FANDOM


噛み芸提督・・・。orz
タイピング技術が稚拙なままなので担当するキャラは、
もれなく「噛みキャラ」になります。

GM履歴編集

        よもやまばなし(ネタばれ)


         鎮守府について:
         ログのメモ等にも書いてありますが、この鎮守府では
         今回のシナリオでピックアップされていた妖精さんの適正調査(武器艤装開発)の他に
         妖精さんの生態,行動の観察をしています。
         妖精さんが鎮守府を自由に出入り出来ている理由でもあります。

         気弱妖精さんについて:
         終了後の見学用タブで少し書いた気弱妖精さんと瑞鶴の関係は
         ・おどおどしているので、瑞鶴は良かれと思って面倒を良く見る
          →適正を見定めてあげたい→でも、自信が無いので上手くいかない
         ・妖精さん→瑞鶴への感情は好きであり,嫌っているわけではない。
          力を失った瑞鶴のことは、正直心配。事件以後は申し訳なくて顔を合わせられかった。
         といった感じ。
         シナリオ内で気弱妖精さんが右往左往していたのは、瑞鶴を直す方法を探す為。
         もしPC達が街の人に話しを聞いていたら、走り回ってる気弱妖精さんの情報を得られました。

         幸運の五航戦ギミックについて:
         案はかなり前からあり、瑞鶴をNPCに採用した理由の1つでもあったのですが、
         そのまま通常のアクシデント使用では初期卓ではデメリットが大きすぎることや、
         お前は引っ込んでろ状態になるよね?とアドバイスを貰っていました。
         なので、専用のアクシデント表を用意して内容をマイルドにし、
         イベントでの判定に+1修正のデメリットとして導入しました。
         結果は・・・損傷1、行動力マイナス1、資材入手2、資材ロスト2、何もなかった1
         判定修正としての使用は2~3回。
         資材入手で枯渇していた弾を補給できたりと割とポイントにはなったかもしれません。


        よもやまばなし(ネタばれ)


         シナリオについて:
         前回が「艦娘(瑞鶴)と妖精さん」の話であったので、今回は「鎮守府の妖精さん達」
         の話という形を意識しました。
         原型だともっと規模が大きく、鎮守府・町の妖精さんが羊羹不足でやる気を失ってる
         といった感じのシナリオだったのですが、収集がつなかそうだったので没。
         あと『嵐』ですが、前回決戦時に近づいてきていた『嵐』が各地に被害を与えたという設定です。
         セッション中にあったこととかも、拾って後で使うのは大好きです。

         大和さんについて:
         水上機が飛ばせれば誰でも良かった!・・・と理由もありますが
         自PCとして出す踏ん切りがつかないので登場してもらいました。
         彼女は座礁した輸送艦にも乗っていたり、近隣の町の避難活動をしたり、
         主だった背景に関係しているので、ワイルドカード的な立ち位置でした。
         (ちょくせつ居なくなった妖精さん達のことはわかりませんが)
         しかしまぁ、黒幕として疑われるとは・・・(裏での話)

         憲兵妖精さんについて:
         イメージは逆転裁判のイトノコ刑事をもっと役に立たなくした感じ。
         最初に配った羊羹は、この子の説得(賄賂・心付け)用。
         ミドル戦後に初春が止めてなかったら、決戦で護衛対象として追加されていました。
         
 

PL履歴編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。