があるじゃろ?
提督@2-55:ああ、スペシャル2回なので2d6でかいふくどうぞ。
白露@2-222:「さっっっっすがリーダー!なとりん!しびれちゃう!」
大鳳@2-225:「いい感じよ!!
名取@2-221:2d6 「・・・・・・!」(鋭い目つき)
KanColle : (2D6) → 4[1,3] → 4

名取@2-221:それでは名取はそれまでの気弱な動きがまるで無くなり
名取@2-221:例えるなら神通さん改二のような動きで敵に攻撃します
名取@2-221:2+2+1+1+2・・・かな?
白露@2-222:連撃で2回ともスペシャルなら、+4dですよね?
名取@2-221:あ
青葉@2-224:ですね。10dです
提督@2-55:10dかな・・・
提督@2-55:装備3+装備3+クリ2+クリ2
名取@2-221:10d・・・更に感情値は?
名取@2-221:行きます?
大井@2-77:わーお。
白露@2-222:振りましょうか!
大鳳@2-225:(うーん・・・・昨日の電たんから調子が悪い)
青葉@2-224:私と白露さんから1点ずつ
大鳳@2-225:追加2d6いってみよー!
名取@2-221:電たんは消えたんだ、忘れよう・・・
名取@2-221:んじゃ12d6行きます
白露@2-222:「このまま決めちゃいなよ!」+1
青葉@2-224:「これは、言うだけのことはありますね・・・!」+1
提督@2-55:(まだだ…まだ出目が全部1なら…)
名取@2-221:12d6 (あの頃の・・・二水戦の猛訓練の時のように、体が動く!)
KanColle : (12D6) → 39[1,2,2,2,3,3,3,4,4,4,5,6] → 39

白露@2-222:破壊力ゥゥゥ!!!
名取@2-221:「はあああああっ!!!」
名取@2-221:発砲!雷撃!
名取@2-221:突撃しながら攻撃を集中させます1
提督@2-55:名取の砲雷撃が全てヘ級へと注ぎ込まれる・・・ヘ級の装甲7・・・・・・
提督@2-55:――損傷5点で轟沈!
青葉@2-224:名取が攻撃を完璧に決め終えた瞬間を捉えて、一度だけ、シャッターを切る
白露@2-222:「ほぇー・・・・・・」 凄まじさに言葉を失ったらしい
大鳳@2-225:「さすがね!我らの旗艦!」ハイタッチ
大井@2-77:「………。」
名取@2-221:「・・・・・・えっ、えっ1」
名取@2-221:名取 は 普通の状態 に 戻った!
青葉@2-224:「ふぅ、流石に夜戦でフラッシュなんて焚けませんからね・・・久々のワンチャンスの撮影に、柄にも無く緊張しました」
名取@2-221:「あ、あれ・・・ヘ級は・・・」
大井@2-77:「…必殺!仕事人、かな?お仕事完了、お疲れさま。」
大鳳@2-225:「あなたが倒したのよ!すごいわ!あの火力!!」
名取@2-221:「え、ええっ・・・!」
名取@2-221:「・・・あ、ありがとうございます!」
青葉@2-224:「最高でしたよ。名取さん。 良い画が撮れました!」 ぐっとサムズアップ
名取@2-221:「は、はい!」
名取@2-221:(ほんとに・・・私が・・・?)
名取@2-221:(あぁ、でも、あの時、確かに・・・)
白露@2-222:「っはぁー、すごかったぁ!見惚れたよなっとりん!」
名取@2-221:「そ、そんなにでしたか・・・?」
名取@2-221:「・・・はっ!か、艦隊戦が終わったなら、い、急いで報告しに行かないと!」
大井@2-77:それでは、駆逐ロ級を曳航します。
大井@2-77:「ブラウン式タービンの力を見よー!」
大井@2-77:「………。」
大井@2-77:「お、重い…。ごめん、青葉さん、引っ張ってくれない…?」
青葉@2-224:「はーい。青葉にお任せをー」
提督@2-55:……殲滅が終わると霧も晴れて見晴らしがよくなったようです…。
大井@2-77:「ごめん、助かる。」
大井@2-77:…ワイヤーは、敵襲があればすぐにフックを外せるようにしておきます。
名取@2-221:「あっ、き、霧が・・・」
白露@2-222:「あっ、空が綺麗になったよ~」
大鳳@2-225:「いい風、さ、早く帰りましょ?」
名取@2-221:「そ、そうですねっ!」
大井@2-77:「そうねー、この服、蒸れちゃうわ。」
青葉@2-224:「おや、怪現象もこれまでですか。 まぁ、記事のネタはそれなりに仕入れられましたし、重畳ですかね」

終了フェイズ編集

戦果目いっちばーん!編集

提督@2-55:……では…戦果です、通常戦果+7 サブ任務達成戦果+1 合計戦果+8  完全勝利Sで内特殊戦果2回可能です。
大井@2-77:美味しい。
名取@2-221:うはうはよー
大井@2-77:とりあえず5人+名取さん追加1回で振りますか?
青葉@2-224:通常戦果を全員一度ずつと、特殊戦果を名取さんと後誰か、かな
白露@2-222:いいと思います!
青葉@2-224:おっと、合計戦果8だった・・・
大鳳@2-225:いいんじゃないかな
白露@2-222:では・・・
大井@2-77:SNT まあまあまあ
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

白露@2-222:SNT いっちばーん!
KanColle : 戦果表(3) → 鋼材/1D6+[敵艦隊の人数]個

青葉@2-224:snt
KanColle : 戦果表(6) → 感情値/各自好きなキャラクターへの【感情値】+1

大鳳@2-225:SNT
KanColle : 戦果表(2) → 弾薬/1D6+[敵艦隊の人数]個

名取@2-221:SNT
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

名取@2-221:鋼材1弾薬1任意2感情1
提督@2-55:鋼材1 弾薬1 任意2 感情値1  残り戦果3(内特殊2可)
大井@2-77:名取さん残り全部振っちゃうとか。
名取@2-221:えっ
青葉@2-224:今回、作戦立案で色々頑張ってくれた大井さんにも一回振って欲しいかな
大井@2-77:わーい。
大井@2-77:SNT 特殊は任せたー!
KanColle : 戦果表(6) → 感情値/各自好きなキャラクターへの【感情値】+1

白露@2-222:わお。
名取@2-221:おお
名取@2-221:じゃ特殊二つは・・・
名取@2-221:誰か一つやらはります?
提督@2-55:鋼材1 弾薬1 任意2 感情値2  残り戦果2(内特殊2可能)
大鳳@2-225:誰もやらないようであれば私やっていい?
名取@2-221:ど、どうぞ!
青葉@2-224:どうぞー
大鳳@2-225:うっし!じゃぁ特殊1回分もらうよ
名取@2-221:そしたらまず通常分の振りますか?
名取@2-221:任意は・・・燃料とボーキかなぁ
大井@2-77:良いと思います。
名取@2-221:じゃ先に鋼材と弾薬どうぞ
名取@2-221:敵南院だっけ
青葉@2-224:確か6体
名取@2-221:でしたね
大鳳@2-225:6体、うちエリ1
名取@2-221:じゃ+6でどうぞ
白露@2-222:1d6+6 はがね
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

大鳳@2-225:1d6+6 弾薬
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

名取@2-221:いっちばーん!
白露@2-222:おお。
大鳳@2-225:ダブルいっちばーん!
大井@2-77:燃料振りますね。
大井@2-77:1d6+6
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

白露@2-222:いっちばーん!
大鳳@2-225:ダブルいっちばーん!
名取@2-221:そしたらボーキ行きます
名取@2-221:1d6+6 ボーキ
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

名取@2-221:wwwwwww
大井@2-77:すげえ。
白露@2-222:ちょwwwwww
大鳳@2-225:ふぁ!?
青葉@2-224:確率ろーん!?
名取@2-221:11/11/11/11
白露@2-222:いっっっちばぁぁっぁあん!!!
名取@2-221:白露ちゃんおめでとうwww
提督@2-55:ひえっ。
名取@2-221:3/3/2/0→14/14/13/11
大井@2-77:これが…白露の呪い…。歓迎です。
提督@2-55:感情値2  残り戦果2(内特殊2可能)
名取@2-221:感情今やっちゃいます?
大鳳@2-225:感情は・・・・名取と大井で
大井@2-77:名取さんと青葉さん。名取には、/応援
名取@2-221:白露「い、一番のパワーって凄いですね!」大井「す、推理と準備には驚きました・・・!」+1ずつ
青葉@2-224:感情値:大井/1/スカウトしたい人材 白露/1/目に見えないパワーを感じます
大鳳@2-225:名取「とても立派よ!」/大井「頼れる人」で
大井@2-77:…ありがとうございます。
白露@2-222:大井に「かっこいい」、名取に「すごかったよ!」

幻の艦載機編集

大井@2-77:特殊戦果?
名取@2-221:ですね
大井@2-77:反映ー。
提督@2-55:では、残り戦果2(内特殊2可能)
名取@2-221:いきますよー
大鳳@2-225:いきまっせー!
名取@2-221:spsnt エイヤァ!
KanColle : 特殊戦果表(5) → 艦載機開発表を使用する(資材は消費しない)

白露@2-222:おおっ?
大井@2-77:…っ来い!
大鳳@2-225:SPSNT イヤーッ!
KanColle : 特殊戦果表(3) → 家具コイン/+1

名取@2-221:コイーン
提督@2-55:チャリーン
白露@2-222:コイン
大鳳@2-225:そう来ると思った(不幸体質)
名取@2-221:じゃ、艦載機回します・・・!
提督@2-55:では名取さんは続いて艦載機開発表を。
大井@2-77:期待。
名取@2-221:wpfa とおおおおおお!
KanColle :艦載機開発表(燃料3/弾薬6/鋼材3/ボーキ6)(17[5,5,1,6]) → 彩雲(着任p251)

名取@2-221:!!!!!
大鳳@2-225:ふぉぉぉぉぉぉぉ!!??
大井@2-77:きったあああああああ!!
白露@2-222:!?
提督@2-55:!?
名取@2-221:大鳳さんどうぞ!
大鳳@2-225:も、もらっていいのかい?
青葉@2-224:他の誰も持って帰れませんしね
大鳳@2-225:じゃ、じゃあ貰います!
名取@2-221:どうぞ!
提督@2-55:持ち帰っておっけーです。
大鳳@2-225:この偵察機はどうします?
大井@2-77:これはでかい(確信)
大鳳@2-225:眠気が吹っ飛んだ
名取@2-221:早速装備していくかい?
大井@2-77:武器屋の親父である
白露@2-222:装備しなきゃ意味がないぜ
提督@2-55:無難どころですと青葉さんの機銃おろして偵察機積む感じですかねぇ。
大鳳@2-225:彩雲はもち装備してく
青葉@2-224:偵察機ですか。元は名取さんのですが、貰っていってよろしいのかな?
名取@2-221:別に構いませんよー
大井@2-77:機銃をリソースに加えますね。
青葉@2-224:では、頂いていきます
名取@2-221:索敵はあれだ、改で装備枠増えて偵察機か電探貰えるまで我慢
提督@2-55:うーん羨まし。

艦隊帰投…砦はどうなった?編集

提督@2-55:夜明けの那覇戦隊は何事もなく砦に辿り着きます。
提督@2-55:その姿は…相も変わらず錆ついてます、手入れしないから仕方がない。
大井@2-77:ロ級のワイヤーを港にある例の『「』に繋いで、…報告は任せて自分は監視しています。
名取@2-221:(・・・さ、錆落とししなきゃ!)
名取@2-221:と心に誓います
大井@2-77:(はやくどっかの上層部直轄の応援来ないかなー)
提督@2-55:大井さんの鹵獲してきたロ級は妖精さん達が管理するので大丈夫でしょう。
大鳳@2-225:「何事もなく、全員無傷で帰ってこれたわ」
大井@2-77:「おお、来た来た、上層部直轄の妖精さん!」
大井@2-77:「それでは、あとはお任せします。…よしなに。」
大井@2-77:というわけで報告会に遅参しまーす。
大井@2-77:>提督さん ありがとうございます。
提督@2-55:妖精「大井しゃんお疲れ様でしゅ!後は私達に任せでくだしゃい!」とロ級をずーるずる
大鳳@2-225:「なんか・・・・シュールね・・・・」
青葉@2-224:「(あー、そういえば扉の隅に盗聴器設置しっぱなしですねぇ・・・ 提督と榛名さんの情事とか入ってたらどうしましょう)」
名取@2-221:そしたら帰還途中で大井さんにこっそり貰ったメモを読みつつ
白露@2-222:「じょーじ?」
名取@2-221:報告の内容を考えます
名取@2-221:「え、ええ!?」
名取@2-221:「し、白露ちゃんには関係ないことだよ!?う、うん」
名取@2-221:「あ、青葉さぁん!」
青葉@2-224:「おおっと、考えが口から漏れていましたか・・・油断ですねぇ」
白露@2-222:「そ、そうだよね・・・うん」
大井@2-77:「まあ、さすがに寝室に行くんじゃないかしら?よくわかんないけど。」
名取@2-221:真っ赤になってます
大鳳@2-225:「白露ちゃんが知るにはまだ早いわ」
提督@2-55:そんなこんなな話をしてる内に提督室前に・・・
白露@2-222:「あっはは、なとりんゆでダコみた~い!」
名取@2-221:「///」
青葉@2-224:「回収回収、っと」 レコーダーは引き上げます
大鳳@2-225:「提督室の目の前よ、きちんとしなさい」
名取@2-221:「はっ、す、すいません!て、提督さん!作戦終了した艦隊が帰投しました!」
提督@2-55:中に入ると提督と榛名が居ます。
名取@2-221:それでは内容を報告しようとします・・・が
提督@2-55:が?
名取@2-221:さっきの事で頭から内容抜けちゃったよ!
名取@2-221:「あ、あの・・えっと・・・!」
大鳳@2-225:つかさず、大鳳がフォローに入ります
名取@2-221:そしてガサゴソと大井さんに貰ったメモをポケットから出して
名取@2-221:それが落ちます
名取@2-221:丁度大鳳さんの前に
提督@2-55:「おう、おっつかれ色々すまんかったな」今まで会ってた提督とはちょっと変わった雰囲気…何か軽くなったような。
大鳳@2-225:メモってどんな事書いてあるん?
名取@2-221:そこにはこんなことが。
名取@2-221:「湾内に、夜明けの那覇戦隊が鹵獲した駆逐ロ級がいます。処分は上にお任せします。」
「残り5隻について詳細は書面で報告しますが、このロ級、形態変化能力を使って、まるで戦艦ル級であるかのような姿を取っていたのです。」
「それどころか、書面で報告する私たちの証言に基づけば、なんと衛兵の姿にまで化けたとか。」
「更に、より重要度の低い新たな脅威として、神経ガスと思われる『人を惑わす霧』も確認されました。」
「詳細は書面にまとめますが、榛名さんの証言くらいはそちらでお願いしたいです。」
「以上の問題に対処する中で私たちの取った対策と、その有効性についても、別紙にまとめます。」

大鳳@2-225:じゃぁ、このメモちょっと前に見たとして
名取@2-221:というかんじで・・・
青葉@2-224:「うん?」 青葉は、ジャーナリストの鼻で、提督の変化に何となく気づきます
名取@2-221:「あ、た、大鳳さんごめんなさい!」
提督@2-55:榛名の暴走状態見抜いてる青葉さんなら分かるでしょう、今までの提督は幻覚のせいかマジメのように見せられてたようです、こっちの性格が本当の提督なんでしょう。
白露@2-222:「ていとくぅー、あたしたちやり遂げたよ!」びしっと
大井@2-77:「練習艦時代が長かったからね。その分、パワーが余っているのよ。」
青葉@2-224:軽くなったのは肩の荷とか雰囲気とかじゃなくて態度かーい! つ ビシッ!
提督@2-55:「おう、良くやったな白露偉いぞ」頭をわしゃわしゃと撫でる
白露@2-222:「っへへー」
提督@2-55:榛名「提督、ご報告の最中です」
提督@2-55:「おう、そうだな、それでどんな感じだったんだ?」
名取@2-221:「え、えっとそれはですね・・・」
青葉@2-224:「うーん・・・(司令官だけはあのままでも良かったかも知れませんねー?) ロ級の解析が済んだら、司令官に装備させておこうかしら」
大鳳@2-225:「報告します。作戦遂行時、敵駆逐艦ロ級を鹵獲しました。これの処分は提督に一任します。
残り五隻は轟沈させましたので、このロ級は貴重なサンプルであることを忘れないでください。
また、これは私たちの一考でありますが、この変装は深海棲艦から人間になることも可能であると推測しています。これはまたあとで報告書にまとめます。
そして、敵艦隊と遭遇したとき例の霧が発生しました。私たち全員マスクをつけていたので榛名さんのような症状が起こらなかったため、神経ガスではないかと思います。
これ以上の詳しい報告はのちに紙面で提出いたします。」

白露@2-222:「?(・・・あれっ、提督ってこんな人だっけ?)」
名取@2-221:「た、大鳳さん・・・ど、どうもすいません」
提督@2-55:「ふーむ、なるほどな・・・・・・・・・その辺の細かい事は榛名任せるぞ」
大鳳@2-225:「いいのいいの、長を助けるのも私の仕事よ」
提督@2-55:榛名「了解致しました、提督」
大井@2-77:「…うわー、書類仕事たくさんだわ。」
青葉@2-224:「榛名さんもすっかり回復されたようですねー」
白露@2-222:「よかったよかった!」
大鳳@2-225:「榛名さん、おからのほうは大丈夫でしょうか?
大鳳@2-225:おから→お体に訂正で
提督@2-55:榛名「皆様にはご迷惑をお掛けしました、大変申し訳御座いません、体の方はもう大丈夫です。」
白露@2-222:「気をつけてくださいね、それから提督も!」
名取@2-221:「よ、良かったぁ・・・」
提督@2-55:「ん、何の事だ俺はいつも通りだぞ?ま、お前らが無事で良かった」
白露@2-222:「榛名さんに無理させちゃあ・・・あぁー、今はいいです!こうして無事に済んだんだからねっ!」
名取@2-221:「て、提督さんも・・・こ、これからはあまり榛名さんに負担をかけすぎないようにしてくださいね・・・?」
大鳳@2-225:「提督、今のところの報告は以上です。」と落ちたメモをサッと拾う
大井@2-77:(スマートだわ…。)
青葉@2-224:「司令官は、少しくらいいつも通りじゃないほうが、仕事を頼む皆さんにとってありがたいんじゃないでしょうか」
名取@2-221:大鳳さんにぺこっと頭を下げよう
大鳳@2-225:マジメという長所はこういうロールをするのに便利
提督@2-55:「ふっ…俺の秘書艦は優秀だからなそんな心配はいらんさ」
提督@2-55:「さ、一先ずは休んでくれ、また何かあったら頼むだろうからな」
大鳳@2-225:「はい、わかりました。それでは失礼します」頭を下げたあと退出
白露@2-222:「はーい。」
名取@2-221:「は、はい・・・では、私はこれで・・・」そそくさ
大井@2-77:「それでは、失礼します。」
名取@2-221:提督と、帰りに榛名ちゃんにもぺこっと下げて退出しよう
青葉@2-224:「榛名さんに愛想を尽かされないように、甲斐性を大事にすることをお勧めしますよー? では、青葉、しっつれいしまーす」
名取@2-221:あ
大鳳@2-225:「青葉!余計なこと言わないの!」
名取@2-221:扉でようとした所で思いついて戻って提督さんに
名取@2-221:「あ、あの・・・」
提督@2-55:「はっはっはっ、おうどうした?」
名取@2-221:「も、もし錆落としをされるなら呼んで下さい!て、手伝いますから!」
名取@2-221:もじもじした感じで告げる
提督@2-55:「あーあまり気にしてはいないが、そうだなすることになったら頼むよ」
名取@2-221:「は・・・はい!」
名取@2-221:パァーッとした笑顔
名取@2-221:「そ、それでは・・・私はこれで・・・」
名取@2-221:そそくさと退出
提督@2-55:「おう、またな……ん、なんだこれ」皆を見送り
提督@2-55:壊れた電たん「…・…なの…です」
大鳳@2-225:ファ!?
提督@2-55: 
大井@2-77:ぎぃやああああああ
白露@2-222:うわああああああ
名取@2-221:ひいいいいいいいいいいい!?
青葉@2-224:どこからぁああああああ
名取@2-221:BGM:世にも奇妙な物語

アフタートーク編集

経験値処理編集

提督@2-55:ということで終わりです!!
大井@2-77:お疲れ様でしたー!
青葉@2-224:お疲れさまでしたー
大鳳@2-225:お疲れ様です
大井@2-77:経験値、MVP、あとは各自?
名取@2-221:お疲れ様でしたー!
提督@2-55:大変長々と失礼でした。さくっと経験値処理をします。まずはMVPから。
提督@2-55:シークレットダイス 艦名【理由】でお願いします。
名取@2-221:シークレットダイス
大鳳@2-225:シークレットダイス
大井@2-77:シークレットダイス
白露@2-222:シークレットダイス
青葉@2-224:シークレットダイス
提督@2-55:では・・・
提督@2-55:3
提督@2-55:2
提督@2-55:1
提督@2-55:オープン!
大井@2-77:s1d6 青葉 【抜け目のない心理戦と情報収集、ムードメーカー、以上を一貫したキャラクターでRP】
KanColle : (1D6) → 5

青葉@2-224:s1d6 大鳳 「青葉をRPする上で、叱ってくれるキャラがいるというのは色々と助かりました」
KanColle : (1D6) → 6

名取@2-221:s1d6 大鳳さん:色々と支えてくださってありがとうございました!
KanColle : (1D6) → 2

白露@2-222:s1d6 名取:「ラストの一撃、かっこよかったよ!」
KanColle : (1D6) → 5

大鳳@2-225:s2d6 名取【最後の我らが旗艦】
KanColle : (2D6) → 3[1,2] → 3

提督@2-55:青葉さん10点 大鳳さん20点 名取さん20点ですね。
大井@2-77:ふぅ。
名取@2-221:ありがとうございます
提督@2-55:ではその他の経験値。
提督@2-55:戦闘+10点!
青葉@2-224:きょーしゅくです!
大鳳@2-225:此方こそありがとうございます名取さん、青葉さん
提督@2-55:艦種 駆逐軽巡+20点! 重巡+10点!
提督@2-55:旗艦+10点!
提督@2-55:任務 艦隊戦に勝利せよ +50点!
提督@2-55:非平常シーン 2/2 成功 +10点!
提督@2-55:名取さん1d3振ってください。
名取@2-221:ほい?
名取@2-221:1d3
KanColle : (1D3) → 3

提督@2-55:おっとでかい。
提督@2-55:ロ級捕獲 +30点!
名取@2-221:わ、わーい
名取@2-221:!!
大鳳@2-225:やっほうぅ!
白露@2-222:!!
大井@2-77:名取さんナイスです。
大鳳@2-225:やはり名取はできる子
名取@2-221:やったね!
青葉@2-224:いいですね
提督@2-55:通常経験値100点 後は艦種・旗艦・MVPでそれぞれ加算してください。
大鳳@2-225:提督、質問です!
大井@2-77:100+艦種20
提督@2-55:はい。
名取@2-221:100+10+20+20
白露@2-222:120点ですね。
大鳳@2-225:建造の書2にある全員無事の経験値はもらえますか?(参照建造2、P166)
青葉@2-224:基本100+艦種10+MVP10 合計120点
提督@2-55:なんだそれは…(ペラペラ
大鳳@2-225:あ、すまん何でもないです
青葉@2-224:んーと、キャンペーン用のルールみたいですね
提督@2-55:導入してないので無いです!
名取@2-221:150点わっほい
大鳳@2-225:となると、合計100でちょうどLv2!
提督@2-55:後は家具コインが1個チャリンと。
名取@2-221:わーい
名取@2-221:ん、大鳳さん120では?
提督@2-55:各自、個性調整と感情値調整などなどして完了ですね。
大井@2-77:お疲れ様でしたー!
大鳳@2-225:120か
白露@2-222:お疲れ様でした~
大鳳@2-225:お疲れ様です
名取@2-221:通常経験値100とMVPの20ですね
名取@2-221:お疲れ様でしたー!
提督@2-55:お疲れ様でした、長々とお付き合い頂きありがとうございました。
青葉@2-224:お疲れさまでーす

GMから編集

二回目のGMです。
まず初めに時間を目一杯取らせてしまい大変申し訳なかったです。(8/31,13時~3時。9/1,23時~3時)
原因は2つ、1つ目は単純に時間が足りない、これは導入フェイズを前日にやると当日の時間に余裕ができそうなので改善。
2つ目はGMから区切りをいれなかった事ですね、猛省する場所です。
そして、一部認識の甘い部分がPLを別な方向に導いてしまったのが何箇所からありました、ここも反省点。
次回建てる事がありましたらこの辺りを直します。
次回予定は海域マップと島を1サイクル仕様にして導入(予定)
なお予定は予告なく変更になります、その時はどうぞよろしくお願い致します。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki