FANDOM


卓情報編集

鎮守府:燃える実芭蕉警備府
GM:提督@43
艦娘レベル:Lv3〜5
PC人数:4人
大和@3-188
赤城@539
子日@3-322
響@3-319
リミット:2サイクル
海域マップ・シナリオエディット:無し

プリプレイ編集

提督@43:さて、揃いましたね!
提督@43:それでは只今より、セッション【実芭蕉共騒曲】を始めていきたいと思います!
提督@43:本日も、よろしくお願いします!
大和@3-188:よろしくお願いしまーす!
赤城@539:よろしくお願いします
子日@3-322:よろしくお願いします!
響@3-319:よろしくお願いするよ
提督@43:まずはプリプレイとして色々と
提督@43:経験点前借り、博覧強記の宣言、名誉点増やす諸々など!
大和@3-188:はーい
大和@3-188:大和は経験値を30点前借りして3レベルとなります その他は特に無し
提督@43:許可なのです!
響@3-319:300点前借りで3LVになりまーす
提督@43:許可なのです!
赤城@539:赤城さんは特に宣言することはないな Lv5なのだが大丈夫なのか(小声
提督@43:何か問題が?(笑顔
子日@3-322:新規なので経験値300前借でレベル3 あと、《砲撃》を弱点、【魚雷】破壊で名誉点2取得
提督@43:許可デス!
提督@43:以上!他に何かあるかなぁ?
響@3-319:特にないかな。
提督@43:つづいて旗艦と艦隊名を決定して貰いましょう!
提督@43:旗艦は、誰がやりますかね?
大和@3-188:旗艦?やりますかね
Bismarck(NPC):私でもいいわよ!
響@3-319:大和でしょう。
子日@3-322:NPCに経験値はわたさん!
子日@3-322:まあ、順当に大和さん押し
提督@43:では、過半数の支持があるため決定!
提督@43:続いて艦隊名決定です。サイコロにします?それとも適当に決めます?
大和@3-188:では、旗艦をやらせてもらいましょうかね。 赤城さんはこれで大丈夫ですかね?
響@3-319:サイコロ
赤城@539:どうぞどうぞ
大和@3-188:では任せてもらいましょう
提督@43:では、適当にkantaiでダイスをどうぞーなのですよ
大和@3-188:kantai 艦隊名決定表行っくよ—!
KanColle :艦隊名決定表(5[3,2]) → 枕詞表(makura)+特殊表(tokusyu)+チーム表(team)

大和@3-188:と く しゅ
提督@43:うふふ
赤城@539:あっ(察し
赤城@539:じゃ並び順かな
提督@43:かな?
赤城@539:makura てい!
KanColle :枕詞表(26[2,6]) → 独立

子日@3-322:tokusyu 特殊!
KanColle :特殊表(45[4,5]) → きゅんきゅん

子日@3-322:わーい
提督@43:うっ、頭が
大和@3-188:わーい
響@3-319:team
KanColle :チーム表(14[1,4]) → 海援隊

赤城@539:なんだろうこの
大和@3-188:独立きゅきゅん海援隊
響@3-319:独立きゅんきゅん海援隊
赤城@539:きゅんきゅんの場違い感
響@3-319:きゅんきゅんが全てを台無しにw
提督@43:君たちは一箇所を振りなおしてもいいし、そのままでもいい
大和@3-188:ん、それじゃあ特殊振り直し行きますかね?
響@3-319:ゴー(もっと酷くなれ
子日@3-322:ほう・・・
大和@3-188:それ以外振り直す場所ないべw
提督@43:ゴー!(カオスを!
大和@3-188:tokusyu カオス成分を補充せよ!
KanColle :特殊表(13[1,3]) → 心中

赤城@539:えるしってるか
大和@3-188:独立心中海援隊
赤城@539:特殊は振りなおしてもまずマトモにならん(真顔
大和@3-188:知ってた
提督@43:良いチャージインだ!
子日@3-322:全滅しそう
提督@43:独立心中海援隊でいいかな?
大和@3-188:諸君、どちらを選ぶかね?
響@3-319:酷い名前だw
提督@43:だが、リズムは良くないかな!
子日@3-322:せ、せやな!
響@3-319:せやな!
大和@3-188:何が怖いって心中の方はリズムはいいのよねw
赤城@539:まぁいいんじゃないか(目そらし
提督@43:では、旗艦さんが宣言をすれば、それで決定としましょうかね
大和@3-188:んー、ウケが良いみたい(?)なので独立心中海援隊としましょかね
提督@43:承認です!
提督@43:さぁて、ついでだ
提督@43:現在、家具コインは4枚ですが……何か欲しいかね
響@3-319:艦娘デスク?
大和@3-188:大和は○衛生持ち出し診療台セットは有効に活かせそうだね
子日@3-322:破魔矢も便利かと
提督@43:だるまもあるぞぉ!
大和@3-188:今のところのプランは診療台+デスクor破魔矢+何かってところかのう
響@3-319:戦場をランダムで決めるならてるてる坊主かな
赤城@539:この面子だと…窓はあっても意味ないしのぅ
提督@43:ああ、事前に言っておきますが戦場表、振りません
大和@3-188:ふむ、なら診療台を強く押しておきましょうかね。 ローコスト修理はやっぱり捨てがたい ついでにデスクなら買えるし
響@3-319:じゃあ診療台とデスクかな
子日@3-322:こういう場合は旗艦まかせるのさ(ゲス顔)
大和@3-188:よし、それじゃあ診療台3)と艦娘デスク(1)を購入しましょう
大和@3-188:これでコインは使いきった
提督@43:承認です!
赤城@539:ふむふむ デスクと診療台か
提督@43:では、これにてプリプレイは終了かの
大和@3-188:っぽい?
子日@3-322:あっ、一応改造済みなのを報告
提督@43:おっと、承知。
響@3-319:同じく改造済みです
赤城@539:あぁそうだ 彗星の指定個性が何故か前のままだったから待機に変えておきます
提督@43:許可しましょう!
赤城@539:(艦攻もさわやかに変更
提督@43:そして、これにて全ての事前準備を終わったとみなして、プリプレイを畳みましょう
赤城@539:はーい
大和@3-188:はーい
提督@43:それではポップコーンとジュースの準備はよろしいかね?
提督@43:これより本編を開始いたします
響@3-319:アーイ!
提督@43:〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

導入編集

提督@43:貴方達は辞令を受け、この鎮守府へとやってまいりました。
提督@43:外見はどこにでもある老朽化の進んだ区役所のようです
提督@43:近頃、奇妙な深海悽艦やポンコツ大戦艦発見の報告も上がっていますが予算は急には湧きません
提督@43:その結果としてまだまだ補修が進んでいないといった様子です。
提督@43:そんな鎮守府前から、物語は始まります……
大和@3-188:「(戦艦用の主砲がなぜか使われずに格納されているため回収へ向かいそのまま艦隊旗艦となれ…か…)」
大和@3-188:「(本当にここで合っているの…?)」
赤城@539:「……ここ、ですかね」 微妙な顔をしつつ立っていよう
響@3-319:「ここかな?」
卯月(NPC):「ここっぽいっぴょん?」
大和@3-188:「あら?貴方たちは?」
卯月(NPC):「うーちゃんはうーちゃんっぴょん?」
子日@3-322:「子日は子日だよ~よろしく~!」
響@3-319:「ここに配属された響だよ。よろしく。」
赤城@539:「一航戦、赤城です。…ええと、こちらが燃える芭蕉警備府で間違いないのかしら?」
卯月(NPC):「ふむ、人数は……ちゃんと4人居るっぽいっぴょん!」人数を数え
卯月(NPC):「大正解、ここが燃える実芭蕉警備府っぴょーん!」
大和@3-188:「うーちゃん? 私は大和型戦艦1番艦大和、燃える芭蕉警備府において独立心中海援隊の旗艦と命じられてまいりました」
卯月(NPC):「うーちゃんは新規配属の子達の出迎えに来たここの艦娘の……卯月っぴょん!」
卯月(NPC):「しかし、天下の大和型がここに配属とは……何か変な事でもしたっぴょん?」
提督@43:などと、一瞬怪訝そうな顔をしたが一瞬です
卯月(NPC):「まあ、いいっぴょん!」
卯月(NPC):「ともあれ、執務室までご案内しろと言われてるっぴょん!ということで付いてくるといいぴょん?」
大和@3-188:「ただ戦艦用の主砲が使われずに余っていると伺っただけですが…?」 (疑問符を浮かべています)
響@3-319:「ついていくよ。」すたすた
大和@3-188:「それでは案内をお願いしましょう」
赤城@539:「……悩んでいるのを見抜かれたのでしょうか(小声」 ついていこう
卯月(NPC):「では、しゅっぱーつしんこー!ぴゃん!」
子日@3-322:「は~い 今日はいい日になるといいな~」
卯月(NPC):ということで、行間を消し飛ばして執務室前っぴょん
卯月(NPC):「到着っぴょん!」
赤城@539:地の文まで侵食されてる   ぴょん
提督@43:ということで、一瞬で執務室前にご到着である
大和@3-188:ワームホールで移動するのか(しみじみ)
卯月(NPC):「じゃあ、独立心中愚連隊お待ちっぴょおおん!」とドアをバァン!
大和@3-188:「(愚連隊…?)失礼致します」 入室しますかね
提督@43:さて、入室をすると執務室には提督の姿が!
提督@43:あるはずもなく。
提督@43:メガネをかけた大鯨さんが、帳簿を睨んでむぅむぅ言っています
響@3-319:資材が…?
子日@3-322:「あれ~?提督さんは~?」
提督@43:あと、なんかソファーにはレ級っぽい何かが座ってクッキー食べてますがそちらは余剰でしょう
卯月(NPC):「……連れてきたっぴょん?」
大和@3-188:「(提督ではなく…艦娘?秘書艦?)」
大和@3-188:「(レ級…!?一体どういう…?)」
大鯨(NPC):「え、はい?……っとと、ごめんなさい、気づきませんでした!?」
赤城@539:思いっきり戦闘態勢をとるぞ(真顔
響@3-319:「秘書艦さんでいいのかな?」>大鯨
大鯨(NPC):「ああ、えと、皆さん……遠路はるばるお疲れ様でした!……って、どうしたんですか、皆さん?」
大鯨(NPC):「ああ、私はこちらでお食事のお世話をさせて貰っております、大鯨と申します……」
赤城@539:「  (無言でレ級らしきものを見据えて弓を構えよう(真顔
大和@3-188:「大和型戦艦一番艦大和です。提督の姿が見えなかったり深海棲艦らしき姿が見えるきがしますが…?」
大鯨(NPC):「あ、えっと、ご心配なく。あの人もうちの鎮守府所属の人ですので」
響@3-319:「そちらの方(レ級っぽいなのか)が提督なのかな……?」
シャルン(NPC):「   ?ああ、えっと……ボクの名前はレ   シャルンホルストっていうんだ」
シャルン(NPC):「とりあえず……クッキー、食べる?」
大和@3-188:「鎮守府の方でしたか。それは失礼いたしました」
赤城@539:「……今レって言いかけましたよね」 すっごく微妙な顔になりつつw
大和@3-188:「(しかし一瞬レと言ったということは…世界情勢も複雑…か)」
子日@3-322:「もちろん食べるよ!」(警戒心もなく貰いに行く)
大鯨(NPC):「ともあれ、皆さんが……独立心中海援隊の皆さんでよろしいのでしょうか?」
響@3-319:「そうだよ。」
大和@3-188:「そのようですが…?」
赤城@539:「……ま、そういうこともありますか…(そういえば鹵獲運用を試みているという噂も聞いた事がありますね」 弓を下ろそう
子日@3-322:「そう、(もぐもぐ)だよ(もぐもぐ)」
シャルン(NPC):「まあ、ボクは極普通の高速戦艦だから気にせず、だよ」
赤城@539:(シャルンホルスト…28cm砲ゆえに火力が微妙なことになった残念な巡洋戦艦でしたっけ…?)
大鯨(NPC):「そうですか、良かった……ちゃんと時間通りに来てくれて……」ボソリ、と呟き
大鯨(NPC):「ともあれ、改めまして……長旅、お疲れ様でした」
響@3-319:「そうか、私は響だよ。よろしく。」>レシャルン
大鯨(NPC):「ここのお食事担当兼秘書艦代理なんかもやっております、大鯨です」
大和@3-188:「コトラこそよろしくお願い致します。 お食事とかでしたらこちらでも用意のお手伝いをいたしましょうか?」
大和@3-188:訂正:こちらこそ
大鯨(NPC):「ああ、ご心配なく!といいますか、それが私の本来の業務ですので心配なさらずに!」
大和@3-188:「そうですか…ただ大和の料理の腕に覚えがあるのでもしかしたらおじゃまするかもしれません。その時はよろしくお願い致します」
大鯨(NPC):「は、はい!」
大鯨(NPC):「そうですね、とりあえず……」
大鯨(NPC):「今回皆さんをお呼びした理由を手短にお話ししましょうか?」
大和@3-188:「そうですね。主砲の回収以外にも目的があると思われますし、お願いします」
響@3-319:「うん。」
卯月(NPC):「手短に頼むっぴょん?」
大鯨(NPC):「えーっと……簡単にいいますと、会場護衛です!」
赤城@539:誤字なのかマジなのかどっちなんだw
子日@3-322:「海上護衛?」
大和@3-188:「海上護衛?」
大鯨(NPC):「ええ、会場護衛です!……ああ、これでは勘違いが」
大和@3-188:なるほど、誤字ではないのね
響@3-319:「海かい?場所かい?」<護衛する
大鯨(NPC):そう言うと、壁側にあるホワイトボードに丸い可愛い文字で『会場護衛』と
大和@3-188:「場所の方の”かいじょう”護衛…ですか?」
大鯨(NPC):「こちらの会場護衛となります!」
大鯨(NPC):「皆さんは、那珂ちゃんさんをご存知でしょうか?」
響@3-319:「ライブコンサート?」
大和@3-188:「那珂ちゃん…確か…」
大鯨(NPC):「ええ、響さんが多分知っているとは思うのですがアイドルな那珂ちゃんさんです」
赤城@539:「川内型の軽巡洋艦の方ですね…あぁそれで会場ですか」
大和@3-188:「即ち会場の警備ということに?」
大鯨(NPC):「そうなります」
大和@3-188:訂正:コンサート会場の警備
大鯨(NPC):「」「実は、うちの鎮守府には川内型の三名が所属しているのですが……」
大鯨(NPC):「今現在、那珂ちゃんさんは全国コンサートツアー中、神通さんと川内さんはそれについて各地で教導中でして」
大鯨(NPC):「それで今度、この鎮守府の近くで水上の特設会場でライブが行われる事になっているのですよ」
子日@3-322:「水上なんて大掛かり~!」
響@3-319:「ふむふむ。」
大和@3-188:「艦娘らしい演出というわけですね」
赤城@539:「……那珂さんに 水上ライブ…何か、忘れているような…」
大鯨(NPC):「ということで、その警備人員を増やそう!という事で皆さんの他にも呼んだんですけどね……」
大鯨(NPC):「もう一人、この鎮守府に正式配属が決まったはずなのですが、そちらは色々と難航しているようで……」
大和@3-188:「そうですか…なら我々だけでやるしか無いですね」
大鯨(NPC):「まあ、流石にライブ前には着任出来るよう手を回すと提督も言っていたのですが……」
大鯨(NPC):「その場合は、よろしくお願いします」
大和@3-188:「無事に間に合うといいですね。 それはさておき警備の件は了解いたしました」
大鯨(NPC):「はい!あとはそこのシャルンさんと卯月さんの他に浜風さんも居るのですが……」
響@3-319:「当日のスケジュールとかは教えてくれると助かるな。」
大鯨(NPC):「今はちょっとお使いに出て貰っているので挨拶は後、ですかね」
大鯨(NPC):「当日のスケジュールなどは、日程が近づき次第お知らせいたします!」
大鯨(NPC):「以上です!」
赤城@539:「…了解しました  襲撃の前兆などがあったわけではないのですね?」
大鯨(NPC):言うことを言い切ったのか、ふぅー……と肩の荷を下ろしたように溜息をつく
大鯨(NPC):「ああ、それは全くありません」
大鯨(NPC):「この近海は、海も穏やかで深海棲艦もあまり出ませんから……」
卯月(NPC):「最近は、変なのも出るけど……まあ、それ意外は結構平和っぴょん?」
子日@3-322:「出撃の日はなさそう?まあがんばるよ~」
大和@3-188:「…ならひとまず安心ということでしょうか」
赤城@539:「そうですか…(しかし、なんでしょうこの胸騒ぎは」
響@3-319:「へんなの?」
シャルン(NPC):「そもそも、本気で襲撃の予兆があるなら、こんな場末の鎮守府単独じゃあ対応しなさそうだしねー」
卯月(NPC):「ちょっとロケットを撃ったり、ガトリングを持ってたり、変な防御フィールドを張る程度の連中っぴょん?」
響@3-319:モビルスーツかな?
提督@43:大体合ってるのかもしれない
卯月(NPC):「一応、そこら辺の資料は過去の交戦記録に書いてあるっぴょん、後で見てみると面白いかもしれないっぴょん?」
赤城@539:「程度で済まされる問題なのでしょうか…確認しておきましょう」
大和@3-188:「えぇ、見せてもらいましょう。(前任旗艦翔鶴の音声記録…?気になりますね)」
卯月(NPC):「ともあれ、確認もいいけどまずは宿っぴょん!宿舎に案内するから付いてくるっぴょん!」
子日@3-322:「暇ならみるかも~」
大和@3-188:「ではお願いします、卯月ちゃん」
大鯨(NPC):「それでは、卯月さん……後はお願いします」
卯月(NPC):「ラジャー、付いてくるっぴょーん!」
子日@3-322:「付いていくっぴょーん!」
響@3-319:「よろしく」
赤城@539:[]
赤城@539:「いきますか」  引っ掛かりを覚えつつ
提督@43:こうして、執務室から退場して妙に古いというか天井にシミのある宿舎に案内されるが……
提督@43:ともあれ、これにて導入は終了っぽい!
提督@43:さあ、各自適当な相手に感情点を1つ振ってくださぁい!
響@3-319:左から巡
響@3-319:1d3
KanColle : (1D3) → 1

響@3-319:大和さんに
響@3-319:ET
KanColle : 感情表(4) → かっこいい(プラス)/しんぱい(マイナス)

提督@43:あと、リソース管理は旗艦に任せますが感情はどうしましょう
響@3-319:かっこいい
大和@3-188:赤城さんに対して+1
大和@3-188:「なにか抱えているのでしょうか」
大和@3-188:じゃあ感情もこちらでやりますかね?
子日@3-322:響に 「冷静ちゃん」で+1
赤城@539:大和に+1かな
提督@43:では、お願いしましょうかな
大和@3-188:前言撤回、他にやりたい高いますか?
大和@3-188:いや、やっぱりやる!
赤城@539:お、おう
提督@43:素敵!
響@3-319:どうぞどうぞ
子日@3-322:どうぞどうぞ
赤城@539:ど(ry
大和@3-188:これでいいかな?
提督@43:ぽい!
大和@3-188:よしよーし
提督@43:さて、それでは今回はシーンエディットも無いので通常の6種採用ですが
響@3-319:ぽい!
提督@43:サブ任務を発表しまーす
提督@43:・様々なシーンをやろうぜ!
4種類のイベント表を制覇せよ!

大和@3-188:ほうほう
赤城@539:ふーむ
提督@43:2種毎に10点経験点を加算される形式のサブ任務です。暇なら是非
大和@3-188:ではカードセットして大丈夫ですかね?
提督@43:以上です!ということで、カードを伏せて頂ければ!
響@3-319:4種類かー
響@3-319:メッセージカード追加で良いのかな?
提督@43:ええ、メッセージカード追加で
提督@43:背面は白紙、メッセージに イベント種類 『キーワード』でどうぞ
提督@43:揃ったぽいのでレッツシャッフル
提督@43:さて、シャッフル完了です

鎮守府フェイズ1編集

作戦 大和『このDVDで過去の記録を…』編集

提督@43:さあ、最初のシーンプレイヤーは誰かな!
大和@3-188:よし、行こうか
大和@3-188:(いいかな?)
響@3-319:大和さんからだね
響@3-319:次に赤城さんかな?
赤城@539:かねぇ
提督@43:……死ぬなよ
大和@3-188:ここで死ぬ気はないさ
大和@3-188:1d4 左から
KanColle : (1D4) → 3

どどんとふ:大和@3-188がカードを公開しました。「イベント:作戦
キーワード:ライブ」

大和@3-188:ほうほう
提督@43:ほう
大和@3-188:evst
KanColle : 作戦イベント表(8) → 暗号解読:《暗号/航海2》で判定。(着任p225)

大和@3-188:さて、どうしようか
提督@43:ライブに関する暗号解読……
提督@43:何、那珂ちゃんライブのDVDでも見るのか!?
大和@3-188:よし、それで行こう!
響@3-319:そこに隠された暗号が!
赤城@539:お、おう
子日@3-322:N・A・K・A!那珂ちゃん!
大和@3-188:「まずは警備するためにも那珂ちゃんのライブの特徴を我々が理解しておく必要があるでしょう。このDVDで過去の記録を…」
那珂(NPC):<みんなー!今日は那珂ちゃんコンサートツアー2015、大阪に来てくれてありがとー!
提督@43:などと、ライブが始まります
大和@3-188:「(大阪ライブですか)」
提督@43:そうしていると、曲が流れ始め
那珂(NPC):<1,2,3 はいっ!かーんこれー!かーんこれー!かーんこれー!
提督@43:といったリズムの良い曲が流れ始めますね!
大和@3-188:「(なるほど、ここで観客も掛け声に合わせて応えると…)」
提督@43:バックダンサーには、ノリノリの川内や眼光の鋭い神通さんもこっそり紛れています
大和@3-188:「(あれが川内さんと神通さん…か。恐らく今回のライブでも踊るのかも)」
子日@3-322:「大和さんすごい熱心だね~そんなにおもしろい?」
大和@3-188:「ふむ…合いの手などで盛り上がりやすい部分で会場全体が一体となっていますがここが逆に危ない…か」
大和@3-188:「いえ、警備のために全体を把握するために注視しているのです」
那珂(NPC):<バンバンバン!こーいの主砲でーバンバンバン!うーちぬくハートぉ!
子日@3-322:「色々動くね~大変そ~」
那珂(NPC):<ハァイ!みんなぁ、いっくよぉ!
大和@3-188:「(警備のポジションのシミュレーション…前の方の席には身を乗り出す観客もいるから1人はいる…そして後ろのほうからも一人…どうしたものかな)」
赤城@539:「……ふむ」
響@3-319:「……」とてもたのしそうにみている!
提督@43:では、判定……提案はあるかね
提督@43:警備の陣頭《指揮》、《アイドル》な那珂ちゃんのファンになります!、《芸能》\楽しい!/
大和@3-188:よし、《指揮》で行きましょう
提督@43:ははは、まあそうなるな
赤城@539:(……なんでしょう 何か違うような もっと切実な何かがあったような…) 考え込んでいようw
那珂(NPC):「艦隊これくしょん -艦これ-」キャラクターソング “艦娘乃歌” Vol.1、好評発売中!
大和@3-188:脳内で警備のシミュレートしていたからね
那珂(NPC):みんな、よっろしくぅ!
大和@3-188:買ったぜ!
赤城@539:(ダイマ
提督@43:では、判定をどうぞ!
大和@3-188:《指揮》で判定 《衛生》で代用して目標6
大和@3-188:2d6>=6 「中央部の配置は…」
KanColle : (2D6>=6) → 7[2,5] → 7 → 成功

大和@3-188:「前方と後方に割きましょう。危ない部分は大体このへんのはず…」
提督@43:こうして、大和による会場警備の計画が立案された……
大和@3-188:「…って外か。それなら喫煙スペースとゲートと…」
大和@3-188:よし、ゲートや喫煙所、外付けトイレなどの警備プランを出したところで成功報酬かな!
卯月(NPC):「(外といっても本当に会場外の海で待機とは言え無さそうな雰囲気っぴょん)」
提督@43:成功報酬!
提督@43:次の艦隊戦で、一隻の敵艦をオープンプロットにすることが出来る!
大和@3-188:やったぜ!
提督@43:ちなみに、大和の警備計画は好評であったと後に大鯨は語る……
提督@43:ということで非平常だ……発見はあるかい!
赤城@539:まぁ非平常なら流しますかねぇ
響@3-319:やっとくかなぁ
響@3-319:まさか最後まで平常が無いという事はあるまい…!
大和@3-188:同じく流しますかね
子日@3-322:では古風を発見
提督@43:ででん!
子日@3-322:1D6 古風
KanColle : (1D6) → 1

提督@43:◯古風
子日@3-322:よし!
赤城@539:駆逐艦 古風です!
大和@3-188:完璧!
響@3-319:いじわる発見します
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:◯、いじわる!
大和@3-188:重いが長所!
響@3-319:ちょっと痛いけど長所
赤城@539:さいさきがいいな
提督@43:長所である、それだけで大成功だ
響@3-319:これで釘付けいける!


交流 赤城『レオパレス……じゃない、もうちょっと違う名前だったような』編集

提督@43:さあ、次のシーンプレイヤーは誰ぞ!
赤城@539:はーい
子日@3-322:子日@3-322の行動を-1した。(行動:17->16)
提督@43:さあ、どれを選ぶのかな!
どどんとふ:赤城@539がカードを公開しました。「交流「お部屋のリフォーム」」
赤城@539:とう!
大和@3-188:交流!
提督@43:りふぉーむ!
子日@3-322:トランスフォーム!
赤城@539:evkt はてさて
KanColle : 交流イベント表(8) → いいまちがえ:《ばか/魅力8》で判定。(着任p221)

赤城@539:・・・
赤城@539:また困るものを(頭抱え
提督@43:頑張って!(笑顔
大和@3-188:お、おう
赤城@539:あ、思いついた
赤城@539:「しかしあのレ級…じゃなくてシャルンホルストさんでしたか レ…なんと言いかけてたのでしょう…」 
大和@3-188:「もしかしたらシャルンホルストというのは複数ある名前の一つでレで始まる別の名前があるのかもしれませんね」
赤城@539:「レで始まる高速の戦艦……たしか……」
子日@3-322:「レ・ウンベルト級戦艦!」
赤城@539:「イギリスにそんな名前の戦艦がいたような R級戦艦…いえあれは低速戦艦ですし…」
赤城@539:「れ…れ…」
赤城@539:TV<レオパ○ス21!
響@3-319:「次鋒にそんな名前の艦がいたような…」
赤城@539:「レオパレス……じゃない、もうちょっと違う名前だったような(悩」
卯月(NPC):「壁が薄そうっぴょん?」
赤城@539:伏せた意味がネェ(ぁ
大和@3-188:HAHA
提督@43:さあ、では判定かな!
赤城@539:だの
提督@43:《ばか》まあ、そうなるな。《読書》知識は大切たいせつぅ!《マジメ》に思い出そう
提督@43:他に何かあるかの
赤城@539:ふーむ
赤城@539:ばかでいきましょう
提督@43:まあ、そうなるな
赤城@539:さわやかでばかを代用 目標値6だ
赤城@539:2d6>=6 「レで始まる艦級がイギリスにあったと思うのですが…」
KanColle : (2D6>=6) → 10[5,5] → 10 → 成功

提督@43:大成功!
卯月(NPC):「レムレースとかどうっぴょん?」
赤城@539:「どうですかね…あ、レナウン級巡洋戦艦でした でも隠す必要は…あぁ、レパルスはマレー沖で沈んでいますから日本が苦手なのかしら」
卯月(NPC):「んー……実際の所どうなのかはイマイチっぴょん?」
大和@3-188:「(何はともあれこの可能性は覚えておこう)」
赤城@539:「まぁ敵意がないなら問題はないですが、ね(どうもそうではない何かを感じるのですけどね…」
大和@3-188:「です…ね。 さて、リフォームの続きと参りましょうか?」
赤城@539:「はい 参りましょうか」
響@3-319:「窓の方は終わったよ」
提督@43:こうして、着々とリフォームを続けていったのでした……
提督@43:成功効果ァ!
提督@43:赤城さんの博識さに感情点を+1なのです。
大和@3-188:変更なし+1
響@3-319:感情決めるぜ!
響@3-319:ET
KanColle : 感情表(1) → かわいい(プラス)/むかつく(マイナス)

響@3-319:かわいいらしいよ!
赤城@539:お、おう
子日@3-322:「あったまいい~」で1
大和@3-188:よし、発見いいですかね?
提督@43:いいですよぉ!
大和@3-188:索敵を発見!
大和@3-188:大和@3-188の行動を-4(1d6->4)した(行動:8->4)
大和@3-188:くっ…
提督@43:残念長良……
響@3-319:えーと…海図辺りを発見しておきたいかな
提督@43:いいんじゃないかな!
響@3-319:発見!
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 5

大和@3-188:よしよし!
提督@43:思いが、◯海図!
響@3-319:痛いけど長所!
大和@3-188:各資材を2点づつ食べて行動力を4回復します
赤城@539:ふむ
子日@3-322:発見~
子日@3-322:1D6 面白い
KanColle : (1D6) → 6

提督@43:残念ッ!
大和@3-188:Oh...
子日@3-322:げふ・・・
提督@43:×面白いであります
大和@3-188:大和@3-188の行動を+4した(行動:4->8)
子日@3-322:子日@3-322の行動を-6した。(行動:16->10)
赤城@539:発見はそうだな…
響@3-319:あれ、資材って何処に載ってます?
赤城@539:秘密兵器探しに行くか
子日@3-322:燃料2 弾薬2 鋼2 を頼みます
大和@3-188:表示→リソースで見れますよ
提督@43:資材は、表示→ウィンドウ→のリソースですね
大和@3-188:子日さん了解
赤城@539:1d6 秘密…それは赤城の記憶の中に
KanColle : (1D6) → 6

響@3-319:ボーキは使えないからなぁ…
赤城@539:ぐふっ
提督@43:×秘密兵器、である
大和@3-188:Oh…
子日@3-322:子日@3-322の行動を+6した。(行動:10->16)
響@3-319:燃料弾薬鋼材を3ずつでいいかな?
大和@3-188:響さん了解
赤城@539:ボーキ6個もらいます(ぐふ
大和@3-188:赤城さん了解
大和@3-188:17/17/17/16
大和@3-188:Q:開発したい?
響@3-319:もうちょっと後で良いんじゃないかな!w
子日@3-322:余裕あるなら頼みたいが、どうなんじゃろ
響@3-319:私の魚雷貸して私が鎮守府魚雷もらうかなぁw
響@3-319:開発するなら砲か通常だよね。今回は艦種ばらけてるから通常でも良い気はするけど
大和@3-188:特殊で博打も楽しい(ぐるぐる目)
大和@3-188:うーん、もう少し発見すると思うから見送りでいいですかね?
子日@3-322:OK!
響@3-319:2再久留米でも良いと思うよ
赤城@539:(まぁ赤城さんは通常で出る航空機は出ても困るフシがあるから砲でもいい説
提督@43:(まあ、そうなるか……
大和@3-188:そうなるな
提督@43:ともあれ、何もないならネクストシーンだっ!あるいは、改装する?
響@3-319:子日しだいだな
大和@3-188:よし!41砲1本と46砲1本もらいます!
子日@3-322:こっちはなしでいいで~す
提督@43:反映は自力でどうぞ!(リソース管理の一端
響@3-319:ではこちらもなしで
大和@3-188:2本目の46砲を衛生で、41砲を優しいで裝備
大和@3-188:おkおk。
提督@43:さて、では改装も終わったのなら第三のシーンだ……!


遠征 響『…と言うわけでお香を別けて貰ってきたよ。』編集

提督@43:誰が行きますかね?
響@3-319:じゃあ、私行きますか?
子日@3-322:ん?どちらでもいいですが
響@3-319:そんじゃめくりまーす
どどんとふ:響@3-319がカードを公開しました。「遠征 「お香」」
提督@43:遠征が出るか……w
響@3-319:三種類目!
大和@3-188:お、おう?
響@3-319:EVENT
KanColle : 遠征イベント表(7) → 海上護衛任務:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定能力で判定。思いつかない場合は《不思議/性格2》で判定。(着任p224)

響@3-319:イ級避けのお香かー
提督@43:海上護衛、君はどのようなシーンを作るのかな?
響@3-319:ライブ用に香料でも運んでるのかな?
提督@43:あるいは、通常業務で護衛なのかもしれません。
響@3-319:通常業務だと気持ちの落ち着く香料とかを運んでる感じかな!
提督@43:かな!
響@3-319:判定は不思議ぐらいかな?
子日@3-322:どんな恐怖におののいていてもこれで一発!落ち着きます!
響@3-319:赤城さんとか悩んでるっぽいぽい雰囲気あるからね!
提督@43:《不思議》なお香、《おしゃれ》なお香、《面白い》体験ってのが現在までの情報では
赤城@539:ほむ
響@3-319:じゃあ、面白いで振るよー。何か面白いお香も貰ってきた!
響@3-319:いじわるから二つ
響@3-319:2d6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 5[1,4] → 5 → 失敗

響@3-319:てへぺろ★
提督@43:振り直し、すりゅ?
響@3-319:残念効果が洒落にならないので染ます
響@3-319:大和が死にかねない…!
響@3-319:再判定ー
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 4

響@3-319:2d6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 9[4,5] → 9 → 成功

響@3-319:成功ー
大和@3-188:ほっ
提督@43:大成功だ……さあ、面白いお香と弾薬鋼材が6つも!
赤城@539:大丈夫なのかソレw
提督@43:それがこれからのRPさ!
大和@3-188:はんえーい
響@3-319:「…と言うわけでお香を別けて貰ってきたよ。」
響@3-319:「あと燃料とか弾薬とか。」
卯月(NPC):「なにやら面白いお香らしいっぴょん?」
子日@3-322:「面白いお香~?」
浜風(NPC):「………大丈夫なのでしょうか?」しれっと、何故か居る
響@3-319:「時間が経つと臭いが変わったりする。」
大和@3-188:「貴女は?」
浜風(NPC):「ああ、初めましてでしょうか。この鎮守府所属の駆逐艦、浜風です」
浜風(NPC):某装甲空母の格好で
赤城@539:「駆逐艦…その装いは…?」 微妙な顔で
子日@3-322:「甲板?」
大和@3-188:「浜風さんですか…しかしその衣装…空母のものとお見受けしましたが…」
響@3-319:「……提督の中にはそう言う趣味の人も居ると聞くが」
浜風(NPC):「一度試しに着てみた所、色々と機能的で使い勝手が良いのですよ、これはこれで」
浜風(NPC):「まあ、流石に服のサイズは一部手直ししてもらう必要はありましたが……」
大和@3-188:「そうですか…不思議な話もあるものです」
浜風(NPC):「少しは信濃の気持ちを理解出来るかと思って始めましたが……まあ、そんな所でしょうか」
大和@3-188:「…信濃のため…ですか」
赤城@539:「なるほど、ね…」
浜風(NPC):「ともあれ……このお香、どう使うのでしょうか?」
大和@3-188:「…焚いてみましょうか?」
響@3-319:「そうだね。」<炊いてみる
子日@3-322:「今日はお香の日~」
卯月(NPC):「ぴゃー」
響@3-319:「沢山炊かないようにね」大惨事になるからね!w
浜風(NPC):「ですが、お香ですか……気持ちが安らぎますね」
子日@3-322:「う~ん 言い臭い?」
大和@3-188:「そうですね」
赤城@539:「なるほど…悪くありませんね」
提督@43:こうして、皆さんでリラックスをしたのかな?
響@3-319:したっぽいぽい!
提督@43:非平常!何か発見するかい!
響@3-319:しない!
子日@3-322:とりあえず保留
赤城@539:まぁ そうなるな
提督@43:まあ、そうなるか……


交流 子日『今日は女湯の日~』編集

提督@43:ということで、ラストシーンかな?
子日@3-322:ほう・・・
大和@3-188:さぁ、どうなる?
どどんとふ:子日@3-322がカードを公開しました。「交流 記憶」
大和@3-188:ほっほう
提督@43:1かぶりっぽい
大和@3-188:まぁ、交流は大事だしね
子日@3-322:EVKT
KanColle : 交流イベント表(6) → 裸のつきあい:《入浴/趣味11》で判定。(着任p221)

大和@3-188:ヒュー!
赤城@539:ヒューッ
提督@43:ひゃあ!
子日@3-322:この輝く肌、もっと近くで見てよ
赤城@539:がまんできねぇ!風呂だ!
提督@43:ということで、お風呂だぁ!
子日@3-322:大きいけど古い風呂かな?
提督@43:かな!
大和@3-188:大風呂か…!
子日@3-322:「今日は女湯の日~」
赤城@539:「ゆったりできるのはいいことです」
大和@3-188:「えぇ、お風呂は精神が休まります」
卯月(NPC):「こう、もう少し綺麗なら完璧っぴょん」
響@3-319:「良いお湯だね」はふー
浜風(NPC):「たっぷりの真水を使えるんですから、文句は無しですよ……」ちゃぷん
子日@3-322:「大きいのは良いと思うよ~なんか夢思い出しちゃうけど」
大和@3-188:「夢・・・ですか?」
響@3-319:「夢?」
卯月(NPC):「ぴょん?」
子日@3-322:顔まで水面につかりつつ「ん~なんか子日が沈んじゃって電ちゃんに助けてもらう夢~」
子日@3-322:「まあ、いいんだけどね~」
大和@3-188:「…(夢…か。たまに見る夢…)」
子日@3-322:「やっぱり電ちゃんは「清純派」で「やさしい」よね~」
響@3-319:「……うん、そうだね。」
浜風(NPC):「ええ、私は会った事はありませんが……そうなのでしょうね」
子日@3-322:世紀末卓出身なのは内緒である
大和@3-188:www
赤城@539:「過去の記憶…ですか    (思い出せない記憶は、もっと近いもののような気がする…」
子日@3-322:「今日は思い出す日?」
卯月(NPC):「あるいは、気持ちを切り替える為の日かもしれないっぴょん」
大和@3-188:「…ですね。過去は乗り越えなければならない」
卯月(NPC):「お風呂だけに……全てを水に流す!な~んちゃって……っぴょん?」
子日@3-322:「お湯だけどね~」
赤城@539:「そうですね   ですが、流せないものもありますからね…」
響@3-319:「流せないならうん、上手く向き合うしか無いかな」
浜風(NPC):「そういう物は、胸の奥に……ですか」胸を抑えるように
子日@3-322:「(みんな、なんか大変?)」
子日@3-322:「そ、そんなみんなしんみりしないでよ~」
響@3-319:「うらー」ほっこり
卯月(NPC):「だ~いじょうぶっぴょーん」
大和@3-188:「流せない過去もあるかもしれませんが体の汚れは流すことは出来る…皆さん汗を流しませんか?(要約;洗いっ子しよう)」
卯月(NPC):「うーちゃんは浜風を差し出すので遠慮するっぴょん」
大和@3-188:だがしかしホールディングされてしまった!
大和@3-188:「遠慮は無用ですよ?」
響@3-319:「長門さんみたいなめになってるよ」
子日@3-322:「今日は卯月を洗う日~」
大和@3-188:※断じてながもんではなく皆を思っての行動である
浜風(NPC):「自業自得です、卯月……大体貴方はいつもいつも……」
大和@3-188:「長門さん…ですか…
卯月(NPC):「ちょ、やめっ、ぴゃああ!?」
響@3-319:な、ながとさんだってみんなを思って…思って…
提督@43:長門さんがそんなまさか小さい子が好きでやってるわけないだろう!
大和@3-188:「さ、おとなしくしましょうか卯月ちゃん。頭を洗いますね」
子日@3-322:「ちゃんと下も洗わないとダメだよ~」
大和@3-188:「えぇ、勿論」
子日@3-322:そろそろ判定の日
提督@43:《えっち》、《入浴》、《暗い過去》なんてどうだろうか?という判定提案
子日@3-322:《面白い》から《えっち》で目標6 わざわざACTを選ぶ!
提督@43:いいだろう……こぉい!
大和@3-188:その心意気…見事!
赤城@539:デデン
子日@3-322:ACT
KanColle : アクシデント表(2) → 意外な手応え。その判定に使った個性の属性(【長所】と【弱点】)が反対になる。自分が判定を行うとき以外はこの効果は無視する。

響@3-319:おk
大和@3-188:お見事!
赤城@539:テレレッテレー
子日@3-322:よし!
提督@43:目覚めたか……!
子日@3-322:2D6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 9[3,6] → 9 → 成功

卯月(NPC):「ぴゃあぁぁぁぁぁぁ………」
提督@43:すっごい丁寧に、洗われたようです……
子日@3-322:「卯月ちゃん髪きれいだね~よく洗おうね~」
卯月(NPC):「うぅぅ……どうしてこんな目に……っぴょん」
大和@3-188:「これで大分綺麗になりましたね」 そう、うーちゃんは上から下までキレイにされてしまったのだ
子日@3-322:「みんなのためだよ!」
提督@43:こうして、裸の付き合いはつつがなく行われたのでした……
提督@43:ということで、成功報酬!子日さん宛の感情を+1!
大和@3-188:感情表は反映済み!
大和@3-188:「夢…改めて考えさせ得られました」+1
響@3-319:「良いお湯だったね」+1
赤城@539:「過去は過去…ですか」+1
大和@3-188:よし発見行くぞ!
大和@3-188:1d6 索敵を再発見!
KanColle : (1D6) → 5

大和@3-188:重いが長所! これで何とか
赤城@539:こちらも再発見 秘密兵器だ
提督@43:ふふふ
赤城@539:1d6 とう!
KanColle : (1D6) → 5

大和@3-188:よしよし
赤城@539:重いが(ry
提督@43:◯、秘密兵器!
響@3-319:どうするかなー
大和@3-188:弾薬6,鋼材4で補給!
子日@3-322:1D6 寝るを発見
KanColle : (1D6) → 2

提督@43:×寝る
子日@3-322:む・・・
響@3-319:うーむ…資材まだ余裕ある感だから
響@3-319:通信を発見
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 1

響@3-319:よし、
大和@3-188:よし!
響@3-319:で、鋼3燃料1弾薬1から補給します
大和@3-188:では一時的に衛生46砲を降ろして偵察機もらいます
赤城@539:ボーキ5つもらっておきましょう 後はそうそう使うことはあるまい
大和@3-188:響さん、赤城さん了解
子日@3-322:子日@3-322の行動を-2した。(行動:16->14)
大和@3-188:これ開発行けそうだな
提督@43:やっちゃうのかい?
大和@3-188:子日さんは補給大丈夫ですか?
子日@3-322:まあ、大丈夫でしょ。ミドルの後でよし
大和@3-188:おk 
大和@3-188:開発します?
響@3-319:いってみよう
大和@3-188:何回します?
大和@3-188:子日さんに任せようか
赤城@539:せやの
子日@3-322:う~んまだ資材多いわけでもないし通常かな
大和@3-188:おk
大和@3-188:各資材3減らしましたぜ
大和@3-188:13/12/13/8
大和@3-188:では子日さんに開発してもらいましょう
子日@3-322:ん?了解
子日@3-322:DVTM
KanColle : 開発表(一括)(3,2) → 装備2種表:8cm高角砲(P250)

大和@3-188:ほう
赤城@539:悪くない
提督@43:12.7cm連装高角砲にしても良いぞよ?
大和@3-188:なら、そうしましょうかね
提督@43:では、装備とかする人は居るのかね!
提督@43:(というか、改装補給その他
大和@3-188:choice[火力重視,命中重視]
KanColle : (CHOICE[火力重視,命中重視]) → 命中重視

響@3-319:補給は済んでまーす
大和@3-188:いや、いいや 今後の中型艦のためにとっておこう
赤城@539:まぁそうなるな
提督@43:では、終わりかな?
子日@3-322:ピンポイントで中型艦がいないうち
赤城@539:アレは機銃の代わりに載せておくか程度のモノではある
大和@3-188:実際中型艦クラスのほうが需要がありますしの
提督@43:連撃のお供に
赤城@539:命中2ならともかく1だとリスクの方が高いよな実際(目そらし
提督@43:えっ
大和@3-188:2d6-2+1>=6
KanColle : (2D6-2+1>=6) → 8[2,6]-2+1 → 7 → 成功

赤城@539:33電探でもあれば話は別だがな…
大和@3-188:うむ、結構怖い
提督@43:(それと、ここ表やで!
提督@43:ということで、以上補助行動がなければこれにてサイクル1は終了だ……
赤城@539:はーい
提督@43:覚悟はいいかね?
大和@3-188:はーい
大和@3-188:覚悟は決めたぜ!
響@3-319:はーい
子日@3-322:はーい
提督@43:では、シナリオイベントに突入だ……!

シナリオイベント 『追加人員のお出迎え』編集

提督@43:〜〜〜〜〜〜〜〜
提督@43:君たちは、鎮守府最寄りの徒歩数分の駅前に来ている
提督@43:理由はこうだ
提督@43:追加配属の子の着任日が今日で、出迎えて欲しい……そう大鯨に言われたのである
大和@3-188:「どうやら間に合うみたいですね。」
提督@43:ということで駅に来たのだが……
響@3-319:「どんな子だろうね」
提督@43:こうして話しているものの……本来の到着時刻から、既に30分は過ぎている
子日@3-322:「おっそ~い 子日退屈~」
大和@3-188:「30分経ってますね…電車の遅延情報は特に無し…と」
響@3-319:「……迷ってるんじゃないか?」
提督@43:などと君たちが話していると、一人の女の子が君たちに話しかけてくる
謎の少女A:「ねえねえ、お姉ちゃん達なにしてるのぉ?」
大和@3-188:「新しくやってくるという仲間を待っているのです」
謎の少女A:「へぇ……艦娘さん、ですよね?」
子日@3-322:「そうだよ!子日だよ~」
謎の少女A:「新しく来る人ってどんな人なんですか?ねえねえ!」
響@3-319:「うん、どんねひとなんだろうね。」
謎の少女A:「むぅ、知らないのぉ?こう、戦艦とか戦艦とか!もしくは戦艦とか!」
大和@3-188:「我々はその新しく来る艦娘を待つように言われていたのです」
大和@3-188:「私は大和型戦艦の一番艦の大和。まぁ、戦艦ではありますね」
謎の少女A:「むぅ、本当に知らないのかぁ……って、大和さん!?大和って、あの!?」
提督@43:大和の単語を聞いた途端、アホ毛がびょ〜ん!と伸びる程に大興奮の清なんとかちゃん
大和@3-188:「えぇ、大和です」
謎の少女A:「わぁ〜……え、どうしてどうして!?こんな田舎と言ったらなんだけどこんな街に!?」
赤城@539:一体何霜なんだ…
提督@43:こうして清なんとかさんは大和にひっつこうとしているが……ここで別の少女の怒号が飛ぶ
大和@3-188:「任務の都合でこちらへ派遣されたのです。 …ところで貴女も艦娘とお見受けしますが…名前を伺っても…」
赤城@539:(機密とかは大丈夫なのかしらこれ…)
謎の少女A:「え?私艦娘じゃあ……」
大和@3-188:(大丈夫だ、多分問題ない)
謎の少女B:「清〜乃〜テメエゴルァ!何処で油売ってんだぁ!」
響@3-319:(それ全然大丈夫じゃ無いフラグだよね)
提督@43:すると、目の前の少女はビクンと身を竦ませる
子日@3-322:「なんか知り合いが来たみたいだよ~」
謎の少女A:「あ〜……えっと、その……ご、ごめんなさい!用事を忘れてましたぁ〜!」
大和@3-188:「勘違いでしたか…しかし…」
謎の少女A:「あ、でもでも、あそこの鎮守府の方ですよね?」
響@3-319:「……提督の関係者、とかかな?」
大和@3-188:「(私の知っている清霜ちゃんによく似ていた…)」
謎の少女A:「と、とりあえず近いうちに話を聞きに……」
謎の少女B:「早く来いっつってんだろぉがぁ!」
謎の少女B:「ご、ごめんなさぁあああい!」
提督@43:>ケジメ案件な
謎の少女A:「ご、ごめんなさぁあああい!」
大和@3-188:「(鎮守府に興味がある…?)」
提督@43:などと、その怒声に蹴られるように少女は去っていく……
赤城@539:おう4/6/6/2でいいぞ(何
提督@43:裏でな(真顔
赤城@539:「なんだったのでしょう…」 (あえて表(何
提督@43:ともあれ、謎の少女が話を聞きにきたりしたが……やはり、来ない
響@3-319:「……さあ?」
提督@43:さて、すると鎮守府の方から浜風が君たちの方にやって来る……物凄い申し訳無さそうな顔で
大和@3-188:「(やはりこの世界にはそっくりさんが3人入るというのだけれど…艦娘乃そっくりさんは初めて\\\ )
大和@3-188:「浜風さん?どうされました?」
浜風(NPC):「あー……実は、皆さんにご連絡が……」
浜風(NPC):「その、本日来る予定でした補充人員の方ですが、電車で来る予定だったのですが……」
響@3-319:「うん。」
浜風(NPC):「東京駅で乗る電車を間違えたらしく、その……」
浜風(NPC):「今金沢に着いたと連絡が」
提督@43:※この鎮守府は関東です
赤城@539:どうして外国人を一人で東京駅に行かせたんだ(真顔
提督@43:外国人じゃないかもしれないだろ!
赤城@539:北陸新幹線開業中!(ステマ
響@3-319:「うん。」やさしいかおをした!
子日@3-322:「新幹線通ったもんね~」
大和@3-188:そういえば有名な話でだね栃木県の小金井駅と東京都の武蔵小金井駅を間違えるという話があるんだぜ
提督@43:漢字が似てたら仕方ないね
浜風(NPC):「うぅ……」
大和@3-188:東京駅と新宿駅には”武蔵小金井行き”と”小金井行き”両方の電車があるからね
赤城@539:「…まぁあの駅は日本の人でも迷うといいますから…」
浜風(NPC):「とりあえず、現地の鎮守府に保護してもらったそうなのですが着任日は延期とのことで……」
大和@3-188:「しかしそれなら電車から一緒に乗ったほうが良かったのかもしれませんね」
響@3-319:梅田と新宿と渋谷は不味いw
子日@3-322:新宿駅を舞台にしたRPGがあってだな・・・
提督@43:そこで大和さんの携帯電話に着信デース!
大和@3-188:♪STROM
大和@3-188:ん?電話ですか…
提督@43:ゲッター!?
大和@3-188:※中の人の着メロです(ガチ)
大和@3-188:「こちら大和です」
卯月(NPC):『卯月です!緊急事態発生っぴょん!』
卯月(NPC):『近海に敵出現、直ちに出撃って大鯨さんが!』
卯月(NPC):『近くに浜風が居たら引っ掴んで戻ってきて欲しいぴょん!っていうか緊急!緊急っぴょん!』
大和@3-188:「・・!」
大和@3-188:「了解いたしました。至急帰投いたします!」
赤城@539:「哨戒は何をしていたのですか…いえ、まずは向かいましょう大和さん」
大和@3-188:「えぇ、急いで向かいましょう」
響@3-319:「どうしたんだい?」
子日@3-322:「出撃?出撃!?」
浜風(NPC):「何事ですか、一体……」
大和@3-188:「どうやら近海に深海棲艦を確認した模様です。支給鎮守府へ帰還、出撃の準備をしましょう:
大和@3-188:訂正:至急帰還
響@3-319:「判った。」<出撃準備
浜風(NPC):「りょ、了解しました!」
提督@43:さて、こうして緊急出撃となりましたが……卯月と浜風は対潜部隊として
大和@3-188:そんな感じで鎮守府へ戻ったのかな?
提督@43:そして、貴方達は発見された深海棲艦部隊の追撃として振り分けられました!
提督@43:さて、出撃すると難なく敵艦隊を発見するね
子日@3-322:「敵艦はっけーん!」
大和@3-188:「電探(積んでないけど)に感あり…敵部隊発見!」
響@3-319:「さて、やりますか。」
提督@43:ただ、通常の深海棲艦とは様子が違う……
提督@43:こう、全力で逃げてます
赤城@539:「第一次攻撃隊、発艦用意…逃げ腰の敵ですか…妙ですね」
大和@3-188:「…この航路…妙ですね。こちらから逃げている」
提督@43:ということで主任務発生です!
提督@43:・敵の全滅
子日@3-322:別に全滅させてしまっても構わんのだろう?
提督@43:ああ、生かして帰すな……
響@3-319:捨て駒だなこれ
提督@43:敵はイ・ロ・ハ・ホ・へ(強行偵察)属性持ちです!
大和@3-188:「しかしこの動き…こちらの動きを収集、情報を持ち帰ろうとしているといったところでしょうか。むざむざ情報を持ち帰らせるわけには…」
提督@43:こいつら相手の判定ですと−1補正が発生、補正値は艦によるのでご注意を
大和@3-188:さ、強行偵察部隊の命日にしてあげようか
大和@3-188:ほうほう
提督@43:戦場は追っているので同航戦となります
響@3-319:ふむふむ
提督@43:勝利条件は、旗艦撃破を含む3隻以上の撃破となります。
提督@43:あ、旗艦属性持ちはイ級となります。
大和@3-188:やはりイ級か
響@3-319:イ級なんだ。
提督@43:イ級さんです。
子日@3-322:フライ
大和@3-188:こいつは厄介だぞ
提督@43:あと、こいつら基本的に範囲攻撃持ちですのでご注意を……
提督@43:さて、以上かな。何か質問はあるかな?
大和@3-188:ほむ
赤城@539:面倒な…
大和@3-188:こちらからは特に無しです
響@3-319:アビリティもってる?
提督@43:旗艦は、持ってるかな
提督@43:なお、旗艦はイ級なのに装備アビリティも二個ありますのでご注意を
赤城@539:身代わりかな(真顔
大和@3-188:さて、何持ってるかな

艦隊戦編集

プロット編集

大和@3-188:よし、それじゃあプロットしようか…の前に!
提督@43:さて、ここで作戦の効果だな!
大和@3-188:作戦の効果を発動!旗艦のイ級の動きはトレースさせてもらうぞ!
提督@43:OKだ
提督@43:では、プロットを開始……イ級は、6番だ
大和@3-188:ふむ、やはりな
大和@3-188:シークレットダイス
子日@3-322:シークレットダイス
提督@43:シークレットダイス
響@3-319:あれ、ダイスシンボルじゃ無いんだ
赤城@539:ん シークレットダイスでいいのかな
提督@43:シークレットダイス形式でやろうかな!
赤城@539:了解
赤城@539:シークレットダイス
大和@3-188:まぁ、GMによるよね
響@3-319:どうやるんだろ
提督@43:s1d6なんとかって入れるとシークレットダイスになりまーす!
提督@43:(1d6と文字の間にスペースは必要だがね
響@3-319:シークレットダイス
響@3-319:are
響@3-319:上手く振れてないな。出目指定はどうすれば?
大和@3-188:いや、出目は関係ないのよ
響@3-319:ああ、そういうことか。
響@3-319:シークレットダイス
響@3-319:文章が大事って事ね。
提督@43:Yes
大和@3-188:飽くまでも隠せれば良い、って話じゃから
提督@43:さて、では偵察戦開始です!
赤城@539:まぁそこらへんの混乱があるので他を使う提督もいるな
大和@3-188:後はMVPの指定なんかでも使いますぜ
響@3-319:あ、そっちは秘話機能使わないのか
大和@3-188:秘話機能はプロットをこっそり教えるときだけですな
提督@43:こう、一斉にドーン!って開けるのが楽しくてな……
大和@3-188:わかる!
大和@3-188:よし、ホ級を偵察しましょう
大和@3-188:零観を利用
大和@3-188:《索敵》で判定 目標直上5 補正-1
大和@3-188:ホ級でいいですかね…?
提督@43:ホ級「私は構わん」
大和@3-188:よし、それじゃあ行っちゃうか!
大和@3-188:2d6-1>=5
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[1,6]-1 → 6 → 成功

赤城@539:お、おう
提督@43:ホっちゃんは……5番でぇす!
赤城@539:まぁホは指定個性がゲスイからな
大和@3-188:次は偵察機行きますが…希望はありますか?
大和@3-188:5番か
響@3-319:へかな?
大和@3-188:まぁ、そうなるよね
提督@43:へ「いいのかい?私で」
大和@3-188:フッ…
大和@3-188:2d6-1>=5 まぁ、ダメならそれはそれで
KanColle : (2D6-1>=5) → 8[3,5]-1 → 7 → 成功

提督@43:へっちゃんは……2だな
大和@3-188:ほうほう
赤城@539:ふむ
赤城@539:後はハかねぇ?
響@3-319:ここまでくるとどっちでもいいけど
提督@43:ハ「ハハハ、私に来るか……最高にクレバーに抱きしめてやろう」
赤城@539:だが断る 艦攻偵察 索敵で判定 目標値5 修正-1
赤城@539:2d6-1>=5 「偵察隊を出します…発艦!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 10[5,5]-1 → 9 → 成功

提督@43:ハは……1だ
大和@3-188:なるほど、満遍なく広がっているのか
響@3-319:まあセオリーっちゃセオリーよね
大和@3-188:さて、こちらの偵察は終わりですかね
提督@43:こちらは……そうだね、への偵察機をぉ……
提督@43:choice[大和,赤城,子日,響] ドーン!
KanColle : (CHOICE[大和,赤城,子日,響]) → 子日

提督@43:子日だよ!
提督@43:偵察9だが、どうするね
子日@3-322:通す!
赤城@539:どうにもならんぞ この艦隊 個別対空すらないからな
子日@3-322 -> 提督@43:6にプロットしてます
子日@3-322:送りました
大和@3-188:うむ
提督@43:受け取りました
提督@43:さあ、各自変更のお時間です……悩み給え
大和@3-188:変更の必要性?しないぜ!
赤城@539:ふーむ まぁアビリティの関係上悩みようがない
赤城@539:シークレットダイス
響@3-319:これで決定
提督@43:では、皆さん……準備はよろしいかね?
大和@3-188:ああ・・・!
提督@43:では、地獄の釜を開こうか……
提督@43:オープン!
響@3-319:s1d6 2にプロット
KanColle : (1D6) → 6

子日@3-322:s1D6 航行序列「6」にプロット
KanColle : (1D6) → 2

提督@43:s1d6 ロ:6 ハ:1 ホ:5 へ:2
KanColle : (1D6) → 3

赤城@539:s1d6 変更後航行序列4
KanColle : (1D6) → 4

大和@3-188:s1d6 航行序列「6」
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:さあ、公開時アビリティどうぞ!
響@3-319:釘付け>ハ級
響@3-319:2d6-1>=5
KanColle : (2D6-1>=5) → 9[3,6]-1 → 8 → 成功

響@3-319:こっちきなさい
提督@43:ハっちゃんは、釘付けられた!
提督@43:さて、他には無いかな?無いよね!
大和@3-188:無いっぽい
響@3-319:こちらはなし。


航空戦編集

提督@43:では、航空戦を始めようか……!
赤城@539:イ級から航空機が!
提督@43:ありません。イ級を何だと思っているのですか
大和@3-188:A:危険物
提督@43:ということで赤城さんから航空戦スタートです!
赤城@539:はーい
響@3-319:からというか、赤城さんだけだよね!w
提督@43:まあ、そうなるな     普通なら
赤城@539:じゃんじゃんいくよー
大和@3-188:…分からんぞ?
赤城@539:彗星一二甲からどーんと
赤城@539:1d6 ころころころ
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:あっ
赤城@539:ずばり
大和@3-188:おお!いいとことに行った!
響@3-319:美味しいところとんだ。
赤城@539:航空攻撃4だ
赤城@539:4d6 「第一次攻撃隊、かかれ!」
KanColle : (4D6) → 18[3,3,6,6] → 18

赤城@539:ふはは こわかろう
提督@43:装甲8……中破です!
響@3-319:24はちときついか。
赤城@539:eliteクラスかこいつら…
提督@43:戦果は、最低2が補償されていますの
赤城@539:まぁここはこれで流そう
赤城@539:1d6 彗星隊!
KanColle : (1D6) → 5

赤城@539:ズバリ
提督@43:ひっ
響@3-319:そのまま沈めようw
大和@3-188:よし!
赤城@539:航空攻撃3 出目次第では押そう
響@3-319:あと16かな。
赤城@539:3d6 「集中攻撃で仕留めます 攻撃かかれ!」
KanColle : (3D6) → 4[1,1,2] → 4

赤城@539:ぶっ
大和@3-188:ちょw
響@3-319:慢心しすぎぃ?!w
提督@43:弾くな……
響@3-319:うーん、一段階負わせる必要があるかどうかになるけどw
赤城@539:流そう 流石にどうしようもない 16点なら殴れば普通に出るハズ
大和@3-188:深海棲艦には無傷が轟沈しか存在しない(格言)
響@3-319:じゃあ流す方向で(ざざー
提督@43:わぁい!
赤城@539:1d6 だがまだ終わらんよ てんざーん!
KanColle : (1D6) → 3

赤城@539:はい
大和@3-188:ヒューン
赤城@539:1d6 艦攻隊 まぁこれは当たっても通るか微妙
KanColle : (1D6) → 3

赤城@539:まぁ そうなるな
提督@43:艦攻は、3番がお好き


砲撃戦1R編集

提督@43:では、これにて航空戦は終了……皆大好き、砲撃戦だよぉ!
大和@3-188:さて、通常ではない航空攻撃あるのかな?
大和@3-188:やったぁ!
提督@43:ということで、超遠距離ィ!
大和@3-188:ユクゾッ!
赤城@539:「攻撃隊…収容します 戦果はまずまずですか…すぐに第二次攻撃隊の準備にかかります」
大和@3-188:ターゲットはイ級
大和@3-188:…でいいですかね?
提督@43:いいのかな?
赤城@539:アビ二個とか死すべし慈悲はない
響@3-319:良いんじゃないかな
大和@3-188:よし、慈悲はない。 命中が苦しいがそこは気合で何とか
大和@3-188:【46cm三連装砲】《秘密兵器》 目標値5 修正-2(武器命中-1 補正-1)
大和@3-188:2d6-2>=5 「あのイ級…只者ではなさそう…ですね」
KanColle : (2D6-2>=5) → 7[3,4]-2 → 5 → 成功

提督@43:4を妨害、達成値1だ……!
大和@3-188:妨害はあるかな?
提督@43:【駆逐タービンα】回避2、高出力2、高性能2
大和@3-188:ブッwww
提督@43:と、装備がひとつ開示されました!
子日@3-322:おーいw
大和@3-188:よし、振り直そう
大和@3-188:1d6
KanColle : (1D6) → 1

大和@3-188:よし!
響@3-319:完全に逃げにでてるw
赤城@539:安い
大和@3-188:2d6-2>=5 「あのイ級…早い…!」
KanColle : (2D6-2>=5) → 11[5,6]-2 → 9 → 成功

提督@43:ああ、妨害できないっ!
赤城@539:ド命中だな…
大和@3-188:逃げられないだろう!
大和@3-188:勿論連撃などしない!
赤城@539:まそ
響@3-319:まあねw
大和@3-188:では火力5+46砲4で火力9行くぞ!
提督@43:来なさい……イ級は、伊達じゃない
大和@3-188:9d6 「捉えた・・!全砲門、薙ぎ払え!」
KanColle : (9D6) → 37[2,3,4,4,4,5,5,5,5] → 37

提督@43:高いよ!?
提督@43:装甲9、損傷4!轟沈!轟沈です!
赤城@539:走ったな…
赤城@539:装甲9まで吹き飛んでるが果たして
大和@3-188:よし!
大和@3-188:「まずは旗艦を仕留められましたね…」
赤城@539:身代わりはなかったようだ  
響@3-319:身代わりかと思ってた
子日@3-322:ああ、私の仕事がなくなった!
赤城@539:「幸先が良いですね…敵の攻撃が来ます 警戒を」
響@3-319:ロ級殴ろうぜ!w
子日@3-322:ネタ的には殴りたくないのさw
大和@3-188:それと【艦隊の希望】発動!味方の行動力を2回復!
大和@3-188:大和@3-188の行動を+1した(行動:8->9)
提督@43:では、長距離!   居ませんね
響@3-319:わーい。
大和@3-188:大和@3-188の行動を-1した(行動:9->8)
子日@3-322:子日@3-322の行動を+2した。(行動:14->16)
提督@43:では、続いて中距離に入ります!
提督@43:ホ級が動くぜ!
提督@43:MHT
KanColle : 目標表(1) → 敵艦の中で、もっとも航行序列の高いPC

響@3-319:水雷魂でこっちに変更
提督@43:序列6のみなさぁん!ホ級の時間ですよぉ!
提督@43:はっ
子日@3-322:わーい!
大和@3-188:わーい!
響@3-319:消費行動力!
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 2

大和@3-188:安い!
響@3-319:判定が無いって良いよね!w
提督@43:では、攻撃を響に!
響@3-319:カモン!
提督@43:軽巡ホ級(強行偵察部隊)の【5inch単装高射砲】
提督@43:bt3 無慈悲にゴー!
KanColle :指定個性③(6[6]) → 6-3 《航空打撃戦》

赤城@539:ホっさんは指定個性が無情気味だからのぅ
響@3-319:通信から6以上
響@3-319:2d6+2>=6
KanColle : (2D6+2>=6) → 9[3,6]+2 → 11 → 成功

提督@43:回避成功!
大和@3-188:たかい!
提督@43:だが、まだ俺のターンは終わって居ないっ!
響@3-319:さすがに命中6はあるまい…!
提督@43:軽巡ヘ級(強行偵察部隊)の【6inch連装高射砲】
提督@43:攻撃対象は目の前の響ィ!
提督@43:bt4 闇の炎に呑まれるが良い!
KanColle :指定個性④(3[3]) → 3-4 《面倒見》

赤城@539:中二ヘ級か…
響@3-319:う、クールから目標値8
響@3-319:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 6[3,3] → 6 → 失敗

響@3-319:+2忘れてた!成功だよ!w
提督@43:超成功だよ!
提督@43:ということで軽巡達は尽く攻撃を外し……短距離です
子日@3-322:私からか
提督@43:だの
子日@3-322:では目の前のロ級を狙います
子日@3-322:【白兵戦闘】を使用 《古風》直上 目標値5
子日@3-322:2D6-1>=5 「子日アターック!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[2,5]-1 → 6 → 成功

提督@43:成功っぽい!
赤城@539:行為判定だからのぅ
子日@3-322:1D6 「てりゃああああ!」
KanColle : (1D6) → 1

響@3-319:次のダイスが重要なんだ
提督@43:ハジクッ
響@3-319:(やさしいめ)
子日@3-322:ダメだー
大和@3-188:HAHAHA
赤城@539:まぁ そうなるな…
子日@3-322:「っく!踏み込みが足りない!」
提督@43:では、ロっちゃん怒りの反撃
提督@43:mht
KanColle : 目標表(3) → 敵艦の中で、もっとも【装甲力】の低いPC

提督@43:子日(に)あたああっく!
提督@43:駆逐ロ級(強行偵察部隊)の【5inch単装砲】
提督@43:bt8 とう!
KanColle :指定個性⑧(4[4]) → 4-8 《買い物》

子日@3-322:《元気》で代用《買い物》まで3マス 目標値8
子日@3-322:2D6+2>=8 「子日回避!」
KanColle : (2D6+2>=8) → 3[1,2]+2 → 5 → 失敗

子日@3-322:ふりなおーす
提督@43:ふはは、2を妨害だぁ!
大和@3-188:カ号であります!
子日@3-322:子日@3-322の行動を-1(1d6->1)した。(行動:16->15)
赤城@539:やっすーい
子日@3-322:っふ安いな
大和@3-188:よしよし!
子日@3-322:2D6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 5[2,3]+2 → 7 → 失敗

提督@43:2を妨害っ!
提督@43:達成値、5だ
子日@3-322:ふ、ふりなおす
子日@3-322:子日@3-322の行動を-5(1d6->5)した。(行動:15->10)
響@3-319:声援の用意はあるよ?w
子日@3-322:っぐ
子日@3-322:でも5じゃねw
大和@3-188:まだ舞える!
子日@3-322:2D6+2>=8 ラストダンス!
KanColle : (2D6+2>=8) → 10[4,6]+2 → 12 → 成功

提督@43:ナイスダンス!
提督@43:回避ぃ!
大和@3-188:よし!
提督@43:では、次ぃ!一航戦の登場だぁ!
赤城@539:さて…申し訳ないが響にはもう少し耐えてもらおう フリー死すべし だ
大和@3-188:まぁ、そうなるな
響@3-319:ああ、その予定なのでホを潰してください
赤城@539:目標はホ級 彗星一二甲で爆撃だ 目標値5 命中1 補正-1
赤城@539:2d6>=5 「第二次攻撃隊、ただちに発艦! 自由にはさせません! しとめます…っ」
KanColle : (2D6>=5) → 7[2,5] → 7 → 成功

提督@43:妨害なんて、無い!命中だ!
赤城@539:連撃など必要ない 那珂センで火力1 装備火力5 6dだ 
響@3-319:16以上出せば良いから余裕だな(フラグ
大和@3-188:フラグはやめろぉ!
赤城@539:6d6 「急降下かかれ! 爆撃開始!」
KanColle : (6D6) → 17[1,1,1,4,5,5] → 17

赤城@539:あっぶねーなおいぃw
大和@3-188:なぁに足りているから問題なかろうなのだ
響@3-319:余裕余裕!
提督@43:装甲8……大破デス!
提督@43:(轟沈でした、
赤城@539:うむ
提督@43:続いて響さんのターンです!
赤城@539:「撃沈確認…収容急ぎます 第三次攻撃隊準備して!」
響@3-319:ハキュンに攻撃ー
響@3-319:まず小口径主砲!
響@3-319:2d6+2-1>=5
KanColle : (2D6+2-1>=5) → 9[3,6]+2-1 → 10 → 成功

響@3-319:魚雷で連撃!
響@3-319:2d6+2-3>=5
KanColle : (2D6+2-3>=5) → 4[2,2]+2-3 → 3 → 失敗

響@3-319:うーん……
響@3-319:振り直す。
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 2

大和@3-188:安い!
響@3-319:2d6+2-1-2>=5
KanColle : (2D6+2-1-2>=5) → 9[4,5]+2-1-2 → 8 → 成功

響@3-319:よし。
響@3-319:さすがに妨害無いよね?
提督@43:ええ、ありません!
響@3-319:ダメージ
響@3-319:4d6
KanColle : (4D6) → 15[2,2,5,6] → 15

響@3-319:15点!
提督@43:装甲は、7……中破!
大和@3-188:よし、良いダメージだ
提督@43:では、ハっちゃんからの反撃です
提督@43:(あるいは、声援を切るかね
響@3-319:声援切ってもなぁw
響@3-319:反撃カモン!
提督@43:駆逐ハ級(強行偵察部隊)の【21inch魚雷後期型】ぁ!
提督@43:bt10 私の戦闘力は、5です
KanColle :指定個性⑩(4[4]) → 4-10 《おしゃれ》

赤城@539:お、おう
響@3-319:いじわるから目標値7
響@3-319:2d6+2>=7
KanColle : (2D6+2>=7) → 7[1,6]+2 → 9 → 成功

響@3-319:成功
提督@43:余裕の成功だ……
赤城@539:すりぬけたっぽいな
提督@43:ということで、短距離フェイズ終了……フェイズ変更時アビが無ければ二巡目に入ります
赤城@539:子日だな
大和@3-188:子日がいる
子日@3-322:うむ
子日@3-322:固有アビリティ【子日、退屈!】を使用 一度の命中判定を行わなかったラウンドの最後に使用できる。《元気》の判定に成功するとこの艦隊戦の間火力が1D6上昇する。
提督@43:火力が1d6上昇、恐ろしいですねぇ
子日@3-322:《元気》直上で判定
大和@3-188:使い方では大和型顔負けになるぜ
子日@3-322:2D6>=5 「攻撃当たらなかったから退屈!」
KanColle : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功

大和@3-188:成功しおった!
子日@3-322:1D6
KanColle : (1D6) → 4

響@3-319:おー、上がった上がったw
子日@3-322:これで火力4と
大和@3-188:火力4でも結構強い!
提督@43:火力が4とか駆逐の火力じゃねえ!
赤城@539:ふふ怖
響@3-319:倍になったねw


砲撃戦2R編集

提督@43:では、二巡目です
提督@43:同航戦ですので序列6からの処理となります!
赤城@539:大和さんが吹き飛ばしてハにトドメかねぇ?
大和@3-188:では先にこちらでロ級を始末しちゃいましょう
大和@3-188:【46cm三連装砲】《秘密兵器》 目標値5 修正-2(武器命中-1 補正-1)
響@3-319:そんな感じかな?
大和@3-188:さて、ここで事故ると怖いが…
提督@43:くくく……
赤城@539:(いっそ41でもいいんじゃ(小声
大和@3-188:そうだな…
大和@3-188:【41cm連装砲】《優しい》 目標値5 修正-1(補正-1)
大和@3-188:41砲でロ級を攻撃します 安全第一
赤城@539:(回避2だろうしね 出目7は割りと事故る
大和@3-188:2d6-1>=5 「確実に狙いましょう…」
KanColle : (2D6-1>=5) → 2[1,1]-1 → 1 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

大和@3-188:ぶっwww
赤城@539:あっはい
子日@3-322:あ・・・
響@3-319:アッハイ
大和@3-188:act
KanColle : アクシデント表(2) → 意外な手応え。その判定に使った個性の属性(【長所】と【弱点】)が反対になる。自分が判定を行うとき以外はこの効果は無視する。

大和@3-188:あちゃー
子日@3-322:ああ・・・
赤城@539:まぁどっちにしろダメだったのだ こういうこともある
響@3-319:(アカン)
子日@3-322:では私がロ級狙いますか
響@3-319:お願いー
大和@3-188:いやぁ、すまぬ
子日@3-322:【独断専行】を使用 《元気》で代用 目標値6
赤城@539:まぁこういうこともある
子日@3-322:2D6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 10[4,6] → 10 → 成功

子日@3-322:このラウンド中 火力が+2 回避が-2
提督@43:さぁて、では見せてもらおうか……子日パワーというやつを!
子日@3-322:【小口径主砲】で攻撃《元気》で判定 命中+2
子日@3-322:2D6+2>=5 「砲撃開始ー!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 9[4,5]+2 → 11 → 成功

提督@43:命中!
響@3-319:ヒュー!見ろよあの大口径砲!あいつはやるかもしれんぜ
子日@3-322:武器は一つしかないのでダメージ判定だ!
赤城@539:期待値的には十分吹き飛ばせるはずだ…
提督@43:武器がひとつ……サイコガンか!
子日@3-322:【小口径主砲】2+独断専行2+火力4=8
大和@3-188:それはまぎれもなくヤツさ!
子日@3-322:8D6 「子日アタッーック二回目!」
KanColle : (8D6) → 25[1,1,1,3,4,5,5,5] → 25

赤城@539:やや低いが…やったか?
提督@43:ふふ……ロの装甲は、6だ
響@3-319:サヨナラ!
子日@3-322:ぎりぎり!
赤城@539:アバーッ
大和@3-188:やったぜ!
提督@43:ヒューッ!見ろよあの駆逐艦!しっかり決めやがったぜ!
子日@3-322:一ラウンド目は外したけどな!
提督@43:ロ級、轟沈!
響@3-319:勝利条件は果たした!
赤城@539:さてどうするか…ヘを空爆しても仕留めるのは厳しいな
大和@3-188:だが全滅を狙うのも一興
提督@43:だが、まだ敵は居る……!
響@3-319:夜戦までいけばいけるだろうけど。
赤城@539:安全策で魚雷持ちを潰すか 夜戦入ればどの道勝てる
響@3-319:だね。
赤城@539:ハ級を彗星一二甲で爆撃だ トドメを刺させてもらおう
赤城@539:指定個性優しい 目標値5 命中1 補正-1
赤城@539:2d6>=5 「第三次攻撃隊発艦! 敵の駆逐艦を仕留めます!」
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

提督@43:命中!
赤城@539:連撃はしない 那珂センで火力1 装備火力5 6d6だ
赤城@539:6d6 「敵艦を減らせば響さんの負担も減りますね… あとは彼女たちの仕事ですか」
KanColle : (6D6) → 19[1,3,3,4,4,4] → 19

赤城@539:相変わらず低めだが十分だな
提督@43:装甲は7、轟沈です
提督@43:さあ、響ちゃんだ!
大和@3-188:よしよし
響@3-319:へ級に砲撃!
響@3-319:小口径ー
響@3-319:2d6+2-1>=5
KanColle : (2D6+2-1>=5) → 11[5,6]+2-1 → 12 → 成功

提督@43:命中!
響@3-319:魚雷ー
赤城@539:おしいな
響@3-319:2d6+2-2-1>=5
KanColle : (2D6+2-2-1>=5) → 3[1,2]+2-2-1 → 2 → 失敗

響@3-319:あぶねぇ!w
赤城@539:カ号であります
大和@3-188:セーフ!
響@3-319:うーん…無理する必要ないな。
提督@43:ふふ、妨害1だ
赤城@539:まぁ そうなるな
響@3-319:夜戦行けば無傷からでも倒せるし。
大和@3-188:せやのう
赤城@539:問題は夜戦さんが×だということか(目そらし
響@3-319:という事で失敗でー
響@3-319:きっとひっくり返るよ!(キラキラ
提督@43:まじかよ!
大和@3-188:一応大和も目標7で狙える範囲よ
提督@43:では、へさんの虚しい抵抗だ
提督@43:軽巡ヘ級(強行偵察部隊)の【6inch連装高射砲】《面倒見》ふぁいや!
提督@43:攻撃対象は、響ぃ!
赤城@539:(まぁそっちが安全よな 被害的に洒落にならん
響@3-319:地味にちょっときついという
響@3-319:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 6[2,4]+2 → 8 → 成功

提督@43:回避成功ッ!
響@3-319:あ、よかった命中1か
提督@43:さあ、これにて二巡目は終了だ。どうする?何する?雷撃する?


雷撃戦編集

赤城@539:(まぁ指定個性的にきつそうだったが後期型魚雷を放置する手はなかったからなぁ
響@3-319:んー…
響@3-319:まあ一応撃ちます。
響@3-319:海図から目標値7
響@3-319:他は魚雷もちいましたっけ?
大和@3-188:いないっぽい
赤城@539:ヘが装備かわってたら知らんが
響@3-319:2d6>=7
KanColle : (2D6>=7) → 5[2,3] → 5 → 失敗

響@3-319:失敗ーまあいいや。
提督@43:へっちゃんは無いよ!
大和@3-188:では夜戦判定行きますか
提督@43:ということで、これにて雷撃戦終了だ!
提督@43:夜戦、するかい?
大和@3-188:弱点での判定は危険…大和の方で請け負いましょう
大和@3-188:子日さんがそれで良ければ…ですが
赤城@539:まぁその方が無難だが(最悪感情もあるからそこそこいけるはず
子日@3-322:弱点は承知のうえ!
大和@3-188:よーし、では参ろうか
子日@3-322:どうなるかは保障しないがな!
大和@3-188:《夜戦》で判定 《衛生》で代用して目標7
赤城@539:やめておこう(真顔
大和@3-188:参るって大和が行くって意味ねw
大和@3-188:2d6>=7 「敵は確実に追い詰めましょう」
KanColle : (2D6>=7) → 6[3,3] → 6 → 失敗

大和@3-188:よし、声援頼む!
響@3-319:こっちから1点
響@3-319:「私が離脱させないように引きつけるよ」
赤城@539:響の仕事人ぶりよ…


夜戦編集

大和@3-188:「我、夜戦ニ突入ス」
大和@3-188:「響さんの引きつけはムダにはしません。確実に仕留めましょう」
提督@43:さあ、待ちに待った夜戦だぁ!
提督@43:序列6から、夜戦の時間だよ!
大和@3-188:よし、では今度こそやらせてもらおうか
大和@3-188:【46cm三連装砲】《秘密兵器》 目標値5 修正-2(武器命中-1 補正-1)
大和@3-188:外れたら子日さん頼みます
子日@3-322:はいな
大和@3-188:2d6-2>=5 「夜戦は危険ですが…確実に参りましょう」
KanColle : (2D6-2>=5) → 4[2,2]-2 → 2 → 失敗

大和@3-188:よし、子日さん頼む
提督@43:大和ォ!
大和@3-188:「(イ級を仕留めていこうどうも調子が悪い…なにか罠が…)」
子日@3-322:「夜戦は任せて~」
赤城@539:「艦載機収容完了…後は皆さんにお任せしましょう」
子日@3-322:【独断専行】を使用 《元気》で代用 目標値6
子日@3-322:2D6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 11[5,6] → 11 → 成功

子日@3-322:このラウンド中 火力が+2 回避が-2
提督@43:Perfect
子日@3-322:【小口径主砲】で攻撃《元気》で判定 命中+2
子日@3-322:2D6+2>=5 「無駄無駄無駄ぁ~!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 7[3,4]+2 → 9 → 成功

提督@43:命中!
子日@3-322:【小口径主砲】2+独断専行2+火力4=8
響@3-319:夜戦補正もあるよ!
提督@43:夜戦補正で追加1!
赤城@539:9dであるな
大和@3-188:うおお、大和と同等の火力じゃねぇか!
子日@3-322:おっ、では9Dか
子日@3-322:9D6 「子日アターック!3回目!」
KanColle : (9D6) → 29[1,1,2,3,4,4,4,5,5] → 29

赤城@539:大破ってとこかね
提督@43:へ級の装甲は8……3足りんなぁ!
響@3-319:じゃあ声援送ってしとめる?
赤城@539:ほむ この子は+1なのか…(データ記憶勢
赤城@539:半々に賭けるのは微妙という気も
提督@43:くくく……私の卓の敵相手にデータなど通用しない……!
響@3-319:まあ、私が一発撃てばいけるかなぁ
大和@3-188:ですな
提督@43:では?
響@3-319:という事で撃つよー!
提督@43:どうぞぉ!
響@3-319:小口径
響@3-319:2d6+2-1>=5
KanColle : (2D6+2-1>=5) → 8[2,6]+2-1 → 9 → 成功

響@3-319:ダメージ行きます
響@3-319:3d6
KanColle : (3D6) → 8[1,3,4] → 8

響@3-319:よし。
大和@3-188:ピタリ!
赤城@539:足りれば正義
提督@43:撃破っぽい!
大和@3-188:よっしゃ!
響@3-319:ぽいぽい!
提督@43:艦隊戦終了……完全勝利だ!
大和@3-188:それと色々とすまん!(汗)
響@3-319:無傷だぜー!
赤城@539:結果オーライ 完全勝利じゃしぃ
子日@3-322:私も盛大に外したがw
大和@3-188:HAHAHA


戦果処理編集

大和@3-188:さて、戦果かな?
提督@43:さて、では敵部隊を倒し終えると鎮守府サイドからの通信が入ります
提督@43:おっと、戦果が先でもいいですよ?
響@3-319:取りあえず戦果振っちゃいましょう。忘れそうだし!w
大和@3-188:うん、それがいい
提督@43:では、戦果ぁ!イ級以外は戦果2、イ級は戦果2+特殊戦果1、完全Sで特殊戦果さらに2点!
赤城@539:ただでさえボロい鎮守府が敵の砲撃で!(何
提督@43:合計戦果10+特殊専用の追加が3です
提督@43:敵体数は5で、お願いします!
大和@3-188:はーい
大和@3-188:choice[大和,赤城,子日,響]
KanColle : (CHOICE[大和,赤城,子日,響]) → 子日

大和@3-188:では子日さんには通常を2回振ってもらいましょうかね
子日@3-322:はーい
大和@3-188:いや、間違えた
赤城@539:数多いし旗艦一括でいいんじゃ(小声
大和@3-188:・・それもそうじゃな
大和@3-188:10b6
KanColle : (10B6) → 1,1,2,3,3,6,6,6,6,6

大和@3-188:感情多い!
赤城@539:すごく 感情祭りです
提督@43:感情が爆発したよ!?
響@3-319:ありがたいっちゃありがたいけどさw
大和@3-188:これ、NPCにとれば即5点だぜw
響@3-319:即オチ二コマですね判ります
提督@43:ビクンビクン
大和@3-188:まぁ、自分は赤城+1,子日+2,響+2ですかね
大和@3-188:2d6+10 燃料
KanColle : (2D6+10) → 3[1,2]+10 → 13

大和@3-188:少ないw
大和@3-188:1d6+5 弾薬
KanColle : (1D6+5) → 4[4]+5 → 9

響@3-319:大和+1 子日+1 赤城+1で…もう一点は
響@3-319:左から
響@3-319:1d3
KanColle : (1D3) → 1

大和@3-188:2b6+10 鋼材
響@3-319:大和に1点
大和@3-188:2d6+10
KanColle : (2D6+10) → 10[5,5]+10 → 20

響@3-319:多いな
大和@3-188:では26/21/33/8 となります
赤城@539:ふむ…
大和@3-188:特殊戦果はお三方に1回づつお願いしましょう
響@3-319:じゃあ振るよー
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 6

大和@3-188:(一応spsntというコマンドがあるけれどまぁ、新特殊ですな)
提督@43:新特殊表がひとーつ!
赤城@539:spsnt よっこいせ
KanColle : 特殊戦果表(1) → すべての資材/+3

大和@3-188:これも美味しい
子日@3-322:spsnt
KanColle : 特殊戦果表(5) → 艦載機開発表を使用する(資材は消費しない)

響@3-319:全体的に美味しい
子日@3-322:WPFA
KanColle :艦載機開発表(燃料3/弾薬6/鋼材3/ボーキ6)(14[5,4,4,1]) → 偵察機(着任p251)

赤城@539:まぁ そうなるな
大和@3-188:29/24/36/11
大和@3-188:まぁ、そうねぇ
大和@3-188:新特殊はwpmcnとなりますな
赤城@539:悪いものではない 鎮守府に放り込んでおこう
響@3-319:WPMCN
KanColle :新特殊開発表(燃料6/弾薬3/鋼材6/ボーキ3)(7[2,5]) → 電探(着任p252)

響@3-319:電探ー
赤城@539:これもまた悪いものでは(ry
大和@3-188:これも良いものじゃ
響@3-319:私がもっておこうか。通信あるし。
大和@3-188:まぁ、裝備は鎮守府フェイズ入ってからかな?
赤城@539:せやな
大和@3-188:今回は燃料がやや少ないことを除けばいい感じだったっぽい
響@3-319:せやな
提督@43:と、いうことで戦果処理は完了っぽい!
大和@3-188:はーい
提督@43:ボーキ「司令官、誰かと間違えていませんか?」


終了後イベント編集

提督@43:さて、場面は戻り、鎮守府からの通信です……
大鯨(NPC):『こちら大鯨、独立心中海援隊の皆さん、聞こえますか?』
大和@3-188:「こちら大和、通信状態良好です」
大鯨(NPC):『そうですか……卯月さん達からも敵部隊撃破の知らせが入りました、増援は必要ですか?』
大和@3-188:「問題なし、です。こちらも敵の殲滅に成功いたしました。…大和の主砲の調子が途中から悪くなったことが気になりましたが」
響@3-319:感情は大和+2 子日+1 赤城+2の合計5と。
大鯨(NPC):『了解です、それでは帰投してください……海域の警戒は卯月さん達がひとまず担当するとのことです』
大和@3-188:「了解しました。卯月ちゃんたちにはよろしく伝えてください」
大鯨(NPC):『了解しました!』
大鯨(NPC):『それにしても……今回の敵は、どうやって警戒網を突破したのでしょう……』
提督@43:という深刻そうな声が最後に挟まり……通信は終わります
大和@3-188:「…腑に落ちない部分が多いですね…(ひとりごと)」
大和@3-188:「…ではみなさん、これより鎮守府へ帰投しましょう。周辺の哨戒は卯月ちゃん達が行うとのことです」
響@3-319:「了解したよ」
子日@3-322:「は~い」(満足した顔)
赤城@539:「哨戒機を出しつつ帰投しましょう…」
赤城@539:(突然の襲撃 那珂さんのライブ…何かが…)
提督@43:こうして、君たちは突然表れた深海棲艦部隊を退け鎮守府に帰投するのであった……
大和@3-188:「(赤城さん…?)」
響@3-319:(筑摩大明神)
提督@43:(誰だ貴様!)
大和@3-188:(ん~?何のことかな…)
提督@43:さて、感情処理の続きかな(震え声
赤城@539:(ファミチキください)
赤城@539:感情値は響に+3 大和子日に+1ずつだ
大和@3-188:はいはーい
大和@3-188:後は子日さんからの感情だけかな?
子日@3-322:感情値は 響に1 赤木に2 大和に2で
大和@3-188:おk
大和@3-188:これで全て完了っと
赤城@539:(なんかざわざわしそうな赤城が(ぁ
提督@43:闇に舞い降りた天才か……
響@3-319:あごが尖っていそう
大和@3-188:HAHAHA
提督@43:ともあれ、これにてミドル戦闘処理を終了……そうだね、では第二サイクル用のカードを伏せますか

鎮守府フェイズ2編集

遊び 大和『第四水雷戦隊行くぞー!』編集

提督@43:本日は、第一シーンプレイヤーがカードを開けて終了というのがキリが良いでしょう
大和@3-188:はいはーい
響@3-319:了解ー
赤城@539:ほほーい
提督@43:では、シャッフル!
提督@43:完了!
大和@3-188:よし、ではまた最初に行っていいですかね?
赤城@539:どうぞどうぞ
大和@3-188:1d4 左から
KanColle : (1D4) → 1

どどんとふ:大和@3-188がカードを公開しました。「イベント:遊び
キーワード:バナナ」

大和@3-188:よし、達成だな
提督@43:サブも達成っぽい!
響@3-319:大和さん、私のカード好きだよねw
大和@3-188:evat さ、どんな遊びかな
KanColle : 遊びイベント表(10) → アイドルコンサート:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《アイドル/背景8》で判定。(着任p222)

提督@43:……!?
大和@3-188:うおお、なんかシナリオにマッチしてやがる…w
響@3-319:リハーサル?w
提督@43:ともあれ、着実にコンサートに向けて盛り上がっていく所で……
提督@43:本日は、ここまで!
響@3-319:お疲れー!
大和@3-188:お疲れ様でしたー!
提督@43:お疲れ様でした!
響@3-319:……あれ?誰か居なくない?
子日@3-322:お疲れ様でしたあ
赤城@539:お、おう
赤城@539:お疲れ様でした!


提督@43:さて、では揃いましたので2日目をはじめて行きたいと思います
提督@43:本日も、よろしくお願いいたします
大和@3-188:よろしくお願いしまーす!
子日@3-322:よろしくお願いします
赤城@539:よろしくお願いします
響@3-319:よろしくお願いしますー
提督@43:それでは鎮守府フェイズ2、大和さんのシーンからです
大和@3-188:はいはーい
大和@3-188:場面は那珂ちゃんライブのリハ、そこで本番に限りなく近い状態の再現と会場で配布されるバナナ型サイリウムの検品を兼ねて行うことになった
那珂(NPC):了解でーす!
響@3-319:じゃあその手伝いという名目で登場しとくw
大和@3-188:頼みまーす
大和@3-188:「(今回はライブのリハーサルに加えてサイリウムの検品か…)」
赤城@539:検品の方をやってようかねぇ
スタッフ:「それでは、こちらの方もお願いします」と箱をドサッと
大和@3-188:「了解いたしました。それでは早速リハの現場へ向かいましょう」
響@3-319:「検品も現場で行うのかい?」
大和@3-188:「ええ、検品とついでに那珂ちゃんライブのノリを本番に近い形で行うという目的もあるそうです」
子日@3-322:「これを振ればいいの?」(ぶんぶん振る)
大和@3-188:「えぇ。歌に合わせてこれを振ったり後は時々掛け声をかけてあげるといいみたいです」
子日@3-322:「ふ~ん?ライブって色々やるんだね~」
大和@3-188:「後はちゃんと点灯させて使う…位ですね」
大和@3-188:「えぇ、那珂ちゃんほどの大物になると熱心な大きなお友達も付いてきますからね」
響@3-319:「点くかどうかというのも有るね。」
赤城@539:「ふむ」 スイッチを入れて切っててきぱきと検品していくぞ
大和@3-188:「なので今回の作業はライブ全体の成否という意味でも非常に重要なのです」
大和@3-188:…こんなところでリハの現場入りですかね
提督@43:では、リハ現場に行くと……
提督@43:設営スタッフや音響の人達なんかに挨拶をしている那珂ちゃんさんが居ますね
提督@43:神通さん、川内=サン、提督っぽい何かの姿はありません
大和@3-188:「お疲れ様です」 大和も周辺のスタッフに挨拶しながら那珂ちゃんの元へ進みます
那珂(NPC):「あ、お疲れ様です!」と君たちの姿を認めたら直ぐに挨拶をしましょう
大和@3-188:「お疲れ様です那珂ちゃん。本日はリハの現場に付きあわせていただきます。よろしくお願いいたします」
那珂(NPC):「はい、こちらこそよろしくお願いします!」
那珂(NPC):「えーっと、大和さんということは……実芭蕉警備府の、独立心中海援隊の方でしょうか?」
大和@3-188:「えぇ、如何にもその通りです」
赤城@539:(赤城さんは周囲を見回して警護配置なんかを確認していよう
那珂(NPC):「そうでしたか……私達や提督が不在で色々ご迷惑をおかけしているようで申し訳ありません」
大和@3-188:「いえいえ、残っている大鯨さん達がうまくやってくれているおかげで特に苦労なくやれています。那珂ちゃんや提督にだってやるべきことがあるのですからしかたがないと思いますし」
那珂(NPC):「そう言ってくれると助かります……えーっと、今日はリハーサルに合わせたサイリウムの検品、でしたっけ?」
大和@3-188:「…それに…那珂ちゃんがこうして頑張っていることで笑顔になれる人がいるのってとても素敵なことです。 …っとそういえばそうでしたね。リハに合わせて行う、とのことですね」
那珂(NPC):「リハーサルといえども手を抜かず、本番のような気持ちで歌いますから……」
那珂(NPC):「検品も大事ですが、楽しんで頂けたらと思います!」
大和@3-188:「えぇ、楽しみにさせていただきます。こちらも検品とはいえども観客になったつもりで振る舞っていきますね♪」
大和@3-188:さて、判定かな!
赤城@539:(……みなを笑顔にする…士気高揚…やはり、この光景、どこかで…) 考え込む
提督@43:判定かな!
提督@43:歌で……笑顔を……
響@3-319:「大丈夫かい?」>赤城
大和@3-188:少し遠いけれど《笑顔》がいいかなって
赤城@539:「ええ、問題ありません…ただ、気にかかる事があるだけです さきの襲撃といい、何か引っかかります」 遠くを見つめて
提督@43:《笑顔》《アイドル》《芸能》どれでもいいが……そうだな、では《笑顔》で行ってみようかな
大和@3-188:よし、では…
シャア:《笑顔》で判定 《優しい》で代用して目標8
大和@3-188:ミス
大和@3-188:・・で優しいは現在弱点だから再発見を仕様
大和@3-188:1d6
KanColle : (1D6) → 2

響@3-319:雷はいませんよ!?<大佐
大和@3-188:むぅ…
大和@3-188:まぁ、仕方ない。アクシデント表行きましょう
提督@43:ほう、行くのか……!
大和@3-188:act
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

大和@3-188:ぐっ…
大和@3-188:1d6
KanColle : (1D6) → 5

響@3-319:あっ
提督@43:1残ったァ!
響@3-319:セーフ!
大和@3-188:ギリギリセーフ!
子日@3-322:ッチ
大和@3-188:大和@3-188の行動を-7した(行動:8->1)
大和@3-188:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 9[4,5] → 9 → 成功

大和@3-188:よし!
提督@43:成功だ!
那珂(NPC):『那珂ちゃんセンター!一番の見せ場です!』
那珂(NPC):『まずは一曲目!恋の2-4-11から……いっくよぉ!』
大和@3-188:「第四水雷戦隊行くぞー!」(掛け声)
大和@3-188:「ムラサメ!ユウダチ!サミダレ!スズカゼ!マイカゼ!アサシオ!ナーカチャーン!」
大和@3-188:サイリウムを振りながら本番さながらの掛け声を上げている
提督@43:こうしてリハーサルは、本番さながらの熱気で大成功したのでした
子日@3-322:「や、大和さん・・・?」
大和@3-188:「全ては本番を意識して…でしたが素直に楽しませていただきました♪」
提督@43:では、無事に成功という事で大和に対して感情値が1点以上ある人は感情点上昇です!
大和@3-188:やったぜ!
響@3-319:やったぜ!
那珂(NPC):更に、差し入れで【アイス】が一つ贈られます!
赤城@539:わぁぃ (変わらず+1だな
響@3-319:大和がもっておくのがいいかな!w
大和@3-188:やった!
子日@3-322:「大和さんはどんなことにも真面目」に変更して+1 3点に
響@3-319:感情値は可愛いのままへんこうなしかな!w
大和@3-188:HAHAHA
提督@43:よろしい……では、平常シーンです。補給開発ナンデモござれよ
赤城@539:わぁぃ
大和@3-188:では補給行きます。鋼材12,弾薬2で行動力7回復しましょう
大和@3-188:(鋼材がいっぱいで助かった)
大和@3-188:大和@3-188の行動を+7した(行動:1->8)
大和@3-188:訂正:鋼材10,燃料4
響@3-319:えーと、まず発見するか。
響@3-319:食べ物を再発見
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:どうぞ!
大和@3-188:25/24/26/11
提督@43:◯食べ物!
大和@3-188:よし!
子日@3-322:夜戦再発見
子日@3-322:1D6
KanColle : (1D6) → 3

大和@3-188:いいね!
提督@43:◯夜戦!
子日@3-322:よし!
響@3-319:響@3-319の行動を5減少(行動:13->8)
赤城@539:よかよか
響@3-319:えー、取りあえず7点回復しておくかな。
大和@3-188:装備している41砲の指定個性を《優しい》から《衛生》に変更
響@3-319:鋼3弾薬2燃料2貰います。
響@3-319:あと、昨日でた電探貰っても大丈夫?
大和@3-188:響さん了解
大和@3-188:いいと思います
響@3-319:じゃあ一時的に借り受けます
大和@3-188:23/23/23/11
大和@3-188:子日さんは補給します?
響@3-319:響@3-319の行動が+7回復
子日@3-322:燃料3 弾薬2 鋼材3 8点いただけますか?
大和@3-188:子日さん了解
大和@3-188:20/20/20/11
大和@3-188:開発します?
子日@3-322:子日@3-322の行動を+5した。(行動:10->15)
大和@3-188:(あれ?8点回復じゃなかったっけ?)
大和@3-188:いや、いいのか
提督@43:発見と差引ですな
大和@3-188:ですな
大和@3-188:後は開発だけ?
子日@3-322:そうです
提督@43:では、開発!するかい?
大和@3-188:個人的には行きたいかな…!
子日@3-322:砲る(ry
響@3-319:どうぞどうぞ
大和@3-188:砲類いっちゃうかい?
大和@3-188:大和の再発見込みでも行けそうな気がする
提督@43:悩んだら、かっとビングって先生が言ってた!
子日@3-322:まあ、なんとかなるでしょう(あたりが出るとはいっていない)
大和@3-188:よし!行くぞ!
大和@3-188:17/14/14/8
大和@3-188:wpcn さて…何が出ることやら
KanColle :砲開発表(燃料3/弾薬6/鋼材6/ボーキ3)(12[4,4,3,1]) → 機銃(着任p252)

大和@3-188:……
響@3-319:な、なんともいえない…!
子日@3-322:・・・
大和@3-188:えぇい、次だ!次!(涙目)
子日@3-322:え~と一応その機銃装備しておきます
赤城@539:まぁ敵空母がいるかもしれんし
大和@3-188:はーい
赤城@539:とりあえず装備しとけばよかろう
提督@43:くくく……


日常 赤城『忘れてはいけない そんな気が』編集

提督@43:さあ、では次のシーンプレイヤーだーれだ!
赤城@539:それじゃぁ参りますか
赤城@539:まぁ並び順でめくろう これだ
どどんとふ:赤城@539がカードを公開しました。「日常 過去と未来」
提督@43:0が加古で1がみらい
赤城@539:お、おう
大和@3-188:お、おう
赤城@539:evnt どっこらせ
KanColle : 日常イベント表(6) → 綺麗におそうじ!:《衛生/航海11》で判定。(着任p220)

響@3-319:これはあれか。
提督@43:さあ、全てを清算しよう……
赤城@539:過去>きたない 未来>きれい!
響@3-319:あんなに乱雑に物が散らばってた鎮守府がなんということでしょう…!
赤城@539:ビフォーアフt
提督@43:綺麗さっぱり更地に!
赤城@539:ダメじゃねーかw
大和@3-188:匠「お掃除ならお任せください!」
赤城@539:なんということをしてくれたのでしょう
響@3-319:カエレ!
子日@3-322:柱1本残ってればリフォームだろ!?
赤城@539:まぁあれだ
赤城@539:検品作業とかで出た不良品の整理とか
赤城@539:諸々の片付けとかじゃろこれ
赤城@539:「さて、そのまま準備ということでおいておいていいものもありますが、片付けておいた方がいいものも結構ありますね」
響@3-319:「サイリウムを入れていた段ボールとか包装紙とか……不良品もいくつかあったね。」
子日@3-322:「写真とかあるね~なんの記念日のだろ~?」
大和@3-188:「あら・・・どうして入っていたのでしょう。どれどれ…」
赤城@539:「艦娘は戦うのが本義…ですが、まぁ、こういうことも市民の方々のためになりますからね…どうしたのです?」
響@3-319:「なにかあったのかい?」覗いてみる
大和@3-188:「どうやら子日さんが写真を見つけたみたいなのですが…」
子日@3-322:「ん~なんか昔の鎮守府の写真っぽいのが出てきたの~」
子日@3-322:「ここも新しかったことがあったんだね~」
響@3-319:「それはまあ、あるだろうね。」
大和@3-188:「何事にも始まりはありますからね」
赤城@539:「始まり…か」
響@3-319:「人にも物にも歴史有りだね。」
赤城@539:「…やはり、捨て置くわけには行きませんか…」
響@3-319:これで判定に失敗したら大掃除にありがちな「アルバム読みふけった」現象ですね!w
大和@3-188:お、おうw
提督@43:大掃除が出来なかった系
赤城@539:というわけで記憶を探りに行くぞ 暗い過去あたりでどうか
提督@43:許可しましょう
赤城@539:まぁやや遠いが ここは見つけに行こう
赤城@539:優しいからギャップ挟んで目標値7だ
提督@43:どうぞ!
赤城@539:2d6>=7 「…思い出さなければならない記憶のような気がするのです…」
KanColle : (2D6>=7) → 4[2,2] → 4 → 失敗

赤城@539:ぐ
赤城@539:振り直す
赤城@539:1d6 アイス消えるからな 二回はチャレンジする価値はある
KanColle : (1D6) → 2

赤城@539:(補助行動だから消える前に食べた とか言えるが(ぉ
赤城@539:行動力11→9
赤城@539:2d6>=7 「忘れたままの方がいいのかもしれないけれど…忘れてはいけない そんな気が」
KanColle : (2D6>=7) → 9[4,5] → 9 → 成功

赤城@539:よし
提督@43:消されるな、この想い……ということで成功だ
赤城@539:では棚の上にあるものを取ろうとして…
赤城@539:バランスを崩す
響@3-319:「おっと」支えようとする
赤城@539:ふわりと宙に舞った刹那   全てを思い出す
赤城@539:「加賀さん…?」
響@3-319:「大丈夫かい?」
赤城@539:「え…ええ…ごめんなさい    (そうか…私は…」
提督@43:ふむ、ではそこでコトン……という物音が
赤城@539:ふむ?
提督@43:その落ちた物の正体は……アイテム表で!
赤城@539:itt さてとろうとしたのはなんだったのか
KanColle : アイテム表(5) → 応急修理要員(P241)

子日@3-322:・・・妖精さん?
提督@43:ひょっこりと、妖精さんが顔を出しています
響@3-319:これで(ダメージが)多い日も安心!
赤城@539:「あら…ダメージコントロール班の妖精さんですね」
提督@43:そんな赤城の問いに、妖精は無言で手を挙げる
赤城@539:「忘れられていたのかしら 鎮守府に問い合わせてみましょう」 手に乗せて
提督@43:<(・ワ・ )
赤城@539:まぁ妖精さんだからある日突然湧いたりもするだろ(何
提督@43:勝手に増えてもおかしくないしな!
響@3-319:楽しい度が高いと増えるからな
大和@3-188:あぁ……!
赤城@539:まぁ問い合わせた結果 該当する所蔵部隊じゃなかったので自由にしていいよ ということになったのだろう
赤城@539:誰が持つかねぇ?
提督@43:響さん?
赤城@539:かの
響@3-319:私が持つなら事故防止かなぁ
大和@3-188:じゃのう
響@3-319:まあ貰っておきます。
提督@43:さあ、ここは平常だ。発見改装開発が可能です。補給もね!
大和@3-188:よし、《優しい》の再発見行きましょう
提督@43:優しい気持ちを取り戻すんだ!
大和@3-188:1d6 感情を込めてダイスを振るんだ!
KanColle : (1D6) → 5

赤城@539:デェェェェェン
大和@3-188:重いが良かった!
提督@43:◯優しい!
赤城@539:重いが戻ったな
響@3-319:あとは補給するだけだ!
大和@3-188:よし、燃料6,弾薬2,鋼材2で補給しましょう
大和@3-188:11/12/12/8
大和@3-188:…やはり戦艦が行動力を消費するとすぐり資材がなくなるな…w
提督@43:大和だからな!
響@3-319:開発はどうします?
赤城@539:まぁ安全策だ 食べておこう ボーキ2丁!(殴
大和@3-188:どうぞー
赤城@539:希望あるとはいえ索敵振り直しあるかもだからナー
大和@3-188:11/12/12/6
大和@3-188:そういえば艦娘デスクあるのよね
赤城@539:行動力9→11
提督@43:あるのです
赤城@539:赤城さんは必要ないな(オールオートである
大和@3-188:ほうほう
赤城@539:戦術アビだけだかんなアレ
響@3-319:私の釘付けか子日の近接戦闘かな
大和@3-188:せやなー ただ一応確認しておけば使いそびれないかなと
赤城@539:まぁ二人に任せましょう
赤城@539:開発どうするべ ぎりぎりだが
響@3-319:再判定での補給を考えるとあと一回が限度かなぁ
赤城@539:あと発見組
大和@3-188:今回はスルー安定?
響@3-319:最後のサイクルで平常取れたらって感じかなと思ってる<開発
響@3-319:最後のイベントねw
大和@3-188:おkおk
赤城@539:まぁ そんなところじゃろうねぇ
大和@3-188:他に発見する人います?
子日@3-322:とりあえずいいかな
提督@43:ほむ、じゃあこれにてシーン閉じ、かの
提督@43:では、次のシーンはだーれだい!
響@3-319:さっきと同じ順番で私かな
子日@3-322:では頼みまーす


交流 響『お祓いとか必要なのかな?』編集

どどんとふ:響@3-319がカードを公開しました。「交流「イ級の怨念」」
響@3-319:どういうキーワードだw
響@3-319:EVKT
KanColle : 交流イベント表(7) → 深夜のガールズトーク:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《おしゃべり/趣味7》で判定。(着任p221)

提督@43:イ級に関するガールズトーク、だと……w
響@3-319:大和さんが調子が悪くなったのはイ級の所為か作戦会議?
大和@3-188:HAHAHA
響@3-319:「そういえば、イ級を倒してから調子悪くなったみたいだけど」>大和
大和@3-188:「えぇ、あれ以降不発を繰り返しまして…」
大和@3-188:「大和自身の練度の不足だけが原因ではないように感じられました:
響@3-319:「怨念とかかい?」
大和@3-188:「怨念ですか…よくはわからないですがもしかすればありえるのかもしれませんね」
赤城@539:「…装備関連の不調ですか? とりあえず念入りに整備してみてはいかがでしょうか」
響@3-319:「お祓いとか必要なのかな?」
赤城@539:「もっとも、妖精さんの領分ですので原因がはっきりしないこともありますが…」
大和@3-188:「整備をしたところ不調のようなものが見当たらなかったという結果が帰ってきたのも気になるのです」
響@3-319:「気のせい、という事もあるかも知れないけど。」
大和@3-188:「…だといいのですが」
子日@3-322:「ん~調子が悪かっただけじゃないの~」
響@3-319:「うん、あとで大鯨さんからお守り貰ってこようか。」
大和@3-188:「えぇ、お願いしましょうか。気休めにはなるかもしれませんし」
響@3-319:ガールズトークって言うか怪談かな?w
提督@43:ですねぇ……w
提督@43:判定、します?
響@3-319:しましょうかw
響@3-319:おしゃべりでいいのかな?
提督@43:《不思議》な事が起こった、《暗い過去》怨念がおんねん、《おしゃべり》
提督@43:ええ、大丈夫です!
響@3-319:うん、おしゃべりが一番近いやw
響@3-319:食べ物から目標6
響@3-319:2d6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 11[5,6] → 11 → 成功

響@3-319:成功ー
響@3-319:好きな人に感情+1!
提督@43:しかし、こうして怪談を話すのもまたガールズトーク……なんだろうなぁ
響@3-319:私は子日に+1しまーす。
大和@3-188:響さんに+1「不安が薄らぎました」
子日@3-322:そのままで響さんに+1
赤城@539:ふーむ
赤城@539:子日に+1 そのままだ
響@3-319:デスクは…まあ挑戦するか。子日使う?
子日@3-322:目標7なんだよね微妙・・・
響@3-319:私も8だからまあ…w
響@3-319:使っちゃっても良いかな?ダメならダメで
子日@3-322:私が使っても戦略的微妙かな、響さんどうぞ
響@3-319:では、食べ物から目標値8
響@3-319:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 7[1,6] → 7 → 失敗

響@3-319:惜しい!
大和@3-188:振り直しかな
響@3-319:一回再挑戦するか。
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 3

響@3-319:2d6>=8
KanColle : (2D6>=8) → 3[1,2] → 3 → 失敗

響@3-319:うん、諦めよう!
大和@3-188:カ号であります!
大和@3-188:まぁ、リスクが小さいしね
子日@3-322:行動値3減少か
響@3-319:補給で6点ほど貰いまーす
響@3-319:鋼弾薬燃料各2点ずつ。
大和@3-188:はいはーい 資材の組み合わせは?
大和@3-188:おk
大和@3-188:9/10/10/8
大和@3-188:訂正:
大和@3-188:9/10/10/6
大和@3-188:開発する?通常なら行けそうな気もしますが
提督@43:どうする?なにする?
提督@43:(あるいは、発見とかもま
大和@3-188:そういえば発見もまだでしたな
子日@3-322:では発見しますかね 寝るを再発見
子日@3-322:1D6
KanColle : (1D6) → 5

大和@3-188:よしよし!
子日@3-322:重い・・・が長所
大和@3-188:補給します?
子日@3-322:燃料1 弾薬2 鋼2 で補給します
大和@3-188:はいはーい
大和@3-188:8/8/8/6
大和@3-188:子日さんがあと1回発見しても通常2回行けますね。どうします?
提督@43:あら、いい塩梅
子日@3-322:いや、私はもう発見しないのでご自由にどうぞ
響@3-319:私も発見無しやね
大和@3-188:ほうほう 次が非平常の可能性もあるしやってもいいかなと(開発厨)
子日@3-322:では何いきますか?
赤城@539:ふむ
大和@3-188:響さん的にはどうです?
響@3-319:一回ぐらいはやって良いんじゃないかな
響@3-319:ちなみにやるなら砲類一回の方が率が良いのかな…
大和@3-188:まぁ、響さんにお任せします!
響@3-319:じゃあ砲類一回やるよー!
響@3-319:WPCN
KanColle :砲開発表(燃料3/弾薬6/鋼材6/ボーキ3)(11[2,2,4,3]) → 魚雷(着任p252)

大和@3-188:おお、子日さんに是非!
響@3-319:子日にパス!
子日@3-322:お、おう・・・
大和@3-188:5/2/2/5
響@3-319:こんなとこかな
子日@3-322:では魚雷を《面白い》で装備します
どどんとふ:「赤城@539」がログインしました。
提督@43:では、以上かな?
響@3-319:です
大和@3-188:っぽい
子日@3-322:では引きますねー


演習 子日『ムラがあるんだよ~安定しないの~』編集

提督@43:じゃあラストシーンにいってみよう!
どどんとふ:子日@3-322がカードを公開しました。「演習 「もうすぐ戦艦」

大和@3-188:よし、開発してよかった!
子日@3-322:EVET
KanColle : 演習イベント表(7) → 砲撃演習:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《砲撃/戦闘7》で判定。(着任p223)

提督@43:かぶり無し……!?
大和@3-188:実は2サイクル目だけでサブ達成という
大和@3-188:…というか今回6シーン制覇しましたなw
提督@43:ふふふ……
子日@3-322:もうすぐ戦艦を使った砲撃訓練か・・・
響@3-319:戦艦じゃ無くてもうすぐ戦艦を使わなければならないのか…
提督@43:そんなものは無いっ!
子日@3-322:そうか、子日も戦艦にあこがれていたのか!
提督@43:戦艦並の火力だけどな……w
子日@3-322:ということで戦艦になるために訓練してる子日
子日@3-322:「子日アターック!」
大和@3-188:「いつも似増してテンションが高いですね」
子日@3-322:「う~ん。でも調子がよくないんだよね~」
大和@3-188:「そうなのですか?」
子日@3-322:「早く戦艦並み火力を手に入れたいな~」
響@3-319:「さっきの戦闘で凄い火力出してなかったかい?」
大和@3-188:「えぇ、とても駆逐艦クラスのダメージとは思えませんでしたが…」
子日@3-322:「ムラがあるんだよ~安定しないの~」
子日@3-322:1D6というムラが!
大和@3-188:メメタァ!
赤城@539:「なるほど…」
響@3-319:1でても並の駆逐艦以上なんだけどね!w
子日@3-322:「ちょっと力溜めないといけないし、なかなか戦艦みたいにはいかない~」
大和@3-188:「…ではもう少し訓練しないと…でしょうね」
子日@3-322:「うん!やっぱり力いっぱい撃つから訓練してないと当たらないしね!」
赤城@539:「観測手段も駆逐艦ですと限られますからね」
響@3-319:チャージショット(サイコガン)
子日@3-322:「え~い!」(高速のパンチをかましながら砲撃をする)
大和@3-188:ヒュー!
提督@43:見ろよあのパンチ!
響@3-319:こいつぁやるかもしれんぜ!
子日@3-322:「こんな感じの撃ち方だから訓練しないとさっぱり当たんないの~」
大和@3-188:それは まぎれもなく ヤツさ
提督@43:ネーノヒー
子日@3-322:「よくシャドーボクシングもしてるんだけど、なかなか火力は上がらないね~」
響@3-319:「でも、それだけの火力はやはり羨ましいね」
大和@3-188:「その努力が本番で現れるのでしょう」
大和@3-188:努力の結果
子日@3-322:「そうかな?そうだといいな~」
赤城@539:「やったことは必ず残ります   ええ、そうですとも…」
子日@3-322:「じゃあもうちょっとがんばってみようかな。早く初春(改ニ)姉さんみたいに安定して火力出したいな~」
響@3-319:あれは装甲を全捨てした火力なので真似してはいけないw
提督@43:そんな子日ちゃんの頑張りは実るのか……
提督@43:さあ、判定だ!
提督@43:《砲撃》だ!《マジメ》に取り組みましょう、《元気》いっぱい頑張りましょう↑
子日@3-322:もちろん《元気》だ!直上!目標値5!
子日@3-322:2D6>=5 駆逐艦に装甲など不要!
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

響@3-319:…
子日@3-322:失敗しても損失は少ないが・・・うぬぬ
提督@43:ふふ、どうする?
子日@3-322:いや、振りなおそう!
子日@3-322:子日@3-322の行動を-1(1d6->1)した。(行動:15->14)
子日@3-322:2D6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

大和@3-188:安い上に成功!
子日@3-322:よし!最小限で成功!
提督@43:ヒューッ!
大和@3-188:ヒューッ!
提督@43:子日は、何かコツを掴んだようだ……セッション中、命中力が+1!
子日@3-322:だが、火力は上がらないのだった!
大和@3-188:HAHHA
子日@3-322:ちなみに火力が上がる訓練は艦隊戦演習。訓練方法が間違ってる!
提督@43:HAHAHA
大和@3-188:フフ
提督@43:まあ、そうなるな……
子日@3-322:その辺の子日らしいということでシーン〆と
提督@43:今回は非平常だ……発見、するかい?
子日@3-322:なしです
響@3-319:なしでー
大和@3-188:なしでーす
提督@43:それでは、これにてシーンを閉じるが……準備はOK?
響@3-319:OK
大和@3-188:おk
子日@3-322:おk
提督@43:では、以上をもちまして鎮守府フェイズ2を終了……お待ちかねの決戦へと行こうじゃないか

決戦フェイズ編集

イベント編集

大和@3-188:よっしゃ!
赤城@539:ほほい
響@3-319:イクゾー
提督@43:それではイベントです
提督@43:〜〜〜〜〜〜〜
提督@43:那珂ちゃんライブ当日!
提督@43:の前の日の事
提督@43:皆さんは大鯨により執務室に呼ばれました。
提督@43:お題目は、翌日の会場護衛の確認と連絡事項があるとの事です。
響@3-319:「どうしたんだい?」<連絡事項
大鯨(NPC):「皆さんお揃いですね?」
大和@3-188:「ええ」
赤城@539:「何かあったのです?」
大鯨(NPC):「本日は、明日のライブの件の再確認とちょっとした連絡事項があるのでお呼びしました!」
大和@3-188:「連絡事項...ですか?」
子日@3-322:「今日は準備の日じゃないかったの?」
大鯨(NPC):「まあ、そちらはあまり皆さんには関係ないのですが……まずは1点目、ライブについてです」
大鯨(NPC):「先日の深海棲艦出現もありましたので、皆さんには水上の特設会場外にて深海棲艦の警戒に当たってもらいます」
大鯨(NPC):「一応、通常艦艇による警戒線もありますので大丈夫とは思うのですが……念には念を、です」
響@3-319:「実際、この前のこともあるしね。」
大和@3-188:「ですね。一般人も多く存在するライブ中に深海棲艦の突破を許すわけには行きませんし…」
大鯨(NPC):「この前は、突如としてレーダーに現れたとのことで……原因は現在も究明中との事です」
大和@3-188:「(資料によれば以前も似たようなことがあったとか…)」
大鯨(NPC):「そして2つ目、連絡事項なのですが……」
大和@3-188:「1度あることは2度あるとも言います。我々一同全力で警備に臨みましょう。 2つめとは?」
大鯨(NPC):「先日、金沢を満喫していた追加の子なのですが各所との調整が終わり明日配属になるとの事です」
響@3-319:満喫ww
大鯨(NPC):机の上のパソコンの文字を追いつつ、そんな事を
大和@3-188:「ようやく…ですか。それは頼もしい限りです」
響@3-319:「ふむ、そのまま警備に参加するのかい?」<満喫してた子
大鯨(NPC):「それなのですが……」
大鯨(NPC):「流石に、訓練も顔合わせも無しでいきなり実戦は危険であろうという点から警備への参加は見送るとの事です」
子日@3-322:「明日は新メンバー追加の日~ってあれ?」
響@3-319:(警備に飛び出しそう)
大鯨(NPC):「提督によると、今度は海路で鎮守府に直接いらっしゃるとの事ですので対応はこちらで行います」
大和@3-188:「そちらの対応はよろしくお願い致します。我々は警備の任務をしっかりこなしてみせましょう」
大鯨(NPC):「はい!警備の方は、よろしくお願いします!」
響@3-319:「襲われる心配は無いのかな?」
大鯨(NPC):「陸路で一度横須賀に寄ってからですし……距離も短いですから大丈夫かと」
響@3-319:「それなら安心だね」
大和@3-188:「一度電車で迷子になっていることですしルートについてはちゃんと送っておいてあげましょう。念のため」
卯月(NPC):「……んー」
卯月(NPC):「羅針盤に惑わされるとか、無ければいいっぴょん?」小声でつぶやく
大鯨(NPC):「とりあえず、こちらからの連絡は以上です」
大和@3-188:「では明日はそれぞれのやるべきことをしっかりこなしましょう…!」
響@3-319:「そうだね。」
子日@3-322:「はーい」
赤城@539:「了解です」
提督@43:こうして、前日の出来事は終わり
提督@43:ライブ当日、海上
提督@43:本日は天気も快晴……絶好の水上ライブ日和といったところでしょう
大和@3-188:「ライブには最高の状態ですね…」
提督@43:時刻は18:00、丁度開場したあたりですかね
提督@43:ちなみに、海も平穏……特に深海棲艦も見当たらず凪いだ様子です
響@3-319:「今のところは平穏だね」
子日@3-322:「今日は良い日~♪」
大和@3-188:「このまま何事もなければいいのですが…」
赤城@539:「……」
提督@43:おっと、そういえば……主任務がありましたか
提督@43:・会場護衛の成功
提督@43:単純明快です!
大和@3-188:うむうむ
提督@43:そうですね……では、そんな平穏な海ですが君たちは遠くに二隻の艦影を見る
大和@3-188:「む…あれは...」
提督@43:サイズからして、艦娘程度の大きさ
提督@43:それが貴方達の方……というよりも、会場の方へと向かっていきます
大和@3-188:「(もしかして新人さん?いや1隻のはず…)」
大和@3-188:「念の為に警備を兼ねて向かってみるのもあり…か。あそこも警備範囲…」
響@3-319:「案内かな?」確認できそう?
赤城@539:「必要なら偵察機を回しますが…?」
提督@43:では、向こうも近寄ってくるわけですが……
提督@43:そうだね、艦娘っぽいです。艤装からして。
大和@3-188:「艦娘っぽいですね…コンタクトをとるべきか否か…」
子日@3-322:「艦娘かな~?お~い!」(手振ってみる)
響@3-319:「本部に報告してコンタクトを取ろう。」>大和さん
提督@43:向こうの一隻は子日に手を振り、そしてもう一方は特に反応は無し。首だけは向けたのかもしれないが
大和@3-188:「(偵察機を使ってコンタクトをとるか直接コンタクトをとるべきか…)」
大和@3-188:「…そうですね、赤城さんの言うとおりに偵察機を出すにしろ本部の確認があったほうが確実でしょう。響ちゃんの提言通り本部へ連絡を入れます」
大和@3-188:「本部、聞こえますか?こちら独立心中海援隊旗艦大和」
スタッフ:『はい、こちら本部です……どうしましたか?』
大和@3-188:「艦娘と思わしき姿を2隻ほど捉えました。念の為に確認の必要があると考えますがいかが致しましょうか?」
スタッフ:『艦娘さん?………少しお待ちを』
スタッフ:『………一応確認を願います。』
大和@3-188:「了解いたしました。一時的に配置を離れることにはなってしまいますが...確認へ向かいます」
響@3-319:この場に偵察機を放っておけば多少はフォローになるかなあw
大和@3-188:うむ
大和@3-188:「ではこの近海に偵察隊を配備して我々は確認へ向かいます」
大和@3-188:「皆さんも念のため付いてきていただきます」
子日@3-322:「じゃあ行ってみよ~」
響@3-319:「行こう。」
提督@43:では、こうして近づいて行くのかね
大和@3-188:ですね
提督@43:さあて、更に近づくとその艦娘達の姿も分かる
提督@43:一人はなんか帽子を被った金髪の艦娘
提督@43:もう一方は青い髪をしてメガネを付けたセーラー服の艦娘だ
大和@3-188:「(片方は資料で見覚えがあるような...)」
大和@3-188:「(確か…)」
響@3-319:「だれだろう?」
大和@3-188:「そこの艦娘達、停船を」
子日@3-322:「こんにちは~」
金髪の艦娘:「あら?何事かしら」
青髪の艦娘:「ん、どうしたんだい?」
青髪の艦娘:「そして、こんにちは小さいお嬢さん」
提督@43:素直に二隻とも停船いたします
大和@3-188:「あなた達が不用意にライブ会場へ接近しているのが気になりまして。確認のために伺いました」
金髪の艦娘:「ライブ会場?なにそれ?」
青髪の艦娘:「ん、あー……そういえば、君はこの近くに用があるんだったっけ」
青髪の艦娘:「私はこのライブを観に来ただけだよ」
青髪の艦娘:そう言うと、青い髪の方は那珂ちゃんライブのチケットを取り出して見せる
響@3-319:「ん……つまり、貴方(青髪の方)はライブを観にきた、貴方(金髪の方)は鎮守府に用がある、という事かな?」
大和@3-188:「この近くに用が…?もしかして貴方が新しく燃える実芭蕉に配属される予定の? そしてもうお一人がライブ会場を見に来た…と?」
青髪の艦娘:「ん?」
青髪の艦娘:ぴくんと、鎮守府名に反応する
金髪の艦娘:「ええ、その通り……私が、配属予定の艦娘ね」
大和@3-188:「つまりライブに用があるついでに案内していたと」
青髪の艦娘:「あー、まあ、うん、そうだねぇ……この子、なんでか海の方に出ようとしてたから」
青髪の艦娘:「ほら、こう、親切心というか、色々見過ごせなくてね?うん」
大和@3-188:「なるほど…それはわざわざ誘導していただきありがとうございます。えっと...(名前を知らないので詰まる)」
青髪の艦娘:「ということで、用事も済んだし確認もとれたし私はこれで……」
大和@3-188:「(そういえば…!)」
響@3-319:「私は燃える実芭蕉警備府、独立心中海援隊の響だよ。貴方は?」>二人
子日@3-322:「この近くにいるんなんて、他に鎮守府なんてあったんだ~知らなかった」
大和@3-188:おもむろにボイスレコーダーを取り出す!
金髪の艦娘:「私?私はBismarck、ドイツの誇る大戦艦よ!そして、この子は……」
大和@3-188:そして青い髪の艦娘らしき方にそれのスピーカーを向けて…
青髪の艦娘:「名乗るような者じゃないですし、ええ。通りすがりの艦娘ですとも。」
翔鶴のような音声:「シュトゥルムヴィントさん、貴方のような存在は許されないのですよ。今度こそ抹消してあげましょう」
大和@3-188:「(確認のためにはこれほど有効な手はないでしょう…後は…反応を見れば)」
青髪の艦娘:「………!」露骨に、固まる
青髪の艦娘:が、直ぐに元に戻り
響@3-319:「後日、正式にお礼をしたいのでね。名前を教えてくれないかい?」ちょう善意の目>青髪
青髪の艦娘:「じゃ、じゃあこれで……あとほら、私は霧島とでも、ええ!メガネがトレードマークですし!」
大和@3-188:「(…なるほど…やはり・。。)」
赤城@539:「……(相変わらず周囲を警戒しつつ)」
金髪の艦娘:「あれ、?さっきはシュトゥルムヴィントとか名乗ってなかしら?」
大和@3-188:「なるほど、ビスマルクさんに…シュト…霧島さんで…やはりそうでしたか」
大和@3-188:「まずはようこそビスマルクさん、貴方の配属先の鎮守府所属の大和です。」
子日@3-322:「ビスマルクさんも火力すごそう~」
Bismarck(NPC):「……大和?」
大和@3-188:「そしてシュトゥルムヴィントさん…あなたの目的を正直に話してもらいましょう。」
Bismarck(NPC):あれ?っと首を傾げるも元に戻し
大和@3-188:「えぇ、大和です。」
Bismarck(NPC):「そう、よろしく頼むわ!」
シュトゥルムヴィント:一方そんなやり取りを聞きつつどうしたものかと悩むシュト(ry
シュトゥルムヴィント:「えー……まあ、名前はともかく……目的はライブを観に行く事ですし?ほら、チケットもありますし」
大和@3-188:「情報によると明確に我々の鎮守府の別艦隊と一度敵対しているみたいですが…」
大和@3-188:「ライブで何をしたいのですか?」
シュトゥルムヴィント:「……歌を聞く以外に何かあるのかい?」
大和@3-188:「本当に素直に歌を聞くだけだとしてもですね…」
大和@3-188:「貴方が我々の情報を握っているシュトゥルムヴィントという存在だとしたら…ここを通すわけには行かない…!」
シュトゥルムヴィント:「ちょ、ちゃんとお金も払ってるのに!?」
Bismarck(NPC):「え?何かしらこの雰囲気……」
響@3-319:「えーと、さっき報告した人影を確認したけどビスマルクさんとシュトゥルムヴィント?さんだったよ。」大鯨に通信ー
大鯨(NPC):『え”……なんでビスマルクさんがそちらに……といいますかシュトなんとかさんって確か交戦報告もあったような……』
響@3-319:「ビスマルクさんはこっちに来るはずだったのに金沢を満喫してた艦娘みたいだけど、もう一人はどうしよう。大和さんと険悪みたいだ。」
子日@3-322:「う~んでもここで返しちゃうのもかわいそう?わざわざ海路で来てくれたんだし?」
大鯨(NPC):『んー……そうですね。ならば………』
大和@3-188:「悪くは思わないでいただきたいのですが…貴方の潔白を証明するためにこの音声を聞いていただきましょうか」
翔鶴のような音声:「シュトゥルムヴィントさん、貴方が何を企んでいようと全ては無意味なのですよ。たとえ私がいなくても艦娘達によって必ず阻止される…」
響@3-319:「……ああ、艦装だけおいていって貰えば良いのかな?」
シュトゥルムヴィント:「…………」無言で目を逸らし
大和@3-188:「やはり…交戦記録にあるシュトゥルムヴィントさんと同一人物のようですね…」
赤城@539:「困りましたね……」
シュトゥルムヴィント:「キョウノワタシハゼンリョウナイチカンキャクデスヨ?」
大鯨(NPC):『何かがあっても困りますし……排除しちゃいましょうか?』
赤城@539:「……というか、ビスマルクさんが到着しなかったのももしかして…」
響@3-319:「ええと、船をよこして貰えないかな。それで艦装を外して貰う。」>大鯨
シュトゥルムヴィント:「ちょっとまって?それは無実よ!?」
子日@3-322:「それは?」
響@3-319:「常識的に考えて。善良な一観客に」
響@3-319:まちがい
大和@3-188:「艤装を外せばあなたも持ち通りの一般市民になれるのです。そうすれば喜んでここを通しましょう」
大和@3-188:文字通り
響@3-319:「常識的に考えて。観客の危険物持ち込みを認めると思うかい?」
大鯨(NPC):『了解しましたー……では近場の自衛隊の艦にでも……』
大和@3-188:「安心してくださいねシュトゥルヴィントさん、貴女が手を出さない以上我々も手出しはしませんから」
シュトゥルムヴィント:「うぅぅ………ええい!図ったわね実芭蕉警備府!!」
響@3-319:「いや、5割ぐらいは自滅じゃ無いかな……」
赤城@539:「ただの自爆なんじゃないですかね…」
シュトゥルムヴィント:「艤装を渡せ!?出来るわけ無いでしょう!そんなの!」
大和@3-188:「ようやく本性を表しましたか…。」
子日@3-322:「じゃあ帰る?」
シュトゥルムヴィント:「ご冗談……実に単純明快な解法があるじゃない」
赤城@539:「頭脳派に見えてやることは結局それですか…」
シュトゥルムヴィント:「貴方達を倒して押し通る、それだけよ!」
大和@3-188:「こうなった以上は…やるしかないか…大鯨さん、よろしいですか?」
大鯨(NPC):『ええ、問題ありません。迷惑なお客様には相応な対処が必要ですから』
大和@3-188:[
子日@3-322:「そこまでしてライブが見たいだなんて、すごいファン根性~!」
響@3-319:「ううん……残念だ。」
大和@3-188:「了解いたしました。独立心中海援隊、お客様対応を始めます!」
シュトゥルムヴィント:「ということで……出なさい!」と言って指パッチン
赤城@539:「どうにも気が抜けますが…丁重にお帰りいただきましょう」
シュトゥルムヴィント:直後、巨大な4つの水柱が
提督@43:イ級(NKTFC)(会長)(旗艦扱い)が一隻
提督@43:あとは駆逐二級elite、戦艦ル級、空母ヲ級、シュトゥルムヴィントの敵編成です
響@3-319:何か全体的にライブ楽しみにしてるっぽいんですが!w
大和@3-188:深海棲艦も那珂ちゃんのファンだったのか…
赤城@539:ビス子さんこれ…
赤城@539:外野扱いなんじゃ(震え声
提督@43:なお、青髪の馬鹿が呼び出さなければ水上ライブという事もあり近くで聞けた模様
子日@3-322:深海棲艦という時点で会場には入れないと思うがw
提督@43:(だから水中から聞くんじゃない!)
大和@3-188:まぁ、恨むのならシュトゥルムちゃんを恨めってことじゃなw
Bismarck(NPC):「ねえ……そのー、私はどうすればいいのかしら?」
大和@3-188:「戦えます?」
Bismarck(NPC):「ええ、それはもう。弾薬も満載よ?」
大和@3-188:「折角ですしこの鎮守府での記念すべき初陣を飾ってみませんか?」
響@3-319:「弾薬満載したまま金沢観光……」
赤城@539:「やれやれ…随分とほのぼのとした…いえ、なんでもありません 第一次攻撃隊、発艦用意!」
Bismarck(NPC):「そうね……それじゃあ、折角だし参加させてもらおうかしら!」
子日@3-322:「いっしょにがんばろ~!」
Bismarck(NPC):ダイスの判定はGMが、行動の指示は旗艦が担当という状態で艦隊戦に参戦します
大和@3-188:「えぇ、ではビスマルクさん、改めて歓迎します!」
Bismarck(NPC):プロットは旗艦がお願いしますね?
大和@3-188:了解でーす
大和@3-188:おkです
Bismarck(NPC):「戦艦ビスマルクの力……見せてあげるわ!」
シュトゥルムヴィント:「しゃーんなろぉ!もうどうにでもなれぇ!」
Bismarck(NPC):あ、博覧強記は航海分野よ!ということで……
大和@3-188:さて…どう配置するかな
響@3-319:偵察してから考えよう


イベント編集

提督@43:艦隊戦の、始まりだ!
大和@3-188:シークレットダイス
大和@3-188:シークレットダイス
子日@3-322:シークレットダイス
赤城@539:シークレットダイス
響@3-319:シークレットダイス
提督@43:シークレットダイス
提督@43:さて、では偵察だ……どうするね!
大和@3-188:よし、ではまずはビスマルクにしてもらいましょう 対象は…イ級!
提督@43:ああ、それと……今回のイ級、変なアビリティはありますがイ級です
提督@43:普通のイ級ですので補正の-1もありません。ご注意を
赤城@539:変なアビリティなんだ…
大和@3-188:うん、イ級だからこそ偵察です
Bismarck(NPC):「では、出番ね!」
Bismarck(NPC):Ar196改 偵察8を使用。目標値5補正0
Bismarck(NPC):2d6>=5 「まずは、索敵ね!」
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

大和@3-188:偉いぞビス子!
提督@43:だが、ヲ級の超対空2だ
赤城@539:本当にビス子なのか(マテ
提督@43:2d6 ヲ級!がんばって!
KanColle : (2D6) → 3[1,2] → 3

響@3-319:…
大和@3-188:カ号であります!
提督@43:ああ、ライブが見れなくてやる気がねえこいつ!
赤城@539:まぁやる気なさそうだったしね
赤城@539:しかたないね
提督@43:では、ヲっちゃんは4です
赤城@539:おうヲっさんあまり興味なさそうなコメントついてるぞw
赤城@539:(先生 偵察の対象はイぢゃ
大和@3-188:せやせや
提督@43:……何もなかった、いいね?
響@3-319:イだなw
赤城@539:アッハイ
提督@43:イは3です
響@3-319:アッハイ
大和@3-188:アッハイ
大和@3-188:赤城さん先行きます?
大和@3-188:あぁ、響さんも電探あるね
響@3-319:あるよー
大和@3-188:誰から行きます?
響@3-319:じゃあ私がシュトゥルム偵察しようか
大和@3-188:頼みまーす
赤城@539:だの 対空あるかもしれんしな
響@3-319:ペナとかある?
提督@43:あのポンコツにそんなものは無い
響@3-319:じゃあ偵察。通信から6
響@3-319:2d6>=6
KanColle : (2D6>=6) → 10[4,6] → 10 → 成功

響@3-319:成功。
提督@43:6番です!
大和@3-188:ほうほう
赤城@539:頭の悪そうなところにいるな(目そらし
提督@43:もしかして:他の子達はやる気が無いから後ろからついていっている
提督@43:(そういえば、いい忘れたので戦場は同航戦です。
赤城@539:あっ(察し
大和@3-188:HAHAHA
赤城@539:ではエリニさんかな…?
大和@3-188:それじゃあ赤城さんにお願いしていいですかね?
赤城@539:はーい
赤城@539:索敵で判定 目標値5 修正なし
赤城@539:2d6>=5 「偵察隊を出します…目標は敵駆逐艦です」
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

赤城@539:オウフ
大和@3-188:あらら
提督@43:どうする?何するぅ?
赤城@539:希望あるし振り直すか…?
赤城@539:1d6 ころりん 全員丸見えという野望
KanColle : (1D6) → 5

赤城@539:高めカ
大和@3-188:ゴフッ
赤城@539:2d6>=5 「二段索敵です ミッドウェーの教訓ですよ…」
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

赤城@539:よし
提督@43:では、エリニですが……1ですね
提督@43:超やる気無いです。
赤城@539:ほう
響@3-319:結構やな位置いるなぁ
大和@3-188:では大和から…零観でル級行きましょう
大和@3-188:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 10[4,6] → 10 → 成功

提督@43:ルっちゃんは5番ですよ!
大和@3-188:よし、最後にヲ級に偵察機を
大和@3-188:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

大和@3-188:まぁいいかw
響@3-319:うーん…w
赤城@539:何か見えた気がするが気のせいだな
大和@3-188:あぁ、我々のログには何もない
大和@3-188:さて、そちらの偵察はありますかね?
提督@43:では、こちらの偵察……そうだな、響ちゃんにル級の偵察機を使いましょう
子日@3-322:あ、いやそれ私が間違えただけすw
響@3-319:こっちかー
提督@43:偵察9です、どうするね
響@3-319:知らせるのはどうすれば良いのかな
提督@43:名前欄の横に、鍵のマークがございます
子日@3-322:秘話ですね
大和@3-188:鍵のところにカーソルを合わせてて全員から提督に変更するのです
響@3-319:ああ、秘話機能で良いのね
提督@43:Yes!
大和@3-188:Yes!!
シュトゥルムヴィント:No!
響@3-319 -> 提督@43:3で。
提督@43:受け取りましたー
提督@43:では、再プロットのお時間です
響@3-319:シークレットダイス
提督@43:っと、偵察された子は動かせないので要注意だ!
大和@3-188:シークレットダイス
響@3-319:うむ、だけど偵察見てから決めた値にしないとダメじゃん?w
響@3-319:<シークレットダイスの中身
大和@3-188:シークレットダイス
提督@43:まあ、そうなるか……
提督@43:シークレットダイス
赤城@539:んー
子日@3-322:変更なしで
赤城@539:シークレットダイス
提督@43:さて、ではこれで全員が確定と
提督@43:では、覚悟はいいかね?
大和@3-188:うむ
響@3-319:うむ。
提督@43:では、地獄の釜を開けようか……
提督@43:オープンです!
響@3-319:s1d6 プロット:3
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:s1d6 イ:3 二:1 ル:5 ヲ:4 シュ:6
KanColle : (1D6) → 1

提督@43:s1d6 ヲ級ちゃん、やる気を無くして1番に移動するの巻
KanColle : (1D6) → 4

赤城@539:s1d6 変更後航行序列4
KanColle : (1D6) → 2

大和@3-188:s1d6 大和 航行序列6 ビスマルク 航行序列4
KanColle : (1D6) → 5

子日@3-322:s1D6 航行序列「5」にプロット
KanColle : (1D6) → 2

響@3-319:あー、1に来たか。
提督@43:偵察されてないからね、仕方ないね
響@3-319:2か4を読んだんだが。
提督@43:釘に引っかかりますから(真顔
響@3-319:デスヨネー
赤城@539:ふぅ 読み勝ちだ 3にとろうかと思ったが安全策でよかったな
響@3-319:まあ、動かないうちにぶっころで。
大和@3-188:ビスの位置を4にするか6にするかで悩んだ
提督@43:では、公開時に何かあるかね?
響@3-319:なしー
提督@43:では……楽しい艦隊決戦はこれからだ!
提督@43:夕食休憩です。
大和@3-188:はーい
赤城@539:ほいさ


航空戦・開幕雷撃戦編集

提督@43:では、集まったようですし……航空戦を始めよう
大和@3-188:よし!
赤城@539:イ級に直撃すると嬉しいな(ニヤリ
提督@43:序列4の、赤城さんからですね
赤城@539:はーい
赤城@539:彗星一二甲 本命からだ
赤城@539:1d6 「第一次攻撃隊、順次発艦!」
KanColle : (1D6) → 6

赤城@539:ほう
赤城@539:目標 シュトゥルムヴィント 航空攻撃4だ
提督@43:きゃー!
赤城@539:4d6 「目標確認…手の内を見せてもらいましょうか…!」
KanColle : (4D6) → 11[1,2,2,6] → 11

赤城@539:低いな 弾かれたか?
提督@43:装甲は14、残念長良
赤城@539:ふーむ
大和@3-188:まぁ、仮にも高速戦艦だしね
シュトゥルムヴィント:「残念だけど……この程度の攻撃じゃあ効かないわよ?」
響@3-319:ふむう。
赤城@539:通しておくと若干楽だろうがどうする?
響@3-319:声援要る?
響@3-319:じゃあ私のを入れてみよう。
響@3-319:一つは入れておきたいしね
大和@3-188:うむうむ
響@3-319:声援ー
響@3-319:3d6
KanColle : (3D6) → 12[3,4,5] → 12

響@3-319:23。あと5で中破か。
大和@3-188:そういえば今回は送るほうが触ればいい感じ?
響@3-319:中破にしておけば大和さんが一撃範囲内かな?
赤城@539:いや、小破でも十分だろう
大和@3-188:シュトゥルムちゃんは妨害がいやらしい気がするんだよね—
赤城@539:大和は連撃で12d 期待値42点だから小破ですでに撃沈圏内だ
赤城@539:ふむ
響@3-319:まあ、大和のダメージに声援入れるって手もあるし
大和@3-188:まぁ、赤城さんの判断に合わせます
赤城@539:最悪声援x2で当てて声援砲の余裕がある状態で期待値撃沈圏内だから十分でないか?
大和@3-188:了解でーす
赤城@539:もちろん押してもいいが 大和さんの判断に任せる
大和@3-188:ん、それじゃあシュトゥルムちゃん以外にも敵はいますし見送りで良いと思います
赤城@539:まぁもう一発当たったら押そう(ぁ
大和@3-188:それだ!
赤城@539:小破で流します…
シュトゥルムヴィント:「ええい、またしても小癪な……」
提督@43:損傷1、無傷!
大和@3-188:まぁ、そうだな…w
赤城@539:上限突破か 面倒なw
赤城@539:1d6 続けて彗星隊!
KanColle : (1D6) → 6

赤城@539:しつこく集中砲火だ
提督@43:鬼!悪魔!千尋!
子日@3-322:ほう・・・
大和@3-188:やっぱりシュトゥルムちゃんだった
赤城@539:航空攻撃3 まぁ腐ったらしょうがないがそこそこなら押そう
赤城@539:3d6
KanColle : (3D6) → 9[2,3,4] → 9

赤城@539:腐るかぁ(真顔
提督@43:ふふふ……どうするね
赤城@539:んー 悩むところだが どうするか
響@3-319:入れても良い気はするw
赤城@539:んー 流すか…?
赤城@539:流そう 他をあたる そもそも戦艦級に損傷1入ってるんだ それで十分としよう
大和@3-188:せやせや
赤城@539:もっかい6とかだったら運命と諦めるw
赤城@539:1d6 てんざーん!
KanColle : (1D6) → 5

提督@43:運命は戦艦!
赤城@539:また戦艦か(真顔
大和@3-188:億劫な戦艦狙い
赤城@539:3d6 走ればいいのだよ走れば
KanColle : (3D6) → 13[3,4,6] → 13

赤城@539:ほらな(ゲス顔
大和@3-188:おぉ、これなら白兵戦闘からのワンパンも期待できるっぽい?
提督@43:装甲13!損傷1!
子日@3-322:6出す必要があるがな!
大和@3-188:まぁな…w
赤城@539:まぁル級を子日に任せていい可能性があるだけで十分かもしれん
響@3-319:損傷2だと半々なんだが損傷2にするのが辛いw
赤城@539:さて 最後の一発だ 
赤城@539:1d6 艦攻隊 頼むぞ!
KanColle : (1D6) → 3

赤城@539:フ
大和@3-188:会長!
提督@43:ぎゃああ!会長がああああ!
赤城@539:航空攻撃2   地理一つ残らず消滅してもらおうかな(声援砲準備
赤城@539:2d6 どっせーい!
KanColle : (2D6) → 8[3,5] → 8

提督@43:装甲4、損傷は2!
提督@43:ここで、もう一つのアビリティを公開だ
赤城@539:ほう
提督@43:(一つは那珂ちゃんセンター
提督@43:【那珂ちゃんファンクラブの意地】オート 損傷上限を30とする
提督@43:以上。
赤城@539:お、おう
響@3-319:意地凄いなw
赤城@539:まるで意味が分からんぞw
大和@3-188:30っておいおいww
赤城@539:うん 放置だ放置 周りを叩くぞ 相手にしてられるかw
子日@3-322:がんばろう・・・
響@3-319:頑張るぞー
大和@3-188:だがまだヲ級がいる…!
提督@43:そう!
大和@3-188:さすがに今度は杖を付いているなんてことはないだろう…
提督@43:ヲ級の艦攻!航空攻撃2だ
提督@43:1d6 だれだ!
KanColle : (1D6) → 4

提督@43:……/
響@3-319:スルーかなw
提督@43:mht
KanColle : 目標表(2) → 敵艦の中で、もっとも損傷の多いPC

提督@43:choice[赤城,ビス子]
KanColle : (CHOICE[赤城,ビス子]) → ビス子

大和@3-188:HAHHAHA
提督@43:2d6 通るわけねえだろうがっ!
KanColle : (2D6) → 9[3,6] → 9

赤城@539:まそ
赤城@539:レーダーあるから100%弾くぞw
大和@3-188:良いダメージなんだけどね~
赤城@539:ないのか
赤城@539:(改造後素敵装備カナ
Bismarck(NPC):「ふん……通らないわよ?」
提督@43:続いて艦爆です
提督@43:1d6
KanColle : (1D6) → 6

提督@43:……
大和@3-188:こいやぁぁぁぁぁぁ!
提督@43:航空攻撃2、行きます!
提督@43:2d6
KanColle : (2D6) → 9[4,5] → 9

赤城@539:おう6ゾロ弾くぞw
提督@43:低い……
大和@3-188:フハハ!効かんなぁ!
赤城@539:いや十分だから(真顔
提督@43:では、航空攻撃は終了……開幕雷撃だ
シュトゥルムヴィント:「とりあえず……一人は貰ってくわよぉ!」
大和@3-188:「この程度、意味もない...!」
シュトゥルムヴィント:mht
KanColle : 目標表(6) → 敵艦の中から完全にランダムに決定

大和@3-188:ほう、来るか
赤城@539:どうせ 大和に 当たる
提督@43:choice[大和,赤城,子日,響,ビス子] それはどうかな!
KanColle : (CHOICE[大和,赤城,子日,響,ビス子]) → 大和

赤城@539:知ってた
響@3-319:…
提督@43:(無言の台パン)
大和@3-188:やはりな
大和@3-188:さぁ、来たまえ
子日@3-322:大和ダイソン
シュトゥルムヴィント:魚雷発射管、雷撃3!
大和@3-188:あぁ、一応通る可能性はあるから怖い
シュトゥルムヴィント:3d6 「アンタさえ落とせれば!」
KanColle : (3D6) → 8[1,3,4] → 8

赤城@539:・・・・
提督@43:まあ、そうなるな
提督@43:では、砲撃戦に参ろうか……
大和@3-188:「魚雷?損傷はない…か」
大和@3-188:はいはーい
シュトゥルムヴィント:「硬いわね……でも、これだけじゃあ無いわよ……」


砲撃戦1R編集

提督@43:というわけで、砲撃戦1ラウンド目!超遠距離!
大和@3-188:行くぜ—!
大和@3-188:目標は目の前のシュトゥルムちゃん
提督@43:ははは、甘いな
大和@3-188:おっ、あれ来るか?
シュトゥルムヴィント:【急加減速制御】を発動
シュトゥルムヴィント:この艦の序列を、現在の序列から1高い、あるいは1低いものとして扱う!
シュトゥルムヴィント:そして私は……1高いものとして扱って大和に攻撃!
大和@3-188:ほう
響@3-319:ほう。
響@3-319:ところで、フリーとして扱うのかな?
提督@43:深海棲艦じゃなきゃフリー補正は無いのです。
響@3-319:一応艦娘なのか…!
提督@43:そして、なんだかんだ深海棲艦じゃないのでお察しください。
大和@3-188:なるほど~
大和@3-188:さ、指定個性はどうくるかな~
響@3-319:それはそれとして引き寄せられるかどうかの話になるわけですが!w
シュトゥルムヴィント:超遠距離対応の誘導魚雷発射ぁ!
シュトゥルムヴィント:個性は、《ランダム》!
大和@3-188:ほう
響@3-319:こいつ、戦艦なのに魚雷しか撃たねぇ…!w
シュトゥルムヴィント:KTM さあ、祈りなさい
KanColle : 個性:一括(3,12) → 《大胆/性格12》

大和@3-188:ふむ
大和@3-188:《大胆》で判定 《おしゃれ》で代用して目標8 少し遠いがどうにかなるか
響@3-319:まあ声援もあるし。
大和@3-188:2d6>=8 「やはり大和を狙ってきますか」
KanColle : (2D6>=8) → 7[3,4] → 7 → 失敗

大和@3-188:妨害あるかな?
提督@43:有りません!
大和@3-188:さて、火力がどんなもんか分からんが低くはないじゃろう
赤城@539:飛ばしますか
大和@3-188:頼みます
赤城@539:「空中観測を…大和さん、誘導魚雷といえども運動性に限りはあります 合い間をぬうことは可能です 指示します!」+3
大和@3-188:「・・了解! 支持に従います! …回避成功!」
大和@3-188:助かりました—
シュトゥルムヴィント:「ちぃ、これも避けますかアンタはぁ!」
提督@43:さて、大和さんのターンです
大和@3-188:「でも良い攻撃ですね。艤装を摂取できなかったのが惜しい」
大和@3-188:【46cm三連装砲】《秘密兵器》 目標値5 修正-1(武器命中-1)
大和@3-188:2d6-1>=5 「さて…反撃です!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 8[3,5]-1 → 7 → 成功

シュトゥルムヴィント:攻撃対象に選択したわね?
大和@3-188:うむ
シュトゥルムヴィント:固有アビリティ発動!
子日@3-322:ほう
シュトゥルムヴィント:【超高速巡洋戦艦】 判定:なし オート
大和@3-188:来たか…!
シュトゥルムヴィント:攻撃対象に選択された時に発動可能、命中妨害を1d6の値とする
シュトゥルムヴィント:1d6 加速ぅ!
KanColle : (1D6) → 1

シュトゥルムヴィント:……
大和@3-188:HAHAHA
シュトゥルムヴィント:命中です
赤城@539:・・・
響@3-319:ぷすん
大和@3-188:よし、連撃行くぞ!
大和@3-188:【41cm連装砲】《優しい》 目標値5 修正0
赤城@539:早いけど 無駄にでかいからな…
大和@3-188:2d6-2>=5 「さぁ、今度は事故など起こしません…!」
KanColle : (2D6-2>=5) → 3[1,2]-2 → 1 → 失敗

赤城@539:フラグをたてるんじゃないw
大和@3-188:危ない!
シュトゥルムヴィント:1!1を妨害します!
大和@3-188:1d6
KanColle : (1D6) → 1

大和@3-188:まぁ、振り直すけどね…w
大和@3-188:そして安い!
大和@3-188:大和@3-188の行動を-1した(行動:8->7)
大和@3-188:2d6-2>=5 「落ち着いて狙いましょう…」
KanColle : (2D6-2>=5) → 10[5,5]-2 → 8 → 成功

大和@3-188:よし!
シュトゥルムヴィント:避けられるわけないじゃない!
大和@3-188:では火力5+46砲4+41砲3+決戦仕様=13行きます!
提督@43:どうぞ!
大和@3-188:13d6 「一撃で決める...!全砲門、薙ぎ払え!!」
KanColle : (13D6) → 38[1,1,1,2,2,2,2,3,3,4,5,6,6] → 38

赤城@539:やや低いか
大和@3-188:うーん、微妙い
提督@43:装甲14、損傷2追加!
大和@3-188:声援!
響@3-319:声援入れればいけるね
響@3-319:あと4だから子日のかな?
子日@3-322:じゃあ私投げます
大和@3-188:頼みます
子日@3-322:「大和さん超☆火力見せて~!」+3
大和@3-188:38+3d6 「見せてあげましょう…!大和の砲撃を!」
KanColle : (38+3D6) → 38+8[1,2,5] → 46

提督@43:バルス!
提督@43:損傷4!撃破です!(中破)
大和@3-188:よっしゃ!
シュトゥルムヴィント:「な……まだ使ってない装備もあったのに!?」
大和@3-188:「いかがですか?シュトゥルムヴィントさん、大和の砲撃は?」
シュトゥルムヴィント:「でもこれ以上の損傷は……ええい、実芭蕉警備府め……」
シュトゥルムヴィント:「この借り、いつか絶対纏めてのし付けて返すわよ……」
大和@3-188:「とりあえず…今回も悪事を防げて何よりです(安堵)」
シュトゥルムヴィント:恨みがましい視線を大和に向け……直後、加速
響@3-319:「加速性能は凄いね。」
提督@43:というわけで、シュトなんとかさんは離脱しましたよ!
大和@3-188:「データにあった話によると”逃げ足だけは一人前”とのことでした」
子日@3-322:「はっやーい~」
大和@3-188:「ですがあの性能、接収できなかったのが惜しまれますね」
提督@43:ちなみに、イ級もジリジリと戦場から離脱しようとしていますが……どうするかね
響@3-319:ディーフェンス?
大和@3-188:戦場に現れていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ(格言)
提督@43:ダメ?ダメ?ってものすごーい申し訳無さそうにしていても?
響@3-319:だめー
提督@43:残念!
提督@43:では、続いて長距離、ルさんのターンです
大和@3-188:まぁ、一応敵対関係だしねぇ… せめて手加減(演出のみ、ダメージダイスは自重しない)位ならいいかなって
提督@43:攻撃目標、子日だよ!
子日@3-322:どうせイ級さんは沈まないって
子日@3-322:はいはい
提督@43:16inch三連装砲、ファイヤ!
提督@43:bt7 個性は、これだ!
KanColle :指定個性⑦(1[1]) → 1-7 《幸運》

赤城@539:副砲ぶっぱはなかった 有情
大和@3-188:有情!
子日@3-322:《古風》で代用《幸運》まで2マス 目標値7 回避+2
子日@3-322:2D6+2>=7 「フットワークで避わすよ~」
KanColle : (2D6+2>=7) → 7[2,5]+2 → 9 → 成功

提督@43:回避成功だ!
提督@43:さて、次は……ああ、ビス子さん居たんですか
Bismarck(NPC):さあ、誰に攻撃をします?
大和@3-188:このラウンドはスルー。中距離戦にて仕掛けていただきたいですかね
提督@43:では、他に誰も居なければ中距離戦です
提督@43:ということで、中距離!
響@3-319:二かヲだねー
赤城@539:まぁニだろう
Bismarck(NPC):自慢じゃないが、感情が無いから火力は無いよ!
赤城@539:エリート死すべし
赤城@539:ビス子さん、弱点あるから実際怖い
大和@3-188:よし、ではエリニでお願いしましょう
Bismarck(NPC):では、攻撃対象エリ二【38cm連装砲】を索敵で目標値5!
赤城@539:んーてか
赤城@539:中距離でいいんじゃね
提督@43:中距離です。
大和@3-188:いや、今中距離
赤城@539:オウフ
Bismarck(NPC):高初速+博覧強記で補正+2
Bismarck(NPC):2d6>=5 「さあ、派手に行くわよ!」
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

提督@43:ああ、やはりこの子はビス子だ……
赤城@539:「派手に…着弾それていますね」
大和@3-188:補正が聞くけれど成功……?(震え声)
赤城@539:おお
赤城@539:ニさんならあたってるんじゃないかこれ(真顔
提督@43:補正+2、入れても2を妨害……ってこいつ回避3だ!
赤城@539:そうだよ(にっこり
大和@3-188:ボンコツさに救われた!
Bismarck(NPC):「……さ、散布界にはちゃんと入ってるわよ!?」
響@3-319:ぎりぎり!w
提督@43:連撃はどうする?
大和@3-188:さぁ、連撃しましょう
赤城@539:着弾 遠 遠 命中 みたいなw
Bismarck(NPC):続いて【38cm連装砲】を指揮で目標値5!
赤城@539:ラッキーヒットする やはりビス子か…
Bismarck(NPC):補正は高初速、博覧強記、連撃補正で0
Bismarck(NPC):2d6>=5 「そして、これもおまけよ!」
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

大和@3-188:やるじゃない!
響@3-319:妨害入っても成功だね!
Bismarck(NPC):さあ、素の火力3、武器は2+2で合計7D6
大和@3-188:よし、ビス子のダメージを見せてくれ!
Bismarck(NPC):7d6 「これが、ビスマルクの戦いよ!」
KanColle : (7D6) → 27[1,2,4,4,5,5,6] → 27

大和@3-188:いい感じじゃないかな
提督@43:いい感じだけど、その、なんだ
提督@43:エリ二は装甲8……大破です!
大和@3-188:HAHAHAHA
赤城@539:十分だ
Bismarck(NPC):「………落ちないわね?」
大和@3-188:[
響@3-319:あれ?
大和@3-188:「エリートクラスとなれば少しは硬いですからね…」
赤城@539:「いえ、行き足は止まりました 十分です 後はお任せ下さい」
響@3-319:「任せるよ」
Bismarck(NPC):「むぅ……まあいいわ、後は任せたわよ」
提督@43:ということで中距離は終了……短距離、子日さんからダヨ!
子日@3-322:はいな
子日@3-322:目標はもちろんル級
子日@3-322:【白兵戦闘】を使用 《古風》直上 目標値5
子日@3-322:2D6>=5 「子日パーンチ!」
KanColle : (2D6>=5) → 7[2,5] → 7 → 成功

提督@43:成功だ!
子日@3-322:1D6 「子日アッパー!」
KanColle : (1D6) → 2

子日@3-322:1点かあ・・・
大和@3-188:まぁ、入っただけ良いじゃろうて
赤城@539:だのー
提督@43:損傷1で、合計2点。中破です
提督@43:続いて、赤城さぁん!
赤城@539:ほい ではフリーelite死すべし 目標はニ級だ
赤城@539:回避が怖いから天山で単発いきましょう 大破だから十分落とせる
赤城@539:安全策でいこう
提督@43:スマートに行こう……
赤城@539:天山 指定個性指揮 目標値5 命中1 装備命中1
赤城@539:2d6+2>=5 「手負いほど恐ろしいものです 仕留めます!第二次攻撃隊発艦!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 6[2,4]+2 → 8 → 成功

提督@43:命中だ!
赤城@539:那珂セン1 装備火力3だ 4d6いきます
赤城@539:4d6 「戦果確認……攻撃効果は…?」
KanColle : (4D6) → 15[2,3,4,6] → 15

提督@43:装甲8なので余裕の撃破だ……轟沈です
響@3-319:サヨナラ!
提督@43:哀れ二級は轟沈ッ!
赤城@539:「共同戦果、ですね 収容急いで! 第三次攻撃隊準備!」
提督@43:でも、不思議と安堵といいますかやっと開放されたよという雰囲気が
Bismarck(NPC):「そうね……でも、まだ敵が……」
響@3-319:次は私とファンクラブの不毛な一騎打ちかなw
大和@3-188:「海の底でライブはお楽しみください…」
提督@43:つづいて響さん!
響@3-319:イ級に小口径で攻撃
響@3-319:2d6+2>=5
KanColle : (2D6+2>=5) → 11[5,6]+2 → 13 → 成功

提督@43:余裕の命中だ
響@3-319:魚雷で連撃
響@3-319:2d6+2-2>=5
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 10[5,5]+2-2 → 10 → 成功

響@3-319:ダメージ
提督@43:余裕の命中だ
響@3-319:4d6
KanColle : (4D6) → 13[2,2,4,5] → 13

響@3-319:ふむ。
響@3-319:攻撃受ける予定があと三回かー
提督@43:装甲4、損傷3点載せで現在5
響@3-319:まあ次でいいかなw
大和@3-188:ふむふむ
提督@43:では、イ級の反撃
提督@43:5inch単装砲を、貴方(響)に
提督@43:bt7 とう!
KanColle :指定個性⑦(3[3]) → 3-7 《元気》

提督@43:元気いっぱい、頑張っていこう!
響@3-319:食べ物から8
響@3-319:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 9[3,6]+2 → 11 → 成功

響@3-319:避けたー
響@3-319:「当らんさ」
響@3-319:ん、あれ。そいえば。大和さん希望振りまきましたっけ?
赤城@539:忘れているな(目そらし
提督@43:ああ……
大和@3-188:うん、忘れてた(汗)
響@3-319:まあいいや!次行ってみよう!w
提督@43:では、そんな艦隊にヲ級の魔の手が
提督@43:ヲ級の艦攻、攻撃目標は……mht
提督@43:mht
KanColle : 目標表(3) → 敵艦の中で、もっとも【装甲力】の低いPC

提督@43:choice[子日,響]
KanColle : (CHOICE[子日,響]) → 子日

提督@43:子日だよ!
響@3-319:惜しいなー
響@3-319:水雷魂
響@3-319:1d6
KanColle : (1D6) → 6

響@3-319:おおっと。
響@3-319:こっちかもん
提督@43:響にターゲット!さて、個性は
ヲ級:bt2 「おなかすいた」ボソッ
KanColle :指定個性②(1[1]) → 1-2 《人脈》

響@3-319:端の方だなw
響@3-319:クールから目標値8
響@3-319:2d6+2>=8
KanColle : (2D6+2>=8) → 7[2,5]+2 → 9 → 成功

響@3-319:避けたー
提督@43:妨害無し、難なく回避だ
提督@43:さて、これにて1巡目は終わりだが……何かあるかね?
響@3-319:特にないかな!
大和@3-188:無いかな?
響@3-319:子日がチャージするぐらい?
大和@3-188:うむ
大和@3-188:さぁ、サイコガンのチャージだ!
子日@3-322:固有アビリティ【子日、退屈!】を使用 一度の命中判定を行わなかったラウンドの最後に使用できる。《元気》の判定に成功するとこの艦隊戦の間火力が1D6上昇する。
子日@3-322:《元気》直上で判定
子日@3-322:2D6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功

子日@3-322:1D6 「子日チャージ!」
KanColle : (1D6) → 1

子日@3-322:あ、うん・・・
提督@43:チャージが浅い……!
子日@3-322:浅いチャージインだ!


砲撃戦2R編集

提督@43:では、二巡目!大和ぉ!
大和@3-188:まぁ、1あるかないかでも全然違うしね
大和@3-188:行くぞ!ターゲットはイ級だ!
大和@3-188:【46cm三連装砲】《秘密兵器》 目標値5 修正-1(武器命中-1)
大和@3-188:少しでも損傷を与えておきたい
提督@43:いいぞぉ!
大和@3-188:2d6-1>=5 「あのイ級…しぶとい…!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[3,4]-1 → 6 → 成功

提督@43:命中!
大和@3-188:連撃行きます!
大和@3-188:【41cm連装砲】《優しい》 目標値5 修正-2(連撃-2)
大和@3-188:2d6-2>=5 「あのしぶとさはまるで姫…!」
KanColle : (2D6-2>=5) → 10[4,6]-2 → 8 → 成功

提督@43:命中!
大和@3-188:よし…では諸々計算して13d行きます!
大和@3-188:13d6 「これでも沈むかはわからないけれど...やるしか無いわね!」
KanColle : (13D6) → 44[1,1,2,2,2,3,3,4,4,5,5,6,6] → 44

響@3-319:声援入れるよー
大和@3-188:プリーズ!
提督@43:損傷11、現在16
響@3-319:4d6+44
KanColle : (4D6+44) → 19[4,5,5,5]+44 → 63

響@3-319:63まで増えた
提督@43:損傷20!
赤城@539:(希望(小声
響@3-319:うむw
大和@3-188:よし、【艦隊の希望】発動!
大和@3-188:全員の行動力を2回復します!
大和@3-188:大和@3-188の行動を+1した(行動:7->8)
子日@3-322:子日@3-322の行動を+2した。(行動:14->16)
響@3-319:響@3-319の行動が+2回復
赤城@539:行動力6→8
提督@43:さて、では……子日さんだよ!
子日@3-322:はーい
子日@3-322:だが、どうするかあと2点いけるか?
大和@3-188:声援があるし行けそうだべw
子日@3-322:あえて白兵戦も嫌いではないが・・・
響@3-319:声援砲でいけるだろうw
子日@3-322:え~いもう一回白兵戦じゃ!そこまで結果かわらんだろ!
赤城@539:あえて火中の栗を拾うか…
響@3-319:まあ夜戦行けば終わるだろう
子日@3-322:どっちにしても夜戦で全滅できると想定
子日@3-322:【白兵戦闘】を使用 《古風》直上 目標値5
子日@3-322:2D6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 6[1,5] → 6 → 成功

提督@43:成功だ……さあ、1d6に全てを懸けるが良い
子日@3-322:1D6 「負けず嫌いの子日パーンチ!」
KanColle : (1D6) → 4

大和@3-188:よし!
響@3-319:よし。
子日@3-322:よし!
提督@43:損傷2、合計4……撃破だ
赤城@539:うむ
提督@43:ル級最後の顔は……非常に晴れやかであった
提督@43:続いて序列4!
響@3-319:ヲ級を始末してくれた方がありがたいかなw
赤城@539:まぁヲだな
Bismarck(NPC):私かしら?それとも赤城かしら?
赤城@539:今度は先にかかりますか
赤城@539:しっかりあてれば落とせる目はある
提督@43:では、来なさい……正規空母対決だ!
響@3-319:声援つぎ込めばいけそうだね
大和@3-188:うむうむ
赤城@539:彗星一二甲 優しい 目標値5 命中1
赤城@539:2d6+1>=5 「第三次攻撃隊、かかれ!」
KanColle : (2D6+1>=5) → 7[1,6]+1 → 8 → 成功

提督@43:1を妨害だ…だが命中
赤城@539:連撃!
提督@43:どうぞ!
赤城@539:天山 指揮 目標値5 命中1 装備命中1 連撃補正-2
赤城@539:あーいや 超対空が復活してるか
赤城@539:彗星でいく 振り直しもあるし問題ない
響@3-319:ん、ああそうか。2R目だから復活してるのか
赤城@539:待機 目標値5 命中1 連撃補正-2
赤城@539:2d6-1>=5 「爆撃による集中攻撃です 耐えられますか」
KanColle : (2D6-1>=5) → 4[1,3]-1 → 3 → 失敗

赤城@539:振りなおす
提督@43:ほむ
赤城@539:1d6
KanColle : (1D6) → 3

赤城@539:2d6-1>=5 「戦力の集中が甘い…再度突入を!」
KanColle : (2D6-1>=5) → 7[3,4]-1 → 6 → 成功

赤城@539:よし
大和@3-188:よし!
赤城@539:那珂セン1 装備火力5+4 10d6だ
赤城@539:10d6 「これが訓練の成果です 一航戦の力、見せてあげましょう!」
KanColle : (10D6) → 30[1,1,1,2,3,3,4,5,5,5] → 30

赤城@539:低いな…
提督@43:装甲は、11……足りんぞ!
赤城@539:どうもダメージダイスが腐るぞボブ!
響@3-319:まあ声援を突っこんじゃいましょう
提督@43:そして、超対空を発動だ
ヲ級:2d6 「ヲッ」超対空2!痛いのは嫌です!
KanColle : (2D6) → 3[1,2] → 3

赤城@539:・・・
大和@3-188:ブッwww
提督@43:やべえ、やる気ねえ
響@3-319:…
大和@3-188:よし声援行くぞ!
赤城@539:このヲ級すっごくやる気ないぞw
赤城@539:頼みます
大和@3-188:「先程の礼です!三式弾装填!」+3
響@3-319:6以上でればおk
赤城@539:27+3d6 (超対空減算済)
KanColle : (27+3D6) → 27+5[1,1,3] → 32

赤城@539:うぇ
大和@3-188:子日さんからも貰えばよかろうて
赤城@539:うむ
響@3-319:ね、子日も声援有るし(震え声
提督@43:やる気の無い艦戦、居てもいなくても大差無いようです。
子日@3-322:「はりきっていきましょう!」+3
赤城@539:32+3d6 「厳しいですが…これで通りますか…!」
KanColle : (32+3D6) → 32+12[3,4,5] → 44

赤城@539:よし ぎりぎりだ
響@3-319:足りたー
大和@3-188:よっしゃ!
響@3-319:あとはビス子がイ級を殴ればいける!
提督@43:損傷4……ヲ級、轟沈
大和@3-188:行けーいけービ~ス~子~
提督@43:おなかへったとつぶやいたとかなんとか
赤城@539:「…っ やりましたか 敵空母沈黙 後はお任せします」
大和@3-188:さ、ビスマルクよ、イ級を狙うのだ
Bismarck(NPC):「さあ、最後は私の出番ね!」
Bismarck(NPC):イ級を目標に【38cm連装砲】索敵で目標値5補正+2
Bismarck(NPC):2d6+2>=5 「あんな弱そうな駆逐艦なら……目を瞑っていても当てられるわよ!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 10[5,5]+2 → 12 → 成功

Bismarck(NPC):連撃、する?
大和@3-188:連撃しちゃいましょー!
響@3-319:いけるいける
Bismarck(NPC):38砲、指揮で目標値5補正0
Bismarck(NPC):2d6>=5 「さあ、これでおしまいよ!」
KanColle : (2D6>=5) → 6[2,4] → 6 → 成功

提督@43:あっ
提督@43:2を妨害します。ハズレです。
大和@3-188:振り直しじゃ—
響@3-319:ふ、振り直せば……
Bismarck(NPC):1d6 「……?おかしいわね……」
KanColle : (1D6) → 3

Bismarck(NPC):2d6>=5 「こうすれば……ちゃんと、当たるはずよ!」
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

提督@43:命中です
Bismarck(NPC):ということで、7D6 !行くわよ!
Bismarck(NPC):7d6 「全門斉射……これで、フィナーレよ!」
KanColle : (7D6) → 20[1,1,2,3,3,4,6] → 20

響@3-319:損傷5かな?
提督@43:装甲4、損傷5点追加。現在25損傷でした
大和@3-188:損傷5与えられれば上出来じゃろう
Bismarck(NPC):「………沈まないわね」
提督@43:ということで、響さんです
響@3-319:「もうちょっとだね。」
響@3-319:小口径で砲撃
響@3-319:2d6+2>=5
KanColle : (2D6+2>=5) → 4[1,3]+2 → 6 → 成功

提督@43:命中!
響@3-319:魚雷で連撃
響@3-319:2d6+2-2>=5
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 7[2,5]+2-2 → 7 → 成功

響@3-319:妨害されても当ると。
響@3-319:ダメージ
響@3-319:4d6
KanColle : (4D6) → 11[1,2,4,4] → 11

響@3-319:声援プリーズ。そっちで振っちゃって構いません
大和@3-188:声援いくぞー
響@3-319:どうぞー
大和@3-188:11+3d6 「感情を込めてパワーを引き出すのです!」
KanColle : (11+3D6) → 11+8[1,1,6] → 19

大和@3-188:1足りない!
響@3-319:思わず手加減!
響@3-319:もう一つ声援ぶっ込めば終わるかなw
子日@3-322:19+3D6 「今日は撃ってないから子日バスター!」
KanColle : (19+3D6) → 19+18[6,6,6] → 37

大和@3-188:6ゾロwww
子日@3-322:ぶっ!w
響@3-319:最初からそれがでれば…w
響@3-319:チャージショット凄いですね。
大和@3-188:サイコガンを持つ艦娘って凄い
提督@43:ああ……撃破だ……
大和@3-188:「せめて海の中でライブは楽しんでくださいね……」
提督@43:イ級堕つ……なんというか、色々と開放されたような表情(?)で沈んでいったよ……
提督@43:艦隊戦終了、なんだかんだで完全勝利Sです
大和@3-188:ヒューッ!


戦果処理編集

提督@43:戦果処理からぱぱぱっとやってみましょうかね
提督@43:シュ(ry、戦果2、エリ二で2、ヲ・ルで1ずつ……合計6
提督@43:Q.イ級の戦果はお幾つでしょうか?
子日@3-322:いっちばーん!
提督@43:大正解!
提督@43:ということでイ級さんは戦果4の特殊固定戦果2です。
大和@3-188:ほうほう
提督@43:更に、完全勝利Sにつき特殊固定1追加
大和@3-188:やった!
提督@43:戦果10の特殊3となりました。体数は5です
大和@3-188:それじゃあ通常をこちらで一括でやって特殊を3人に振っていただきますかね?
響@3-319:おk
赤城@539:はーい
大和@3-188:10b6
KanColle : (10B6) → 1,2,2,3,4,4,4,5,5,6

大和@3-188:おっ、いい感じ
大和@3-188:1d6+5 燃料
KanColle : (1D6+5) → 1[1]+5 → 6

響@3-319:最後だから声援意味ないし資材増えるのは良いね
大和@3-188:11/2/2/5
大和@3-188:2d6+10 弾薬
KanColle : (2D6+10) → 9[4,5]+10 → 19

大和@3-188:11/21/2/5
大和@3-188:1d6+5 鋼材
KanColle : (1D6+5) → 6[6]+5 → 11

大和@3-188:11/21/23/5
大和@3-188:3d6+15 ボーキサイト
KanColle : (3D6+15) → 7[1,2,4]+15 → 22

大和@3-188:11/21/23/27
響@3-319:燃料に一つ突っこむとして。もう一つはどうしようか
大和@3-188:1d6+5 任意燃料
KanColle : (1D6+5) → 4[4]+5 → 9

大和@3-188:20/21/23/27
赤城@539:燃料かねぇ?
大和@3-188:もう一つも燃料で良くないかな?
響@3-319:だね。
大和@3-188:1d6+5 燃料
KanColle : (1D6+5) → 5[5]+5 → 10

大和@3-188:30/21/23/27
大和@3-188:いい塩梅に回復したね
大和@3-188:では特殊お願いします
提督@43:さぁて、お楽しみの特殊戦果だ
響@3-319:SPSNT
KanColle : 特殊戦果表(3) → 家具コイン/+1

響@3-319:いらねぇ!?w
赤城@539:こいーん
赤城@539:spsnt さて…
KanColle : 特殊戦果表(2) → アイテム表(着任p241)から好きなアイテムを取得

大和@3-188:後々役に立つし良かろうて
赤城@539:真に要らないものがきたぞボブ
大和@3-188:アイテムは処分されちゃうからな—…w
子日@3-322:spsnt
KanColle : 特殊戦果表(3) → 家具コイン/+1

提督@43:ふむ、ではそれを通常開発の権利にしてもいいぞよ?>アイテム
子日@3-322:コイン2枚・・・
大和@3-188:恩に着る!
提督@43:(決戦だと、本当に無意味ですから
大和@3-188:まぁ、次のセッションの際に家具買えるしいいじゃろう
大和@3-188:(終了処理で更に+1
大和@3-188:では赤城さんに通常開発はお願いしましょう
赤城@539:はーい 有り難い
赤城@539:dvtm さて…南無三!
KanColle : 開発表(一括)(4,3) → 装備2種表:大口径主砲(P249)

赤城@539:知ってた!
響@3-319:悪くは無いんだけど…!w
響@3-319:余ってるよね、この鎮守府。
大和@3-188:HAHAHA
提督@43:仕方ないね!
大和@3-188:なんせ戦艦はこの大和が初めてだしな…w
提督@43:ともあれ、あとは感情1ですかね
大和@3-188:ですね、今回は響さんに+1
響@3-319:赤城さんを+1
赤城@539:んー あえてビスマルクにとっておこうか
大和@3-188:a-,
大和@3-188:あー、その手があったか!
Bismarck(NPC):ふふん!もっともーっと取ってもいいのよ!
シュトゥルムヴィント:私でもいいのよ?
子日@3-322:イ級に +1
赤城@539:お、おう
大和@3-188:折角ですしビスマルクに取りましょう
提督@43:では、以上で戦果処理は終了かな?
大和@3-188:ですね


終了後イベント編集

提督@43:では、艦隊戦終了……
提督@43:思えば、なんか勝手に自爆して勝手に突っかかってきたのの相手をした艦隊戦でした
響@3-319:せやな!
提督@43:ですが、曲がりなりにも艦隊戦……時間は過ぎるものです
大和@3-188:「気がつけばもうこんな時間ですね」
提督@43:既にライブも終盤なのか、君たちの後ろの方の水上ステージでは大歓声が
大和@3-188:「さ、我々は元の配置へ戻りましょう。それが本来の任務ですからね」
ファン達:「なーかちゃん!なーかちゃん!」
響@3-319:「うん、無事に終わりそうだね。」
提督@43:さて、そこで通信が君たちに入ります
大和@3-188:「(しかし盛り上がっているようで何より…。)」 心のなかで安堵
ファン:「Foooooooooooooooooooooo!!!」
大和@3-188:「通信?はい、こちら大和」
スタッフ:『……ザ、   マイクテスト、マイクテスト……ああ、繋がりましたか』
大和@3-188:「えぇ、つながっています」
スタッフ:『こちら、本日のライブの設営スタッフです。例の艦娘の件、鎮守府側から伺いました』
スタッフ:『対応、ありがとうございました』
響@3-319:どっちだろう!w
提督@43:(運営スタッフ、か
大和@3-188:「我々は当然の仕事をしたまでです。…しかしお褒めの言葉をいただけると晴れがましいものです」
提督@43:多分、シ(ryちゃんだよ!
スタッフ:『それで……実は、那珂さんから伝言がありまして』
大和@3-188:「那珂ちゃんから…ですか?」
スタッフ:『ええ……もうまもなくアンコールも終わるのですが……これから指定する場所に来てほしい、との事です』
提督@43:そう言って言われた場所は、ステージと観客席の間にある水路
響@3-319:移動してみようー
提督@43:(水上の特設ステージだからこそそんな場所があったりするのです
大和@3-188:「さて、それでは向かいましょう」
子日@3-322:「子日目立つ日ー!」
大和@3-188:「(那珂ちゃん…からか)」
Bismarck(NPC):「良くわからないけれど、付いて行こうかしら」
大和@3-188:「えぇと…ここですね」
提督@43:では、君たちが入った時は……会場、ステージ共に真っ暗であったが……
提督@43:君たちが指定の位置に付いた、その瞬間だ
大和@3-188:「(なるほど、終わった後ですしね...)」
提督@43:君たちは、スポットライトに照らされる……
大和@3-188:「…!!?えっ!?」
赤城@539:「!?」
提督@43:更に、少し遅れてステージの照明もついていき、観客たちの方にも灯り……
響@3-319:「ん?」
提督@43:例の、バナナ型のサイリウムが灯り始める
Bismarck(NPC):「?」
那珂(NPC):『みんなぁ!今日は、ありがとー!』
提督@43:ステージのセンターを飾る那珂が、スピーカーで喋りかける
那珂(NPC):『今日のライブは、スタッフの皆さんや、多くの人々に支えられ無事に成功しました!』
那珂(NPC):『そして、今日は……このライブを深海棲艦から護ってくれた、大切なお友達を紹介したくて』
那珂(NPC):『皆さんには少しだけ待ってもらいました……ありがとうございましたっ!』
大和@3-188:[
響@3-319:「…これはすこし、恥ずかしいな……」
大和@3-188:「……!そうか…そうだったのね…那珂ちゃんの話したいことって…!」
赤城@539:戦闘態勢を解いて…苦笑しよう
那珂(NPC):『ということでぇ〜……こちらが、【独立心中海援隊】の皆です!』
大和@3-188:「粋なはからいをしてくれちゃって…(照れています)」
子日@3-322:「今日は良い日~!」
Bismarck(NPC):「……私は、ここにいていいのかしら?」
赤城@539:「これはちょっとした凱旋式ね 大丈夫ですよ」
大和@3-188:「あなたも我々の仲間です。ここにいるのには十分な理由でしょう」
響@3-319:「一緒に撃退したしね。」
Bismarck(NPC):「そう……ありがと」感謝の言葉は小さく、でも確かに
子日@3-322:「それにこれからは仲間でしょ~?」
那珂(NPC):「……ええ」
提督@43:そんなやり取りの間も、会場からの万雷の拍手は鳴り止むことがありませんでしたとさ……
提督@43:ともあれ、その後アンコールの際に那珂ちゃんによりステージ上に上がってもらったりなんてこともありましたが
提督@43:無事……このライブは成功したのでした
提督@43:主任務、・会場護衛の成功    達成です!
響@3-319:やったぜ!
大和@3-188:よし!
赤城@539:うむ
子日@3-322:せい!
提督@43:ということで、艦隊戦終了イベントはこれにて終了だ……

エピローグ編集

提督@43:本当に些細なエピローグ、はっじまっるよぉ!
大和@3-188:のりこめー
提督@43:あの会場護衛戦の翌日……君たちは、執務室に呼び出されていた
提督@43:理由としてはこうだ
響@3-319:呼び出された!
提督@43:先のライブの打ち上げと護衛へのお礼、そしてビスマルクの歓迎会をしたい
提督@43:そう提督が言ったからだそうです
子日@3-322:素敵なパーティーしましょう!
響@3-319:提督……実在していたのか…!
大和@3-188:「お礼だなんて…当然のことをしたまでです…!(照れ顔)」
提督@43:執務室につくと、そこにはこの鎮守府の艦娘達が勢揃いです
提督@43:室内には卯月や浜風、レ級に大鯨……
提督@43:……シャルンホルストね!
赤城@539:おいレ級って言ったぞ(ぁ
大和@3-188:シャルンだな!
響@3-319:レルンって呼んでるよもうw
提督@43:あとは、川内神通那珂ちゃん弥生と、実はこの鎮守府に所属してた組も勢揃い
提督@43:そして、執務室の提督用の椅子に目をみやると……
提督@43:………
提督@43:……………
提督@43:まあ、居ません
大和@3-188:「提督が色々と忙しいのは…まぁ仕方無いですが...こんなに艦娘がいたのですね」
提督@43:因みに、ビスマルクさんも居ません
子日@3-322:「今日も提督さんいない日?」
提督@43:因みに、大鯨さんは非常に沈痛な面持ちでしたを向き震えています
那珂(NPC):「まあ、川内ちゃんや神通ちゃんは教導で各地に飛び回ってるからねえ……」
響@3-319:「最近実在を疑い始めているのだけど……」
響@3-319:<提督
神通(NPC):「本当は、卯月さんをもう少し鍛えたいんですけど、ね」
卯月(NPC):「……うーちゃん、まだ死にたく無いっぴょん」
赤城@539:「大鯨さんが事情を知っていそうですが…」
翔鶴改@2-1121(NPC):「みなさんが例のシュトゥルムさんを追い払った独立心中海援隊の皆さんですね」
大鯨(NPC):「…………私が、悪いんです」
響@3-319:「ええと、あの残念な子だね。」<シュッツ
翔鶴改@2-1121(NPC):「やっぱりそうでしたか…。(苦笑)」
大和@3-188:「大鯨…さん?」
大鯨(NPC):「私の、判断ミスでした……」プルプルと震え
大鯨(NPC):「私が、あんなことを………」
子日@3-322:「ミス?なにが?」
卯月(NPC):「いやぁ……流石に、予測不可能回避不能と思うっぴょん」
大鯨(NPC):「その、ですね……パーティーの準備して居たのですが、ビスマルクさんが何かお手伝いをしたいと言われまして」
響@3-319:「うん。」
大鯨(NPC):「そこで、丁度材料を切らせていた牛乳を買ってきて欲しいと頼んだんです」
大和@3-188:「ま…まさか…」
大鯨(NPC):「近所のスーパーなら大丈夫だろうと、そう思ったんです……そしたら……そしたら……!」
大鯨(NPC):「先程、電話で……『見知らぬ土地に着いたわ?』と……その、何故かに隣の県にですね……」
響@3-319:「……うん。」
響@3-319:「どこまで行ったんだい?」
赤城@539:「軍艦として迷子というのはどうなんですかね…」
大和@3-188:「あちゃー…」
大鯨(NPC):「こう、近道をしようとして道を間違えヒッチハイクで連れてってもらおうとしていい間違えて」
大鯨(NPC):「などと、色々あったそうで……」
大鯨(NPC):「提督は、迎えに行って不在です……」しょんぼりと
大和@3-188:「そうでしたか…」
響@3-319:「仕方ないね。」
子日@3-322:「提督が迎えにいったんだ~」
赤城@539:多忙なのか暇なのか(真顔
川内(NPC):「一番働いたのは艦娘なんだから、皆は楽しめってさ」
翔鶴改@2-1121(NPC):「こうなってしまった以上嘆いていても折角のお祝いも台無しです。せめて我々だけでも初めてしうのはいかがでしょうか?」
赤城@539:「ライブの成功を祝って ですね」
大和@3-188:「ええ」
那珂(NPC):「それと、皆への感謝を込めて、だよ!」
大和@3-188:「そう言われるとやはり…晴れがましいものですね」
提督@43:こうして、ライブ成功と護衛成功のパーティーが開かれたのでした……
響@3-319:「うん、少し照れるね。」
提督@43:と、言うことでシナリオはこれにて終了……終了処理に移ろうか

終了処理編集

提督@43:さて、鎮守府のレベルは5に上がり、資源は25まですりきりです
提督@43:25/21/23/25
提督@43:更に、家具コインを+1です
提督@43:続いて、皆様お楽しみの経験点
大和@3-188:ざわざわ
提督@43:主任務
・敵部隊の殲滅           達成
・会場護衛の成功          達成

提督@43:2つ達成ですので+100
提督@43:サブ任務
・様々なシーンをやろうぜ!     達成

提督@43:こちらですが、全シーン制覇ということで30点分の経験点となります
提督@43:更に戦闘2回で20点
提督@43:ここまでベースで150点
提督@43:艦種補正、子日さんと響さんは更に20点
提督@43:旗艦並びに感情管理の報酬として大和さんには合計20点となります
大和@3-188:感謝です!
提督@43:さあ、MVPのお時間だ
提督@43:こう、「s1d6 誰か 理由」なんて風に書いてくれると助かります
提督@43:ということで、各自伏せてください!
響@3-319:シークレットダイス
赤城@539:シークレットダイス
大和@3-188:シークレットダイス
子日@3-322:シークレットダイス
大和@3-188:修正
提督@43:さあ、揃ったね?
提督@43:(待ちます
響@3-319:おk
大和@3-188:シークレットダイス
大和@3-188:おk
提督@43:では、カウントダウンで開けましょう……
大和@3-188:(またせてすまない
那珂(NPC):いっくよぉ!
那珂(NPC):5
那珂(NPC):4
那珂(NPC):3
那珂(NPC):2
那珂(NPC):1
大和@3-188:s1d6 響さん「ナイスアシスト!サポートに置いてのいぶし銀の輝き、素敵でした!」
KanColle : (1D6) → 1

那珂(NPC):どーうぞ!
響@3-319:s1d6 大和 全体的にセッションを引っ張ってくれたから
KanColle : (1D6) → 4

子日@3-322:s1D6 「響さん」水雷魂みせて貰いました!ナイスアシスト!
KanColle : (1D6) → 6

赤城@539:s1d6 響 タゲとりの安定さ 非常に助かりました さばさばとした響もいいよね
KanColle : (1D6) → 6

提督@43:響さんに30点、大和さんに10点となりました
大和@3-188:響さんありがとう!
響@3-319:ありがとー
提督@43:更に、皆さんには名誉点を1点進呈です
大和@3-188:わーい!
赤城@539:はいなー
提督@43:ああ、説明が足りませんでしたね
提督@43:”通常”に加えて、です
赤城@539:ほう
大和@3-188:つまり実質2点獲得と 提督ありがとー!
提督@43:ライブを大成功に導いた影の立役者なんです……
響@3-319:わーい。
提督@43:観客達の拍手が、形なき勲章……ということで
赤城@539:それではこんなところかね
提督@43:さて、あとは装備変える人居ます?
提督@43:(Lv3にみたない場合改造処理が戻るため装備上限が
子日@3-322:変えるじゃないけど機銃降ろします
大和@3-188:うーん、ここは大艦巨砲主義に走れという神の導きに従い偵察機を降ろしてもう1本目の46砲をもらっていきます
響@3-319:えーと、2Lvに戻るので電探は鎮守府にシュート
大和@3-188:こんなもんかな?
提督@43:では、そんなところか……一応、装備廃棄が必要ですが中口径と大口径を1つずつでよろしいかな?
響@3-319:良いと思うw
大和@3-188:ですな
提督@43:では、これにて本当に終了だ……
提督@43:時間オーバー、申し訳ない
赤城@539:はーい お疲れさまでした
提督@43:二日間、お疲れ様でした!
響@3-319:お疲れ様でしたー
子日@3-322:お疲れ様でしたー!
大和@3-188:お疲れ様でしたー!!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki