FANDOM


鎮守府:横須賀戦国警備府

提督:鍵鎮エセル提督

レベル:1~2

サイクル数:1サイクル

彷徨う死逢わせの乙女たち 皐月@4-114 武蔵@3-1550 あきつ丸@4-89
天龍@4-130


1日目編集

GM:点呼開始!
あきつ丸@4-89:準備完了!(1/4)
皐月@4-114:準備完了!(2/4)
武蔵@3-1550:準備完了!(3/4)
天龍@4-130:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

GM:はい、それでは改めまして、当卓に参加していただき、ありがとうございます!
GM:これより「魔法使いの海 ~新任提督は魔法使い!?~」セッション開始します!
GM:よろしくお願いします!
あきつ丸@4-89:いえ、こちらこそ よろしくおねがいしますであります!
皐月@4-114:よろしくお願いします!
武蔵@3-1550:よろしくお願いしまーす!
天龍@4-130:よろしくお願いするぜ

プリフレイ編集

GM:ではまず、簡単に自己紹介等をお願いします。順番は武蔵さんから右に
武蔵@3-1550:はいな
武蔵@3-1550:「我が名は武蔵。そう、かの大戦艦・大和型の二番艦武蔵だ!」
武蔵@3-1550:「所有アビリティは【私はここだ】【博覧強記】【陣形変更】。我が前に出てくる愚か者はすべからく滅してやろう」
武蔵@3-1550:変更点とか特にないんで終わりかな?
GM:了解です、よろしくおねがいしますー。次はあきつ丸さんで
あきつ丸@4-89:「自分はあきつ丸であります。陸軍生まれであります。」
あきつ丸@4-89:「手違いにより、なぜか改の黒服がいきなり支給されたので画像は黒服オンリーであります。」
あきつ丸@4-89:「でも艤装スペックは未改造の生まれたてほやほやと同じなのでそこのところよろしくお願いするでありますな」
あきつ丸@4-89:「所有アビリティは【であります】と【支援砲撃】であります」
あきつ丸@4-89:「ファンブルすれば好感度があがって好感度が上がればダメージがあがる構成であります。」
あきつ丸@4-89:「あと大発もあるので運が良ければ遠征シーンでもらえる資材が増えるであります。」
あきつ丸@4-89:「多分忘れてくれていいであります」
あきつ丸@4-89:「なんでもここの提督殿は魔法使いだとか。陸軍の魔導技術の結晶たる自分にぴったりなばしょでありますな!」
あきつ丸@4-89:「よろしくお願いするであります。」
GM:セッションログだと画像云々は分からないから気にしなくても良いよ!お次は天龍さん!
天龍@4-130:おう
天龍@4-130:「俺が天龍型1番艦、天龍だ。荒事なら任せな」
天龍@4-130:「所有アビリティは【怖いか?】【白兵戦闘】だ。初期作成だから少ないな」
天龍@4-130:「初期戦術アビリティの高速機動を白兵戦闘に変更して攻撃的な艦になったな。さっさと試し切りしてぇぜ」
天龍@4-130:「ま、よろしく頼む」
GM:わぁ、荒っぽい!ではラスト、皐月さんどうぞー
皐月@4-114:はーい
皐月@4-114:「睦月型五番艦の皐月だよ!」
皐月@4-114:「アビリティは【可愛いね!】【釘付け】の2つにしてるんだ」
皐月@4-114:「アビリティの変更とかも特に無いよ!」
皐月@4-114:「何が起こるか楽しみだなー、よろしくな!」
皐月@4-114:以上ー
GM:はい、よろしくお願いします。睦月型はやっぱり可愛いね!
皐月@4-114:可愛いね!
GM:さてさて、お次は旗艦決め、鎮守府名決め、艦隊名決めですね。旗艦をしたい方は挙手!
天龍@4-130:可愛いな!
武蔵@3-1550:任せる!
皐月@4-114:じゃあやるー!
GM:ふむ、皐月さんか。天龍さんとあきつ丸さんはどうでしょう?
あきつ丸@4-89:どうぞでありますな
天龍@4-130:ん~、問題ないな
GM:では旗艦は皐月さんで決定!
皐月@4-114:やったぜ
皐月@4-114:任せろー!
武蔵@3-1550:ぱちぱちー
天龍@4-130:ぱちぱちぱち
GM:deha
GM:おっと、では続けて、鎮守府名を決めましょう。皐月さんはCHINJUを
皐月@4-114:はーい
皐月@4-114:CHINJU
KanColle :鎮守府名決定表(7[4,3]) → 「地名表(chimei)」+「勇猛表(yumou)」+「組織表(soshiki)」

皐月@4-114:ふつー
GM:だが勇猛。天龍さん、あきつ丸さん、武蔵さんの順に地名、勇猛、組織を振ってくださいー
天龍@4-130:普通だな
武蔵@3-1550:勇猛さんがきっとなんとかしてくれる
天龍@4-130:chimei jaa,
KanColle :地名表(35[3,5]) → ショートランド

あきつ丸@4-89:yumou 勇猛果敢でありますよ
KanColle :勇猛表(34[3,4]) → 戦国

武蔵@3-1550:soshiki そりゃ
KanColle :組織表(13[1,3]) → 警備府

武蔵@3-1550:ショートランド戦国警備府
天龍@4-130:戦国なのか
皐月@4-114:ものものしいな
あきつ丸@4-89:ショートランド島は戦国時代へ
GM:戦国とは一体。皐月さんはどれか一つ振り直せます。CHINJU振り直しも可
皐月@4-114:どうしよ
GM:また、振り直し結果と比較しておもしろ・・・げふんげふん、良い方を選んでも良し、ですよ
皐月@4-114:ショートランド変えたいな、いいかな?
武蔵@3-1550:どうぞー
天龍@4-130:おk−
GM:どぞー
皐月@4-114:CHIMEI
KanColle :地名表(15[1,5]) → 横須賀/ヨコスカ

皐月@4-114:横須賀になっちゃった
GM:横須賀か、ショートランドか
天龍@4-130:日本が戦国で警備……普通だな(錯乱
皐月@4-114:横須賀戦国警備府…シュールだ
GM:一応決定権は皐月さんにありますが、どうします?
皐月@4-114:横須賀でOK?
GM:OK、ではここは横須賀戦国警備府になりました!
天龍@4-130:OK
武蔵@3-1550:おk
あきつ丸@4-89:横須賀であります
天龍@4-130:まあ、本番はここからだな
GM:では、次は艦隊名ですね。武蔵さんにKANTAIを振ってもらいましょう
武蔵@3-1550:kantai
KanColle :艦隊名決定表(9[6,3]) → 「修飾表(shushoku)」+「特殊表(tokushu)」+「チーム表(team)」

武蔵@3-1550:来たぜぬるりと
皐月@4-114:あっ
GM:ざわ・・・
天龍@4-130:特殊、来たぜぇ
GM:では、あきつ丸さん、天龍さん、皐月さんの順に、修飾、特殊、チームを振ってください
あきつ丸@4-89:syyushoku
あきつ丸@4-89:shushoku
KanColle :修飾表(15[1,5]) → 彷徨う

天龍@4-130:tokushu フフフ
KanColle :特殊表(46[4,6]) → しあわせ

天龍@4-130:…
皐月@4-114:TEAM
KanColle :チーム決定表(46[4,6]) → の乙女たち

GM:彷徨うしあわせの乙女たち
天龍@4-130:……ふっつー
武蔵@3-1550:謎い
皐月@4-114:彷徨うしあわせの乙女たち?なにこれ
GM:武蔵さんに振り直し権。どこを振り直しましょう?
武蔵@3-1550:チーム?
天龍@4-130:特殊でも良いんだぜ?
GM:お好きなものを。振り直し無しでも可です
武蔵@3-1550:なんていうか、どれもかみ合って無い感がすごい
天龍@4-130:彷徨う死合わせの乙女たち、漢字にすればかみ合った気がしないか?
皐月@4-114:死逢わせにしよう(提案)
武蔵@3-1550:とりあえず特殊振るか
GM:ほい、どうぞー
武蔵@3-1550:tokushu
KanColle :特殊表(14[1,4]) → ばっくれ

あきつ丸@4-89:彷徨うハッピーガールズとか
天龍@4-130:ばっくれちゃったか~
GM:この子ら仕事バックれてきたのか・・・
あきつ丸@4-89:さまようばっくれの乙女たち
皐月@4-114:バックれたかー…
武蔵@3-1550:これなら死逢わせの方が…?
天龍@4-130:ただのサボりじゃねーか!
GM:ふむ、皐月さん。どちらが良いですかね?
皐月@4-114:死逢わせで!
GM:OK、ここに彷徨う死逢わせの乙女たち、爆誕しました
皐月@4-114:どかーん
天龍@4-130:サボり魔か死神かって言われたらなー、
あきつ丸@4-89:彷徨う死遭わせであります
武蔵@3-1550:通った後にはペンペン草も残らない
GM:では、オープニング・・・の前に、セッション開始時に使用するアビリティ、どうぞー
武蔵@3-1550:おっとっと
武蔵@3-1550:【博覧強記】 3:性格 を指定します
GM:はい、了解しましたー
GM:では、改めてオープニングを開始いたします。
あきつ丸@4-89:改めてよろしくお願いするでありますな

導入フェイズ編集

GM:ここは横須賀。
GM:ごくごく普通の海に面した街。であるのだが、最近その海で妙な事が起きているという。
GM:『変な妖精さんを見た』『騎士のような深海棲艦』『海を走る戦車』
GM:良く分からない事を、良く分からないまま放置しておくのは、大本営としても問題なのだろう。新しい鎮守府を建造して調査を行うとの事。
GM:そして建造された、横須賀戦国警備府。そして、そこに配備されるのは君達、彷徨う死逢わせの乙女たち。
GM:君達は今、その鎮守府の責任者である提督に着任の報告をしに行くところだ。ちょうど執務室の前あたりだろう、ドアを開ければ提督がいるはずだ。
皐月@4-114:じゃあドアバーンって開けます
あきつ丸@4-89:「ささ、旗艦どの、どうぞドアを」
GM:わぁ
皐月@4-114:そして開けたドアの前でドヤ顔で仁王立ち
GM:では、ドアを開けた先には・・・
天龍@4-130:「うーす」気だるそうに入るよ
あきつ丸@4-89:「なかなか派手にやるでありますな」 てくてく
皐月@4-114:「彷徨う死逢わせの乙女たち、到着だ…って、みんな先に入るなよー!」
Littorio:「!?むぐ、むぐぐぐぐぐ」カルボナーラを喉に詰まらせたパスタの国の戦艦の姉の方
皐月@4-114:慌てて二人を追いかける
Roma:「ほら、パスタばっかり食べてるから・・・」その姉に水を差しだす妹の方
武蔵@3-1550:その後を悠々とついていこうか
天龍@4-130:「何だぁ?ここはレストランか?」
皐月@4-114:「えっ、そうなの?」
鍵鎮エセル提督:「おや、やっと到着かな?ごきげんよう、彷徨う死逢わせの乙女たちの皆さん」狐の耳と尻尾が生えた、白い女性
GM:その三人が執務室に居るよ。状況的に、その白い女性が提督であるというのが分かる。
天龍@4-130:「おいおい、しかもキツネのねーちゃん付のコスプレレストランだとよ」
あきつ丸@4-89:「彷徨う死逢わせの乙女たち所属、艦娘あきつ丸。着任したであります。」
皐月@4-114:「えっ、あっ、うん!到着だ!」
武蔵@3-1550:「色物じゃないか」 >天龍
鍵鎮エセル提督:「ええと・・・(手元の書類を見て)旗艦は皐月、構成は武蔵、あきつ丸、天龍の計四名。うん、確認しました。道中ご苦労様」
皐月@4-114:「むー…お姉さんが司令官で合ってるんだよね?」
鍵鎮エセル提督:「あはは、コスプレじゃないんだけれどね。さてと、こちらも挨拶と行きましょう」そう言って君達四人の前に立ちます
鍵鎮エセル提督:「私がここ、横須賀戦国警備府の提督を務めさせてもらってる、鍵鎮(かぎもり)エセルドレーダです。そして、この二人が・・・」
Roma:「一応、秘書官という事らしいわ、ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦4番艦、Romaよ」
Littorio:「その姉の方、Littorioです」
皐月@4-114:「司令官じゃん。天龍、デタラメ言わないでよ」 肘で小脇をつつく
GM:そう言って、軽く敬礼をするよ
天龍@4-130:「おっと、提督さんだったか。悪いな皐月、ウェイターかと思っちまってたぜ」
皐月@4-114:「はーい、旗艦の皐月だよ!」 元気よく敬礼で返しながらね
皐月@4-114:「ほんとかよー…」>天龍
武蔵@3-1550:「まぁ、珍妙ということには変わりないがな」
鍵鎮エセル提督:「さて、到着して早々だけれど。君達4人がここに配属になった理由についてです」
天龍@4-130:「俺が天龍だ。よろしく頼むぜ提督さん」小ばかにした感じで敬礼
あきつ丸@4-89:「なんでも”怪異”が起きているらしいでありますな」
鍵鎮エセル提督:「その通り、その調査の為ですね。そして、それについて私は心当たりがあります。というか、本来は私の仕事なんですけどね」
天龍@4-130:「怪異っつってもよー、わざわざ新しく鎮守府を作るほどのもんなのか?ここは仮にも本土だぜ?」
鍵鎮エセル提督:「それについてですが・・・まずはじめに、私は実は、魔法使いなんです」
皐月@4-114:「えっ!?そうなの!?」
GM:すっごく真面目な表情でそう言います
あきつ丸@4-89:「『魔法使い』でありますか。なるほど道理で」
皐月@4-114:キラキラした顔で提督をじーと
天龍@4-130:「はっははー、良ーい冗談だ。テレビのマジックショーに出れるぜぇおい」
武蔵@3-1550:「フン。そんな与太話でひっかけられるのは皐月位なものだぞ」
Roma:「ほら、やっぱり信じない子いたじゃない!」
あきつ丸@4-89:「おや?皆は信じないのでありますか?」
皐月@4-114:「え、えー?」 チラチラ他の人の顔を伺う
武蔵@3-1550:「逆に問うが、何を根拠に信じろというのだ」
Littorio:「私は信じても良いと思うけど・・・」
あきつ丸@4-89:「艦娘なんて非科学の結晶みたいなものでありましょう?」
あきつ丸@4-89:「魔法使いやニンジャ、吸血鬼や人狼の一人や二人くらい実在していてもなんの不思議もないでありますよ。」
鍵鎮エセル提督:「あはは、やっぱりそうなるよね。うん。逆に私達『魔法使い』からしてみれば、艦娘なんて到底信じられない・・・ハズ、だったんだよね」
鍵鎮エセル提督:「まあいいや、私の魔法名・・・あ、本当の名前の事ね、魔法名は『運命の扉』、人の出会いと運命を司る魔法使いです」
皐月@4-114:「結局、何が本当なのさー」 ふくれっつら
あきつ丸@4-89:「おっと、魔法名まで名乗るでありますか」
あきつ丸@4-89:「よほど信頼されてるでありますな」
GM:そう言って、指をパチンと鳴らすと、どこでも○アがにょきにょき生えてきます(ぁ
皐月@4-114:「そうなの?」
あきつ丸@4-89:「名で縛るというのは魔法の基礎でありますよ。ゆえに真名、魔法名は特別な意味をもつであります。」
皐月@4-114:「すげー!どこで○ドアだ!」 指差して
武蔵@3-1550:「ほう…」
天龍@4-130:「扉をせり上げるだけで魔法使い名乗れんのかよ、最っ高だぜ提督ぅ」まーだ信じてません
皐月@4-114:「じゃあ、ボクたちは特別ってこと?なんだか照れちゃうなぁ」
鍵鎮エセル提督:「あはは、じゃあこれが例えば・・・・・・深海棲艦の棲家に通じてたら?それとも宇宙が良い?はたまた異世界?」
あきつ丸@4-89:「天龍殿試されては?」
皐月@4-114:「ほら天龍、行ってみなよー」
武蔵@3-1550:「面白い。見ていてやろう」
Roma:そんなやり取りをしている5人の後ろで「天龍に信じて貰えないに今日の夕飯のおかず一品」とかやってます
天龍@4-130:「はっはー、良いぜ どうせならピザ屋にでも繋いでくれ、昼がまだだったからな」
鍵鎮エセル提督:「ピザか、良いね。せっかくだから皆で食事会にして交流しましょうか」
GM:ではドアをガチャっと開けると
ピザ屋の店員:「いらっしゃいませー!」
GM:そこはピザー○!
皐月@4-114:なんということでしょう!
あきつ丸@4-89:てくてく
天龍@4-130:「おいおい、どんなトリックだ。えぇ?」
あきつ丸@4-89:「すいません。明太子ピザを一つ」
皐月@4-114:キランキランしながらあきつ丸についていく
鍵鎮エセル提督:「あはは、トリックなんてないよ。魔法だからね」
皐月@4-114:「ボクはどれにしよっかなー」
武蔵@3-1550:「一番豪華なヤツを頼む」
鍵鎮エセル提督:「あ、じゃあウインターク○ブとピザー○アルティザンを2つずつ」
Littorio:「私はこの・・・ナポリタン?を一つ」
Roma:「何でピザ屋なのにパスタ頼んでるのよ、マルゲリータ一つ」
皐月@4-114:「おもちのやつ、一つくださーい!」
天龍@4-130:「クソッタレ、ああ、信じてやるよ。魔法使いってやつをよぉ あ、ピザー○ライトってのを一つ」少し不機嫌そう
ピザ屋の店員:「はい!ご注文承りました!」
GM:さて、ピザを注文したところで(お会計はRomaがやってます)提督がオホンと咳払い
鍵鎮エセル提督:「うん、一応信じて貰えて良かった。それでですね、この海域で起きている怪異は、私達魔法使いが本来回収すべき魔法の本が原因だと判明しました」
皐月@4-114:「魔法の本?読んだら魔法が使えたりとかするの?」
鍵鎮エセル提督:「しかし、この世界では、私達魔法使いは思うように魔法が使えません。ですので、貴女方にその魔法の本の回収を代行してもらいたいのです」
鍵鎮エセル提督:「素質があれば、使えないことはないですね」
皐月@4-114:「マジでっ!じゃあボクも使えたりするのかなー」
鍵鎮エセル提督:「かもしれませんね」
あきつ丸@4-89:「皐月殿は使えそうなきもするでありますな」
皐月@4-114:えへへと表情緩んでる
鍵鎮エセル提督:「私達は、可能な限りサポートを行いますので。よろしくお願いします」
武蔵@3-1550:「この手のものは信じる者はなんとやらと言うしな」
皐月@4-114:「はっ…うん、まっかせてよ!」
天龍@4-130:「で、魔法使い様は本のありかの見当はついてんのかよ」
あきつ丸@4-89:「そのために自分が呼ばれたでありますな」
鍵鎮エセル提督:「そうですね、一体どのくらいの数があるかは分かりませんが、すぐに回収出来そうなのはこの鎮守府の近海にありますね。まずはそれの回収としましょう」
GM:と言うと、先程のどこでも○アからRomaとLittorioがピザを抱えて帰ってきます
皐月@4-114:「おかえりー」
Roma:「いくらなんでも買い過ぎじゃないかしら?」
Littorio:「そんなことないわよ?これだけの人数ならペロリといっちゃうかも?」
武蔵@3-1550:「自慢ではないが人一倍食うぞ私は」
鍵鎮エセル提督:「あはは、じゃあ準備とかをする前にまずは腹ごしらえとしましょうかね」
あきつ丸@4-89:「いただきます。で、あります。」
GM:そう言って、ピザパーティーを執務室で始めるのでした。特に何もなければこのままオープニング終了となります
皐月@4-114:「いっただっきまーすっ」
天龍@4-130:「いただくよ、クソォ」
GM:(武蔵さんは特にない感じかな?
武蔵@3-1550:あ、無いよー
GM:了解、ではオープニング終了です。まずはひとまずお疲れ様です
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:はいなー
GM:ではここで任務発表です!
GM:メイン任務:魔法の本を回収しよう(決戦に勝利する) 達成報酬:経験点50点
GM:サブ任務1:出撃準備をしよう(遠征シーンを1回成功させる) 達成報酬:通常戦果3(係数6)+経験点30点
天龍@4-130:サブ付きか
皐月@4-114:むむむ
あきつ丸@4-89:大発が火を噴くでありますな>遠征シーン
GM:サブ任務2:みんなで交流!(【感情値】を合計で3点上昇させる) 達成報酬:任意の開発表2回
武蔵@3-1550:ちょうどダイハツ君がいたな
天龍@4-130:火を噴いたら大惨事じゃないか?
皐月@4-114:ダイハツ!火炎放射!
GM:ポケ○ンかな?
天龍@4-130:提督、質問なのだが
GM:はい
天龍@4-130:感情値合計3点ってのは決戦後の戦果表込みか?
GM:込みですね
皐月@4-114:あとこれ、勿論だけど導入は含まないよね?
GM:はい、導入のは含みません
武蔵@3-1550:あと、サブ1の戦果での感情は?
GM:サブ1で6が出た場合はカウントします
あきつ丸@4-89:くっ、強襲揚陸をもっていれば……
皐月@4-114:はいっすー
GM:HAHAHA
天龍@4-130:まあ、合計だから気楽に行けそうだぜ
GM:ともあれ、こんな感じの任務です。
GM:導入の感情値をそれぞれ1点ずつどうぞー
天龍@4-130:さーて…
あきつ丸@4-89:さてさて誰にとるでありますかな
武蔵@3-1550:さて…
皐月@4-114:悩むなぁ
武蔵@3-1550:皐月+1 「純粋」
皐月@4-114:皐月ちゃんは可愛いからね仕方ないね
あきつ丸@4-89:天龍+1
あきつ丸@4-89:「奇跡も魔法もあるんだよ。で、あります。」
天龍@4-130:あきつ丸+1「真面目だなぁ、お前は」
皐月@4-114:武蔵さん+1 「大っきいなぁ、ボクも負けてられないや!」

鎮守府フェイズ編集

GM:さて、感情も取れたみたいですので、お待ちかねのカード作成タイム!
武蔵@3-1550:シーンは標準かな?
GM:今回は初GMという事もあって、シーンエディットなし、標準となっております
あきつ丸@4-89:了解であります
天龍@4-130:提督ー、資源とかの管理はどうなっているのでしょうか
GM:ん、今の所こちらで管理してますが。お手伝いして頂けるのでしたら、是非・・・と。
皐月@4-114:じゃあ旗艦だしやるよー
GM:では皐月さんにリソース管理お願いします
皐月@4-114:はーい
GM:感情はこちらで管理しますね
天龍@4-130:伏せました
GM:はーい
GM:ん、あと一枚かな?
皐月@4-114:揃った?
あきつ丸@4-89:すまない 遅れたであります
GM:では、まぜまぜー
GM:うん、このくらいで大丈夫かな。今日は1シーンやって終了かな?最初の方、どうぞー

SP・武蔵『まぁいい。食べてみればわかるだろう』編集

皐月@4-114:誰行くー?
あきつ丸@4-89:行動力低い順でありますか?
天龍@4-130:行動低い順?
武蔵@3-1550:行動力の低さなら自信があるぞー
GM:でしたら武蔵さんからかな?
武蔵@3-1550:じゃあ引くよー
GM:はい、どうぞー
どどんとふ:武蔵@3-1550がカードを公開しました。「日常


「マジックアイテム」」

GM:マジックアイテム・・・ふむ
武蔵@3-1550:evnt とう
KanColle : 日常イベント表(7) → 海軍カレー:提督が選んだ(キーワード)に対応した指定個性で判定。思いつかない場合は《食べ物/趣味6》で判定。(着任p220)

天龍@4-130:!?
皐月@4-114:魔法のカレー?
武蔵@3-1550:ほう…
天龍@4-130:ライフポイントが200回復しそう
GM:モウヤンのカレーww
皐月@4-114:wwwww
あきつ丸@4-89:マジックカレー
GM:ふむ・・・
武蔵@3-1550:あれ実在する店がモチーフらしいね
GM:みたいですね。では夕食の時間に提督がカレー作ってる感じかな?何かあれば言ってくだされば
武蔵@3-1550:じゃあそれで
GM:はーい。では着任初日の夕方、食堂の方から良い匂いがしてきますね。
武蔵@3-1550:「む…?この香りは…」
皐月@4-114:「くんくん。いい匂いがするよ」
天龍@4-130:「ん~、あれ今日は金曜日だったか」
あきつ丸@4-89:「カレー、でありますな」
あきつ丸@4-89:「海軍カレー……いいであります」
皐月@4-114:「カレーかぁ…」 じゅるり
GM:Roma、Littorio、提督の声も食堂の方から聞こえてくる。ただし、Romaの声はちょっと怒っている感じだ
天龍@4-130:「匂いがするってことはもうすぐできるってことだよなぁ、食堂に急ごうぜ」
皐月@4-114:「うん!」
武蔵@3-1550:「よし。そうと決まれば善は急げだ」
あきつ丸@4-89:「おー!であります」 (てくてく
GM:では、そんな感じで食堂についた一行
Roma:「提督、一体なに入れたのよ!?姉さんが倒れてるわよ!?」
Littorio:「嗚呼・・・刻が見えるわ・・・ろーま・・・」目を回して倒れてます
あきつ丸@4-89:「これは……」
鍵鎮エセル提督:「やーねー、ちょっと隠し味入れただけじゃない」
武蔵@3-1550:「なんの騒ぎだ、これは」
天龍@4-130:「……カレーじゃなくて毒物みてぇだな」
皐月@4-114:「なになに、どれー?」
皐月@4-114:「リットリオさん!?大丈夫なの!?」
あきつ丸@4-89:「いやはや」
GM:一応パッと見は顔色は悪くなさそう
あきつ丸@4-89:「これが海軍カレーでありますか…」
皐月@4-114:「違うと思うよっ!?」 びしい
鍵鎮エセル提督:「んー、いつも通り作ったんですけどね。魔法のキノコカレー」
天龍@4-130:「あきつ丸、海軍の俺でもあのカレーは初めて見るぜ」
GM:鍋の中にはごく普通のカレー、しかし具材のキノコは見たことない色だ
武蔵@3-1550:「魔法のキノコ?」
あきつ丸@4-89:「ああ、食べると体格が2倍くらいになって、頭突きでブロックが崩せるように成る奴でありますか」
鍵鎮エセル提督:「そそ、魔法のキノコ。市場見てたら売ってたのよね、普通の人から見たら珍しいキノコなんだけれど」
Roma:「あきつ丸、それだったら姉さんは倒れてないと思うんだけど」
天龍@4-130:「提督、まさか俗に言うラリれるキノコじゃないだろうな?」
武蔵@3-1550:「…どこもデカくなっていないようだが」
あきつ丸@4-89:「(・3・)アルェー」
鍵鎮エセル提督:「そんなことないよ?そんなキノコ出したら大変じゃない」
皐月@4-114:「じゃあどうして倒れてるの…」
GM:そんなこと言いながら、人数分のキノコカレーをお皿に分けていきます
武蔵@3-1550:「(存在は否定しなかったなこいつ…)」
鍵鎮エセル提督:「んー、食べ合わせかしら?さっき食べたパスタとの食べ合わせが悪かった、とか?」
皐月@4-114:「本当かなー…」 スプーンできのこをツンツン
鍵鎮エセル提督:「まあ、大丈夫だから。はい、どうぞ」配膳していきますね
あきつ丸@4-89:「パパイヤの根っこ煮て食べるよりはマシでありますよ」
あきつ丸@4-89:「南無三ー」
あきつ丸@4-89:(ぱくっ
キノコ:「ぷるぷる、ぼくわるいきのこじゃないよ」
武蔵@3-1550:「なんだその食生活」 (カレー皿受け取りながら
天龍@4-130:「正直、芋虫の方が食えるような見た目してるように見えるぜ?」
GM:さて、判定はそのカレーの味その他諸々となります。
武蔵@3-1550:「まぁいい。食べてみればわかるだろう」
皐月@4-114:手を付けないで、武蔵と天龍をちらちら
GM:普通に《食べ物》 魔法のキノコで《不思議》《空想》 度胸あるね!《大胆》あたりになりますかね
武蔵@3-1550:割と悪くないところが来たな
武蔵@3-1550:不思議をおおらかから 目標6
GM:OK!
武蔵@3-1550:2d6>=6 「ふむ、これは…」
KanColle : (2D6>=6) → 10[4,6] → 10 → 成功

皐月@4-114:おー、いいねー
GM:味その他は各自で決めてね。ぶっちゃけると全員味が違う
武蔵@3-1550:「ふむ。大分辛いが美味いじゃないか」
鍵鎮エセル提督:「でしょ?」
皐月@4-114:「かっら~!水、水ぅっ!」
あきつ丸@4-89:「(´~`)モグモグ」
Roma:「うん、そこまで辛くはない・・・じゃあ、なんで姉さんは・・・?」
天龍@4-130:「ウッ……ゲッホゲッホ、何だこりゃぁ漢方薬みてぇな味がすんぞ!」
あきつ丸@4-89:「うむ。イケる」
鍵鎮エセル提督:「百味タケって言ってね、いろんな味がするのよ」
皐月@4-114:「けっほ…なにそれ…」
鍵鎮エセル提督:「採集の仕方から、保存方法、調理方法で味が変わるんですよ」
GM:提督がLittorioの分のカレーを一口パクリ
武蔵@3-1550:「魔法のキノコというのは面白いものだな」
鍵鎮エセル提督:「あ、これダイナマイト味ね」
天龍@4-130:「はぁ!?」
皐月@4-114:「ダイナマイト味っっ!?」
GM:イメージはハリー・ポッ○ーの百味ビーンズなり
鍵鎮エセル提督:「爆発するような辛味、超激レアの味なんだけど・・・・・・口に合わなかったみたいね」
天龍@4-130:うむ、ダンブルドア的な食べ方を想像したよ
武蔵@3-1550:「それで倒れたのか」
Roma:「というか、そんなギャンブルみたいなモノ入れないで欲しいわ・・・」
皐月@4-114:「ほんとだよ~…」 呆れ顔で司令官を
あきつ丸@4-89:「パパイヤの根っこ味でありました…」
あきつ丸@4-89:「カレーに入れたら美味しいでありますな…」
GM:RomaはLittorioを背負って部屋へ連れていきます。一応言っておくと、Littorio大好きですよ?
鍵鎮エセル提督:「あはは、まあ面白いでしょ?」
鍵鎮エセル提督:「ささ、おかわりもあるからね?」
天龍@4-130:「ちっくしょう、なんでカレーでロシアンルーレットなんざしなきゃなんねーんだよ!」文句は言っていますが食べますよ
武蔵@3-1550:「その面白さは闇鍋に近い所があるな。私は嫌いではないが」
皐月@4-114:「あはは、ボクもう、お腹いっぱいだよ…色んな意味で」
GM:ハチャメチャな夕食タイムでしたとさ。ちゃんちゃん。シーン終了で良いかな?
武蔵@3-1550:かな?
GM:ふむ、では成功報酬、行動力1D6回復どうぞー!
武蔵@3-1550:1d6
KanColle : (1D6) → 5

皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 2

皐月@4-114:びみょー
武蔵@3-1550:よっしゃ最大
皐月@4-114:発見分と合わせて-3だ
あきつ丸@4-89:1d6
KanColle : (1D6) → 3

あきつ丸@4-89:完全回復であります
GM:いいねぇ
天龍@4-130:天龍@4-130の行動力が5回復!(行動力:15->20)
天龍@4-130:失礼
GM:うん、天龍さんもほぼ全快かな
GM:漢方味が効いたのだろうか・・・

 

天龍@4-130:あ、発見しておきたいかな
GM:どうぞー
武蔵@3-1550:あ、回復前に発見ってアリ?
GM:OKです
武蔵@3-1550:わぁい
天龍@4-130:キャラ的に、「口癖」発見したいかな
GM:どうぞー
天龍@4-130:1d6 そぉい
KanColle : (1D6) → 6

天龍@4-130:ゴフゥ
GM:おおう
皐月@4-114:突撃はっけーん!
皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 5

天龍@4-130:だが、キャラ的にはおいしい
GM:どぞどぞー
皐月@4-114:わーい
GM:重たいけど長所、いいですねー
あきつ丸@4-89:えっちなあきつ丸になるであります
GM:GOGO
あきつ丸@4-89:1d6 あきつ丸はえっち
KanColle : (1D6) → 1

皐月@4-114:えっち
GM:わぁ、えっちぃ
あきつ丸@4-89:えっち!
武蔵@3-1550:では楽観的を
武蔵@3-1550:1d6 罠は踏んでから考える!
KanColle : (1D6) → 3

武蔵@3-1550:よし
GM:良いね
武蔵@3-1550:あ、換装もこっちでかな?
GM:ですね、お願いしますー
武蔵@3-1550:15.2をおろすよー
GM:はーい
GM:んで、天龍さんが装備、かな?
天龍@4-130:じゃあ、機銃おろして装備かな?
天龍@4-130:お借りします
GM:ほいほい
天龍@4-130:個性は<指揮>で
GM:確認しました、OKです
武蔵@3-1550:あ、そうだ
武蔵@3-1550:46砲を《楽観的》に変更
GM:了解です

(補助行動は折り畳んであります)

宿題決め編集

GM:さて、0時・・・次のシーンだけ決めちゃいましょうか
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:おう
武蔵@3-1550:天龍ちゃんかあきつさんかな?
GM:行動力的にはそうなりますねー
あきつ丸@4-89:じゃあ自分が
GM:はい、どうぞー
あきつ丸@4-89:ぴっ
どどんとふ:あきつ丸@4-89がカードを公開しました。「遠征 炎上する大発動艇」
あきつ丸@4-89:ペラっ
あきつ丸@4-89:ん!コレは!
皐月@4-114:wwwwww
武蔵@3-1550:おうww
あきつ丸@4-89:「一大事件でありますよ!!!!!111!!!」
GM:大発ー!?
天龍@4-130:wwww
あきつ丸@4-89:イベント表まで振ってからあしたでありますかな?
GM:ですね、シーン表どうぞー
あきつ丸@4-89:event 見よ!大発は紅く燃えている!
KanColle : 遠征イベント表(8) → 観艦式:《おしとやか/魅力5》で判定。(着任p224)

あきつ丸@4-89:大変でありますw
あきつ丸@4-89:観艦式でコレはヤバイでありますよw
皐月@4-114:観艦式で大発炎上!?
GM:一体何が起きたのか!?待て次回!
あきつ丸@4-89:お疲れ様でした
あきつ丸@4-89:であります
GM:というわけで、今日はここまで。お疲れ様でしたー!
皐月@4-114:お疲れ様ー!
武蔵@3-1550:お疲れ様でしたー
天龍@4-130:お疲れ様でした~

二日目編集

GM:点呼開始!
皐月@4-114:準備完了!(1/4)
武蔵@3-1550:準備完了!(2/4)
あきつ丸@4-89:準備完了!(3/4)
天龍@4-130:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

GM:はい、それでは本日もよろしくお願いします!
皐月@4-114:よろしくお願いします!
武蔵@3-1550:よろしくお願いしまーす
天龍@4-130:よろしくお願いするぜ
あきつ丸@4-89:よろしくお願いするでありますな

鎮守府フェイズ編集

あきつ丸@4-89:さて
GM:二日目最初のシーンはあきつ丸さん。遠征シーンで観艦式、大発炎上・・・何かありますかね?正直私もこれ思いつかない
あきつ丸@4-89:大発が炎上するらしいでありますが……
皐月@4-114:どうなるでありますか?
GM:最悪キーワード無視でもOKです
天龍@4-130:大惨事でありますな
あきつ丸@4-89:困ったときは深海棲艦や断章のせいにすればいいでありますよ
GM:ふむ

SP・あきつ丸『こちらは、アイドル妖精さんのT○KI○さん達であります』編集

あきつ丸@4-89:というわけで、観艦式に向けて大発を整備しようとしていた自分は
あきつ丸@4-89:驚愕の光景を目撃するであります
GM:ほうほう
あきつ丸@4-89:自然発火現象……パイロキネシスの使い手でありますな
GM:わぁ(
GM:ふむ・・・じゃあ今まさに大発が自然発火してるのかな
あきつ丸@4-89:「……これは」
皐月@4-114:大発は燃えているか!
あきつ丸@4-89:そんんかんじであります
あきつ丸@4-89:「大発に火が入っている…というか燃えてるであります…」
皐月@4-114:「どしたのー、あきつ丸さん?」 後ろからついてきた
皐月@4-114:「えっ!?」
あきつ丸@4-89:>絶賛炎上中の大発さん
GM:鎮守府内ならまあ、スプリンクラーとかあるでしょう、多分それが起動して水が撒かれます
GM:判定ねじ込むなら、無事に鎮火出来るかどうか、かな
あきつ丸@4-89:ここは萌えてしまった大発を再建できるかどうかで判定したいのでありますが…
天龍@4-130:萌えたのか
皐月@4-114:大発は萌えキャラ
GM:ほむ、それでもあり、でありますよ(萌えて、からは目を逸らし
GM:判定個性も、何かあればそちらを優先しますよー
武蔵@3-1550:大発は萌えていた
あきつ丸@4-89:「大変であります。明日には観艦式で使うというのに……」
武蔵@3-1550:「随分と派手に燃えているなぁ」
あきつ丸@4-89:「明日までに新しいのを支給…いや、間に合わないでありますな…」
あきつ丸@4-89:「ここは自分たちで再建するしか……」
天龍@4-130:「おい、いつまで整備してん…だ?」
あきつ丸@4-89:「( ゜д゜)ハッ!」
あきつ丸@4-89:「そういえばここは横須賀……彼らが近くにいるはずであります!」
皐月@4-114:「大変なんだ天龍!あきつ丸さんのアレが燃えてるんだ!」
あきつ丸@4-89:というわけで、とある人たちに協力を依頼したいであります
GM:ほうほう、面白そうなので許可します
あきつ丸@4-89:〈人脈〉で判定は如何か?
GM:OKですよー
GM:ツテは大事
あきつ丸@4-89:ありがたい。
あきつ丸@4-89:では人脈直上で、目標値は5であります。
GM:ほいほい、どうぞー
あきつ丸@4-89:2d6>=5 「確かあの海岸の辺りに居られるはずであります!」
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

皐月@4-114:成功だー
GM:よしよし、良いですねー
天龍@4-130:…もしや
あきつ丸@4-89:「居た!」
あきつ丸@4-89:「おーい」
T○KI○:「あれ?あきつ丸さん?」
GM:隠れてない!
天龍@4-130:やっぱりそうじゃねーか!
武蔵@3-1550:wwww
皐月@4-114:ええw
T○KI○:「この前の陸軍ロケではお世話になりました」
あきつ丸@4-89:「いえいえ、こちらこそ」
皐月@4-114:「あきつ丸さん、この妖精さんたちは誰なの?」 後ろからやっと追いついた
あきつ丸@4-89:「実はカクカクシカジカで」
あきつ丸@4-89:「こちらは、アイドル妖精さんのT○KI○さん達であります」
鍵鎮エセル提督:「いきなり飛び出してどうしたの・・・・・・うぇ!?」
あきつ丸@4-89:「応急修理女神妖精免許と家具職人妖精免許をもったすごいアイドル妖精さんたちでありますよ」
皐月@4-114:「まさか…あのT○KI○なの!?」
T○KI○:「リーダーが昔、番組の企画でとらされちゃってさー」
皐月@4-114:「すっごいなぁ、ボク一目見たかったんだ~」
鍵鎮エセル提督:「生T○KI○ですか!?ちょ、ええと、サインください!」色紙出して
皐月@4-114:「あっ、ボクもボクも!」
T○KI○:「いいよー」 (さらさら
皐月@4-114:「やったー!」
あきつ丸@4-89:「そうであります、実はみなさんにお願いがありまして」
鍵鎮エセル提督:「わーい!家宝にしますね!」嬉しそうにくるくる
あきつ丸@4-89:「明日の観艦式に必要な大発を作ってもらいたいのであります」
T○KI○:「お、助っ人シリーズだね!」
T○KI○:「どっから作れば良いのかな?」
あきつ丸@4-89:「とりあえず急に燃え出した大発の残りはあるでありますが…」
T○KI○:「火事か−」
T○KI○:「村おもいだすねー」
T○KI○:「ねー」
T○KI○:「じゃあ一緒に作ってみようか」
あきつ丸@4-89:1時間後
あきつ丸@4-89:「おお……まさか本当につくれるとは…」
T○KI○:「意外とやれるな俺たち」
鍵鎮エセル提督:「流石T○KI○ですね・・・!」
T○KI○:「リーダーの腰がやられちゃったけどね」
皐月@4-114:「うわぁ…すっげー」 思わず拍手
武蔵@3-1550:「ほう。上手いものだな」
天龍@4-130:「はぁー、スッゲェ」
T○KI○:「愛があればなんでも出来る。ラブイズオーケーやな」
あきつ丸@4-89:「せっかくでありますからぜひ一緒に観艦式を」
T○KI○:「え、いいの?」
鍵鎮エセル提督:「大丈夫ですよ、私が許可出しておきますので」
T○KI○:「そーのふねーをこいでいけー」
あきつ丸@4-89:というわけで急なアイドルの乱入?によって観艦式は大成功でありますな
武蔵@3-1550:やったぜ。
皐月@4-114:やったぜ
天龍@4-130:やったぜ
GM:やったぜ。なお勝手に許可出した提督は後でRomaに怒られました(
GM:では、報酬の弾薬2D6をどうぞ!
武蔵@3-1550:さらに、「輸送」ボーナスが
GM:あ、そうでしたね
皐月@4-114:おー
あきつ丸@4-89:ちなみに輸送の演出であります>大成功
あきつ丸@4-89:2d6+2でありますな
あきつ丸@4-89:2d6+2 そーれ
KanColle : (2D6+2) → 8[2,6]+2 → 10

あきつ丸@4-89:なかなか
GM:おー、良いですね
天龍@4-130:弾薬だけ大量じゃー
皐月@4-114:美味しいー
GM:発見はサブの方でー
皐月@4-114:弾薬が5から15だね
GM:さらにさらに
GM:サブ任務1:出撃準備をしよう。達成です
天龍@4-130:わーい
GM:通常戦果3(係数6)+経験点30点。振る方はお任せします、旗艦で良いなら皐月さんですね
あきつ丸@4-89:わーい
皐月@4-114:自分でいい?
武蔵@3-1550:任せるー
皐月@4-114:じゃあ振るね
皐月@4-114:3B6
KanColle : (3B6) → 1,2,6

GM:はーい
皐月@4-114:あ、感情が出たね
GM:燃料1、弾薬1、感情1ですね。
皐月@4-114:1d6+6 燃料の数
KanColle : (1D6+6) → 3[3]+6 → 9

武蔵@3-1550:燃弾感
皐月@4-114:1d6+6 弾薬の数
KanColle : (1D6+6) → 3[3]+6 → 9

皐月@4-114:足してー
皐月@4-114:燃料が5→14、弾薬が15→24かな
GM:ですね
GM:感情についてもサブでお願いします。これで+4分上がるので、サブ任務2:みんなで交流!も達成となります
皐月@4-114:yatta-
皐月@4-114:やったー
GM:任意の開発表を2回振れます!
武蔵@3-1550:一気にサブクリアじゃー!
天龍@4-130:ヒャッハー!開発だぁ!
皐月@4-114:自分は戦果降ったから、ほかの人どーぞ!
あきつ丸@4-89:だれが振らないでありますか?
武蔵@3-1550:私パスでよいぞー
武蔵@3-1550:装備あんまり困ってないし
天龍@4-130:じゃあ、振らせてもらおう
あきつ丸@4-89:ではもう一個は自分が
あきつ丸@4-89:任意でありますか
GM:ですね
天龍@4-130:うーむ、私は砲類かなぁ
あきつ丸@4-89:砲類が無難感あるでありますな
武蔵@3-1550:砲か通常かな?この編成なら
あきつ丸@4-89:艦載機はまずないでありましょうし
GM:このメンツなら砲類か通常がオススメでしょうねー
GM:新特殊もアリっちゃあアリですが
天龍@4-130:WPCN まあ適当にやりゃぁ出るだろ
KanColle :砲開発表(燃料3/弾薬6/鋼材6/ボーキ3)(14[2,4,2,6]) → 中口径主砲(着任p249)

あきつ丸@4-89:特殊もカ号観測機狙いとかいうネタ以外あまり…33号はいい感じかもでありますが
天龍@4-130:(´・ω・`)
武蔵@3-1550:33号なら欲しいね
あきつ丸@4-89:というわけで砲を開発するであります
あきつ丸@4-89:wpcn だんちゃーく!いま!
KanColle :砲開発表(燃料3/弾薬6/鋼材6/ボーキ3)(13[2,5,3,3]) → 小口径主砲(着任p249)

GM:まそ
あきつ丸@4-89:まあ連撃用に
武蔵@3-1550:割と足りてないところ引いてるんじゃない?これ
皐月@4-114:連撃ができるぞー
武蔵@3-1550:(質からは目をそらす)
GM:ともあれ、連撃できるようになりますね
天龍@4-130:武蔵さんに15.2返すのもありだな
武蔵@3-1550:火力は一緒だしねー
GM:ともあれ、中口径と小口径が観艦式参加のオマケで貰えました。
あきつ丸@4-89:皐月殿は使うでありますか?>小口径主砲
皐月@4-114:もち使うよー
GM:装備はサブでお願いします。後今一応遠征シーンだから非平常ですのでご注意をば
GM:(開発だから大丈夫かもしれないが
武蔵@3-1550:換装出来ないな
天龍@4-130:まあ、次の平常で換装だな
皐月@4-114:だね
あきつ丸@4-89:で、ありますな
GM:では、次のシーン行っちゃっても大丈夫かな?
天龍@4-130:その前に感情か
あきつ丸@4-89:大丈夫であります
皐月@4-114:OK

 

GM:発見等はありますかね?
武蔵@3-1550:私はパスしよう  数そろってない子優先かなって
皐月@4-114:元気を発見するね
皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 3

皐月@4-114:やったー
GM:元気のある子は好きだ
天龍@4-130:<寝る>を発見したいな
GM:どうぞー
天龍@4-130:1d6
KanColle : (1D6) → 1

天龍@4-130:寝る子は育つ
あきつ丸@4-89:じゃあ〈指揮〉を発見してみるであります
あきつ丸@4-89:1d6 陸軍式指揮であります
KanColle : (1D6) → 6

あきつ丸@4-89:だめでありますかな
GM:あらら
あきつ丸@4-89:感情はこっちでありましたか
皐月@4-114:あきつ丸さんに取るよ
GM:ですね、お願いします
あきつ丸@4-89:皐月殿に「かわいいでありますな」でとるであります
皐月@4-114:可愛いね!
皐月@4-114:「あのT○KI○とも知り合いだなんて凄いな~」 これで
武蔵@3-1550:あきつ丸+1 「面白い人脈だ」
武蔵@3-1550:こうかな
GM:ほいほい
天龍@4-130:うーむ、皐月ちゃんに「微笑ましい」でとるな
GM:どうぞー、っとこれで感情はOKかな

(補助行動は折り畳んであります)

SP・天龍『なー、こんなものが売ってたんだがよー、入れてみてもいいか?』編集

GM:では、次の方!行動力で言うなら天龍さんか
皐月@4-114:天龍さんが行く?
天龍@4-130:おーう 良いかい?
皐月@4-114:いいよー
GM:どうぞー
天龍@4-130:んじゃあ、オープン
どどんとふ:天龍@4-130がカードを公開しました。「交流 「ハンバーガー」」
GM:交流だー!
皐月@4-114:わぁい!
天龍@4-130:EVKT
KanColle : 交流イベント表(6) → 裸のつきあい:《入浴/趣味11》で判定。(着任p221)

あきつ丸@4-89:お、良い奴
天龍@4-130:……ハンバーガー?
GM:湿気てそうだな
GM:ともあれ、何か案があればどうぞ。なければ私が頑張ります
皐月@4-114:札束風呂ならぬ、ハンバーガー風呂?
天龍@4-130:ベタベタしそう
天龍@4-130:あ、来た 皐月さんナイス
皐月@4-114:お?
GM:おお?
天龍@4-130:ハンバーガー型入浴剤を天龍が買って来る かな
GM:ほうほう
GM:ではホームセンターあたりかな?に買いに行く感じですかね
天龍@4-130:いや、もう買ってきてある感じで
天龍@4-130:お風呂に持ってきますよ
GM:了解です。ではお風呂でのワンシーン、どうぞー
天龍@4-130:「なー、こんなものが売ってたんだがよー、入れてみてもいいか?」片手にハンバーガー型入浴剤を持ってお風呂に浸かっています
武蔵@3-1550:「ほう、入浴剤か。私は構わんぞ」
皐月@4-114:「んー…?何なの、それ?」  身体洗ってる
あきつ丸@4-89:「はんばぁがぁでありますか?」
天龍@4-130:「近くのホームセンターで売ってたハンバーガーの入浴剤だ。面白そうだから買ってみたんだわ。ただよぉ 効能の部分が汚れてて見えねーんだが……どうよ」
皐月@4-114:「変なのが売ってあるんだね~。それなら、入れてみようよ!」
武蔵@3-1550:「面白い形の入浴剤があるものなのだなぁ」
あきつ丸@4-89:「どんな感じなのでありましょうか」
天龍@4-130:「まあ、入れてみればわかるか、ほいっと」 ポチャンと入った入浴剤はお風呂中で溶け始める
天龍@4-130:判定かな!
GM:ですね、どんな効能なのか・・・?
GM:普通に《入浴》でも良いし、どんな効能なのか分からない《不思議》、安定の《えっち》とかとか
天龍@4-130:提督!衛生は有りですか!
GM:ん、お風呂に入ることは衛生面で良いことだし、許可します
天龍@4-130:と言っても代用は<指揮>…うーん
天龍@4-130:<衛生>を<指揮>で代用して目標値6で振りますが、ツッコミ入りますかね?
GM:特にその辺は気にしてないので、大丈夫ですよー
天龍@4-130:2d6>=6 ありがとうございますでは
KanColle : (2D6>=6) → 6[1,5] → 6 → 成功

GM:イチタリタ!成功です
天龍@4-130:っぶねー
皐月@4-114:あぶなーい
あきつ丸@4-89:ジャスト
天龍@4-130:「ん~、見た目とは違って何か疲れが取れる感じがしてくるな~」
あきつ丸@4-89:「これは…」
あきつ丸@4-89:「疲れた身体にスーッと効いて…」
Littorio:「皆さんがお風呂に入ってると聞いてー!」バーン!
武蔵@3-1550:「何だ、騒々しい。風呂は静かに入れ」
皐月@4-114:「ふぁ~…きもちいぃ~」 ぐてーん
Littorio:「え、ごめんなさい・・・?っと、皆さんだけ入ってズルいです、私も入ります!」
天龍@4-130:「ちゃんと体洗えよー」グデーン
Littorio:「あ、はい」
武蔵@3-1550:「だが…ふむ、良い効果だな、これは。肩凝りが抜ける気がするぞ」
Littorio:ちゃんと身体を洗ってから入る、数秒で「ふわぁ~」と今にも溶けそうな声を出してぐでーん
天龍@4-130:「あー、良いお湯だぜ……」
皐月@4-114:「いいお湯だね~、はふぅー」
あきつ丸@4-89:「みんなぐでーってしてるでありますな」ぐでー
武蔵@3-1550:「これは良い買い物をしたな、天龍」
Littorio:「流石、日本のお風呂ですね~」ぐでー
天龍@4-130:「おーう、見つけたらまた買ってくるぜー」
天龍@4-130:こうして鎮守府の夜はゆるーく更けていく
天龍@4-130:こんな感じじゃろ 提督、成功効果は?
GM:シーン〆かな、成功報酬は天龍さんに対して、武蔵さん、あきつ丸さん、皐月さんが感情+1ですね
天龍@4-130:わーい(*´▽`*)
皐月@4-114:わーい
武蔵@3-1550:わーい
あきつ丸@4-89:わーい
皐月@4-114:「ナイス買い物だね!」 でとるよー
武蔵@3-1550:天龍+1 「次も期待しているぞ」 かな
あきつ丸@4-89:「いい湯だった。で、あります」かな?
GM:ほいほい
GM:良い感じに感情が増えてますねー
GM:平常なので、サブで発見換装どうぞー
GM:大丈夫そうなら、次のシーン行っちゃいましょう

 

GM:今のうちに換装等どうぞー
皐月@4-114:機銃外して、小口径主砲装備ー
皐月@4-114:あ、個性は突撃で
武蔵@3-1550:てんりうちゃんがどうするかだな
GM:ほいほい
天龍@4-130:15.2を武蔵さんに返却し、中口径を装備。個性は引き継いで<指揮>で
GM:了解です
武蔵@3-1550:じゃあ帰ってきた15.2を《おおらか》で
GM:はーい
皐月@4-114:素直を発見するね
皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 4

GM:おおう
皐月@4-114:弱点かー
あきつ丸@4-89:補給は大丈夫そうでありますかな?
天龍@4-130:派手を発見しておきましょう
GM:次が平常とは限りませんしね
皐月@4-114:補給だね
天龍@4-130:1d6
KanColle : (1D6) → 5

皐月@4-114:おー
GM:ハデハデや
あきつ丸@4-89:デコトラみたいなペイントをした天龍ちゃんを幻視したであります
天龍@4-130:派手にやってやるぜ
皐月@4-114:弾薬10点で、10点補給するねー
GM:はーい
皐月@4-114:24点から14点に
皐月@4-114:korede
皐月@4-114:これで、全快
GM:イイねー
天龍@4-130:燃料2、弾薬3貰っていいか?
皐月@4-114:燃料が14から12、弾薬が14から11
天龍@4-130:とりあえず安全権
GM:うむうむ
GM:あきつ丸さんは大丈夫かな
あきつ丸@4-89:うーん
あきつ丸@4-89:6点回復したいでありますが…
あきつ丸@4-89:というかその前に発見しても大丈夫そうな資材量でありますな
あきつ丸@4-89:ここは規律を再発見でありますな
GM:ほむ
あきつ丸@4-89:1d6 海軍の憲兵もあきつ丸におまかせであります
KanColle : (1D6) → 5

あきつ丸@4-89:ぐへえ
GM:厳しい
武蔵@3-1550:でも○だ
あきつ丸@4-89:11点分…
あきつ丸@4-89:ボーキ2、燃料9で
あきつ丸@4-89:これでギリギリALL3開発とかできるでありますよ
皐月@4-114:燃料が残り3点、ボーキサイトも残り3点
天龍@4-130:弾薬もうちょいつまんでも良かったか

(補助行動は折り畳んであります)

SP・皐月『ほんとに魔法使いなんだ!すっごいなー』編集

皐月@4-114:はーい
皐月@4-114:最後はボクだね
皐月@4-114:開けていい?
GM:どうぞー
どどんとふ:皐月@4-114がカードを公開しました。「遠征「王国召喚」」
GM:!?
皐月@4-114:王国!?
GM:え、ええと、補足します
天龍@4-130:!?
GM:マギカロギアでは、魔法使いは戦闘をするとき、「元型(アーキタイプ)」と呼ばれる、召喚獣的なモノを召喚出来るのですが
GM:「王国(キングダム)」はその一種で、主に魔法使いの盾になる、魔法の発動支援をする元型です
皐月@4-114:つまりどういうことだってばよ
GM:多分遠征先に誰かが召喚した王国がいたのかなぁ・・・
武蔵@3-1550:王国と呼ばれる盾モンスター召喚?
皐月@4-114:なるほど?
GM:ちなみに召喚の際に特技(艦これRPGでの個性)の名前が付くので
皐月@4-114:EVENT
KanColle : 遠征イベント表(6) → タンカー護衛任務:《丁寧/性格9》で判定。(着任p224)

GM:燃料だ
あきつ丸@4-89:燃料王国……
GM:例えば炎の特技で召喚すれば、「炎の王国」になります
あきつ丸@4-89:石油王召喚…?
皐月@4-114:石油王!?
天龍@4-130:字面酷いなおいwww
皐月@4-114:石油王呼んじゃうかー
GM:案がなければ、こちらで誘導しようと思いますが
皐月@4-114:任せる!
GM:了解です。では、4人は提督の指示で、他の鎮守府から来るタンカーを迎えに行くところです
GM:現在は絶賛海の上、指定された孤島でタンカーが待っているとの事
GM:ただし、その孤島について提督はちょっと嫌な顔をしていましたが
GM:まあ気にする事はないでしょう。皆さんでタンカーを迎えに行きましょう
皐月@4-114:「あーっ!ねえねえみんな、あの島じゃないかな!」 そんな提督の様子はよそに、はっけーん
あきつ丸@4-89:「なにもなさそうな島にみえるでありますな」
武蔵@3-1550:「どれ、タンカーはっと…」
天龍@4-130:「護衛任務か、めんどくせぇなー」
皐月@4-114:「ボク達が任されたんだから、ちゃんとやらなきゃだよー」
GM:無事に孤島に到着した一行。しかし肝心のタンカーは「何故か孤島に乗り上げていました」
皐月@4-114:!?
あきつ丸@4-89:「おや?船頭多くして船山に登るでありますか?」
皐月@4-114:「えっ、どうなってるの!?」
GM:ここでサッと判定、この《不思議》な出来事は何なのか、乗組員が《ばか》やらかしたのか、ちゃんと《補給》出来るのか?
あきつ丸@4-89:「これも深海棲艦のしわざでありましょうか」
皐月@4-114:ばかやらかしたレベルじゃない気がする
天龍@4-130:「鎮守府はまだ先だってのに、自暴自棄かぁ?」
皐月@4-114:「座礁とも違う気がするし…うーん?」
皐月@4-114:どれが近いかなー
皐月@4-114:ばかを笑顔で代用
GM:ほいほい
皐月@4-114:距離1で目標6、あとかぶり補正が1
GM:ですね、目標7
皐月@4-114:2d6-1>=6
KanColle : (2D6-1>=6) → 5[2,3]-1 → 4 → 失敗

皐月@4-114:ありゃ
皐月@4-114:ふりなおし
皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 5

皐月@4-114:2d6-1>=6
KanColle : (2D6-1>=6) → 7[1,6]-1 → 6 → 成功

GM:重いけど成功ですね
皐月@4-114:うん、成功!
あきつ丸@4-89:はたして
あきつ丸@4-89:いったい何が?
GM:では、そのタンカーが「本物ではない」事がなんとなく分かります。金属臭や燃料の匂いとかそんなのがしないとか、そんな感じ
皐月@4-114:「ねぇねぇ、あれ、ほんとに探してるタンカーなのかな?」
天龍@4-130:「あ?どういうことだ?」
武蔵@3-1550:「確かに、違和感があるな」
皐月@4-114:「なんだか、変な感じがするんだ」
皐月@4-114:「そうそう、違和感ってやつだね!」
皐月@4-114:「近づいたらなにかわかるかも…よーっし!」
皐月@4-114:近づいてみるよ!
GM:では、何か「ナニカをバリバリと砕くような音がタンカーの中からする」のが分かりますね・・・
あきつ丸@4-89:「なにか音がするでありますな…」
皐月@4-114:「みんな、気をつけて…何かいるみたいだ」 警戒しつつ
天龍@4-130:「はっ、どうせクソッタレな深海凄艦だろぉ」
皐月@4-114:何が出るかな
武蔵@3-1550:「フン…」 (即撃てるように46砲を構える
GM:警戒をしていると、タンカーが徐々に消えていきます。
GM:そして、完全に消えた所には・・・
皐月@4-114:「あれ…?」 目をゴシゴシ
あきつ丸@4-89:「ほぅ」
離島棲鬼:「あぐ、むぐ、艦娘はこんな美味しいの食べてるのね・・・羨ましいわ・・・」
皐月@4-114:!?
GM:鋼材をバリバリ食べてる離島棲鬼、と、一冊の奇妙な本
皐月@4-114:「…あれは、深海棲艦…なのかな?」 遠巻きに見ながら
GM:タンカーの残骸らしきものもあり、どうやらこの離島棲鬼がタンカーを破壊した模様
武蔵@3-1550:「そのようだな。それも、かなり上位クラスだ」
あきつ丸@4-89:「ここのポケット深海棲艦手帳によると離島棲鬼でありますな」
天龍@4-130:「フリフリお洋服きてピクニック、のんきで良いねぇ深海凄艦ってのは」
皐月@4-114:「そういう問題じゃないと思うんだけどー!」
離島棲鬼:「・・・!?げ、艦娘!?」
皐月@4-114:「あっ、気づかれた!?」
武蔵@3-1550:「貴様、そこで何をしている」
あきつ丸@4-89:「どうするでありますか?多分かなわないでありますよ」
GM:皐月が大声を出したところで、離島棲鬼も気付いたようだ。ビクっとして艤装・・・ではなく、本を持って構えます
天龍@4-130:「おーう、お嬢さん。食後に鉛玉のデザートはいらねぇかい?」
離島棲鬼:「変な本拾ったと思ったら、艤装は殆ど使えないし・・・ええと、こういう時は名乗ればいいんだっけ?」本をペラペラと読んだりしてますね、警戒は一応しているようですが
皐月@4-114:「ちょっと、天龍ー!危ないってば!」
あきつ丸@4-89:「とりあえず話を聞いてみるでありますか。陸の上ならこのあきつ丸は負けないでありますよ!」
あきつ丸@4-89:「たぶんっ!」
武蔵@3-1550:「おい、あきつ丸。奴の持っている本はもしかするのではないか?」
離島棲鬼:「やる気なら、ええと・・・『深海の幽鬼』が相手になってあげるわ!」
天龍@4-130:「危ないって言ってもよぉ、艤装じゃなくて本を構えるマヌケに何かできると思うか?」ジリジリと不用意に近づく天龍ちゃん
皐月@4-114:「『深海のゆうき』?」
あきつ丸@4-89:「ひょっとして魔法名なのっちゃったでありますか?」
離島棲鬼:「・・・・・・ええ、その『まほーめい』とやらよ、この本が勝手に私に名前を付けたのよ・・・!」
皐月@4-114:「魔法名?じゃあこの人も魔法使いなの?」 頭の上にはてなぐるぐる
あきつ丸@4-89:「んー?」
離島棲鬼:「だってしょうがないじゃない、この本じゃないとタンカーから資材頂戴出来なかったんだから!」
離島棲鬼:「そうね、大変不服だけど」皐月の質問に対して、そう答えるね
あきつ丸@4-89:「提督殿を呼んだほうが良いようなきがするであります。たぶん」
皐月@4-114:「ほんとに魔法使いなんだ!すっごいなー」
あきつ丸@4-89:「魔法少女っぽい恰好でありますしね」
離島棲鬼:「ええ、そうよ。さっきのタンカー見たと思うけど、あれも私がやったのよ」
皐月@4-114:「あ、でもタンカーどこやったの?ボクたち、あの船を迎えに来たからこのままじゃ困るんだ」
離島棲鬼:「え?壊しちゃったわ」
皐月@4-114:「えー、困るんだけど!任務が達成できなくなっちゃうじゃんかー!」
あきつ丸@4-89:「食べたっていってたでありますし」
あきつ丸@4-89:「この深海棲艦を絞ったら油でてくるのでは?」
離島棲鬼:「なら『タンカーがあれば問題ない』のよね?」そう言うと、先程消えたと思ったタンカーが海の上にドバーンと出てきます
天龍@4-130:「何だぁ!?」
皐月@4-114:「うわっ!?」
あきつ丸@4-89:「……物理法則も何もあったもんじゃないでありますな」
あきつ丸@4-89:「魔法使い…みたいでありますなどうやら本当に」
離島棲鬼:「艦娘に言われたくないわね、それ」
皐月@4-114:「びっくりするなぁ…最初から出しておいてくれればいいじゃんかー」 ぷんぷん
あきつ丸@4-89:「こういうのは物理法則無視しているものが言うから説得力があるのでありますよ」(ふふん
離島棲鬼:「しょうがないじゃない!出しておくのも疲れるんだから」
離島棲鬼:「ともかく、タンカー出したんだから良いでしょ?燃料も必要そうだし、持って行きなさい」
皐月@4-114:「ほんと?ありがとう、助かるよ!」
あきつ丸@4-89:「まあ、戦っても勝てないでありますし、見逃してくれるなら喜んで」
離島棲鬼:「そのかわり、貴方達の鎮守府に連れてって」
離島棲鬼:「黒い子の言う『提督』なら、この本について知ってるんでしょ?」
あきつ丸@4-89:「まあその本についてもききたいでありますし…」
あきつ丸@4-89:「提督殿に連絡はしたほうがいいでありましょうな」
天龍@4-130:「おいおい、連れて帰るってのか!?」
あきつ丸@4-89:「皐月殿、連絡を」
皐月@4-114:「う、うん!」
皐月@4-114:ぴっぽっぱ
あきつ丸@4-89:「とりあえず聞いてみるであります」
皐月@4-114:『もしもし、司令官?かくかくしかじかなんだけど』
鍵鎮エセル提督:『しかくいきゅーぶ、って事ね。了解しました、害意はないとの事だし、連れてきてください。ただし、こっそりと、ね』
皐月@4-114:『うん、分かったよ!』
皐月@4-114:「…というわけで、こっそり連れて来てだってー」
武蔵@3-1550:「大分悪目立ちしそうだがな…」
あきつ丸@4-89:「とりあえずタンカーの中に入れて隠すでありますよ」
天龍@4-130:「ったく…リムジンは無いけど我慢しろよ」
離島棲鬼:「もー、ゲストなのにこの待遇?まあ仕方ないわね」
武蔵@3-1550:「妙な真似をしてみろ。生まれたことを後悔させてやる」
皐月@4-114:「それじゃ、鎮守府まで護衛だね!」
離島棲鬼:「しないわよ、今の状態で貴女と戦ったらボロ負けする自信があるわ」
GM:と言うわけで、変なオマケも一緒に燃料を持ちかえりました!シーン成功です
あきつ丸@4-89:「あら?意外でありますな」
あきつ丸@4-89:わーい
皐月@4-114:わーい!
天龍@4-130:わーい
武蔵@3-1550:わーい
GM:なお提督は「ああ、嫌な予感したのよね・・・『地図にない孤島』とかどういう事よ」と頭を抱えていた模様
あきつ丸@4-89:あー
GM:成功報酬は燃料2D6です
皐月@4-114:2d6
KanColle : (2D6) → 10[4,6] → 10

皐月@4-114:おー
あきつ丸@4-89:たくさん
GM:増えた増えたー
天龍@4-130:美味い
皐月@4-114:燃料が13に
武蔵@3-1550:美味いっちゃ美味いが使うタイミングが…
GM:今回のシーンを解説すると、目的の孤島は離島棲鬼が召喚した【海の王国】でした
皐月@4-114:なるほどねー
天龍@4-130:ほむほむ
あきつ丸@4-89:あそこら辺一帯が【王国】だったんでありますな
GM:ですね、そんな感じですの
GM:発見はしますか?非平常なので補給出来ませんが
天龍@4-130:しない!
あきつ丸@4-89:やめときます
武蔵@3-1550:したらしんじゃう…
GM:ですよねー
皐月@4-114:しないよー
GM:では鎮守府フェイズ終了となります。決戦フェイズの導入に入りますが、大丈夫ですか?
天龍@4-130:OK
あきつ丸@4-89:OKであります
武蔵@3-1550:おk
皐月@4-114:OKー

決戦フェイズ編集

導入編集

GM:奇妙な深海棲艦・離島棲鬼を連れた一行は、無事に鎮守府に到着。孤島での出来事について提督に詳しく話す為、執務室に入ります
鍵鎮エセル提督:「皐月から連絡は聞いたけど・・・ちょっとこの事態は想定してなかったですね」
皐月@4-114:「そうなのかい、司令官?」
あきつ丸@4-89:「おや、てっきりお見通しなものだと思っていたでありますよ」
鍵鎮エセル提督:「いえ、あのあたりにも一冊ある、というのは把握していましたが、まさか魔法使いが誕生してるとは思ってなくて、ね?」
Roma:「で、どうするの?置いておくの?」
皐月@4-114:「魔法使い…」 後ろの離島棲鬼を振り返って見てみる
Littorio:「私は別に置いておくのも良いと思いますよ~?不確定要素は手元で管理、ですね~?」
離島棲鬼:「何よ、文句あるの?」皐月をジロリ
皐月@4-114:「ご、ごめん!」 さっと視線を元に戻し
鍵鎮エセル提督:「まあ、この件に関しては私の管轄内だから、皆は気にしないで頂戴」
天龍@4-130:「魔女様よぉ、置いといて寝首かかれんなよ?」
あきつ丸@4-89:「魔法深海棲艦離島棲鬼って売り出したらヒットしそうでありますな」
武蔵@3-1550:「どこに売るんだ、どこに」
皐月@4-114:「凄そうだね、その肩書…」
鍵鎮エセル提督:「皆はもう一つの・・・本来回収する予定のもう一冊の方に集中して欲しい。資材もある程度整って、装備も一応何とか出来てるみたいだからね」
鍵鎮エセル提督:「さて、ちょっとここで・・・っと、あきつ丸さん。このサイコロを振ってちょうだい」取り出したるはごく普通のサイコロ
あきつ丸@4-89:「自分でありますか」
あきつ丸@4-89:「責任重大でありますな」
鍵鎮エセル提督:「そうそう、ちょっとした運試しよ」
あきつ丸@4-89:「旗艦の皐月殿でなくていいのでありますか?」
皐月@4-114:「へっ?ボクかい?」
鍵鎮エセル提督:「魔法の事をある程度把握してるみたいだし、貴女がちょうどいいかな、ってね」
あきつ丸@4-89:「では僭越ながら」
あきつ丸@4-89:1d6 ころっころっ
KanColle : (1D6) → 5

皐月@4-114:皐月だよっ!
あきつ丸@4-89:「5……、皐月でありますな」
天龍@4-130:「で、これで何がわかるんだ?」
皐月@4-114:「ホントだ、ボクの月だね!」
鍵鎮エセル提督:「ん?言ったでしょ、私は出逢いと運命の魔法使いだって」
武蔵@3-1550:「縁起は良さそうだな」
鍵鎮エセル提督:「貴女達の運命に幸多からんことを」
あきつ丸@4-89:「むー」
GM:提督がそう言うと、あきつ丸さんは少し「奇妙な感覚」に襲われます
あきつ丸@4-89:?!
GM:提督からあきつ丸さんに2点の感情が一時的に発生しました
あきつ丸@4-89:ほう
皐月@4-114:おおー
天龍@4-130:naruhodo
武蔵@3-1550:ほほう
天龍@4-130:なるほど
鍵鎮エセル提督:「私に出来る事はこのくらいです、健闘を祈ります」
皐月@4-114:「…?うん、まっかせてよ!」
天龍@4-130:「……何か変わったか?」
あきつ丸@4-89:「……」
あきつ丸@4-89:「……なるほど」
あきつ丸@4-89:「このあきつ丸、提督殿の助力に心よりの感謝を」
鍵鎮エセル提督:「ふふ」
武蔵@3-1550:「さて、往くとしようか」
GM:では、4人は指定された海域に本の回収に出撃します
GM:・・・そして、海域に入ると、1人の深海棲艦がいるのを発見します。
GM:が、何か様子がおかしい
天龍@4-130:「一体?罠くせえな」
皐月@4-114:「待って、なんだかおかしいよ」
戦艦タ級:「ヒ、ヒヒヒ・・・」
あきつ丸@4-89:「さてさて、蛇が出るか鬼がでるか」
武蔵@3-1550:「罠など、真上から踏み砕いてくれよう」
戦艦タ級:「来タカ・・・魔法使イノ下僕ドモ・・・」
皐月@4-114:「今、魔法使いって言わなかった!?」
戦艦タ級:「ヒヒ、モウ一度言オウカ?」
天龍@4-130:「……ああ、言ってみてくれよ」
武蔵@3-1550:「魔法使いのことを知っているということは、当たりか」
皐月@4-114:「と、いうことは…えーっと…なんだっけ?」
戦艦タ級:「シカシマア、ヨウヤク我ヲ回収ニ来ルトハ・・・行動ガ遅イ愚鈍ナ連中ダナ、提督トヤラモ、艦娘トヤラモ」
戦艦タ級:「コノ世界ノ法則デ魔法ノホトンドガ使エナイノハ辛イナ・・・ダガ」
皐月@4-114:「そうそう、回収だったね!あれ?それじゃあもう一個の魔道書は…」
武蔵@3-1550:「あの口ぶりからすると、奴が持っているのだろうな」
GM:タ級が指をパチンと鳴らすと、奇妙な音と共に深海棲艦が現れます
あきつ丸@4-89:「さて、簡単には渡してくれないようでありますな」
皐月@4-114:「さっきまであいつだけだったのに!?」
戦艦タ級:「コノ程度ハ出来ル、ソシテ貴様等ヲ片付ケルノニハ十分ダ」
GM:よーく見てみると、出現した深海棲艦は「マガイモノ」であることが分かります
武蔵@3-1550:「っは、笑わせるな雑種。我々と事を構えた時点で負け決定だ」
あきつ丸@4-89:「悪戯はそこまでにしとくでありますな」
あきつ丸@4-89:「回収させてもらうでありますよ」
皐月@4-114:「うん、その通りだ!みんな、準備はいい?」
戦艦タ級:「ヒヒ、我ハ【深き海の悪意】・・・貴様等ヲ屠ッテヤロウ!」
天龍@4-130:「はっ、本を読んで魚モドキが文明人気取りか 笑えるぜ」
あきつ丸@4-89:「さて征くでありますよ。大発も準備は良いでありますか?」
T○KI○:「乗ったままだけどいいのかな?」
あきつ丸@4-89:「大丈夫でありますたぶん」
武蔵@3-1550:「せいぜい楽しませてもらおうじゃないか!」
皐月@4-114:「それじゃあ、彷徨う死逢わせの乙女たち、行くよっ!」
天龍@4-130:「おう、海藻と見分けがつかなくしてやるぜ」
GM:では魔法せ・・・じゃなかった、艦隊決戦開始!!
GM:と言ったところで、一度切って今日は終了となります!
あきつ丸@4-89:はーい
武蔵@3-1550:はーい
皐月@4-114:はーい!
あきつ丸@4-89:お疲れ様でありました
天龍@4-130:はーい
皐月@4-114:お疲れ様でした!
天龍@4-130:お疲れ様でした~
武蔵@3-1550:お疲れ様でしたー
GM:お疲れ様でしたー!

三日目編集

GM:点呼開始!
皐月@4-114:準備完了!(1/4)
武蔵@3-1550:準備完了!(2/4)
あきつ丸@4-89:準備完了!(3/4)
天龍@4-130:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

GM:では、再開していきましょう。よろしくお願いしますー!
あきつ丸@4-89:よろしくお願いするでありますな
武蔵@3-1550:よろしくお願いしまーす
皐月@4-114:よろしくお願いします!
天龍@4-130:よろしくお願いします~

決戦フェイズ編集

艦隊戦(プロット~航空戦)編集

GM:では艦隊戦からですね
皐月@4-114:よっしゃーいったろー!
GM:プロットはシークレットダイス形式で行きましょう
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:おk−
武蔵@3-1550:はーい
あきつ丸@4-89:了解であります
GM:と、一応確認。艦隊戦開始時のアビリティはありますか?
皐月@4-114:皐月ちゃんはないよー
天龍@4-130:俺は無いな
あきつ丸@4-89:無いでありますな
武蔵@3-1550:無いぞー
GM:了解しました、ではプロットどうぞー
武蔵@3-1550:シークレットダイス
皐月@4-114:シークレットダイス
天龍@4-130:シークレットダイス
あきつ丸@4-89:シークレットダイス
GM:シークレットダイス
GM:大丈夫かな
あきつ丸@4-89:点呼するでありますか
GM:ではPC側の偵察となります!
武蔵@3-1550:私しかいねぇ
GM:ですねぇ
天龍@4-130:がんばれー
武蔵@3-1550:どこに飛ばそうかね
武蔵@3-1550:エリイかな?
あきつ丸@4-89:イ級eliteかタ級さんでありますか?
皐月@4-114:どれがいいだろ…?
天龍@4-130:あ、GM 勝利条件は何ですか?
あきつ丸@4-89:あ、そうだね
GM:決まったら判定しちゃってくださいなー
皐月@4-114:あ、戦場とか決まってたっけ?
GM:ああ、そうだった
武蔵@3-1550:そういえばそうやな
GM:勝利条件:旗艦・戦艦タ級の轟沈 または 敵艦隊の全滅
あきつ丸@4-89:ふむ
GM:戦場:同航戦となります
皐月@4-114:Hey提督ー!それ”または”になってないデース!
天龍@4-130:ほーむ
GM:言わないで、自分で言っておいてまたはじゃないって気付いたからw
皐月@4-114:アッハイ
GM:最低勝利条件とでも言うべきでしたかね>タ級轟沈
あきつ丸@4-89:イメージとしては
あきつ丸@4-89:タ級撃沈でB勝利、敵全滅でS勝利って感じでありますかな?
皐月@4-114:あー、なるほどー
GM:ですね、そんな感じになります
武蔵@3-1550:メインターゲット:タ級、サブターゲット:その他 位の感じ?
GM:ですです
GM:最低でもタ級轟沈させれば、どんなに敵艦が生き残ってようが勝利します
天龍@4-130:了解だ
武蔵@3-1550:勝利条件が固まったところで偵察に戻るぞい
武蔵@3-1550:エリイでいいかな?
皐月@4-114:任せるぜよー
あきつ丸@4-89:完全勝利ねらうならイ級elite?タ級だけ補足したいならタ級?
あきつ丸@4-89:まあイ級eliteはフリーにすると範囲攻撃するから優先しておさえていいかもでありますな
武蔵@3-1550:フリーにしておくと範囲攻撃飛ばすしね
天龍@4-130:ん~、まあエリで良いと思う
武蔵@3-1550:ではエリイへ偵察  索敵から目標5
GM:はい、どうぞー
武蔵@3-1550:2d6>=5 「戦艦の艦隊戦とは、常に相手の一歩先を往くものだ!」
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

皐月@4-114:おー
武蔵@3-1550:零観、偵察12!
あきつ丸@4-89:さっすがー
GM:良いねー、対空はなし。エリイの序列は4です
天龍@4-130:ん~、
武蔵@3-1550:これでこっちの偵察終わりかな
あきつ丸@4-89:んー
あきつ丸@4-89:変更するであります!
GM:了解です、変更あればどうぞー
あきつ丸@4-89:シークレットダイス
皐月@4-114:変更しない
天龍@4-130:変更なしだな
武蔵@3-1550:変更なし
GM:了解しました
GM:ではプロット公開カウント
GM:3
GM:2
GM:1
武蔵@3-1550:ちょっとまった!
GM:0
GM:っと
武蔵@3-1550:そのまま公開に移行するなら
GM:ああ、そうだったそうだった、公開前でしたね・・・
武蔵@3-1550:【私はここだ】を発動させてもらうぞ!
GM:はい、了解です!
武蔵@3-1550:プロットを公開、能力上昇だ
武蔵@3-1550:s1d100 プロット「3」
KanColle : (1D100) → 32

GM:はい、序列3でドーンと目立っちゃってください!
GM:他にない感じですかね。でしたら移行します
皐月@4-114:OKー
天龍@4-130:OKだぞー
あきつ丸@4-89:いいでありますよ
GM:はーい、では今度こそ公開カウントします
GM:3
GM:2
GM:1
GM:0!
皐月@4-114:s1d6 皐月だから5番だ!
KanColle : (1D6) → 1

あきつ丸@4-89:s1d6 プロットは[4]でありますな!
KanColle : (1D6) → 4

天龍@4-130:s1d6 序列4
KanColle : (1D6) → 4

GM:s1D6 戦艦タ級:3 駆逐イ級:2 駆逐イ級elite:4 駆逐ロ級:5 潜水カ級A:6 潜水カ級B:0
KanColle : (1D6) → 6

皐月@4-114:おー、まあまあ?
GM:ふむふむ
あきつ丸@4-89:しまった4番がだぶってしまったでありますな
天龍@4-130:むー、変更と聞いて変えときゃよかったか
武蔵@3-1550:航空攻撃があったら楽しいことになっていそうな布陣だ
GM:HAHAHA
皐月@4-114:いいかな?公開時、アビ使うぜい
GM:はーい
皐月@4-114:【釘付け】!
皐月@4-114:潜水カ級を目標に使います、個性は《笑顔》
GM:判定どうぞー!
皐月@4-114:目標値は5!
皐月@4-114:2d>=5
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

皐月@4-114:「さあっ、キミはボクと遊んでもらうよっ!」ってね
あきつ丸@4-89:良い感じであります
GM:良いですねー
潜水カ級A:「・・・・・・」何か反応があるかと思ったが、特にない・・・
天龍@4-130:とりあえずは殴れる感じになったな
GM:特に何もないなら航空戦に移行します
あきつ丸@4-89:自分は無いでありますな
皐月@4-114:ないよー
天龍@4-130:無いよー
武蔵@3-1550:無いぞー
GM:はーい、では航空戦・・・と言っても、航空攻撃一切ありませんな。アビリティあればどうぞーっ
あきつ丸@4-89:航空戦終了時
あきつ丸@4-89:【支援砲撃】を宣言するでありますよ!
GM:はーい!
あきつ丸@4-89:targetは潜水してるカ級Bでいいでありますかな?
GM:OKですよー
あきつ丸@4-89:支援してもらうのは提督(ローマ&リットリオ)で
あきつ丸@4-89:判定行くであります
皐月@4-114:ごーごー
GM:GOGO
あきつ丸@4-89:人脈直上、目標値5
あきつ丸@4-89:2d6>=5 「さてはて……」
KanColle : (2D6>=5) → 9[4,5] → 9 → 成功

GM:おー
あきつ丸@4-89:「この自分がいる限り、潜水艦は近づけさせないであります!……たぶん!」
あきつ丸@4-89:「さあ、そこに隠れてるのはお見通しでありますよ!浮上せよ!」
鍵鎮エセル提督:『そこは多分じゃ困るかな?まあともあれ、ちょっと支援させてもらいます』
GM:では、あきつ丸がそう言うと、謎パワーで潜水カ級がぷかーと宙に浮かびます
あきつ丸@4-89:「はっはっはっ、見えたであります!」
皐月@4-114:謎パワー
GM:カ級は無言ですが、じたばた大暴れ
あきつ丸@4-89:「では諸元連絡!」
皐月@4-114:「わっ、ほんとに浮いてるっ!」
あきつ丸@4-89:「先生方、あとはよろしくお願いします」
Roma:「了解しました!遅ればせながら、戦艦RomaとLittorio、支援砲撃を行います!」
Littorio:「はいは~い、ど~んと行っちゃいましょ~」
天龍@4-130:まほうの ちからって スゲー
あきつ丸@4-89:では感情2+1で
あきつ丸@4-89:3d6 「ちゃくだーん!今!」
KanColle : (3D6) → 14[3,5,6] → 14

皐月@4-114:高い!
GM:良いね!装甲4で大破しました
天龍@4-130:通常より低めな気がするな
GM:低いです
あきつ丸@4-89:感情は使えるでありますかね?
GM:ダメージですのでOKですよ
あきつ丸@4-89:では誰か感情お願いするであります
皐月@4-114:じゃあ飛ばすよー
GM:ほいほい
皐月@4-114:「あきつ丸さん、ボクも手伝うよっ!」+1
あきつ丸@4-89:「ありがたい!では一緒に」
あきつ丸@4-89:14+1d6 「こちらの砲撃もお見舞いするでありますよ」
KanColle : (14+1D6) → 14+2[2] → 16

皐月@4-114:おっ
GM:おー、ピッタリ轟沈ですね
あきつ丸@4-89:ジャストかな
あきつ丸@4-89:あぶなーい
天龍@4-130:潜ってる潜水艦なんていなかったんだ
皐月@4-114:「へっへーんっ!」射程的にあたって無さそうだけど…
GM:では、あきつ丸とお手伝いした皐月の砲撃も合わさって、潜水カ級は轟沈!・・・・・・のようだが、残骸などは見当たらない
あきつ丸@4-89:わりと厄介だったのでよかったであります
あきつ丸@4-89:「やはり、周りの深海棲艦はあのタ級が創りだした幻影でありますか」
戦艦タ級:「サスガニ分カルカ、ダガ見抜イタ程度デ勝テルト思ウナヨ」
皐月@4-114:「消えちゃった…」
あきつ丸@4-89:「はっはっはっ」
あきつ丸@4-89:「残念ながら本体を叩けばいいだけの話でありますな」
あきつ丸@4-89:「というわけで、武蔵どの。あとはよろしくお願いするでありますな」
天龍@4-130:「はぁー、魔法って凄いもんだな」
戦艦タ級:「ナラバ、ソノ前ニ我ガ貴様等ヲ沈メルダケダ!」
皐月@4-114:「武蔵さん、よろしくっ!」

艦隊戦(砲撃戦第1ラウンド)編集

GM:何もないなら開幕魚雷すっ飛ばして砲撃戦1ラウンド目行きます
武蔵@3-1550:「言われずとも、だ。貴様らに我が力を見せてやろう!」
GM:では、超長距離!武蔵さん出番ですよ!
皐月@4-114:いっけー!
武蔵@3-1550:「先行する!瞠目せよ!我が砲撃戦を!」
武蔵@3-1550:タ級へ攻撃、46砲  楽観的から目標5 博覧+1 命中-1
GM:はい、どんとこーい!
武蔵@3-1550:2d6>=5 「王者の鼓動、今ここに列を成す」
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

GM:妨害なし、成功です
GM:もとい命中です
武蔵@3-1550:では連撃いっくぞぉ!
武蔵@3-1550:15.2砲  おおらかから目標5 命中+1 博覧+1 連撃-2
GM:どうぞ!
武蔵@3-1550:2d6>=5 「…天地鳴動の力を見るがいい!」
KanColle : (2D6>=5) → 4[2,2] → 4 → 失敗

天龍@4-130:あっれー?
GM:おおう
武蔵@3-1550:妨害どうかな
GM:妨害はないですね、声援かな?
武蔵@3-1550:一回なら振れないことはないが…安全策
武蔵@3-1550:声援お願いします
皐月@4-114:いくよ~
GM:だーれっかな、だれっかなー
皐月@4-114:いいかな?
あきつ丸@4-89:お願いするであります
あきつ丸@4-89:(自分は武蔵殿への感情をもっていないので
天龍@4-130:(同じく
皐月@4-114:あ、ほんとうだ
皐月@4-114:はーい
GM:では皐月さんからかな
皐月@4-114:「そのままー…いっちゃえー!」+1
GM:OK,では命中です!
武蔵@3-1550:「ふむ。良い働きだ、皐月」
武蔵@3-1550:ではダメージ出します
GM:はーい、どうぞー(戦々恐々
武蔵@3-1550:火力5+砲4+砲2
天龍@4-130:じゅ、11Dだとぉ!
皐月@4-114:すげー…w
GM:流石やで
武蔵@3-1550:11d6 「———死して拝せよ!全砲門・一斉掃射!!」
KanColle : (11D6) → 38[1,1,1,2,2,4,4,5,6,6,6] → 38

GM:装甲14、中破!
武蔵@3-1550:うーん、びみょい
武蔵@3-1550:これ以上の強化策ないからな ターンエンドだ
GM:ですかねー
武蔵@3-1550:あ、ちょいまち
GM:おっと
GM:あ、徹甲弾
武蔵@3-1550:うむ
皐月@4-114:おー
武蔵@3-1550:装甲13計算だ
天龍@4-130:あ、でも1足りない
あきつ丸@4-89:徹甲弾ああるんだった
武蔵@3-1550:(ちっ)
GM:ですねぇ・・・が、声援がなぁ
皐月@4-114:うん…
天龍@4-130:うん…
GM:まあ、仕方ないですわな
武蔵@3-1550:まぁ、しゃーない ターンエンド
皐月@4-114:仕方ないねぇ
あきつ丸@4-89:こればっかりはね
戦艦タ級:「ヒヒ、流石ハ大和型トイッタトコロカ。ダガ我ハマダ沈ンデイナイゾ!」
GM:主砲+徹甲弾でぶち抜かれながらも、反撃をしようとするタ級。長距離!
GM:タ級以外いないので、タ級から武蔵に向けて、16inch連装砲だ!
武蔵@3-1550:「ふん。貴様にも最低限の見せ場をやろうというわけだ。せいぜい足掻くがいい」
戦艦タ級:BT3 「コレガ受ケキレルカ?」
KanColle :指定個性③(2[2]) → 2-3 《クール》

GM:クール砲だ!
武蔵@3-1550:おおらかから目標7
武蔵@3-1550:2d6>=7 「この程度で捉えられると思うなよ」
KanColle : (2D6>=7) → 7[3,4] → 7 → 成功

あきつ丸@4-89:ジャスト
皐月@4-114:おー、さっすがー
GM:くっ、妨害なしで回避成功です
戦艦タ級:「ナンダト!?」回避されてびっくり
武蔵@3-1550:「ははは!伝わるぞ、貴様の揺れが!」
天龍@4-130:やるぅ
戦艦タ級:「クッ・・・ヤレ、我ガ眷属達ヨ!」
皐月@4-114:「わー、すごい!流石だねっ!」
GM:タ級がイ級達に命令をすると、イ級達が襲い掛かってくる!・・・が、その前に天龍さんが行けますね!中距離です!
天龍@4-130:はいなー
天龍@4-130:とりあえず突撃中口径から
GM:はいなー
天龍@4-130:目標値は直上なので5
GM:はい、どうぞー!
天龍@4-130:2d6+2=>5 「そこは俺の間合いだぜ、赤目玉さんよぉ」
KanColle : (2D6+2>=5) → 5[1,4]+2 → 7 → 成功

GM:妨害なし!命中です!
天龍@4-130:連撃しまーす、<指揮>中口径、目標値は直上で5 命中2、連撃補正-2で+-0
GM:どうぞー!
天龍@4-130:2d6=>5 「穴あきチーズよりもひでぇ面にしてやんよ」
KanColle : (2D6>=5) → 10[4,6] → 10 → 成功

GM:妨害なし、文句なしの命中です!
天龍@4-130:火力は中口径2、中口径2 で2+2の4
GM:4D6どうぞー!
天龍@4-130:4d6 「どーよぉ!」
KanColle : (4D6) → 15[2,3,5,5] → 15

あきつ丸@4-89:おお
皐月@4-114:どうだろう
GM:装甲6で中破です
天龍@4-130:声援プリーズ、沈めきりたい
あきつ丸@4-89:はーい
あきつ丸@4-89:「支援するであります!陸軍式魔術!【小口径主砲】!」+2
皐月@4-114:魔術なの!?
GM:魔術とは一体・・・うごごご
あきつ丸@4-89:あきつ丸がなにか祝詞を唱えると小口径主砲がどこかから装備されて居る
あきつ丸@4-89:「支援砲撃!うてーぇ」
天龍@4-130:2d6+15 「あきつ丸、ナイスタイミングだぜ!」
KanColle : (2D6+15) → 7[3,4]+15 → 22

GM:どーん、大破です!
皐月@4-114:おー
武蔵@3-1550:@2かな?
GM:ですねー
天龍@4-130:@2だな、もういっちょ声援下さいなー
皐月@4-114:武蔵さん行くー?
武蔵@3-1550:よっしゃ
GM:かもーん
武蔵@3-1550:「ならばこちらからも行くぞ、天龍!シンクロ召喚、46cm三連装砲!撃てっ!」 +1
GM:ダメージ追加、どうぞーっ
天龍@4-130:1d6+22 「どこら辺が召喚なのか分からんが貰ったぜ!」
KanColle : (1D6+22) → 2[2]+22 → 24

天龍@4-130:justkill
皐月@4-114:ぴったり!
GM:ピッタリ轟沈!
あきつ丸@4-89:ジャスト
GM:天龍、あきつ丸、武蔵の集中砲火でイ級eliteはダメージに耐え切れず霧散していきます
天龍@4-130:「はっはー、手下が一人無戦果で落ちたぜぇ?」
武蔵@3-1550:「問題あるまい。奴らにとれる戦果は0だ」
戦艦タ級:「ウルサイ!マダコレカラダ!」
あきつ丸@4-89:「はっはっはっ、どんどん落としていくでありますよ」
天龍@4-130:ここで天龍の効果発動!
皐月@4-114:「うん、ボクも負けてられないやっ!」
GM:おお!
天龍@4-130:【怖いか?】の効果で……誰にしよう…
武蔵@3-1550:さっちんの前かフリーだな
天龍@4-130:ん~、とりあえずイ級かな?このターンでは倒しきれなさそうだし
天龍@4-130:イ級を恐怖させる!
駆逐イ級B:「・・・・・・」恐怖している様子はなさそうだが、その恐怖心はある一種の魔法に近いものとなって、イ級の行動を鈍らせます
GM:天龍ちゃんも魔法っぽいの使えたよ!ってことで
天龍@4-130:「ふふふ、怖いか?」
戦艦タ級:「クッ・・・貴様等、艦娘デハナイノカ・・・イヤ、艦娘ノハズダ、ダガ今ノハ・・・?」
GM:イ級が恐怖を抱いているのを見て、タ級が混乱してます
GM:さて、お待ちどう!短距離の時間です
皐月@4-114:「怯えてるなんて、可愛い幻影さんだねっ!」
皐月@4-114:いっくぞーぅ!
皐月@4-114:いいかな?
GM:OKです
皐月@4-114:目標、駆逐ロ級!
GM:かもん!
皐月@4-114:【小口径主砲】 対空戦闘 命中+2 目標値5
皐月@4-114:2d6+2>=5 「よーっし、ボクの出番だね!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 9[3,6]+2 → 11 → 成功

皐月@4-114:当たってるなら連撃ー!
GM:妨害なんてなかった、命中です!
皐月@4-114:【小口径主砲】 突撃 命中+2、連撃補正-2 目標値5
GM:どうぞー!
皐月@4-114:2d6+2-2>=5 「ボクの砲雷撃戦、始めるよ!」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 5[2,3]+2-2 → 5 → 成功

皐月@4-114:おっとっ、これはどうだろ
GM:おっと、妨害2で失敗ですね
皐月@4-114:だよねー、振り直す
皐月@4-114:1d6
KanColle : (1D6) → 4

皐月@4-114:皐月@4-114の行動力が4点減少した。 (行動力:13->9)
皐月@4-114:2d6>=5
KanColle : (2D6>=5) → 8[2,6] → 8 → 成功

皐月@4-114:よし、今度はいけたね
GM:妨害されましたが無事に命中!
皐月@4-114:ダメージです!装備で2+2の、4d
GM:ダメージどうぞー
皐月@4-114:4d6 「沈んじゃえ!」
KanColle : (4D6) → 11[1,2,2,6] → 11

皐月@4-114:むー、低いなー
GM:低いですが装甲4で中破となります
皐月@4-114:声援くださいー
天龍@4-130:俺が渡してもいいか—
あきつ丸@4-89:どうぞー
GM:ほいほい
天龍@4-130:「こっちも気にしてねぇと落ちちまうぞぉ!」 +1
GM:では1D6追加どうぞー
皐月@4-114:1d6+11 「わっ、天龍!?いきなりはびっくりするじゃんかさー!」
KanColle : (1D6+11) → 2[2]+11 → 13

皐月@4-114:もうひとこえー
あきつ丸@4-89:了解
GM:一応、大破になります
あきつ丸@4-89:「こちらもいるでありますよ!」+1
GM:1D6さらにどうぞー!
皐月@4-114:1d6+13 「あっ、あきつ丸さんも!」
KanColle : (1D6+13) → 2[2]+13 → 15

皐月@4-114:も、もう一つ
GM:惜しい!
武蔵@3-1550:「遠慮するな。おまけも持っていけ」 +1
皐月@4-114:1d+15 「武蔵さんまで…みんな、助かるよっ!」
KanColle : (1D6+15) → 3[3]+15 → 18

皐月@4-114:これで倒せたかな
GM:ですね、轟沈です!
皐月@4-114:よっし!
あきつ丸@4-89:わーい
皐月@4-114:「へっへーん、どうだっ!」
GM:4人からの砲撃でロ級も消滅しました!
天龍@4-130:ナイスショット
戦艦タ級:「ナ、ナントイウコトダ・・・スデニ半壊・・・ダト!?」
皐月@4-114:ドヤっ
武蔵@3-1550:「最初に言っただろう。我々と事を構えた時点で終わりだとな」
戦艦タ級:「クッ・・・ナラバ、セメテ一人デモ多ク沈メルノミ!」
GM:その声とともに、もう一体のカ級が皐月に向けて魚雷を発射します!
皐月@4-114:来るが良い!
GM:bt2
KanColle :指定個性②(1[1]) → 1-2 《人脈》

皐月@4-114:えぐぃ
GM:人脈魚雷です!
あきつ丸@4-89:左上
皐月@4-114:ふふん、でも素直から目標値は6だったりー
皐月@4-114:回避補正が1!
GM:振り直しもしやすいですしなぁ・・・
皐月@4-114:2d6+1>=6 「ボクとやりあう気なの?」
KanColle : (2D6+1>=6) → 6[1,5]+1 → 7 → 成功

GM:妨害なし、回避成功です!
皐月@4-114:「可愛いねっ!」 どっやああ
GM:魚雷は皐月に当たることなく、すぃーっと的外れな方向に行ってしまいます
GM:次はあきつ丸さんですね!
あきつ丸@4-89:自分の出番でありますな!
あきつ丸@4-89:ではフリーイ級を狙うといたしましょう
GM:GOGO!
皐月@4-114:いっけー
あきつ丸@4-89:マジメな小口径主砲
あきつ丸@4-89:目標値5
GM:かもーん
あきつ丸@4-89:2d6>=5 「陸軍式魔術!」
KanColle : (2D6>=5) → 3[1,2] → 3 → 失敗

あきつ丸@4-89:振り直しするであります
GM:はーい
あきつ丸@4-89:1d6
KanColle : (1D6) → 4

皐月@4-114:再詠唱で有りますな
あきつ丸@4-89:2d6>=5 パチン(五芒星が書かれた手袋で指を鳴らす音)
KanColle : (2D6>=5) → 7[1,6] → 7 → 成功

天龍@4-130:それ詠唱いらん人や!
GM:妨害1ですが成功です!
あきつ丸@4-89:イ級は三次元立体投影型エルダーサインに包まれます
GM:わぁ
あきつ丸@4-89:火力は2だけ!
あきつ丸@4-89:2d6 「さあ行くでありますよ!」
KanColle : (2D6) → 6[1,5] → 6

GM:ちゅいーん、装甲4で小破
あきつ丸@4-89:声援使って落としておくでありますか
あきつ丸@4-89:フリーは怖いし
あきつ丸@4-89:提督殿からの声援は使えるでありますか?
GM:OKですよ
あきつ丸@4-89:ではお願いするでありますな
GM:はーい
鍵鎮エセル提督:『そういえば、あきつ丸さん。貴女は【運命】を信じますか?』頭の中に声が響きます・・・
あきつ丸@4-89:(【運命】でありますか…)
鍵鎮エセル提督:『その運命の力の一端を、お見せしましょう・・・!』
あきつ丸@4-89:(都合の良い時は信じて、都合がわるい時は抗うでありますよ)
GM:その声が聞こえると、あきつ丸は「魔法の砲弾が主砲に装填されていて、即座にそれを発射できる」ようになります+2
あきつ丸@4-89:「おやこれは」
あきつ丸@4-89:「……なるほど」
あきつ丸@4-89:「ありがたく使わせてもらうであります」
あきつ丸@4-89:6+2d6 「そーれ!だんちゃーく!今!」
KanColle : (6+2D6) → 6+8[3,5] → 14

GM:大破、残り2で轟沈ですね
あきつ丸@4-89:では誰かお願いするでありますな
あきつ丸@4-89:もう一声
天龍@4-130:ん~、俺か
武蔵@3-1550:よし、任せましょう
GM:OK
天龍@4-130:「おいおい、陸軍ってのはそんなもんか?もちっと気張れよ」 +1
GM:追加どうぞー
あきつ丸@4-89:14+1d6 「いいでありますか?本気見せちゃうでありますよ?」
KanColle : (14+1D6) → 14+2[2] → 16

GM:ピッタリ轟沈!
武蔵@3-1550:ジャストキル!
天龍@4-130:ジャストキィル
あきつ丸@4-89:陸軍の本気=ジャストキル
GM:そこなの!?w
あきつ丸@4-89:「ふっふーん、」
あきつ丸@4-89:「取り巻きが随分寂しくなられましたな」
GM:ともあれ、駆逐イ級も爆散せず消滅しました!
天龍@4-130:「そうそう、その調子だぜ」
あきつ丸@4-89:「今のお気持ちは如何か」
戦艦タ級:「オノレ・・・オノレオノレオノレェェェェェェ!!」
皐月@4-114:「あいつ…」 びくっと
天龍@4-130:武蔵!今だ!
戦艦タ級:「許サンゾ、艦娘ドモ!!」
GM:と、タ級が激昂しておりますが、ラウンド終了時アビリティどうぞー
武蔵@3-1550:陣形があるが要るかね?これ
GM:要らないなら発動せずでも
あきつ丸@4-89:いま十分抑えれてるからねえ
天龍@4-130:あきつ丸と俺を6に移動すれば皐月はノーリスクになるんじゃない?
皐月@4-114:だねー
GM:発動なしならそのまま2ラウンド目突入しますが
武蔵@3-1550:それ敵全部6移動とかになっちゃう可能性が
皐月@4-114:敵も選ばないといけないから、天龍ちゃんあきつ丸が目標になっちゃう
天龍@4-130:あ、すいません
GM:ですね、私だってそーする(
天龍@4-130:よく読んでなかったぁ…
GM:気を取り直して、2ラウンド目いきましょうか?
武蔵@3-1550:ですねー
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:はーい

艦隊戦(砲撃戦第2ラウンド)編集

GM:2ラウンド目はいきなり短距離!皐月さんからですね!
皐月@4-114:先ほどのお返しをお見舞いしてあげよう
皐月@4-114:目標、カ級ー
GM:ほいほーい
皐月@4-114:【小口径主砲】 対空戦闘、目標値5の命中2
皐月@4-114:2d+2>=5 「よーっし、今度はキミの番だ!」
KanColle : (2D6+2>=5) → 11[5,6]+2 → 13 → 成功

GM:惜しいもうちょっとでスペってた!妨害なしの命中!
皐月@4-114:ふっふーん
皐月@4-114:連撃!
GM:どうぞ!
皐月@4-114:【小口径主砲】 突撃、目標値5の命中2、連撃-2
皐月@4-114:2d6+2-2>=5 「逃げられないよ!」
KanColle : (2D6+2-2>=5) → 5[2,3]+2-2 → 5 → 成功

GM:妨害なし、命中ですー
皐月@4-114:ダメージは、さっきと同じ4d
GM:どうぞー
皐月@4-114:4d6 「これでどうかなっ!」
KanColle : (4D6) → 7[1,1,1,4] → 7

皐月@4-114:えっ
GM:oh
あきつ丸@4-89:OH
GM:ええと、一応小破です
皐月@4-114:「…あっれー?」 (・3・
戦艦タ級:「ヒ、ヒヒ、仕留メソコナッタナ!行ケ!」
GM:無慈悲なカ級の人脈魚雷が皐月を襲う!
皐月@4-114:わー左上なんてなんてひどいGMなんだー
皐月@4-114:素直からギャップ挟んで、目標値6の回避1ー
GM:目標6でしょーがっww
GM:どうぞー
皐月@4-114:2d6+1>=6 「また同じ攻撃?当たらないよっ!」
KanColle : (2D6+1>=6) → 7[3,4]+1 → 8 → 成功

皐月@4-114:どやぁ
GM:すいーっと魚雷がどっかに行きます
GM:潜水カ級もそうだけど、こいつら命中回避ないから潜航しないとイ級より弱いイメージ。天龍さんとあきつ丸さん、どちら先に行きます?
天龍@4-130:ん~、まあ俺からか?
あきつ丸@4-89:火力あるのは天龍さんですね
あきつ丸@4-89:火力ある天龍さんがタ級?
あきつ丸@4-89:でも自分ひとりでカ級は微妙でありますか
武蔵@3-1550:カ級はせめて大破にしておきたいね
天龍@4-130:武蔵が安定してるしタ級は任せても良い気がするな
あきつ丸@4-89:なるほど
GM:まあ、武蔵さん頑張れば、うん
あきつ丸@4-89:とりあえず自分が先にカ級小突いてみるでありますか?
天龍@4-130:じゃあ、お願いするわ
あきつ丸@4-89:了解であります
あきつ丸@4-89:というわけでカ級!
GM:はい、どうぞー!
あきつ丸@4-89:「覚悟するでありますよ!」
皐月@4-114:いっちゃえー
あきつ丸@4-89:マジメ直上、目標値5
あきつ丸@4-89:命中1
GM:こいこーい
あきつ丸@4-89:2d6+1>=5 「潜水艦が浮いてたらただのカカシでありますよ!」
KanColle : (2D6+1>=5) → 6[2,4]+1 → 7 → 成功

GM:妨害なし成功!
GM:続けてダメージどうぞー!
あきつ丸@4-89:2d6 「そーれ」
KanColle : (2D6) → 7[1,6] → 7

あきつ丸@4-89:んー
あきつ丸@4-89:武蔵どの!感情を
武蔵@3-1550:よっしゃ
武蔵@3-1550:「主砲、照準合わせ! 援護する。逃がすなよ」  +1
あきつ丸@4-89:7+1d6 「ありがたい!」
KanColle : (7+1D6) → 7+4[4] → 11

あきつ丸@4-89:んー
あきつ丸@4-89:仕方ないでありますな
GM:大破ですね。妖怪仕事しすぎ
GM:では天龍さん出番です!
天龍@4-130:とりあえず潜水艦沈めるか
皐月@4-114:おねがいー
天龍@4-130:潜水カ級に<突撃>中口径!直上で目標値
天龍@4-130:5
GM:ほい!どうぞー
天龍@4-130:命中2
天龍@4-130:2d6+2=>5 「早く沈めよクソッタレ」
KanColle : (2D6+2>=5) → 10[4,6]+2 → 12 → 成功

GM:どっかーん、轟沈です!
GM:っとミスった、眠いのかな
武蔵@3-1550:気が早いw
GM:命中です
皐月@4-114:wwww
GM:失礼しました。ログではカットしません(
天龍@4-130:連撃しまーす、<指揮>中口径 目標値5 命中修正、連撃補正で+-0
GM:はい、どうぞー
あきつ丸@4-89:まあ当たれば死ぬレベルのはず
天龍@4-130:2d6=>5 「おらおらぁ!」
KanColle : (2D6>=5) → 2[1,1] → 2 → ファンブル(判定失敗。アクシデント表を自分のPCに適用)

GM:!?
天龍@4-130:(´・ω・`)
天龍@4-130:調子乗っちゃったー
皐月@4-114:あっ
皐月@4-114:あららー
GM:まさかファンブル出るとは・・・
あきつ丸@4-89:あ
天龍@4-130:10点おいしいなー
武蔵@3-1550:ありゃ…
GM:ともあれ、アクシデント表どうぞー
天龍@4-130:act だっけ?
KanColle : アクシデント表(3) → えーん。大失態。このキャラクターに対して【感情値】を持っているキャラクター全員の声援欄にチェックが入る。

GM:皐月さんからの感情にチェックが入ります
天龍@4-130:関係な…皐月のに入るか
武蔵@3-1550:致命傷で済んだな
皐月@4-114:あ、ほんとだね
GM:ああ、致命傷で・・・それあかんのちゃう?
天龍@4-130:「ばっか!動くと当たんねぇ…うわぁ」ステーンと大転倒
あきつ丸@4-89:「あ、」
皐月@4-114:「天龍っ!?」
戦艦タ級:「ア。」
武蔵@3-1550:「何をしている……」
あきつ丸@4-89:「おのれー!秘境なり深海棲艦ー!」
あきつ丸@4-89:×秘境→○卑怯
戦艦タ級:「イヤ今ノハ我デハナイゾ!?」
皐月@4-114:「もー、しっかりしなよ」
GM:ともあれ、でちゃったものはしょうがない。天龍さんの連撃は失敗になりました・・・
天龍@4-130:「クッソォ!ぶっ殺してやる!」
GM:気を取り直して武蔵さんのターンです
武蔵@3-1550:では攻撃、46砲から  目標5  補正+-0
GM:はーい、どうぞー
武蔵@3-1550:2d6>=5 「さぁ、我が砲撃、死に物狂いで耐えて見せろ」
KanColle : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功

GM:おっと、妨害1ですね
武蔵@3-1550:んー
武蔵@3-1550:振るしかないか
武蔵@3-1550:1d6
KanColle : (1D6) → 1

GM:最小値だ
武蔵@3-1550:2d6 そぉい!
KanColle : (2D6) → 6[1,5] → 6

GM:妨害1ですが命中!
武蔵@3-1550:連撃、15.2砲  目標5 補正+-0
武蔵@3-1550:2d6>=5 「だが私の砲撃はあの程度では終わらんぞ!」
KanColle : (2D6>=5) → 7[3,4] → 7 → 成功

GM:どうぞー!
GM:っと、命中ですね!
武蔵@3-1550:ダメージ算出 5+4+2だな
皐月@4-114:おー
GM:ですね、ダメージどうぞ!
武蔵@3-1550:11d6 「未だ経験し得ない痛みを、貴様に与えよう!」
KanColle : (11D6) → 32[1,1,1,1,2,3,3,4,4,6,6] → 32

天龍@4-130:やったか!?
GM:見事轟沈!
あきつ丸@4-89:どうかな?イケる
あきつ丸@4-89:やったー
皐月@4-114:おー!
天龍@4-130:←戦犯
戦艦タ級:「ワ、我ガ・・・魔法使イデナク、艦娘ニ倒サレル・・・ダト・・・!!」
あきつ丸@4-89:「残念だったでありますな」
皐月@4-114:「やったかっ…!?」
天龍@4-130:「はっ、口ほどにもねぇ」
戦艦タ級:「ヒヒ・・・ダガ、我ニハ逃走経路ガ———」
Roma:「さて、と。提督の言う通りなら、この弾頭を当てれば封印処理出来るらしいけど」
Littorio:「さっくりやっちゃいましょ~」
あきつ丸@4-89:「ではお願いするでありますな」
皐月@4-114:「それで倒せるんだねっ!」
Roma:「では、封印!」ドーン、と一発の砲弾を発射!
戦艦タ級:「ナ・・・ソレハ・・・!グワァァァァァァァッ!?」タ級に砲弾が命中!タ級の身体から一冊の本が浮かび上がります
GM:そしてその本はぷかぷかと近寄ってきて、皐月さんの元へ
武蔵@3-1550:「あれが例の本か」
皐月@4-114:「そうみたいだ」 拾って、その本を見てみる
天龍@4-130:「素手で触って大丈夫かぁ?味方と連戦とか俺は嫌だぜ?」
あきつ丸@4-89:「封印処理したから大丈夫でありますよ。……たぶん!」
GM:タイトル「深き海の悪意」と書かれたソレは、ただの本にしか見えない
皐月@4-114:「ちょっ、天龍怖いこと言わないでよー!」
GM:手に持っても問題はないようだ。封印処理はしっかりされている
皐月@4-114:ほうほう
GM:憑依されていたタ級は、そのまま海の底に沈んでいくよ
皐月@4-114:「…これで、終わりなのかな?」
あきつ丸@4-89:「……まだ潜水してない潜水艦が一隻いるでありますが」
あきつ丸@4-89:「……多分、放っておいたら消えるでありましょうが」
あきつ丸@4-89:「どういたしますか?」
GM:残されたカ級は、刷り込まれた命令通り、4人を攻撃しようとしている。が、既に消えそうになっている
皐月@4-114:「消えるなら…放っておこ、無駄に戦う必要はないと思うんだっ」
天龍@4-130:「一生海底で暮らしてな、寂しくねぇように後から仲間を送ってやるからよぉ」タ級が沈んでいる最中の場所に無駄弾を撃ち込む天龍ちゃん
Roma:「ちょっと、無駄な出費になるから止めなさいよ!」
Littorio:「じゃあ帰りましょうか~、疲れてるでしょうし、ゆっくりしましょ~?」
皐月@4-114:「うんっ!それじゃ、みんな帰るよっ!」
GM:では、皐月さんの提案で勝手に消えるなら・・・という事で、ここで艦隊戦終了です!
あきつ丸@4-89:「了解であります。」
GM:え?カ級の魚雷?勝利条件満たしてるから良いじゃないか(ぁ
皐月@4-114:うむ
GM:というわけで、戦果及び終了フェイズは明日となります。本日はお疲れ様でしたー!
天龍@4-130:「ああ、帰ろうぜ!帰ったら少しは提督に謝っても良いかもな…(ごにょごにょ」
皐月@4-114:お疲れ様でした!
天龍@4-130:お疲れ様でした~
武蔵@3-1550:お疲れ様でしたー
あきつ丸@4-89:お疲れ様でしたー

四日目編集

GM:点呼開始!
皐月@4-114:準備完了!(1/4)
あきつ丸@4-89:準備完了!(2/4)
武蔵@3-1550:準備完了!(3/4)
天龍@4-130:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!

GM:では、今日もよろしくお願いしますー!
皐月@4-114:よろしくお願いします!
武蔵@3-1550:よろしくお願いしまーす!
天龍@4-130:よろしくお願いしまーす
あきつ丸@4-89:よろしくお願いするでありますな

決戦フェイズ編集

艦隊戦(戦果決定)編集

GM:では昨日の続き。艦隊戦の戦果です!
天龍@4-130:わーい
皐月@4-114:お幾つ貰えるかな
GM:通常戦果7(敵艦6+エリ1) 特殊戦果2(実質全滅+無傷)です!
皐月@4-114:おー
武蔵@3-1550:わぁお
GM:通常戦果の資材は係数6となります
あきつ丸@4-89:わあいお
天龍@4-130:おいしいな
GM:割と奮発しちゃっていいかな、って思って・x・
皐月@4-114:・x・
天龍@4-130:ミッフィーミッフィーじゃないか!どうしてry
皐月@4-114:えっと
GM:ともあれ、戦果決めどうぞ。通常は皐月さんかな?
皐月@4-114:特殊戦果は変換?
GM:いえ、追加です
皐月@4-114:はーい
皐月@4-114:じゃあ通常振るよ
GM:どうぞー!
皐月@4-114:7b6 えいや
KanColle : (7B6) → 1,2,2,4,5,5,6

皐月@4-114:おー、まずまず
GM:バランスが良いですねー
天龍@4-130:良い感じ
GM:好きな資材はどんな感じで振り分けます?
皐月@4-114:任意の資材は鋼材とボーキサイト?
武蔵@3-1550:燃
武蔵@3-1550:燃1弾2ボ1だから
武蔵@3-1550:鉄と燃料かなぁ
武蔵@3-1550:あ、でも燃料あるか
皐月@4-114:取り敢えず決まった分振るよー
GM:ですねー
皐月@4-114:1d6+6 燃料
KanColle : (1D6+6) → 3[3]+6 → 9

皐月@4-114:2d6+6+6 弾薬
KanColle : (2D6+6+6) → 8[3,5]+6+6 → 20

皐月@4-114:1d6+6 ボーキサイト
KanColle : (1D6+6) → 6[6]+6 → 12

GM:この時点で燃料弾薬溢れますなぁ・・・
皐月@4-114:13/11/5/3 → 22/31/5/17 かな?
武蔵@3-1550:鉄に全ぶっぱでもよさそうな
GM:まあどちらでも!
皐月@4-114:1回鉄行ってみる
あきつ丸@4-89:鉄かな?
GM:燃料鋼材は入渠で使いますし、アリではなかろうか
皐月@4-114:1d6+6 鋼材
KanColle : (1D6+6) → 5[5]+6 → 11

皐月@4-114:鋼材が16個に
武蔵@3-1550:ボーキって空母いないと出番が…
あきつ丸@4-89:空母系居なかったら戦艦の主食でありますな
GM:ですね
GM:戦艦だってボーキもっちゃもっちゃしますよ
皐月@4-114:じゃあ数的にも鋼材かな?
天龍@4-130:無かったらなかったでカイハツガ—
GM:ともあれ、どうぞー?
皐月@4-114:1d6+6 鋼材
KanColle : (1D6+6) → 1[1]+6 → 7

皐月@4-114:うおう…
皐月@4-114:16+7で23個
天龍@4-130:お…おう
GM:でも終了フェイズの調整で溢れますけどね
GM:さて、お待ちかね特殊戦果2
あきつ丸@4-89:十分でありますな
皐月@4-114:特殊はお任せ
GM:3人の中から2人振る感じかな
天龍@4-130:GMチョイスやってみよー
GM:ふむ
あきつ丸@4-89:お願いするでありますな
GM:choice[あきつ,むさし,てんりう]
KanColle : (CHOICE[あきつ,むさし,てんりう]) → むさし

GM:choice[あきつ,てんりう]
KanColle : (CHOICE[あきつ,てんりう]) → てんりう

天龍@4-130:俺か
GM:武蔵さんと天龍さん、お願いします!
武蔵@3-1550:よぉし
あきつ丸@4-89:任せたであります
天龍@4-130:1d6 おりゃぁ!
KanColle : (1D6) → 1

武蔵@3-1550:spsnt そぉい
KanColle : 特殊戦果表(6) → 新特殊開発表を使用する(資材は消費しない)

武蔵@3-1550:特殊か…
GM:全資材+3、新特殊ですね
天龍@4-130:あ、ミスったな 戦果表あったね
GM:ふむ、
武蔵@3-1550:wpmcn 光輝けー!
KanColle :新特殊開発表(燃料6/弾薬3/鋼材6/ボーキ3)(3[2,1]) → カ号観測機(建造弐p171)

武蔵@3-1550:カ号であります!
GM:全資材+3は通常開発にしても良しとします。そしてカ号・・・
皐月@4-114:カ号でありますよ
あきつ丸@4-89:カ号観測機であります
GM:あきつ丸さん、もってく?
あきつ丸@4-89:ちょっと悩むでありますな
あきつ丸@4-89:他に装備できるかたも居ないようなのでもらっていくであります
GM:了解しました
GM:では小口径と入れ替えかな?
あきつ丸@4-89:はい
あきつ丸@4-89:そうするであります
GM:ではリソースに小口径ぶち込んで、と
あきつ丸@4-89:【小口径主砲】→【カ号観測機】
GM:後は全資材+3か
GM:さて、エンディングいきましょうか
天龍@4-130:はーい
皐月@4-114:ボーキサイト+3で、20だねー
皐月@4-114:はーい
武蔵@3-1550:はーい
あきつ丸@4-89:これでほとんどの資源はMAXでありますかな?
GM:ですね、ボーキ以外最大です
皐月@4-114:全部マックスみたい
皐月@4-114:あ、ボーキサイト違った

 

皐月@4-114:感情は提督に取る!
GM:なぬ!?
皐月@4-114:「すっごい魔法使い!」で
皐月@4-114:へっへーん
GM:そう来るとは・・・面白いから良し!(
あきつ丸@4-89:自分も提督さんにとるでありますな
あきつ丸@4-89:支援砲撃も頂いたし
天龍@4-130:まあ、武蔵かな「圧倒的な火力だぜ…」で
あきつ丸@4-89:提督殿に「運命を感じたであります」かな
武蔵@3-1550:皐月のを伸ばすか
GM:感情もこれで全部かな!

(感情の処理は折り畳んであります)

エンディング編集

GM:無事に魔法の本・・・「禁書」を封印する事に成功した彷徨う死逢わせの乙女たち。
GM:鎮守府に帰投し、提督に連絡をしにいこうとした時・・・突如、工廠の方から爆発のような音が聞こえてきます
皐月@4-114:!?
天龍@4-130:!?
あきつ丸@4-89:!?
天龍@4-130:「なんだぁ!あのフリフリが何かしやがったか!?」
皐月@4-114:「うわぁっ!?」 びくぅっって慌てて本を取り落としそうに
武蔵@3-1550:「何事だ!?」
GM:提督と離島棲鬼の声も聞こえてきますが・・・そこまで慌てた様子ではない感じ
Roma:「ともあれ、行ってみましょうか」
あきつ丸@4-89:「でありますな」
皐月@4-114:「うん!」
皐月@4-114:行ってみよう
GM:そして工廠に4人+2人が駆けつけると、工廠には出来たてホヤホヤのカ号観測機(ぇ
皐月@4-114:!?
天龍@4-130:!?
武蔵@3-1550:わぁお
GM:そして何故か満足げな顔の離島棲鬼と提督
あきつ丸@4-89:「……えー」
あきつ丸@4-89:「カ号観測機……で、ありますか?」
皐月@4-114:「司令官、今のは何の音なの!?」
離島棲鬼:「そう!カ号観測機よ!どうかしら?この再現率!」
天龍@4-130:「……は?」
皐月@4-114:「…‥‥うん?」
武蔵@3-1550:「……装備開発か?」
鍵鎮エセル提督:「ああ、おかえり。まあアレです、この子の魔法がどんな感じか見てみようかと思ってね」
鍵鎮エセル提督:「何か適当に作ってって言ったら、これを作ったんですよ」
皐月@4-114:「作ったのっ!?」
あきつ丸@4-89:「おおー」
Littorio:「・・・・・・え~っと、何故カ号観測機なのですか?」
あきつ丸@4-89:「どこからどう見てもカ号観測機であります」
離島棲鬼:「今の私でも簡単に作れるとしたら、これくらいなのよ・・・」
天龍@4-130:「一応、敵が作った物だぞ。危なくねぇのかよ」
あきつ丸@4-89:「なんか地味に酷い言われようだった気がするであります……」
皐月@4-114:「でも、装備作れるなんて凄いなぁ。これって、使えるの?」
鍵鎮エセル提督:「大丈夫ですよ、調査しても何も問題はありませんでしたから。普通に使っても大丈夫ですよ」
鍵鎮エセル提督:「せっかくですし、あきつ丸さん。持って行きます?」
武蔵@3-1550:「折角作るなら51cm連装砲でも作って欲しいものだがなぁ」
離島棲鬼:「あ、あんなデカくてフトくてカタいの、今の私には無理よー!!」
皐月@4-114:「ボクも、強い装備とか、欲しいなー」
あきつ丸@4-89:「ではありがたく使わせていただくであります」
天龍@4-130:「ボスクラスなのに微妙に使えねぇな」
あきつ丸@4-89:「ほらーこっちにくるでありますよー」
あきつ丸@4-89:ぷるぷる
離島棲鬼:「煩いわね!仕方ないじゃないの、魔法使いとしてはまだ半人前以下なんだし」
あきつ丸@4-89:カ号観測機はぷるぷると発信して手のひらに収まった
鍵鎮エセル提督:「・・・・・っと、話を戻しましょう。無事に戻ってこられたという事は、回収も問題なかったようですね?」
皐月@4-114:かわいい
GM:かわいい・・・カ号のくせに!(
皐月@4-114:「そうそう!ほら、この通りさっ!」 本を司令に渡して
鍵鎮エセル提督:本を受け取ってじっと見て「ふむ。封印処理も問題なし、と。あの弾頭も上手く起動したようで何より」
GM:そして4人に向き直り
鍵鎮エセル提督:「この度は本当に感謝しています。ありがとうございます・・・・・・そして、おかえりなさい」
武蔵@3-1550:「私が付いているのだ
武蔵@3-1550:問題など、あるわけがあるまい」
皐月@4-114:「うん、ただいまっ!」 にこー
武蔵@3-1550:(どやぁ
天龍@4-130:「お、おう 俺たちがこの程度の任務がこなせないわけないじゃねぇか」
あきつ丸@4-89:「ただいま、で、あります」
鍵鎮エセル提督:「ふふ。さて、実は祝勝パーティの準備もしていたんですよ、お風呂も準備万端です。ゆっくり疲れを癒しましょう」
GM:そう言って指をパチンと鳴らすと、工廠の内装が一瞬にしてパーティ会場に変貌!
天龍@4-130:「よっしゃぁ!まずは飯だ飯!」
あきつ丸@4-89:「便利でありますなあ」
武蔵@3-1550:「全くだ」
皐月@4-114:「うわっ!?びっくりするなー」
GM:出来たてほやほやの料理(和洋折衷様々)+デザート。後魔法で召喚されて困惑気味の間宮さん
GM:Littorioと離島棲鬼は乾杯の音頭前に勝手に食ってRomaに怒られている((
鍵鎮エセル提督:「では、皆さん。飲み物は持ちましたか?」
皐月@4-114:「うん、いつでもオッケーだよ!」
あきつ丸@4-89:「準備万端!で、あります。」 (日本酒片手に
天龍@4-130:「おう、もちろんだ」ワインと見せかけてグレープジュース
皐月@4-114:あ、皐月はオレンジジュースだね
武蔵@3-1550:「うむ。こちらも準備よし、だ」 (壺焼酎を小脇に抱えながら
鍵鎮エセル提督:「彷徨う死逢わせの乙女たちの勝利を祝して・・・乾杯!!」ウィスキーのボトルを掲げて
皐月@4-114:「かんぱーいっ!」 コップを掲げてね!
天龍@4-130:「かんぱーい!」コップを掲げてだな
あきつ丸@4-89:「かんぱーい!で、ありますな!」
武蔵@3-1550:「乾杯!」 (グラス…ではなく壺を掲げる
GM:そうして祝勝パーティは始まり、夜は更けていくのでした・・・・・・
鍵鎮エセル提督:「さてさて、この話はここでひとまずおしまい」
鍵鎮エセル提督:「まだこの世界にはたくさんの魔法の本・・・禁書があるでしょう」
鍵鎮エセル提督:「果たして、どんな艦娘達がこの鎮守府を訪れてくるのか、彼女達の命運は・・・・・・」
鍵鎮エセル提督:「まあ、今はゆるりと休みましょう。おやすみなさい『彷徨う死逢わせの乙女たち』の皆さん。また会いましょう」
GM:艦これRPG「魔法使いの海 ~新任提督は魔法使い!?~」          おしまい

終了フェイズ編集

GM:と、言うわけで!終了フェイズとなります!
皐月@4-114:はーい!
天龍@4-130:はーい
武蔵@3-1550:はーい
あきつ丸@4-89:はーい
GM:ではまず、経験値!
GM:メイン任務:魔法の本を回収しよう 成功! 50点
GM:サブ任務1:出撃準備をしよう 成功! 30点
GM:艦隊戦 1回 10点
GM:艦種 皐月さん、天龍さん 20点
GM:あきつ丸さん 10点
GM:旗艦 皐月さん 10点
GM:さて、皆さんお悩みかもしれない。MVP指名のお時間です
皐月@4-114:どうしよっかなー
あきつ丸@4-89:いつもながら悩むであります
天龍@4-130:ダイスORメッセージ!
武蔵@3-1550:ねー
天龍@4-130:どっちですかい?
GM:シークレットダイスでお願いします
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:はーい
あきつ丸@4-89:はーい
武蔵@3-1550:はーい
天龍@4-130:悩むぅ
皐月@4-114:シークレットダイス
皐月@4-114:よし、これだ!
あきつ丸@4-89:シークレットダイス
武蔵@3-1550:シークレットダイス
天龍@4-130:シークレットダイス
天龍@4-130:こうかな~
GM:大丈夫かな
皐月@4-114:OK
GM:では、公開カウントダウンです
GM:3
武蔵@3-1550:おk
GM:2
GM:1
GM:0!
皐月@4-114:s1d6 天龍 かっこよくて、そして可愛かった!
KanColle : (1D6) → 5

天龍@4-130:s1d6 皐月「クルクル可愛いRPが心にきました。可愛いね!」
KanColle : (1D6) → 1

武蔵@3-1550:s1d100 「皐月」 「魔法に憧れてたり、全力で頑張ってたり……可愛いね!」
KanColle : (1D100) → 95

あきつ丸@4-89:s1d66 皐月殿:「かわいらしい旗艦でありました。悩みましたがかわいいは正義であります。」
KanColle : (1D66) → 12

皐月@4-114:うお、マジで!?
GM:わおー
皐月@4-114:ありがたやー
天龍@4-130:可愛いね!
GM:やはり皐月は可愛いね!
あきつ丸@4-89:カワイイね
武蔵@3-1550:可愛いね!
皐月@4-114:可愛いよ!
皐月@4-114:えーと、たぶん合計150点だね
GM:MVPってこんなに集中するもんだっけ・・・?まあいいか
皐月@4-114:びっくりした
武蔵@3-1550:たまによくある。
天龍@4-130:まれによくある
GM:では。GMからプレゼントとして、さらに10点差し上げます!
あきつ丸@4-89:というやつでありますな
GM:(全員ね!
あきつ丸@4-89:おお
あきつ丸@4-89:ありがたい
皐月@4-114:ありがったや~
天龍@4-130:ありがたやー
武蔵@3-1550:ありがてぇ
GM:そして、功績点+1点!
皐月@4-114:名誉点?
武蔵@3-1550:ですな
GM:ああもう、功績点はマギロギだろ!名誉点ですハイ
天龍@4-130:ふふふ
GM:似てるから間違えるんですごめんなさい
あきつ丸@4-89:わあい
GM:感情や個性等の調整等は各自でお願いします!・・・・・・って、戦果の感情+1あるじゃないですかやだー!
皐月@4-114:あ!w
武蔵@3-1550:それはまぁ個人で整理すればいいんじゃないかな
GM:ですね、おまかせしちゃいます
GM:そして鎮守府もレベルアップ!
皐月@4-114:はーい
天龍@4-130:テレレッテッテテー
GM:さて、弾薬9と鋼材1が虚空に消えます。多分離島棲鬼が勝手に食った(
武蔵@3-1550:おのれ離島
天龍@4-130:お の れ 深 海 凄 艦
皐月@4-114:食いしん坊だ
あきつ丸@4-89:離島棲鬼を餌付けする鎮守府
GM:んー、こんなもんですかね?
武蔵@3-1550:ですかね?
GM:感情はまあ、サブに投げておいてくれれば問題ないかな
皐月@4-114:かな?
皐月@4-114:はーい
あきつ丸@4-89:ですね
天龍@4-130:はーい
GM:では改めまして・・・
GM:これにてセッション終了となります!お疲れ様でした!そして、参加してくださってありがとうございました!!
皐月@4-114:お疲れ様でしたー!
天龍@4-130:お疲れ様でした!楽しかったです!
皐月@4-114:楽しかった、ありがとー!
武蔵@3-1550:お疲れ様でしたー!
あきつ丸@4-89:お疲れ様であります

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki