FANDOM


導入フェイズ編集

新鎮守府の誕生そして… 編集

提督@2-55:点呼開始!
千歳甲@2-160:準備完了!(1/5)
加賀2-145@:準備完了!(2/5)
妙高@2-161:準備完了!(3/5)
球磨@2-159:準備完了!(4/5)
響@2-144:準備完了!(5/5)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:よし。
提督@2-55:では初心者卓を初めますが、最初に旗艦やりたい人います?
妙高@2-161:はーい よろしくお願いします
提督@2-55:導入フェイズ中の会話から決めてもよしです。
加賀@2-145:よろしくお願いしますね
妙高@2-161:順当に考えるなら加賀さんだと思うが。。。
響@2-144:よろしくお願いします
千歳甲@2-160:よろしくおねがいいたしまーす
球磨@2-159:よろしくデース
千歳甲@2-160:私は旗艦は遠慮しておきます。装甲・回避から考えて、一番沈みやすいので
加賀@2-145:今回の卓は旗艦の担当業務ありますか?
提督@2-55:経験値10点もらえるのと最終決定権持ちってだけですね。
提督@2-55:リソース管理は提督がやります。
加賀@2-145:はーい わかりました
妙高@2-161:大型艦は貰える経験点が少ないからの 旗艦やって足しにしろという設計だよな うん
提督@2-55:では旗艦は加賀さんでいいかな。
加賀@2-145:わかりました
加賀@2-145:旗艦担当しますねー
提督@2-55:では

提督@2-55:最初に鎮守府名決めましょう。
球磨@2-159:おー
加賀@2-145:大惨事フェイズの間違いじゃないかしら(ぼそり
響@2-144:何か不安になってきますね
提督@2-55:特殊がでないの祈らなきゃ
加賀@2-145:やってみればわかりますよw
提督@2-55いま整理しましたが、左から順番に振っていただきます。
                                      いま整理しましたが―――旗艦→行動力が低い順に左揃え
加賀@2-145:わかりました では私からー
提督@2-55:という訳で加賀さんから表どうぞ。
加賀@2-145:2d6 「鎮守府名決定表」
KanColle : (2D6) → 9[4,5] → 9

提督@2-55あっ
                                      あっ―――特殊は漏れなくあ艦これ、提督知ってます。
球磨@2-159:特殊…w
加賀@2-145:「やりました。」
千歳甲@2-160:修飾+特殊+組織
響@2-144:「ハラショー、こいつはいいな」
提督@2-55:では妙高さんが装飾を。
妙高@2-161:さてはて どうなるか
妙高@2-161:d66 私にどうしろと・・・
KanColle : (D66) → 34

千歳甲@2-160:血塗れの
提督@2-55:お、おう
妙高@2-161:うむ
球磨@2-159:ほう
妙高@2-161:修飾も割りと事故る
提督@2-55:特殊どうぞ。
千歳甲@2-160:d66 特殊
KanColle : (D66) → 14

千歳甲@2-160:ばっくれ
提督@2-55:お、おう
妙高@2-161:(血まみれの褌とかになったらどうしようかと思ってた
提督@2-55:では組織を。
球磨@2-159:はーい
球磨@2-159:d66 組織
KanColle : (D66) → 45

千歳甲@2-160:砦
提督@2-55:血塗れのばっくれ砦
提督@2-55:なんじゃこりゃーww
球磨@2-159:なんて砦
響@2-144:砦のくせにばっくれるとは何事だ
千歳甲@2-160:何がなんだか分からない
提督@2-55:では最後に響さん好きな箇所を振り直す、あるいは振り直さないも可能です。
加賀@2-145:「特殊表に直撃。そんな……馬鹿な。」
響@2-144:大☆惨☆事
響@2-144:えええ
響@2-144:特殊いきましょうか?
提督@2-55:どこ振りなおしてもとんでも鎮守府不可避。
球磨@2-159:いい感じー えっ?違うくま?
提督@2-55:どうぞー。
千歳甲@2-160:どうぞー
球磨@2-159:どぞー
響@2-144:D66
KanColle : (D66) → 45

千歳甲@2-160:きゅんきゅん
提督@2-55:血塗れのきゅんきゅん砦に決定しました
球磨@2-159:心臓がね(きゅんきゅん
妙高@2-161:お、おう
千歳甲@2-160:大惨事である
響@2-144:大惨事不可避
加賀@2-145:これはなにやら、気分が高揚します
提督@2-55:凄い名前だ…
妙高@2-161:まぁ鎮守府名はこの際、気にしなければ・・・
提督@2-55:では
妙高@2-161:問題は艦隊名だ(ぁ
球磨@2-159:素敵な名前になるんだろうなぁ(現実逃避

左遷か!血塗れ錆びし鎮守府! 編集

提督@2-55:君ら艦娘達は各々の鎮守府から、ある鎮守府へと転属がかかりました。
提督@2-55:ある艦娘は同じ鎮守府からかもしれませんし、違うかもしれませんが。
提督@2-55:どうやら今行われてる大規模作戦にやや関わる事のようです。
妙高@2-161:「こんなときに私のような新米が駆り出されるということは・・・物資調達か、それとも・・・・・・」
提督@2-55:ということで、その招集がかかった鎮守府前…もとい砦の前に君たち5人は着きました。
妙高@2-161:見た目も砦なんだ・・・
球磨@2-159:「なんだか禍々しい感じがするクマー?」
提督@2-55:砦です、所々錆びついてるようにも見えます。
響@2-144:「場所を間違えたかな?ここであってるはずなんだけど・・・」
妙高@2-161:「赤錆、ですかね それで血塗れ、と呼ばれるようになったのでしょうか」
千歳甲@2-160:「空気が澱んでいますね・・・」
加賀@2-145:門の守衛に敬礼 スタスタと入ります
千歳甲@2-160:「もしかして、今回の転属って左遷だったのかしら・・・(物資保管庫からお酒をギンバイしていたのがばれたのかしら)」
妙高@2-161:いるのだろうか(小声
加賀@2-145:いるんです 心の目で見ればいます!
千歳甲@2-160:その人足あるのかw
妙高@2-161:ホラーシナリオだったのか・・・(マテ
加賀@2-145:「どうしたのみんな立ち止まって 入るわよ」
提督@2-55:(君たちが通り過ぎるとすっとその守衛は消えて…)
提督@2-55:いやいや・・・w
球磨@2-159:対深海にはばっちりかもw
妙高@2-161:そんなことはなかった いいね?
千歳甲@2-160:あっはい
妙高@2-161:(きっとすっとトイレに消えていったんだよ(ぇ
響@2-144:(振り返って)「あれ・・・いない?」

提督@2-55:中に入るとやはり錆び付いていたり、所々電球が切れかかっていたり、切れていたり。
千歳甲@2-160:砦の中に入ると、ひとりでに扉が閉まって鍵が外から落ちるんですね
妙高@2-161:「予算の足りない鎮守府は多いと聞きますが・・・」
提督@2-55:それでも鎮守府としての機能は備わっているようです。
加賀@2-145:「戦時ですから」
妙高@2-161:「最低限、設備は維持管理されているみたいですね」
加賀@2-145:「あまり周りをジロジロ見ないでちょうだい 失礼です」
球磨@2-159:「それもどうかと思うクマー」
妙高@2-161:「これは失礼」
千歳甲@2-160:「見た目は古いけれど、しっかりした作りの建物みたいね」

提督@2-55:辞令書に提督室の場所が書かれあるのでまっすぐ提督室に向う事ができます。
加賀@2-145:何もなければ早速提督室に行こうと思うけど
加賀@2-145:特に何もなさそうかな
提督@2-55:問題なくつきますよ。
加賀@2-145:部屋の前について
加賀@2-145:ここも変わった様子はないかしら? いいえホラー展開を求めてるわけじゃないですよw
提督@2-55:大きな赤い扉があるだけですね。
加賀@2-145:「ここね」 扉をノックします
提督@2-55:提督「開いてるぞ」中から声が聞こえます
響@2-144:「あぁ、これもともと赤い扉だったんじゃなくて血がこびりついてこんな色になっちゃったんだ」(扉を見ながら)
加賀@2-145:「失礼します」 中に入りますよー

提督@2-55:ギギィイと重く軋む音をしながら開きます。

千歳甲@2-160:それだと蝶番錆びてるんじゃ・・・w ああ、だから鍵が開いてる(閉まらない)とか
球磨@2-159:「どんな提督だクマー?」ひょこり
妙高@2-161:(いや錆びてるからじゃないかなぁ)と思いつつ続こう この響さん発想が怖いぞw

提督@2-55:ふむ。
妙高@2-161:外見表 ふる?(ぁ
千歳甲@2-160:振りますか
球磨@2-159:提督が既に決めてるならそちら優先でも
提督@2-55:何pでしたっけ
妙高@2-161:58ですな
千歳甲@2-160:着任58
妙高@2-161:なんでこれだけこんなとこにあるんだw
響@2-144:ww
提督@2-55:d66
KanColle : (D66) → 35

提督@2-55:昼行灯さん
球磨@2-159:ほー
加賀@2-145:鎮守府の雰囲気にお似合いね
提督@2-55:では

提督@2-55:提督の外見は髪がボサボサで伸ばしっぱなし、提督服も着崩してやる気あるのかないのかさっぱりな感じですな。
提督@2-55:提督「おー君らが辞令書にあった艦娘か、入った入った」
千歳甲@2-160:「失礼いたします」
加賀@2-145:「正規空母加賀 ただいま着任しました」
球磨@2-159:「球磨だクマー! 球磨に任せるクマ、勝利を約束るクマー」
響@2-144:「失礼するよ。あーこの人絶対前の秘書艦雷とかそっち系だ(小声)」
妙高@2-161:「妙高型重巡洋艦、妙高です (頭痛をこらえるしぐさをしながら」

提督@2-55:内装もやっぱり赤で、とっ散らかっています。提督机には本が山積みになっています…吹雪頑張ります!とか願いは海を越えてとか背表紙に書いてます(ステマ

妙高@2-161実はこの人3倍だったりしないよな(何
                                      実はこの人3倍だったりしないよな―――赤色やら仮面やら好きなあの人
千歳甲@2-160:「・・・(ここ、秘書艦いないのかしら?)」
提督@2-55:仮面とかはつけてないです、服も普通ですよ。
球磨@2-159:サングラス?
提督@2-55:「いやー君らも運が悪いねこんな所に飛ばされるなんて」本…漫画本から顔上げて言います
加賀@2-145:「任務ですから」
千歳甲@2-160:やはり左遷されたのか、と千歳は顔を青ざめさせている
球磨@2-159:「そんなことより仕事はないクマ?」 少しのことじゃへこたれない球磨だクマ
提督@2-55:「いまミージシャン方面だかミッドタウン方面だかで糞忙しいから、そっち方面の鎮守府に艦娘集まってるっていうのに、わざわざこっちに飛ばすぐらいだからな」
千歳甲@2-160なるほどイベント中なのか
                            なるほどイベント中なのか―――8/8~8/29まで開催していたAL方面MI方面の事
妙高@2-161:「まぁ、私のような新兵同様の者を回しても仕方ないのではとは思いますが・・・」
妙高@2-161:ここって内地でいいんだろうか
提督@2-55:「仕事?んなもんないぞ」さも当然のように
球磨@2-159:「そんな馬鹿な!…クマぁ」
提督@2-55:少なくてもALMIがある東側ではないのは確実です。
響@2-144:「仕事がない?ちょうどいいバカンスじゃないか」
加賀@2-145:「待機命令ということですね」
妙高@2-161:「まぁ訓練に明け暮れていたから、ちょうどいい骨休めと思えば・・・いいのかしら」
千歳甲@2-160:「うう・・・閑職に飛ばされるなんて、間違いなく左遷だわ」
提督@2-55:「まーそんな所でいいんじゃないか、精々こまい深海棲艦が来るからそれを追い払う程度だ、そいつらも今こっちにいる艦娘で間に合ってるぐらいだしな」
加賀@2-145:「他に艦娘がいらっしゃるのですね」
球磨@2-159:「むぅ… 裏方は慣れてるクマ こんなことじゃ挫けないクマぁ」
響@2-144:「じゃあ、その辺で寝ててもいいかな?」
加賀@2-145:加賀のこめかみがピクッ
提督@2-55:「ああいるぞ、っつーても大半はラージャン方面とかミ●キー方面の鎮守府に貸し出しちまってるけどな」
妙高@2-161だんだんネタが危ない方向に(真顔
                                      だんだんネタが危ない方向に―――ハハッ
加賀@2-145:「そうですか わかりました」
提督@2-55:「ま、そんなわけで適当にしてて貰って構わんよ」
妙高@2-161:(主力が出払っている・・・ということはもしかしたら出番があるかもしれない・・・ということですね)
千歳甲@2-160:「はぁ・・・・気分的には自棄酒でもしたいところですけど」
提督@2-55:「ああ、そうそううちの鎮守府じゃ通例なんだが、出撃する事はほぼ無いだろうが艦隊組むに当たってこれで艦隊名を決めてるんだ」と加賀に向かって何か放り投げます
響@2-144:「じゃあお言葉に甘えて・・・・・・」いそいそと血まみれの毛布を引っ張り出して寝ようと
加賀@2-145:受け取ります
加賀@2-145:「・・・・・・艦隊命名規則表」
提督@2-55:受け取ると正四面体の面それぞれに1~6まで振ってある石2個あります。
提督@2-55メメタァ
メメタァ―――蛙が潰れない音
千歳甲@2-160:「もしかして、万事この調子なのかしら」 響がひっぱりだした血塗れの布団を見やりつつ
妙高@2-161:まぁ実際には赤系の染色なんだろうw
加賀@2-145:「わかりました これで決めるのですね」 (小さくため息
提督@2-55:「ああ、あとそこのちっこいの、部屋は一応用意してあるから後でうちの秘書艦に連れて行ってもらえ」
球磨@2-159:「提督はすごいクマ 泰然自若だクマぁ」 褒めてるかは不明
妙高@2-161:「(頭痛をこらえる仕草をしながら)・・・・とりあえず、決めてしまいますか」

艦隊名決定! 編集

提督@2-55:というわけで今度は先程の逆順で艦隊名決めましょう。
加賀@2-145:今回は響さんからだね
提督@2-55:響さんが2d6で艦隊名決定表振ってください。
響@2-144:了解です。2D6
響@2-144:あれ間違えたかな
加賀@2-145:半角だよー
千歳甲@2-160:ダイスは、文章の最初におく必要があります
球磨@2-159:そして間には半角(空白)ねー
響@2-144:2D6 では改めまして
KanColle : (2D6) → 4[1,3] → 4

千歳甲@2-160:枕詞+植物+チーム
球磨@2-159:ふむ 枕詞いきまーす
提督@2-55:どうぞー。
球磨@2-159:d66 枕詞
KanColle : (D66) → 16

球磨@2-159:財団法人w
千歳甲@2-160:財団法人w
加賀@2-145:えっ
響@2-144:ww
千歳甲@2-160:d66 植物
KanColle : (D66) → 55

提督@2-55:植物だし大丈夫だろう…(慢心
千歳甲@2-160:蓮華
提督@2-55:妙高さんどうぞー。
妙高@2-161:d66 チームどーん
KanColle : (D66) → 23

千歳甲@2-160:戦隊
提督@2-55:財団法人蓮華戦隊
球磨@2-159:ふふw
提督@2-55:じゃあ加賀さんお好きな所振り直しか、このまま確定か。
妙高@2-161:ざ、財団法人変えようか(真顔
響@2-144:え~いいとおもいますよ?w
加賀@2-145:財団法人を変えます 一航戦として見逃せません
妙高@2-161:なにしろこれで呼ばれるからな これからw
妙高@2-161:鎮守府名はおかしな鎮守府もあるもんだワハハ で済むが(ぁ
球磨@2-159:任せマースw
加賀@2-145:d66 枕詞 「艦隊名は大事」
KanColle : (D66) → 12

妙高@2-161:そして振り直しで財団法人(ぇ
千歳甲@2-160:最強
提督@2-55:最強蓮華戦隊
妙高@2-161:お、おう
千歳甲@2-160朝8時のヒーロータイムかな?
                            朝8時のヒーロータイムかな?―――なんとかジャーとか、なんとかライダーとか
響@2-144:カンムスジャー、参上!
加賀@2-145:なんでしょう みんな揃ってポーズを取れとでも?w
妙高@2-161:子供にゃ蓮華なんてわからんじゃろw
球磨@2-159:反応に困るw
提督@2-55:「最強蓮華戦隊か、5人いるし丁度いいじゃねーか」
加賀@2-145:「・・・・・・・・・」 (無言で艦隊名を見つめる
球磨@2-159:「正気かクマ?」
妙高@2-161:小声で「サイコロを振る時点で諦めたら、としか」
響@2-144:「いい名前じゃないか」(笑いをこらえながら)
千歳甲@2-160:「大丈夫。もっと酷いところもあるわ」
加賀@2-145:「そういう問題じゃありません」
加賀@2-145:「ともかく、これで決まり・・・ね」
妙高@2-161:ご丁寧に振り直しは一回まで と書かれているんだろうw
球磨@2-159:「決まったものは仕方ないクマ」
加賀@2-145:書かれているならしょうがないなw
提督@2-55:作戦建てるための海域用ボードの上に磁石で決定表が貼られてるんでしょうね。
響@2-144:「もちろん出撃の時は大声で名乗るんだよね?」
加賀@2-145:「では提督、・・・・さ、最強、蓮華戦隊5名 何もなければ下がります」
提督@2-55:「おう榛名、最強蓮華戦隊を宿舎に連れて行ってやれ」
提督@2-55:と提督室につながってる横の扉から榛名が出てきます
提督@2-55:榛名「はーい、戦艦榛名です。最強蓮華戦隊の皆さんここまで遠路遥々お疲れ様です、宿舎にご案内いたしますね」
球磨@2-159:「案内ご苦労クマー」
加賀@2-145:「よろしくお願いします」
妙高@2-161:「はい 響さんも、いきますよ」
響@2-144:「え、ここじゃダメ?」
千歳甲@2-160:「お願いしますね」
加賀@2-145:「・・・・・・・・・・・」 (無言で引き摺る
球磨@2-159:「榛名に面倒かけたらダメくまー」
妙高@2-161:頭をひきずられそうだったのでそちらを持ち上げて連行しようw
提督@2-55:という感じで、最強蓮華戦隊+榛名は提督室を出ていき赤い扉が再度ギィイイと重く軋む音を立てながらしまります。
加賀@2-145:扉の外に出たところで響に 「あまり恥をかかせないで」
響@2-144:「あ~司令室は用事があったらそのまま起こしてもらえるから結構便利なんだよ~」(引きずられながら)
妙高@2-161:前の鎮守府で相当あまやかされていたとみえるw
妙高@2-161:ロリコン提督か(何
響@2-144:部屋に入ったところで「うん、予想はしてた」(血まみれの部屋を見ながら)
加賀@2-145:どんな部屋だあ!
妙高@2-161:赤色の壁紙なんだろ(ナゲヤリ
千歳甲@2-160:「掃除、しましょうか」
妙高@2-161:目に悪そうだw
球磨@2-159:「目が痛いクマー…」
加賀@2-145:「ここも赤で統一されているのね あの提督の趣味かしら」
球磨@2-159:「趣味が悪い…クマ」
加賀@2-145:榛名はまだいます?
響@2-144:「響はこのままで大丈夫だから先に寝るよ」寝ようとする
加賀@2-145:います? いたら赤でコーディネートされてる理由を聞いてみたいかもしれないw
提督@2-55:榛名「ごめんなさいね、忙しくここまで手が回っていませんでした」
千歳甲@2-160:「・・・? 忙しいの? 暇なところだと提督は言っていたけれど」
妙高@2-161:「人手の割にはここが広い ということなんじゃないでしょうか」
妙高@2-161:手が入ってない場所も多かったみたいだしな
加賀@2-145:「順応性の高い子ね・・・」 (寝息を立てはじめた響を見る
球磨@2-159:「羨ましいクマぁ…」
妙高@2-161:「無頓着なだけかもしれませんけどね」 と苦笑しつつ
提督@2-55:榛名「ええ、今行われているALMI作戦で大半の方々は出られてますので、この広い鎮守府ですとちょっと手が回らないんですよねぇ」
加賀@2-145:「そう、なら仕方ないわね」
球磨@2-159:「でも、何故赤一色になるのかワカラナイクマ…」
加賀@2-145:「布団も枕も、赤、赤、赤です どういうことなの」
提督@2-55そうだったのか…!
そうだったのか…!―――砦内部は真っ赤に染まりました
千歳甲@2-160:「これ、錆だったら困りますよね。艤装が錆びちゃう・・・」
提督@2-55:榛名「それですか榛名にも分かりません、提督と榛名がここに着任した時からこうでしたので…」
加賀@2-145:「変えようとは思わなかったの?」
提督@2-55:榛名「提督はそのままご使用されていますので、このままという形ですね」
加賀@2-145:「そう・・・・・」 (小さくため息
球磨@2-159:「提督は大物クマ…」
響@2-144:「ZZzzz・・・」
千歳甲@2-160:「響ちゃんも大物・・・なのかしら」
球磨@2-159:「…そうかもしれないクマ」 ため息をつきながら
妙高@2-161:「細かいことを気にしない・・・・いえ、これ細かいのかしらね」 と赤い部屋を見つめながら

提督@2-55:という感じで、ここの鎮守府の内情(?)を知った所で導入フェイズ終わりです。
提督@2-55:では、感情点のターン。
提督@2-55:任意のPCあるいはNPCに感情値+1してください。
球磨@2-159:誰に取ろうかー
響@2-144:う~ん難しいですね
加賀@2-145:まあ直感です
妙高@2-161:うむ
球磨@2-159:千歳甲に「後ろ向き?」で+1
千歳甲@2-160:では私は妙高さんに、感情の属性は感情表から
千歳甲@2-160:et
KanColle : 感情表(5) → いとしい(プラス)/かまってほしい(マイナス)

加賀@2-145:私からは響さんに「不思議な子」で+1します
千歳甲@2-160:・・・・・・・・・・
妙高@2-161:別にチョイスしても ええんやでw
千歳甲@2-160:まぁ、振ったからには採用して・・・かまってほしい(-)にしましょうか。この千歳、相当ダメな子っぽい
響@2-144:じゃあ加賀さんに感情値から
響@2-144:et
KanColle : 感情表(3) → たのしい(プラス)/こわい(マイナス)

妙高@2-161:あっ(察し
提督@2-55:あっ(察し
球磨@2-159:あらあら
妙高@2-161:どちらでもおもしろいな(ぁ
千歳甲@2-160:んですねー
加賀@2-145:私の反応をおもしろがっているのか それとも内心こわがっているか
加賀@2-145:さあどっち!
響@2-144:よし楽しいで。どう言う意味かは・・・ね?w
妙高@2-161:まぁ、そうなるな (では ぼっち回避で私は球磨さんにとっておきましょう +1しっかり者ですね
球磨@2-159:助かるクマー!
提督@2-55:見事にばらけましたな。
千歳甲@2-160:まぁ、各1点あると轟沈時の保険にもなりますしねー

鎮守府フェイズ編集

シーン1 編集

提督@2-55:では鎮守府フェイズです、使用シーンは着任の書のみなので、日常交流遊び演習遠征作戦の6つで固定です。
加賀@2-145:よかったです
妙高@2-161:よかよか
提督@2-55:で、伏せる方法はカードを使用しますが、やり方わからない方いらっしゃいます?
響@2-144:わからないです
加賀@2-145:おっ、ここはカードですか
提督@2-55:カードの方が直感的に分かりやすいですからね。
提督@2-55:では説明を。
提督@2-55:マップ上で右クリックすると「メッセージカードの追加」がありますのでそれを選択
提督@2-55:で、選択すると、メッセージカードの追加画面というウィンドウがでますので
球磨@2-159:こんな感じクマー
提督@2-55:まずは背面:ななしさんへ を消してください
提督@2-55:消し終わったら今度は、メッセ0ジ:サンプルメッセージを消して
提督@2-55:使用するシーン名と「キーワード」の記入です
提督@2-55:記入終わりましたらメッセージカードの追加をクリックして完了です
加賀@2-145:さて何がいいかな
提督@2-55:あ、それで追加ルールあります。
妙高@2-161:ふむ
球磨@2-159:追加です?
提督@2-55:共有メモにも書いてありますが1サイクル終了時に補給フェイズがあります。
千歳甲@2-160:ほむ?
提督@2-55:補給・入渠・改装・開発が可能です。
提督@2-55:あと発見も。
妙高@2-161:ほう
妙高@2-161:まぁ開発は無理だ 諦めようw
提督@2-55:発見は1回 開発は何度でも可能です。
千歳甲@2-160:何度もする余裕は無いw
提督@2-55:以上を踏まえてシーン選択どうぞー。
妙高@2-161:うーむ・・・・
響@2-144:踏まえられない自分が・・・wえーいもう直感じゃー
加賀@2-145:伏せました
妙高@2-161:ふせふせ
響@2-144:伏せましたー
球磨@2-159:揃ったー

提督@2-55:では鎮守府フェイズです。
提督@2-55:断りが無い限りはPCは全員参加してることにします。
提督@2-55:ということで、どなたからでもどうぞ。
加賀@2-145:了解よー
加賀@2-145:鎮守府フェイズの順番ですが行動力の低い者からが一応のセオリーとなってます
球磨@2-159:ですね
加賀@2-145:同じシーンが被ると達成にマイナス修正がついてしまい振り直しが厳しくなるためですね
妙高@2-161:まぁ2サイクル目だと一発死亡が見えてる人は後回しになったりするけどね
妙高@2-161:補給できるとは限らないので(白目
加賀@2-145:うむ・・・
加賀@2-145:まあ今回は私からでいいかしら?
妙高@2-161:さて、ではセオリー通り加賀さんでいいんじゃないか?
千歳甲@2-160:ですねー

悪・即・斬 血塗れの銀蝿か 編集

加賀@2-145:トップバッター 一番 一航戦に相応しい・・・!
加賀@2-145:ではいきますよー
提督@2-55:お好きなの選んでどうぞー
球磨@2-159:さて

どどんとふ:加賀@2-145がカードを公開しました。「日常
キーワード「血まみれ」」

加賀@2-145:えっ
提督@2-55そういえば混ぜてなかった気がするな
そういえば混ぜてなかった気がするな―――カードの混ぜ忘れ、何も無かったかのように残り4枚をガサゴソ混ぜ始める
提督@2-55:日常なのに血まみれとはいったい
加賀@2-145:今から残り4枚をシャッフルして、私はこれで
妙高@2-161:まぁここだから
響@2-144:この鎮守府では日常なんですよ
加賀@2-145:納得してるけどいいんですかそれで!
加賀@2-145:え、えーと・・・日常シーンなんですよね
提督@2-55:じゃイベント内容どうぞ。
加賀@2-145:evnt
KanColle : 日常イベント表(8) → 銀蝿/ギンバイ:《規律/航海5》で判定。(着任p220)

球磨@2-159:血塗れの戦いがそこにはあった…
加賀@2-145:ギンバイ・・・ 私が加賀だからってちょっとダイスさん!
提督@2-55:極刑かな…。
千歳甲@2-160:「自棄酒でもしなくちゃやってられない・・・千歳、いきます」
提督@2-55:誰かが銀蝿するって所ですかねぇ。
球磨@2-159:ぽいぽい
妙高@2-161:PCが自爆した模様

提督@2-55:血塗れのきゅんきゅん砦はほとんどの場所がフリーで通り抜けられます、当然食料庫等の場所も分かる模様です。
加賀@2-145:改めてすごい鎮守府ですね
球磨@2-159:うむ
千歳甲@2-160:「見回りもいないし、楽にいけそうだわ」 抜き足差し足
提督@2-55:きゅんきゅんとはいったい…
響@2-144:「ウォッカはあるかな?」にゅっと現れ
千歳甲@2-160:「・・・あなたの歳で飲むのは身体に良くないわよ?」
響@2-144:「いいじゃないか、減るものでもないし」
加賀@2-145:「減ります」
千歳甲@2-160:「そうそう、肝臓の健康とかね・・・ あれ?」 振り返る
加賀@2-145:「夜中に物音がすると思って後をつけてみたらあなた達は・・・・・・」
響@2-144:「・・・相変わらずどこにでも現れるね。加賀さんは」
加賀@2-145:「あなたに言われたくありません」
千歳甲@2-160:「よ、夜更かしは美容の大敵ですよ・・・」 じりじりと後ずさりしつつ
球磨@2-159:「良い子は眠る時間クマー」にゅっ

千歳甲@2-160:挟み込まれたー
球磨@2-159:「ここは大人しく艦隊旗艦の言葉に従っておくクマ」
加賀@2-145:「同じ艦隊に所属する者として、私まで同じ目で見られるのよ やめてちょうだい」
響@2-144:「私は良い子じゃないから大丈夫ってことだね」逃げようと
球磨@2-159:ヘッドロック 「逃がさないクマ♪」
加賀@2-145:判定は逃げようとした響と千歳をここで捕まえて改心させることができるかってところですかね
提督@2-55:そうですね
千歳甲@2-160:失敗したら食料庫で大立ち回りかな
提督@2-55:私は《規律》で判定させようと思いますが、別なので判定したいのであれば宣言を。
加賀@2-145:失敗したら格好悪いなあ
加賀@2-145:規律で判定ですよね 真上にある索敵から判定しようと思いますがどうでしょう?
妙高@2-161:規律なら索敵から1だろう いけるいける
提督@2-55:構いませんよ。
加賀@2-145:はーい では判定へ
球磨@2-159:大丈夫です!
球磨@2-159:・・・たぶん
加賀@2-145:索敵で判定します 規律へ1離れて目標6
加賀@2-145:2d6>=6 <規律>で判定します
KanColle : (2D6>=6) → 10[4,6] → 10 → 成功

響@2-144:おおおお
提督@2-55:成功です。
加賀@2-145:成功しました よかったw
球磨@2-159:よっし!
球磨@2-159:「これで逃げられないクマぁ」 ぐっぐっぐ
加賀@2-145:「まったく着任早々恥を晒さないでもらいたいものね」
千歳甲@2-160:では
「うぅ・・・見つかってしまっては仕方が無いわ」 とガックリうなだれてお縄を頂戴しよう

妙高@2-161:「・・・・どうやらちゃんと捕まえられたようですね 戻りますか」 (更に控えていた模様 第二陣である
響@2-144:「雷・・・今からそっちにいくよぉ」口から魂が
加賀@2-145:「部屋に戻るわよ」
提督@2-55:お縄になった所で
提督@2-55:「おお、お前ら何してんだ」提督さんが出てきます
妙高@2-161:アイコンタクトで愚か者の口を塞がせようw
球磨@2-159:「提督、起こしてごめんクマ」 丁度響を落としたところで
千歳甲@2-160:「むぐっ!? むーっ むーっ!」
加賀@2-145:「提督、これはその、ご不浄を探していて、まだこの鎮守府には不慣れなものですから」
加賀@2-145:「お騒がせして申し訳ありませんでした」
提督@2-55:「ん…ああそういう事か危なかったな」
加賀@2-145:「失礼致します」
妙高@2-161:妙高は察したらしい提督にこっそり頭を下げていこうw
提督@2-55:「そこにある食料明日全部破棄する予定だったんだよ、消費期限など等に過ぎてるから食ったら死ぬ…まではいかんだろうけど死ほど苦しいぞ
                                死ほど苦しいぞ―――具体的に言うと鎮守府の資材が3個減る、
                                  行動力回復も入渠もしづらくなる。結果プレイヤーが吐血し血まみれになる
千歳甲@2-160:「・・・・・」 口をふさがれたまま、さーっと青ざめる
提督@2-55:吐血するレベルでかな…。
妙高@2-161:オチがついてしまったw
球磨@2-159:「(命拾いしたみたいクマ)」
球磨@2-159:響たちに対して
提督@2-55:「まっ食ってないなら大丈夫だろ、さっさと寝とけよー」
加賀@2-145:「(ため息をつく)」
千歳甲@2-160:「・・・はっ つまり、明日からは新鮮な食材が!?」
加賀@2-145:「少し黙りなさい」 (ギロッ
提督@2-55:そういい提督はどっか別な場所に移動しました
妙高@2-161:「懲りないですねぇ 破棄するようなものだったから管理が杜撰だっただけだと思いますよ」
球磨@2-159:「今日のことで良く反省するクマ」
提督@2-55:しっかり〆た加賀さんは最大行動力+2点です。
加賀@2-145:「そんなにお腹が空いているなら私の持ち込んだ分を少し分けてあげます」 (小声で
加賀@2-145:「だからみっともない真似をするのはやめなさい」
響@2-144:「そういうことならさっさと部屋に戻ろうか」いつの間にか復活したらしい
提督@2-55:優しかった!
千歳甲@2-160:「あ、はい・・・(やだ、この人優しい)」
加賀@2-145:「・・・・・・・・いくわよ」
球磨@2-159:「球磨はさっさと睡眠に移るクマぁ」

妙高@2-161:ちなみに加賀さん このシーンの成功効果
提督@2-55:では最大行動力+2ですね。
加賀@2-145:ではイベント効果で行動力が11になります 嬉しいな
妙高@2-161:最大行動力まで回復もするんだぜ
提督@2-55:うーん11は大きいな
千歳甲@2-160:発見しておくとその分も回復するね
加賀@2-145:大型艦娘にとって素晴らしい恩恵です
加賀@2-145:発見かあ
球磨@2-159:そそ
提督@2-55:次シーン移る前に発見等はします?
千歳甲@2-160:私は自分のシーンでほぼ確実に発見が必要になるだろうから、ここでは良いや
加賀@2-145:では指揮を発見しておきましょうか
加賀@2-145:1d6 「指揮」
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55:☓
加賀@2-145:うーんw
球磨@2-159:まあ・・・
球磨@2-159:球磨は保留かな
提督@2-55:指揮が厳しすぎるとかそんなんですかねぇ…。
妙高@2-161:妙高も保留しておこう
加賀@2-145:きっとそんなところでしょう
妙高@2-161:どうせ4個だからチャンスも2回ある 最悪偵察機は加賀にでも投げておけばいい
提督@2-55:他なければ次シーン移ります。
加賀@2-145:私は異常です
加賀@2-145:以上!

参謀妙高作戦を考える 編集

千歳甲@2-160:行動力順なら、次は妙高さんだけども
提督@2-55:シーンプレイヤーはカードの選択どうぞー。
妙高@2-161:はいはーい
球磨@2-159:どぞーです
妙高@2-161:うーん
妙高@2-161:これだ
提督@2-55:では公開を。

どどんとふ:妙高@2-161がカードを公開しました。「作戦 カワ・カワ・カワ!」

妙高@2-161:うむ ブーメランか
提督@2-55:む作戦か珍しい。
妙高@2-161:カワ・カワ・カワは第二次攻撃の必要アリ、の意だな うむ
提督@2-55:では内容を。
球磨@2-159:ふむふむ
妙高@2-161:evst よいしょ

KanColle : 作戦イベント表(9) → 一か八か?:《楽観的/性格8》で判定。(着任p225)
妙高@2-161:また失敗が怖いものをw

千歳甲@2-160:残念時の効果が凶悪なんてもんじゃないw
提督@2-55:成功時はラウンド終了時に任意の味方艦1隻を好きな航行順序に変更可能。
球磨@2-159:あ・・・悪夢だァ
提督@2-55:失敗時はPC全てのアクシデント表2回ですね。
妙高@2-161:しかし仕事がないのに作戦練ってるとかどういうことですかね? ちょっと状況が想像つかないですw
提督@2-55:仕事なんかないのかと、自分で考えたりとかですかねぇ。
妙高@2-161:かなぁ まぁあまりRPできるシーンではないなw
加賀@2-145:そして失敗するとアクシデントを2回ですか ひえーw

妙高@2-161:「ふぅむ・・・・・仕事がないなら・・・・海戦での作戦でも練ることにしますか・・・」
妙高@2-161:「少々博打的すぎるかもしれませんが・・・・・・・いけるでしょうか・・・・?」
提督@2-55:先に提督が述べたように散発的な戦闘はあるようですが、最強蓮華戦隊までには回ってきてないようですね。
千歳甲@2-160:戦わないから無敗。よって最強
加賀@2-145:色んなフラグが着々と立ってる気がします!
響@2-144:あぁ、最強ってそういう・・・
妙高@2-161:まぁ、ちょっと博打的な作戦を思いついた妙高さんだけど、それが吉と出るか凶と出るか といったところかなぁ?
提督@2-55:ふぅむ。
加賀@2-145:空母を集中運用して敵の基地を叩くとか?
球磨@2-159:強靭・無敵・最強!
妙高@2-161:成功の効果がアレだからなぁ
提督@2-55:キーワードがカワカワカワなので私からは《暗号》を指定します。
妙高@2-161:単艦を分離して強襲させる とかを想定している
妙高@2-161:うーむ
妙高@2-161:単艦分離で機動、そこらへんの艦隊運動のために通信、敵艦隊捕捉の為の索敵 そこらへんを指定できないか具申しよう
提督@2-55:では《索敵》《通信》《暗号》から任意でどうぞ。
提督@2-55:あと《機動》ですね
妙高@2-161:ありがたき幸せ では索敵を発見します
加賀@2-145:がんばー
球磨@2-159:いっけー
妙高@2-161:1d6 為せばなる 為さねばならぬ なることも
KanColle : (1D6) → 4

妙高@2-161:まぁ、そうなるな
提督@2-55:では使用個性の決定をば。
妙高@2-161:ここで反転させればいいのだよ(強引) 索敵で判定 真上なので目標値5 まずアクシデント表から
加賀@2-145:その意気だよ いってみよう
妙高@2-161:act まぁ、そうなるな
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

妙高@2-161:まそ
球磨@2-159:ありゃりゃ
妙高@2-161:1d6
KanColle : (1D6) → 4

加賀@2-145:低い目でろー
千歳甲@2-160:まるで自分の妙高さんをみているようだ
妙高@2-161:大丈夫 生きてた(真顔
妙高@2-161※6出てたらぷかぷかである
                               ※6出てたらぷかぷかである―――この時点での妙高の行動力は『6』
                               6が出ると自動失敗だったが、4が出たため残り行動力『2』に・・・しかし・・・
妙高@2-161:ではあらためて判定
妙高@2-161:索敵で判定 真上なので目標値5
妙高@2-161:2d6>=5 敵艦隊の位置捕捉が鍵なのです
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

妙高@2-161:ぐふ
提督@2-55:まあそうなるな
球磨@2-159:うぐ
加賀@2-145:ぐあー
響@2-144:デスヨネー
千歳甲@2-160:感情値つかっても届かないですね
加賀@2-145:感情を足しても届かないよう
提督@2-55:どうします行動力2ですが1/6に祈りますか。
妙高@2-161:うーむ 残念が痛いんだよなぁ・・・・
妙高@2-161:しかし10個食い尽くすとか結構洒落にならんぞ・・・
千歳甲@2-160:ファンブルが出る確率なんて、36分の1だから・・・早々出るはずが無い、と割り切ってもいいかもですね
球磨@2-159:これは諦めも大事・・・かなぁ
妙高@2-161:だな 資源がお話にならん やめておく・・・ しかし偵察機はこれは加賀に預けておこう
加賀@2-145:わかりました
提督@2-55:了解。
妙高@2-161:開幕で2回アクシデント表振るのは無茶だw
響@2-144:単艦を分離作戦失敗ですか、残念
提督@2-55:なんだかんだでその作戦はなしだなって思った所ですかね。
妙高@2-161:だのぅ
妙高@2-161:だがやった方がよかった という後知恵が判明するんだろうw

提督@2-55:次の艦隊戦中、全てのPCはファンブルした場合2回アクシデント表を振る効果を得ます。

提督@2-55おめでとうございます!
                                      おめでとうございます!―――悪魔の微笑み。
加賀@2-145:おめでたくないです しくしくw
妙高@2-161:「ちょっと冒険的過ぎますね・・・・やめておきましょう やはり基本に忠実な方が安心です・・・・ちょっと嫌な予感はしますが・・・」
妙高@2-161:出目に嫌われたなァ;
球磨@2-159:仕方なしだくまー
提督@2-55:作戦はハイリスクハイリターンですからねぇ。
響@2-144:こればっかりはしょうがないですね
千歳甲@2-160:「作戦の成否なんて、結局はそのときの状況次第ですからね」
妙高@2-161:というわけで改装で加賀に偵察機を預けておきましょう
加賀@2-145:そうです 爆装転換 基地攻撃 空母攻撃 うっ・・・頭が・・・
加賀@2-145:作戦とは一体・・・
加賀@2-145:偵察機を受け取ります
千歳甲@2-160:索敵も念入りにネ☆
提督@2-55:改装は平常シーンだけですね。とはいえ補給フェイズあるので今渡しても大丈夫です。
妙高@2-161:おうふ
妙高@2-161:了解 次のとこで処理しましょう
加賀@2-145:了解ですよー

艦載機の訓練もしっかりと 編集

提督@2-55:ではお次のシーン。
千歳甲@2-160:行動力順なら私、ですね
球磨@2-159:次は千歳かな
加賀@2-145:がんばってー

どどんとふ:千歳甲@2-160がカードを公開しました。「【日常】
「ぐうたら姫」」

千歳甲@2-160:被り1
提督@2-55:被り-1ですな。

千歳甲@2-160:evnt
KanColle : 日常イベント表(9) → 日々の訓練:《素直/魅力2》で判定。(着任p220)

球磨@2-159:これは残念が致命的ふぁ
提督@2-55:一体何の訓練なんですかねぇ…。
妙高@2-161:なんでそんなのばっか引きますかね今日(ぁ
加賀@2-145:スリルがあるねw
千歳甲@2-160:給油艦なんだけども・・・何の訓練だろうw
加賀@2-145:貴重な感情を稼げるイベントですし成功させれば問題なーし
響@2-144:ですねー
球磨@2-159:ぐうたら=響?
提督@2-55:ロールしてからダイスでもいいですし、ダイスしてからロールでも構いませんよ。
妙高@2-161:響を的にするのか(ぇ
千歳甲@2-160:choice[加賀,妙高,球磨,響]
KanColle : (CHOICE[加賀,妙高,球磨,響]) → 加賀

加賀@2-145:私ですか
千歳甲@2-160:加賀さん・・・となると、加賀さんの訓練に付き合って、トンボ吊りでもしているところかな
加賀@2-145:それだ!
提督@2-55:千歳さんのぐうたらを叩き直されてるんですかね・・・。
妙高@2-161:治るんですかね、それ(小声
千歳甲@2-160:・・・さあ?w とりあえず、先に判定してしまおうかな
千歳甲@2-160:まずは素直を発見
球磨@2-159:治るさ! はず・・・
千歳甲@2-160:1d6
KanColle : (1D6) → 6

千歳甲@2-160:おっふ
提督@2-55この流れさっきどこかで見たような。
                                  この流れさっきどこかで見たような。―――具体的に言うと1シーン前
千歳甲@2-160:ACT
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

妙高@2-161:見た流れだな
千歳甲@2-160:一寸待って・・・
響@2-144:デジャヴw
提督@2-55:確か今5ですよね。
千歳甲@2-160:これで行動力0になったら問答無用で失敗です
妙高@2-161:うむ
提督@2-55:33%ですしヘーキヘーキ。
妙高@2-161:まて落ち着くんだ
妙高@2-161:今は日常シーン
球磨@2-159:補給だぁ
妙高@2-161:食えばいいのだ(真顔
千歳甲@2-160:いや、発見時なら出来たんですが・・・
千歳甲@2-160:アクトからの一連の処理中なんで
妙高@2-161:GM判断じゃないかなぁ・・・?
妙高@2-161:補給は補助行動 補助行動はナニカしながらでも出来る とあるし
提督@2-55:うーん、発見→補給タイミング→☓素直判定→actだと思ってますが。
提督@2-55:act結果判明→"補給"→act判定ができるかどうかって所ですよね。
妙高@2-161:アクシデント表を振った後に、行為判定に移る前に補給(補助行動)ができるか ですなぁ
妙高@2-161:アイスとかもまとめて不可になる話なので結構重要っちゃ重要
提督@2-55:補給の文章読む限りできないタイミングが非平常シーンとだけしかかかれてないので、今回の卓では有りにします。
千歳甲@2-160:はーい、ではボーキサイト2貰います
提督@2-55:(次回建てることあれば明記してるかも・・・。)
                            次回建てることあれば明記してるかも―――次回建てることは果たしてあるのだろうか
千歳甲@2-160:1d6 行動力消費
KanColle : (1D6) → 2

妙高@2-161:(めんどくさい話である
千歳甲@2-160:残り行動力5、では判定
千歳甲@2-160:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 4[2,2] → 4 → 失敗

千歳甲@2-160:感情点ください(ドゲザー
加賀@2-145:球磨さんだね
球磨@2-159:はーい
球磨@2-159:「ここが根性の見せ所クマ!」+1
千歳甲@2-160では感情点を頂いて達成
                       では感情点を頂いて達成―――実は被り補正で不達成だったが、この時提督は気づかなかった猛省。
加賀@2-145:艦載機の発進訓練を
加賀@2-145:「艦爆隊発進です」
加賀@2-145:そう言うと弓から放たれた矢が九九艦爆になって大空へひらりと舞い上がりますー
加賀@2-145:そんな感じで訓練してますね
千歳甲@2-160:「さすがに、瑞雲よりもずっと早いですね」 と、艦載機の機動を見ながら
加賀@2-145:「みんな優秀な子たちですから」
千歳甲@2-160:「へぇ、帰還率はどれくらいなんですか?」
加賀@2-145:「当然100%です ・・・・・・と言いたいけれど」
加賀@2-145:飛行甲板に戻れず側に着水する艦載機がそこにー
加賀@2-145:「こういうこともあります」 近づいて回収
加賀@2-145:「みんな大事な子たちです 還ってくる限り受け止めるのが私の役目」
千歳甲@2-160:「その気持ち、分かります。でも・・・戦闘中に、それは危ないんじゃないでしょうか?」
加賀@2-145:「この子たちがいないと私は戦えませんから」
千歳甲@2-160:「だからと言って足を止めていては発艦が滞りますし、敵に狙われて的になることもあるでしょうし」
加賀@2-145:「そうね 悩みどころです」
妙高@2-161:「そういうときは、直衛している我々が彼女たちを護るのです 昔も、今も 私たちは一人で戦っているわけではないですからね」
加賀@2-145:「妙高・・・・見ていたの?」
妙高@2-161:「すみません 航空機の音がしましたので つい」
千歳甲@2-160:「妙高さん、いらしたのですね」
妙高@2-161:「お二人ともあまり思いつめすぎませんように 今は言葉がかわせる仲間がいるのですから」
千歳甲@2-160:「私達が護る・・・か。 そうですね、それも一つの手なのかも」
球磨@2-159:「空母たちにとって高い練度は生命線クマ… 及ばずながら球磨も手を貸すからわかってあげて欲しいクマ」
加賀@2-145:「ええ、そうね ・・・・みんなにも手伝ってもらおうかしら 」
千歳甲@2-160:「いざとなったら、私が加賀さんに代わってでも、艦載機の子達を拾い上げますから、あまり無茶はしないでくださいね?」
加賀@2-145:「私にとってこの子たちは自身と艦隊を護る生命線」
響@2-144:「イイハナシダナー」体育座りしてる
加賀@2-145:「どうか、よろしくお願いします」 (頭を下げる
千歳甲@2-160:「そんな、加賀さんに頭を下げていただかなくても・・・」
加賀@2-145:「あなたも手伝ってくれるのでしょう?」 (響の肩をガシッ
妙高@2-161:本来、トンボ釣りは随伴駆逐艦の仕事であるな(ぁ
加賀@2-145:「この前(ギンバイのとき)のお菓子の分は働いてもらいますから」 (ずるずるずるずる
球磨@2-159:どなどなどーなー
響@2-144:「・・・そうだね。いざとなったらみんなの盾くらいにはなるさ」パンパンとお尻を払って立ち上がる
響@2-144:加賀さんに運ばれる図が定着しつつあるw
妙高@2-161:はっはっはw
加賀@2-145:「よろしく頼むわね」
球磨@2-159:「ふっふっふ~ 問題ないクマ」
妙高@2-161:「ふふ、勿論です」
千歳甲@2-160:「さて、私も一緒に頑張ろう、っと」
響@2-144:「そろそろもどってもいいかな?」
千歳甲@2-160:「後でウォッカを一瓶あげるから、加賀さんの機嫌のために、今日一日はそのままでいてね」
響@2-144:「ハラショー、仕方ないね」
提督@2-55:では千歳はEXP10 加賀は千歳に対して感情値+1獲得してください。
加賀@2-145:私から千歳さんへ「信頼」で+1します
提督@2-55:おーけーデース。

提督@2-55:では、補給とか補給とか発見ありますか?
妙高@2-161:うーん・・・
千歳甲@2-160:私は無い
球磨@2-159:ないねー
提督@2-55:千歳さんは今行動力5でしたっけ。
妙高@2-161:回復系を待つか 食べておくか ふむ
響@2-144:大丈夫です
千歳甲@2-160:です>行動力5 補給するなら最後の補給フェイズで良い
                            補給するなら最後の補給フェイズで良い―――決戦フェイズ前に補給フェイズを用意すると
                                 こういう事になるんですね、提督反省しました(ニコッ
加賀@2-145:私もないわ
妙高@2-161:まぁまだ二回ある 待機
提督@2-55:では補給、発見無しでいいですね。
加賀@2-145:ええ、構いません

メインシナリオ1編集

強襲!重巡リ級! 編集

提督@2-55:じゃ、次シーン移る前にメインシナリオ入ります。
提督@2-55:ウーウーウーと警報が血塗れのきゅんきゅん砦中に鳴り響きます。
千歳甲@2-160:「また、散発的な襲撃でしょうか?」
球磨@2-159:「敵襲クマ?」
提督@2-55:「あーあー最強蓮華戦隊、至急提督室まで来たれ、以上」砦内に備え付けられたスピーカーからかったるい声で呼ばれます
加賀@2-145:「急ぎましょう」 提督室へと移動します
妙高@2-161:「では急いで向かいましょうか」
響@2-144:「しかし提督もよく恥ずかしげもなくあの艦隊名言えるね」移動しながら
千歳甲@2-160:「ようやく砦の錆を落とす以外の仕事がもらえるのかしら」
球磨@2-159:「滾るくまぁ!」
提督@2-55:では例によって重苦しい音が鳴る扉を開提督室に入りますと、いつも通り提督がいます。
加賀@2-145:「提督、この警報は?」
提督@2-55:「おーよく来たな」開いた本を下にしながら向き直ります
提督@2-55:「あーちょいと事情が変わってな、今から出撃して貰うことになったんだ悪いな」
妙高@2-161おふぅ
                                      おふぅ―――妙高の行動力は『2』振り直しが絶望的に加えて
                                        アクシテンドも発生すると・・・
提督@2-55:「まー今まで通りなら精々軽巡クラスだろうから、何とかなるだろう」
球磨@2-159:「球磨は全力を尽くすだけクマ」
妙高@2-161:「あまりコンディションは良くありませんが・・・全力を尽くします」   しまった偵察機預け忘れてるよ
加賀@2-145:「任せてください 直ちに出撃準備を」
千歳甲@2-160:「千歳は自分に出来ることをするわ」
響@2-144:「もちろん加賀さんが号令してくれるんだよね?」にやにや
加賀@2-145:「恥ずかしがっている場合ではありません」
加賀@2-145:「『最強蓮華戦隊』5名 出撃です!」
千歳甲@2-160:「はい! 抜錨します!」
響@2-144:「Ураааааааа!」
球磨@2-159:「球磨、出撃するクマー!」

提督@2-55:さて提督に指定された海域に向かいますと・・・そこには。
妙高@2-161:なんかミドルでリ級とか見えるな・・・
提督@2-55:重巡リ級*1 駆逐イ級*4がいたようです。
加賀@2-145:なるほど リ級ですか
球磨@2-159:ふむ
提督@2-55:「あーあー最強蓮華戦隊そろそろ戦闘海域ついたか、どうぞー」
加賀@2-145:「提督、通信状況良好です どうぞ」
提督@2-55:「そうか、軽巡,駆逐,程度適当にあしらっといてな」
妙高@2-161:重巡がいるという現実
響@2-144:いい加減にも程があるw
球磨@2-159:た、たまたまだよ…
加賀@2-145:「──前方に重巡を確認 交戦に入ります」
提督@2-55:「・・・・・・は?重巡だと?ちょっと待てそれはほんとか」今までの飄々とした感じではなく真面目に
加賀@2-145:「戦場で冗談を言うと思って?」
提督@2-55:「・・・そうだな・・・度々すまんが、作戦変更だ。その艦隊から何でも良いから『最低1隻だけ残して』おいてくれ、追ってこっちの艦隊を向かわせる」そういい通信が切れます
提督@2-55:任務 『敵艦1隻だけ残して交戦を終了する』 クリア時には全滅させるよりもちょっと良いことが
加賀@2-145:「1つ残す・・・?」
球磨@2-159:「深海棲艦の戦力を調査といったところクマ?」

提督@2-55:さて提督の真意は分かりませんが・・・プロットと行きましょう。
球磨@2-159:はーい
加賀@2-145:そうね、プロットの時間ね
提督@2-55:プロットの仕方はシークレットダイスを使用します。
提督@2-55:がやり方、大丈夫ですかね?
千歳甲@2-160:シークレットダイス
提督@2-55:大丈夫そうであればプロットお願いします。
球磨@2-159:シークレットダイス
妙高@2-161:シークレットダイス
加賀@2-145:シークレットダイス
響@2-144:シークレットダイス
提督@2-55:シークレットダイス
提督@2-55:では偵察ありますか。
提督@2-55:(震え声)
加賀@2-145:あるに決まってるでしょう!
提督@2-55:では、どうぞー。
加賀@2-145:私からいきますね
千歳甲@2-160:はい
加賀@2-145:艦上攻撃機で偵察します 「索敵」から目標5 偵察7
球磨@2-159:どぞー
加賀@2-145:偵察目標は重巡リ級で
加賀@2-145:2d6>=5 偵察 「哨戒機発艦 お願いね」
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

提督@2-55:対空なんてあるわけないじゃないですか!重巡リ級は3です。
加賀@2-145:もう偵察ないので他の人どうぞー
千歳甲@2-160:妙高さんの偵察機もってませんでしたっけ
球磨@2-159:ぽい
妙高@2-161:積み替え忘れてた系(震え声
千歳甲@2-160:では続いて私、目標はイ級1
提督@2-55:どうぞー。
千歳甲@2-160:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

加賀@2-145:この戦闘が終わったら預かりますよーw
提督@2-55:イ級の超対空・・・!なんてのはありませんイ級1は5です
妙高@2-161:残りに平常があったらな(震え声
妙高@2-161:まぁ決戦前にできるけどw
妙高@2-161:1隻残さなきゃいかんのよなぁ・・・・
提督@2-55:他に偵察あります?
加賀@2-145:今度こそ忘れないようにしないと・・・
球磨@2-159:一応いってみよー
妙高@2-161:まぁ索敵が○になるかもしれないし(震え声
球磨@2-159:偵察> 【偵察機】:《索敵》を《補給》で代用、目標値5+2 偵察9
球磨@2-159:2d6>=7 【偵察】判定
KanColle : (2D6>=7) → 8[4,4] → 8 → 成功

球磨@2-159:対象はイ2で
提督@2-55:イ級2は2ですね
妙高@2-161:ふーむ ばらけてるなぁ
球磨@2-159:ふむ
妙高@2-161:で、1隻は残さなきゃならんと・・・
提督@2-55:サイコロ裏で振ってるので、プロットは完全ランダムです。
妙高@2-161:怖いなぁw
妙高@2-161:アクシデントが怖いのでうちは偵察飛ばしません
提督@2-55:妙高さんはどうします?行動力2なので6出るとあれですが・・・。
提督@2-55:了解。
提督@2-55:ではこちらの重巡リ級の偵察。
提督@2-55:本来ならノータイムで加賀さんに飛ばしますが・・・響に偵察飛ばしましょう。
妙高@2-161:やらしいことをなさる・・・
提督@2-55:初心者卓ですから経験させなきゃっ
妙高@2-161:NPCは自動成功だしこっちには対空も超対空もない 通すしかないね
提督@2-55:超対空か響さんは対空ありますか?
提督@2-55:ふむ、では響さんは提督に個人チャットで航行順序教えてください。やり方は名前→にある鍵マークから提督を選択→送信でできます。
響@2-144:無い・・・のかな?
加賀@2-145:加賀は初期装備に艦戦ないんですよね
妙高@2-161:どっちにしろ偵察9落とすのはなぁ
妙高@2-161:52型がないと;
加賀@2-145:そうねー
提督@2-55:了解。
提督@2-55:では、響さん以外は再プロットどうぞ。提督側は再プロットなしです。
                                      響さん以外は再プロットどうぞ―――響の航行順序は『4』
                                           どうやら個人チャットはログに残らない模様
妙高@2-161:では偵察で場所がばれた子以外、再プロットだね
千歳甲@2-160:シークレットダイス
妙高@2-161:シークレットダイス
球磨@2-159:このままで
加賀@2-145:シークレットダイス
加賀@2-145:変えてこっちにしよう

提督@2-55:ではプロット公開お願いします。
加賀@2-145:入力完了です
千歳甲@2-160:はーい
響@2-144:はーい
千歳甲@2-160:アラーム使わないのかな
提督@2-55:アラームとは・・・?
千歳甲@2-160:[アラーム発生:提督@2-55]:./sound/alarm.mp3:3秒後
千歳甲@2-160:こういうの
提督@2-55:ほー
提督@2-55:じゃあ使ってみましょうアラーム鳴ったら公開で。
千歳甲@2-160:これでタイミングを合わせて一斉にプロット公開したりする
加賀@2-145:了解さー
妙高@2-161:そもそも音切ってる提督であった(小声
提督@2-55:これ見学にも飛ぶのかな・・・まあいいか。
球磨@2-159:あはは(ぎくっ
提督@2-55:[アラーム発生:(全員)]:./sound/alarm.mp3:3秒後
千歳甲@2-160:s1d6 航行序列2
KanColle : (1D6) → 5

響@2-144:s1d6 航行順序4
KanColle : (1D6) → 1

球磨@2-159:s2d6 航行序列「5」
KanColle : (2D6) → 10[5,5] → 10

妙高@2-161:s1d6 航行序列3 まぁリ級をおさえないといけないでしょう
KanColle : (1D6) → 1

加賀@2-145:s1d6 [プロット航行序列6]
KanColle : (1D6) → 1

提督@2-55:s1d6 重巡リ級[3] 駆逐イ級1[5] 駆逐イ級2[2] 駆逐イ級3[3] 駆逐イ級4[1]
KanColle : (1D6) → 1

球磨@2-159:いい感じだくま

6 5 4 3 2 1 0
駆逐イ級駆逐イ級3
重巡リ級
駆逐イ級2駆逐イ級4
加賀球磨妙高千歳甲
6 5 4 3 2 1 0

提督@2-55:ではプロット終了したところで一旦終わりましょう。
加賀@2-145:はい
妙高@2-161:はーい
提督@2-55:再開は20時~ですが、集まり次第で20時前でも再開ということで。
響@2-144:了解です
千歳甲@2-160:了解です
球磨@2-159:おk

航空戦編集

艦載機発艦開始編集

提督@2-55:戻ってきて色々準備終わってれば、点呼反応どうぞ。
提督@2-55:点呼開始!
妙高@2-161:準備完了!(1/5)
球磨@2-159:準備完了!(2/5)
響@2-144:準備完了!(3/5)
加賀@2-145:準備完了!(4/5)
千歳甲@2-160:準備完了!(5/5)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:では、航空戦から開始です。
加賀@2-145:航行序列6 加賀いきます!
加賀@2-145:まずは艦上爆撃機
加賀@2-145:1d6 「第一次攻撃隊。発艦してください。」
KanColle : (1D6) → 5

妙高@2-161:ド命中である
提督@2-55:イ級1にhit
球磨@2-159:nice!
加賀@2-145:航空攻撃2
千歳甲@2-160:固有固有
加賀@2-145:2d6 「ここは譲れません」
KanColle : (2D6) → 9[4,5] → 9

加賀@2-145:ごめん、それを忘れていた
提督@2-55:追加1dどうぞ。
妙高@2-161:温情である
加賀@2-145:加賀の固有アビリティ【鎧袖一触】発動です
加賀@2-145:はい ありがとうございます
加賀@2-145:1d6 「鎧袖一触です」
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55:合計11ダメですね。
加賀@2-145:はい
提督@2-55:イ級1の装甲4 損傷2で中破
球磨@2-159:中破か
加賀@2-145:沈めるにはあと5点 大破ならあと1点かしら
提督@2-55:ダイス神を信じると5点ぐらいでるでしょう。
妙高@2-161:球磨の火力が2だからなぁ
妙高@2-161:一点押してもいいかもしれんが、別になくてもいけるかもしれないとも言える
球磨@2-159:まあいいでしょう、球磨に任せるクマー
加賀@2-145:はい それでは艦攻いきます
妙高@2-161:球磨も声援はあるしな
加賀@2-145:1d6 「第二次攻撃隊発艦です」
KanColle : (1D6) → 6

妙高@2-161:まぁ、そうなるな
加賀@2-145:いませんね残念
提督@2-55:ちゃぽんとハズレ。
球磨@2-159:うん
加賀@2-145:「攻撃隊が戻り次第、次の攻撃に移ります 妖精さん急いで」
提督@2-55:他に航空攻撃する方は。
千歳甲@2-160:では続いて私ですね。まずは航空管制から
提督@2-55:どうぞー。
妙高@2-161:先生
妙高@2-161:航空管制は後出しできる
球磨@2-159:そそ
千歳甲@2-160:まぁ、ファンブルフル可能性もあるし、後だししますか
千歳甲@2-160:では目標決定
千歳甲@2-160:1d6
KanColle : (1D6) → 3

提督@2-55:対象はどちらに。
千歳甲@2-160:リ級の装甲を抜くのは厳しいですね。
妙高@2-161:だのぅ(装甲記憶してる人
千歳甲@2-160:イ級を狙います
千歳甲@2-160:2d6
KanColle : (2D6) → 6[3,3] → 6

提督@2-55:装甲4 小破
千歳甲@2-160:ションボリ
球磨@2-159:まあまあ
妙高@2-161:十分だ
妙高@2-161:これで1ラウンド目はイ級の処理に専念できる
提督@2-55:ではこちらの航空戦は…当然ありません。
妙高@2-161:1ラウンド目じゃ潰せないからな・・・加賀さんに任せて二回目で沈めてもらうのが安全だろう・・・一発は耐える(震え声

砲撃戦1ラウンド目編集

走る出目と腐る出目編集

提督@2-55:砲撃戦1ラウンド目 超長、長を飛ばして中距離フェイズからです。
提督@2-55:球磨>妙高=リ級の順番です。
球磨@2-159:イ級1番を攻撃
球磨@2-159:砲撃>【中口径主砲】《口ぐせ》を同個性で判定、目標値5
球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 6[3,3]+2 → 8 → 成功

球磨@2-159:成功ですかな
球磨@2-159:火力は2d
提督@2-55:妨害はありませんダメージどうぞ。
球磨@2-159:2d6 ダメージ 「なめるなクマー!」
KanColle : (2D6) → 6[3,3] → 6

球磨@2-159:足りない!
提督@2-55:損傷1
提督@2-55:で大破になります。
球磨@2-159:2R目にまわすか

提督@2-55:声援なければ妙高さんの手番
妙高@2-161:ふむ
妙高@2-161:イ級を倒してしまってもいいのだが
妙高@2-161:よく考えたら装甲9ならそこそこ弾く リ級を殴ろう
妙高@2-161:中口径主砲 丁寧 目標値5 修正なし
妙高@2-161:2d6>=5 「第一、第二主砲、斉射、始めます!」
KanColle : (2D6>=5) → 5[2,3] → 5 → 成功

妙高@2-161:あぶないが・・・リ級なら当たるな
提督@2-55:命中妨害——は当然なくダメージどうぞ
妙高@2-161:火力2 装備火力2 4d6です
妙高@2-161:4d6 「もう降参して下さい!」
KanColle : (4D6) → 18[3,3,6,6] → 18

球磨@2-159:なかなか
提督@2-55:ひえっ
加賀@2-145:おおー
妙高@2-161:走ったな(真顔
提督@2-55装甲8だし小破程度って慢心してたのに…損傷2点です。
                                      装甲8だし小破程度って慢心してたのに―――4d6の期待値は14
                                        損傷2点与えるにはあと2必要だったはずなのに・・・。
千歳甲@2-160:いいですね
妙高@2-161:小破入れば期待値で加賀さんが潰せると思ってたが これで楽になったな
妙高@2-161:さて、反撃が来るか
提督@2-55:むうむう、ではでは重巡リ級、妙高に対して『8inch三連装砲』撃ちます。
提督@2-55:指定個性は…(コロコロ
                                      コロコロ―――リアルサイコロで指定個性を決めている所
提督@2-55:《航空打撃戦》で避けてください。
加賀@2-145:すごいところをw
妙高@2-161:うむ それはアクシデントだな(真顔
球磨@2-159:ううむ
妙高@2-161:索敵からギャップはさんで3 目標値8
妙高@2-161:まずアクシデント表から
妙高@2-161:act
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

提督@2-55:おや…。
妙高@2-161:あっはい
千歳甲@2-160:ぎゃあ
球磨@2-159:アカン
響@2-144:これは・・・
妙高@2-161:どっちにしろ避けれる気がしない
提督@2-55:では判定に-1ですね。
加賀@2-145:ここでねこ入るかー
妙高@2-161:目標値8 回避+1 猫-1
妙高@2-161:2d6>=8 「まだ、引けませんから・・・っ」
KanColle : (2D6>=8) → 4[2,2] → 4 → 失敗

妙高@2-161:どうしようもない出目である
妙高@2-161:ダメージ下さい
提督@2-55:では火力3点装備2点で合計5点です。
球磨@2-159:うわー
妙高@2-161:さて・・・期待値なら小破で耐えるんだが・・・
提督@2-55:5d6 妙高に向けてリ級の砲撃が向う!
KanColle : (5D6) → 13[1,1,3,4,4] → 13

妙高@2-161:うむ 腐ってるな
球磨@2-159:ふう
提督@2-55:はしらなーい
妙高@2-161:装甲9 損傷1点 小破!
妙高@2-161:「く・・・・ですがまだ傷は浅いです この程度では引けません!」
提督@2-55(あれ…やっぱり軽巡出した方がよかったんじゃあ…)
                                      (あれ…やっぱり軽巡出した方がよかったんじゃあ…)―――時すでにお寿司、後は駆逐イ級しか連れて来てないのだ・・・しかしメインは別な所にある為致し方がない。

一航戦の誇り・・・思い知らされる 編集

提督@2-55:中距離フェイズ終わりで短距離フェイズ!
加賀@2-145:(はははw
提督@2-55:加賀>駆逐1>響>駆逐3>千歳=駆逐2>駆逐4
妙高@2-161:(逆に軽巡だと有情になるからホ級とかじゃないと当たらない系になるんだよな
提督@2-55:ではどうぞー。
加賀@2-145:「よくも仲間を・・・ここで仕留めます」
加賀@2-145:重巡リ級を攻撃します
加賀@2-145:艦上爆撃機 「航空打撃戦」から目標5 命中補正+1
加賀@2-145:2D6+1>=5 艦上爆撃機 「艦爆隊発艦します」
KanColle : (2D6+1>=5) → 11[5,6]+1 → 12 → 成功

妙高@2-161:これはひどい
球磨@2-159:たっかーい
提督@2-55:もちろん通ります連撃はどうしますか。
加賀@2-145:連撃しますよー
加賀@2-145:艦上攻撃機で連撃です 「クール」から目標5 命中補正+1 連撃修正-2
提督@2-55:dsyn-
妙高@2-161:まぁ4dで16点はやや厳しいからねぇ
加賀@2-145:2D6+1-2>=5 艦上攻撃機 「艦攻隊発艦します 続いて」
KanColle : (2D6+1-2>=5) → 8[4,4]+1-2 → 7 → 成功

提督@2-55:むうむう、ダメージどうぞ。
妙高@2-161:安定の一航戦
千歳甲@2-160:「流石の錬度ですね」
加賀@2-145:艦爆4、艦攻3で7点ね
妙高@2-161:(期待値24.5である 
加賀@2-145:7d6 「鎧袖一触よ 仕留めます」
KanColle : (7D6) → 35[2,4,5,6,6,6,6] → 35

妙高@2-161:なにそれこわい
提督@2-55:損傷4点で耐えきれるか!
妙高@2-161:妙高さんが殴るまでもなかったじゃないかw
千歳甲@2-160:無傷でも一撃ですわ
響@2-144:www
球磨@2-159:やばいw
妙高@2-161:10dの期待値だぞそれw
千歳甲@2-160:平均ダイス目が5w
提督@2-55:重巡リ級—轟沈!
球磨@2-159:「球磨の口が塞がらないクマァ…」
妙高@2-161:「航空攻撃の凄まじさは・・・知っていますが ははは」
響@2-144:「これもう加賀さんだけでいいんじゃないかな」

妙高@2-161:さて 次は球磨の前のだな
提督@2-55:くっ…その開いた球磨の口にイ級1が5inch単装砲・・指定個性は…(コロコロ
球磨@2-159:でーす
提督@2-55:《元気》で避けてください
球磨@2-159:よし固有だ
球磨@2-159:固有>【なめるなクマー!】:艦隊戦中に発見!
妙高@2-161:まぁ、そうなるな 位置もいいし
提督@2-55:どうぞ。
球磨@2-159:《元気》を発見
球磨@2-159:1d6 行動値消費
KanColle : (1D6) → 6

球磨@2-159:ぐふ
妙高@2-161:おぅふ
提督@2-55:ふむ。
妙高@2-161:反転させればいい(無茶
加賀@2-145:今回発見が偶数ばかりですねー
加賀@2-145:みんな辛いです
球磨@2-159:元気で回避判定、目標値5
提督@2-55:提督の腐りやすい出目が卓に伝染し始めたか…!
球磨@2-159:弱点いきます
提督@2-55:どうぞ。
球磨@2-159:act アクシデント表
KanColle : アクシデント表(1) → よかったぁ。何もなし。

球磨@2-159:ふう
加賀@2-145:やりました
提督@2-55:あーん。
球磨@2-159:2d6+1>=5 回避判定
KanColle : (2D6+1>=5) → 5[1,4]+1 → 6 → 成功

提督@2-55:命中妨害2なので回避成功です。
妙高@2-161:妨害ぬいたっぽいな 2じゃろ(ゲス顔
球磨@2-159:「クマに挑むとはいい度胸くま」
球磨@2-159:「だけどまだまだだクマ!」
加賀@2-145:「さすがです」

提督@2-55:響>駆逐3>千歳=駆逐2>駆逐4
提督@2-55:響の手番
響@2-144:はい
妙高@2-161:敵の手数を減らすなら・・・千歳の前を叩いて千歳の攻撃で2号を潰す・・・かなぁ
提督@2-55:目の前に敵がいないのでどれでも狙えますね。
響@2-144:フリーの敵放置でいいです?
球磨@2-159:倒しきれないかなぁ
妙高@2-161:4dで16点出さないと潰せないからなぁ
千歳甲@2-160:響は声援含めれば5dで、期待値で落とせる
妙高@2-161:声援積むかどうかだね
妙高@2-161:安全策か 狙いに行くか だのぅ
響@2-144:ん~じゃあここは手堅く2のイ級いきましょうか
提督@2-55:では命中判定どうぞ。
響@2-144:目標5ですよね?
提督@2-55:yes
千歳甲@2-160:そこに命中修正が加わります
提督@2-55:なので2d6+2>=5ですね。
響@2-144:2d6+2>5 危ない、補正忘れるとこでした
KanColle : (2D6+2>5) → 6[2,4]+2 → 8 → 成功

妙高@2-161:妨害あるだろうが・・・・当たってるな
提督@2-55:命中妨害で2を0に!意味なし!
提督@2-55:連撃しますか?
響@2-144:手堅く行ったほうがいいんですかね?
千歳甲@2-160:駆逐は命中が高いし行動力もあるので、基本的には連撃推奨です
球磨@2-159:そそ
球磨@2-159:命中+2もあれば十分
提督@2-55:響なら命中修正ありますし、コミコミで8割成功だったはずです。
妙高@2-161:それに2dだとイ級すら中破させられるか微妙っす
響@2-144:おkです。連撃します
提督@2-55:では連撃補正で命中判定-2されます。
妙高@2-161:目標値5 命中+2 連撃修正-2 ですな
響@2-144:2D6+1-2>=5
KanColle : (2D6+1-2>=5) → 7[3,4]+1-2 → 6 → 成功

提督@2-55:命中妨害もできないのでhit
響@2-144:よかった~
妙高@2-161:命中修正が何故か+1になってるけど命中してるね
球磨@2-159:いいぞぉ
提督@2-55:ダメージどうぞ。
響@2-144:おっと間違えました
加賀@2-145:ダメージです いけいけですよー
響@2-144:4つ振っていいってことですかね?
千歳甲@2-160:ですね
提督@2-55:主砲2+魚雷2+本人0なので合計4d6ですね
響@2-144:4d6 いけー
KanColle : (4D6) → 9[2,2,2,3] → 9

響@2-144:おうふ
球磨@2-159:ま、まあ
提督@2-55:むう期待値以下だけど中破

提督@2-55:うーむ、駆逐3妙高に攻撃…個性は…(コロコロ
提督@2-55:《幸運》で避けてください。
妙高@2-161:古風から2 目標値6 回避+1 猫-1
妙高@2-161:じゃない
妙高@2-161:目標値は7
妙高@2-161:2d6>=7 ぐぬぬ 猫がなければ・・・
KanColle : (2D6>=7) → 5[2,3] → 5 → 失敗

妙高@2-161:妨害あるから達成値3か
提督@2-55:猫っても失敗っぽい、命中妨害で2を0に。
妙高@2-161:出目が腐ってるなぁ ダメージ下さい
加賀@2-145:うーん、低い目出てー
提督@2-55:2d6 まあ装甲9ですし出目もそこまでは…。
KanColle : (2D6) → 2[1,1] → 2

妙高@2-161:ピンゾロである
千歳甲@2-160:わーお
響@2-144:おおお
妙高@2-161:かーん
提督@2-55経験点50点もらわなきゃ…!
                             経験点50点もらわなきゃ…!―――某有名TRPGから、なお戦闘ダメージでは貰えない模様。
球磨@2-159:あわわわ
加賀@2-145:セフセフー
提督@2-55:千歳=駆逐2>駆逐4
提督@2-55:千歳さん手番です。
千歳甲@2-160:はーい
千歳甲@2-160:対潜戦闘主砲で攻撃
千歳甲@2-160:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 9[3,6] → 9 → 成功

千歳甲@2-160:連撃できないので、ダメージ行きます
千歳甲@2-160:2d6
KanColle : (2D6) → 9[3,6] → 9

千歳甲@2-160:よし
提督@2-55:ぶっ
妙高@2-161:あべし
球磨@2-159:あったー
千歳甲@2-160:「戦闘力が低いと、侮られては困りますね!」
提督@2-55:イ級2轟沈
妙高@2-161:さて・・・・問題はこいつだ フリーは怖い
加賀@2-145:「日々の鍛錬の賜物ね」

提督@2-55ぐぬぬ…だがフリーが残っている!
                            ぐぬぬ…だがフリーが残っている!―――俺の名はフリー駆逐イ級4・・・フフッ怖いか・・・
加賀@2-145:フリーは怖い・・・
球磨@2-159:こわいこわい
妙高@2-161:まんじゅうこわいみたいなノリになってないか(ぇ
提督@2-55:あれランダムで選択するショートカットってなんでしたっけ。
加賀@2-145:誰が狙われますか そこね
妙高@2-161:っmht
提督@2-55:どもどもです。
提督@2-55:mht 駆逐4対象
KanColle : 目標表(4) → 敵艦の中で、もっとも【回避力】の低いPC

妙高@2-161:加賀か千歳だなぁ
千歳甲@2-160:私or加賀さん
加賀@2-145:私0です
提督@2-55:じゃあ
提督@2-55:choice[加賀,千歳]
KanColle : (CHOICE[加賀,千歳]) → 加賀

提督@2-55:では個性は…
提督@2-55:《待機7/航海》で判定お願いします
加賀@2-145:いいでしょう 一航戦の回避を見せます
千歳甲@2-160:そういえば、個性決定の方はショートカット使わないんですね?
提督@2-55:btかな
妙高@2-161:あれ使うとログが無駄に長くなるからなぁ
提督@2-55:ほう
加賀@2-145:索敵から回避判定 3離れて目標8ね
妙高@2-161:リアルダイス振った方が綺麗になるのでそっち派である
提督@2-55:どうぞー。
加賀@2-145:2d6>=8 「回避します」
KanColle : (2D6>=8) → 4[1,3] → 4 → 失敗

提督@2-55:妨害できませんが失敗です。
妙高@2-161:(おしゃべりの方が近かったんじゃないか(今更
加賀@2-145:(見落としてた)
提督@2-55:変更してもいいですよ。
加賀@2-145:しかしおしゃべりはアクシデントを振ることになりますから
妙高@2-161:まぁもう振ってしまったものだしそれで通すのがスジですかねぇ
加賀@2-145:です ここは気合で避けましょう
加賀@2-145:次から気をつけますね
提督@2-55:ふむ、では振り直しかダメージかっ。
加賀@2-145:振り直しを
加賀@2-145:1d6 「行動力消費」
KanColle : (1D6) → 3

加賀@2-145:8に減りました では再挑戦
加賀@2-145:2d6>=8 「回避します」
KanColle : (2D6>=8) → 9[4,5] → 9 → 成功

妙高@2-161:おほほw
千歳甲@2-160:避けた
提督@2-55:妨害できませんね。
球磨@2-159:根性!
響@2-144:加賀さん強いw
提督@2-55:イ級4の攻撃は脇に逸れていきました…。
加賀@2-145:「やりました ・・・なにか忘れてたような気がするけれど」

砲撃戦2ラウンド目編集

駆逐イ級3最後のチャンス編集

6 5 4 3 2 1 0
駆逐イ級(大破)駆逐イ級3(小破)駆逐イ級4
加賀球磨妙高(小破)千歳甲
6 5 4 3 2 1 0

提督@2-55:では2ラウンド目、いい忘れてましたが同航戦なので次は航行順序順です。
加賀@2-145:序列6にいる私からです
提督@2-55:どうぞ。
加賀@2-145:攻撃目標は序列1の駆逐イ級4です ・・・・・お返しよ
加賀@2-145:艦上爆撃機 「航空打撃戦」から目標5 命中補正+1
加賀@2-145:2D6+1>=5 艦上爆撃機 「艦爆隊発艦します」
KanColle : (2D6+1>=5) → 8[3,5]+1 → 9 → 成功

提督@2-55:妨害できないのでhit
加賀@2-145:艦上攻撃機で連撃です 「クール」から目標5 命中補正+1 連撃修正-2
加賀@2-145:2D6+1-2>=5 艦上攻撃機 「艦攻隊発艦します」
KanColle : (2D6+1-2>=5) → 11[5,6]+1-2 → 10 → 成功

提督@2-55あーん加賀さんがMVPかっさらっていくー。
                            あーん加賀さんがMVPかっさらっていくー。―――原作ネタ
                                 駆逐艦をオーバーキルしてMVPをかっさらっていく頭脳派
提督@2-55:ダメージどうぞ。
加賀@2-145:艦爆4 + 艦攻3 7点 いきます
加賀@2-145:7d6 「鎧袖一触 倍返しよ」
KanColle : (7D6) → 18[1,1,2,2,3,4,5] → 18

提督@2-55:イ級4損傷4点一発轟沈です。
加賀@2-145:「やりました」
球磨@2-159:この余裕よ

提督@2-55:よろし球磨さん手番。
球磨@2-159:イ級1を攻撃します
球磨@2-159:「ここで息の根を止めるクマ!」
球磨@2-159:砲撃>【中口径主砲】《口ぐせ》を同個性で判定、目標値5
球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 8[3,5]+2 → 10 → 成功

球磨@2-159:火力計算に
妙高@2-161:(裏でどっちを残すのがダメージが少ないか計算していた模様(ぁ
提督@2-55:命中です。
球磨@2-159:2d6 ダメージ 「終わりだクマー!」
KanColle : (2D6) → 7[1,6] → 7

妙高@2-161:きっちりである
提督@2-55:うーん損傷1で轟沈します
球磨@2-159:ふー

妙高@2-161:「ご苦労様です 撃ち方やめ、撃ち方やめ! この敵艦は見逃して動向を探りましょう」
提督@2-55:響さんの手番ですが、どうしますか。
響@2-144:イ級どれくらいまで耐えれるんですかね?
響@2-144:ちょっかい出してもいいのかしら?
妙高@2-161:んー 損傷修正が敵艦にはないからやっても意味はないのよね
球磨@2-159:やめたほうがいい(こんなときに12とか出るし
加賀@2-145:「本当は今すぐに殲滅したいところだけど・・・提督から指示が出ているわ」
響@2-144:損傷補正無いならやめときます~
球磨@2-159:だね
響@2-144:「退屈な戦いだったけどこんなものかな」
妙高@2-161:私も待機して回避に備えます(特に意味はない

提督@2-55:ですよね。、ではこれ以降のPCの手番は飛ばさせてもらいますが、困る方はいらっしゃいますか。
妙高@2-161:イ級は魚雷ももってないし、あらぶってもうちが中破するだけだから問題ないんじゃないかな
加賀@2-145:「そうね アレを鹵獲しましょう」
千歳甲@2-160:NO
妙高@2-161:おう
妙高@2-161:千歳パワーで修理か
提督@2-55:ではイ級3の手番
提督@2-55:妙高に対して砲撃、《幸運》で判定を。
妙高@2-161:了解 古風で回避 目標値7 回避+1 猫-1
妙高@2-161:2d6>=7 「そう何度も当たるわけにも・・・」
KanColle : (2D6>=7) → 4[1,3] → 4 → 失敗

妙高@2-161:うん 出目腐りっぱなし
妙高@2-161:ダメージ下さい
提督@2-55:2d6 せめてもう一太刀 火力2点
KanColle : (2D6) → 8[2,6] → 8

妙高@2-161:うむ 妖怪である 装甲9で弾き返す
                                      妖怪である―――妖怪「1足りない」、妖怪「ロック外し」
                                          妖怪「猫吊るし」、妖怪「ダメコン忘れ」など
千歳甲@2-160:カーン
提督@2-55:あーん1足りない。
加賀@2-145:さすが妙高型ね!
球磨@2-159:さすが!
妙高@2-161:「その程度の火力では、妙高型の装甲は抜けませんよ」
響@2-144:さすが重巡

千歳甲@2-160:さて、ここで直すか、鎮守府で入渠するか
妙高@2-161:出目3以下なら給油有利 出目4なら同じ 出目5以上だとかえって損だの
提督@2-55:轟沈4なので合計戦果7です。
千歳甲@2-160:あとはシーン効果を受けられない。というデメリットをどう取るか、ですね
妙高@2-161:出目6だと損傷回復しないまであるから微妙ではある
提督@2-55:おっと千歳の手番で損傷回復するかどうかと。
妙高@2-161:Q:千歳甲の【給油艦】で1D6で指定された数より鎮守府の燃料が少なかった場合、損傷は回復できないのでしょうか? また、回復できなかった場合、燃料は消費されるのでしょうか?
A:1D6で指定された数より鎮守府の燃料が少なかった場合、損傷は回復できません。また、燃料も消費されます(ご質問のシチュエーションの場合、燃料は0になります)。

提督@2-55:ですねぇ。
球磨@2-159:うーむ
妙高@2-161:出目6が出てしまうと損傷回復しない上に燃料だけ消える ということになるからねぇ 
妙高@2-161:やめておいたほうがいいとは思う 
千歳甲@2-160:ではやめておきましょう
加賀@2-145:そうしましょっか
妙高@2-161:下手すると燃料が戦果で出なくて直せない まであるから(声震え

メインシナリオ2編集

勝利!・・・そして戦果は波乱の結末 編集

提督@2-55:では艦隊戦終了です、任務「敵艦1隻残して交戦終了」達成、戦果+3
提督@2-55:先に戦果振ってもらいましょう。7あるので一先ず全員1回ずつかな。
球磨@2-159:はーい
妙高@2-161:わーい
千歳甲@2-160:snt
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

妙高@2-161:snt
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

加賀@2-145:snt
KanColle : 戦果表(4) → ボーキサイト/1D6+[敵艦隊の人数]個

球磨@2-159:snt 戦果表
KanColle : 戦果表(4) → ボーキサイト/1D6+[敵艦隊の人数]個

響@2-144:snt
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

提督@2-55:おや偏りが
妙高@2-161:燃2・ボ2・任意1 ふむ
球磨@2-159:ふむ
妙高@2-161:あと二つ どうします
提督@2-55:では燃ボの判定を先に。
妙高@2-161:そっちを先に振りましょう
妙高@2-161:まぁどっちでもいいか
千歳甲@2-160:1d6+5 燃料
KanColle : (1D6+5) → 2[2]+5 → 7

響@2-144:1d6+5 燃料
KanColle : (1D6+5) → 6[6]+5 → 11

加賀@2-145:1d6+5 ボーキサイト
KanColle : (1D6+5) → 1[1]+5 → 6

球磨@2-159:1d6+5 ボーキ 獲得
KanColle : (1D6+5) → 1[1]+5 → 6

球磨@2-159:なぜ1…
加賀@2-145:同じくw
提督@2-55:まれによくある。
提督@2-55:では妙高さん任意1 あとは戦果2余ってるので加賀さん戦果2を割り振ってください。
妙高@2-161:戦果2を見てからだなぁ
加賀@2-145:では響さんと球磨さんにそれぞれ戦果を振ってもらいましょう
球磨@2-159:それではありがたく
加賀@2-145:ええ、お願いします
球磨@2-159:snt 戦果表
KanColle : 戦果表(4) → ボーキサイト/1D6+[敵艦隊の人数]個

球磨@2-159:w
妙高@2-161:積みあがるボーキ
響@2-144:snt
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

加賀@2-145:ボーキサイトです さすがに気分が高揚します
提督@2-55:せめて弾薬か鋼材を…
千歳甲@2-160:つみあがる燃料
妙高@2-161:あっはっはw
提督@2-55:お、おう
響@2-144:www
加賀@2-145:燃料とボーキしかないぞwww
妙高@2-161:よし 任意は入渠あるし鋼材だな うん
球磨@2-159:バカなぁw
球磨@2-159:1d6+5 ボーキ 獲得
KanColle : (1D6+5) → 2[2]+5 → 7

千歳甲@2-160:ですね>鋼材
提督@2-55:では数値決定してください。
妙高@2-161:1d6+5 鋼材
KanColle : (1D6+5) → 2[2]+5 → 7

響@2-144:1d6+5 燃料
KanColle : (1D6+5) → 2[2]+5 → 7

提督@2-55:資源反映完了。
響@2-144:荒ぶる2

艦隊戦決する、しかし・・・? 編集

提督@2-55:残った駆逐艦ですが反転して逃げました。
妙高@2-161:偵察機で行方を追尾しよう
提督@2-55:??「それはわたくしの役目ですわ」妙高の後ろから偵察機が飛び立ちます
妙高@2-161:熊野か・・・?(口調から
加賀@2-145:振り返るとそこには
提督@2-55:ル級が・・・
妙高@2-161:あ、どうもルイジアナさん(何
提督@2-55:ではなく、茶色の髪をした艦娘と水色の髪をした艦娘が偵察機を飛ばした所のようです。
球磨@2-159:おっ
球磨@2-159:「なんだか不思議な感覚がするクマ」 くまー
加賀@2-145:「あなた達は・・・」
提督@2-55:鈴谷「最強蓮華戦隊おっつかれー、やーるじゃーん後は鈴谷達にお任せー」
提督@2-55:熊野「あら鈴谷、わたくし一人で十分ですのに」
妙高@2-161:「提督からの増援ですね 最上型の鈴谷さんと熊野さんだわ」
千歳甲@2-160:「血塗れのきゅんきゅん砦所属の艦娘たちのようですね」
加賀@2-145:「そうでしたか 失礼を」
提督@2-55:そういいながらすずくまはイ級が逃げた方向へと向かいました。
球磨@2-159:「予測は当たったクマ?」
提督@2-55:では全員《索敵》判定で振ってください、振っても良いですしアクシテンドあるからと振らなくてもいいです。
加賀@2-145:とと、判定ですか
加賀@2-145:振りますよー
妙高@2-161:ここで沈む・・・・のは面白いがないだろw
千歳甲@2-160:はーい
千歳甲@2-160:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

加賀@2-145:2d6>=5 <索敵>で判定します
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

提督@2-55:コロコロ…
提督@2-55:うん、千歳も加賀も成功しました。
球磨@2-159:2d6>=7 【偵察】判定
KanColle : (2D6>=7) → 3[1,2] → 3 → 失敗

球磨@2-159:だめだったクマー
提督@2-55:ではすずくま達が向かった方と真逆に偵察機がいるのに気づきますが、すでに反転して戻っていった所のようです。
妙高@2-161:ふむ・・・・深海棲艦のソレではないのかな?
加賀@2-145:「あの偵察機は・・・・」 味方か深海棲艦のか判別できました?
提督@2-55:それで合ってます
加賀@2-145:敵のかー
妙高@2-161:敵の機動部隊がいるかもしれない か
妙高@2-161:水上機か艦上機かの区別はついたんだろうか
提督@2-55:「あー最強蓮華戦隊作戦は完了した帰投したまえ」と提督から通信が入ります
提督@2-55:艦上機ですね。
妙高@2-161:うわーい
妙高@2-161:報告しないとなそれ(白目
響@2-144:やな予感・・・
加賀@2-145:「・・・・追跡はあの2人に任せましょう 帰投します」
妙高@2-161:敵機動部隊至近にアリ である
球磨@2-159:暗雲が

血塗れのきゅんきゅん砦に暗雲が・・・ 編集

提督@2-55:では全艦帰投し提督室前に。
千歳甲@2-160:「まだまだ油断は出来ないようですね」
球磨@2-159:「そうみたいだクマ」
加賀@2-145:「提督、最強蓮華戦隊です 入ります」
提督@2-55:「おー開いてるぞ」中から声が
加賀@2-145:では中に入ってと
加賀@2-145:「報告します」
提督@2-55:立て付けの悪い扉がギシギシ言いながら開くと、提督と秘書艦の榛名がいます。
提督@2-55:「おつかれ、いやー悪かったな途中で作戦変えて」
加賀@2-145:「いえ、何か意図があっての判断かと」
響@2-144:「司令官、ちゃんと任務は果たしたわけだけどご褒美はないのかい?」
提督@2-55:「ああ、そうだ黙っていて悪かったが今アレージャン方面とマッドウェー方面で派手な海戦行われてるのは知ってるだろ」
球磨@2-159:「響はもう少し待つクマー」
響@2-144:「仕方ないね。大事な話みたいだし」
千歳甲@2-160:そのネズミーマウスみたいな変換は何w
提督@2-55:榛名「提督、アリューシャンとミッドウェーです」
響@2-144:ずぼらにも程があるw
提督@2-55:「おおそうだな、でだそのドンパチの裏で手薄になったこっち側を狙ってるっていう噂が入ったって訳だ、ひたすら調査に徹してたがあいつらもなかなか尻尾ださないからな」
千歳甲@2-160:「あら・・・休暇はお終いのようですね」
提督@2-55:「まーあいつらももう作戦が終わるから我慢できずに重巡クラスも出したって所だろうな、鈴谷と熊野達から通信が入ったからそっちを叩けば終いだ」
妙高@2-161:「元から半分それを見越していた・・・・というところなんじゃないでしょうか ふふ」
妙高@2-161:「・・・加賀さん、例の件、お伝えした方が良いかと・・・」
加賀@2-145:「そうね 提督、戦闘のあとで私と千歳が敵偵察機を確認しています」
提督@2-55:「偵察機?あいつらからは主力として重巡と軽巡elが居るとしか聞いてないぞ」
加賀@2-145:「熊野と鈴谷が追跡に向かったのとは逆の方角に撤退していきました」
妙高@2-161:「それも艦上機だったそうで・・・においませんか、提督」
提督@2-55:「ふん、二手に分かれてるって所か…どっちかは囮かもしれんがどっちも本命かもしれないな」
提督@2-55:「そうか分かった、後は俺の方で纏めるから最強蓮華戦隊はしばらく休んでてくれ」
加賀@2-145:「了解しました」
妙高@2-161:「ふふ、了解です しばらく、ですか また忙しくなりそうですね」
球磨@2-159:「英気を養うとするクマー」
提督@2-55:提督は話は以上だと言わんばかりに資料に目を通しはじめました。
妙高@2-161:昼行灯 本領発揮 かな
加賀@2-145:スイッチ入ったみたい
球磨@2-159:わくわく
加賀@2-145:榛名も仕事にかかってそうかな
提督@2-55:いえ。
提督@2-55:まだ取り掛かってはないですね。
加賀@2-145:何か聞くなら今か・・・
千歳甲@2-160:何か聞くことあるかな・・・
加賀@2-145:けど思いつけない、せっかくのチャンスなのにw
球磨@2-159:うーん
加賀@2-145:仕方ないですね 榛名に挨拶をして退室しましょう
響@2-144:「そういえば榛名さん、提督とはどんな関係なんだい」
提督@2-55:榛名「初期秘書艦ですけど…それがどうかしましたか?」
球磨@2-159:「ちゅ、躊躇という言葉を知らないクマ…」
千歳甲@2-160:「・・・初期秘書艦に戦艦を?」
響@2-144:「それだけかい?」
提督@2-55:榛名「あれ他の提督のところもそうなんじゃないんですか?」
千歳甲@2-160:「普通は駆逐艦が与えられるものだと思いますが・・・ここの提督、思いのほか人物なのでしょうか」
響@2-144:「珍しいよね。まぁただの秘書官ってだけなんだね(なるほど、提督はフリー、と)」
提督@2-55:榛名「さあ…?榛名はそこまで込み入ったことは分かりませんので何とも…」
加賀@2-145:「そう、ごめんなさいね 邪魔をしました」
加賀@2-145:そう榛名に告げて退室かな
提督@2-55:では、提督室からの去り際に・・・榛名「提督、資料の裏のこの漫画本はなんですか」提督「ああ!それはだな…大事な作戦の…やめろまだ読んでないんだ!」とか聞こえたとか何とか。
妙高@2-161:そんなこったろうとは思ったw
加賀@2-145:勝手は榛名が許しません!というやつかw
提督@2-55:という感じで再度シーンイベントに戻ります。

鎮守府フェイズ編集

シーン2編集

ボーキ!ボーキ!ボーキ!編集

提督@2-55:後は球磨,響ですがどうしますか。
球磨@2-159:私からいきましょう
響@2-144:どうぞー
提督@2-55:ではシーンプレイヤー球磨さんどうぞ。
妙高@2-161:うーん
妙高@2-161:一応一回は様子見しよう 
妙高@2-161:お昼寝とかあるしな!
球磨@2-159:了解

どどんとふ:球磨@2-159がカードを公開しました。「遠征:「大食艦」」

球磨@2-159:ふむ
提督@2-55:ほう。
響@2-144:あ・・・
妙高@2-161:うん 寝てればよかったな(ぁ
提督@2-55:内容どうぞ。

球磨@2-159:event 遠征
KanColle : 遠征イベント表(9) → ボーキサイト輸送任務:《補給/航海6》で判定。(着任p224)

妙高@2-161:もう要らんわw
提督@2-55:またボーキか!
球磨@2-159:大量w大量w
千歳甲@2-160:ボーキサイトかじりは任せろー ばりばり
提督@2-55:ボーキ、大食…MI…うっ頭が…
妙高@2-161:制空権取ってれば数百でおさまるから(小声
加賀@2-145:ボーキサイト 気分が高揚します(キラキラ
球磨@2-159:「艦載機のためとはいえ…こんなに要るくまぁ? くま”ー」
提督@2-55:敵に艦載機がいるからと対空重視に遠征変えたのでしょう。
加賀@2-145:「要ります」 (断言
千歳甲@2-160:「うーん、ダイハツがほしいわ・・・」
提督@2-55:そして開発で溢れ出る61cm三連装魚雷
球磨@2-159:「くま”ー(悲鳴)」
球磨@2-159:「こうなったらぱっぱと済ませるに限るクマ!」
球磨@2-159:ささっと判定だー
提督@2-55:これは特に変える必要なし補給でどうぞ。
妙高@2-161:「てきぱきと片付けてしまいましょう」             
球磨@2-159:同個性で判定、目標値5
球磨@2-159:2d6>=5 イベント判定
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

球磨@2-159:ふぐ
球磨@2-159:振りなおし
球磨@2-159:1d6 行動値消費
KanColle : (1D6) → 6

提督@2-55:どうぞどうぞ。
球磨@2-159:・・・
千歳甲@2-160:oh
球磨@2-159:2d6>=5 イベント判定
KanColle : (2D6>=5) → 6[2,4] → 6 → 成功

球磨@2-159:危ない・・・
提督@2-55:意外に優秀な球磨ちゃんは赤城給食をパパっと片せます。
                                      赤城給食―――公式漫画ネタ、ボーキサイト輸送任務・・・通称赤城給食
球磨@2-159:ボーキを1d6個獲得しましょう
球磨@2-159:1d6 ボーキ 獲得
KanColle : (1D6) → 4

球磨@2-159:「なんだか無駄に疲れた気がするくまァー」
千歳甲@2-160:「そんな日もありますよ」
加賀@2-145:「気分が高揚します」 (キラキラ
提督@2-55:つまみ食いしてるぞ!
加賀@2-145:「そんな赤城さんみたいなことしません」
球磨@2-159:「そのセリフもどうかと思うくま…」
提督@2-55:天の声に反論された…
提督@2-55:ってな感じですかね。
加賀@2-145:「ギンバイは駄目」

恋のライバル?編集

球磨@2-159:さあ次は響のターンだね
加賀@2-145:はい そんなところでしょう
加賀@2-145:ラストかー
響@2-144:はい

どどんとふ:響@2-144がカードを公開しました。「シーン:交流
キーワード:響」

響@2-144:おっとw
提督@2-55:ほほん。
加賀@2-145:妙高さん入渠は
千歳甲@2-160:妙高さんはここで入渠かな
妙高@2-161:はいるよー
提督@2-55:了解。
提督@2-55:では消費資源を宣言してください。
妙高@2-161:Lv1 修理係数1 燃料鋼材2ずつだね
球磨@2-159:ぽぽい
提督@2-55:意外と安い。
提督@2-55:ではイベントの決定です。交流なので EVKT ですね。

響@2-144:evkt
KanColle : 交流イベント表(4) → 恋は戦争:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《恋愛/趣味12》で判定。(着任p221)

千歳甲@2-160:さっきの会話的にピンポイントだね
提督@2-55:ふむ、どんな感じかなあ。
響@2-144:これ響がむしろ勝負挑む方なんじゃ・・・w
提督@2-55:それでもOKですな。
提督@2-55:ではなんか急に暇ができて榛名がフリーになってたのでしょう、榛名を見つけます。
響@2-144:「ちょうど良かった。榛名さんに用事があったんだ」
提督@2-55:榛名「あら響さん、何のご用事でしょうか?」
響@2-144:「女としてあなたに勝負を挑むよ」びしっと指をさし
提督@2-55:榛名「へ…は、はぁ…?」何のことやらピンときてない感じ
加賀@2-145:いきなりだものw
響@2-144:ですよねーw
千歳甲@2-160:NPCが挑みにくるときも大体こんなもんだw
提督@2-55:ですよねー

響@2-144:ここらで判定しといてもいいんですか?
提督@2-55:んー…まあ、判定《恋愛》でしょうな
響@2-144:発見してもいいんですよね?
提督@2-55:もちろん。
響@2-144:それじゃ恋愛を取ります
響@2-144:1d6
KanColle : (1D6) → 3

提督@2-55:では1d6で行動消費と長所短所判定どうぞ。
提督@2-55:ほう
球磨@2-159:おめ
加賀@2-145:機数は長所だよー
響@2-144:おぉ良かった
加賀@2-145:おめでとう ◯で取得だね
提督@2-55:では恋愛で判定ですかね。
響@2-144:2d6>=5 イベント判定
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

球磨@2-159:誰に取るのか
響@2-144:一点集中のほうがいいのか分散させたほうがいいのかどっちなんでしょ?
提督@2-55:分散が無難じゃないかな。
千歳甲@2-160:NPCや提督にとってもええのよ
球磨@2-159:今なら誰に感情値を取っても変わらないね(強いて言えば加賀さんが効果的っぽい)
提督@2-55:意味ほぼないですけどね。
提督@2-55:戦闘面だけなら、火力が低めな球磨千歳が個人的なオススメかなあ。
響@2-144:じゃあ球磨ちゃんに取りましょうか
球磨@2-159:さーんきゅー
響@2-144:et
KanColle : 感情表(6) → だいすき(プラス)/だいっきらい(マイナス)

響@2-144:おおぅ、これは・・・大好きでw
球磨@2-159:この響からは想像もつかないw
加賀@2-145:一体何があったのやらw
響@2-144:なんだかんだ世話を焼いてくれてる球磨ちゃんのことを好いているっぽい?w

提督@2-55:榛名はよくわからないまま勝ち誇ってる響に不思議そうな顔してるでしょうな。
響@2-144:ここも球磨ちゃんに場を収めてもらってもいいですか?
球磨@2-159:球磨も状況が掴めないw
球磨@2-159:「響が何か言ったみたいだけど気にしないでほしいクマ」
響@2-144:引きずるなり落とすなり好きにしちゃってくださいw
千歳甲@2-160:感情取ってる先が加賀さんと球磨ちゃんなあたり、この響、ドMなんだろか
提督@2-55:榛名「はぁ…頑張ってください(?)」
球磨@2-159:「この子に悪気はないクマ …それはそれでなんとも言えない…クマ」
提督@2-55:あまりの唐突っぷりと謎っぷりに只々困惑した榛名であった…。
響@2-144:M・・・・・・なのかなぁ?
妙高@2-161:謎である
球磨@2-159:カオスである
加賀@2-145:榛名は大丈夫です! だからきっと問題なし
千歳甲@2-160:青春時代の真ん中なんである
提督@2-55:では発見等ありますか、球磨ちゃん除いてチャンスは今回と次シーンの2回だけです。
加賀@2-145:巻き込まれ型というのも榛名らしいw
千歳甲@2-160:ではボーキを2つ貰ってから、丁寧あたりを発見しておこう
加賀@2-145:ボーキこれだけあるしせっかくだから再発見してみようかな
千歳甲@2-160:個性の穴が多過ぎて、狙われたら避けられる気がしないのである
千歳甲@2-160:1d6 丁寧
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55:偶数がやけにでる卓だなあ。
加賀@2-145:発見の奇数自体さっきの響さんだけじゃないかなあ
千歳甲@2-160:浜風にでもすればよかったかなこれは
加賀@2-145:私は負けず嫌いを再発見で
加賀@2-145:1d6 「負けず嫌い」
KanColle : (1D6) → 3

加賀@2-145:おや、奇数
球磨@2-159:克服ー
提督@2-55:good。
加賀@2-145:ありがとう 行動力を3減らして、よしこれで
提督@2-55:他何かあります?
加賀@2-145:私はないかな 補給は次のシーンでもできるんですよね
提督@2-55:yes
加賀@2-145:はい、じゃあ一旦このままで
球磨@2-159:開発はどうします?
千歳甲@2-160:それも次のシーンでできるらしい
提督@2-55:まーなので1シーン1回限りの発見ぐらいです。
提督@2-55:今回のシーンできにするとしたら。
提督@2-55:特になければ補給フェイズに移りますよ。
響@2-144:はーい
加賀@2-145:進みましょう

補給フェイズ・・・という名の開発フェイズ 編集

提督@2-55:では補給フェイズ
提督@2-55:発見・補給・入渠・開発・改装が可能、また開発は何度でも可能。
提督@2-55:その前に
提督@2-55:誰か一人索敵振ってください。
千歳甲@2-160:はーい
千歳甲@2-160:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

提督@2-55:では追加で1d6振ってください。
千歳甲@2-160:1d6
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55千歳は鎮守府内に放置されてた"弾薬"2個獲得した!
                                      千歳は鎮守府内に放置されてた"弾薬"2個獲得した!―――鎮守府の弾薬は残り5個、ここで1d6個分の弾薬を振らせたということは・・・
球磨@2-159:ほう
加賀@2-145:おおっー
千歳甲@2-160:わーい
提督@2-55:という感じで…発見・補給・入渠・開発・改装をご自由にどうぞ。
提督@2-55:特にやることなくなったら旗艦の加賀さんが決戦フェイズに移行すると宣言してください。
加賀@2-145:わかりました
加賀@2-145:開発しようと思えば2回できますね、ふむ
提督@2-55:発見(1回限り)補給(1回限り)開発(何度でも可能)改装(何度でも可能) ・・・入渠は必要ないですね。
加賀@2-145:私含め補給必要な人が多い
千歳甲@2-160:私はボーキサイトを8つ頂いて行動力を全快でオワリかな
提督@2-55:ではボーキ-8します。
加賀@2-145:私もボーキサイトを、最大まで回復させるので6つ消費します
提督@2-55:ボ-6
加賀@2-145:発見する人はいませんかー?
球磨@2-159:ボーキ4と燃料10で全快にしますね
提督@2-55:響さんは何かしら発見しておいたほうが良いと思いますよ。
加賀@2-145:球磨さんと妙高さんの行動力回復も必要ですね
響@2-144:発見していいですか?
加賀@2-145:ここがラストチャンスです 発見しましょう
妙高@2-161:燃料8で全快しておくかな
提督@2-55:戦闘航海方面で取得すると隙が小さくなるかな。
響@2-144:航海か戦闘でなにか取ろうと思うんですけどオススメってあります?
千歳甲@2-160:魚雷かなー
提督@2-55:夜戦考慮するなら魚雷、無難に隙を消すなら待機周辺ですね。
球磨@2-159:対潜でもいいかもね
加賀@2-145:夜戦判定と魚雷判定を兼ねれる対潜戦闘も候補に入ります
加賀@2-145:どちらにも目標6となるので
響@2-144:じゃあ対潜を発見します
響@2-144:1d6
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55:では判定どうぞ。
提督@2-55:弱点ですな
響@2-144:ぐふ
提督@2-55:行動力全快させるのには、燃~鋼で任意5個必要ですね。
響@2-144:燃料3鋼材2とかでいいですか?
加賀@2-145:開発を2回するには資材が全部6ずつ必要だから、それでいきますか
提督@2-55:もちろん組み合わせても問題無いです。
加賀@2-145:響さん行動力を回復させておいてくださいねー
提督@2-55:さて他に何かあります?
加賀@2-145:それじゃ開発いきましょう開発!
球磨@2-159:かいはーつ
提督@2-55:wktk
加賀@2-145卓の趣旨として響さんに一つは振ってもらいたいです で、もう一度できます 我こそはという人いますかっ
                                      卓の趣旨として響さんに一つは振ってもらいたいです―――弾薬が急に降って湧いた理由はこれである
加賀@2-145:いないなら旗艦が決めちゃいますよー
響@2-144:了解です~
加賀@2-145:よし、立候補いませんね というわけで、えい
加賀@2-145:choice[球磨,千歳,妙高,加賀]
KanColle : (CHOICE[球磨,千歳,妙高,加賀]) → 千歳

千歳甲@2-160:やっちゃいますか
加賀@2-145:響さんと千歳さんにお願いしましょう
千歳甲@2-160:では振りマース
加賀@2-145:どうぞー
千歳甲@2-160:dvtm
KanColle : 開発表(一括)(3,3) → 装備2種表:大口径主砲(P249)

                                      大口径主砲―――戦艦用の装備、この卓には戦艦が居ないため完全に腐る装備
提督@2-55:おや…
球磨@2-159:お、おう
千歳甲@2-160:要らない・・・
響@2-144:dvtm
KanColle : 開発表(一括)(3,2) → 装備2種表:8cm高角砲(P250)

提督@2-55:お、そっちは美味しい。
球磨@2-159:ふむ
千歳甲@2-160:球磨さんか妙高さん行きですね
加賀@2-145:それと偵察機私に一つ貸しておいてくださいなー
提督@2-55:うーん勿体無い提督権限で1回だけ千歳さん振りなおしていいですよ。
千歳甲@2-160:一応空母もつめるけどあまりにネタですし
提督@2-55:どこからともなく開発資材が…
千歳甲@2-160:妖精さんがギンバイしてきたのです
加賀@2-145:ここの鎮守府本当に大丈夫ですかね・・・?
加賀@2-145:でもありがたく使わせてもらいましょうw
提督@2-55:(それでまた大口径がでたら諦めましょう)
球磨@2-159:でーす
千歳甲@2-160:まさか同じのがもう一度出るなんてないでしょう(ぴこーん)
響@2-144:ギンバイと血がはびこる砦
千歳甲@2-160:dvtm
KanColle : 開発表(一括)(4,1) → 装備2種表:副砲(P250)

提督@2-55:お
球磨@2-159:お、おう
千歳甲@2-160:やはり球磨ちゃんか妙高姉さん行き
提督@2-55:妙高さんがちゃんと明記する時が…
球磨@2-159:妙高さんどうします?
千歳甲@2-160:8cm高角も副砲カテゴリなんである
提督@2-55:なるほろ。
加賀@2-145:2人の攻撃力アップにつながった よかった
提督@2-55:では、各々改装の方どうぞ。
球磨@2-159:19分から妙高さんの反応が
加賀@2-145:装甲と行動力的に8cmは球磨さんなのかな 偵察機のスロットがなくなるけど
球磨@2-159:その分は加賀さんに渡せば問題ないとは思うけど
加賀@2-145:1つは借り受けられますからね どんとこいですよ
加賀@2-145:妙高さんの空いてるスロットに副砲、こうかな?
球磨@2-159:それでは偵察機を外して、8cm高角砲《補給》を装備しますね
加賀@2-145:その外した偵察機を借り受けて装備しましょう
加賀@2-145:あとは妙高さんかな

ここで一旦一区切り
時間配分は難しい・・・次の日になりました。
残念ながら千歳さんは所要につき、しばらく参加できないということなので4人で進める事になりました。

提督@2-55:点呼開始!
加賀@2-145:準備完了!(1/4)
妙高@2-161:準備完了!(2/4)
響@2-144:準備完了!(3/4)
球磨@2-159:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:よし、では補給フェイズの途中からですね、この後の流れは。
提督@2-55:行動力回復済、発見済、開発終了
1.装備の受け渡しの確定
2.決戦フェイズへの移行

提督@2-55:こんな所です。
加賀@2-145:開発で8cm砲と副砲が生まれました
加賀@2-145:2つとも球磨さんと妙高さんが装備可能です
妙高@2-161:はーい ログ読んでとりあえず副砲をいただく流れになってたっぽい?
球磨@2-159:ですね
加賀@2-145:はい、その方向性で調整をしていました
加賀@2-145:特に問題なければ2人に装備して頂いて装備個性を調整する方向で
球磨@2-159:妙高さん問題ないですか?
妙高@2-161:ええ 問題ないかと
妙高@2-161:索敵個性・・・どうするかなぁ と思ってるところですね;
球磨@2-159:8cm高角砲《補給》で装備ですね
妙高@2-161:副砲を丁寧で装備しておきます
妙高@2-161:再発見するのも・・・・まぁアクシデント覚悟で索敵するか
加賀@2-145:再発見なしでよいですか?
妙高@2-161:補給先にしてるからなぁ
加賀@2-145:了解です
妙高@2-161:補給は1シーン1回だからこの場面でも一回でしょう
加賀@2-145:皆さんやり残したことはもうないですね?
妙高@2-161:と一応GMに確認してみる
球磨@2-159:ないっぽい!
響@2-144:大丈夫です!
提督@2-55:ログをあさると補給(1回のみ)
提督@2-55:と宣言してますな。
妙高@2-161:まそ
妙高@2-161:いきませうか
加賀@2-145:では決戦に進みましょうか 提督さん準備完了です
提督@2-55:了解。

決戦フェイズ編集

決戦空母機動艦隊! 編集

提督@2-55:では・・・最強蓮華戦隊は再び提督に呼び出されました。
加賀@2-145:「最強蓮華戦隊 揃いました」
提督@2-55:「おう、あいてるから入れ」中から声が聞こえます
加賀@2-145:では部屋の中へ
球磨@2-159:「失礼するクマー」
提督@2-55:中に入ると相も変わらず赤い部屋に提督机には漫画本が山積みとなってますが
提督@2-55:一部違うのがホワイトボードに艦隊名決定表が貼られてるのではなく海域図みたいなものがあります。
提督@2-55:「よく来たな入れ入れ」提督は招き入れます、部屋の中には提督だけのようです。
加賀@2-145:「いつでも出撃可能です」
提督@2-55:「そうか、で、だな…実は攻め入る所が2箇所あるんだ」ホワイトボードを指さします
加賀@2-145:「2箇所……」
球磨@2-159:「敵の構成は分かってるクマ?」
提督@2-55:「1箇所は熊野と鈴谷が追った場所、もう1箇所は敵艦載機が逃げた場所だな」
提督@2-55:「恐らくどっちかは囮でどっちかが本命…あるいはどっちも本命かもしれんが…」
響@2-144:「よし、二つとも潰そう」
加賀@2-145:「いいアイデアね」
球磨@2-159:「…それは無茶クマー」
妙高@2-161:「二手に分かれて叩けるほど、甘くはないのでしょうね」
加賀@2-145:「と言いたいところだけど方向が反対です 両方を防ぐのは難しいわね」
球磨@2-159:「球磨たちは球磨たちで一つの部隊に集中して事に当たるクマ」
響@2-144:「むぅ・・・いいアイディアだと思ったんだけど」
提督@2-55:「ま、そういう事だ、もう一方は別の艦隊に任せるんだが、どっちに行くかはお前らに任せる」
加賀@2-145:「提督はどのような作戦を?」
加賀@2-145:「そこを私達任せですか・・・」
妙高@2-161:「片方は巡洋艦主体、もう一方は空母を含む可能性が高い機動部隊ですね・・・」
提督@2-55:「そうだ、熊野鈴谷が行った方角の主力は重巡と軽巡eliteだそうだ」
提督@2-55:「逆に反対側の偵察機だが…あいにくそっちは分からん、恐らく軽空母が1隻…多くても2隻程度だとは思うが…」
球磨@2-159:「球磨は加賀に一任するクマ」
提督@2-55:「自分らの戦力は自分らが一番分かってるはずだからな、一任するぞ」
加賀@2-145:「そうね・・・ここは」
加賀@2-145:「敵機動部隊が予想される方向を私達が請け負います」
妙高@2-161:「自分たちで見つけたものですし、始末は自分で・・・ですね」
加賀@2-145:「一航戦として敵機動部隊に背を向けられません」
加賀@2-145:「徹底的に叩きます」
提督@2-55:「ならそっちは任せるぞ…『榛名、鈴谷と熊野連れて重巡部隊の方に出撃だ』」
加賀@2-145:榛名、鈴谷、熊野なら重巡相手もなんとかできるね(フラグ
提督@2-55:榛名『提督、了解です!鈴谷さん熊野さん行きますよ!』と榛名ら3人は出撃しました
妙高@2-161:あの榛名はきっと46 15.5副とかだから(ぇ
加賀@2-145:この鎮守府のどこに一体そんな装備が・・・
提督@2-55:どっかから来た引き継ぎキャラなんでしょう…たぶん
提督@2-55:「よしあっちは良いな、じゃ最強蓮華戦隊、出撃!」
加賀@2-145:はっ、流星改、彗星、天山が転がっている可能性が(キラキラ
加賀@2-145:さて真面目になろう
加賀@2-145:「了解 最強蓮華戦隊 出ます」
妙高@2-161:「参りましょうか」
響@2-144:「了解、響、出撃する」
球磨@2-159:「球磨、出撃するクマー!」

空母機動艦隊を叩け! 編集

どどんとふ:提督@2-55がカードを公開しました。「任務:艦隊戦に勝利せよ!」
提督@2-55:最強蓮華戦隊が発見した偵察機が逃げた方角に向かうと…深海棲艦の偵察機を見つけます、情報通り空母がいるようです。
提督@2-55:軽母ヌ級1 軽巡ホ級1 駆逐ロ級elite1 駆逐ロ級3
妙高@2-161:「数が多いですね・・・別働の千歳さんに航空攻撃の要請をしてみてはどうですか?加賀さん」
加賀@2-145:「そうね 千歳さんに支援を要請します」
提督@2-55:では、航空フェイズに千歳さんの瑞雲《航空攻撃2》が1回飛んできます。
球磨@2-159:「心強いクマー」
加賀@2-145:支援攻撃のダイスを振るのは誰になるんでしょう?
提督@2-55:うーんじゃあ響さんで。
妙高@2-161:(航空管制もされるんですかね(小声
提督@2-55理由はこの卓的に。
理由はこの卓的に。―――初心者の為の初心者卓である。
加賀@2-145:りょうかーい
加賀@2-145:ではプロットかな
提督@2-55:ですね、では各自プロットどうぞ
球磨@2-159:シークレットダイス
加賀@2-145:シークレットダイス
響@2-144:シークレットダイス
提督@2-55:シークレットダイス
妙高@2-161:ふむ
妙高@2-161:シークレットダイス
提督@2-55:では偵察フェイズです。
提督@2-55:PCからどうぞー。
加賀@2-145:はい
妙高@2-161:じゃんじゃん偵察しちゃいますかねー
加賀@2-145:気になるのは軽空母ヌ級、軽巡ホ級、エリート駆逐ロ級かな
球磨@2-159:ですね
加賀@2-145:まずは軽空母ヌ級を偵察してみます
加賀@2-145:偵察機で偵察します 「索敵」から目標5 偵察9
提督@2-55:では判定どうぞ。
加賀@2-145:2d6>=5 偵察 「哨戒機発艦 お願いね」
KanColle : (2D6>=5) → 4[1,3] → 4 → 失敗

提督@2-55:お、おう。
加賀@2-145:うー、昨日の反動かー
妙高@2-161:ここは声援切りますかねぇ
妙高@2-161:偵察9だし落ちないでしょう
加賀@2-145:そうしましょう
加賀@2-145:響さん、声援お願いしますー
響@2-144:了解です
提督@2-55:では感情点にチェック入り成功です。
加賀@2-145:ヌ級は何処に?
提督@2-55:ではヌ級の艦戦 超対空2で妨害を試みます。
球磨@2-159:ほほうfont>

提督@2-55:2d6>=9 対象偵察機 目標9
KanColle : (2D6>=9) → 9[4,5] → 9 → 成功

妙高@2-161:ここで切るか

加賀@2-145:しかも成功よ

妙高@2-161:そして出たよ

提督@2-55:まあそうなるな。

球磨@2-159:ばかなー

妙高@2-161:艦攻に切ってくると思ったが まぁこれで航空戦と1ラウンド終わるまでもう対空はない

加賀@2-145:仕方ない

響@2-144:むぅ・・

加賀@2-145:まだ艦攻の偵察がありますから!

提督@2-55位置情報はダメージよりも重い・・・ツ!
位置情報はダメージよりも重い・・・ツ!―――金は命よりも重い・・・ッ!が実際の所対空処理を理解してない為、偵察9に超対空を使ってしまった模様。
加賀@2-145:続けていきますよー
加賀@2-145:軽空母ヌ級を偵察で
加賀@2-145:艦上攻撃機で偵察します 「索敵」から目標5 偵察7
加賀@2-145:2d6>=5 偵察 「哨戒機発艦 お願いね」
KanColle : (2D6>=5) → 5[2,3] → 5 → 成功

提督@2-55:残念長良もう対空はないので通ります。
提督@2-55:ヌ級は1です。
妙高@2-161:ふむ
加賀@2-145:ほほう、わかりました
妙高@2-161:さて・・・eliteを捕捉しますか アクシデントだが見ておかないとね
加賀@2-145:私はこれで偵察ありません 他の方どうぞ
提督@2-55:ではアクシテンド表からどうぞ。
妙高@2-161:act
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

妙高@2-161:おふぅ
妙高@2-161:1d6
KanColle : (1D6) → 5

提督@2-55:ほう
提督@2-55:では判定どうぞ。
妙高@2-161:索敵で判定 目標値5 偵察9だ
妙高@2-161:2d6>=5 まだ終わらんよ
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

加賀@2-145:アクシデント表の6さん昨日から出すぎよーw
提督@2-55:ロエリは2ですね。
妙高@2-161:またやらしい配置だな・・・
加賀@2-145:こりゃ悩ましい
球磨@2-159:うーむ
提督@2-55:後は偵察あります?
妙高@2-161:品切れですな
提督@2-55:ではこちらから、ホ級、加賀さんに偵察9かけます。
妙高@2-161:防ぎようがないな 
加賀@2-145:受けますよ
加賀@2-145:秘話で伝えます
提督@2-55:お願いしますー。
提督@2-55:おk
提督@2-55:では各自再プロットどうぞ。
妙高@2-161:ふむ
球磨@2-159:変更しますね
球磨@2-159:シークレットダイス
提督@2-55:どうぞー。
妙高@2-161:シークレットダイス
提督@2-55提督側も変えます。
提督側も変えます。―――今のプロットだと加賀さんがフリーで厄介、ここはこの艦隊で高めの装甲を誇る軽巡ホ級を航行順序『6』に・・・
提督@2-55:シークレットダイス
提督@2-55:あと変更する方は居ないです?
加賀@2-145:響さんはそのままでいいかな?
提督@2-55:(あ、また良い忘れてましたが同航戦です。)
響@2-144:ちょっと悩んでます
加賀@2-145:私は偵察通ってるので変えれませんからこのまま
加賀@2-145:敵の数が多いし悩ましいところだね OK
提督@2-55:ふっふっふっ悩むとよろし。
響@2-144:フリー出したくないけど見えてる敵も抑えたい・・・
響@2-144:ん~悩ましいけどこのままで行きます
提督@2-55:了解
提督@2-55:では
提督@2-55:プロットオープン!
加賀@2-145:s1d6 [プロット 航行序列6]
KanColle : (1D6) → 2

提督@2-55:s1d6 ヌ[1] ホ[6] ロe[2] ロ1[3] ロ2[2] ロ3[5]
KanColle : (1D6) → 5

響@2-144:s1d6 航行順序6
KanColle : (1D6) → 6

球磨@2-159:s2d6 航行序列「1」再
KanColle : (2D6) → 9[3,6] → 9

妙高@2-161:s1d6 序列1 悩むが・・・ここかな
KanColle : (1D6) → 3

球磨@2-159:まそ
妙高@2-161:わーい 誰が狙われても範囲攻撃だぞー
提督@2-55おやロエリがフリーに。
おやロエリがフリーに。―――フリー火力で2点、elite補正で2点、さらに装備と自身の火力で3点の合計7d、加えてelite補正で範囲攻撃に・・・これは!

6 5 4 3 2 1 0
軽巡ホ級駆逐ロ級3駆逐ロ級駆逐ロ級2
駆逐ロ級elite
軽母ヌ級
加賀
球磨
妙高
6 5 4 3 2 1 0

航空戦編集

ピンポイント航空爆撃 編集

提督@2-55:では航空攻撃戦に移ります。
加賀@2-145:元々数の上では劣勢ですからね このくらい跳ね返してみせましょう
提督@2-55:加賀=響(千歳の航空攻撃2)>ヌ級の順番です。
加賀@2-145:了解 さあいくわよー
加賀@2-145:まずは艦爆から
提督@2-55:4以外ですしよりどりみどりっぽい?
加賀@2-145:1d6 「第一次攻撃隊。発艦してください。」
KanColle : (1D6) → 4

響@2-144:妙高さんが猫を連れ歩いてるw
提督@2-55:はい。
加賀@2-145:まだ艦攻があります
妙高@2-161:あれ外してあったと思うが・・・
響@2-144:あ、間違えたましたすいません
加賀@2-145:1d6 「第二次攻撃隊発艦です」
KanColle : (1D6) → 6

加賀@2-145:よーし
提督@2-55:おふ、ダメージどうぞ。
妙高@2-161:これは・・・おもしろいな
球磨@2-159:さて
加賀@2-145:加賀の固有【鎧袖一触】で+1します
提督@2-55:ひえっ。
加賀@2-145:3d6 「鎧袖一触です」
KanColle : (3D6) → 16[4,6,6] → 16

妙高@2-161:ほんとに鎧袖一触である
提督@2-55やめてくだち!もういっぱいでち!装甲6!中破!
やめてくだち!もういっぱいでち!―――オリョクルにはもう行きたくないでち!そう言いつつも伊58はクルージングに向うのであった・・・
加賀@2-145:「訓練の成果ね いい子たち」
加賀@2-145:私は以上です 響さん、千歳の支援航空攻撃をどうぞー
提督@2-55:では響の航空攻撃2ですね。
響@2-144:1d6 支援攻撃いきます
KanColle : (1D6) → 6

提督@2-55:あっ
球磨@2-159:大破いけるか
提督@2-55:(いきなり轟沈まで見えてるんですが大丈夫ですよね…)
妙高@2-161:12出そうぜ(ゲス顔
提督@2-55:ダメージどうぞ。
加賀@2-145:ナイスですよ!
響@2-144:2d6 いっきますよ~
KanColle : (2D6) → 7[2,5] → 7

球磨@2-159:よしよし
提督@2-55:装甲6なので損傷1です。
加賀@2-145:素晴らしいです
妙高@2-161:うむ まぁこれでほぼ確実に響の攻撃で排除できますな
提督@2-55:感情載せますか(小声
妙高@2-161:のせてもいいのか(真顔
提督@2-55:あれ載せられないのか。
加賀@2-145:5以上で沈められますが
球磨@2-159:載せられるよ
妙高@2-161:この航空攻撃自体が温情みたいなもんだからいいのかなーってw
響@2-144:この場合声援送るのは千歳さんですよね?
妙高@2-161:千歳に対して送る かな 形としては
提督@2-55:む…それは考えてなかった良いでしょう。
球磨@2-159まあ、5以上は難しいかなとは思う
まあ、5以上は難しいかなとは思う―――うむ、5以上なんて38%でしかでない安心だ
加賀@2-145:ということは・・・
加賀@2-145:私から千年さんの声援1をここで使用ですね
加賀@2-145:千歳さん
提督@2-55:いいでしょう受けて立ちます(震え声
妙高@2-161:まぁ残しておいても使う機会はないのでやってしまっていいでしょう
加賀@2-145:わかりました
加賀@2-145:「支援します 攻撃隊発艦」 +1
加賀@2-145:1d6
KanColle : (1D6) → 6

球磨@2-159:おお!
響@2-144:おおおおお
提督@2-55:あーん!ホ級が何もせずに終わった!
妙高@2-161:これは大きいな ロ級をこれで攻撃できるようになる
加賀@2-145:やったー!
提督@2-55:むうむうでは反撃します
提督@2-55:1d6 ヌ級 艦攻 航空攻撃2
KanColle : (1D6) → 1

提督@2-55:ほう
球磨@2-159:なんと
妙高@2-161:1/3だがあててくるか
妙高@2-161:だが
提督@2-55:choice[球磨,妙高] 対象
KanColle : (CHOICE[球磨,妙高]) → 球磨

球磨@2-159:ふむ
妙高@2-161:これは通りませんな(真顔
提督@2-55:おやあ。
提督@2-55:2d6 まだ12の目でなんとか…!ダメージ。
KanColle : (2D6) → 11[5,6] → 11

球磨@2-159:高い!
球磨@2-159:【対空】>行動値2を消費し【8cm高角砲】で妨害、
球磨@2-159:2d6 制空値 「甘いクマ!」
KanColle : (2D6) → 6[2,4] → 6

妙高@2-161:まぁ、そうなるな
球磨@2-159:何事もなかったくまー
提督@2-55:対空数値分ダメージ減少ですよね
球磨@2-159:ですね
妙高@2-161:うむ 5点になるから装甲7で弾いたね
提督@2-55:11-6で5点通りません。
提督@2-55:1d6 まだ艦爆隊が…
KanColle : (1D6) → 6

球磨@2-159:この出目は…
妙高@2-161:1/3が当たって5/6が外れる理不尽である
加賀@2-145:こっちにきたわねー
提督@2-55:choice[響,加賀] 対象
KanColle : (CHOICE[響,加賀]) → 響

妙高@2-161:来たら困るのに来たか
提督@2-55:2d6 不死鳥あるので通らないような…コロコロ
KanColle : (2D6) → 6[1,5] → 6

妙高@2-161:そういや不死鳥ありましたな
妙高@2-161:切りどころだ
提督@2-55:6点ですそのままですと損傷1ですが、どうしますか。
加賀@2-145:響の不死鳥が活きる
響@2-144:不死鳥使います
提督@2-55:では任意の行動力減少どうぞ、減少分ダメージが減ります。
球磨@2-159:1点で十分だね
加賀@2-145:1減らせば5になるよ 通らなくなるよ
響@2-144:では1消費します「不死鳥の通り名は伊達じゃないよ」
提督@2-55:了解、損傷無しです。
加賀@2-145:これができるから響の固有強いんですよねー
提督@2-55:護衛艦とのコンボも強いですからねぇ。

本来ならここで軽巡ホ級が加賀さんと響さんを足止めして、軽母ヌ級、駆逐ロ級eliteに攻撃を飛ばせないようにしたかったが・・・。

砲撃戦1ラウンド目編集

軽母ヌ級の運命は・・・編集

提督@2-55:砲撃戦1ラウンド、超超、長飛ばして中距離、球磨さんか妙高さんどうぞ。
妙高@2-161:ふむ どちらでもいいけど・・・こちらから殴りますか
球磨@2-159:どぞー
妙高@2-161:出目次第で感情が減らせるかもしれませんしね
提督@2-55:(あれ…ひょっとしてヌ級何もできずに終わるんじゃ…)
妙高@2-161:(ですよ(小声)
妙高@2-161:では中口径主砲で攻撃
妙高@2-161:指定個性丁寧 目標値5 修正なし
妙高@2-161:2d6>=5 「第一、第二主砲、斉射始め!」
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

提督@2-55:命中
妙高@2-161:連撃は・・・・まぁしない方がいいだろう
提督@2-55:では威力どうぞ。
妙高@2-161:火力2 装備火力2 4d6です
妙高@2-161:4d6
KanColle : (4D6) → 10[1,2,3,4] → 10

妙高@2-161:うぐ 低い
提督@2-55:装甲8なので小破です。
球磨@2-159:ま、まあ
妙高@2-161:残念無念
妙高@2-161:流石に行動させずに撃沈は無理か
提督@2-55:平均4必要ですしおすし。
提督@2-55:球磨さんの手番です。
球磨@2-159:「妙高に続くクマ!」
妙高@2-161:感情値込みなら期待値だったのさ どうぞ
球磨@2-159:砲撃>【中口径主砲】《口ぐせ》を同個性で判定、目標値5
球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 3[1,2]+2 → 5 → 成功

球磨@2-159:ひく
提督@2-55:んそれは妨害します1を0に
球磨@2-159:振りなおし
球磨@2-159:1d6 行動値消費
KanColle : (1D6) → 2

球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 3[1,2]+2 → 5 → 成功

球磨@2-159:・・・
妙高@2-161:おぅふ
提督@2-55:んそれは妨害します1を0に
球磨@2-159:振りなおし
提督@2-55:デジャヴ
球磨@2-159:1d6 行動値消費
KanColle : (1D6) → 5

加賀@2-145:うーん・・・w
球磨@2-159:こっちは違うか
加賀@2-145:2回で7ですから・・・次こそ!
球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 5[1,4]+2 → 7 → 成功

球磨@2-159:危ない危ない
提督@2-55:妨害しますが6で命中です。
球磨@2-159:うーん、連撃しよう
球磨@2-159:連撃>【8cm高角砲】《補給》を同個性で判定、目標値5 連撃修正2
球磨@2-159:2d6+2-2>=5 連撃,命中判定
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 10[4,6]+2-2 → 10 → 成功

球磨@2-159:ふう
提督@2-55:ぐう威力どうぞ。
球磨@2-159:火力2+1
球磨@2-159:3d6 ダメージ 「なめるなクマー!」
KanColle : (3D6) → 10[1,3,6] → 10

提督@2-55:装甲8なので中破になりました。
球磨@2-159:中破にはなったのねー
妙高@2-161:だが発艦してくる 不公平である(ぁ

一航戦の本気編集

提督@2-55せ…せめて1行動は…!短距離フェイズ!
せ…せめて1行動は…!―――主力のつもりの軽母ヌ級に駆逐ロ級elite・・・何もせずに終わるわけにはいかない!
提督@2-55:響=加賀>ロ3>ロ1>ロe=ロ2>ヌ
妙高@2-161:まぁロeliteを潰すのが定石でしょうなぁ
響@2-144:どっちからいきましょうか?
加賀@2-145:ですね エリートは放置できない
妙高@2-161:加賀さんの出目が走れば・・・いけるかもだから加賀さんからかね
加賀@2-145:私からいきましょう
提督@2-55:どうぞ。
加賀@2-145:目標はロ級エリートで
加賀@2-145:艦上爆撃機 「航空打撃戦」から目標5 命中補正+1
加賀@2-145:2D6+1>=5 艦上爆撃機 「艦爆隊発艦します」
KanColle : (2D6+1>=5) → 7[3,4]+1 → 8 → 成功

提督@2-55:命中です。
加賀@2-145:では連撃を
加賀@2-145:艦上攻撃機で連撃です 「クール」から目標5 命中補正+1 連撃修正-2
加賀@2-145:2D6+1-2>=5 艦上攻撃機 「艦攻隊発艦します」
KanColle : (2D6+1-2>=5) → 9[3,6]+1-2 → 8 → 成功

妙高@2-161:あぶなげないな
提督@2-55:・・・・・・命中です。
加賀@2-145:艦爆4+艦攻3で7
加賀@2-145:7d6 「鎧袖一触よ」
KanColle : (7D6) → 32[3,3,3,5,6,6,6] → 32

妙高@2-161:ぶふぅw
響@2-144:加賀さんの安定感w
提督@2-55:装甲6点で5点貫通一発轟沈なんですがそれは…!
球磨@2-159:恐ろしやぁ
加賀@2-145:「みんな優秀な子たちですから」
妙高@2-161:まぁ期待値で沈むんです 諦めなさい
妙高@2-161:(24.5点なのでエリロは一撃圏内である

提督@2-55:響>ロ3>ロ1>ロe=ロ2>ヌ
提督@2-55うーむ…装甲高めなの2隻用意するべきだったか…
うーむ…装甲高めなの2隻用意するべきだったか…―――後悔先立たず、何もかんも航行攻撃で沈んだ軽巡ホ級が悪い!
妙高@2-161:さて・・・・どれを狙うにしても撃沈はちょっときびしめ 感情のせたら期待値ってところだね
響@2-144:むう・・・
加賀@2-145:フリー駆逐ロ級が2、中破の軽空母ヌ級1か
妙高@2-161:ヌ級さんは連撃しないと意外と火力が低いんだよなぁ
響@2-144:ロ級さんの数減らしたほうがいいですかね?
提督@2-55:あるいはヌ級を2ラウンドかけて損傷1ずつ与えるのも有りかなと。
球磨@2-159:フリーは怖いしね
妙高@2-161:多分フリーだとロさん、5d振ってくるから怖いんだよね
妙高@2-161:ヌ級は正直どうでもいい
妙高@2-161:ここで放置しても一回攻撃は受けるが二回はないし
妙高@2-161:出目が腐っても2ラウンド目二人がかりで潰せるからね
響@2-144:それじゃ目標5のロ級でいきます
加賀@2-145:GOGO!
球磨@2-159:いっけー
提督@2-55:どうぞー。
響@2-144:【小口径主砲】外国暮らしで判定
響@2-144:2d6+2>=5
KanColle : (2D6+2>=5) → 6[1,5]+2 → 8 → 成功

提督@2-55:命中です。
響@2-144:連撃します。【魚雷】クールで判定
響@2-144:2d6+2-2>=5
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 3[1,2]+2-2 → 3 → 失敗

響@2-144:ぐふう
提督@2-55:命中妨害2もいれて失敗ですな。
加賀@2-145:そういうときは振り直しですー
響@2-144:振りなおします~
妙高@2-161:ファンブルじゃなくてよかったと考えるのだ 
加賀@2-145:行動力を減らしてもう1回チャレンジです
響@2-144:1d6
KanColle : (1D6) → 4

響@2-144:確かにファンブル危なかったですねw
提督@2-55:では再判定どうぞ。
響@2-144:2d6+2-2>=5
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 10[5,5]+2-2 → 10 → 成功

提督@2-55:うへぇ妨害もできませんので通ります威力どうぞ。
妙高@2-161:うむ 完璧だ
加賀@2-145:いいですねー
響@2-144:では、ダメージ行きます
提督@2-55:(なあに駆逐艦の攻撃などたかが知れてる…)
加賀@2-145:盛大にフラグ立ててますね?
妙高@2-161:走ればロなら沈むんだよな(小声
響@2-144:4d6 「さて・・・やりますか」
KanColle : (4D6) → 14[1,4,4,5] → 14

提督@2-55:装甲4なので大破です。
妙高@2-161:ふむ 2点足らずか
加賀@2-145:ここは使いどころかな?
妙高@2-161:だねぇ
加賀@2-145:「支援します 艦載機発進」 加賀から響へ+1
提督@2-55:まだ16%の可能性で…。
加賀@2-145:1d6 「鎧袖一触よ」
KanColle : (1D6) → 6

妙高@2-161:あっはい
加賀@2-145:「やりました」
妙高@2-161:20点 損傷5ですな(真顔
球磨@2-159:この加賀さんはまずい!
提督@2-55:現実は無情である、追加ダメージで損傷2点追加で轟沈!

提督@2-55:MHT まだロ級1が…あれいつの間にelite消えてたんだ…。
KanColle : 目標表(5) → 敵艦の中で、もっとも【火力】の高いPC

妙高@2-161:きたまえ
提督@2-55:対象妙高
提督@2-55:では個性は・・・
提督@2-55:《退却》でどうぞ
妙高@2-161:スカスカなところを・・・
妙高@2-161:丁寧から7か・・・?
妙高@2-161:いや索敵から6か
妙高@2-161:索敵から6 目標値11 まずアクシデント表から
提督@2-55:ここの卓ではどちらでも良しです、アクシ怖がって高めな長所からでもよし。
アクシ怖がって高めな長所からでもよし。―――後々考えると、装甲値に自信ある場合、避けられないからと遠い所の長所で避けて良い事にもなる。今後どうするかはあとで考える予定。
妙高@2-161:ほう?
妙高@2-161:ではどうせ避けれんから丁寧でいかせてもらおう
妙高@2-161:丁寧から7 目標値12 回避+1
提督@2-55:ではクリティカルなダイスどうぞ。
妙高@2-161:2d6+1>=12
KanColle : (2D6+1>=12) → 7[3,4]+1 → 8 → 失敗

妙高@2-161:まぁ、そうなるな
加賀@2-145:うん
提督@2-55:振り直しは。
妙高@2-161:しない 無理ゲーだ
響@2-144:デスヨネー
提督@2-55:ではダメージに
妙高@2-161:走らなければ小破だが さて・・・
提督@2-55:5d6 火力1+装備2+フリー2 合計5 せめて小破は…。
KanColle : (5D6) → 13[1,2,3,3,4] → 13

妙高@2-161:装甲9 小破で耐える
球磨@2-159:小破で済んだか
妙高@2-161:「く・・・まだ、引けません!」

提督@2-55:MHT 続けざまにロ級2の攻撃が——!
KanColle : 目標表(6) → 敵艦の中から完全にランダムに決定

提督@2-55:choice[響,加賀,球磨,妙高]
KanColle : (CHOICE[響,加賀,球磨,妙高]) → 響

提督@2-55:では響さんは《機動》で回避行動お願いします。
妙高@2-161:(食べ物から4かな・・・?
響@2-144:食べ物も対潜も弱点なら食べ物でいいですよね?
加賀@2-145:3離れてますが駆逐艦には回避+2がありますからねー
提督@2-55:どうぞー。
妙高@2-161:まぁ恋愛は遠すぎるからね
加賀@2-145:アクシデントで何か・・・願わくば何事もなく・・・
提督@2-55:弱点であればまずはアクシテンド表から。
響@2-144:act かかってこいやー
KanColle : アクシデント表(1) → よかったぁ。何もなし。

妙高@2-161:よかよか
響@2-144:ほっ
加賀@2-145:よかったー
提督@2-55:むうむう、では《機動》での回避判定どうぞ。
球磨@2-159:ふう
妙高@2-161:(食べ物から4だから目標値が9 回避+2 出目7だね
響@2-144:2d6+6-4>=5
KanColle : (2D6+6-4>=5) → 7[1,6]+6-4 → 9 → 成功

響@2-144:間違えました
提督@2-55:ん
妙高@2-161:出目は出てるが・・・
提督@2-55:出目出てるのでおっけーです。
響@2-144:よかった~
提督@2-55:回避成功。
加賀@2-145:やりました!

提督@2-55:choice[球磨,妙高] ヌ級
KanColle : (CHOICE[球磨,妙高]) → 妙高

加賀@2-145:妙高さん狙い撃ちか くうー
提督@2-55:では艦爆飛ばします、指定個性は…
提督@2-55:《規律》で回避お願いします。
妙高@2-161:ぐぬぬ アクシデント狙い撃ちか
提督@2-55:ダイス神がそうおっしゃったので仕方ない
加賀@2-145:がんばって!
妙高@2-161:索敵で代用 索敵から1 目標値6 回避+1
妙高@2-161:アクシデント表!
妙高@2-161:act
KanColle : アクシデント表(3) → えーん。大失態。このキャラクターに対して【感情値】を持っているキャラクター全員の声援欄にチェックが入る。

妙高@2-161:ぐふ
球磨@2-159:むう
提督@2-55:千歳からの声援がなくなりました…あれ?
響@2-144:なにもなかった
加賀@2-145:千歳ここにいないような・・・まあ細かい話は抜きで、進めましょう
提督@2-55:(まあ提督に具申すれば使用できたでしょう)
妙高@2-161:まぁ気を取り直して・・・・
提督@2-55:回避判定どうぞ。
妙高@2-161:2d6+1>=6 「回避取舵!」
KanColle : (2D6+1>=6) → 6[2,4]+1 → 7 → 成功

妙高@2-161:ふう ヌさんに命中はなかったはずだ
提督@2-55:妨害なし回避成功です。
加賀@2-145:ふうー
提督@2-55:(あれこの展開さっきの戦闘でみたぞ…)

砲撃戦2ラウンド目編集

ダイス神のご乱心 編集

6 5 4 3 2 1 0
駆逐ロ級駆逐ロ級2軽母ヌ級(中破)
加賀
球磨
妙高(小破)
6 5 4 3 2 1 0

提督@2-55:2ラウンド目航行順序順です。
加賀@2-145:よしいきます
提督@2-55:どうぞー。
加賀@2-145:目標は航行序列3の駆逐ロ級
加賀@2-145:艦上爆撃機 「航空打撃戦」から目標5 命中補正+1
加賀@2-145:2D6+1>=5 艦上爆撃機 「艦爆隊発艦します」
KanColle : (2D6+1>=5) → 12[6,6]+1 → 13 → スペシャル(判定成功。【行動力】が1D6点回復)

妙高@2-161:ぶふうw
加賀@2-145:「やりました」
提督@2-55:あっ(察し
妙高@2-161:これ連撃いらないんじゃないか(小声
加賀@2-145:全快なので行動力回復は省略します
提督@2-55:クリティカルで火力2点上がります。
加賀@2-145:連撃よ
加賀@2-145:艦上攻撃機で連撃です 「クール」から目標5 命中補正+1 連撃修正-2
加賀@2-145:2D6+1-2>=5 艦上攻撃機 「艦攻隊発艦します」
KanColle : (2D6+1-2>=5) → 2[1,1]+1-2 → 1 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

提督@2-55:ファンブル神が言っている
加賀@2-145:いやー
加賀@2-145:本当に出ましたw
加賀@2-145:アクシデント振りますねー
妙高@2-161:6dで十分だったと神は言っているw
球磨@2-159:一寸先は闇・・・・
加賀@2-145:act
KanColle : アクシデント表(3) → えーん。大失態。このキャラクターに対して【感情値】を持っているキャラクター全員の声援欄にチェックが入る。

響@2-144:ぐふう
加賀@2-145:もう使ってるので関係はないです
提督@2-55:もうチェック入ってますね。
妙高@2-161:うむ
加賀@2-145:ですー

加賀@2-145:失敗なので響さんどうぞ!
提督@2-55:(これで最低限1回攻撃が保証された…)
提督@2-55:では、響さん対象どうぞ。
妙高@2-161:響さんは・・・・まぁ出目が走ってフリー落とせるのを祈るしかないな
響@2-144:じゃあ3のロ級いきましょうか
加賀@2-145:GOGO!
加賀@2-145:「こんなときに・・・艦攻隊戻って・・・・響さんお願いします」
提督@2-55:感情1d分もありますからなあ期待値なら落とせるような。
加賀@2-145:(さっき感情使ってますよ
響@2-144:【小口径主砲】使用アビリティ《外国暮らし》 命中+2 目標値5
提督@2-55:(あれ)
提督@2-55:どうぞー。
提督@2-55:使ってましたね。
響@2-144:2d6+2>=5
KanColle : (2D6+2>=5) → 9[3,6]+2 → 11 → 成功

加賀@2-145:(さっきの響さんの攻撃時に声援+1して沈めるところまでいきました
響@2-144:連撃いきます
妙高@2-161:この流れならきっとクリティカル出る(ぇ
提督@2-55:どうぞ。
加賀@2-145:いけいけー!
響@2-144:【魚雷】使用アビリティ《クール》 命中+2 目標値7
響@2-144:2d6+2>=7
KanColle : (2D6+2>=7) → 2[1,1]+2 → 4 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

提督@2-55:おやおや。
妙高@2-161:違う そっちじゃない(ぁ
響@2-144:なん・・・だと?w
加賀@2-145:うあーんw
提督@2-55:ではアクシテンドどうぞー。
響@2-144:act うわーん
KanColle : アクシデント表(6) → ううう。やりすぎちゃった!自分の【行動力】が1D6点減少する。

加賀@2-145:私がイヤな流れを呼び込んでしまったかも ごめんよ
響@2-144:1d6
KanColle : (1D6) → 1

提督@2-55:最小限…アクシテンドがあまり走らないようで。
妙高@2-161:出目が大荒れである ふふ怖
加賀@2-145:さすが不死鳥 最小限ですね

提督@2-55:MHT では攻撃されたロ級1の反撃です
KanColle : 目標表(4) → 敵艦の中で、もっとも【回避力】の低いPC

加賀@2-145:私かな
提督@2-55:加賀さんに《退却》でどうぞ。
加賀@2-145:よろしい きなさい!
加賀@2-145:退却だと・・・
妙高@2-161:またアクシデントかな ふふ
提督@2-55:あれ、遠いのかな。
加賀@2-145:×指揮から4離れて目標9か・・・
加賀@2-145:×おしゃべりからでも目標9
加賀@2-145:じゃない10です
提督@2-55:ふふっ怖いか…
加賀@2-145:指揮で回避してみせましょう
加賀@2-145:まずはアクシデントを
加賀@2-145:act
KanColle : アクシデント表(4) → 奇妙な猫がまとわりつく。サイクルの終了時、もしくは、艦隊戦の終了時まで、自分の行う行為判定にマイナス1の修正がつく(この効果は、マイナス2まで累積する)。

加賀@2-145:ね、ねこ・・・w
加賀@2-145:つらいなあ
妙高@2-161:だめそうですな
提督@2-55:要求ダイス目さらにアップっ
加賀@2-145:いきますっ
加賀@2-145:2d6-1>=9 退却で回避 <指揮>で代用判定します
KanColle : (2D6-1>=9) → 4[1,3]-1 → 3 → 失敗

提督@2-55:まそ
加賀@2-145:うん
提督@2-55:振り直します?
加賀@2-145:行動力はあります 一度振り直しを
提督@2-55:どうぞ。
加賀@2-145:1d6
KanColle : (1D6) → 4

加賀@2-145:再挑戦
加賀@2-145:2d6-1>=9 退却で回避 <指揮>で代用判定します
KanColle : (2D6-1>=9) → 6[3,3]-1 → 5 → 失敗

加賀@2-145:攻撃もらいましょう ダメージどうぞ
提督@2-55:5d6 火力1+装備2+フリー2の合計5dが襲いかかります
KanColle : (5D6) → 22[2,4,5,5,6] → 22

提督@2-55:走ったッ
加賀@2-145:装甲9なので中破

提督@2-55:MHT では続けざまにロ級2
KanColle : 目標表(5) → 敵艦の中で、もっとも【火力】の高いPC

加賀@2-145:「飛行甲板に直撃。そんな……馬鹿な。」
提督@2-55:妙高さんは《機動》で回避してください。
妙高@2-161:ぐぬぬ
妙高@2-161:丁寧で代用する 丁寧から5 目標値10 回避+1
妙高@2-161:2d6+1>=10 「く・・・厳しいですが」
KanColle : (2D6+1>=10) → 3[1,2]+1 → 4 → 失敗

妙高@2-161:まぁ そうなるな
提督@2-55:まそ
提督@2-55:いまなら5dで30ぐらい出せる気がする。
加賀@2-145:怖いこと言うわね・・・
提督@2-55:ダメージで大丈夫ですか
妙高@2-161:きたまえ
提督@2-55:5d6 火力1+装備2+フリー2の合計5dが妙高にも襲いかかります
KanColle : (5D6) → 16[1,1,4,4,6] → 16

提督@2-55:まあそうなるな
妙高@2-161:装甲9 損傷1で中破だ
妙高@2-161:で・・・・
加賀@2-145:うーん
妙高@2-161:球磨には悪いが 夜戦突入を考慮して固有を使わせてもらおう
加賀@2-145:妙高の固有だね!
妙高@2-161:【私にどうしろと】 宣言
提督@2-55:ほう
妙高@2-161:そうだな・・・序列4に移動しておこう
提督@2-55:了解。
提督@2-55:あれ
提督@2-55:この場合どうなるんだろう。
提督@2-55:妙高さんの手番でいいのかな
妙高@2-161:かな
妙高@2-161:これ途中で起こるとちょっと面倒ね

提督@2-55:航行順序変わって妙高さんで。
妙高@2-161:ヌ級を殴るぞー
妙高@2-161:中口径主砲 指定個性丁寧 目標値5 修正なし
妙高@2-161:2d6>=5 「主砲一斉射! いきます」
KanColle : (2D6>=5) → 8[4,4] → 8 → 成功

妙高@2-161:連撃は・・・・流れが悪い やめておこう 出目が走るのに期待だ
提督@2-55:では4dですかな、どうぞ。
妙高@2-161:4d6 「参ります・・・どうか、貫いて!」
KanColle : (4D6) → 10[2,2,2,4] → 10

妙高@2-161:はい 腐った
加賀@2-145:くうー
提督@2-55:損傷1で大破です。
加賀@2-145:球磨さんに仕留めてもらいましょう
妙高@2-161:だね
提督@2-55:うむファンブラなければ轟沈でしょう。
提督@2-55:球磨さんどうぞ。

二回目の中断
時間配分は大事、提督覚えました。

提督@2-55:点呼開始!
妙高@2-161:準備完了!(1/4)
球磨@2-159:準備完了!(2/4)
響@2-144:準備完了!(3/4)
加賀@2-145:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

提督@2-55:じゃあ残り少し初めますか。
妙高@2-161:うーい

提督@2-55:2ラウンド砲撃フェイズ 航行順序1 球磨さんからどうぞ。
球磨@2-159:おー
加賀@2-145:はじめましょう
球磨@2-159:「ヌ級だけでもっ 沈めるクマ!」
球磨@2-159:ヌ級に攻撃
球磨@2-159:砲撃>【中口径主砲】《口ぐせ》を同個性で判定、目標値5
球磨@2-159:2d6+2>=5 砲撃,命中判定
KanColle : (2D6+2>=5) → 7[1,6]+2 → 9 → 成功

提督@2-55:もちろん妨害なし。
球磨@2-159:連撃はなしで感情を頼みでいきますね
妙高@2-161:まぁそれが安定じゃろう
球磨@2-159:2d6 ダメージ 「追撃戦に移るクマー!」
KanColle : (2D6) → 7[2,5] → 7

球磨@2-159:あと1!
妙高@2-161:うむ 一点押そう
提督@2-55:うーん損傷なしですねぇ。
妙高@2-161:「く・・・援護射撃、主砲斉撃!」+1
妙高@2-161:えぇと、うちが振るのか
妙高@2-161:7+1d6 まぁ出目1でもお陀仏である
KanColle : (7+1D6) → 7+6[6] → 13

加賀@2-145:いいダメージ出てる!
提督@2-55:損傷1で轟沈です!
球磨@2-159:「ギリギリだったクマ・・・」
加賀@2-145:「さすがね」

提督@2-55:では雷撃フェイズ。
提督@2-55:こちらは魚雷持ちはなしです。
加賀@2-145:魚雷を持っているのは響さんだけですね
妙高@2-161:だが撃沈の目がない上にアクシデントなのが問題だな・・・
加賀@2-145:そうですね
球磨@2-159:このままスルーが吉っぽい
妙高@2-161:まぁ夜戦も少々危ういしな
響@2-144:ですよね~。では雷撃は行わない方向で 「雷撃戦を行うまでもないよね」
加賀@2-145:???「絶対夜戦してよね
絶対夜戦してよね―――どこぞの夜戦バカ。
提督@2-55:ふむ、では夜戦入りますか?
妙高@2-161:「敵主力は壊乱させました・・・・追撃は不要かと思いますが・・・・」
球磨@2-159:「ここらが引き際クマー」
加賀@2-145:「機動部隊の要、軽空母は沈めました 深追いは無用です」
妙高@2-161:おう夜戦仮面は寝てなさいw
加賀@2-145:夜戦には入りません
響@2-144:「むぅ・・・私の活躍の場だけどしょうがない」

終了フェイズ編集

艦隊戦勝利! 編集

提督@2-55:了解では勝利判定…は判定するまでもなくPC側の勝利です!
加賀@2-145:声援が残ってたら夜戦移行おもしろかったかなー
提督@2-55:(予想外のファンブル祭りで夜戦行くか微妙ラインでしたからね…)
加賀@2-145:「ふう・・・・・・やりました」
提督@2-55:では戦果を…el1隻で+2! 通常3隻で+3!で戦果【5】です。
加賀@2-145:はい 振りますか
妙高@2-161:旗艦殿が二回でいいんじゃないかな
球磨@2-159:ですね
加賀@2-145:それでいいですか?
加賀@2-145:ではお言葉に甘えて2回振りましょう
響@2-144:異議なしでーす
加賀@2-145:snt 「戦果表」
KanColle : 戦果表(3) → 鋼材/1D6+[敵艦隊の人数]個

加賀@2-145:snt 「戦果表」
KanColle : 戦果表(1) → 燃料/1D6+[敵艦隊の人数]個

球磨@2-159:snt 戦果表
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

響@2-144:snt
KanColle : 戦果表(5) → 任意の資材/1D6+[敵艦隊の人数]個

妙高@2-161:snt
KanColle : 戦果表(4) → ボーキサイト/1D6+[敵艦隊の人数]個

提督@2-55:では各資材のダイスどうぞ。
球磨@2-159:私は弾薬にいってみよう
加賀@2-145:1d6+6 「鋼材」
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

響@2-144:ちょっと様子みます~
妙高@2-161:1d6+6 ボーキサイト
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

加賀@2-145:1d6+6 「燃料」
KanColle : (1D6+6) → 3[3]+6 → 9

球磨@2-159:1d6+6 弾薬 獲得
KanColle : (1D6+6) → 6[6]+6 → 12

加賀@2-145:素晴らしいクマちゃん
響@2-144:う~んどうしようw
加賀@2-145:均等に回復しましたね
妙高@2-161:19/25/24/22 か
提督@2-55:無難どころだと燃料ですな、入渠やらなんやら色々使いますし。
妙高@2-161:ってもう反映されてるじゃないですかーやだー
妙高@2-161:だの
加賀@2-145:燃料かな
妙高@2-161:(10/13/13/11である
球磨@2-159:そだねー
響@2-144:じゃあ燃料行きます~
提督@2-55:(なおこの鎮守府を再利用するかは不明の模様)
響@2-144:1d6+6 燃料 獲得
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

提督@2-55:うんがっつり高め引きましたね。

艦隊帰投、提督の真意は・・・? 編集

提督@2-55:艦隊戦を勝利で収めるとと通信が入ってきます。
加賀@2-145:「あら、通信ね」
提督@2-55:榛名『こちら【夜明けの鬼灯水軍】重巡1軽巡2撃墜、これより帰投します。そちらはいかがでしたか?』
加賀@2-145:「機動部隊の主力を補足 沈めました 2名傷を負いましたが全員航行に問題ありません」
加賀@2-145:「最強蓮華戦隊 全艦健在です」
提督@2-55:提督「おーそうか、よくやったこっちも良い知らせが入ってきた、全艦帰投だ」
球磨@2-159:「それはいい知らせクマ」
加賀@2-145:「良い知らせです」
妙高@2-161:「となると・・・作戦は成功、ですかね」
加賀@2-145:「そのようね」
加賀@2-145:「私達も帰投しましょうか」
響@2-144:「そうだね」
球磨@2-159:「クマクマ」
妙高@2-161:「そうしましょう」

提督@2-55:では移動しまして提督室に。
加賀@2-145:「失礼します 最強蓮華戦隊 帰投しました」
提督@2-55:「おう、おつかれ。改めて戦果はどうだった」提督室には、提督と榛名の2人が居ます
加賀@2-145:「敵機動部隊と交戦し敵主力を沈めることに成功しました」
加賀@2-145:「軽空母ヌ級、軽巡ホ級、駆逐ロ級2隻を撃破」
加賀@2-145:「それとロ級が2ついましたが……目的は達成できたと判断し追撃はしませんでした」
球磨@2-159:「正確にはその余裕がなかったなんて内緒クマ」
妙高@2-161:「すみません、敵数が多く、損傷もありましたので・・・」
響@2-144:「物は言い様だよね」
加賀@2-145:「・・・・・敵が撤退したのをこの目で確認しています」
提督@2-55:「いや、そんなもんで十分だな、散り散りになった駆逐に脅威はそんな無いだろう」
提督@2-55:「榛名と合わせて戦果は上々だな、今さっき他の鎮守府からも通信が入った」
提督@2-55:「イリュージョン方面、ナッドウェー方面共に作戦成功だそうだ」
提督@2-55:榛名「提督、アリューシャン、ミッドウェーです」
加賀@2-145:榛名は安定してるなあw
提督@2-55:「お、そうだったかな、どうやら作戦に参加してない他の鎮守府にも奇襲があったようだが無事迎撃」
提督@2-55:「我々の勝利だ」
加賀@2-145:「そう、それはよかった 気分が高揚します」
球磨@2-159:「肝が座ってる?・・・クマ」
妙高@2-161:「・・・・しかし大規模作戦とはいえ、敵の対応が的確すぎるような・・・・いえ、思い過ごしですよね・・・」
響@2-144:「考えすぎじゃないかな?こんな血まみれの鎮守府に奇襲かける意味ってあると思うかい?」
提督@2-55:「ま良くある手段だろ、大規模な囮を展開しつつ隙だらけの後方を狙うなんてのはな」
球磨@2-159:「まあ、そのとおりクマ でも息抜きも大切くまー じっくり休ませてもらうクマぁ」
提督@2-55:「作戦は成功…何人か損傷あるようだし、今日の所はゆっくり休むと良い」
加賀@2-145:「・・・・・・あの提督」
提督@2-55:「ん、どうした」出て行くだろうと思い漫画本に伸ばした手を止める
加賀@2-145:「別働隊だった千歳の姿が見えませんが」
提督@2-55:「ああ、千歳らの隊は先に戻ってるぞ、夜明けの鬼灯水軍、最強蓮華戦隊。両方の航空支援に当たって貰ったからな」
加賀@2-145:「そう・・・それを聞いて安心しました」
加賀@2-145:「良い支援攻撃で助かったわ ・・・また一緒に出撃したいものです」
提督@2-55:「そうか、良い仲間を持ったな」
加賀@2-145:「はい」
妙高@2-161:「さ、行きましょうか 明日のためにそのいち まずは休むこと です」
加賀@2-145:「修復に入らせていただきます 失礼します」
妙高@2-161:「・・・どうも考えすぎね ふぅ 後は提督にお任せしましょう」
響@2-144:「私は修復の必要ないからここで寝てるね」また赤い毛布を取り出し
加賀@2-145:「そうはいきません」 ガシッ
響@2-144:「あ~それはやめて~」引っ張られながら
加賀@2-145:「行きますよ」(ずるずるずるずる
妙高@2-161:例によって頭がひきずられそうになるのを抱えていくぞw
響@2-144:相変わらず加賀さんの引っ張り方がひどいw
加賀@2-145:「間宮製のアイス 要らないというの?」
響@2-144:「物で釣られる私だと思うかい?5個で手を打とう」
加賀@2-145:「・・・・・・1つです」 そう言うとスタスタと先に立って歩き出します
妙高@2-161:釣られてるじゃないか(ぁ
響@2-144:「瑞鶴さんなら5個でも10個でもくれそうだけどな・・・・」加賀さんに聞こえる程度に小声で
加賀@2-145:「五航戦の子なんかと一緒にしないでほしいものだわ」
加賀@2-145:「はぁ・・・ 2つよ、それ以上は自分で買いなさい」
響@2-144:「加賀さんってやっぱり優しいよね」 今度は加賀に聞こえないようにつぶやいて上機嫌で後を付いていきますよ~
提督@2-55:―――斯くして、ALMI作戦及び各地本土強襲を凌いだ鎮守府
提督@2-55:その一つである、血塗れのきゅんきゅん砦に所属する、最強蓮華戦隊
提督@2-55:その後、彼女らは派遣された鎮守府に戻ったのか、はたまたこのまま所属し活躍するのか…
提督@2-55:それはまた別の話である…

アフタートーク 編集

提督@2-55:という訳で終わりです、お疲れ様でした。
提督@2-55:最後に経験値の清算ですが…MVPを決めましょう。
加賀@2-145:わー、ぱちぱちぱち お疲れ様でした
響@2-144:お疲れ様でした~
提督@2-55:シークレットダイス MVPのキャラ名 理由 でお願いしますっ。
加賀@2-145:はい了解です
響@2-144:わかりました~
妙高@2-161:ほほい
提督@2-55:順次シークレットダイススタンバイどうぞ。
球磨@2-159:シークレットダイス
妙高@2-161:シークレットダイス
加賀@2-145:毎回迷うのよね・・・ここ
響@2-144:迷いますねw
妙高@2-161:迷うのはいいセッションだった証拠だってばっちゃが言ってた
加賀@2-145:よおーし
加賀@2-145:シークレットダイス
響@2-144:シークレットダイス
提督@2-55:では・・・
提督@2-55:MVPオープン!
加賀@2-145:s1d6 [MVP・響・キャラクターが素晴らしく立ってたので そして初参加お疲れ様でした]
KanColle : (1D6) → 1

球磨@2-159:s1d6 【加賀】「これぞ一航戦クマー」
KanColle : (1D6) → 1

響@2-144:s1d6 加賀さん:戦闘での出目の走りっぷりに脱帽
KanColle : (1D6) → 6

妙高@2-161:s1d6 響 初参加お疲れ様でした 今後の活躍も期待しております
KanColle : (1D6) → 4

提督@2-55:加賀20点 響20点の経験値ですね。
提督@2-55:それに加えて
加賀@2-145:ありがとうございます いただきますね
響@2-144:ありがとうございます!響ちゃんで頑張っていきます!
提督@2-55:【戦闘10点*2=20点】 【艦種ボーナス 駆逐・軽巡20点 重巡・軽母10点】 【旗艦10点】 【任務 70点】を得てください。
球磨@2-159:110点くまー
加賀@2-145:合計120点です
響@2-144:合計130です
妙高@2-161:合計100点ですね
提督@2-55:100超えた方は2Lvにアップ 新たに戦術アビリティ1個取得できますっ。
提督@2-55:セッション中に獲得・交換した装備に関しては全てお任せします、他提督の許可があれば他鎮守府に持っていって構いません。
妙高@2-161:はいなー
提督@2-55:但し装備数の上限は護ってね☆
提督@2-55:終了処理もこれで全部終わりかな…?今度こそお疲れ様でした!
妙高@2-161:お疲れ様でした
球磨@2-159:お疲れさまでしたー
響@2-144:お疲れ様でした
加賀@2-145:お疲れ様でした
提督@2-55:ま、もし万が一不許可が出た場合は初期装備に載せ替え、その際の初期装備は急に湧いてきたと言う事で。

GMから編集

という訳でいかがだったでしょうか?初心者GMによる初心者の為の初心者卓でした。
これを思いついた当初はまだE3だった為、ネタ的にはE6に当たるんですよねこれ…お恥ずかしい限りで
慣れない処理に悪戦苦闘はしましたが、今回の目的であった、初心者さんに色々な判定を任せるは達成できたと思います
また機会があれば、卓を開催するかもしれません、その時はどうぞよろしくお願いします。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki